もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

2017年08月

マイナス1339万円_| ̄|●

2017年8月25日終値ベースのもぐらファンド(愛称 今日は皆様お待ちかねのプレミアムフライデーです♪)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年8月25日までの運用成績

株式
確定損益   +217万円 (受渡日2017年8月30日まで)
含み損益  −2607万円 (2017年8月25日終値)
配当金収入  +608万円
小計    −1782万円 (先週比+4万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +443万円 (受渡日2017年8月28日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年8月25日夜間取引中)
小計     +443万円 (先週比±0万円)

総計    −1339万円 (先週比+4万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:19470円
今週末の日経平均株価終値:19452円

今週の日経平均はわずかに下落、もぐらファンドはわずかに上昇しました。

7203トヨタと鉄鋼大手が17年度上期の自動車向け鋼板価格を16年度下期に比べて引き下げることで合意と報じられ、5401新日鉄住金は24日(木)に大きく下落しました。自動車向け鋼板価格は悪くても据え置きだと妄想していたので意外でした。トヨタはトランプ大統領にはいい顔を見せるのに、下請け会社には冷淡です。

8月22日の2695くらコーポレーションは早く売り過ぎました。5790円で売りましたが、昨日24日は高値5970円と6000円に肉薄しました。

次の寿司優待を探すため、24日猛暑の中、ゼンショー系の「はま寿司」に初めて行ってみました。味の優劣はわたしには分かりませんが、フェアー開催中の大トロ平日90円(税別)は、おいしくてお値打ちだと思いました。一方、「くら寿司」ではパネル注文した品物は別レーンで高速で運ばれ、目の前で止まりますが、「はま寿司」では同じレーンで運ばれ、取らないとそのまま目の前を通過してしまいます。上流にいる別の客が自分の注文と思って取ってしまったり、注文品を取り損ねてしまったときはどうなるのでしょうか? 心配です。コスパ的には「はま寿司」、お店のシステムでは「くら寿司」に軍配が上がると思います。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

くらコーポレーション全株売却

本日、引け際に株価をチェックしたところ、2695くらコーポレーションが年初来高値をつけて大幅高になっていたので、5790円で全300株売却しました。
くらコーポレーション
くらコーポレーション売却
税金・手数料引後、213441円の利益になりました。

今日の値上がりの原因は日経新聞の記事のようです。

----------------------------引用ここから------------------------------

くらが年初来高値、今後3年で首都圏に30店以上を出店と報じられる

くらコーポレーションが続伸し年初来高値を更新。きょう付の日本経済新聞で、「低価格均一の回転ずし各社が首都圏で出店攻勢をかける。『くら寿司』を運営するくらコーポレーションは今後3年で出店する約60店の半数超を首都圏に展開」と報じられており、これを好材料視した買いが入っている。

記事によると、出店立地はこれまで通り幹線道路沿いが中心だが、29日にJR池袋駅近くの居酒屋跡地に開くなど主要駅周辺でも出店を増やす方針だという。消費者の節約志向を受けて、回転ずしの売り上げが伸びていることに加えて、首都圏では撤退した居酒屋に代わって回転ずし店が入居するなど店舗の業態転換も進んでいることが追い風となっているようだ。(みんなの株式)

----------------------------引用ここまで------------------------------

わたしの古い頭の中ではいまだに寿司=贅沢品であり、回っていない寿司屋に自腹で入ることは決してありません。回転寿司はやや気楽ですが、ラーメンや牛丼とは明らかに違います。首都圏にお店がたくさんできても、1回1000円は覚悟しなくてはならないので、普段のランチとしては使えません。「ハレ」の日のごちそうとしては、ファミリーで来店しやすい現在の郊外型のほうが向いています。確かにお寿司は以前に比べて大衆化しましたが、「ご馳走」ではなく「普段食」になってしまうのは情緒的に寂しい気がします。

また大げさに言えば、ルイヴィトンが売れても販売店をむやみに増やさないように、「寿司」という食べ物のブランドイメージをどう作るかも経営的には重要だと思います(もっとも江戸時代は寿司は庶民の食べ物、トロは下賤な食べ物だったと聞いた覚えがあります)。

都市部は地代も高く、仕事帰りのサラリーマンはアルコールを飲んで長居するので、お店の回転率は今より悪くなります。したがって、「首都圏に出店」すなわち「店舗数に比例した利益の増大」は今後は難しいはずです。そもそも記事に出ているJR池袋駅付近には、すでに東口に店舗があります。吉野家やマクドナルドに追随するつもりでしょうか?

株主優待は、500円×10回分の食事券を一度だけ貰いました。値段を気にせず、好きなネタを食べることができて幸せでした。一人で週一回4回通っただけで、端数現金支払にもかかわらず、優待券を使い切ってしまいました。以後くら寿司には行っていません。権利確定は4月末日なので、またチャンスがあれば優待券を貰ってくら寿司に行って、夢のような時間を過ごしたいと思います。

今日の2695くらコーポレーションの値動き
くらコーポレーション20170822



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1342万円_| ̄|●

2017年8月18日終値ベースのもぐらファンド(愛称 マブチモーターと富士フイルム)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年8月18日までの運用成績

株式
確定損益   +196万円 (受渡日2017年8月23日まで)
含み損益  −2589万円 (2017年8月18日終値)
配当金収入  +608万円
小計    −1785万円 (先週比−83万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +443万円 (受渡日2017年8月21日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年8月18日夜間取引中)
小計     +443万円 (先週比+9万円)

総計    −1342万円 (先週比−74万円)


今週の先物・オプション決済 +89547円
P17000決済


先週末の日経平均株価終値:19729円
今週末の日経平均株価終値:19470円

もぐらファンドは今週も下落しました。中でも8月14日に5240円で200株買い増した6592マブチモーターがパッとしません。今日の終値は5020円です。

14日には、4901富士フイルムにも10日の終値3968円指値で買い注文を入れていました。こちらは同日引け後に決算発表を控えていたので、マブチモーターと迷った挙句、寄り付き直前に注文を取り消してしまいました。もし取り消さなければ14日の始値3936円で約定しており、引け後の好決算発表による翌15日の始値4191円の大幅高の恩恵を享受できました。富士フイルムの今日の終値は4253円です。


先週ブログを更新した夜、深夜にたまたま目が覚めて先物価格をチェックしたところ、先物価格が急落していたので、9月限P17000を55円で新規に2枚売り建てました。
P17000新規売り
15日(火)と16日(水)は株価が持ち直し、プットオプション価格は低下しました。来月のSQ9月8日までまだ3週間もあるので、16日の夕場の寄り付きに10円で決済しました。決済画像は「今週の先物・オプション決済」に貼りました。



楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マブチモーター200株買い増し

先週10日(木)昼の決算発表直後に大きく売り込まれた6592マブチモーターを本日の始値5240円で200株買い増しました。
マブチモーター約定

マブチモーターの10日終値は5320円でした。同夜の米国市場は大きく下げ、翌11日(金)の日本市場は祝日で休場、11日夜の米国市場は上昇したものの、10日夜の下げ分を取り戻せなかったので、本日も弱い始まりが予想され、買い増しのチャンスと妄想しました。

本日の始値は10日終値より80円安い5240円でしたが、悲しいことに直後にさらに大きく下落しました。そのままリバウンドもせず、5060円で引けました。

今日の5401マブチモーターの値動き
マブチモーター20170814

前営業日の決算発表直後に9%も下げたので、下げきったと思ったのが大甘でした。これで平均取得単価3800円で全800株になりました。



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1268万円_| ̄|●と新日鉄住金損切りシリーズ その8

2017年8月10日終値ベースのもぐらファンド(愛称 泣いて馬謖を斬る)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年8月10日までの運用成績

株式
確定損益   +196万円 (受渡日2017年8月16日まで)
含み損益  −2506万円 (2017年8月10日終値)
配当金収入  +608万円
小計    −1703万円 (先週比−9万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +434万円 (受渡日2017年8月14日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年8月10日夜間取引中)
小計     +434万円 (先週比±0万円)

総計    −1268万円 (先週比−9万円)


今週の先物・オプション決済 なし
8月限SQ値:19825円92銭


先週末の日経平均株価終値:19952円
今週末の日経平均株価終値:19729円

本日、5401新日鉄住金を2800円で500株損切りしました。
新日鉄20170810
新日鉄住金
還付税金と手数料考慮後、2203790円の大損が確定しました。残り4400株です。
新日鉄住金損切りシリーズ

今日の5401新日鉄住金の値動き
新日鉄住金チャート


今週は4立会日しかありませんでしたが、昨日と今日のもぐらファンド銘柄は新日鉄住金を除くと、ボロボロでした。中でも今日の昼に発表された6592マブチモーターの決算はわたしには悪く見えませんが、株価は後場急落して年初来安値を更新しました。

--------------------------引用ここから---------------------------

【決算速報】マブチ、今期経常を7%上方修正、配当も6円増額

マブチモーターが8月10日昼(12:30)に決算を発表。17年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益は前年同期比58.9%増の132億円に拡大し、従来予想の112億円を上回って着地。

併せて、通期の同利益を従来予想の225億円→240億円(前期は261億円)に6.7%上方修正し、減益率が13.9%減→8.2%減に縮小する見通しとなった。

業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の103円→109円(前期は120円)に増額修正した。

直近3ヵ月の実績である4-6月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比59.7%増の62.7億円に拡大したが、売上営業利益率は前年同期の17.4%→15.5%に低下した。(株探ニュース)

--------------------------引用ここまで---------------------------

今日の6592マブチモーターの値動き
マブチモーターチャート


今週末のもぐらファンドの運用成績は先週比9万円マイナスでほぼ変わらずですが、これは今週の新日鉄住金100株+500株の大損切による譲渡税還付金のおかげです。

株価下落の理由として地政学的リスクが挙げられていますが、ミサイルが飛んでくるかもしれない国の通貨が買われている理由がどうしても分かりません。またトランプ大統領が金正恩と同じレベルで相手国を罵っているのを見ていると、どうしてこんな人が大統領になれたのかも不思議でなりません。


楽しい3連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

新日鉄住金損切りシリーズ その7

本日の初値2754.5円で5401新日鉄住金を100株売却しました。
新日鉄住金
新日鉄売却
還付税金と手数料考慮後、444516円の損失が確定しました。

前回7月31日の2700円100株売却に続き、今年2回目です。チビチビ売っていますが、損切りするにしても、もっと高いところで売りたいのは山々なので、どうしてもケチってしまいます。

新日鉄住金は5000株以上で年2回鹿島アントラーズJリーグ戦観戦招待と紀尾井ホール演奏会招待の株主優待があり、いずれも抽選ですが、ちょくちょく当たっていました。サッカー券は金券ショップで売り飛ばし、紀尾井ホール演奏会は妻にプレゼントしていましたが、今回の100株売却で残り4900株になり、これらの優待もなくなってしまいました。

今日の5401新日鉄住金の値動き
新日鉄住金20170808



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1260万円_| ̄|●

2017年8月4日終値ベースのもぐらファンド(愛称 日経平均が1日に1000円以上動いた日)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株20170804

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年8月4日までの運用成績

株式
確定損益   +460万円 (受渡日2017年8月9日まで)
含み損益  −2762万円 (2017年8月4日終値)
配当金収入  +608万円
小計    −1694万円 (先週比+9万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +434万円 (受渡日2017年8月7日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年8月4日夜間取引中)
小計     +434万円 (先週比±0万円)

総計    −1260万円 (先週比+9万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:19959円
今週末の日経平均株価終値:19952円

株価が動きません。

現在真っ最中の決算発表は概ね良好です。もぐらファンドでも7銘柄で既に発表されました。2492インフォマートと最も期待していた今日の5202日本板硝子の悲惨な決算内容には目まいがしましたが、他5銘柄は悪くないと勝手に思っています。

また米国市場は絶好調がずっと続いていて、怖いくらいです。北朝鮮の問題はありますが、本当に東京にミサイルが飛んでくるのなら、円はどんどん売られるはずです。

株価が動かないと急いで売買する必要がないので、取引はどうしても細ります。またオプションにも参加しづらくなります。その結果、ますます株価が動かなくなってしまいます。

値動き率も重要ですが値幅は直感的に理解できるので、2007年7月29日のもぐらファンド設定以来の10年間で、日経平均が1日に1000円以上動いた日を調べてみました。

日経平均が1000円以上1日で下落した日は4回ありました。
2016年6月24日:1286円の下落
2013年5月23日:1143円の下落
2008年10月16日:1089円の下落
2011年3月15日:1015円の下落

一方、1000円以上1日で上昇した日も4回ありました。
2015年9月9日:1343円の上昇
2008年10月14日:1171円の上昇
2016年11月10日:1092円の上昇
2016年2月15日:1069円の上昇

今年は1日で1000円動いた日はまだありません。株価が高いときほど値幅が大きくなるのが普通だと思いますが、去年2016年は1000円以上の下落が1回(英国EC離脱の国民投票の結果)、1000円以上の上昇が2回あったのに、日経平均株価はいずれも現在より低い位置でした。去年が特別派手な動きだったので、余計に今年は動かず退屈だと感じるのかもしれません。

ちなみに過去最大の下落幅は1987年10月20日のブラックマンデーで、日経平均は25746円から1日で21910円まで下落しました。なんと3836円の下落でした。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2017年10月20日
マイナス932万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ