2016年11月18日終値ベースのもぐらファンド(愛称 トランプ相場)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2016年11月18日までの運用成績

株式
確定損益   −155万円 (受渡日2016年11月24日まで)
含み損益  −2816万円 (2016年11月18日終値)
配当金収入  +546万円
小計    −2425万円 (先週比+278万円)

先物・オプション
確定損益   +386万円 (受渡日2016年11月21日まで)
含み損益     +1万円 (2016年11月18日夜間取引中)
小計     +387万円 (先週比+1万円)

総計    −2038万円 (先週比+279万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:17374円
今週末の日経平均株価終値:17967円

今週は先週の反動で株価は下がると妄想して、14日(月)に30円で2枚12月限C19000を新規売り建てました。
C19000新規売り

ところが今週も株価の勢いは止まりませんでした。本日18日は一時日経平均18000円台およびドル円110円台を久し振りに回復しました。今回の上昇ではとくに銀行株の回復が目立ちますが、アメリカの銀行がトランプの政策で潤ったとしても、日本の銀行が儲かる理由がわたしには良く分からないので、銀行株には手を出せていません。それでも全体の地合のせいで、もぐらファンドも続伸しました。トランプ様々です。

豊洲市場移転延期で業者の損失額が当初の移転予定日だった11月7日以降の1か月間で、およそ4億3500万円に達すると報道されています。ランニングコストの3億円は、来月以降もひと月ごとに発生するとしています。業者はトーゼン都に補償を求めます。都は結局税金で穴埋めするしかありません。小池都知事は正義の味方のように振舞っていますが、都民の敵です。「都民ファースト」は悪い冗談としか思えません。

安倍首相がトランプ次期大統領と面会するために羽田を発つときのインタビューで、「トランプ大統領」と言っていました。オバマ大統領は、もういないも同然です。

高齢者の運転事故が最近良くニュースになります。本当に最近増えたのか、今まではニュースにならなかっただけなのか不明ですが、自動運転車を推進するためにマスコミと自動車業界がグルになっているのではないかと妄想しています。ZMPの新規上場で一儲けしたい証券会社も後押ししそうです。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲