もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

2008年02月

マイナス2513万円_/>●

2008年2月29日終値ベースのマイ・ポートフォリオ(愛称 涙ウルウルうるう年)です。

もぐら ポートフォリオ 日揮 SUMCO 医学生物 新日本製鐵 住友金属工業 浜松ホトニクス SBIホールディングス マネックス・ビーンズ・ホールディングス SBIイー・トレード証券 みずほ

2007年7月29日(ブログ開設日)から2008年2月29日までの運用成績

確定損益   マイナス51万円 (受渡日2008年2月29日まで)

含み損益   マイナス2476万円 (2008年2月29日現在)

配当金収入    プラス14万円

     マイナス2513万円 (先週比−108万円)


マイナス2513万円

今日の昼休みは、月末恒例のお化粧買いを期待して、機関投資家が好みそうなTOPIX Core30構成銘柄の8411みずほをプレゼント用に45万円で10株買い建てしました。

後場、指値してひたすら待っていましたが、


厚化粧のおネエちゃん来ず


おネエちゃんへのプレゼントは、仕方なく家へのお土産にしますが、ケバい銘柄なので家族には不評だと思います。

みずほ


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

SBIの株主優待

全国の北尾ファンの皆様!朗報です!

今日はノートレードでしたので、更新しないつもりでしたが、東証適時開示情報で8473SBIが株主優待を開始するというニュースがあったので、アップしておきます。

株主優待の実施に関するお知らせ

「ありがトン」というポイントが持株数に応じて貰えます。

極めて大事なことは、住信SBI ネット銀行を振込先に指定すれば、500 ポイント=400 円で現金交換が可能ということです。

平成20年3月期決算で減配にならなければ、実質的に増配ということになりますが、さてどうなることやら・・・


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

祝 日経平均終値で14000円越え

本日の日経平均株価は、前日比206円高の14031円で引け、終値ベースで14000円を越えました




が、




5401新日鉄は4円安の572円、5405住金は3円安の459円と続落したため、マイ・ポートフォリオの含み損は、かえって増えてしまいました・・・

今までは地合のせいにできましたが、銘柄選択にも問題があったようです_| ̄|●

昨日引用した記事にも書いてありますが、3月6日午後1時半の新日鉄08年3月期業績の見通し発表まで動きにくい状況かもしれません。

外資も次々にレーティングの見直しを発表。

マッコーリーが新日本製鉄の投資判断を「ニュートラル」から「アンダーパフォーム」に格下げ。

クレディ・スイスも新日本製鉄の投資評価を「ニュートラル」継続、目標株価570円→560円、住金の投資評価を「ニュートラル」継続、目標株価510円→440円にそれぞれ引き下げています。


明るいニュースを探していたら、

-----引用ここから-------

新日鉄八幡、熱延工場が停止=鋼材10数万トン減産へ
時事通信

新日本製鉄 八幡製鉄所(北九州市)は26日、製鉄所内の熱延工場が22日夜から操業を停止していることを明らかにした。圧延機のモーターが故障したことが原因で、復旧は3月上旬以降となる見通し。熱延工場はスラブと呼ばれる鋼材の中間素材を引き伸ばす工程を担っている。

-----引用ここまで-------










                          うつ・・・


今日のトレード
昨日引け後に自社株買いを発表した9831ヤマダ電機を9470円で100株買い。新日鉄の値動きを見ていたら暗くなって、後場あっさりと9570円で売却しました。最初からヤル気が感じられないトレードで、INしたこと自体を反省しています。
ヤマダ電機



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

悲しいお知らせ

全国の鉄ファンの皆様


悲しいニュースをお伝えしなくてはなりません


今日の日経平均は反落しましたが、昨日今日で2.4%上昇しました。

一方、5401新日鉄は2日間で1.5%の下落。お友達の5405住金も2日間で1.7%下落して、全く冴えません。

不安になってニュースを調べてみたら、今日の後場に以下のレポートが出ていました。

長文ですが引用します。

----引用ここから------

新日鉄の07年度会社予想は未達の可能性、08年度の増益復帰は見方分かれる
[東京 26日 ロイター] 

新日本製鉄が2008年3月期連結経常利益見通し6000億円を引き下げる可能性が出てきた。年明け以降も原材料価格の上昇が続きコスト負担が増加しているとし、複数のアナリストは会社予想の達成を困難と見ている。

一方で、09年3月期も大幅なコスト増が見込まれるなか、増益基調に復帰するかどうかは、見方が分かれている。新日鉄は、3月6日午後1時半に08年3月期業績の見直しを発表する。

アナリストは経常利益を5900億円程度と予想

新日鉄は、税制改正による減価償却費負担増などの特殊要因があるものの、08年3月期の連結経常利益は前年比0.4%増となり、4期連続の過去最高益更新を見込んでいる。しかし、予想を上回る原材料高や海上輸送運賃上昇が続いていることで、減益の可能性が指摘され始めた。複数のアナリストは5900億円程度の見通しを示している。

三菱UFJ証券シニアアナリストの原田一裕氏は、経常利益見通しを6200億円から5900億円(前期比1.3%減)に引き下げた。「第3四半期に続き、第4四半期も原材料コストの上昇が収益を圧迫すると予想。特に、海上輸送運賃(フレート)の上昇の影響が大きい」と指摘する。

UBS証券アナリストの山口敦氏も「鉄くず価格が足元で上昇傾向にあり、(新日鉄は)業績予想を引き下げる」とし、経常利益を5910億円(同1.2%減)と予想している。鉄くずは、昨年12月初旬に1トン当たり3万5000円だったが、直近では4万2000円に上昇している。みずほ証券シニアアナリストの松田洋氏や日興シティグループ証券アナリストの城野俊之氏の予想も5900億円だ。

新日鉄が1月下旬に公表した4―12月決算では、経常利益の進ちょく率は72%だった。増田規一郎副社長は1月28日のロイターの取材に対し「もう少し良くなるかと思っていたが、ほぼ予定通り」と述べ、第4四半期は「原料の動向を見極めたい」と慎重な姿勢を示していた。

09年3月期業績、原材料高の鋼材への価格転嫁幅と時期が鍵

新日鉄など国内の鉄鋼大手とブラジルの資源大手ヴァーレが08年度の鉄鉱石購入価格を前年度比65%の値上げで合意したほか、原料炭の大幅上昇も避けられない状況にあり、来年度もコスト増は避けられそうにない。日本鉄鋼連盟の馬田一会長(JFEスチール社長)によると、鉄鉱石が9.5%引き上げられた2007年度の業界のコスト負担増は9000億―1兆円にのぼる。来年度は、鉄鉱石が65%上がったことだけで年間5000億円のコスト増になるため「全体のコスト増は前年度を上回る」(業界関係者)との見方が一般的だ。

業界内では、来年度の需要を心配する声は少ない。鉄連は、高水準な鋼材需要のけん引役とも言える中国国内の需要は「2010年―2012年頃にピークを迎える。しかし、中長期のインフラ整備計画や製造業部門での需要増を勘案すると、ピーク後に鉄鋼需要が急減する可能性は小さく、高位安定的に推移する」と見ている。

一時は、今夏開催の北京オリンピック後に需要が減少するとの懸念もあったが「オリンピックを通り過ぎても心配ないとの見方が大勢になっている。内陸部は発展する余地が大きく、需要は強い。中国市場が大崩れする心配はなさそうだ」(新日鉄の増田副社長)との声が強まっている。最大の懸案は、コスト増と鋼材への価格転嫁の行方と言える。

新日鉄の2009年3月期見通しに関して、現時点でアナリストの見方は分かれている。三菱UFJの原田氏は、09年3月期の経常利益を6400億円から6100億円に引き下げたものの、増益は確保できると予想。中国をはじめとして、世界的な鋼材需要の強さは変わらず、生産増や高級鋼材へのシフト、鋼材の値上げなどでカバーできるという。日興シティグループ証券の城野氏も6000億円と予想比で増益を見込んでいる。

一方、みずほ証券の松田氏は、従来見通しを大幅に引き下げて5750億円と減益を予想。UBS証券の山口氏は5680億円とさらに厳しい見方だ。山口氏は、鋼材価格はコスト上昇をカバーする水準まで上昇すると見ているものの、価格転嫁にはタイムラグがあるため、年度上期はマージンが圧迫されると予想している。

----引用ここまで------


お、大勢で、よ、弱いものイジメは、やめろっ・・・


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

祝日経平均大幅高

本日の日経平均は、先週終値と比較して414円高(+3.07%)の13914円で引けました。

日経平均13800円の壁が話題になっていましたが、本日めでたく突破。高値は13969円ですから、14000円に迫る場面もありました。

一方、マイ・ポートフォリオは、4557医学生物学研究所が2月22日引け後の糞決算発表で本日15円安になったことや、主力の5401新日鉄が4円高と0.68%しか伸びなかったので、日経平均の上昇率には、はるかに及びませんでした。

それでも今後、市場の雰囲気が良くなることを期待して、素直に今日の日経平均上昇を喜んでいます。

日本市場は閉鎖的で魅力がない、人口が減る国に将来はない等、最近日本市場の評判が悪いですが、中国よりは開放的だと思いますし、人口が減ることは10年以上前から分かっていたことです。

株価さえ上がれば、市場参加者も増え、その結果さらに市場が活性化しますので、どんな理由でも先ず株価が上がることが重要だと思っています。


2月22日に43万円で10株買い建てした8411みずほは、昼休みに45万円の売り板の厚さを見て戦意喪失、ひとつ下の44.9万円で指しておいたところ、昼休み後に約定していました。後場の高値が45.5万ですから、あの45万円の厚い売り板はどうなったのでしょうか・・・

みずほ



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2404万円_/>●

2008年2月22日終値ベースのマイ・ポートフォリオ(愛称 千年の森)です。

もぐら ポートフォリオ 日揮 SUMCO 医学生物 新日本製鐵 住友金属工業 浜松ホトニクス SBIホールディングス マネックス・ビーンズ・ホールディングス SBIイー・トレード証券 みずほ

2007年7月29日(ブログ開設日)から2008年2月22日までの運用成績

確定損益   マイナス75万円 (受渡日2008年2月22日まで)

含み損益   マイナス2343万円 (2008年2月22日現在)

配当金収入    プラス14万円

     マイナス2404万円 (先週比+233万円)


マイナス2404万円

先週よりは戻しましたが、プラ転の日がいつかは来るのでしょうか?大いに疑問です。

今週のマイ・ポートフォリオの愛称千年の森はさすがに大げさですが、十年の塩漬けなら経験済みです。

もっと悲惨なことになっている可能性も充分ありますが、10年後にはインフレや配当で、ポートフォリオが緑の森から赤になってもらいたいものです。

今日のトレード
8306三菱UFJは、結局940円で撤退しましたが、完全に夢も希望もない週末になるので、8411みずほを43万円で10株買って持ち越してみました。

三菱UFJ みずほ


夢と希望に満ちた週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

今日はノートレ

今日はノートレードでした。

更新しないつもりでしたが、退場したと思われるのは必定なので、更新しました。

全く役に立たない株ブログなのに、毎日たくさんの方にご訪問いただき、たいへん恐縮しています。

退場のときには、きちんと報告しますので、更新がないときはノートレードとお考え下さい。

トレードを行った日と週末の運用成績は、今後も更新していく予定です。


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

日経平均大幅安

今日の日経平均は、前日比447円安の13310円で引けました。原因は原油高なのでしょうが、原油が安くなっても景気後退の懸念とか理由をつけるので、よくわかりません。

最近1週間は、マイ・ポートフォリオは別にして、日本市場にはやや明るさが出てきて喜んでいましたが、今日の447円安で一気に気分が暗くなりました・・・

持ち株は既に夢も希望もありませんので、利確できるような新たな銘柄を作るべく、参戦しました。

昼休みに5401新日鉄に572円で参戦。持ち越し目的でしたが、雰囲気がどんどん悪くなったので撤退。

鉄にこだわることが諸悪の根源

反省して、大幅に下落中の8306三菱UFJに注目。ダメ元で940円のときに、930円で5000株指しておきました。

引け後確認したら、終値は919円。大楽勝で買えていました_| ̄|●

買にこだわることが諸悪の根源

反省はさらに続きますが、本質に迫ってしまいますので、今日はこのくらいで勘弁しておきます。

新日鉄 三菱UFJ



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

みずほ返済

きのう43.8万円で10株買い建てして、瞬間塩漬けになった8411みずほは、欧州市場の銀行株の上昇を受けてGUで寄り付き。昼休みにはまだ含み損状態でしたが、45万円の指値を入れておいたところ、後場一段高になって約定していました。

引っぱるのが正しいやり方なのでしょうが、気力が尽きてしまいました・・・

みずほ返済


日経平均も122円高の13757円で引けました。1月22日の終値12573円が底値になることを祈っています。

ただ、5401新日鉄の1月22日の終値が603円なのに対して、今日の終値が588円であることが頭痛の種です。新日鉄の直近の安値は、終値ベースで2月8日に付けた542円です。こちらは、まだ底を打ったとはいえない状況だと思います。


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

みずほ・・・

今日は、新日鉄住金SUMCOの3大塩漬け株がいずれも上昇し、わたしにとっては機嫌の良い1日になるはずでした。

今日の失敗はみずほ

新興市場の復活→新興市場は内需関連が多い→内需株全般の見直しへの広がり→内需株の代表としての銀行株への期待>サブプライム問題による損失拡大の不安

という恐ろしい妄想が浮かび、昨夜から銀行株買いを画策していました。

1月31日の決算発表で当期利益の下方修正を発表し、サブプライム関連の損失拡大不安が特に大きいため、安値のままで留まっていますが、増配予定は変更しなかったので3月の配当利回りも良さそうな8411みずほを昼休みに43.8万円で10株購入。

みずほ約定


当初から持ち越すつもりだったので、逆指値を入れずに放置。引け後確認したら、そのままズルズル下落して42.6万円の安値引けになっていました。

みずほチャート


即席で含み損12万円の塩漬け株が誕生しました・・・


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2017年10月27日
マイナス824万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ