もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

いろいろ

マイナス1297万円_| ̄|●

2017年9月15日終値ベースのもぐらファンド(愛称 寝耳にミミズク)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株2

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年9月15日までの運用成績

株式
確定損益   +217万円 (受渡日2017年9月21日まで)
含み損益  −2570万円 (2017年9月15日終値)
配当金収入  +613万円
小計    −1740万円 (先週比+105万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +443万円 (受渡日2017年9月19日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年9月15日夜間取引中)
小計     +443万円 (先週比±0万円)

総計    −1297万円 (先週比+105万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:19274円
今週末の日経平均株価終値:19909円

今週の日経平均は週前半の三空もあり力強く上昇しました。もぐらファンドも含み損は減ったものの、日経平均に比べるとずいぶん見劣りする結果でした。


9月1日に記事にしたJアラートが、本日9月15日朝7時に再び出ました。今回は画面文字がやや小さくなっていて1画面ですべて表示されました。12都道府県が避難対象地域になりましたが、7時7分には北海道上空を通過したと続報がありました。

為替は瞬間1ドル110.28円から110.55円付近まで円高になりましたが、すぐ110.00円付近に戻りました。二度あることは三度あるでしょうから、早朝にドル円をかなり下で指値注文して待ち伏せする人が増えそうです。ただし、円高の振れ幅はどんどん小さくなっていくと思います。

通過コースとしては、これより南寄りに東京上空を通過させると皇居もあるので大問題になるでしょうし、かといって北寄りのロシア上空を通過させるとロシアからの報復必至なので、北朝鮮もこの方面に関しては、このコースしか選択肢がなさそうです。

ただし、国際法では「上空100キロ以上については、宇宙の相互平和利用のために領空外とみなすのが一般的」だそうですから、ミサイル通過自体は領空侵犯にはなりません。

それでも、避難対象地域では公共交通機関が短時間でも全部止まりますし、再開には安全確認が欠かせませんから、実害はなくても経済的損失は生じます。またJアラートが出ている間にTVCMを入れるわけにもいかないので、スポンサーまたはTV局にも経済的損失が生じます。これらの損害額をまとめて、日本政府はミサイル発射ごとに北朝鮮に対して損害賠償を求めるべきです。電車の飛び込み自殺では鉄道会社は自殺者家族に列車遅延に対する損害賠償を求めるので、荒唐無稽な話ではないと思います。回数が重なれば、北朝鮮が日本に求めている戦争賠償金を越える額になるかもしれません。


楽しい3連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1402万円_| ̄|●

2017年9月8日終値ベースのもぐらファンド(愛称 電気自動車)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年9月8日までの運用成績

株式
確定損益   +217万円 (受渡日2017年9月13日まで)
含み損益  −2670万円 (2017年9月8日終値)
配当金収入  +608万円
小計    −1845万円 (先週比−120万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +443万円 (受渡日2017年9月11日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年9月8日夜間取引中)
小計     +443万円 (先週比±0万円)

総計    −1402万円 (先週比−120万円)


今週の先物・オプション決済 なし
9月限SQ値:19278.13円


先週末の日経平均株価終値:19691円
今週末の日経平均株価終値:19274円


今週のもぐらファンドは損失が大きく増えました。9月のメジャーSQも通過したので、年末までに日経平均が2万円台に戻ることを期待していますが、本日引け後も円高が進行中です。

中国を始め世界各国で、ガソリン自動車から電気自動車にチェンジしようとする政治的な動きが強まっています。8088岩谷産業は新しいCMでも水素自動車を未だにアピールしていますが、分が悪そうです。元々わたしは水素自動車には危険そうなので乗りたくありません。

株式市場も今までは期待先行でしたが、これからは実態相場に移行するかもしれません。もぐらファンドでは、3402東レがかろうじて電気自動車関連銘柄に入っているようです。いかにも関連ありそうな6592マブチモーターは入っていません。ただし、これからテーマが過熱してくると、何でもかんでも電気自動車関連銘柄に入ってくる可能性はあります。ついでにマブチモーターはドローン関連銘柄としても認められていません。

わたしも電気自動車関連銘柄主力が欲しいのですが、とうの昔に上昇しており、現時点ではなかなか手が出ません。

ただし、電気自動車が本当にエコに役立つかどうかには疑問を持っています。そもそも燃料の電気は発電所で作られるので、都会の排気ガスが地方に移動するだけのような気がします。エネルギー効率の面でも、石油→電気→自動車推進エネルギーの方が、ダイレクトに転換する石油→自動車推進エネルギーより悪そうです。自然エネルギー発電がこれからどれだけ増えるかがカギだと思います。

もっと言えば、わたしは都市部では自家用車そのものが無駄だと思っています。雨でもないのにコンビニに一人で買物に行くのに自動車を使う必要はありません。自転車で充分です。日本では自動車保有の税金や維持費もバカになりません。遠出には公共交通機関を使い、近くは自転車、雨の日には外出しないか、タクシーを使ったほうがエコです。またウェブ注文品が当日あるいは翌日に必ずトラックで配送される必要もありません。深夜営業もそうですが、便利さを少し犠牲にすればずいぶんエコに貢献できるはずです。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1282万円_| ̄|●

2017年9月1日終値ベースのもぐらファンド(愛称 寝耳にミミズ)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年9月1日までの運用成績

株式
確定損益   +217万円 (受渡日2017年9月6日まで)
含み損益  −2550万円 (2017年9月1日終値)
配当金収入  +608万円
小計    −1725万円 (先週比+57万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +443万円 (受渡日2017年9月4日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年9月1日夜間取引中)
小計     +443万円 (先週比±0万円)

総計    −1282万円 (先週比+57万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:19452円
今週末の日経平均株価終値:19691円

今週の最も印象に残った出来事は、8月29日(火)午前6時のJアラートでした。北朝鮮のミサイル発射には驚きませんでしたが、初めて見た黒地に白文字の不吉なTV画面におののきました。

わたしはいつものようにテレ東のモーサテを見ていました。アナウンサーは、画面に表示されている文章をそのまま読み上げるだけでした。しかし、テレビ画面ではパソコン画面がそのまま表示されていたので、実際は一番下の行が表示されていませんでした。ナレーションでも長野県は含まれていませんでした。そのため、テレ東を見ていた長野県の人々は、自分も避難対象になっていることがしばらく分からなかったと思います。NHKにチャンネルを替えたら、一番上の行は見えなくなっていましたが、替わりに一番下の行が表示されていて、長野県もちゃんと避難地域に含まれていました。さすが国営放送です。テレ東が長野県民から訴えられないことを祈っています。
Jアラート

これからもミサイルが日本上空を通過すると北朝鮮は宣言しています。そのたびにあのまがまがしい警告画面が一家団欒のお茶の間に現れるのでしょうか? 緊急地震警報のチャイム音はすでに耳にこびり付いていますが、今回の出来事でJアラートの画面も目に焼き付きました。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1658万円_| ̄|●

2017年3月17日終値ベースのもぐらファンド(愛称 ビットコイン)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション なし

2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年3月17日までの運用成績

株式
確定損益   −151万円 (受渡日2017年3月17日まで)
含み損益  −2470万円 (2017年3月23日終値)
配当金収入  +566万円
小計    −2055万円 (先週比−79万円)

先物・オプション
確定損益   +396万円 (受渡日2017年3月17日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年3月21日夜間取引中)
小計     +396万円 (先週比±0万円)

総計    −1658万円 (先週比−79万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:19604円
今週末の日経平均株価終値:19521円

今週はイベントがたくさんあり、株価も大きく動く可能性がありましたが、終わってみるとさほど変化もなく、つまらない1週間でした。

今朝のNHKニュースでビットコインの特集をやっていました。わたしが実際にビットコインを使っていたのはずっと前になりますが、ささやかなわたしの経験を書きます。

2014年2月にマウントゴックスでビットコインが盗まれたというニュースが大きく報道されました。マウントゴックスは世界最大だったそうですが、日本にいくつかあるコイン交換所の1つにすぎません。コイン交換所の口座に銀行から日本円を送金して、そのときの相場でビットコインに交換したり、日本円に戻したりします。

FX口座とは違い、コイン交換所にあるビットコインで支払いすることができます。そのため交換したビットコインをそのままコイン交換所に置いている人がほとんどだと思います。マウントゴックスでビットコインが盗まれた人も置きっぱなしにしていたからです。見知らぬ人の銀行口座に貯金するのと同じで、還ってこなくても仕方ありません。

ビットコインは実体がなく、2組の文字数列データにすきません。保管方法はいくつもあります。コイン交換所から自分のパソコンに移動して、プリントアウトして保管する方法もありますが、もし移動に失敗すると消えてしまうので、わたしは当時最も安全とされていた「TREZOR」というデバイス(パソコンにUSBで接続する形のウォレット)を米国から購入しました。

「TREZOR」の購入代金もビットコインで支払う必要があり、わたしにとってビットコインを使った最初の買い物になりました。今は分かりませんが、当時「TREZOR」について具体的な使用方法の日本語サイトはなく、とても不安でした。届いた「TREZOR」は、USBフラッシュドライブを少し大きくしたようなものでした。設定のマニュアルも英語でした。何とかコイン交換所から「TREZOR」にビットコインを移動する操作をしましたが、「TREZOR」に表示されるまで数時間かかりました。その間とても不安でした。

ビットコインの最大のメリットは国境を越えたマネーの移動にあります。海外送金は銀行経由だと通常5000円以上かかり、基本的に営業時間内に銀行にいかなくてはいけません。また日本円を現地通貨に交換する必要がありますが、米国ドル以外は交換レートが悪いので、交換するだけで大損します。ちなみに交換レートはクレジットカードやペイパルではもっと悪く、ほとんどぼったくりです。しかも最近は、身分証明書やマイナンバーカード、インボイスの提示等、銀行窓口手続きがどんどん煩雑になっています。ビットコインだと数十円で海外送金可能です。銀行に行く必要もありません。

またビットコインは値動きが激しいので、ビットコインと日本円(海外口座なら現地通貨)の交換を繰り返して、FXのようにサヤを抜くことも可能です。さらに一部の飲食店では、ビットコインで支払いすることも可能です。ただし今は電子マネーが普及したので、日本人が国内でビットコインを使うメリットはありません。

わたしも海外送金目的でビットコインを購入しました。有利なレートのときに何回かに分けてビットコインに交換していたので、一時数百万円分のビットコインを「TREZOR」に保管していました。わたしにとって一番問題だったのが、ビットコインそのものの不安感です。つまり実体がないということです。少額ならともかく、ビットコインに変換して海外送金して、相手から届かないと言われたら、対応の仕方が分かりません。

幸いにも途中でビットコインが消えてしまったことは一度もありませんでしたが、不安に耐え切れず、数年でビットコインから完全撤退しました。条件はありますが、新生銀行では海外送金が月1回無料なので、現在は新生銀行を使っています。「TREZOR」は机の引き出しで埃をかぶっています。


楽しい3連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1595万円_| ̄|●

2016年12月22日終値ベースのもぐらファンド(愛称 トレードステーションのTVCM)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2016年12月22日までの運用成績

株式
確定損益   −211万円 (受渡日2016年12月28日まで)
含み損益  −2327万円 (2016年12月22日終値)
配当金収入  +553万円
小計    −1985万円 (先週比+41万円)

先物・オプション
確定損益   +390万円 (受渡日2016年12月26日まで)
含み損益     ±0万円 (2016年12月22日夜間取引中)
小計     +390万円 (先週比±0万円)

総計    −1595万円 (先週比+41万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:19401円
今週末の日経平均株価終値:19427円

今週は4営業日でした。クリスマス休暇のためか、小動きの1週間でした。

相場については目立った動きがなかったので、トレードステーションのTVCMについて書きます。テレビ東京系のモーサテで毎回流れているCMです。トレードステーションともぐらファンドは関係なさそうですが、スポンサーはもぐらファンドで塩漬け中のマネックスグループです。



CMのチャラ男が朝9:00に自宅でトレードを開始しているので、平日朝9:00に在宅可能な成人男性、つまり専業個人トレーダーがこのCMのターゲットなのでしょう。フツーの会社員ではムリです。全国にどれだけ専業個人トレーダーがいるのか分かりませんが、会社の売り上げを伸ばすためには顧客の裾野を広げるべきです。専業個人トレーダーに特化した営業方針で良いのでしょうか? そもそもトレードステーションはシステムトレードのツールとして世界的に有名だったはずですが、このマネックスのCMではデイトレードのツールの面しか紹介していません。

またトレード部屋の中を犬が走り回っています。わたしはトレーダーではありませんが、瞬時に決断を要する仕事の現場にペットがチョロチョロしているはずがありません。このチャラいCMについて、元債券トレーダーの松本大社長のご意見が聞きたいものです。


楽しい3連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2289万円_| ̄|●

2016年10月28日終値ベースのもぐらファンド(愛称 ハロウィン騒乱)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし

2007年7月29日(ブログ開設日)から2016年10月28日までの運用成績

株式
確定損益   −155万円 (受渡日2016年11月2日まで)
含み損益  −3064万円 (2016年10月28日終値)
配当金収入  +546万円
小計    −2674万円 (先週比+14万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +385万円 (受渡日2016年10月31日まで)
含み損益     ±0万円 (2016年10月28日夜間取引中)
小計     +385万円 (先週比±0万円)

総計    −2289万円 (先週比+14万円)

今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:17184円
今週末の日経平均株価終値:17446円

ハロウィンの時期になると、いつも日本人留学生がアメリカで「フリーズ」と「プリーズ」を聞き違えて射殺されてしまった1992年の痛ましい事件を思い出します。事件の詳細はウィキペディアに記載されています。アメリカのパーティーで楽しむ予定だったのに、最期まで撃たれた理由が分からなかったと思うと可哀相です。

今年は10月31日が月曜日なので、28日(金)、29日(土)、30日(日)夜は渋谷が厳戒態勢になり、スクランブル交差点周囲は歩行者天国になるそうです。このことに対してウェブ上では批判が集まっていますが、普段からあんな所を車で通る人の気が知れません。迂回路はいくつもありますし、いつも渋滞しています。人がはねられて放置するわけにもいかないので、車の通行を禁ずるのは当然です。

車だけでなくハロウィン参加者以外は、今日は雨なので大丈夫でしょうが、29日と30日の夜は渋谷駅周辺に近づくべきではありません。仮装して顔が分からない状態だと、行動が大胆になり、好き勝手に振舞う輩が増殖するのは避けられません。無差別テロの格好の標的でもあります。この時間帯の渋谷駅周辺はハロウィン参加者以外は立ち入り禁止にすべきです。普段バスや電車を利用する人々は、少し歩けば隣駅が近くにあるので、渋谷駅周辺を通らなくても通勤通学は可能です。

一番気の毒なのはお巡りさんです。日本国のためにも、一般人のためにもならないのに、数百人が動員されるそうです。自己責任で危険承知で勝手に集まる人たちは、ケガをしても自業自得だと思いますが、渋谷を無法地帯にするわけにもいきません。本来は、やたらとジャック・オー・ランタンをディスプレイしてお祭り気分をあおった商店街とマスコミが警察まかせにせず、治安にも協力すべきです。

歩行者天国だからといって、スクランブル交差点にポケモンGOの珍しいモンスターを大量に放って、捕獲者とハロウィン参加者が壮絶なバトルを繰り広げるように仕向けることなどあってはなりません。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2345万円_| ̄|●

2016年10月7日終値ベースのもぐらファンド(愛称 大隅良典氏のノーベル賞受賞)です。

現在のポジション

現物株19銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2016年10月7日までの運用成績

株式
確定損益   −180万円 (受渡日2016年10月13日まで)
含み損益  −3095万円 (2016年10月7日終値)
配当金収入  +546万円
小計    −2730万円 (先週比+140万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +385万円 (受渡日2016年10月11日まで)
含み損益     ±0万円 (2016年10月7日夜間取引中)
小計     +385万円 (先週比±0万円)

総計    −2345万円 (先週比+140万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:16449円
今週末の日経平均株価終値:16860円


大隅良典・東京工大特任教授がノーベル医学生理学賞を受賞されました。受賞インタビューで以下のことを述べられています。

--------------------引用ここから-----------------------

「科学は役に立つ」ということについて。

「役に立つ」ということが、とても社会をだめにしていると思っています。科学で役に立つことが、「数年後に起業できる」と同義語のように使われることが問題だと思っています。本当に役に立つのは10年後かもしれないし、100年後かもしれない。将来を見据えて、科学を一つの文化として認めてくれるような社会にならないかなと強く願っています。 (毎日新聞2016年10月4日)

--------------------引用ここまで-----------------------

よーするに基礎研究は社会の役に立たなくても良いと発言されています。研究内容に関してはわたしはさっぱり分かりませんが、この発想にとても大きな違和感を覚えます。

そもそもわたしは日本の大学のセンセーほど、プライドが高いゴクツブシはいないと思っています。身銭を切るか、企業や篤志家の寄付で研究をするのはご本人の勝手ですが、税金で道楽の研究をやられては堪りません。

よく「中国人はノーベル賞受賞者が少ない」と日本人は自慢しますが、かつて日本が金持ちだったころ、基礎研究に大金を注ぎ込んだ結果が今ノーベル賞になっているに過ぎません。「日本人が中国人より頭が良いから」ではありません。

さすがに最近は国も機構化して、研究費としての税金の配分をチェックするようになってきましたが、以前は湯水の如く税金を使いまくっていました。また何に使ったのかのチェックや成果の評価もズサンでした。

以前よりはマトモになったものの、現在でも社会の役には立ちそうもない研究に多額の税金が投入されています。一方、役に立ちそうな研究は、たくさんある日本の各大学で、同じ研究が同時進行で行われるので、やっぱり無駄ばかりです。今回の大隅良典氏の発言で、日本の大学に住み着いている税金泥棒達が増長しないことを願ってやみません。


楽しい3連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2734万円_| ̄|●

2016年9月16日終値ベースのもぐらファンド(愛称 図書カードNEXTはとても不便)です。

現在のポジション

現物株19銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2016年9月16日までの運用成績

株式
確定損益   −180万円 (受渡日2016年9月23日まで)
含み損益  −3481万円 (2016年9月16日終値)
配当金収入  +543万円
小計    −3118万円 (先週比−150万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +385万円 (受渡日2016年9月20日まで)
含み損益     ±0万円 (2016年9月16日夜間取引中)
小計     +385万円 (先週比±0万円)

総計    −2734万円 (先週比−150万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:16965円
今週末の日経平均株価終値:16519円


図書カードNEXT

先日、図書カードNEXTを貰いました。従来の図書カードは2016年5月末で販売終了になっています(使用はできます)。図書カードNEXTが従来の図書カードと違うところは、
〇藩儡限が10年間と有限になった。
⊇祥茲老蠅琉銘屬任世い燭い了長發分かったのに、スマホやパソコンでしか残高が確認できない。
6盞凜轡腑奪廚杷禺萇垈帖

偽造防止目的でしょうが、著しく利便性が悪くなりました。現在はQUOカードが多くの書店で使えるようになっているので、使用できる商品が書籍に限定される図書券→図書カードは、表向きには学童期のプレゼントでしか需要は見込めません。蔦屋家電で電器製品の支払いに図書カードが使えないか聞いてみましたが、書籍以外は使えないそうです。

さらに図書カードNEXTが金券ショップで買取ってもらえないのは致命的で、現金代わりの授受にも使えなくなりました。時の流れを感じます。

時の流れといえば、4689ヤフーは1997年11月4日に上場しました。初値は1株200万円でした。2000年2月22日には1株が1億6790万円の最高値を付けました。株式分割を繰り返したこともあり、現在の業績は悪くありませんが、本日の終値は1株413円です。


楽しい3連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2622万円_| ̄|●

2016年5月27日終値ベースのもぐらファンド(愛称 「経済アナリスト」安倍首相)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2016年5月27日までの運用成績

株式
確定損益   −186万円 (受渡日2016年6月1日まで)
含み損益  −3282万円 (2016年5月27日終値)
配当金収入  +513万円
小計    −2955万円 (先週比+30万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +333万円 (受渡日2016年5月30日まで)
含み損益     ±0万円 (2016年5月27日夜間取引中)
小計     +333万円 (先週比±0万円)

総計    −2622万円 (先週比+30万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:16736円
今週末の日経平均株価終値:16834円

-------------------------引用ここから-------------------------

G7首脳会談、世界経済は「大きなリスクに直面している」

26日に開幕したG7伊勢志摩サミットで各国首脳は世界経済について協議し、安倍総理は「大きなリスクに直面しているという認識で一致した」と述べました。
サミットの協議で安倍総理は、世界経済の現状について「2008年に起きたリーマンショック前の状況に似ている」という認識を示し、経済の危機を防ぐためにG7の協調が必要だと訴えました。

「世界経済は大きなリスクに直面しているという認識については一致することができたわけであります」(安倍首相)

日本政府の説明によりますと、各国首脳は国が税金を使って事業を行い景気を下支えする「財政出動」の重要性についても認識が一致したということです。しかし、実際に財政出動を行う時期や規模はそれぞれの国の判断に委ねられました。(2016年5月26日(木)22時0分配信 TBS)

-------------------------引用ここまで-------------------------

また安倍首相のあざとさが出ました。キーワードは「リーマン・ショック」です。

リーマン・ショックのときには、日経平均株価は4ヶ月の間に約5割下落しました。ザラ場の最安値は2008年10月28日に6994円をつけました。「経済アナリスト」安倍首相は、このようなボーラクが近々発生すると予測しているようです。

わたしには現在「リーマン・ショック級の危機」に直面しているのかどうか分かりません。ただし、予測可能ならば、ボーラクを警戒して、日本だけではなく世界的に株価はすでに調整局面に入っているはずです。アメリカも利上げを検討するはずがありません。

今回のG7サミットでの発言は、もちろん消費税アップの延期目的ですが、あえてG7の場で「リーマン・ショック」を持ち出すところが下品です。G7サミットは世界全体の懸案事項を討議する場なので、世界経済を心配している顔をしていますが、頭の中は自国の夏の選挙のことしか考えていないのが見え見えです。

さらに本日のニュースでは、安倍首相が消費税率の引き上げを先送りする方針を固めたと報道されています。延期期間は2019年4月までの2年を軸に検討し、今国会会期末の6月1日に正式表明の見通しだそうです。

いままで安倍首相は、来年4月の消費税アップについて「リーマン・ショック級の国際的な大きな経済的ダメージがなければ、確実に10%に引き上げる」と発言し続けてきましたが、まさか予測に基づいて先送りするとは思っていませんでした。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2652万円_| ̄|●

2016年5月20日終値ベースのもぐらファンド(愛称 もぐらファンドは開店休業中)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2016年5月20日までの運用成績

株式
確定損益   −186万円 (受渡日2016年5月25日まで)
含み損益  −3312万円 (2016年5月20日終値)
配当金収入  +513万円
小計    −2985万円 (先週比+52万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +333万円 (受渡日2016年5月23日まで)
含み損益     ±0万円 (2016年5月20日夜間取引中)
小計     +333万円 (先週比±0万円)

総計    −2652万円 (先週比+52万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:16412円
今週末の日経平均株価終値:16736円


先週の予想どおり、今週のもぐらファンドは開店休業状態でした。新興市場では大きく動いた銘柄もありましたが、来週末のG7伊勢志摩サミットまでもぐらファンドは小動きだと思っています。一方、社会的には腹立たしいニュースが起こりました。


まず、沖縄で「米軍関係者」が住民を殺害する事件が起きました。日本政府にとっては最悪のタイミングです。

以前「最後は金目でしょ」と本当のことを言ったために辞任させられた大臣がいましたが、沖縄県知事が基地問題でごねているのも同じだと本土の多くの人間は考えています。

もし沖縄県人が補助金目当てでなく、本気で沖縄から基地を無くしたいのならば、サミット直前の今、抗議行動を大規模に起こすべきです。地元の左翼新聞や天下の朝日新聞もギャンギャン喚くべきです。このタイミングを最大限に利用せず、日本政府と米国に遠慮してG7サミット後に行動するようならば、基地依存から本気で抜け出すつもりはないと本土民に受け取られても仕方ありません。沖縄県民とマスコミの覚悟が問われています。


わたしは以前から舛添要一氏の容貌が「ねずみ男」に似ていると思っていました。それだけの理由で、前回の東京都知事選挙を棄権しました。このたびの騒動で、性格も「ねずみ男」であることを確信し、ますます嫌いになりました。本日の定例会見で辞任して欲しかったのですが、この人らしく辞任は否定しました。

舛添要一氏は当選後東京都知事として何か仕事をしたのでしょうか? そもそも東京都知事に求められる資質とは何なのでしょう? わたしでも出来そうなお仕事のような気がしてきました。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2017年12月8日
マイナス796万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ