もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

2017年12月

マイナス775万円

2017年12月29日終値ベースのもぐらファンド(愛称 2017年大納会)です。

現在のポジション

現物株15銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年12月29日までの運用成績

株式
確定損益   −278万円 (受渡日2018年1月9日まで)
含み損益  −1589万円 (2017年12月29日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1228万円 (先週比+35万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +451万円 (受渡日2018年1月4日まで)2017年税金支払後
含み損益     +1万円 (2017年12月29日夜間取引中)
小計     +452万円 (先週比−18万円)

総計    −775万円 (先週比+16万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22902円
今週末の日経平均株価終値:22764円

日経平均株価
2016年大納会: 19114円
2017年大納会: 22764円 前年比:+3650円

もぐらファンド運用成績
昨年の大納会時点: −1644万円
今年の大納会時点:  −775万円 前年比:+869万円

2017年が終わりました。日経平均株価と同様に、もぐらファンドも2012年から6年連続で損失を減らすことができました。ずいぶん含み損が減りましたが、まだ守りに入るわけにはいきません。もう少しこの相場が続くことを祈念しています。もぐらファンドもこのチャンスに乗っかり、含み損をさらに減らすことが来年の目標です。2018年はどんな年になるのでしょうか?

日経平均24000円の期待も込めて、26日に1月限C24000を10円で2枚新規売り建ててみました。
オプション新規売り
ホールドしたまま越年です。


2017年の日経平均株価推移
日経平均2017年チャート


良いお年をお迎え下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

ビリングシステム薄利撤退

昨日6850円で100株買ったばかりの3623ビリングシステムですが、本日7000円で薄利撤退しました。

ビリングシステム売却
ビリングシステム譲渡益
税金・手数料引後、11058円の利益になりました。

本日のビリングシステムの値動き
ビリングシステム チャート
本日も下落しましたが、予想PERは終値6630円でもまだ167倍です。魅力的な銘柄なので、チャンスがあったらまた参戦したいと思います。


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

ビリングシステム100株買い

本日、3623ビリングシステムを6850円で100株買いました。

ビリングシステム約定

ビリングシステムは2008年3月の新規上場以来ずっとウォッチングリストに入れていたので、わたしにとっては馴染み深い銘柄です。いつかは買いたい優良株の一つでしたが、実際に買うのはずいぶん高くなってしまった今回が初めてです。

権利付最終売買日だった昨日の終値は15300円で、本日2分割になりました。配当は無いに等しい銘柄なので分割後の株価は7650円ですが、すでに超割高の上に流動性が増したためか、本日7840円で始まったあとはズルズル値下がりしました。引け間際に気がついたときには分割値より10%以上値下がりしていたので、1単元だけ恐る恐る買ってみました。

本日の3623ビリングシステムの値動き
ビリングシステムチャート



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス792万円

2017年12月22日終値ベースのもぐらファンド(愛称 今年の個別銘柄総括)です。

現在のポジション

現物株15銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年12月22日までの運用成績

株式
確定損益   −279万円 (受渡日2017年12月25日まで)
含み損益  −1622万円 (2017年12月22日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1263万円 (先週比+46万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +471万円 (受渡日2017年12月25日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年12月22日夜間取引中)
小計     +471万円 (先週比±0万円)

総計    −792万円 (先週比+46万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22553円
今週末の日経平均株価終値:22902円

来週の金曜日の定期更新は、大納会のため2017年もぐらファンド全体の決算発表になります。そこで今週の記事で今年の個別銘柄売買について総括します。

今年はたくさんの塩漬け株の損切りをしましたが、2017年当初にはこの展開は想定していませんでした。せいぜい配当金で年末に新日鉄住金を少し減らすくらいのつもりでした。

きっかけは、5月から6月にかけての2492インフォマートの暴騰です。全部売り切るつもりはありませんでしたが、どう見ても割高だったので少しずつ売却していきました。平均902円で11200株売却した時点で株価がピークアウトしました。最終的にインフォマートだけで税引き前949万円の売却益が出ました。ポートフォリオ全体では含み損が多いのに多額の税金を払うのはバカバカしいので、含み損銘柄を損切りして損益通算することにしました。

損切りする銘柄は、ポートフォリオのバランスから見ると新日鉄住金に集中すべきでしょうが、たくさんある塩漬け株のうち上昇してきた銘柄を損切りする方が確定損失額が少なく済むように思えました。そこで保有期間や損失額に関係なく、年初来高値をつけたり、チャートで目先ピークに見えた塩漬け5銘柄を年後半に次々損切りしました。

8698マネックスグループ 6月29日 全1700株損切り 平均売却価格296円
5401新日鉄住金 7月〜12月 1000株損切り 平均売却価格2800円 残4100株
3436SUMCO 10月 全2000株損切り 平均売却価格2090円
8473SBIホールディング 10月〜11月 全900株損切り 平均売却価格1853円
5202日本板硝子 11月7日 全500株損切り 売却価格999円

死んだ子の歳を数えても仕方ありませんが、売却後の各銘柄の値動きはどうしても気になります。

8698マネックスグループ:12/22終値323円、保有していたら+45900円
5401新日鉄住金:12/22終値2863.5円、保有していたら+63500円
3436SUMCO:12/22終値2948円、保有していたら+1716000円
8473SBIホールディング:12/22終値2424円、保有していたら+513900円
5202日本板硝子:12/22終値1045円、保有していたら+23000円

損切りせず全部ホールドしていたら、12/22終値時点で2362300円も含み損が減っていました_| ̄|●

ただし、2492インフォマートを5月〜6月の暴騰時に利確しなかったら、12/22終値657円なので、現在より2744000円マイナスになります。したがって、インフォマートと上記塩漬け株5銘柄を全部鬼ホールドしていたら、現時点より381700円含み損が増えていたことになります。結局、インフォマート利確+年末に新日鉄住金単独損切りで損益通算が正解でした。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

アルヒ500株新規買い

本日、12月14日に上場したての7198アルヒを1280円で500株新規購入しました。

アルヒ約定

アルヒはIPOのBBで300株当選(@SBI証券)していましたが、仮条件上限の1340円より下の1300円で公募価格が決定したので、迷った挙句当選を辞退しました。

初値は公募割れの1280円でした。12月のIPOラッシュで初値が公募割れになったのは、今までのところこの銘柄だけです。しかし初値決定後すぐに公募価格1300円を越え、高値1340円までありました。

売り出し枚数も多く、業種も華やかさはありませんが、購入を迷ったときに配当も良さ気で業績もしっかりしているので、じっくり持つのには良いのでは?と思いました。「醜いアヒルの子」のように、将来きれいな白鳥になってくれるでしょうか?

7198アルヒ新規上場後の値動き
アルヒチャート


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス838万円・村田製作所100株買い

2017年12月15日終値ベースのもぐらファンド(愛称 楽天・落胆)です。

現在のポジション

現物株14銘柄
現物株20171215

株式信用取引 なし

先物・オプション なし

2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年12月15日までの運用成績

株式
確定損益   −279万円 (受渡日2017年12月20日まで)
含み損益  −1667万円 (2017年12月15日終値)
配当金収入  +638万円
小計    −1309万円 (先週比−42万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +471万円 (受渡日2017年12月18日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年12月15日夜間取引中)
小計     +471万円 (先週比±0万円)

総計    −838万円 (先週比−42万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22811円
今週末の日経平均株価終値:22553円

もぐらファンド銘柄の4755楽天の株価は、14日と15日の直近2日間で10.1%も下落しました。7−9月期の主力事業である国内EC事業の営業利益が7%減と13日引け後に発表していますが、株価下落の主因はやはり何といっても携帯キャリア事業参入発表だと思います。

楽天は、電子書籍・ドローン・海外進出など、他社の後追いばかりしていますが、どれも満足な結果が出せていません。欧米流の「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」作戦であることは理解できますが、今回も本業のEC事業に力を入れるべきなのに、携帯キャリア事業参入と共にガン光免疫療法への出資先が決定したと報道されています。

携帯電話事業の基地局等の新規設備投資をこれから行って、現在の御三家に匹敵する事業にまで育つとは思えません。必要資金は2019年のサービス開始時で約2000億円、2025年に最大6000億円で、銀行借入などの有利子負債で調達するそうです。公募増資などされてはたまったものではありません。また、ユーザー数は1500万人を目指すそうです。もうすでに市場は飽和状態で現在の楽天モバイルユーザーが140万人なのに、10倍以上どうやって増やすつもりなのでしょうか?

もともと日本人は一つのことに打ち込むことを良しとする文化なので、欧米式の多角経営はあまり評価されません。二子玉川に大きなビルを持っていても、モノマネばかりの二流会社です。この会社の社会的使命というのがいつまで経っても見えてきません。

わたしにとっての災難は楽天の株価下落だけではありません。もぐらファンド銘柄の9437NTTドコモも価格競争激化の懸念から、直近2日で6.8%下げました。同様に9984ソフトバンクも直近2日で4.6%下げました。ソフトバンク株自体は去年売却していますが、ソフトバンクの債券は未だに保有しています。ただでさえ借金がとても多く格付けが低い会社なのに本業の携帯キャリア事業が傾いたら、債券がデフォルトする可能性すらあります。


本日、6981村田製作所を14600円で100株購入しました。
村田製作所約定
村田製作所は、もぐらファンドでも2009年に何回か売買したことがあります。その当時と比べると、ずいぶん高いところでの再購入になりました。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス796万円

2017年12月8日終値ベースのもぐらファンド(愛称 年末恒例IPO祭りほぼ終了)です。

現在のポジション

現物株13銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年12月8日までの運用成績

株式
確定損益   −279万円 (受渡日2017年12月13日まで)
含み損益  −1624万円 (2017年12月8日終値)
配当金収入  +637万円
小計    −1267万円 (先週比+44万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +471万円 (受渡日2017年12月11日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年12月8日夜間取引中)
小計     +471万円 (先週比+7万円)

総計    −796万円 (先週比+51万円)


今週の先物・オプション決済 +389850円
オプションSQ決済
12月限SQ値:22590円66銭


先週末の日経平均株価終値:22819円
今週末の日経平均株価終値:22811円

今週はIPOのBB申し込み、抽選結果確認、およびそれに伴う資金移動に忙殺された一週間でした。いつも空白だらけのわたしのシステム手帳が、先週と今週は真っ黒になりました。今日の更新が遅くなったのも、カブコムのIPO抽選発表を待っていたからです。みらいワークスも落選して、ボーゼンと「歴史秘話ヒストリア」を見ていたからではありません。

結局、儲かりそうなIPOは1つも当選しませんでした。SBI証券主幹事の2334イオレと6563みらいワークスは、手持ちのIPOチャレンジポイントも全部投入しました。どちらか一つは必ず当選するつもりでしたが、両銘柄とも補欠にもなりませんでした。来週もIPOの抽選は続きますが、どうしても欲しい銘柄はもうありません。事実上、わたしの今年のIPO祭りは終了しました。


12月2日(土)未明と6日(水)夕場の寄り付きに、12月限P21000をそれぞれ15円と10円で2枚ずつ新規売り建てました。
今週のオプション新規建て
これらも含めた全18枚を本日SQ決済しました。12月限SQ値は22590円でした。決済画像は上の「今週の先物・オプション決済」に貼り付けました。


今週のもぐらファンドはマイナス796万円でした。2017年10月27日以来、久しぶりに直近最高値を更新しました。

年内受け渡しもあと12営業日を残すだけになりました。今年はこれ位の株価で、平穏に過ぎてくれることを祈っています。とくに5401新日鉄住金は現在かなり高い所に損切り注文を入れていますが、これがもし約定すると別のプラス銘柄を利確してSBI証券特定口座内の収支をプラスにする必要があります。さもないと確定申告が損失繰越でとても面倒になります。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

新日鉄住金損切りシリーズ その9

本日、2850円で5401新日鉄住金を300株売却しました。
新日鉄住金20171205損切り
新日鉄住金損失額
還付税金と手数料考慮後、1310438円の損失が確定しました。残り4100株です。今年の権利付最終売買日26日までに2850円以下でこれ以上新日鉄住金を損切りすることはありませんが、一段高になった場合どうするか、現在悩んでいます。

今日の5401新日鉄住金の値動き
新日鉄20171205



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス847万円

2017年12月1日終値ベースのもぐらファンド(愛称 師走入り)です。

現在のポジション

現物株13銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年12月1日までの運用成績

株式
確定損益   −148万円 (受渡日2017年12月6日まで)
含み損益  −1796万円 (2017年12月1日終値)
配当金収入  +634万円
小計    −1311万円 (先週比+197万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +432万円 (受渡日2017年12月4日まで)
含み損益    +32万円 (2017年12月1日夜間取引中)
小計     +464万円 (先週比+4万円)

総計    −847万円 (先週比+201万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22550円
今週末の日経平均株価終値:22819円


今週のもぐらファンドは日経平均と同じく、堅調に推移しました。

今週29日に大損切りした8473SBIホールディングスは、このブログが始まった10年前の2007年7月27日時点ですでに8473SBIの名前で塩漬けになっていた由緒正しい塩漬け株です。それだけではありません。この時すでに8701Eトレード証券も持っていました。その後Eトレード証券はSBIに併合され、8473SBIホールディングスになりました。その結果、2つの塩漬け株が1つの大きな塩漬け株に化けましたが、10年経ってもSBIホールディングスの巨大含み損はついに回復しませんでした。同じくブログ開始時から持っていた5401新日鉄と5405住金も合併して超巨大な1つの塩漬け株5401新日鉄住金に化けましたが、大きな含み損のまま今もポートフォリオを占拠しています。

いつものことですが、売却2日後の本日、SBIホールディングスの株価は永年の夢だった2000円を軽やかに突破しました。マージャンではこれを「切れば来るの法則」と呼びます。


本日12月限C24000を10円で2枚新規売り建てました。SQは来週の8日です。
オプション新規売り


例年のように12月IPOが集中しています。今年の権利付最終売買日12月26日まで23銘柄が新規上場予定です。以前にも書きましたが何とかならないのでしょうか?上場する企業は初値が抑えられてしまいますし、わたしもあちこちの証券会社に資金を移し変えるのが大変です。SBIチャレンジポイントも使用するので、1銘柄くらいは苦労が報われることを切望しています。ちなみに去年12月に唯一当選した7782シンシア初値公募割れでした_| ̄|●


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2018年1月26日
マイナス571万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ