新興市場が元気です(・∀・)

今日も日経平均が17159円、94円高(+0.56%)なのに対して、マザーズ指数は、872 +23.6(+2.79%)と日経平均を上回る上昇率でした。

今までが下げすぎといえば、下げすぎなのですが、東1株が上昇してから、新興市場が戻していく展開を予想していたので、いささか不思議な感じです。

もちろん上がってくれることはありがたいのですが、今回の新興市場の上昇を、わたしはかなり疑わしい視線で見ており、上がれば欲張らずに塩漬け株を処分するつもりです。


今日は、8925アルデプロ2337アセット・マネジャーズを処分しました。

アルデプロは、まだ上値がありそうですが、ここ最近の上げは仕手株みたいでしたので、昼休みに4万円越えを確認、4万円で逆指値注文を入れておいたところ、あっさり39950円で約定していました。その後ストップ高の41400円まで上昇しましたが、引けにかけて売られ、40400円で引けました。

アセマネは、後場GUしてスタートして喜んでいましたが、みるみる下落し、19万円の買値を下回ってしまったので、あせって18.8万円で損切りしました。小幅損切りで済んでよかったことにします。

両銘柄とも半年以上抱えており、高配当銘柄ですから、このまま引っ張るべきかもしれませんが、今回の新興市場の上昇が本物がどうか、良くわかりません・・・このまま上昇したら、激しく後悔しそうです。


アルデプロとアセマネを売却した代金で、最近特に出来が悪く、長期戦必至の5405住金を5000株現引きしました。日歩も馬鹿になりません・・・

アルデプロ アセット・マネジャーズ



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲