もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

2011年06月

昭和シェル売却

権利付最終売買日の昨日27日に730円で200株部分約定した5002昭和シェル石油を権利落ち日の今日、731円で全株売却しました。

昭和シェル石油 売却

手数料込みで10円損しましたが、3ヵ月後クリック証券口座に配当金が税込みで1800円振り込まれる予定です。

もっと上手いやり方がありそうですが、暑さで頭が普段にも増してボーッとして良く分かりません。昭和シェルも安くなったら、もう少しまとまった金額で再エントリーするかもしれません。


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

昭和シェル200株買い

5002昭和シェル石油もかなり前から指値注文を入れていた銘柄ですが、今朝になって注文を取り消すか悩みました。

というのも、昭和シェルは12月決算銘柄で6月末に9円配当が予想されています。今日は6月の権利付最終売買日であり、明日は配当金の分下げて始まります。10%の税金を引いた配当金が口座に入ってくるのは3ヵ月後です。さらに配当金に対する源泉徴収分が損失繰越で還付されるのは来年になります。

また配当落ち分を埋めれなかった場合は、ポートフォリオに含み損として記載され、景観を損ねます。

このような苦労をしてまで、株主優待もつかない銘柄を権利付最終売買日にわざわざ買う必然性はありませんが、安ければ買っておきたい銘柄なので、悩んだ挙句730円の指値注文のままにしておいたところ、後場に200株だけ部分約定しました。終値は731円です。

昭和シェル石油

バカみたいな結果になりました。せめて昭和シェルが300株以上の株主優待銘柄でなかったことを神様に感謝するしかありません。


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス4807万円_/>●

2011年6月24日終値ベースのもぐらファンド(愛称 夏眠のすすめ)です。

現在のポジション

モグラ ポートフォリオ SUMCO 新日本製鐵 住友金属工業 SBI マネックス 武田薬品 任天堂 富士フイルム マニー インフォマート 上場インデックスファンド海外新興国株式 日本マクドナルドホールディングス マブチモーター 全日本空輸 日本板硝子 DeNA ディー・エヌ・エー 東京電力 フェローテック

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2011年6月24日までの運用成績

株式
確定損益   −239万円 (受渡日2011年6月24日まで)
含み損益  −4747万円 (2011年6月24日現在)
配当金収入  +197万円
小計    −4788万円 (先週比+117万円)

先物・オプション
確定損益    −18万円 (受渡日2011年6月27日まで)
含み損益     ±0万円 (2011年6月24日夕場途中)
小計      −18万円 (先週比−5万円)

総計    −4807万円 (先週比+112万円)



今週の先物決済 −52780円
システムトレード
※先物取引の記載方法について


先週末の日経平均株価終値:9351円
今週末の日経平均株価終値:9678円

【夏眠】夏眠 (Aestivation)は、高温や乾燥に応答して起こる休眠の一例である。夏眠は、カタツムリや虫(ミミズや昆虫など)をはじめとする無脊椎動物によく見られる他、ハイギョのような他の動物にも見られる。クマの冬ごもりもまた夏眠の一種であるとされる。
〜ウィキペディアより〜


今週は現物株は堅調に推移しましたが、先物システムトレードが先週に引き続き連敗を重ね、ついに8連敗になりました。

そもそも単純なロジックなので勝率は限りなく50%に近いはずです。勝率50%と仮定した場合8連敗する確率はわずか0.4%です。長期間続けた場合、観察期間中に8連敗する可能性は0.4%よりずっと高くなることは頭では理解していますが、近頃は「100年に1度」の出来事がしばしば起こります。

現物株がジリ貧になっていくのもつらいのですが、現在動いている先物システムトレードのロジックが日計りなので、月給を日割りした額以上の現金が毎日毎日出ていくのを見ているとイライラします。何のために暑い中働いているのか分かりません。

せめて暑いうちだけでも先物システムトレードを夏眠したいのですが、夏眠したとたんに勝ち出すと怒り狂いますので夏眠できません。

何かの間違いで先物システムトレードがトントンに戻したら、その時点で先物システムトレードは躊躇なく停止しますが、暑さで頭がおかしくなり、ラージで一発逆転を狙う暴挙に出ることを危惧しています。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

フェローテック200株買い

有名なエコノミストの中原圭介さんが、「オール投資」と「週刊現代」で6890フェローテック推奨を公開したのが6月6日の月曜日でした。わたしが「週刊現代」をコンビニで買ったのは6日の昼休みで、そのときの株価はたしか2020〜2030円だったと思います。

すでに6日の始値の2000円から上昇していたため、買うか買うまいか迷っているうちに後場一段高になり、結局2044円で引けました。6日の後場寄付で跳び付き買いしなかったことを、わたしは激しく後悔しました。

翌日からもフェローテックの株価はドンドン上がり、6月14日には高値2246円を付けました。息の長いテーマ株ということで、買うチャンスは二度と来ないと諦めてましたが、押してきたので指値2000円で本日前場に200株買いました(6月3日金曜日の終値は2005円でした)。

フェローテック


中原さんによるとフェローテックは太陽光発電の大本命銘柄なので、わたしのように買いそびれて臍を噛んでいた人も多いでしょうから、2000円前後で押し目買いが入ることを期待していました。実際前場は2000円あたりで一旦反発したのですが、後場に入ってダラダラ下げが止まらず、結局、先週末比124円安の1935円で引けました。買った初日から大きくマイナスです。

いくらフェローテックが国策銘柄とはいえ、去年の暮れは1000円を切っていたことを思うと、とても高いところで不用意に買ってしまったような気もします。

おまけ

太陽電池関連銘柄



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス4918万円_/>●

2011年6月17日終値ベースのもぐらファンド(愛称 内憂外患)です。

現在のポジション

モグラ ポートフォリオ SUMCO 新日本製鐵 住友金属工業 SBI マネックス 武田薬品 任天堂 富士フイルム マニー インフォマート 上場インデックスファンド海外新興国株式 日本マクドナルドホールディングス マブチモーター 全日本空輸 日本板硝子 DeNA ディー・エヌ・エー 東京電力

株式信用取引 なし

先物・オプション なし



2007年7月29日(ブログ開設日)から2011年6月17日までの運用成績

株式
確定損益   −239万円 (受渡日2011年6月17日まで)
含み損益  −4863万円 (2011年6月17日現在)
配当金収入  +197万円
小計    −4905万円 (先週比−20万円)

先物・オプション
確定損益    −13万円 (受渡日2011年6月17日まで)
含み損益     ±0万円 (2011年6月17日夕場途中)
小計      −13万円 (先週比−4万円)

総計    −4918万円 (先週比−25万円)



今週の先物決済 −40936円
システムトレード
※先物取引の記載方法について


先週末の日経平均株価終値:9514円
今週末の日経平均株価終値:9351円


今週もぐらファンドは下落しました。これで6週連続の下落です。

内憂は言うに及ばず、外患としてギリシャ問題が再浮上、中国とアメリカの景気悪化懸念などわたしが心配してもどうにもなりませんが、頭の痛い問題が山積です。

一方、わたしでもどうにかできる銘柄選択も最悪で、ポートフォリオの7974任天堂は今日も年初来安値を更新しました。他にも8473SBIホールディングスが本日年初来安値を更新しています。

ジリ貧が続いているので、いっそのこと、ポートフォリオを本日302円で引けた9501東京電力に一本化して勝負を賭けたい気分ですが、度胸のないわたしにはできそうにもありません・・・

徳川家康


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス4894万円_/>●

2011年6月10日終値ベースのもぐらファンド(愛称 百花繚乱)です。

現在のポジション

モグラ ポートフォリオ SUMCO 新日本製鐵 住友金属工業 SBI マネックス 武田薬品 任天堂 富士フイルム マニー インフォマート 上場インデックスファンド海外新興国株式 日本マクドナルドホールディングス マブチモーター 全日本空輸 日本板硝子 DeNA ディー・エヌ・エー 東京電力

株式信用取引 なし

先物・オプション なし



2007年7月29日(ブログ開設日)から2011年6月10日までの運用成績

株式
確定損益   −239万円 (受渡日2011年6月15日まで)
含み損益  −4843万円 (2011年6月10日現在)
配当金収入  +197万円
小計    −4885万円 (先週比−57万円)

先物・オプション
確定損益     −9万円 (受渡日2011年6月13日まで)
含み損益     ±0万円 (2011年6月10日夕場途中)
小計       −9万円 (先週比−2万円)

総計    −4894万円 (先週比−59万円)



今週の先物決済 −109936円
先物決済
※先物取引の記載方法について


先週末の日経平均株価終値:9492円
今週末の日経平均株価終値:9514円

最近のもぐらファンドはろくな愛称がありませんでしたが、今回は「百花繚乱」とフツーの投資信託についていても不思議ではない愛称です。

実は昨日までは今週の愛称は「東電と任天堂」にするつもりでしたが、週末になりもぐらファンドでは優等生の2432DeNAと4502武田にも悪材料が出て、本日大きく下落してしまいました。

----------引用ここから-----------

2432 DeNA
続落。グリーの取引を妨害したとして公正取引委員会から排除措置命令を受けたと伝えられ、嫌気された。公正取引委員会が9日に、同社がゲームソフト開発会社とグリーが取引するのを妨害したことが独占禁止法違反に当たるとして再発防止を求める排除命令を出した。

4502 武田薬品
下落。現地9日に仏医薬安全当局が、糖尿病治療剤「アクトス」と「コンペタクト」の2剤について使用停止とする決定を下したと一部で伝えられ嫌気された。仏医薬安全当局は、服用により膀胱癌にかかるリスクが多少高まるとの公式研究に基づき、使用停止としている。

----------引用ここまで-----------

株価が「百花繚乱」ならば良いのですが、残念ながら悪材料が「百花繚乱」という意味です。

仕方なく6965浜松ホトニクス1100株を買い平均3385円→3390円売りとほぼ同値撤退して、大きく下落している7974任天堂100株信用買玉を現引しました。

浜松ホトニクス


任天堂 現引


かくしてユリのような優良株はもぐらファンドから消えてゆき、ドクダミやヒガンバナが「百花繚乱」のお花畑が作られていきます・・・


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

東の横綱、西の横綱

マネックスメール<第2404号 2011年6月8日(水)夕方発行>をそのまま転載します。

--------------引用ここから------------------

東証1部の売買代金1位は本日も東京電力(9501)。一時、200円を割り込み前日比22円安の194円まで売られ、6日に付けた上場来安値を更新しました。他の電力株も連れ安。全ての原発が再稼動の見通しが困難との一部報道も嫌気された模様です。その東京電力の売買代金を上回ったのが大証の任天堂(7974)。一時は下落率が7%を超え年初来安値を更新し、「Wii(ウィー)」登場前の2006年5月以来の安値水準まで下げました。ロサンゼルスで開催中の世界最大のゲーム見本市「E3」で、任天堂は家庭用ゲーム機「Wii」の後継機となる「Wii U(ウィー・ユー)」を2012年に発売すると発表しましたが、市場の評価は厳しいものとなりました。

--------------引用ここまで------------------


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

ダブルインパクト

7974 任天堂 200株ホールド中
6月6日終値 17910円(先週末比290円安)
年初来安値


9501 東京電力 1000株ホールド中
6月6日終値 207円(先週末比79円安)
上場来安値






▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス4835万円_/>●

2011年6月3日終値ベースのもぐらファンド(愛称 ぐわんばれ!菅首相!)です。

現在のポジション

モグラ ポートフォリオ SUMCO 新日本製鐵 住友金属工業 浜松ホトニクス SBI マネックス 武田薬品 任天堂 富士フイルム マニー インフォマート 上場インデックスファンド海外新興国株式 日本マクドナルドホールディングス マブチモーター 全日本空輸 日本板硝子 DeNA ディー・エヌ・エー 東京電力

株式信用取引 
任天堂


先物・オプション
先物建て玉



2007年7月29日(ブログ開設日)から2011年6月3日までの運用成績

株式
確定損益   −239万円 (受渡日2011年6月3日まで)
含み損益  −4784万円 (2011年6月3日現在)
配当金収入  +196万円
小計    −4828万円 (先週比−27万円)

先物・オプション
確定損益     +2万円 (受渡日2011年6月3日まで)
含み損益     −9万円 (2011年6月3日夕場途中)
小計       −7万円 (先週比−4万円)

総計    −4835万円 (先週比−31万円)



今週の先物決済 −153092円
システムトレード
システムトレード
※先物取引の記載方法について


先週末の日経平均株価終値:9521円
今週末の日経平均株価終値:9492円


内閣不信任決議案が提出され、可決された場合には今解散・総選挙を行うことなぞ出来るはずもないので、昨日の朝には菅首相が決議案採決前に辞任表明すると確信していました。

予想は当ったようでもありますが、中身は全然違う結果になり、今日時点では菅首相は来年1月までやるつもりのようです。結局、何も変わりませんでした。

なぜ総理の座にしがみつきたいのか、感覚的にも理屈的にも全く理解できないので、何をどうしたいのか分かりませんが、小沢元代表も含めてバカではあそこまで上り詰めることはできないでしょうから、すべて出来レースだったのでしょうか?

菅首相をペテン師呼ばわりしている鳩山前総理も自らの議員辞職を翻した前歴があるので、全く信用できません。3月11日の大震災からもうすぐ3ヶ月になるのに復興計画が見えてきません。一時混乱しても政界再編等で新しい動きが出ることを期待していましたが、エライ先生方が何を考えているのかさっぱりわかりません。

しかし、もう一方で菅首相を応援したい気分もあります。

ここ最近はすぐ辞任する総理大臣ばかりでしたが、菅総理ほどその地位にしがみつくのは大したものです。地位は全く異なりますが、能無しであることを自覚しながらも、家族を養うために会社に必死にしがみついているわたしは大いに力づけられます。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2017年12月8日
マイナス796万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ