2018年8月3日終値ベースのもぐらファンド(愛称 新日鉄住金とJFE)です。

現在のポジション

現物株15銘柄
現物株20180803

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年8月3日までの運用成績

株式
確定損益   +509万円 (受渡日2018年8月8日まで)
含み損益  −2796万円 (2018年8月3日終値)
配当金収入  +679万円
小計    −1609万円 (先週比+13万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +477万円 (受渡日2018年8月6日まで)
含み損益     +5万円 (2018年8月3日夜間取引中)
 小計     +482万円 (先週比+1万円)

総計    −1127万円 (先週比+14万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22712円
今週末の日経平均株価終値:22525円

8月2日(木)の5401新日鉄住金の決算発表を大いに期待していました。というのも、7月31日引け後に5411JFEの決算発表がありました。

--------------------------引用ここから--------------------------

【決算速報】JFE、今期経常を18%上方修正、未定だった配当は15円増配

ジェイ エフ イー ホールディングスが7月31日大引け後(15:00)に決算を発表。19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比41.4%増の795億円に拡大した。
 併せて、通期の同利益を従来予想の2200億円→2600億円(前期は2163億円)に18.2%上方修正し、増益率が1.7%増→20.2%増に拡大する見通しとなった。
 同時に、非開示だった4-9月期(上期)の業績予想は連結経常利益が前年同期比33.1%増の1350億円に拡大する見通しを示した。

業績好調に伴い、従来未定としていた今期の上期配当を45円(前年同期は30円)実施するとし、従来未定としていた下期配当も50円実施する方針とした。年間配当は前期比15円増の95円に増配となる。

直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の5.9%→6.3%に改善した(株探ニュース)

--------------------------引用ここまで--------------------------

この発表を受けてJFEの株価は、7月31日終値2265.5円から翌8月1日終値2500.5円と、超大型株にもかかわらず235円(+10.4%)も急騰しました。

一方、8月2日(木)引け後の5401新日鉄住金の決算発表は、

--------------------------引用ここから--------------------------

【決算速報】新日鉄住金、4-6月期(1Q)経常は19%減益で着地、未定だった上期配当は10円増配

新日鐵住金が8月2日大引け後(15:00)に決算を発表。19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比18.8%減の877億円に減った。

同時に、従来未定としていた今期の上期配当を40円(前年同期は30円)実施する方針とした。下期配当は引き続き未定とした。

直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の4.9%→3.3%に悪化した(株探ニュース)。

--------------------------引用ここまで--------------------------

と、パッとしませんでした。

この発表を受けて新日鉄住金の株価は、8月2日終値2286.5円から本日終値2234.5円と、52円(−2.3%)下落しました。

1年チャートでみても5401新日鉄住金は1年前と比べ15%以上下落していますが、5411JFEは10%上昇しています。
新日鉄住金とJFEの比較チャート
同じ鉄鋼業なのに大差です。出るのは溜息ばかりです。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲