2019年3月15日終値ベースのもぐらファンド(愛称 コピペで無駄に長い記事)です。

現在のポジション

現物株14銘柄
現物株20190315

株式信用取引 なし

先物・オプション
先物建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2019年3月15日までの運用成績

株式
確定損益   −571万円 (受渡日2019年3月20日まで)
含み損益  −1773万円 (2019年3月15日終値)
配当金収入  +740万円
小計    −1604万円 (先週比+62万円)

先物・オプション・FX
確定損益    +69万円 (受渡日2019年3月18日まで)
含み損益    −21万円 (2019年3月15日夜間取引中)
 小計      +48万円 (先週比−21万円)

総計    −1556万円 (先週比+42万円)


今週の先物・オプション決済 +1800円
先物決済20190325


先週末の日経平均株価終値:21025円
今週末の日経平均株価終値:21450円


昨日売れ残った1343東証REIT指数連動型上場投信680株を本日の寄付きに1998円で全部売却しました。
REIT-ETF 680株売却
REIT-ETF利益
税金・手数料引き後、124670円の利益になりました。

本日の東証REIT指数連動型上場投信の値動き
REIT-ETF20190315
2000円は難しいと思っていましたが、本日寄りの1998円から右肩上がりの年初来高値になりました_/>● 終値は2009円です。

米中貿易戦争も英国のユーロ離脱問題も先送りばかりで決着しません。その間隙を突いて日本の株式市場がスルスルと上昇しています。そのうち来るであろう株式市場のボーラクに備えて、先物は出来れば売り長で維持したいと思っていますが、先物価格が上がるにつれて損失額が膨らんでしまいます。3月限の反省から今週は早めのサイクルの取引を心がけていますが、利益は1800円だけで労力に全く見合っていません。昼間は仕事でザラ場に参加することができないので、夜間取引だけに特化することも考えていますが、現在でも睡眠不足です。このまま破産せずに続ければ、早死するに違いありません。


3月15日更新の四季報から抜粋

3197すかいらーく【連続減益】店舗純増約50(前期56増)。既存店は宅配伸長、季節商品強化、注文点数増で成長持続。人件費上昇や上期の株主優待費用12億円増が響き営業減益だが、増税影響を慎重視する会社計画は保守的。減配。

3402東レ【好転】生産トラブルと買収のれん償却で炭素繊維複合材の利益半減。中国向けABS樹脂も後半減速。一転営業減益。20年3月期は炭素繊維の採算改善。一般繊維はエアバッグ基布など産業用が数量伸長。樹脂やフィルムの原料価格も低下。特益減。

4755楽天【費用増】EC流通総額増勢、つれてカード手数料収入伸びる。投資事業も貢献続く。ただ、携帯事業立ち上げの費用は期初から重く、後半は宣伝費も膨張。前期計上の結婚相談事業売却益230億円消え営業減益。

4901富士フイルムホールディングス【改革効果】複合機は高単価品堅調。医療と産機材料も好調で営業益やや上振れ。株売却益剥落。20年3月期はデジカメ横ばいも『チェキ』好調。複合機もIT対応機拡大で堅調。構造改革効果発現し営業益続伸。

5401新日鐵住金【前進】期末IFRS移行。自動車や都市再開発向けに鋼材需要旺盛。災害や設備トラブル影響あるも値上げ進み利益好調。20年3月期は国内鋼材需要高水準。操業不調改善で粗鋼生産量増加。原料価や海外市況懸念だが連結追加もあり、利益押し上げ。

6097日本ビューホテル【増益幅縮小】ホテルは高崎店閉鎖が9億円減収影響。2年目の札幌店黒字化。改装の旗艦・浅草店も堅調だが、台風・地震で大阪店、札幌店が集客未達。遊具施設刷新の遊園地も赤字拡大の誤算。利益計画やや過大。20年4月期は大阪店黒字化。遊園地軌道化へ。

6324ハーモニック・ドライブ・システムズ 【反落】前期の駆け込み発注の反動きつい。足元、受注急降下。ただ受注残の消化進み大幅増益に。連続増配。20年3月期は主力客のロボットの回復時期不透明。競合強まる一方、増設・のれんの償却重い。減配懸念。

6954ファナック【微増益】スマホ特需収束でロボマシン反落。貿易摩擦でFA失速。減益幅拡大。過去5年分自己株取得枠で特配。20年3月期は工作機械減速でFA低調。ロボマシンもスマホ需要後退で回復鈍い。が、在庫調整進み稼働率戻り営業益微増。年金関連特益剥落。

6961エンプラス 【底ばい】半導体に顧客の在庫調整響く。オプトもテレビ主要モデル不採用が想定より痛手。営業益減額。20年3月期はエンプラは着実に増加。ただオプトと半導体は低空飛行が続く。営業益は低水準横ばい。

8591オリックス【連続最高益】生保、太陽光発電など安定収益型事業が成長。大きな事業売却益ないが純益増。20年3月期は2月フル連結の大京が通期寄与。3割出資の航空機リースも持分で貢献。配当性向30%基準で増配か。

9005東京急行電鉄【底入れ】鉄道は新型車両導入に伴う減価償却費が重い。不動産は前期の大型土地売却益消え営業減益。20年3月期は渋谷駅直上の複合施設開業で費用先行。だが利用者増え鉄道が回復。ホテル好調。連続増配か。

9006京浜急行電鉄【停滞】主柱の鉄道は羽田空港線軸に好調。前期の土地評価損消え、営業益持ち直す。20年3月期はホテル好調続く。ただ分譲マンションは販売戸数が減少、下期の空港線加算運賃引き下げも響く。営業益停滞。

9024西武ホールディングス【微増益】不動産は上期に土地売却益。都市部軸にホテルも好調。球団観客動員増も貢献。20年3月期は不動産が賃貸物件の稼働率改善。鉄道は利用者増え新型特急車両導入による減価償却費増こなす。連続増益。

9613NTTデータ【伸長】IFRS移行。公共の不採算案件が痛手、北米の想定未達を法人向けや欧州の伸長で補う。20年3月期は製造や流通向け開発で法人向け続伸。欧州好調。米国も足元受注弱いが統合費用剥落で改善。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲