もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

2015年12月

マイナス2107万円_| ̄|●

2015年12月30日(大納会)終値ベースのもぐらファンド(愛称 2015年大納会)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2015年12月30日までの運用成績

株式
確定損益   −193万円 (受渡日2016年1月6日まで)
含み損益  −2665万円 (2015年12月30日終値)
配当金収入  +484万円
小計    −2374万円 (先週比+75万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +262万円 (受渡日2016年1月4日まで)
含み損益     +6万円 (2015年12月30日夜間取引中)
小計     +268万円 (先週比+1万円)

総計    −2107万円 (先週比+76万円)


今週の先物・オプション決済 +73568円
P16000決済買い



日経平均株価終値
2014年大納会: 17450円
2015年大納会: 19033円 前年比:+1582円

もぐらファンド運用成績
昨年の大納会時点: −2741万円
今年の大納会時点: −2107万円 前年比:+634万円


2015年の大納会が終わりました。2012年から4年連続で損失を減らすことができました。もぐらファンドも日本経済と同じように、長期間で見ると大地震の2011年をボトムとして緩やかな改善傾向が続いています。上出来の1年でしたが、まだ2107万円も損をしています。来年の目標は今年より損失を減らすことです。

ところが、年末に一生懸命考えてみましたが、もぐらファンドにとって来年が良い年になるファクターが見つかりません。来年の成長テーマも期待できる業種も思いつきません。東京オリンピックは湿気た話題しか出てきません。

年末に従軍慰安婦問題に進展が見られました。しかし、率直に言って、わたしを含めた多くの日本人は、「日本軍による強制徴用」があったのかどうか疑問に思っています。その点を日本政府は国民に事実に基づいて、はっきり国民に説明すべきです。韓国政府は「反省しろ」と言いますが、やっているのか、やっていないのか、はっきりしないことを反省できません。

韓国の嫌がらせの少女像にも反応しすぎです。韓国の領土に韓国が何を建てようが勝手です。韓国の団体も10億で手を打たずに、逆に少女像を2体に増やすか、巨大化する気概を見せて欲しいものです。日本も撤去など求めずに、黙って日本の韓国大使館前に伊藤博文像を設置する対応が望まれます。

2015年の日経平均株価推移
日経平均株価2015年



良いお年をお迎え下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2182万円_| ̄|●

2015年12月25日終値ベースのもぐらファンド(愛称 意気消沈)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2015年12月25日までの運用成績

株式
確定損益   −193万円 (受渡日2015年12月30日まで)
含み損益  −2740万円 (2015年12月25日終値)
配当金収入  +484万円
小計    −2449万円 (先週比−11万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +255万円 (受渡日2015年12月28日まで)
含み損益    +12万円 (2015年12月25日夜間取引中)
小計     +267万円 (先週比+4万円)

総計    −2182万円 (先週比−7万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:18986円
今週末の日経平均株価終値:18769円


今朝のモーサテでUSスチールの話題が出ていました。USスチールは、鉄鋼王カーネギーの流れを汲む米国最大の製鉄会社です。因みにティッカーは「x」です。

USスチールのチャート
US steel

1年前と比べて1株25$から10$と60%下落しています。驚きました。

米国の景気は良いといわれますが、USスチールの株価からは信じられません。ビスマルクの「鉄は国家なり」という有名な言葉があります。米国で自前の鉄はもう要らないのでしょうか? 新日鉄住金の株価は1年前と比べて3000円から2500円になっていますが、下落率は17%なので、USスチールと比べるとまだマシかもしれません。

東芝が現在ピンチですが、同業の日立やパナソニックも不調と考えるのがフツーでしょう。シャープでも同じで、同業のソニーもパッとしないと考えるのがフツーだと思います。来年期待できる業種が見当たりません。

年末恒例のIPO祭りも、これまた恒例ですが、全滅しました。今年の株式は、もうやることがありません。次回は12月30日大納会に今年最後の更新予定です。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2190万円_| ̄|●

2015年12月18日終値ベースのもぐらファンド(愛称 マネックスG大損切り)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2015年12月18日までの運用成績

株式
確定損益   −208万円 (受渡日2015年12月24日まで)
含み損益  −2729万円 (2015年12月18日終値)
配当金収入  +484万円
小計    −2453万円 (先週比−131万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +255万円 (受渡日2015年12月21日まで)
含み損益     +8万円 (2015年12月18日夜間取引中)
小計     +263万円 (先週比+8万円)

総計    −2190万円 (先週比−122万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:19230円
今週末の日経平均株価終値:18986円


本日、8698マネックスGを330円で2300株売却しました。
譲渡税還付金および手数料考慮後1525131円の大損失が確定しました。
マネックスグループ
マネックスG


わたしは、大騒ぎするニュースではないと思っていますが、それでも今週はこのニュースを避けて通れません。

---------------------引用ここから------------------------

米FOMC、10年ぶり利上げ 緩やかな引き締め強調

[ワシントン 16日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)は、16日まで開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0−0.25%から0.25−0.50%に引き上げることを決めた。

利上げは約10年ぶり。米経済は2007−09年の金融危機よる打撃を概ね克服したとの認識を示した。

議長は会見で「経済状況は良好で、今後も続くと見込まれるため、小幅な利上げが適切と判断した」と説明した。

声明は「委員会は、労働市場で今年著しい改善が見られたと判断し、インフレ率が中期的に目標の2%に向けて加速するとの妥当な確信を得た」と指摘。「インフレ率が2%を下回る状況を踏まえ、目標に向けた進展について、実績と予測の両方を注視する」とし、「委員会は今後の経済動向について、FF金利の緩やかな上昇しか正当化しないような状況を想定している」とした。

議長は「緩やかなプロセスとなる公算が大きい」と言明。一方で、金融緩和を長期化し、将来急激な利上げを迫られるような状況は回避したいと述べた。

---------------------引用ここまで------------------------

利上げが決定された日本時間17日朝のモーサテでは「歴史的な」を何度も繰り返して、ウザく思いました。遅かれ早かれ、いずれ利上げするに決まっているのに大騒ぎです。

14日(月)と15日(火)は、日経平均が終日19000円を割り込んで推移しました。14日に1月限P16000を38円で2枚、15日に1月限P15500を30円で2枚新規売り建てして、わたしもFOMC利上げ祭りに参加してみました。

1月限プット新規売り
できれば30日の大納会までホールドしたいと思っています。

米FOMCの利上げよりも、2017年4月の消費税率10%引き上げ時に導入する軽減税率の方がよほどエキサイティングです。千疋屋のメロンやA5神戸牛や聖教新聞が8%据え置きで、オムツや水道代が10%に増税される素敵な制度になりました。

また夫婦同姓合憲判決も秀逸です。良し悪しは別にしてマイナンバー制度が発足したので、もはや戸籍は不要です。同姓にするかどうかは、当事者が好きに決めれば良い事で、国が規制する必要はありません。

さらにマイナンバー制度により、個人の識別にも氏名は不要になりました。全国に「山田太郎」さんや「佐藤一郎」さんがどれだけ居るかを考えても、氏名が個人を識別するのに使われるのは不合理です。姓は、結婚時にはハンドルネームのように当事者が自由に決めることができるようにしても良いと思います。新郎の「山本さん」と新婦の「佐藤さん」が結婚して、「山藤」姓にするのはどうでしょうか?


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2068万円_| ̄|●

2015年12月11日終値ベースのもぐらファンド(愛称 12月メジャーSQ値は18943円!)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2015年12月11日までの運用成績

株式
確定損益    −41万円 (受渡日2015年12月16日まで)
含み損益  −2764万円 (2015年12月11日終値)
配当金収入  +482万円
小計    −2322万円 (先週比−167万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +255万円 (受渡日2015年12月14日まで)
含み損益     ±0万円 (2015年12月11日夜間取引中)
小計     +255万円 (先週比+5万円)

総計    −2068万円 (先週比−162万円)

今週の先物・オプション決済 +51784円
オプションSQ決済

先週末の日経平均株価終値:19504円
今週末の日経平均株価終値:19230円

先週のブログ更新後の夜間取引で、12月限P18500を26円で2枚新規売り建てました。
P18500新規売り

そのままホールドしていたところ、9日の夜間取引で日経平均先物が19000円を割り込みました。一方、10日日中の日経平均は19000円を割り込むことなく推移し、10日の米国市場もプラスで帰ってきました。それでも本日のメジャーSQ値は18943円54銭と19000円を割り込みました。どうしても12月のメジャーSO値を19000円以下にしたいインチキ臭い値動きでしたが、SQ通過後は上昇し、19000円を割り込むことなく今週の取引を終えました。P19000を売っていたら、怒り狂ったと思います。

下値の目処は19000円のように見えますが、来週は米国の利上げも控えていますので、どうなるか分かりません。一方、上値は年末の2万円回復はほとんど不可能だと思います。今年の年初に、たくさんのアナリストが年末の株価予想をしていました。ほとんどのアナリストは2万円越えを予想していました。これでご飯が食べられるのですから、アナリストは不思議なお仕事です。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1906万円_| ̄|●

2015年12月4日終値ベースのもぐらファンド(愛称 遠い遠い日経平均2万円)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2015年12月4日までの運用成績

株式
確定損益    −41万円 (受渡日2015年12月9日まで)
含み損益  −2597万円 (2015年12月4日終値)
配当金収入  +482万円
小計    −2156万円 (先週比+25万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +249万円 (受渡日2015年12月5日まで)
含み損益     ±0万円 (2015年12月4日夜間取引中)
小計     +249万円 (先週比±0万円)

総計    −1906万円 (先週比+25万円)


今週の先物・オプション決済 なし

先週末の日経平均株価終値:19883円
今週末の日経平均株価終値:19504円

今週は12月1日(火)の日経平均が久し振りに2万円台に乗せて引けたので、幸先良い12月スタートと期待しました。ところが2日と3日はパッとせず、本日4日は前日比435円安と目の覚めるような下落になりました。これで日経平均2万円台がまた遠くなりました。今年中に2万円台に乗せるのは、もう無理のような気がします。

かと言って、来年になれば明るい未来が待っているかというと、どうも思いつきません。今後日本が外貨を稼ぐためには、観光で来日した外人にお金を落としてもらうか、コミックや料理など日本カルチャーを外国に売っていくか、発展しそうな国に先行投資するしかないと思います。

今後外国に売っていく新しいモノは何かあるでしょうか? 1分と狂わない正確なダイヤで運行する鉄道システムは、開発途上国には存在意義すら理解されないと思います。プライベートジェット機開発は、地球温暖化防止に逆行するとしか思えませんし、大儲けできるほど大量に売れるものでもありません。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

新日鉄住金損切りシリーズ その4

本日5401新日鉄住金を寄り付き2575円で200株損切りしました。

新日鉄住金 損切り
新日鉄住金 売却
手数料込み・譲渡税還付後で917591円の損失が確定しました。

新日鉄住金損切りシリーズも今回で4回目です。
過去の損切り記録
その1:2014年12月19日 307円で1000株(10株→1株併合前)
その2:2015年5月26日  333円で1000株(10株→1株併合前)
その3:2015年6月3日   350円で1000株(10株→1株併合前)

今回の損切り価格は、株式併合前に換算すると257.5円なので過去最悪のタイミングです。今年中の大幅高は期待できないと考え、泣く泣く妥協しました。新日鉄住金はまだ5200株も残っています。今後どうするかは値動きをみて決めようと思います。



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2017年10月13日
マイナス1084万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ