もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

オプション売買記録

マイナス1052万円_| ̄|●

2018年4月13日終値ベースのもぐらファンド(愛称 フラストレーション相場)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株20180413

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年4月13日までの運用成績

株式
確定損益   +405万円 (受渡日2018年4月18日まで)
含み損益  −2547万円 (2018年4月13日終値)
配当金収入  +648万円
小計    −1493万円 (先週比+59万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +442万円 (受渡日2018年4月16日まで)
含み損益     ±0万円 (2018年4月18日夜間取引中)
 小計     +442万円 (先週比+2万円)

総計    −1052万円 (先週比+61万円)


今週の先物・オプション決済 +208920円
オプションSQ決済
4月限SQ値:21853.92円


先週末の日経平均株価終値:21567円
今週末の日経平均株価終値:21778円

今週の日経平均ともぐらファンドは共に上昇したものの、フラストレーションの溜まる一週間でした。

今週は16日(月)を除いて、日中の高値はすべて前場につけ、その後下げて終わりました。株価を昼休みと引け後しかチェックできないわたしは、引け後の株価を昼休みの株価と比較してガッカリすることが続きました。

また今週は日経平均が22000円に到達できませんでした。3月前半にも22000円に手が届きそうで届かず、その後日経平均は20500円割れまで下落したことは記憶に新しいところです。

すべての懸案事項がすっきりしないまま、推測だけで株価が乱高下しています。今週は、シリア情勢という新しい心配事が増えました。アサド政権が化学兵器を使用したのは事実でしょうが、アサド政権が否定している以上、トランプ政権がミサイルを撃ち込むことが正当化されるとは思えません。


先週の記事の続き
こども相撲に女児が参加を拒否されたことについて

この対応は、相撲協会が間違っていると思います。こども相撲の本来の目的はファンサービスなので、できるだけ多くの人が楽しめるようにすべきです。女児が危険で男児が安全なはずがないので、協会の「女児は危険だから」という理由は訳が分かりません。

古来日本では、子供は子供(童)で男でも女でもなかったはずです。儒教が一般に普及して「男女七歳にして席を同じゅうせず」の教えによって、子供まで性別の区分がなされるようになりましたが、子供を男児と女児にわざわざ分ける意味は本来ないと思います。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1236万円_| ̄|● FX USD 105円2枚ナンピン

2018年3月23日終値ベースのもぐらファンド(愛称 世の中に 絶えてトランプ なかりせば 春の心は のどけからまし)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株20180323

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年3月23日までの運用成績

株式
確定損益   +405万円 (受渡日2018年3月28日まで)
含み損益  −2695万円 (2018年3月23日終値)
配当金収入  +642万円
小計    −1648万円 (先週比−184万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +417万円 (受渡日2018年3月26日まで)
含み損益     −6万円 (2018年3月23日夜間取引中)
 小計     +411万円 (先週比−6万円)

総計    −1236万円 (先週比−190万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:21676円
今週末の日経平均株価終値:20617円


今週は21日(水)が祝日だったので4立会日でしたが、日経平均が1059円下落した厳しい週でした。もぐらファンドも損失が大きく増えました。

トランプ政権による通商法301条に基づく中国からの幅広い輸入品に高い関税を課す制裁措置の発表と、安全保障上の脅威から鉄鋼とアルミニウムに対する高い関税の日本時間23日午後からの実施が正式に発表されたためですが、とくに前者による米中貿易戦争の勃発が危惧されています。円高も進みました。

わたしは輸入制限除外国がメキシコ、カナダ、EU、オーストラリア、アルゼンチン、ブラジルおよび韓国の7カ国で、日本が含まれなかったことの方がショックでした。米国は、日本が思っているほど、日本を友好国とは思っていないようです。


【日経225オプション】
20日(火)深夜00:45にP18000の30円新規売り注文2枚が約定しました。続いて03:38にP17500の30円新規売り注文2枚が約定しました。
本日23日前場には、NY市場の大幅下落を受けて、P17000の20円新規売り注文2枚、P16500の15円新規売り注文2枚、P16000の15円新規売り注文2枚が次々約定しました。
今週のオプション新規約定
SQまであと3週間もあるのに、すでに全10枚売り持ちになってしまいました。


【FX】
本日朝に、ずっと指していたUSD105.00円2枚ナンピン買い注文が約定しました。
FX USD 105円2枚買い
USD平均106.50円11枚買い持ちになりました。
------------------------------------------------------------------
FXの含み損益は、毎週末のもぐらファンド運用成績には含めません。
確定申告で先物・オプションと損益通算可能なので、決済後の確定損益を当ブログに追加します。
------------------------------------------------------------------


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1113万円 & インフォマート全8000株売却

2018年3月9日終値ベースのもぐらファンド(愛称 あまりに突然のことが次々と起こり、どうお答えしてよいかわかりません)です。

あまりに突然のことが

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株20180309

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年3月9日までの運用成績

株式
確定損益   +396万円 (受渡日2018年3月14日まで)
含み損益  −2566万円 (2018年3月9日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1531万円 (先週比−113万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +417万円 (受渡日2018年3月12日まで)
含み損益     ±0万円 (2018年3月9日夜間取引中)
 小計     +417万円 (先週比+23万円)

総計    −1113万円 (先週比−90万円)


今週の先物・オプション決済 +339840円
オプション SQ決済
3月限SQ値:21575.45円

先週末の日経平均株価終値:21181円
今週末の日経平均株価終値:21469円


鉄鋼とアルミニウムに対するトランプ関税が正式に発表されました。現時点では日本も対象に含まれるようです。わたしがこの問題に注目するのは、もちろんもぐらファンドのフラッグシップ銘柄が5401新日鉄住金だからですが、世間では中国やユーロの米国に対する報復関税からの貿易戦争が懸念されています。中国が米国の代わりに日本を含むアジアにダンピング輸出を強化する可能性も心配です。

「相場のことは相場に聞け」ということわざもあるので、最近3ヶ月の新日鉄住金のチャートを貼り付けておきます。
新日鉄住金の3ヶ月チャート
悪材料出尽くしの兆しも見えません。新日鉄住金の株価低迷は長引きそうです。


他にも北朝鮮と韓国の首脳会談が決定したことで日経平均は一時的に大幅上昇しましたが、期待先行しすぎで株価上昇は長続きしませんでした。それどころか、今日は米国との首脳会談まで発表されました。また、わたしは対した問題ではないと思っていますが、森友文書問題で野党が鬼の首を獲ったようにはしゃいでいます。担当職員が自殺したり、財務省の前の理財局長の辞任に発展しているので、安倍政権が倒れる可能性もゼロではありません。さらに本日夜には、米国の2月雇用統計発表もあります。


先週記事を更新した後、3月限P18000を18円、3月限P18500を30円でそれぞれ2枚ずつ新規売り建てました。
オプション新規建て
先月の反省が全然生きていません。建玉が大き過ぎます。結局、Pオプション19枚を本日SQ決済しました。決済画像は「今週の先物・オプション決済」に貼りました。


また本日、2492インフォマートを前場に1010円で4000株、後場に1050円で4000株売却しました。
インフォマート8000株売却
インフォマート利益確定
手数料・税金引後622万円の利益になりました。去年の5月〜6月に10回に分けて平均売却価格902円で11200株売却して以来です。前回はPER60倍〜70倍で売っており、今回再び70倍近くまで再上昇してきたので売却することにしました。これでインフォマートの全株売却が完了しました。もぐらファンド唯一のテンバガーでした。さようなら。
今日のインフォマートの値動き
インフォマート20180309値動き


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1023万円_| ̄|●

2018年3月2日終値ベースのもぐらファンド(愛称 ふるえて眠れ)です。
ふるえて眠れ


現在のポジション

現物株18銘柄
現物株20180302

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年3月2日までの運用成績

株式
確定損益   −226万円 (受渡日2018年3月7日まで)
含み損益  −1831万円 (2018年3月2日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1417万円 (先週比−117万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +383万円 (受渡日2018年3月5日まで)
含み損益    +11万円 (2018年3月2日夜間取引中)
 小計     +394万円 (先週比+3万円)

総計    −1023万円 (先週比−114万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:21892円
今週末の日経平均株価終値:21181円

---------------------------------------------------------
NYダウ 400ドル超下落 中国などと貿易摩擦懸念

1日のニューヨーク株式市場は、アメリカのトランプ大統領が鉄鋼とアルミニウムに高い関税を課す意向を明らかにし、貿易摩擦が激しくなることへの懸念から売り注文が広がり、ダウ平均株価は400ドル以上値下がりして取り引きを終えました。

1日のニューヨーク株式市場は、トランプ大統領が中国の過剰生産によってアメリカへ安く輸入されている鉄鋼などの製品が安全保障の脅威になっているとして、鉄鋼とアルミニウムに高い関税を課す意向を明らかにしたことを受けて、中国などとの貿易摩擦が激しくなることへの懸念が広がりました。
このため幅広い銘柄に売り注文が出て、ダウ平均株価は一時586ドル値下がりしました。

その後は値下がりした銘柄を買い戻す動きも出て、結局、ダウ平均株価は前日より420ドル22セント安い2万4608ドル98セントで取り引きを終えました。

市場関係者は「トランプ大統領の発言を受けて鉄鋼とアルミニウムの関連銘柄は急騰したが、その他の業種は軒並み値下がりした。ダウが2万5000ドルの節目を下回ったことも投資家の心理を悪化させ、売り注文につながった」と話しています。
NHKニュース3月2日 6時49分
---------------------------------------------------------

NYダウの大幅下落で2日未明にPオプションの新規売り注文がたくさん約定しました。
オプション新規売り
Pオプション新規売り 本日分
本日夕方に約定した2枚を含めて今週は12枚のPオプションを新規に売り建てたので、現時点で全部で15枚の3月限Pオプション売り持ちになっています。先月の修羅場を反省して、これ以上は枚数を増やさないつもりです。SQは来週9日の金曜日です。

本日2日の日経平均もトーゼン大幅下落しました。本日の終値は前日比542円(2.50%)安の21181円でした。渦中の5401新日鉄住金に手を出す奇特な人もおらず、新日鉄住金の本日終値は前日比96円(3.81%)安の2421円でした。

今週の5401新日鉄住金の値動き
今週の5401新日鉄住金の値動き

新日鉄住金がメインのもぐらファンドもあおりを喰って、トーゼン大幅に損失が増えました。関税の正式決定は来週になるそうです。取りあえず輸入制限措置の対象国に日本が含まれないことを祈るばかりです。

それでも、わたしはトランプ大統領を非難する気にはなりません。トランプ大統領は選挙時の公約を実行しようとしているだけです。日本の総理大臣のように、支持率を気にして勝手に公約を変更したりしません。公約を基にトランプ大統領を選んだのはアメリカ国民なので、非難するならトランプ大統領ではなく、アメリカ国民を非難すべきです。正しいかどうかは別にして、トランプ大統領の政治家としてぶれない姿勢を消費税をどんどん先延ばしする日本の政治家は見習うべきです。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス909万円

2018年2月23日終値ベースのもぐらファンド(愛称 【悲報】プレミアムフライデー1周年)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年2月23日までの運用成績

株式
確定損益   −226万円 (受渡日2018年2月28日まで)
含み損益  −1714万円 (2018年2月23日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1300万円 (先週比+109万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +383万円 (受渡日2018年2月26日まで)
含み損益     +8万円 (2018年2月23日夜間取引中)
 小計     +391万円 (先週比+2万円)

総計    −909万円 (先週比+111万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:21720円
今週末の日経平均株価終値:21892円

政府主導のもと、「月末の金曜日は仕事を途中で放り出して遊び呆けてお金を浪費しましょう!」と始まったプレミアムフライデーが1周年を迎えました。政府の期待に反して、国民の消費志向は高まらないままです。帝政ローマ時代は労働は奴隷がするものであり、市民は生活のための労働はせず消費することが仕事でした。日本人はローマ市民を見習うべきです。

個人消費が高まらない理由の一つとして「もう欲しいものがない」と言われて久しいので、最近はモノよりも健康や体験にお金を使わせようという動きになっています。代表的なのが、前者はフィットネスクラブで、後者が旅行産業です。有効なお金の使い方に関する最近の本も多くは新たな体験にお金を使うことを薦めています。それでも財布の紐は固いままです。

そもそも日本では年寄りがお金を貯め過ぎです。配偶者への相続税は据え置きで仕方ありませんが、子に対する相続税は思い切って重くすべきです。生前贈与にも重税をかけて、年寄りに生きているうちに半強制的に消費させるべきです。相続する子たちも、少子化の影響で相続する財産はそれほど減らないはずです。さらに相続税の増収分で将来的に消費増税率を少しでも下げることができれば、なお消費志向が高まるでしょう。

仮想通貨と電子マネーの普及は株式市場の重要なテーマの一つですが、本来は少額決済での幅広い利用を目的としており、個人の消費意欲が高まらない限りビジネスとしての旨味はありません。わたしも8473SBIホールディングス平均1853円で損切り後にフィンテック関連銘柄として大幅上昇して泣きましたが、現在の株価2411円は期待が先行し過ぎだと思っています。


22日(木)午前に3月限P17500を15円で2枚新規売り建てました。
P17500新規売り
現在もホールドしています。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1020万円_| ̄|● FX:USD106円2枚買い

2018年2月16日終値ベースのもぐらファンド(愛称 今週はFX皆勤賞)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株20180216

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年2月16日までの運用成績

株式
確定損益   −256万円 (受渡日2018年2月21日まで)
含み損益  −1823万円 (2018年2月16日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1409万円 (先週比−1万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +383万円 (受渡日2018年2月19日まで)
含み損益     +6万円 (2018年2月16日夜間取引中)
 小計     +389万円 (先週比+6万円)

総計    −1020万円 (先週比+6万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:21382円
今週末の日経平均株価終値:21720円

今週は12日(月)が祝日だったので4立会日でしたが、わたしにしては積極的に取引した一週間でした。

三連休明けの13日(火)は、6961エンプラスをナンピン、FXでUSD新規買いのほかに、P16500を夕場で70円で1枚新規売り建てました。2枚注文していましたが、約定したのは1枚だけでした。
P16500新規売り
現在もホールドしています。

14日(水)15日(木)も円高がダラダラと進み、USDをナンピン買いしました。
さらに本日16日(金)昼過ぎにUSD106円2枚買い注文が約定しました。
USD20180216
2月13日(火)から新規買いを開始して、4日連続で買い増した結果、USD平均107円8枚買い持ちになりました。
------------------------------------------------------------------
FXの含み損益は、毎週末のもぐらファンド運用成績には含めません。
確定申告で先物・オプションと損益通算可能なので、確定損益のみ運用成績に記載します。
------------------------------------------------------------------

今日の日経平均は調子よく上げていましたが、昼過ぎの円高進行と同時に上げ幅を縮小しました。円高の理由として、リスクオフで比較的安全な円に資金が移動していると解説されています。本当でしょうか? わたしには投機的な仕掛けとしか思えないので、これからも円高局面では意地になってUSDを買っていくつもりです。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

オプション逆転負け、デジタルアーツ難平、マイナス1025万円_| ̄|●

2018年2月9日終値ベースのもぐらファンド(愛称 2月限SQ値21190.11円)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年2月9日までの運用成績

株式
確定損益   −226万円 (受渡日2018年2月15日まで)
含み損益  −1822万円 (2018年2月9日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1409万円 (先週比−323万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +383万円 (受渡日2018年2月13日まで)
含み損益     ±0万円 (2018年2月9日夜間取引中)
 小計     +383万円 (先週比−94万円)

総計    −1025万円 (先週比−418万円)

今週の先物・オプション決済 −839205円
決済画像は、下部の本文中に添付しました。


先週末の日経平均株価終値:23274円
今週末の日経平均株価終値:21382円

今週のもぐらファンドのトピックスは、何と言ってもオプション売買です。

5日(月)から6日(火)寄り付きにかけて勢いでPオプションを30枚新規売り建ててしまいました。
Pオプション売り2月5日6枚
Pオプション売り2月6日24枚
先週から持ち越しの売り玉4枚(P22000とP21500、各2枚ずつ)を合わせて、Pオプション売り玉が全部で34枚に膨れ上がりました。ポジションが大きすぎて狂気の沙汰です。トーゼンの報いで6日午後には含み損が900万円を越えました。

7日(水)午前に一時的に日経平均が22000円を越えたため、P22000の売玉4枚が100円で決済できました。
オプションP22000損切り
271296円の損失が確定しましたが、7日と8日のP22000の安値は95円だったので、100円で損切りできたのは大変ラッキーでした。また7日夜間から先物・オプション取引のSPAN証拠金が上がりましたが、この4枚損切り決済で追証も回避できました。

8日(木)15:15の2月限最終売買〆切時には、オプション口座評価額が+414328円の含み益になり、P22000の売玉4枚損切り分を含めてもプラスのメドが立ちました。ちなみに8日の日経平均終値は21890円でした。

ところが、米国時間8日(木)のNYダウが再び1032.89ドル(−4.15%)もボーラクしたため、2月限SQ値は21190.11円になりました。ちなみに9日の日経平均始値は、前日終値より383円安い21507円でした。
オプションSQ決済part1
オプションSQ決済part2
オプション口座SQ決済分は、昨日の最終含み益414328円から一転、567909円の損失になりました。

結局、P22000の売玉4枚損切り分271296円の損失と合わせて839205円の損失が確定しましたが、逆転を嘆くよりもポジションを大きくしすぎたことを反省しています。またP22000が損切りできた幸運を感謝しています。これが残っていたら、あと284万円損失が増えていました。


NYダウの再下落でボーゼンとして、深く考えず2326デジタルアーツを本日の寄付きに3425円で200株ナンピンしました。
デジタルアーツ約定
これでデジタルアーツは平均3988円600株になりました。

本日のデジタルアーツの値動き
デジタルアーツ20180209値動き



楽しい三連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス608万円

2018年2月2日終値ベースのもぐらファンド(愛称 雪)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年2月2日までの運用成績

株式
確定損益   −226万円 (受渡日2018年2月7日まで)
含み損益  −1499万円 (2018年2月2日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1085万円 (先週比−40万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +462万円 (受渡日2018年2月5日まで)
含み損益    +16万円 (2018年2月2日夜間取引中)
小計      +478万円 (先週比+4万円)

総計      −608万円 (先週比−37万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:23631円
今週末の日経平均株価終値:23274円


三好達治 「雪」
太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。



今週は、6954ファナック2326デジタルアーツを購入しました。両銘柄とも株価はすでに相当高い位置にあるので、押目なのか下落の始まりなのかは分かりません。もうしばらく好景気が続くと判断しての購入ですが、タイミング的に買うのが早かったような気がしています。

また昨日1日午後に5401新日鉄住金が決算を発表しました。
----------------------------------------------------------
【決算速報】新日鉄住金、今期最終を6%上方修正、未定だった配当は15円増配

新日鐵住金が2月1日後場(13:30)に決算を発表。18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結最終利益は前年同期比2.6倍の1560億円に急拡大した。

併せて、通期の同利益を従来予想の1700億円→1800億円(前期は1309億円)に5.9%上方修正し、増益率が29.8%増→37.5%増に拡大する見通しとなった。

業績好調に伴い、従来未定としていた今期の年間配当は60円(前期は45円)実施する方針とした。

直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結最終利益は前年同期比17.6%増の569億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の3.8%→2.7%に悪化した。
----------------------------------------------------------
わたしはとても良い発表だと思いましたが、アナリストコンセンサスに届かなかったとして株価は一時マイナスになりました。その後切り返しましたが、今日2日は再び売られ、結局決算発表前より下落しています。この発表で3000円を越えなければ、新日鉄住金はお先まっくらです。
新日鉄住金の昨日・今日の値動き
新日鉄住金 2日間の値動き


30日(火)の昼にP22000を15円で2枚、夜にP21500を10円で2枚、それぞれ新規売り建てました。
オプション新規約定
現在もホールドしています。SQは来週9日(金)です。なお、9日の夜間取引は休止になります。

お知らせ


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス650万円

2018年1月19日終値ベースのもぐらファンド(愛称 日経平均一時24000円突破)です。

現在のポジション

現物株15銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年1月19日までの運用成績

株式
確定損益   −226万円 (受渡日2018年1月24日まで)
含み損益  −1532万円 (2018年1月19日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1118万円 (先週比−44万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +462万円 (受渡日2018年1月22日まで)
含み損益     +6万円 (2018年1月19日夜間取引中)
小計      +468万円 (先週比+6万円)

総計      −650万円 (先週比−38万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:23653円
今週末の日経平均株価終値:23808円

今週の日経平均は、18日(木)に高値24084円をつけましたが、終盤に値を崩し24000円台を維持できませんでした。今日19日(金)も24000円はおろか、23900円にもタッチできずに終わりました。こんなことを繰り返していると、24000円の抵抗線がどんどん意識されるようになってしまいます。ただし、円高傾向にもかかわらず、今週の安値も23685円と限定的で、先週妄想したようなボックス圏の動きでした。大きく押せば現物株を買いたいのですが、皆が同じようなことを考えていると思うので、大きな押し目は期待できそうにもありません。

もぐらファンドは、5401新日鉄住金が先週末3074円から今週末2915.5円と158.5円下落したのが大きく、全体として損失額が増えました。

今週は、16日(火)日場にC25000を50円、18日(木)早朝にC25500を20円で、それぞれ2枚ずつ新規売り建てています。
オプション新規売り
2月限SQは2月9日と遥か先です。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス612万円

2018年1月12日終値ベースのもぐらファンド(愛称 SQ値23723円19銭)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年1月12日までの運用成績

株式
確定損益   −331万円 (受渡日2018年1月17日まで)
含み損益  −1382万円 (2018年1月12日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1074万円 (先週比+31万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +462万円 (受渡日2018年1月15日まで)
含み損益     ±0万円 (2018年1月12日夜間取引中)
小計     +462万円 (先週比+24万円)

総計    −612万円 (先週比+55万円)


今週の先物・オプション決済 +109136円
オプション決済
1月限SQ値:23723円19銭


先週末の日経平均株価終値:23714円
今週末の日経平均株価終値:23653円

今週の日経平均は、先週4日大発会と5日の大幅上昇の流れを引き継ぎ、連休明け火曜日の寄付き直後には23952円の高値をつけ、24000円に50円足らずまで肉薄しましたが、その後は水・木・金と3日連続で下落して、結局先週末より下げて終わりました。一方、もぐらファンドは先週に引き続き、直近最少のマイナス額更新になりました。

また本日は1月限SQでした。1月限SQ値は24000円を越えないと背後霊が予言したので、1月限C24000売り玉もそのままSQ決済しました。結局、1月限SQ値は23723円19銭でした。オプションのSQ決済画像は、上部の「今週の先物・オプション決済」に貼り付けました。

来週以降は、1月下旬から2月上旬の決算発表に対する期待と北朝鮮リスクが当面減っていることから、アメリカ市場が大きく調整しない限り、下値は限定的だと思っています。一方、円高傾向と24000円の壁も意識されることから、しばらくはボックス圏内の動きを妄想しています。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2018年1月26日
マイナス571万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ