もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

2013年11月

マイナス3251万円_/>●

2013年11月29日終値ベースのもぐらファンド(愛称 IPO今昔物語)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
モグラ ポートフォリオ SUMCO SBI マネックス 武田薬品 任天堂 富士フイルム マニー インフォマート 上場インデックスファンド海外新興国株式 マブチモーター 全日本空輸 日本板硝子 フェローテック DeNA ディー・エヌ・エー NTTドコモ 三菱商事 新日鐵住金

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2013年11月29日までの運用成績

株式
確定損益    −75万円 (受渡日2013年12月4日まで)
含み損益  −3592万円 (2013年11月29日現在)
配当金収入  +306万円
小計    −3361万円 (先週比+137万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +110万円 (受渡日2013年12月2日まで)
含み損益     ±0万円 (2013年11月29日夜間取引中)
小計     +110万円 (先週比+33万円)

総計    −3251万円 (先週比+170万円)



今週の先物・オプション決済 なし

先週末の日経平均株価終値:15381円
今週末の日経平均株価終値:15661円

IPOがここ最近ないほどの盛り上がりです。そもそもわたしがIPO(新規公開株)の存在を初めて知ったのは、1987年のNTT上場でした。当時はインターネットなど無く、申し込み方法も忘れてしまいましたが、「申し込まないのはバカ」といわれ、付和雷同的なわたしも申し込みました。職場のほとんどの人も申し込みました。現在のNISAの比ではありません。

わたしはハズレましたが、職場でも何人か当選してヒーローが誕生しました。記録を調べてみると、売り出し価格119万7000円に対して1987年2月10日についた初値が160万円で、同年4月22日に318万円の高値を付けたようです。当時は株というものは財産の一種と考えられており、利益が乗ったら売るという発想が乏しかったと思います。その後NTT株がどうなったかには触れませんが、上手に売り抜けた人は少ないと思います。

その後は株価全体が低迷を続けたこともあり、NTT以上の新規公開株の盛り上がりはなかったと思います。そもそも1株が高すぎて、普通の人が買える値段ではありませんでした。

例えば、もうすぐ東証一部に鞍替えする楽天は、2000年4月に公募価格が1株3300万円(!)で店頭市場に新規上場しました。初値は1990万円(!)だったそうです。ちなみにIPOとは関係ありませんが、同年2月にはヤフー1株が1億6790万円の日本株史上最高値を記録しています。

現在は10万円を切る価格でBBできる銘柄も多数あります。多くの人が参加できることは、IPOにとっても良いことだと、わたしは単純に思っています。いわゆる「IPO乞食」と呼ばれる方法や、一族郎党の口座を開いて名義を使い分ける方法は、以前にも書きましたが、わたしは用いません。しかしIPO獲得を職業だと思えば、ペコペコ株屋に頭を下げてバーター取引したり、借名口座(資金を提供していれば、受け取った側は贈与税の申告も必要です)を使う人を品が無いとは思いますが、非難する気にはなれません。さらに借金してSBI証券等の金額が大きいほど当選確率が高くなる証券会社でBBに参加する人までいるようです。ご苦労さんなことです。


もぐらファンド番外編 FX

11月27日夜、1ドル102円で残りの全5枚決済しました。+328135円の利益になりました。
FX仕切り5枚
現在FXのポジションはありません。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

IPO オンコリスバイオファーマ当選

本日、IPO 4588オンコリスバイオファーマが主幹事のSMBC日興証券で1枚当選しました。
オンコリスバイオファーマ当選

IPOのBB参加目的で売らずもがなの銘柄を現金化していますので、一つもIPOが当たらなかったらどうしようと思っていました。同じバイオ関係のリプロセルには到底及ばないにしても、今の地合が続けば流石に公募割れはないと信じて申し込みます。


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

川崎重工を全5000株売却

本日、7012川崎重工業を419円で全5000株売却しました。10月29日に390円で購入したので、税金・手数料引き前で145000円の利益です。

川崎重工 川重 川崎重工業

これで資金繰りがやっと楽になりました。現物株を処分してまでIPOのBBに申し込むのは、期待値から考えると愚かな行動かもしれませんが、宝くじのようなもので一発当たると大きい魅力に勝てません。



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス3421万円_/>●

2013年11月22日終値ベースのもぐらファンド(愛称 上場するなら金をくれ!)です。

家なき子

現在のポジション

現物株17銘柄
モグラ ポートフォリオ SUMCO SBI マネックス 武田薬品 任天堂 富士フイルム マニー インフォマート 上場インデックスファンド海外新興国株式 マブチモーター 全日本空輸 日本板硝子 フェローテック DeNA ディー・エヌ・エー NTTドコモ 三菱商事 新日鐵住金 川崎重工業 川重

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2013年11月22日までの運用成績

株式
確定損益    −88万円 (受渡日2013年11月27日まで)
含み損益  −3711万円 (2013年11月22日現在)
配当金収入  +301万円
小計    −3499万円 (先週比+65万円)

先物・オプション・FX
確定損益    +77万円 (受渡日2013年11月25日まで)
含み損益     ±0万円 (2013年11月22日夜間取引中)
小計      +77万円 (先週比+6万円)

総計    −3421万円 (先週比+71万円)



今週の先物・オプション決済 なし

先週末の日経平均株価終値:15165円
今週末の日経平均株価終値:15381円

年末にかけてIPOが目白押しです。歳末恒例ですが、どうしてこんなに集中するのでしょうか? もっと計画的に分散して上場してほしいと思います。同日上場も多く、人気も分散してしまうので、初値も伸びないような気がします。ただし、今のところは初日買い気配のまま値付かず銘柄が連続してIPOは絶好調です。

当たるような気がしないものの、わたしも片っ端からBBに参加しています。ところが、来週から12月上旬までBBがこれまで以上に集中しており、現金不足でBBにすら参加できない銘柄が出そうです。当選する・しない以前の問題なので、BBに参加するために昭和シェル石油を売却したり、FXを利確したりして、現在必死に現金をかき集めています。

本日上場の3292イオンリート投資法人も初値115000円で売却しました。税金・手数料を引くと数千円の利益ですが、REITなので初値が噴くことは期待できません。105000円の公募価格を割り込ます、手数料負けしなかっただけでも上出来です。
イオンリート売却


もぐらファンド番外編 FX

11月21日夜、1ドル101円で8枚中3枚決済しました。+64955円の利益になりました。
FX決済

現在のポジション
FX建玉


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

昭和シェル石油全株売却

本日5002昭和シェル石油を1050円で全株(といっても1000株です)売却しました。

昭和シェル石油 売却

2011年8月1日に720円で購入したので、税金・手数料抜きで約33万円の利益です。今日の昭和シェル石油売却でもぐらファンドは17銘柄になりましたが、新日鐵住金を筆頭とした多数の含み損銘柄はどうするつもりでしょうか? 嫌なことを先に延ばす性格が見事に現れています。自分自身を小一時間問い詰めたい・・・



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス3493万円_/>●

2013年11月15日終値ベースのもぐらファンド(愛称 日経平均意味不明の15000円台)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2013年11月15日までの運用成績

株式
確定損益   −118万円 (受渡日2013年11月20日まで)
含み損益  −3746万円 (2013年11月15日現在)
配当金収入  +301万円
小計    −3563万円 (先週比+284万円)

先物・オプション
確定損益    +71万円 (受渡日2013年11月18日まで)
含み損益     ±0万円 (2013年11月15日夜間取引中)
小計      +71万円 (先週比±0万円)

総計    −3493万円 (先週比+284万円)



今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:14086円
今週末の日経平均株価終値:15165円

今週のもぐらファンドは大幅高になりました。ドル円も100円を久しぶりに越えてきました。理由はアメリカの景気回復とか、信用期日通過とか言われていますが、良く分かりません。日経平均も14800円で何回か跳ね返されていたので、今回も14800円が天井かと思っていたところ、一気に突き抜け、更に15000円も突破して今週の取引を終えました。

IPO当選したイオンリート投資法人は優待が発表されるかどうかで評価が変わりそうですが、我が家の近くにはイオンやダイエーやマルエツがないので、ありがたみが薄い感じです。公募割れしなければ早々に売却すると思います。

REIT以外にIPOが一つでも当たることを期待していますが、株屋に借りを作ったり、営業の電話がかかってくるのが嫌なので、申し込むのは抽選だけです。借名口座も使っていませんので、これだけIPOが出てきても一つも当たらない可能性が高そうです。今まで発表されているIPOの中では足利HDが一番当たりそうですが、100株当選しても手数料負けすると思います。

今週はSIA不動産投資法人を損切りしただけで終わりました。最近はあちこちのオンライン証券会社のIPO用資金のやり繰りと入出金手続きが大変で、新規銘柄購入まで手が回りません。

もぐらファンド番外編 FX
FX
今週も取引ありません。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

SIA不動産投資法人損切り

3290SIA不動産投資法人1口を本日の寄り付きに400500円で売却しました。手数料を除いて49500円の損失が確定しました。

SIA REIT

そもそもこのSIA不動産投資法人は、SMBC日興証券のIPOで当選したものです。公募価格は45万円でした。10月9日についた初値は42.9万円で、その後も公募価格を上回ったことがありません。

確定申告でも良いのですが、SBI証券の特定口座内で損益通算して税金を少しでも取り戻そうと、わざわざ1000円の株式移管料を支払ってSMBC日興証券からSBI証券に移管して売却しました。税金が5000円弱戻ってくる予定です。



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

IPO イオンリート投資法人当選

本日IPO 3292イオンリート投資法人がSMBC日興証券で1口当選しました。

イオンリート投資法人
メディアドゥが当選で、イオンリート投資法人が補欠だったら良かったのですが、贅沢いえません。

前回もSMBC日興証券でREITのSIA不動産投資法人が当選しました。SIAは公募価格45万円に対して初値42.9万円と公募割れになり、その後一度も公募価格を上回ったことがありません。

今回のイオンリートはSIAよりはましだと思います。それでもわたしに回ってくるくらいなので、再度の公募割れを危惧しています。



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス3776万円_/>●

2013年11月8日終値ベースのもぐらファンド(愛称 食品偽装表示)です。

現在のポジション

現物株19銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2013年11月8日までの運用成績

株式
確定損益   −114万円 (受渡日2013年11月13日まで)
含み損益  −4034万円 (2013年11月8日現在)
配当金収入  +301万円
小計    −3847万円 (先週比−25万円)

先物・オプション
確定損益    +71万円 (受渡日2013年11月11日まで)
含み損益     ±0万円 (2013年11月8日夜間取引中)
小計      +71万円 (先週比±0万円)

総計    −3776万円 (先週比−25万円)



今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:14201円
今週末の日経平均株価終値:14086円

食品偽装表示のニュースが連日報道されています。食品偽装表示は最近始まったことでもないのに、魔女狩りみたいにこれでもかと暴き立てるのは何か別の目的があるのでしょうか? 我が家では、カニチャーハンに入っているカニは常にカニカマです。見た目はきれいですが、全体の味がかなり違うのですぐ分かります。またシイタケの欠片が入っている松茸のお吸い物を愛用しています。味の違いは、良く分かりません。

今では日本各地の特産品やお土産と称する食べ物の原料に外国産が使われていることは普通です。低地で育った高原レタス、南半球で獲れた魚を豪快に盛り付けた北海道海鮮丼も美味です。パック入りのジュースも良く振ればフレッシュジュースと区別つかないでしょう。かっぱえびせんに本物のエビが使われているのは、良心的過ぎて涙が出ます。

カレーライスに1000円以上自腹で払うのは正気の沙汰とは思えませんが、そもそもわたしたちが一流ホテルで極く稀に食事をするのは、下心があるか、特別な日の思い出作りか、雰囲気を味わうのが目的だと思います。ホテル側は、偽装表示は強く否定しつつ、こっそり表示通りに変えてしまうべきでした。返金してもだれも納得しません。食べた人のイメージを守ることこそが重要です(浮気の対処方法と同じです)。

元来、エビは高級食材です。それを忘れて、やれバナメイエビだ、ブラックタイガーだと夜のトップニュースで大騒ぎするような国は滅びても文句は言えません。「食べることができるだけでもありがたいと思いなさい」とバナメイエビが申しておりました。

もぐらファンド番外編 FX
FX
今週も取引ありません。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス3752万円_/>●

2013年11月1日終値ベースのもぐらファンド(愛称 ANAの決算発表)です。

現在のポジション

現物株19銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2013年11月1日までの運用成績

株式
確定損益   −114万円 (受渡日2013年11月7日まで)
含み損益  −4009万円 (2013年11月1日現在)
配当金収入  +300万円
小計    −3822万円 (先週比−139万円)

先物・オプション
確定損益    +71万円 (受渡日2013年11月5日まで)
含み損益     ±0万円 (2013年11月1日夜間取引中)
小計      +71万円 (先週比±0万円)

総計    −3752万円 (先週比−139万円)



今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:14088円
今週末の日経平均株価終値:14201円

もぐらファンド構成銘柄の決算発表はピークを越えました。今までの決算発表は概ね期待に近い結果ですが、もぐらファンドは3週連続で下落しました。株価としての結果が全然伴っていません。

今日までの決算発表で一番ショックだったのが、30日(水)引け後に発表された9202ANAの決算です。

----------------引用ここから-------------------

ANAホールディングス、今期経常を一転61%減益に下方修正、配当も1円減額

ANAHDが10月30日大引け後(15:00)に決算を発表。14年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比49.7%減の318億円に落ち込んだ。

併せて、通期の同利益を従来予想の800億円→300億円(前期は769億円)に62.5%下方修正し、一転して61.0%減益見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常損益は18.8億円の赤字(前年同期は135億円の黒字)に転落する見通しとなった。

業績悪化に伴い、期末一括配当を従来計画の4円→3円(前期は4円)に減額修正した。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比26.5%減の431億円に減り、売上営業利益率は前年同期の15.7%→11.1%に大幅悪化した。(株探ニュース)

----------------引用ここまで-------------------

今期の経常利益の下方修正と期末配当の減額も早々に発表しました。いくら円安による燃料費の高騰と中国からの観光客が減ったといっても、なぜ通期の経常利益がいきなり6割も減るのか理解に苦しみます。つい10年くらい前は、ドル円は100円をはるかに越える円安で、中国人旅行者など稀だったと思います。今までANAが潰れなかったのが不思議です。

今後シェール革命で原油が安くなり、観光立国を目指す日本に外国からの観光客が増え、さらにオリンピックが追い風になることを期待しますが、そもそも航空株は長期保有してはいけないといわれてきました。理由はたぶん墜落事故を起こすと暴落するからだと思います。しかし最近の飛行機は何だかんだいっても落ちなくなったので、塩漬けにして優待で元を取るのも有りかと妄想しています。

もぐらファンド番外編 FX
FX
今週も取引ありません。


楽しい3連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2018年1月26日
マイナス571万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ