もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

2012年07月

新日鉄が業績下方修正発表&中間配当無配転落

本日13:30に5401新日鉄の第一四半期決算発表がありました。

---------引用ここから-------------

新日鉄の上期は9割減益見通し、アジア鋼材市況の底見えず

[東京 30日 ロイター] 新日本製鉄は30日、4─6月期の連結経常利益が前年同期比83.7%減の92億円となり、上期(4─9月期)も約9割減益になるとの見通しを発表した。

鋼材市況の軟化に伴う製品販売価格の下落などが要因。また、保有株式の価格下落に伴う多額の評価損計上により、上期の最終損益は850億円の赤字となる見込みで、中間配当は見送る方針も明らかにした。通期予想は開示しなかった。

会見した谷口進一副社長は、7─9月期以降の経営環境について、国内では東日本大震災の復興需要が増加するものの、中国勢の増産などを背景に下落しているアジア鋼材市況に関しては「底が見えない状況」だと述べ、先行きへの懸念を示した。

4─6月期の連結売上高は前年同期比2.5%減の9606億円となった。経常利益実績(92億円)は、トムソン・ロイター・エスティメーツによるアナリスト3人の予測平均値290億円(過去90日間)を大幅に下回った。

主力の製鉄事業は、国内で建設や自動車・産業機械向けの需要が堅調だったが、円高の長期化により輸出競争力が低下しているほか、東アジアの供給過剰を背景に鋼材市況が軟化したため、経常利益は前年同期比86%減の66億円に落ち込んだ。粗鋼生産(単独ベース)は前年同期比ほぼ横ばいの770万トンとなったが、1トン当たりの鋼材平均価格は前年同期の8万5800円に対し、8万円に下落した。

このほか、海外のグループ会社の減益も全体の損益を下押しした。

株式を持ち合う住友金属工業と神戸製鋼所などの株価下落を受け、投資有価証券評価損875億円を特別損失に計上したことで、最終損益は875億円の赤字に転落した。前年同期は290億円の黒字だった。

4─9月期の経常利益予想は100億円(前年同期は942億円)。粗鋼生産(単独ベース)は7─9月期に約800万トンに増え、上期では前年同期比微増の1570万トン程度を見込むが、鋼材価格は7─9月期にさらに下落し、1トン当たり7万9000円程度になると想定している。製鉄事業では7─9月期に16億円の経常赤字を見込む。

谷口副社長は、前期に10万トン強だった復興需要が今期は40万トン程度に膨らむとの見通しを示し、「復興に絡む建設関係は(新日鉄の)シェアが高いので、7─9月期以降はそこを中心に国内をしっかり押さえて行く」と語った。

ただ、アジアの鋼材市況については、「(鉄鋼各社が)生産を減らし、需要に見合ったところに行けば安定するが、需要が出てくるのを待つなら極めて時間がかかる。中国も日本も業績が厳しい中で(市況低迷が)長引くと良くない」と語った。

2013年3月期の業績予想は、10月の住友金属工業との統合後に発表する方針。トムソン・ロイター・エスティメーツによると、アナリスト14人の新日鉄の通期経常利益の予測平均値は1698億円。(ロイターニュース 大林優香;編集 山川薫)

---------引用ここまで-------------

発表直後より株価は急落し、結局前日比7円安の153円で引けました。率直なところ、よく7円安で済んだと思います。全体の地合に助けられた印象です。



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス5845万円_/>●

2012年7月27日終値ベースのもぐらファンド(愛称 ブログ開設5年)です。

現在のポジション

モグラ ポートフォリオ SUMCO 新日本製鐵 住友金属工業 SBI マネックス 武田薬品 任天堂 富士フイルム マニー インフォマート 上場インデックスファンド海外新興国株式 日本マクドナルドホールディングス マブチモーター 全日本空輸 日本板硝子 フェローテック 昭和シェル石油 DeNA ディー・エヌ・エー NTTドコモ

株式信用取引 なし

先物・オプション
先物建て玉



2007年7月29日(ブログ開設日)から2012年7月27日までの運用成績

株式
確定損益   −193万円 (受渡日2012年7月30日まで)
含み損益  −5868万円 (2012年7月27日現在)
配当金収入  +257万円
小計    −5804万円 (先週比+15万円)

先物・オプション
確定損益    −18万円 (受渡日2012年7月30日まで)
含み損益    −24万円 (2012年7月27日夜間取引中)
小計      −41万円 (先週比−6万円)

総計    −5845万円 (先週比+9万円)



今週の先物決済 +6844円
先物決済


先週末の日経平均株価終値:8669円
今週末の日経平均株価終値:8566円

今週のもぐらファンドは週後半だいぶ盛り返し、何とか最大損失更新は免れました。

ブログ開設から5年経ちました。始めた頃はこんなに損失が膨らむとは思ってもいませんでした。これからどうなっていくのかも心配ですが、長期戦で望むしかありません。

いよいよロンドン・オリンピックも開幕します。せめてオリンピック中は株式市場も盛り上がってほしいと期待しています。


富士フイルム第1四半期決算

---------------引用ここから------------------

富士フイルムの4〜6月期、純利益83%減 円高逆風で採算悪化

富士フイルムホールディングス(4901)が27日に発表した2012年4〜6月期の連結決算(米国会計基準)は純利益が前年同期比83%減の25億円だった。円高によって保有している外貨建て資産が目減りし、82億円の為替差損を営業外費用に計上したことが主因。

売上高は2%減の5183億円、営業利益は28%減の209億円だった。主力のデジタルカメラはコンパクト型の需要が後退したうえ、円高が逆風になり海外での採算悪化につながった。液晶パネル向けフィルムなども想定を下回った。ただ、複合機やプリンターなどオフィス向け機器は、昨年の東日本大震災による生産減の反動もあって国内外で堅調で、収益を下支えした。

13年3月期の連結業績予想と年間配当計画は据え置いた。

記者会見した中嶋成博社長は、収益の下振れについて「当初計画の範囲内」と述べた。液晶パネル向けフィルム事業について中嶋社長は「フラットパネル市況が下期に回復すると見込んでおり、高機能材料の投入などでシェア拡大を狙う」との計画を示した。収益性の高い高機能携帯電話(スマートフォン)など中小型パネル用フィルム増産に向けた設備投資もほぼ一巡したという。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

---------------引用ここまで------------------

・・・パッとしません。月曜日が心配です。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マブチモーター100株ナンピン

もぐらファンド構成銘柄の多くが年初来安値を更新しています。正直なところ、株価の下落よりも、構成銘柄のどれかが倒産するのではないかと心配です。

日中株価を見ることがほとんどできないので、今朝は6592マブチモーターに2950円で100株買い注文を入れて出勤しましたが、前日終値が3040円だったので、まず約定することはないと思っていました。

ところが引け後確認したところ、楽勝で約定していました。下値は2931円まであったようで、終値は2953円でした。
マブチモーター

これで6592マブチモーターは平均3529円200株ホルダーになりました。決算発表は8月10日予定です。とても不安です。


任天堂の第1四半期決算

----------引用ここから------------------

任天堂の4─6月期は営業赤字103億円、通期予想は据え置き

[大阪 25日 ロイター] 任天堂が25日発表した2012年4─6月期連結業績は、売上高が前年比9.7%減の848億円、営業損益が103億円の赤字(前年同期は377億円の赤字)、純損益が172億円の赤字(同255億円の赤字)となった。

為替相場が円高に推移したほか、昨年夏に大幅な値下げをした携帯ゲーム機「3DS」の逆ざや状態が依然、続いており、減収、営業赤字につながった。

13年3月期の連結業績予想は、売上高が前年比26.6%増の8200億円、営業損益が350億円の黒字(前年は373億円の赤字)、当期純損益が200億円の黒字(同432億円の赤字)と据え置いた。

任天堂は、大画面化した「3DS」の新型機を国内外で投入するほか、有力ソフトの発売、3DS対応ソフトウェアのダウンロード販売開始、年末における据置型ゲーム機「Wii」の後継機「WiiU」の日米欧市場での発売などを控えており、今期中の市場活性化を見込み通期業績予想の修正を見送った。

12年4─6月期のハード販売台数は、「3DS」が186万台(前年同期は71万台)、「DS」が54万台(同144万台)、「Wii」が71万台(同156万台)だった。13年3月期のゲーム機販売台数予想については、「3DS」は1850万台、「DS」は250万台、「Wii(WiiU含む)」は1050万台とそれぞれ据え置いた。年度末の想定為替レートは従来予想と同様、ドル80円、ユーロ105円とした。(ロイターニュース 長田善行;編集 内田慎一)

----------引用ここまで------------------

ホルダーのわたしが言うのも何ですが、どこをどうやったら通期業績予想に達することができるのでしょうか?さっさと下方修正した方が傷が浅いような気がします。新興宗教のお告げを聞いているような気分です。



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

決算発表スケジュール(2012年夏)

コード 銘柄 決算発表日 発表時間
2432 DeNA 8月9日 15時
2492 インフォマート 7月31日 未定
2702 マクドナルド 8月上旬 未定
4502 武田薬品工業 7月30日 15時
4901 富士フイルム 7月27日 15時
5002 昭和シェル石油 7月31日 未定
5202 日本板硝子 8月2日 15時
5401 新日本製鐵 7月30日 13時
5405 住友金属工業 7月30日 14時
6592 マブチモーター 8月10日 未定
6890 フェローテック 8月13日 未定
7974 任天堂 7月25日 16時
8473 SBI 8月9日 15時
8698 マネックスG 7月25日 14時
9202 全日空 8月3日 15時
9437 NTTドコモ 7月27日 15時


もぐらファンド16銘柄の直近の決算発表予定日です。
1月末本決算の3436SUMCOと8月末本決算の7730マニーを除きます。
インフォマートマクドナルド昭和シェル石油マブチモーターは中間決算、他は第1四半期決算です。



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス5854万円_/>●

2012年7月20日終値ベースのもぐらファンド(愛称 最大損失更新)です。

現在のポジション

モグラ ポートフォリオ SUMCO 新日本製鐵 住友金属工業 SBI マネックス 武田薬品 任天堂 富士フイルム マニー インフォマート 上場インデックスファンド海外新興国株式 日本マクドナルドホールディングス マブチモーター 全日本空輸 日本板硝子 フェローテック 昭和シェル石油 DeNA ディー・エヌ・エー NTTドコモ

株式信用取引 なし

先物・オプション
先物建て玉



2007年7月29日(ブログ開設日)から2012年7月20日までの運用成績

株式
確定損益   −193万円 (受渡日2012年7月20日まで)
含み損益  −5883万円 (2012年7月20日現在)
配当金収入  +257万円
小計    −5819万円 (先週比−101万円)

先物・オプション
確定損益    −18万円 (受渡日2012年7月23日まで)
含み損益    −17万円 (2012年7月20日夜間取引中)
小計      −35万円 (先週比+4万円)

総計    −5854万円 (先週比−97万円)



今週の先物決済 +55486円
先物システムトレード


先週末の日経平均株価終値:8724円
今週末の日経平均株価終値:8669円

今週のもぐらファンドはマイナス5854万円となり、2012年6月1日のマイナス5773万円を大きく更新しました。

今週7月17日に1350円で200株ナンピンした4901富士フイルムも今週末の終値が1335円と首吊りの足を引っぱっています。

9202ANAも今週末の終値は185円まで下落しています。7月18日の終値192円から4.17%もディスカウントして決定した公募売出価格184円ギリギリに迫っています。7月26日の受渡日を前にして、わたしのような既存ホルダーはもちろん、新株を取得する人にとっても不幸な状況になっています。

円高が猛烈に進行しているわけではないので、米国と中国の景気悪化懸念から外需株が大きく下落しているのだと思いますが、QE3発動で円高が一気に進むのか、このままズルズル景気が悪化していくのか、どちらにしても碌な結果になりません。



楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

富士フイルム200株ナンピン

今日もたくさんのもぐらファンド銘柄が年初来安値を更新しました。

その中の一つ、4901富士フイルムを1350円で200株ナンピンしました。
富士フイルム 富士フイルムホールディングス

平均2084円400株ホルダーになりましたが、結局今日の富士フイルムの株価は1345円とほぼ安値引けで終わりました。一方、7733オリンパスの終値は1354円で、ついに富士フイルムを逆転しました。もう訳分かりません・・・


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス5757万円_/>●

2012年7月13日終値ベースのもぐらファンド(愛称 踏んだり蹴ったり)です。

現在のポジション

モグラ ポートフォリオ SUMCO 新日本製鐵 住友金属工業 SBI マネックス 武田薬品 任天堂 富士フイルム マニー インフォマート 上場インデックスファンド海外新興国株式 日本マクドナルドホールディングス マブチモーター 全日本空輸 日本板硝子 フェローテック 昭和シェル石油 DeNA ディー・エヌ・エー NTTドコモ

株式信用取引 なし

先物・オプション
先物建て玉



2007年7月29日(ブログ開設日)から2012年7月13日までの運用成績

株式
確定損益   −193万円 (受渡日2012年7月13日まで)
含み損益  −5782万円 (2012年7月13日現在)
配当金収入  +257万円
小計    −5718万円 (先週比−105万円)

先物・オプション
確定損益    −24万円 (受渡日2012年7月17日まで)
含み損益    −15万円 (2012年7月13日夜間取引中)
小計      −39万円 (先週比−14万円)

総計    −5757万円 (先週比−119万円)



今週の先物決済 +13266円
先物システムトレード


先週末の日経平均株価終値:9020円
今週末の日経平均株価終値:8724円

先物システムトレードに新たに作成したオリジナル持ち越しトレードシステムを加えてみました。7月6日夜間取引時間中の米国雇用統計発表直後に買いエントリーシグナルが出たので、9005円で5枚買って週末持ち越しました。

その後日経平均は4日連続で下げ、先週末と比べ300円下落して今週の取引が終わりました。ロスカットシグナルが未だ出ないので、仕方なく現在もホールド中です。

検証では長期的にはプラスになるはずですが、いきなり巨額の含み損が発生しました。苦労して作ったので、デビュー戦でこのシステムをお払い箱にするのもどうかと思いますが、完全に戦意喪失しました。

今週は現物株も大きく下げました。日経平均株価はそれほど下げていないのに、もぐらファンドは過去最大損失の5773万円にあと16万円と肉薄して、警戒水位を越えてきました。



楽しい3連休をお過ごし下さい

わたしは仕事・・・_| ̄|●


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス5638万円_/>●

2012年7月6日終値ベースのもぐらファンド(愛称 つゆファンド)です。

現在のポジション

モグラ ポートフォリオ SUMCO 新日本製鐵 住友金属工業 SBI マネックス 武田薬品 任天堂 富士フイルム マニー インフォマート 上場インデックスファンド海外新興国株式 日本マクドナルドホールディングス マブチモーター 全日本空輸 日本板硝子 フェローテック 昭和シェル石油 DeNA ディー・エヌ・エー NTTドコモ

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2012年7月6日までの運用成績

株式
確定損益   −193万円 (受渡日2012年7月6日まで)
含み損益  −5677万円 (2012年7月6日現在)
配当金収入  +257万円
小計    −5613万円 (先週比−34万円)

先物・オプション
確定損益    −25万円 (受渡日2012年7月9日まで)
含み損益     ±0万円 (2012年7月6日夜間取引中)
小計      −25万円 (先週比+4万円)

総計    −5638万円 (先週比−30万円)



今週の先物決済 +38142円
先物システムトレード


先週末の日経平均株価終値:9006円
今週末の日経平均株価終値:9020円

今週の日経平均株価は、先週末よりわずかですが高く引けました。一方、もぐらファンドは先週末より損失が30万円増えました。明るくブログを更新する気力もなくなります。つらいです・・・

7月3日に増資を発表して株価が急落したANAは、今週末196円で引けました。先週末の終値226円より13%下落しました。4000株持っているので、ANAだけで12万円の損失増になり、今週の損失額30万円の40%に相当します。

今週は梅雨時に相応しい相場でしたが、まもなく発表される米国雇用統計をきっかけにして、来週は上下どちらかに株価が動くような気がします。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

ANA14%の暴落

本日昼休みを挟んで、ANAの株価が急落しました。わたしがANAの暴落に気が付いたのは夜になってからですが、場中に気が付いたとしても、後場寄り付きから底値張り付き状態で、どうしようもなかったと思います(´;ω;`)

ANA日足
ANA日足チャート


-------------引用ここから--------------

ANA、公募増資9億1400万株、オーバーアロットメントによる売り出し8600万株実施へ

全日本空輸(ANA)<9202.T>は3日引け後、公募増資9億1400万株に加え、オーバーアロトメントによる株式売り出し8600万株を実施すると発表した。今回の新株発行により、発行済み株式総数(現在25億2495万株強)は最大10億株、率にして39.6%増加する

手取り概算額は最大で2110億5000万円。15年3月末までに、国際線ネットワークの拡充を主な目的として、省燃費機材であるボーイング787型機(787−8型機および787−9型機)を中心とした航空機購入を含む設備投資資金に充当する予定。

3日終値は31円安の193円。大型公募増資の方針を固めたとの一部報道が先行し、株価が急落した。提供:モーニングスター社

-------------引用ここまで--------------



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2017年10月20日
マイナス932万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ