もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

オプション売買記録

マイナス796万円

2017年12月8日終値ベースのもぐらファンド(愛称 年末恒例IPO祭りほぼ終了)です。

現在のポジション

現物株13銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年12月8日までの運用成績

株式
確定損益   −279万円 (受渡日2017年12月13日まで)
含み損益  −1624万円 (2017年12月8日終値)
配当金収入  +637万円
小計    −1267万円 (先週比+44万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +471万円 (受渡日2017年12月11日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年12月8日夜間取引中)
小計     +471万円 (先週比+7万円)

総計    −796万円 (先週比+51万円)


今週の先物・オプション決済 +389850円
オプションSQ決済
12月限SQ値:22590円66銭


先週末の日経平均株価終値:22819円
今週末の日経平均株価終値:22811円

今週はIPOのBB申し込み、抽選結果確認、およびそれに伴う資金移動に忙殺された一週間でした。いつも空白だらけのわたしのシステム手帳が、先週と今週は真っ黒になりました。今日の更新が遅くなったのも、カブコムのIPO抽選発表を待っていたからです。みらいワークスも落選して、ボーゼンと「歴史秘話ヒストリア」を見ていたからではありません。

結局、儲かりそうなIPOは1つも当選しませんでした。SBI証券主幹事の2334イオレと6563みらいワークスは、手持ちのIPOチャレンジポイントも全部投入しました。どちらか一つは必ず当選するつもりでしたが、両銘柄とも補欠にもなりませんでした。来週もIPOの抽選は続きますが、どうしても欲しい銘柄はもうありません。事実上、わたしの今年のIPO祭りは終了しました。


12月2日(土)未明と6日(水)夕場の寄り付きに、12月限P21000をそれぞれ15円と10円で2枚ずつ新規売り建てました。
今週のオプション新規建て
これらも含めた全18枚を本日SQ決済しました。12月限SQ値は22590円でした。決済画像は上の「今週の先物・オプション決済」に貼り付けました。


今週のもぐらファンドはマイナス796万円でした。2017年10月27日以来、久しぶりに直近最高値を更新しました。

年内受け渡しもあと12営業日を残すだけになりました。今年はこれ位の株価で、平穏に過ぎてくれることを祈っています。とくに5401新日鉄住金は現在かなり高い所に損切り注文を入れていますが、これがもし約定すると別のプラス銘柄を利確してSBI証券特定口座内の収支をプラスにする必要があります。さもないと確定申告が損失繰越でとても面倒になります。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス847万円

2017年12月1日終値ベースのもぐらファンド(愛称 師走入り)です。

現在のポジション

現物株13銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年12月1日までの運用成績

株式
確定損益   −148万円 (受渡日2017年12月6日まで)
含み損益  −1796万円 (2017年12月1日終値)
配当金収入  +634万円
小計    −1311万円 (先週比+197万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +432万円 (受渡日2017年12月4日まで)
含み損益    +32万円 (2017年12月1日夜間取引中)
小計     +464万円 (先週比+4万円)

総計    −847万円 (先週比+201万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22550円
今週末の日経平均株価終値:22819円


今週のもぐらファンドは日経平均と同じく、堅調に推移しました。

今週29日に大損切りした8473SBIホールディングスは、このブログが始まった10年前の2007年7月27日時点ですでに8473SBIの名前で塩漬けになっていた由緒正しい塩漬け株です。それだけではありません。この時すでに8701Eトレード証券も持っていました。その後Eトレード証券はSBIに併合され、8473SBIホールディングスになりました。その結果、2つの塩漬け株が1つの大きな塩漬け株に化けましたが、10年経ってもSBIホールディングスの巨大含み損はついに回復しませんでした。同じくブログ開始時から持っていた5401新日鉄と5405住金も合併して超巨大な1つの塩漬け株5401新日鉄住金に化けましたが、大きな含み損のまま今もポートフォリオを占拠しています。

いつものことですが、売却2日後の本日、SBIホールディングスの株価は永年の夢だった2000円を軽やかに突破しました。マージャンではこれを「切れば来るの法則」と呼びます。


本日12月限C24000を10円で2枚新規売り建てました。SQは来週の8日です。
オプション新規売り


例年のように12月IPOが集中しています。今年の権利付最終売買日12月26日まで23銘柄が新規上場予定です。以前にも書きましたが何とかならないのでしょうか?上場する企業は初値が抑えられてしまいますし、わたしもあちこちの証券会社に資金を移し変えるのが大変です。SBIチャレンジポイントも使用するので、1銘柄くらいは苦労が報われることを切望しています。ちなみに去年12月に唯一当選した7782シンシア初値公募割れでした_| ̄|●


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス934万円

2017年11月10日終値ベースのもぐらファンド(愛称 2017年11月9日)です。

現在のポジション

現物株14銘柄
現物株20171110

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション・先物建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年11月10日までの運用成績

株式
確定損益    −26万円 (受渡日2017年11月15日まで)
含み損益  −1939万円 (2017年11月10日終値)
配当金収入  +617万円
小計    −1348万円 (先週比+16万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +447万円 (受渡日2017年11月13日まで)
含み損益    −33万円 (2017年11月10日夜間取引中)
小計     +414万円 (先週比+25万円)

総計    −934万円 (先週比+42万円)


今週の先物・オプション決済 +279円!
オプションSQ決済
オプション決済2
11月限SQ値:22531.1円

先週末の日経平均株価終値:22539円
今週末の日経平均株価終値:22681円

プットオプションの売りと日経225先物の買いで死にそうになったのは、東日本大震災直後の2011年3月15日の他、暴落時に何回かありますが、暴騰で死にそうになったのは昨日が初めてでした。そういう意味で2017年11月9日はわたしにとって忘れられない日になりました。

11月9日寄り付き前には、SQ値は23000円前後を予想していました。先週のC22500売玉に続き11月6日にC22750売玉を損切しており、C23000売玉4枚がSQ勝負になると思っていました。

ところが、22989円で始まった日経平均は先物主導で前場に急騰し、前引け直前には高値23382円を付けました。前場終了時点では、総選挙翌日の10月23日に売り建てた先物ミニ売玉5枚と先週からの持ち越しのコールオプション売玉16枚、さらに今週新たに売り建てたコールオプション売玉7枚をホールドしていました。値段がチェックできた昼休みには、これら全部の売玉がすでに急騰していて、C23000の4枚はおろか、最も枚数が多いC23250の6枚まで完全にITMになっていました。

正午少し前の含み損は240万円を越えていました。昼食は「すかいらーく」の株主優待を消費すべく「とんから亭」のカツ丼(梅)税抜499円を食べましたが、食事中も増え続ける含み損で完食後全部吐いてしまいました。

すでにクローズできる損失額をとっくに越えていたので、最後の切り札として昼休み中ずっと「アッラーは偉大なり」を繰り返し唱えました。心を込めたお祈りが通じて、13時過ぎから14時30分にかけて先物で900円暴落してくれました。この下落でC23000円売玉4枚が損切りできて、精神的にずいぶん楽になりました。因みに9日の日経平均終値は22868円(前日比45円安)で壮大な「行って来い」になりました。

本日の11月限SQ値は22531円でした。結果的に11月限C22750売玉2枚とC23000売玉4枚の損切りは不要でしたが、9日の最高値23382円を見たらC23000売玉4枚の損切りは仕方ありません(仮に翌10日のSQ値が23382円に決まったら、買値平均が1枚15.75円だったので、C23000売玉4枚だけで1465000円の損が確定)。まだ12月限先物ミニ5枚売玉はかなり大きな含み損ですが、今年の先物・オプション部門トータルがプラスで終われば御の字です。

今週のオプション新規建て
オプション新規建て


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス975万円_| ̄|●

2017年11月2日終値ベースのもぐらファンド(愛称 阿鼻叫喚)です。

現在のポジション

現物株15銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション・先物建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年11月2日までの運用成績

株式
確定損益     +9万円 (受渡日2017年11月8日まで)
含み損益  −1989万円 (2017年11月2日終値)
配当金収入  +616万円
小計    −1364万円 (先週比−128万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +447万円 (受渡日2017年11月6日まで)
含み損益    −58万円 (2017年11月2日夜間取引中)
小計     +389万円 (先週比−23万円)

総計    −975万円 (先週比−151万円)


今週の先物・オプション決済 −432円
オプション決済2


先週末の日経平均株価終値:22008円
今週末の日経平均株価終値:22539円

今週は4営業日にもかかわらず、日経平均は大幅高になりましたが、もぐらファンドにとっては悲惨な一週間でした。

5401新日鉄住金は、10月27日(金)引け後の決算発表がパッとせず、30日(月)は41.5円安、31日(火)は57.5円安と大幅下落しました。

2492インフォマートは、10月31日(火)引け後の悲惨な決算発表で、11月1日(水)は126円安(-14.8%)、今日2日(木)は20円安とボーラクしました。おかげで、1日(火)は日経平均が408円高になったにもかかわらず、もぐらファンドは974300円も下げました。

1日の日経平均の華麗な上昇とは対照的なもぐらファンドのボーラクを見て、怒り狂ってコールオプションの売り注文を入れまくったら、どんどん約定しました。追加注文を入れたら、日経平均がさらに上がって全部約定してしまいました。気がついたら売り玉を18枚も新規に建てていました。
オプション新規建て2
含み損も100万円を軽く越えていました。今日は少し挽回していますが、それでも60万円近い含み損です。来週10日のSQにはどうなっているのでしょうか?


楽しい3連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1271万円_| ̄|●

2017年9月22日終値ベースのもぐらファンド(愛称 いろいろあった)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年9月22日までの運用成績

株式
確定損益   +217万円 (受渡日2017年9月27日まで)
含み損益  −2544万円 (2017年9月22日終値)
配当金収入  +613万円
小計    −1714万円 (先週比+25万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +443万円 (受渡日2017年9月25日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年9月22日夜間取引中)
小計     +443万円 (先週比+0万円)

総計    −1271万円 (先週比+26万円)


今週の先物・オプション決済 +704円
オプション決済


先週末の日経平均株価終値:19909円
今週末の日経平均株価終値:20296円

今週の日経平均は4営業日でしたが、19日(火)に2万円台を回復し、さらに21日(木)には20481円まで上昇しました。本日22日は少し下げたものの堅調に推移して、2万円台を維持しました。

一方、もぐらファンドは少し損失は減ったものの冴えない週でした。とくに無慈悲だったのは、5401新日鉄住金の値動きです。
新日鉄住金の値動き

連休明け19日(火)の高値2725円から今週終値2557円まで6.2%(168円)も下落しました。理由を調べましたが分かりません。よけい不気味です。


19日(火)に先物が大幅上昇したので、カバードコールとして10月限C21000を計5枚売り建てました。
オプション新規建て

その後先物が一段高になったので、恐れをなして全部同値撤退してしまいました。現在はノーポジです。決済画像は「今週の先物・オプション決済」に貼りました。


昨日の記事で日本株式史上最速で上場廃止になったエフオーワイに触れましたが、同じく上場廃止になった2684ジパング松藤民輔氏の告別式の案内板を21日(木)の浜松町で見かけました。わたしは、「アメリカ経済終わりの始まり」や「わが友、恐慌」など多くの氏の著書や、氏の無料時代のブログの読者でした。資産運用やゴールド関係でいろいろ有名な方でしたが、亡くなられたことはあまり周知されていないようなので、あえて取り上げました。ご冥福をお祈り申し上げます。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1342万円_| ̄|●

2017年8月18日終値ベースのもぐらファンド(愛称 マブチモーターと富士フイルム)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年8月18日までの運用成績

株式
確定損益   +196万円 (受渡日2017年8月23日まで)
含み損益  −2589万円 (2017年8月18日終値)
配当金収入  +608万円
小計    −1785万円 (先週比−83万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +443万円 (受渡日2017年8月21日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年8月18日夜間取引中)
小計     +443万円 (先週比+9万円)

総計    −1342万円 (先週比−74万円)


今週の先物・オプション決済 +89547円
P17000決済


先週末の日経平均株価終値:19729円
今週末の日経平均株価終値:19470円

もぐらファンドは今週も下落しました。中でも8月14日に5240円で200株買い増した6592マブチモーターがパッとしません。今日の終値は5020円です。

14日には、4901富士フイルムにも10日の終値3968円指値で買い注文を入れていました。こちらは同日引け後に決算発表を控えていたので、マブチモーターと迷った挙句、寄り付き直前に注文を取り消してしまいました。もし取り消さなければ14日の始値3936円で約定しており、引け後の好決算発表による翌15日の始値4191円の大幅高の恩恵を享受できました。富士フイルムの今日の終値は4253円です。


先週ブログを更新した夜、深夜にたまたま目が覚めて先物価格をチェックしたところ、先物価格が急落していたので、9月限P17000を55円で新規に2枚売り建てました。
P17000新規売り
15日(火)と16日(水)は株価が持ち直し、プットオプション価格は低下しました。来月のSQ9月8日までまだ3週間もあるので、16日の夕場の寄り付きに10円で決済しました。決済画像は「今週の先物・オプション決済」に貼りました。



楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1273万円_| ̄|●とインフォマート1000株売却

2017年6月9日終値ベースのもぐらファンド(愛称 週末の日経平均は何とか2万円台を維持したものの・・・)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション なし

2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年6月9日までの運用成績

株式
確定損益   +120万円 (受渡日2017年6月14日まで)
含み損益  −2405万円 (2017年6月9日終値)
配当金収入  +578万円
小計    −1707万円 (先週比−40万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +434万円 (受渡日2017年6月12日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年6月9日夜間取引中)
小計     +434万円 (先週比+0万円)

総計    −1273万円 (先週比−40万円)


今週の先物・オプション決済 +89568円
オプション決済
6月限SQ値は19997円63銭


先週末の日経平均株価終値:20177円
今週末の日経平均株価終値:20013円

今週は、前FBI長官の議会証言、イギリス総選挙で与党過半数割れなどのニュースがあり、株価や為替にそれなりの影響がでましたが、わたしが最も不安に感じたのは、8日(木)朝に発表された、北朝鮮のミサイル発射に対しての反応です。一応TVのテロップで緊急ニュースとして流れましたが、為替やその数時間後に開いた日本市場の株価には影響ありませんでした。一時は東京の地下鉄が止まるほどだったのに、繰り返しの発射で慣れてしまったのでしょうか? 慣れとは恐ろしいものです。

安倍首相は繰り返し強く非難していますが、全く効果なくバカみたいです。安保理決議案も今までたくさん出ていますが、全く効果ありません。そのうち一発でも本当に日本に飛んできたら、今までの対策は何だったのか大問題になるでしょう。安倍首相の首が飛ぶくらいでは済みません。市場も大混乱になります。安倍首相のお友達が得した話とか、天皇の退位とか、どーでもいいことに時間を使うより、現実にミサイルが飛んできたらどう対応するか決めて、きちんと説明しておいた方が国民のパニックを避けるために良いと思います。


本日2492インフォマート1000株を890円で売却しました。
インフォマート
インフォマート約定
税金・手数料引後で665750円の利益になりました。売却済み4200株、残15000株です。
インフォマート売却一覧

今日の2492インフォマートの値動き
インフォマート値動き


おまけ1
6097日本ビューホテルの本決算が発表されました。国策で海外からの旅行客が増えているのに、ここは相変わらずパッとしません_| ̄|●
-------------------------------引用ここから------------------------------
日本ビューホテル <6097> が6月9日大引け後(15:00)に決算を発表。17年4月期の連結経常利益は前の期比3.7%増の13億円に伸びたが、18年4月期は前期比57.8%減の5.5億円に大きく落ち込む見通しとなった。
直近3ヵ月の実績である2-4月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比31.7%減の0.9億円に落ち込んだが、売上営業利益率は前年同期の2.9%→3.0%とほぼ横ばいだった。(株探ニュース)
-------------------------------引用ここまで------------------------------


おまけ2
4901富士フイルムHDの3月期決算が6月12日にやっと発表されることになりましたが、オーストラリアでも会計処理の不備が見つかり損失額がさらに増えると報道され、本日166円安の年初来安値3964円で引けました_| ̄|●
-------------------------------引用ここから------------------------------
富士フイルムホールディングス(4901):4%安の3964円。系列企業のニュージーランド子会社で発覚した会計問題を巡り、オーストラリアでも会計処理の不備が見つかったと9日付の日本経済新聞朝刊が報道。当初、約220億円(純利益段階)としていた損失額は300億−500億円規模に増える可能性があるという。富士フイルムは10日に会計問題に関する第三者委員会の調査結果を受領する予定で、12日には17年3月期決算を発表する。 (9日 Bloomberg)
-------------------------------引用ここまで------------------------------


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1233万円_| ̄|●

2017年6月2日終値ベースのもぐらファンド(愛称 日経平均2万円台回復)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年6月2日までの運用成績

株式
確定損益    −11万円 (受渡日2017年6月7日まで)
含み損益  −2230万円 (2017年6月2日終値)
配当金収入  +575万円
小計    −1667万円 (先週比+147万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +425万円 (受渡日2017年6月5日まで)
含み損益     +9万円 (2017年6月2日夜間取引中)
小計     +434万円 (先週比+1万円)

総計    −1233万円 (先週比+149万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:19686円
今週末の日経平均株価終値:20177円

今週も日経平均は2万円に届かず終わると思っていたら、本日寄り付き早々2万円台に乗りました。どうせすぐ大台を割り込むだろうと思っていましたが、ザラ場中も力強く上昇を続けました。さすがに引け間際に少し垂れましたが、結局前日比317円高の20177円で引けました。2万円台は2015年12月1日(2万12円40銭)以来1年半ぶりだそうです。

もぐらファンドも2015年6月26日につけた直近最高値(週末計算)のマイナス1246万円を2年振りに更新しました。

アメリカのパリ協定離脱を歓迎した米国市場の株高が直接原因だとは思いますが、我が家の家計に実感は乏しいものの、やはり国内景気の回復が大きいと思います。しかも今まで2万円に頭を抑えられていたので、本日2万円を越えて一気に上昇したのでしょう。

次の日経平均の目標は、アベノミクス相場の最高値2015年6月24日終値の20868円越えだと思います。もぐらファンドもつられてマイナス1000万円以内になればうれしいのですが、まず来週末に2万円台を維持できるかが問題です。

それはともかく、わたしの周りでは7月にアメリカと北朝鮮が戦争を始めるという噂が出ています。今の日米の株価をみる限り、たとえ戦争が始まっても日本にミサイルは飛んでこないという解釈で良いのでしょうか? また3402東レの株価がパッとしないのは、韓国は戦場になる可能性があるからでしょうか?


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1382万円_| ̄|●

2017年5月26日終値ベースのもぐらファンド(愛称 もぐらの八つ当たり)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年5月26日までの運用成績

株式
確定損益   −136万円 (受渡日2017年5月31日まで)
含み損益  −2253万円 (2017年5月26日終値)
配当金収入  +575万円
小計    −1815万円 (先週比+22万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +425万円 (受渡日2017年5月29日まで)
含み損益     +7万円 (2017年5月26日夜間取引中)
小計     +432万円 (先週比+4万円)

総計    −1382万円 (先週比+25万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:19590円
今週末の日経平均株価終値:19686円

米国市場は好調ですが、日本市場はパッとしません。今週の日経平均はわずかに上昇したものの、2万円にはタッチできませんでした。2万円に頭を押さえられている形で、閉塞感が漂っています。現在は、買うには高く、売るには安い、中途半端な位置だと思っています。

「働き方改革」などと言って残業を減らすのが流行りです。別に社員のことを思ってではなく、経営者が儲けのために残業代をカットしているだけです。高橋まつりさん過労死事件を悪用しています。仕事量そのもの(会社の利益)を減らさずに残業を減らすのでは、忙しくなるだけです。今週の「ガイアの夜明け」では、残業を減らしている企業を褒め称えていて、見ていて吐き気がしました。さすが経営者の味方TV東京です。今日は政府主導のプレミアムフライデーですが、すでに死語になりつつあります。

わたしが嫌いな小池百合子都知事率いる「都民ファーストの会」が、子供がいる自宅での喫煙制限を7月2日に行われる東京都議会議員選挙の公約の一つとしました。言っていることは間違っていないのしょうが、文字通り「他人の家に土足で踏み込む」、小池知事の傲慢な姿勢が良く現れた公約です。家の中まで条例で規制して欲しくありません。是非「都民ファーストの会」には惨敗してほしいのですが、残念ながら圧勝は揺るぎそうにありません。因みにわたしは現在はタバコを吸いません。

ついに今週、囲碁でも完全に人工知能が人間を超えました。将棋やチェスとは違い、囲碁で人間がコンピュータに負ける日が来るとは思ってもいませんでした。知的作業に人間は必要なくなりました。情緒や感性など数値化できないとされている要素もコンピュータが克服する日も近いと思われます。美術や文学もコンピュータが作成するようになるでしょう。

以前記事にしたビットコインが急騰しています。
ビットコインチャート
金融バクチとしては面白いと思いますが、これを決済通貨に使う人の気が知れません。やっぱりビットコインは中国人のオモチャがお似合いです。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1407万円_| ̄|●

2017年5月19日終値ベースのもぐらファンド(愛称 ともし火の消えていずこに行くやらん。暗きは元の姿なりけり。)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年5月19日までの運用成績

株式
確定損益   −136万円 (受渡日2017年5月19日まで)
含み損益  −2275万円 (2017年5月24日終値)
配当金収入  +575万円
小計    −1836万円 (先週比−89万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +425万円 (受渡日2017年5月19日まで)
含み損益     +4万円 (2017年5月22日夜間取引中)
小計     +429万円 (先週比+4万円)

総計    −1407万円 (先週比−85万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:19883円
今週末の日経平均株価終値:19590円

今週の日経平均は5月17日(水)まで平穏でしたが、同日夜の米国市場の下落と円高を受けて、18日(木)は寄り付きから大幅下落しました。リカバリーも弱く、2万円が遠くなってきました。もぐらファンドも損失額が増えました。

18日の下落は、トランプ大統領の司法妨害疑惑を捜査する目的で、米司法省が特別検察官を任命したニュースがきっかけだとされています。アメリカは三権分立を明記した世界初の国です。大統領といえども、司法権(裁判所)には手を出せません。特別検察官の調査で大統領が罷免されたり、辞任に追い込まれる可能性もあります。その結果、トランプ大統領の公約である大型減税や巨額インフラ投資の実行が困難になるかもしれません。それでも、わたしは大したことはないと思っています。

トランプ大統領が辞めたら、ペンス副大統領が次の大統領になるだけです。トランプとペンスが一緒に辞めたら、ライアン下院議長が大統領になるだけです。日本と違い、実に明瞭です。政策が180度変わるわけではありません。トランプよりペンス、ペンスよりライアンの方が、まともでうまく政策が実行できそうなので、トランプ大統領辞任は好材料のような気すらします。

トランプとクリントンの大統領選挙が行われたのは昨年の11月8日でした。日本の11月8日の日経平均終値は17171円でした。翌9日の日中にトランプ大統領の優勢〜当選が伝わり、日経平均は一時16111円まで大幅下落、終値も16251円となり、トランプショックと呼ばれました。ところが一転米国市場が上昇して、翌10日の終値は17344円と前日比1000円以上急上昇しました。それ以降、現在まで続くトランプラリーが始まりました。たとえトランプ大統領が辞めても最悪選挙前の状態に戻るだけなので、株価は下げても選挙直前の17171円までだと、わたしの背後霊がささやきました。

背後霊の命じるままに、18日の日場と夕場に6月限P17500とP17000をそれぞれ2枚ずつ売り建てました。
オプション約定
SQは来月9日です。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2017年12月8日
マイナス796万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ