2015年12月30日(大納会)終値ベースのもぐらファンド(愛称 2015年大納会)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2015年12月30日までの運用成績

株式
確定損益   −193万円 (受渡日2016年1月6日まで)
含み損益  −2665万円 (2015年12月30日終値)
配当金収入  +484万円
小計    −2374万円 (先週比+75万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +262万円 (受渡日2016年1月4日まで)
含み損益     +6万円 (2015年12月30日夜間取引中)
小計     +268万円 (先週比+1万円)

総計    −2107万円 (先週比+76万円)


今週の先物・オプション決済 +73568円
P16000決済買い



日経平均株価終値
2014年大納会: 17450円
2015年大納会: 19033円 前年比:+1582円

もぐらファンド運用成績
昨年の大納会時点: −2741万円
今年の大納会時点: −2107万円 前年比:+634万円


2015年の大納会が終わりました。2012年から4年連続で損失を減らすことができました。もぐらファンドも日本経済と同じように、長期間で見ると大地震の2011年をボトムとして緩やかな改善傾向が続いています。上出来の1年でしたが、まだ2107万円も損をしています。来年の目標は今年より損失を減らすことです。

ところが、年末に一生懸命考えてみましたが、もぐらファンドにとって来年が良い年になるファクターが見つかりません。来年の成長テーマも期待できる業種も思いつきません。東京オリンピックは湿気た話題しか出てきません。

年末に従軍慰安婦問題に進展が見られました。しかし、率直に言って、わたしを含めた多くの日本人は、「日本軍による強制徴用」があったのかどうか疑問に思っています。その点を日本政府は国民に事実に基づいて、はっきり国民に説明すべきです。韓国政府は「反省しろ」と言いますが、やっているのか、やっていないのか、はっきりしないことを反省できません。

韓国の嫌がらせの少女像にも反応しすぎです。韓国の領土に韓国が何を建てようが勝手です。韓国の団体も10億で手を打たずに、逆に少女像を2体に増やすか、巨大化する気概を見せて欲しいものです。日本も撤去など求めずに、黙って日本の韓国大使館前に伊藤博文像を設置する対応が望まれます。

2015年の日経平均株価推移
日経平均株価2015年



良いお年をお迎え下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲