2018年12月28日終値ベースのもぐらファンド(愛称 2018年大納会)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株20181228

株式信用取引 なし

先物・オプション
先物OP建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年12月28日までの運用成績

株式
確定損益   −596万円 (受渡日2019年1月8日まで)
含み損益  −2056万円 (2018年12月28日終値)
配当金収入  +720万円
小計    −1933万円 (先週比+22万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +108万円 (受渡日2019年1月4日まで)
含み損益   −134万円 (2018年12月28日夜間取引中)
 小計      −26万円 (先週比−62万円)

総計    −1959万円 (先週比−40万円)


今週の先物・オプション決済 −892687円
先物オプション決済


先週末の日経平均株価終値:20166円
今週末の日経平均株価終値:20014円

日経平均株価
2017年大納会: 22764円
2018年大納会: 20014円 前年比:−2750円

もぐらファンド運用成績
昨年の大納会時点:  −775万円
今年の大納会時点: −1959万円 前年比:−1183万円


今週は5営業日の立会いでしたが、デイトレードを含めて多数の先物・オプション取引をしました。
先物OP取引1
先物OP取引2
このうち決済した取引は、まとめて上部の「今週の先物・オプション決済」に貼り付けました。

今週の先物・オプション取引でもっとも悔やまれるのは、P18500の損切り決済です。休日明け25日に日経平均が1000円越急落して先物も一時18840円まで下落しました。日場は様子を見ていましたが、夕場に入っても先物・オプションがリバウンドしないため、P18500がITMになるのは時間の問題と妄想し、躊躇しながらP18500売り玉2枚をそれぞれ490円と510円で決済しました。合わせて922375円の大損失になりました。ところが意に反して、損切り後まもなく先物価格が上昇して、結果的に大底圏での損切りになってしまいました。

とにかく値動きが大きくかつ早いので、ヘッジのタイミングもずれまくった一週間でした。これから修正するとまた裏目に入りそうなので、現ポジションのまま年越しします。日本市場は正月休みで一週間お休みですが、その間の米国の株価動向によっては、来年1月4日の日本市場寄付が凄まじい値動きになる可能性もあります。それでも証拠金不足にならないような準備はしたつもりです。


2018年も終わりました。東日本大震災の翌年2012年から2017年まで続いたもぐらファンド損失額の減少は2018年でついに止まり、逆に去年の大納会と比べて1183万円も損失が増えてしまいました。来年は損失額がさらに増えそうで不安です。来年以降の目標は、今年の先物・オプションの損失3183069円を3年かけてコツコツ取り返していくことです。

2018年の日経平均株価推移
2018年日経平均チャート@マネ



良いお年をお迎え下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲