2016年1月29日終値ベースのもぐらファンド(愛称 甘利再生相が辞意表明)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2016年1月29日までの運用成績

株式
確定損益   −193万円 (受渡日2016年2月3日まで)
含み損益  −3042万円 (2016年1月29日終値)
配当金収入  +503万円
小計    −2732万円 (先週比+270万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +264万円 (受渡日2016年2月1日まで)
含み損益    +15万円 (2016年1月29日夜間取引中)
小計     +279万円 (先週比+18万円)

総計    −2453万円 (先週比+288万円)


今週の先物・オプション決済 +20930円
先物決済


先週末の日経平均株価終値:16958円
今週末の日経平均株価終値:17518円

本日は、日銀のマイナス金利導入の大きなニュースが出て、株価も乱高下しました。この新しい金融政策によって、銀行が民間への貸出しを増やすでしょうか? そんな単純には行かないと思いますが、とりあえず本日は分かりやすく銀行株が下落しました。少しは今後の日本株に期待が出てきました。

一方、いかにも裏がありそうなスキャンダルが出てきました。SMAPやベッキーよりも重要なニュースです(ちなみにわたしはベッキーの本を持っています)。

----------------------------引用ここから------------------------------

甘利再生相が辞意表明、後任に石原元幹事長起用へ

[東京 28日 ロイター] - 甘利明経済再生担当相は28日、都内で記者会見し、自らの金銭授受疑惑の責任を取って閣僚を辞任する意向を表明した。同氏は、安倍晋三内閣の看板政策・アベノミクスの司令塔役を担ってきただけに政権に打撃となるのは必至。

甘利再生相は会見の冒頭、週刊誌の報道で表面化した金銭授受疑惑で「国民にご心配をかけ、深くおわびする」と陳謝。自らの金銭授受に関しては「大臣室で現金をスーツ・ポケットにしまった事実はない。秘書に適正な処理を指示した」と述べた。一方、秘書が受け取った金銭の一部である300万円は、秘書の1人が使ったことを認めた。そのうえで「(秘書の)監督責任を重く受け止めている」と強調。「知らなかったとはいえ、私の政治家としての美学、生きざまに反する。閣僚の職を辞することを決断した」と語った。

甘利氏は、デフレからの脱却と経済再生を掲げたアベノミクスを推進する中心的な存在であり、自民党総裁選で安倍首相(総裁)が当選するよう党内で強力に働きかけた「盟友」でもある。

アベノミクスが始まって以来、日経平均は上下動を伴いながら上昇を続け、そのことが高い内閣支持率につながり、安倍政権の安定性を高めてきた。それだけに市場の一部からは「甘利氏はリフレ政策の要だっただけに、辞任によりアベノミクスの勢いが弱まる。辞任を受けて短期的な日経平均先物売りが出たが、アベノミクス相場への影響が懸念されたのだろう」(松井証券・シニアマーケットアナリスト、窪田朋一郎氏)との声も出ている。

----------------------------引用ここまで------------------------------

わたしは週刊誌を読まないので詳細は分かりませんが、これはTPPを良く思っていない中国の陰謀でしょうか? それとも米国内のTPP反対派が仕掛けた罠でしょうか? 甘利大臣と事務所が全部でいくら受け取ったのかは知りませんが、日本経済が蒙る不利益と比較したら微々たる金額です。甘利大臣の給料から差し引くことで一件落着にならないでしょうか?

この件に関して、民主党が思った通りはしゃいでいますが、反自民の票が民主党に流れると思っていたら大間違いです。棄権票が増えるだけです。わたしを含めて、多くの国民は民主党政権時代を忘れていません。大風呂敷を拡げて政権を取りましたが、全く実行できませんでした。現在も最大野党ですが、体質は変わっていません。出来もしないことを掲げ、与党の足を引っ張っているだけの存在です。自民党が独走しているのは民主党がクズだからです。

先週ブログ更新後の先物・オプション新規建玉
先物新規
今週の新規建てはこれだけです。しかもソッコーで決済してしまったので、現在先物ミニの建玉はありません。決済画像は「今週の先物・オプション決済」に貼り付けてあります。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲