もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

2010年09月

コールオプション決済

昨日15円で新規売りした10月限C10000を本日夕場5円で決済しました。
オプション決済


おまけ 転倒
任天堂




▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

コールオプション新規売りと悲しいお知らせ

今朝のNHKニュースによると、民間企業で働く人の去年の平均年収はおよそ406万円で、前の年を24万円近く下回り、統計が残っている昭和24年以来、最大の下げ幅となったそうです。

収入が減っているのはわたしだけではないことが統計でも明らかになり、安心しました。10月1日を目前にして、改めて禁煙してよかったと思っています。

不景気で収入が減るのは仕方がありませんが、仕事量が増えていくのには納得いきません。最近はザラ場を見ることがほとんどできない状態なので、注文はすべて出勤前に出しています。

今日は10月限C10000新規売り注文1枚を15円で指しておいたところ、前場で約定していました。

10月限C10000



悲しいお知らせ_| ̄|●

----------引用ここから---------

任天堂、11年3月期連結業績予想を下方修正、配当予想も減額

任天堂が29日引け後、11年3月期連結業績予想の下方修正を発表した。

9月中間期の売上高を5500億円から3600億円(前年同期比34.3%減)、営業利益を1200億円から500億円(同52.1%減)に減額。最終損益は700億円の黒字から20億円の赤字(前年同期は694億9200万円の黒字)に転じる見通し。

通期の売上高は1兆4000億円から1兆1000億円(前期比23.3%減)、営業利益は3200億円から2100億円(同41.1%減)に引き下げている。また、中間配当を310円から130円(前年同期270円)、期末配当を520円から420円(同660円)とした。年間では550円(従来予想830円、前期実績930円)。

円相場が想定以上に上昇しているほか、販売動向、年末商戦の見通しに加え、11年2月26日に発売予定の「ニンテンドー3DS」の条件などを考慮したという。
29日終値は890円安の2万3010円。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:モーニングスター社 (2010-09-29 16:31)

----------引用ここまで---------


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス4441万円_/>●

2010年9月24日終値ベースのもぐらファンド(愛称 もぐらの人生相談)です。

現在のポジション

モグラ ポートフォリオ SUMCO 新日本製鐵 住友金属工業 浜松ホトニクス SBIホールディングス マネックスグループ 武田薬品工業 任天堂 小松製作所 富士フイルムホールディングス マニー インフォマート 上場インデックスファンド海外新興国株式

株式信用取引 なし

先物・オプション取引
システムトレード


2007年7月29日(ブログ開設日)から2010年9月24日までの運用成績

株式
確定損益   −305万円 (受渡日2010年9月28日まで)
含み損益  −4311万円 (2010年9月24日現在)
配当金収入  +169万円
小計    −4448万円 (先週比−90万円)

先物・オプション
確定損益    +12万円 (受渡日2010年9月27日まで)
含み損益     −5万円 (2010年9月24日夕場途中)
小計       +7万円 (先週比+2万円)

総計    −4441万円 (先週比−89万円)


今週の先物・オプション決済 +6688円
システムトレード
システムトレード
※先物取引の記載方法について


先週末の日経平均株価終値:9626円
今週末の日経平均株価終値:9471円

もぐら「わたしは昔からやる事なす事、うまくいったためしがありません。今も株で大損しています。どうしてでしょうか?」

先生「それは非業の死を遂げた3代前の祖父の祟りである。」

もぐら「父方でしょうか、母方でしょうか?」

先生「父方である。」

もぐら「はて? 3代前の父方の祖父はおりませんが?」

先生「そういうことを言うからバチが当るのじゃ。3代前の父方の祖父がいなければ、お前は存在していないじゃろ。」

もぐら「・・・エチオピア人の祖父のことでしょうか?」

先生「・・・おまえの3代前の父方の祖父は、下野(しもつけ)に住んでおったのだ。」

もぐら「・・・わかりました。では、わたしの3代前の父方の祖父はなぜ非業の死を遂げたのでしょうか?」

先生「それは3代前の父方の祖父の3代前の祖父の祟りである。」

以下略


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

●●は忘れた頃にやって来る

約定は忘れた頃にやって来る

本日、2492インフォマートが168000円で1株買い約定していました。

インフォマート

指値注文を入れてから大分経っており、注文していたこと自体を半ば忘れていました。

出来高が少ない銘柄なので、最初から買い下がっていく予定でしたが、
2010年5月18日 194000円
2010年5月19日 187000円
2010年8月5日  178000円
本日         168000円
と、底なしで沈んでいきます。

今日の約定で平均181750円4株ホルダーになりました。今後さらに下がればさらに買い増していく予定ではありますが、上場廃止にならないことを祈っています・・・


増資は忘れた頃にやって来る

マネックス社長 松本大のつぶやき 2010年3月11日
--------引用ここから---------

本日、当社の親会社であるマネックスグループ(株)の株価が、オリジナルな公募価格を超えました。「オリジナルな」というのは、元々当社(マネックス証券)として2000年8月4日に上場した時の公募価格が4万5千円で、その後セゾン証券との株式交換に伴う新株発行(その後合併)、日興ビーンズ証券との共同株式移転によるマネックスグループの設立、オリックス証券との株式交換に伴う新株発行、と株式の数は変わり、名前も微妙に変わったのですが、元々のマネックス証券の一株を持ち続けた株主の方は、今のマネックスグループの一株を持っていることになるので、この4万5千円が株価の歴史的な比較対象起点として正しいからです。因みにこの期間中に計7250円の配当を支払っています。更に因みにこの期間中に日経平均は32%、TOPIXは36%下落しています。株価はマーケットが決めるものです。しかし公募価格だけは、或る意味で発行体が関与しており、経営者として、最低限の責任を強く意識する数字です。私にとって4万5千円は特別な数字なのです。オリジナル上場時はまだ一株純資産価値規制のある時代で、どうやってデジカメが買える程度の値段まで公募価格を下げるかに、色々と、かなり独創的なアイデアを捻り出して実行したものです。とにかく、今日はいい日です。これからも頑張ります!

--------引用ここまで---------

そしてわずか半年後・・・

--------引用ここから---------

マネックスGが急落、東証1部値下がり率1位に

ネット証券持株会社のマネックスグループが4日続落。一時2650円安の2万8000円まで売られ、連日で年初来安値を更新。前場終値は2050円安の2万8600円で東証1部値下がり率1位となった。

21日引け後、新株発行と株式売り出しにより、最大で46億6600万円を調達すると発表。公募による新株発行数が14万株で、発行済み株式総数が現在の299万1120株から4.6%増の313万1120株となる見通しとなり、1株利益の希薄化懸念が強まった。(提供:モーニングスター社 )

--------引用ここまで---------

〜草葉の陰で泣いている40株ホルダーより



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス4352万円_/>●

2010年9月17日終値ベースのもぐらファンド(愛称 有言実行報復人事内閣)です。

現在のポジション

モグラ ポートフォリオ SUMCO 新日本製鐵 住友金属工業 浜松ホトニクス SBIホールディングス マネックスグループ 武田薬品工業 任天堂 小松製作所 富士フイルムホールディングス マニー インフォマート 上場インデックスファンド海外新興国株式

株式信用取引 なし

先物・オプション取引
システムトレード


2007年7月29日(ブログ開設日)から2010年9月17日までの運用成績

株式
確定損益   −305万円 (受渡日2010年9月17日まで)
含み損益  −4221万円 (2010年9月17日現在)
配当金収入  +169万円
小計    −4357万円 (先週比+33万円)

先物・オプション
確定損益    +11万円 (受渡日2010年9月21日まで)
含み損益     −6万円 (2010年9月17日夕場途中)
小計       +5万円 (先週比−2万円)

総計    −4352万円 (先週比+30万円)


今週の先物・オプション決済 +14875円
システムトレード
※先物取引の記載方法について


先週末の日経平均株価終値:9239円
今週末の日経平均株価終値:9626円

9月15日に政府・日銀が6年半ぶりの為替介入を行い、いきなり大きく円安になりました。

それに連れて株価も上昇したので、もぐらファンドの損失も少しは減りましたが、手放しで喜べません。システムトレードとはいえ、先物で介入前から売玉を抱えており、含み損が大きくなってきています。介入前に一言教えてくれていればと思いますが、わたしの現在使用しているシステムでは、たとえ為替介入が予告されていたとしても対応できません。

いままで散々「単独市場介入は無意味である」と言われていましたが、今回は単独介入の模様です。85円を守れるでしょうか。

(非小沢派なのに入閣要請の電話がかかってこなかったもぐら)


楽しい連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス4382万円_/>●

2010年9月10日終値ベースのもぐらファンド(愛称 桐一葉落ちて天下の秋を知る)です。

現在のポジション

モグラ ポートフォリオ SUMCO 新日本製鐵 住友金属工業 浜松ホトニクス SBIホールディングス マネックスグループ 武田薬品工業 任天堂 小松製作所 富士フイルムホールディングス マニー インフォマート 上場インデックスファンド海外新興国株式

株式信用取引 なし

先物・オプション取引
システムトレード


2007年7月29日(ブログ開設日)から2010年9月10日までの運用成績

株式
確定損益   −305万円 (受渡日2010年9月10日まで)
含み損益  −4253万円 (2010年9月10日現在)
配当金収入  +169万円
小計    −4390万円 (先週比+17万円)

先物・オプション
確定損益     +9万円 (受渡日2010年9月13日まで)
含み損益     −2万円 (2010年9月10日夕場途中)
小計       +8万円 (先週比−2万円)

総計    −4382万円 (先週比+15万円)


今週の先物・オプション決済 −9868円
システムトレード
システムトレード
※先物取引の記載方法について


先週末の日経平均株価終値:9097円
今週末の日経平均株価終値:9239円


桐一葉落ちて天下の秋を知る

相場用語としては、元立花証券会長石井久氏が株式新聞記者のとき「独眼流」のペンネームで1953年のスターリン暴落を予見した記事タイトルとして有名です。

東京は台風のあと、ようやく秋の気配が感じられるようになりました。

もぐらファンドの葉っぱは、既に落ちまくってます・・・

サマーラリーもなく、季節は秋を迎えようとしています。日経平均株価1万円割れは少し前は歴史的買い場と言われていたと記憶していますが、日経平均株価1万円回復はいったいいつになるのでしょうか?


佐藤かよ
おとーさんはわけがわかりません・・・

楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

The Power Station - Some Like It Hot




▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス4397万円_/>●

2010年9月3日終値ベースのもぐらファンド(愛称 牛鍋丼)です。

現在のポジション

モグラ ポートフォリオ SUMCO 新日本製鐵 住友金属工業 浜松ホトニクス SBIホールディングス マネックスグループ 武田薬品工業 任天堂 小松製作所 富士フイルムホールディングス マニー インフォマート 上場インデックスファンド海外新興国株式

株式信用取引 なし

先物・オプション取引
システムトレード


2007年7月29日(ブログ開設日)から2010年9月3日までの運用成績

株式
確定損益   −305万円 (受渡日2010年9月3日まで)
含み損益  −4271万円 (2010年9月3日現在)
配当金収入  +169万円
小計    −4407万円 (先週比+27万円)

先物・オプション
確定損益    +10万円 (受渡日2010年9月6日まで)
含み損益     −0万円 (2010年9月3日夕場途中)
小計      +10万円 (先週比−1万円)

総計    −4397万円 (先週比+27万円)


今週の先物・オプション決済 +7873円
システムトレード
※先物取引の記載方法について


先週末の日経平均株価終値:8810円
今週末の日経平均株価終値:9114円

牛鍋丼


うな丼に続いて、吉野家がまた悪手を打ちそうな予感です。9月7日から牛鍋丼という新商品を280円で提供開始すると9月2日に公表しました。

問題は価格設定です。肉の分量を減らしてその分安くしたのが見え見えでお得感がありません。安ければ何でも良いというわけではありません。本当に昼食代を安くあげたいと思ったら、そもそも吉野家に足を向けません。

原価は牛丼より分かりにくく、今のところ他店にはない商品なので、高めに設定しても売れる商品なら売れるでしょう。こういう値段の見えにくい商品でスタートダッシュで大きく儲けなくてどうするのでしょう。

さらに客側、店側、それぞれが疲れる商品になる可能性があります。

客の立場としては、隣の客の方が肉の分量が多いのではないかと余計な気を使います。
店の立場としては、肉、豆腐、シラタキの分量で客とのトラブルを避けるためには、バラバラに調理し個々に盛り付けるしかなく、見かけより手間が掛かります。

さらに天敵松屋が9月6日から期間限定ながら、牛丼を250円で提供すると8月31日に発表しています。吉野家の牛鍋丼の出鼻をくじこうとする魂胆が見え見えです。

値引きを発表した8月31日は、吉野家の発表より前ですが、おそらく牛鍋丼の情報が漏れたのだと思います。そうでなければ松屋が8月に続いてバカみたいに毎月値引きキャンペーンをする理由がありません。

自分の利益を削ってもライバルの足を引っ張る姿勢には感動すらおぼえます。

(昼間にスーパーで特売の汗をかいた菓子パンを買って食べたところ、現在調子がとても悪いもぐら


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2017年12月8日
マイナス796万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ