2018年1月5日終値ベースのもぐらファンド(愛称 いきなりクライマックス)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉2


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年1月5日までの運用成績

株式
確定損益   −331万円 (受渡日2018年1月11日まで)
含み損益  −1413万円 (2018年1月5日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1105万円 (先週比+123万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +451万円 (受渡日2018年1月9日まで)
含み損益    −13万円 (2018年1月5日夜間取引中)
小計     +438万円 (先週比−14万円)

総計    −667万円 (先週比+109万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22764円
今週末の日経平均株価終値:23714円

2018年の相場がスタートしました。昨日は大発会でご祝儀だったとしても、いきなり日経平均が741円も上昇したのには驚きました。越年したC24000売玉もあっという間にマイ転しました。

昨日はご祝儀相場だと思っていたら、今日も日経平均は208円も上昇しました。株式評論家の多くのセンセー方が予測していた今年の大納会の株価24000円にわずか2日で肉薄してしまいました。C24000売玉の含み損も大きくなっていますが無視して、1月限C24500を本日後場に10円で2枚、夕場に15円で2枚、20円で2枚、計6枚新規売り建てています。
C24500 10円売り
オプション1月5日


現物株部門では、本日午前3000円で5401新日鉄住金を100株売却しました。
新日鉄住金約定
新日鉄住金損益
今年一年の確定損益が全く分からないので100株のみの売却です。2018年早々、還付税金と手数料考慮後530453円の損失が確定しました。残4000株です。

今日の新日鉄住金の値動き
新日鉄住金チャート


今年の日本相場は総じて強気の見方が多いようです。上がる理由として「米国市場の上昇」と「国内景気の持続的回復」が挙げられています。米国市場はドンドン上がっていますが、すでに天井圏もいいところです。国内景気も今年後半には来年10月の消費税アップが視野に入って来ます。現在の国内景気は確かに良いと実感していますが、来年10月にはどうなっているか分かりません。その上、消費税もアップになれば、国内景気はどん底になる可能性もあります。むしろ景気が良いうちに前倒しして消費税を上げてしまった方が、日本経済への影響が少ないと思います。


楽しい三連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲