もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

銘柄ニュース

マイナス1240万円_| ̄|●

2018年8月24日終値ベースのもぐらファンド(愛称 新たな頭痛の種)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株20180824

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年8月24日までの運用成績

株式
確定損益   +509万円 (受渡日2018年8月29日まで)
含み損益  −2909万円 (2018年8月24日終値)
配当金収入  +679万円
小計    −1722万円 (先週比−26万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +482万円 (受渡日2018年8月27日まで)
含み損益     ±0万円 (2018年8月24日夜間取引中)
 小計     +482万円 (先週比±0万円)

総計    −1240万円 (先週比−26万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22270円
今週末の日経平均株価終値:22601円

今週の日経平均は上昇しましたが、もぐらファンドはやっぱり損失が増えました。ユーウツです。そんな中、今週一番気になったニュースです。

---------------------------引用ここから------------------------------

携帯電話の競争促進で総務省が議論へ、公平ルールのあり方も検討

[東京 23日 ロイター]野田聖子総務相は23日、携帯電話市場の競争促進策やインターネット接続に公平性を求める「ネットワーク中立性」のあり方などを議論するよう情報通信審議会に諮問した。通信を取り巻く環境が変化する中、競争ルールや基盤整備、消費者保護のあり方などを見直すことで、環境変化に対応する。審議会は2019年6月の中間答申、同年12月の最終答申をめざす。

携帯電話市場をめぐっては、菅義偉官房長官が21日に札幌市で行った講演で「競争が働いていない」と批判。「今よりも4割程度は下げる余地があるのではないか」との見方を示したことで、携帯電話業界に激震が走った。

関係者によると、今回の発言は総務省サイドと事前にすり合わせたものではなく、総務省サイドも寝耳に水だったようだ。ただ、講演前に総務省に携帯電話料金の内外価格差などについての問い合わせを入れるなど、それなりに準備した発言であることがうかがえる。

総務省はこれまでも携帯電話市場の競争を促進する政策を導入してきたが、省内からはNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの「大手3社の対応は不十分」(幹部)と不満も聞こえてくる。

今回の議論では、実際に値下げにつながる政策を打ち出せるかが焦点となりそうだ。

---------------------------引用ここまで------------------------------

もぐらファンド銘柄では、9437NTTドコモのみならず、現在携帯電話市場に参入準備を進めている4755楽天にも大きな影響が出そうです。菅官房長官の「4割値下げ余地」発言があった8月21日だけでNTTドコモは117.5円(4%)、楽天は29.2円(3.7%)下げました。

今朝のモーサテでは、消費税アップの影響を減ずるためと解説されていました。携帯電話会社の社員はボーナスが減って、しかも消費税アップで踏んだり蹴ったりです。審議会の結論が出るのは来年2019年12月と先ですが、もぐらファンドにとって新たな頭痛の種です。

モーサテでいつも流れているCMです。

三井住友銀行 TVCM「森を守るように」篇 第2話
CMの最後に出てくるリスは、顧客の資産をボリボリ食う銀行員ですね、分かります。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1127万円_| ̄|●

2018年8月3日終値ベースのもぐらファンド(愛称 新日鉄住金とJFE)です。

現在のポジション

現物株15銘柄
現物株20180803

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年8月3日までの運用成績

株式
確定損益   +509万円 (受渡日2018年8月8日まで)
含み損益  −2796万円 (2018年8月3日終値)
配当金収入  +679万円
小計    −1609万円 (先週比+13万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +477万円 (受渡日2018年8月6日まで)
含み損益     +5万円 (2018年8月3日夜間取引中)
 小計     +482万円 (先週比+1万円)

総計    −1127万円 (先週比+14万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22712円
今週末の日経平均株価終値:22525円

8月2日(木)の5401新日鉄住金の決算発表を大いに期待していました。というのも、7月31日引け後に5411JFEの決算発表がありました。

--------------------------引用ここから--------------------------

【決算速報】JFE、今期経常を18%上方修正、未定だった配当は15円増配

ジェイ エフ イー ホールディングスが7月31日大引け後(15:00)に決算を発表。19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比41.4%増の795億円に拡大した。
 併せて、通期の同利益を従来予想の2200億円→2600億円(前期は2163億円)に18.2%上方修正し、増益率が1.7%増→20.2%増に拡大する見通しとなった。
 同時に、非開示だった4-9月期(上期)の業績予想は連結経常利益が前年同期比33.1%増の1350億円に拡大する見通しを示した。

業績好調に伴い、従来未定としていた今期の上期配当を45円(前年同期は30円)実施するとし、従来未定としていた下期配当も50円実施する方針とした。年間配当は前期比15円増の95円に増配となる。

直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の5.9%→6.3%に改善した(株探ニュース)

--------------------------引用ここまで--------------------------

この発表を受けてJFEの株価は、7月31日終値2265.5円から翌8月1日終値2500.5円と、超大型株にもかかわらず235円(+10.4%)も急騰しました。

一方、8月2日(木)引け後の5401新日鉄住金の決算発表は、

--------------------------引用ここから--------------------------

【決算速報】新日鉄住金、4-6月期(1Q)経常は19%減益で着地、未定だった上期配当は10円増配

新日鐵住金が8月2日大引け後(15:00)に決算を発表。19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比18.8%減の877億円に減った。

同時に、従来未定としていた今期の上期配当を40円(前年同期は30円)実施する方針とした。下期配当は引き続き未定とした。

直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の4.9%→3.3%に悪化した(株探ニュース)。

--------------------------引用ここまで--------------------------

と、パッとしませんでした。

この発表を受けて新日鉄住金の株価は、8月2日終値2286.5円から本日終値2234.5円と、52円(−2.3%)下落しました。

1年チャートでみても5401新日鉄住金は1年前と比べ15%以上下落していますが、5411JFEは10%上昇しています。
新日鉄住金とJFEの比較チャート
同じ鉄鋼業なのに大差です。出るのは溜息ばかりです。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1031万円_| ̄|●

2018年5月18日終値ベースのもぐらファンド(愛称 日本製鉄)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株20180518

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年5月18日までの運用成績

株式
確定損益   +429万円 (受渡日2018年5月23日まで)
含み損益  −2554万円 (2018年5月18日終値)
配当金収入  +648万円
小計    −1477万円 (先週比+52万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +447万円 (受渡日2018年5月21日まで)
含み損益     ±0万円 (2018年5月18日夜間取引中)
 小計     +447万円 (先週比±0万円)

総計    −1031万円 (先週比+52万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22758円
今週末の日経平均株価終値:22930円

今週の日経平均は、原油高にもかかわらず続伸しました。もぐらファンドもつられて続伸しました。

今週のニュースでは、16日(水)に発表された、来年4月1日に新日鐵住金が日本(にっぽん)製鉄に社名変更するというニュースに感慨深いものがあります。もぐらファンドで塩漬けになっていた新日本製鐵と住友金属工業が合併して新日鐵住金という1つの巨大塩漬け株になり、ついに日本製鉄という未来の塩漬け株になりました。

新社名では「住金」がなくなり、「鐵」が正式に「鉄」になりました。さらに「にほん」ではなく「にっぽん」だそうです。 先祖返りとしか思えません。ずいぶん大胆な社名変更で、現社名の「新日鐵住金」からは想像も付きません。新元号と共に歩む、この会社自体の変化を象徴しているようです。

本日18日引け後に4901富士フイルムの決算発表がありました。

------------------------------引用ここから------------------------

【決算速報】富士フイルム、今期税引き前は4%増で18期ぶり最高益、5円増配へ

富士フイルムホールディングス <4901> が5月18日大引け後(15:00)に決算(米国会計基準)を発表。18年3月期の連結税引き前利益は前の期比1.6%増の1978億円になり、19年3月期も前期比3.6%増の2050億円に伸びを見込み、18期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。3期連続増益になる。

同時に、今期の年間配当は前期比5円増の80円に増配する方針とした。

直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結税引き前利益は前年同期比63.8%減の232億円に大きく落ち込み、売上営業利益率は前年同期の8.6%→0.3%に急悪化した(株探ニュース)。

------------------------------引用ここまで------------------------

上記の記事では好決算のようですが、

------------------------------引用ここから------------------------

【業績速報】富士フイルムH、経常1.6%増益。アナリスト予想を下回る

【業績予想/決算速報】富士フイルムホールディングス<4901>が5月18日に発表した2018年3月期の経常損益は1.6%増益の197,807百万円、直近のIFISコンセンサス(200,627百万円)を1.4%下回る水準だった。また同日発表された業績予想によると2019年3月期の経常損益は3.6%増益の205,000百万円、IFISコンセンサスを4%下回る水準となっている(アイフィス株予報)。

------------------------------引用ここまで------------------------

こちらの記事ではぱっとせず、週明けの株価は期待できません。ゼロックス買収問題が泥沼化しており、今期の業績予想はたいへん難しいと思います。個人的にはハゲタカが巣食っているゼロックス買収は、白紙に戻したほうが良いと思っています


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1083万円_| ̄|●

2018年5月11日終値ベースのもぐらファンド(愛称 決算発表ピーク)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株20180511

株式信用取引 なし

先物・オプション なし

2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年5月11日までの運用成績

株式
確定損益   +429万円 (受渡日2018年5月16日まで)
含み損益  −2607万円 (2018年5月11日終値)
配当金収入  +648万円
小計    −1530万円 (先週比+12万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +447万円 (受渡日2018年5月14日まで)
含み損益     ±0万円 (2018年5月11日夜間取引中)
 小計     +447万円 (先週比+1万円)

総計    −1083万円 (先週比+13万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22472円
今週末の日経平均株価終値:22758円

大型連休明けの今週は、もぐらファンド銘柄にとっても決算発表が集中する一週間でした。本決算発表前に何銘柄か売却するつもりでしたが、5月8日引け後の決算発表前に売却した2326デジタルアーツが翌日ストップ高になったことで心が折れました。

一方、持ち越した銘柄は3402東レの-5.71%を筆頭に大なり小なり発表後下落しました。昨日引け後に決算を発表した3197すかいらーく、4755楽天、9024西武も今朝は全部ギャップダウンで始まり、終値も前日終値と比較してそれぞれ-1.88%、-4.39%、-2.93%でした。

本日の引け後決算発表は、6324ハーモニック・ドライブ・システムズだけでした。
---------------------------引用ここから--------------------------

【決算速報】ハーモニック、今期経常は44%増で5期連続最高益、10円増配へ

ハーモニック・ドライブ・システムズ <6324> [JQ] が5月11日大引け後(15:30)に決算を発表。18年3月期の連結経常利益は前の期比53.7%増の122億円に伸び、19年3月期も前期比43.9%増の176億円に拡大を見込み、5期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。6期連続増収、増益になる。

同時に、今期の年間配当は前期比10円増の36円に増配する方針とした。

直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比3.5%増の20.9億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の23.6%→15.0%に大幅低下した。(15時34分配信 株探ニュース)

---------------------------引用ここまで--------------------------
このニュースだけ読むとすばらしい決算のようですが、2018年3月期の純利益は2017年3月期と比べ59.2%の大幅減益になっています。またアイフィス株予想によると、2018年3月期の経常利益は直近のIFISコンセンサス(14075百万円)を13.1%下回る水準だったそうなので、14日(月)朝も楽観できません。

あとは5月18日の4901富士フイルムの発表を残すだけになりましたが、去年の決算発表と比べると全体的に厳しい雰囲気です。景気もいよいよ減速し始めるのかもしれません。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

きのう売ったばかりのデジタルアーツが・・・

きのう4480円で全株600株売却した2326デジタルアーツがきょう10時過ぎに5180円のストップ高になり、張り付いたままで引けました・・・
5月9日のデジタルアーツ値動き

一撃42まんえん・・・



;:.: .                                                  . . .::;
                  . -‐- .,. '  ̄  ` .  _,.-―- 、__,,....ィ
             , ´            ヽ   i    ヽ   '-、
              /                    \ l   ,  ト 、 ~ヽ.___,,,...,.
          /                    ` 、‐ ' 'z__ l ,>-‐''     ,/
          i              人 l、     ヾ    `´      //
          /         ,ィ /  ヽi ヽ. l、   ,|         /   /
          "i     /^ヽ! / !,/ -―-  |,/ |   ハj         そ 人
         i    l ハ i/      ━    ヽ. l/ /           ゙ヾ. ヽ、
         ゙l.   ヽ_             { 、_ソノ   ,.. -  ..、      '; !~
         /ヽ! ,ィ/            `-  ;'    ;'      ` :,    ヽ!
       /  _Y     ヽ      t 、  /_     ':,  ━     ;      ヽ,
      〃´ ̄ 亠─----;:>- 、.  `´ /,,. ';  ,, _  ` 、 _ ,,, .. '         ;"
     i'´          ̄  __ ,,.. -`<´ ;: '",:' ,:'     `  -  、  ,,.. --‐ /
     /l         ,. - ´ /     ヽ`´,. '           ` ~    /l
    i  !         /    /       `'`i   ,.-‐ 、   , ,    ,. -‐'  |
.     l  i     /     l          !  ` -: '    '   ィ       i
    l    !   /       l          \   ,...、__,,.-'' /;'        l
    |   ヽ/         !           `-:イヽ-'  / /       ;リ
   |                i             ` ~ ´  /        ;'
    i                   !                     /       /
.    i                 ヽ  __          _,,,,....ノ       /
   l                   `ー' i~~ ̄ ̄ ̄ ̄          ,〃
    l                    i                 ノ/
;::.: .                                                . . .:.::;
;:;::.:.: . .                                              .: .:.:.:::;:;
;:;:;:.:.:.:. : .         パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ。         . : :.:.:::;:;:;
:;::;:;::.:.:.:. :. .          何だかとても眠いんだ・・・                 . : .:.:.::;::;::;
. '::;:;:;:;::.:.:. :. .                                        . : .:.:.::;:::;:;:'
  ':;:;:;::.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.::;::;::;::'::



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

デジタルアーツ全株売却

本日引け後に本決算発表が予定されている2326デジタルアーツの株価を昼休みにチェックしたところ、前日終値は4375円だったのに大幅上昇していました。高値は寄付直後の4600円で、その後前場は4450円〜4500円で推移していました。

最近のわたしは「好決算でもコンセンサスに届かないと無慈悲に売り込まれる」という被害妄想に取り付かれています。さらに決算発表直前ですが、現在のデジタルアーツの予想PERは50倍と割高なので、上がっているのを幸い、後場早々に4480円で全株600株売却しました。
デジタルアーツ売却
デジタルアーツ利益
手数料・税引後、234439円の利益になりました。

本日のデジタルアーツの値動き
デジタルアーツ値動き


ちなみに、本日引け後に発表された本決算は、
---------------------------引用ここから---------------------------

【決算速報】デジアーツ、今期経常は31%増で5期連続最高益、8円増配へ

デジタルアーツ <2326> が5月8日大引け後(16:00)に決算を発表。18年3月期の連結経常利益は前の期比5.4%増の19億円に伸び、19年3月期も前期比31.0%増の25億円に拡大を見込み、5期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。12期連続増収、5期連続増益になる。

同時に、今期の年間配当は前期比8円増の36円に増配する方針とした。

直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比8.1%増の7.3億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の44.1%→47.2%に上昇した。(16時01分配信 株探ニュース)

---------------------------引用ここまで---------------------------
でした。わたしには良い決算に見えますが、当期利益以外の2018年3月期実績は会社予想よりやや悪く、某社コンセンサスと比べてもわずかに悪い数字です。2019年3月期の会社予想も某社コンセンサス予想に比べると微妙に低めです。明日のデジタルアーツの株価に注目しています。



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1096万円_| ̄|●

2018年5月2日終値ベースのもぐらファンド(愛称 大型連休の谷間)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株20180502

株式信用取引 なし

先物・オプション なし

2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年5月2日までの運用成績

株式
確定損益   +405万円 (受渡日2018年5月9日まで)
含み損益  −2595万円 (2018年5月2日終値)
配当金収入  +648万円
小計    −1542万円 (先週比+5万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +446万円 (受渡日2018年5月7日まで)
含み損益     ±0万円 (2018年5月2日夜間取引中)
 小計     +446万円 (先週比±0万円)

総計    −1096万円 (先週比+5万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22467円
今週末の日経平均株価終値:22472円

今週は連休の谷間で2立会日だけでした。市場参加者も少ないようで日経平均は小動きでした。もぐらファンドも全体として値動きは小さく、保有銘柄の決算発表もありませんでした。唯一、大きな値動きをしたのは4901富士フイルムでした。

-----------------------------引用ここから-------------------------------

米ゼロックス、CEOと取締役6人が退任 株主提訴巡る和解で

[2日 ロイター] - 米事務機器大手ゼロックスは、富士フイルムホールディングスによる買収の差し止めを求めて大株主が起こした訴訟の和解案の一環として、ジェフ・ジェイコブソン最高経営責任者(CEO)と他の取締役6人が退任すると発表した。

ゼロックスの現在の取締役会は発表文書で、富士フイルムとの統合案に関する株主の意見を受け付けた後、ゼロックス株主が受け取る対価を引き上げる可能性について富士フイルム側の意向を探ったことを明らかにした。

新たな取締役会は戦略的代替案を検討するため、直ちに会合を開く予定。選択肢には富士フイルムとの事業関係の中止または再編、提案されている富士フイルムとの取引が含まれている。

株主訴訟では、ジェイコブソン氏が取締役会による交渉中止の申し入れを無視して富士フイルムによる買収を進めたとされていた。

富士フイルムとゼロックスは1月、ゼロックスと複写機事業子会社の富士ゼロックスとの経営統合で合意した。

富士フイルムは2日、和解案について「深刻な懸念を持っている。速やかに異議を申し立てる」とのコメントを発表。また、同買収を差し止める仮処分を下した米ニューヨークの裁判所の決定を不服とし、「上訴することを決定した」ことを明らかにした。

冨士フイルムは、経営統合が「双方の株主にとって、多大な利益をもたらすベストな選択肢であると信じている」とし、新たに選出されたゼロックス取締役メンバーに対し、経営統合など「(今年)1月31日に両社がサインしたプランの実行を求めていく」としている。

-----------------------------引用ここまで-------------------------------

この前引け直前に出たニュースで、本日後場に富士フイルムの株価は5.46%下落しました。
富士フイルム20180502

富士フイルムは、華もあり、本業の不安要素も少ない良い会社だと思いますが、いつも本業以外のニュースで株価が急落する印象があります。
2017年4月20日発表の系列企業のニュージーランド子会社で発覚した会計問題と決算発表延期により、翌21日に株価が4.04%下落しました。
2017年6月9日に関連するオーストラリアでも会計処理の不備が見つかり、株価は4.02%下げました。
2018年1月31日引け後の第3四半期決算発表直前に富士ゼロックスと米ゼロックスの経営統合のニュースが出て、株価は一瞬で8.32%下げました。

4502武田薬品工業もM&Aのゴタゴタで株価が下落しています。企業にお金が余っているためか、外国企業との合併や買収が再び流行っていますが、外国企業には常にうまく立ち回られているような気がします。日本企業にとっては、合併や買収に頼らず、地道に利益を積み重ねるほうが賢明に思えてなりません。今回の富士フイルムの件も、深追いせずに一旦白紙に戻したほうが良いと妄想しています。バブル期の1989年に三菱地所がロックフェラーセンターを2200億円で買収して、バブル崩壊により1995年にほとんど撤退を余儀なくされた苦い教訓を生かすべきです。

また本日ようやく富士フイルムの2017年度の決算発表日が同社のウェブページにアップされたので、決算発表スケジュール(2018年春)を訂正しました。決算発表日は5月18日15:00です。

楽しい四連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

ファナック100株ナンピン

本日引け後に6954ファナックの決算発表がありました。

------------------------引用ここから------------------------

ファナック、今期営業利益予想34%減 中国向けロボマシン需要鈍化

[東京 26日 ロイター] - 産業用ロボットなどを製造するファナックは26日、2019年3月期(今期)の連結営業利益が前期比33.9%減の1517億円になる見通しと発表した。18年3月期(前期)の一時的なIT関連需要の反動が響く。トムソン・ロイターが算出したアナリスト24人の予測平均値は2530億円で、会社側の予想はこれを下回っている。

前期にあった一時的なIT関連需要の詳細についてファナックは取引先情報であるため非公表としているが、スマートフォンの金属製筐体を加工する小型工作機械「ロボドリル」の中国向けを中心とした特需とみられる。今期はその特需がいったん落ち着き、ロボドリルを手掛けるロボマシン部門の需要が鈍化する見込み。

今期業績予想の想定為替レートは、1ドル=100円、1ユーロ=125円。同社は、国家間の貿易摩擦問題やその影響などで為替の動向などを不透明な要因の一つとみており、「総じて予断を許さない状況が続く」との見通しを示している。

今期の売上高は同12.7%減の6342億円、純利益は24.3%減の1377億円をそれぞれ計画する。

前期の連結営業利益は前の期に比べて49.9%増の2296億円、売上高は同35.3%増の7265億円、純利益は同42.5%増の1819億円だった。

------------------------引用ここまで-----------------------

本日の終値は前日比120円安の25985円でした。この発表後のPTSでファナックはさらに大きく売り込まれました。しばらく値動きを眺めていましたが、思い切って終値より1385円安の24600円で100株PTSで買ってみました。
ファナック ナンピン

平均27310円200株ホルダーになりました。明日のファナックが24600円以下にならないことを祈っています。


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1029万円_| ̄|●

2018年4月20日終値ベースのもぐらファンド(愛称 楽天とエンプラス)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株20180420

株式信用取引 なし

先物・オプション なし

2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年4月20日までの運用成績

株式
確定損益   +405万円 (受渡日2018年4月25日まで)
含み損益  −2524万円 (2018年4月20日終値)
配当金収入  +648万円
小計    −1470万円 (先週比+23万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +442万円 (受渡日2018年4月23日まで)
含み損益     ±0万円 (2018年4月20日夜間取引中)
 小計     +442万円 (先週比±0万円)

総計    −1029万円 (先週比+23万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:21778円
今週末の日経平均株価終値:22162円

今週は何か起こりそうで何も起こらなかった平和な一週間でした。株式市場も2月28日以来、久し振りに日経平均株価22000円越えで終了しました。

個人的に一番ホッとしたのは、
---------------------------引用ここから------------------------------

楽天、社債2000億円発行=携帯事業の設備投資に

楽天が近く社債を発行し、最大2000億円を調達することが19日、分かった。来年10月に新規参入する携帯電話事業で基地局などを整備する費用に充てる。発行するのは、通常の社債より利回りは高いが、返済義務の順位が低い劣後債。楽天の劣後債発行は初めて。 4月19日【時事通信社】

---------------------------引用ここまで------------------------------
のニュースでした。

もぐらファンドでは2015年9月以来、4755楽天を平均1745円で3000株ずっと塩漬けしています。そもそも楽天の長期保有に興味を持ったのは、2015年6月に楽天が公募価格1905円でPOを行い、100株当選したのがきっかけです。公募当選分は売却しましたが、その後1915円、1815円、1500円でそれぞれ1000株ずつ購入して、全部塩漬けになってしまいました。楽天過去記事一覧

今回の携帯電話事業に対する資金調達目的でまた公募増資しないか、わたしはとても心配でした。これ以上株式価値が希薄化してはたまりません。前回2015年6月の公募価格は1905円で、本日の楽天の終値は779.3円です。フツーは現在の株価水準で公募増資はできないと思いますが、既存株主を重視しない三木谷社長ですから、何をするか分かりません。

楽天の現在の株価はもぐらファンド平均購入価格の半値以下で、現在の保有16銘柄では5401新日鉄住金に次いで悪いパフォーマンスです。さらに配当も株主優待もショボイ銘柄なので、塩漬けしていても喜びがありません。今さら多額の借金を背負ってまで携帯電話事業に注力するのが、会社にとって失敗にならないことを心から祈っています。


先ほど、6961エンプラスの本決算が発表されました。

---------------------------引用ここから------------------------------

【決算速報】エンプラス、前期経常が一転減益で下振れ着地・今期は14%減益へ

エンプラスが4月20日大引け後(15:00)に決算を発表。18年3月期の連結経常利益は前の期比5.7%減の38.4億円になり、従来予想の50億円を下回り、増益予想から一転して減益で着地。19年3月期も前期比14.2%減の33億円に減る見通しとなった。5期連続減益になる。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比50.1%減の2.4億円に大きく落ち込み、売上営業利益率は前年同期の7.9%→7.8%とほぼ横ばいだった。株探ニュース(minkabu PRESS)
---------------------------引用ここまで------------------------------

今回も前回1月25日発表と同じような幸薄い決算です。前回は決算発表後にストップ安の4250円まで売られました。本日の終値は3580円です。週明け23日にどれくらい下がるか、とても不安な週末です。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1081万円_| ̄|●

2018年3月30日終値ベースのもぐらファンド(愛称 粘土松)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株20180330

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年3月30日までの運用成績

株式
確定損益   +405万円 (受渡日2018年4月4日まで)
含み損益  −2570万円 (2018年3月30日終値)
配当金収入  +648万円
小計    −1516万円 (先週比+131万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +419万円 (受渡日2018年4月2日まで)
含み損益    +16万円 (2018年3月30日夜間取引中)
 小計     +435万円 (先週比+24万円)

総計    −1081万円 (先週比+155万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:20167円
今週末の日経平均株価終値:21454円

今週は、29日にFX:USDを106.5円で全決済しただけで終わりました。同値撤退なのでスワップ利益15740円を上記の「先物・オプション・FX」確定損益に追加しました。

国際情勢は激動しているのに、日本の国会は相変わらず森友問題で税金と時間を浪費しています。野党は安倍政権の批判ばかりしていますが、これからの日本を一体どうしたいのでしょうか? 現政権を打倒するなら、野党は今後のビジョンを示す責任があります。文書書き換えは司法府に任せて、国会は立法府の仕事をして下さい。

国会では、トランプのゴリ押し、ロシアと中国の専制政治化、北朝鮮問題について、国としてどう対応するかきちんとギロンしてください。このままでは日本は国際情勢からどんどん取り残されるばかりです。取り残されるだけならまだしも、お金を支払って日朝首脳会談を持ちかけるような、みっともないまねだけはしないことを切望します。

来週からは4月です。もう2018年の4分の1が終わりました。これからは、日本経済も今までのようには一筋縄ではいかないような気がします。政府の口車に安易に乗って、大幅な給料のベースアップを決めた会社には今後不幸が待っていると予想しています。今週26日に6758ソニーが一瞬5000円を割込み、買わなかったことを悔やんでいましたが、27日の日経新聞のソニー5%ベースアップの記事を見て、買わなくて良かったと今は思っています。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2018年1月26日
マイナス571万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ