_饉劼信用できなくなった時。

追証になりそうになった時。

1円抜きの時は、2円の損失まで。


かいせつ

:9月26日の3853 インフォテリア損切りマイナス80万円にあたります。そもそも、そんな会社の株を購入することが間違っていますが、事前に分かるならば苦労しません。儲けていようが損していようが、速攻で処分です(・∀・)


:イートレの画面に、
イートレード証券 追証警告

という表示が出ると、委託保証金維持率がイートレの場合は30%を切らないためには、あといくら損してもよいかを計算するため、電卓を頻回に叩くことになります。最近では8月17日の暴落で、マイナス178万円の損切りになりました(・∀・)


:わたしの場合、ザラ場に張り付いていることが困難なので、デイトレ≒1円抜きになります。以前は毎日、昼休みにやっていました。7月29日以降の1円抜きの結果は、すべてブログにアップしています。

ブログ開設以降は、出鱈目にINすることが少なくなったため、勝率が良くなっていますが、かつてプラス1円で手仕舞い、マイナス2円で損切りした100トレード位で集計したところ、勝率が75%くらいでした。

+1×0.75−2×0.25=0.25で1万株で1トレード2500円の儲けが期待できます。しかし、ここから手数料と、信用取引の場合1日分の金利が引かれます。さらに全体の収支がプラスの場合、特定口座(源泉徴収あり)なので、利益の10%が取られます。したがって、1トレード2000円以下の期待値になってしまいますが、昼休みにやる分には仕方がないと思っています(・∀・)


もぐ子の追記

期待値の計算は、勝ち負けに関わらず、手数料と金利を払っているので、間違っていると思います。勝った時には1万円以下、負けた時には2万円以上になっているはずです。期待値から手数料その他を差し引く計算方法は、正しくありません。

いずれにしろ、1000円から2000円の間になると思いますが、父の頭の悪さが見事に出た記事です。小賢しく期待値なぞ出すからです。こういうろくに算数も出来ない顧客を持ったイートレード証券が儲かるのも頷けます。


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲