2017年11月24日終値ベースのもぐらファンド(愛称 今年最後のプレミアムフライデー)です。

プレミアムフライデー

現在のポジション

現物株14銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年11月24日までの運用成績

株式
確定損益    −26万円 (受渡日2017年11月29日まで)
含み損益  −2101万円 (2017年11月24日終値)
配当金収入  +620万円
小計    −1508万円 (先週比−7万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +432万円 (受渡日2017年11月27日まで)
含み損益    +28万円 (2017年11月24日夜間取引中)
小計     +460万円 (先週比+16万円)

総計    −1047万円 (先週比+9万円)


今週の先物・オプション決済 −31503円
先物決済


先週末の日経平均株価終値:22396円
今週末の日経平均株価終値:22550円

今週は4立会日でした。先々週や先週と比べると日中・週間ともボラティリティが小さい週でした。

先物・オプション部門は、持ち越していた日経225mini2枚と東証マザーズ指数先物4枚を決済しました。決済画像は「今週の先物・オプション決済」に貼り付けました。今週もトータルで−31503円の損切りになりましたが、2017年11月9日の修羅場を思うと、「これだけの被害で済んで良かった」という気分です。

もぐらファンド個別銘柄では、11月21日夕にベイン・キャピタルが保有する全株を28日付で売却すると発表した3197すかいらーくが翌22日に大きく売られ、4%下落しました。わたしは現在の株主優待制度は主要株主が変わっても急には変更されないと予想していますが、個人的には株主優待は縮小してその分配当を増やしてくれた方がありがたいと思っています。

今年の9月16日にすかいらーく株主優待を受け取った直後には、優待の500円食事券がヤフオクでは1枚433円くらいで売られていました。某金券ショップでは420円で買い取っていました。とても使い切れそうになかったので、44枚(食事券22000円分)は金券ショップで即売却しました、案の定、9月20日には金券ショップ買取価格は380円に下落していました。さらに10月3日には「350円で30枚まで」になり、現在に至っています。株主優待制度に変更がなければ、今後も買取価格の上昇は望めないでしょう。何回にも分けて売りに行くのも面倒です。自分で使用するつもりの11000円分は、まだ全部使い切れていません。ガストのランチで1回に1000円以上使うのは、力士でないわたしにとっては大変です。株主優待は年2回で1000株ホルダーの場合、6月分は33000円分、12月分はなんと36000円分の食事券が送られてくる予定です。すかいらーくグループ内のFLOというケーキ屋で使えたらクリスマスやプレゼントで一気に消費できますが、うまくしたもので、使えないようになっています。

今日はプレミアムフライデーです。来月は29日でフツーの会社は年末年始に入るため、実質今日が今年最後のプレミアムフライデーです。今年2月スタート時のイメージでは、午後3時に仕事は半強制的に終了になり、みんなで街に繰り出して楽しく飲み食い消費する日になるはずでした。毎月最終金曜日はブログを書いている暇がなくなると心配していましたが、なぜか今日も余裕の更新です。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲