もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

2015年01月

マイナス2954万円_/>●

2015年1月30日終値ベースのもぐらファンド(愛称 任天堂と新日鉄住金)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2015年1月30日までの運用成績

株式
確定損益   −111万円 (受渡日2015年2月4日まで)
含み損益  −3378万円 (2015年1月30日現在)
配当金収入  +407万円
小計    −3083万円 (先週比−130万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +122万円 (受渡日2015年2月2日まで)
含み損益     +7万円 (2015年1月30日夜間取引中)
小計     +129万円 (先週比+7万円)

総計    −2954万円 (先週比−123万円)


今週の先物・オプション決済 −324円 ←同値撤退しました。
先物ミニ決済


先週末の日経平均株価終値:17511円
今週末の日経平均株価終値:17674円

今週から第3四半期の決算発表が本格的に始まりました。もぐらファンド銘柄でも現在まで8銘柄発表されました。うち7974任天堂と5401新日鉄住金で大きく被弾しました。

1.任天堂
-------------------------引用ここから-------------------------

【決算速報】任天堂、今期経常を43%上方修正、配当も10円増額

任天堂が1月28日大引け後(16:00)に決算を発表。15年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比66.2%増の923億円に拡大した。併せて、通期の同利益を従来予想の350億円→500億円(前期は60.8億円)に42.9%上方修正し、増益率が5.8倍→8.2倍に拡大する見通しとなった。

会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の128億円→278億円(前年同期は48.3億円)に2.2倍増額し、増益率が2.6倍→5.7倍に拡大する見通しとなった。

業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の120円→130円(前期は100円)に増額修正した。

直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比29.2%増の701億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の7.2%→11.7%に大幅改善した(株探ニュース)。

-------------------------引用ここまで-------------------------
任天堂株価
28日終値 12300円
29日終値 11235円
30日終値 11430円



2.新日鉄住金
-------------------------引用ここから-------------------------

【決算速報】新日鐵住金、今期経常を3%上方修正、未定だった配当は5円実施

新日鉄住金が1月29日後場(13:30)に決算を発表。15年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比21.6%増の3431億円に伸びた。

併せて、通期の同利益を従来予想の4000億円→4100億円(前期は3610億円)に2.5%上方修正し、増益率が10.8%増→13.5%増に拡大する見通しとなった。ただ、通期の連結最終利益は従来予想の2500億円→1800億円(前期は2427億円)に28.0%下方修正し、一転して25.9%減益見通しとなった。

会社側が発表した第3四半期累計の実績と通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比15.2%減の668億円に減る見通しとなった。

業績好調に伴い、従来未定としていた今期の年間配当は5円(前期は5円)実施する方針とした。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比53.6%増の1668億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の6.0%→8.5%に改善した(株探ニュース)。

-------------------------引用ここまで-------------------------
新日鉄住金株価
28日終値 294.7円
29日終値 289.1円
30日終値 277.5円


両銘柄とも業績は改善しており一見好決算ですが、任天堂は来期の業績回復に不安ということで複数の証券会社のレーティングが引き下げられています。新日鉄住金も市場コンセンサスに届かなかったとのことです。任天堂の株価は翌日1000円以上急落しました。新日鉄住金も昨日の昼の決算発表前と比べて現在まで15円ほど下げています。15円は、もぐらファンドにとっては84万円の損失拡大です。

パッと見のクソ決算というのは以前より少なくなりましたが、好決算が前提となっているので、期待に届かないと売られます。これからも振幅が大きい相場が続きそうです。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

決算発表スケジュール(2015年冬)

もぐらファンド16銘柄の直近の決算発表予定日です。

コード 銘柄 決算発表日 発表時間
2432 DeNA 2月5日 15時
2492 インフォマート 2月13日 15時
3436 SUMCO 2月12日 15時
4901 富士フィルム 1月28日 15時
5202 日本板硝子 1月30日 15時
5401 新日鐵住金 1月29日 13時30分
6592 マブチモーター 2月13日 12時
6890 フェローテック 2月12日 15時
7974 任天堂 1月28日 16時
8058 三菱商事 2月4日 13時
8136 サンリオ 2月10日 16時
8411 みずほFG 1月30日 16時
8473 SBI 1月29日 15時
8698 マネックスG 1月29日 14時
9437 NTTドコモ 1月29日 15時
9984 ソフトバンク 2月10日 15時


8月末本決算の7730 マニーとETFの1591 NEXT FUNDS JPX日経インデックス400連動型上場投信を除きます。
インフォマートSUMCOおよびマブチモーターは本決算、他は第3四半期決算です。


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2831万円_/>●

2015年1月23日終値ベースのもぐらファンド(愛称 ECBも量的緩和決定)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
先物建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2015年1月23日までの運用成績

株式
確定損益   −111万円 (受渡日2015年1月28日まで)
含み損益  −3248万円 (2015年1月23日現在)
配当金収入  +407万円
小計    −2953万円 (先週比+221万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +122万円 (受渡日2015年1月26日まで)
含み損益     −1万円 (2015年1月23日夜間取引中)
 小計    +121万円 (先週比+26万円)

総計    −2831万円 (先週比+247万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:16864円
今週末の日経平均株価終値:17511円

-------------------------引用ここから-----------------------

欧州中銀、量的緩和を初導入へ 月8兆円規模、3月から

欧州中央銀行(ECB)は22日の理事会で、国債などの資産を買って市場に大量のお金を流す量的金融緩和を導入することを決めた。ユーロ圏各国の国債を買うことにドイツなどから反対は強かったが、物価が下がり続けるデフレに陥るのを防ぐため、導入に踏み切った。量的緩和は日米英でとりいれられたが、ECBでは初めてで、金融政策の大きな転換となる。

ECBのドラギ総裁が理事会後の記者会見で表明した。資産の買い入れの規模は、月600億ユーロ(約8兆円)。今年3月から来年9月末まで続けるとしており、総額約1兆1千億ユーロに達する見通しだ。ECBが目安とする消費者物価上昇率「2%弱」を回復する見通しが立たない場合は、その後も買い入れを続ける。欧州連合(EU)などの支援を受けているギリシャなどの国債を買い入れる場合には、財政再建で追加の条件をつける姿勢を示した。

ユーロ圏19カ国の政策金利は、過去最低の年0・05%に据え置く。民間銀行がECBにお金を預ける際の金利もマイナス0・20%で維持する。ユーロ圏の昨年12月の物価上昇率は、約5年ぶりにマイナスに転落した。政府債務危機後の不況で需要が低迷していることに加え、最近の原油安が影響し、今後も低インフレが続くとみられている。将来の物価下落見通しによって消費や投資が低迷し、さらに景気が落ち込む悪循環に陥りかねないと懸念されていた。デフレ・低成長に長期間苦しんだ日本のようになるのを避けるため、ECBは量的緩和の導入を決断した(朝日新聞2015年1月23日)。

------------------------引用ここまで----------------------

ついに日米欧がそろってお札をジャブジャブ刷ることになりました。これでインフレにならない訳がないと思うのですが、一体これから世界はどうなってしまうのでしょうか? ワクワクします。

昨夜の発表後、ユーロは対円でも対米ドルでも大幅下落しました。本日の日本市場がどう反応するか興味ありましたが、ヨーロッパの景気回復期待から、円高ユーロ安にもかかわらず、日経平均株価は182円高で引けました。

25日のギリシャ総選挙が波乱要因とされていますが、わたしはこの件に関しては楽観しています。というか、ギリシャがユーロから離脱した方がユーロにとって良いと思っています。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス3079万円_/>●

2015年1月16日終値ベースのもぐらファンド(愛称 ソフトバンク200株ナンピン)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
先物建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2015年1月16日までの運用成績

株式
確定損益   −111万円 (受渡日2015年1月21日まで)
含み損益  −3470万円 (2015年1月16日現在)
配当金収入  +407万円
小計    −3174万円 (先週比−176万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +122万円 (受渡日2015年1月19日まで)
含み損益    −27万円 (2015年1月16日夜間取引中)
小計       +96万円 (先週比−11万円)

総計    −3079万円 (先週比−187万円)

今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:17197円
今週末の日経平均株価終値:16864円

昨夜、たまたま日経平均先物の夜間取引の様子を眺めていたら、いきなり暴落して昼間の大幅上昇分が瞬間蒸発しました。魂消ました。ニュースを見ることかできない状況だったので、またどこかの原子力発電所で大事故が起きたのかと思いました。

あとで確認したら、

--------------------引用ここから---------------------

スイスフラン、対ユーロで一時30%上昇 フラン上限廃止で

[ロンドン 15日 ロイター] - 15日の欧州外為市場で、スイスフランが対ユーロで一時、およそ30%上昇した。スイス国立銀行(中央銀行)は15日、スイスフランの対ユーロの上限、1ユーロ=1.20フランを廃止する、と発表した。

スイスフラン は一時、1ユーロ=0.8052フランまで上昇。その後は上げ幅を縮小した。対ドルでも20%超上昇した(2015年 01月 15日 19:08 JST)。

--------------------引用ここまで---------------------

が原因だったようです。スイスフランは急騰、ユーロは一人負けしました。米ドルはユーロに対しては高くなりましたが、スイスフランと日本円に対しては下落しました。日本円はスイスフランに対しては安くなりましたが、米ドルとユーロに対しては高くなりました。

ヨーロッパ株式市場はユーロ安を受けて上昇しましたが、本日の日本株市場は、ヨーロッパの景気不安と円高のせいか、暴落して日経平均は一時前日比516円安になりました(終値は前日比244円安)。

ヨーロッパの小国に過ぎないスイスのどうでもいい金融政策が、日本の株式市場にこれだけ大きな影響を与えるのは理解できません。

今日の下落で、ずっと前から指しっぱなしで放置していた9984ソフトバンク6800円200株買い注文が約定しました。
ソフトバンク
これで平均6987円600株ホルダーになりました。年頭は強気でしたが、だんだん弱気になってきました・・・


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2892万円_/>●

2015年1月9日終値ベースのもぐらファンド(愛称 2015年パッとしないスタート)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
モグラ ポートフォリオ SUMCO SBI マネックス 任天堂 富士フイルム マニー インフォマート マブチモーター 日本板硝子 フェローテック DeNA ディー・エヌ・エー NTTドコモ 三菱商事 新日鐵住金 サンリオ みずほフィナンシャルグループ みずほ JPX日経インデックス400 JPX日経400ETF ソフトバンク

株式信用取引 なし

先物・オプション
先物・オプション建て玉

2007年7月29日(ブログ開設日)から2015年1月9日までの運用成績

株式
確定損益   −111万円 (受渡日2015年1月15日まで)
含み損益  −3294万円 (2015年1月9日現在)
配当金収入  +407万円
小計    −2998万円 (大納会比−151万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +122万円 (受渡日2015年1月13日まで)
含み損益    −16万円 (2015年1月9日夜間取引中)
小計     +107万円 (大納会比−0万円)

総計    −2892万円 (大納会比−151万円)


今週の先物・オプション決済 +69784円
オプション SQ決済


大納会の日経平均株価終値:17450円
今週末の日経平均株価終値:17197円

2015年の相場が始まって1週間たちました。大納会と比較して日経平均株価は253円下がっています。もぐらファンドの損失も増えています。

今週は5日の大発会翌6日にそれぞれ200株づつ9984ソフトバンクを買った他に、17日夜間取引で、日経225オプション2月限P14000を35円で2枚新規売り建てました。
オプション約定

もぐらファンドとしては積極的に動いた1週間でしたが、とても気がかりなニュースが流れてきました。

-----------------------引用ここから----------------------------

14年度GDPマイナス成長へ 5年ぶり、政府の経済見通し

政府は7日、近く決定する経済見通しで、2014年度の実質国内総生産(GDP)成長率予測を、前年度比で小幅のマイナスとする方針を固めた。マイナス成長はリーマン・ショック後の09年度以来、5年ぶり。消費税増税や円安による物価上昇で個人消費が低迷していることが主因で、昨年7月時点の予測(1・2%のプラス成長)から下方修正。マイナス幅は1%未満とする方向だ。

一方、15年度は原油価格の下落で企業や家計の負担が軽減される効果などを勘案し、1・5%前後のプラス成長になると見込んでいる。

経済見通しは税収の見積もりなどに活用しており、政府は12日にも閣議了解する(1月7日信濃毎日新聞)。

-----------------------引用ここまで----------------------------

2014年にあれだけ経済対策をやっても、GDPはマイナス成長だったようです。首相自画自賛のアベノミクスは、なんだったのでしょう。2015年はプラス成長になる見込みといわれても全然安心できません。


楽しい3連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

ソフトバンク200株ナンピン

きのう建てたばかりなのに、本日9984ソフトバンクを7000円で200株ナンピンしました。
ソフトバンク ナンピン

7000円の指値を入れたのは出勤前ですが、昼休みに株価をチェックしたところ、9時半頃に7000円に一旦タッチして反発、前場も7001円で引けていて未約定でした。指値を変更するのも面倒なので放置しておいたところ、12時46分に約定しました。これで平均7079円400株ホルダーになりましたが、地合は反転の兆しがありません。

原油安は基本的に日本経済にとってはプラスの面が大きいと思いますし、ギリシャ議会の解散総選挙も年末にすでに確実視されていたことなので、今年になってからもなぜ株価が急落し続けるのか、よく分かりません。


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

ソフトバンク200株新規買い

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

大発会日早々に9984ソフトバンクを7150円で200株買いました。
ソフトバンク

今年初めての取引です。ソフトバンクの昨年の終値は7210円でした。今年の運勢を占う意味でも、良いスタートを期待していますが、新年早々の地合は良くありません・・・


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2017年10月20日
マイナス932万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ