2017年1月27日終値ベースのもぐらファンド(愛称 ダウ2万ドル突破)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
モグラ ポートフォリオ SUMCO SBI マネックス 富士フイルム インフォマート マブチモーター 日本板硝子 NTTドコモ 三菱商事 新日鐵住金 東レ 西武ホールディングス 楽天 日本ビューホテル くらコーポレーション 東京急行電鉄 東急

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年1月27日までの運用成績

株式
確定損益   −151万円 (受渡日2017年2月1日まで)
含み損益  −2427万円 (2017年1月27日終値)
配当金収入  +564万円
小計    −2014万円 (先週比+58万円)

先物・オプション
確定損益   +382万円 (受渡日2017年1月30日まで)
含み損益     +2万円 (2017年1月27日夜間取引中)
小計     +384万円 (先週比+2万円)

総計    −1630万円 (先週比+60万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:19137円
今週末の日経平均株価終値:19467円

今週、ついにNYダウが2万ドルを突破しました。トランプ大統領就任と同様、歴史に残る象徴的な出来事だと思います。トランプ大統領も公約を矢継ぎ早に実行しています。議会との兼ね合いもあり、そのまま実施できるかどうかは分かりませんが、小池都知事の「都民ファースト」とは違い、トランプ大統領の「アメリカ・ファースト」には、良い悪いは別として本気さを感じます。

日本市場も円安とNYダウに追随して上昇していますが、トランプ大統領の言動を見ていると、日本にとってプラスになることは一つもありません。安倍首相は、日米は相互に利益をもたらす重要な同盟国だと強調しています。確かに日本にとっては中国と対抗するうえで必須の後ろ盾だと思います。しかしアメリカにとって日本は無くてはならない国なのでしょうか?

「アメリカ・ファースト」のトランプ大統領にとっては、日本も中国もメキシコも「アメリカ以外の国」なので、どうなっても知ったことではなく、とくに日本と中国は「為替操作をする卑怯な黄色人種の国」として一緒くたに認識されているのではないでしょうか。日本市場に冷水を浴びせるアメリカの政策が突然出てきても不思議ではありません。


26日(木)日場に2月限C20500、夕場に2月限C20750をそれぞれ15円で2枚ずつ新規売り建てました。
オプション新規建て
SQ日は来月10日です。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲