もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

相場

マイナス1084万円_| ̄|●

2017年10月13日終値ベースのもぐらファンド(愛称 日経平均ほぼ21年ぶりの高値)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年10月13日までの運用成績

株式
確定損益   +228万円 (受渡日2017年10月18日まで)
含み損益  −2372万円 (2017年10月13日終値)
配当金収入  +616万円
小計    −1528万円 (先週比+53万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +443万円 (受渡日2017年10月16日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年10月13日夜間取引中)
小計     +443万円 (先週比±0万円)

総計    −1084万円 (先週比+53万円)


今週の先物・オプション決済 なし
10月限SQ値:20957.62円

先週末の日経平均株価終値:20690円
今週末の日経平均株価終値:21155円

本日の日経平均は1996年11月29日以来の21000円台で引けました。場中には21211円まで上昇しました。

もぐらファンドも3週連続で直近最高値(週末計算)を更新しましたが、日経平均に比べるとずいぶん見劣りします。今週に限っていえば、もぐらファンドの低パフォーマンスの犯人は5401新日鉄住金です。先週末は2654.5円だったのが、今週末は94.5円安の2560円になりました。415800円も足を引っ張ってくれました。

下落の原因は5406神戸製鋼のデータ改ざんが波及しているのも明らかです。当初、掲示板等では新日鉄住金の株価にはあまり影響しないのではとの意見もありましたが、新日鉄住金は神戸製鋼の上位3位に入る大株主であり、10月10日の神戸製鋼がストップ安を付けた日に新日鉄住金があまり下がらなかった方がわたしには意外でした。思ったより軽くて喜んでいたら、その後の新日鉄住金の株価は、好地合にもかかわらずズルズル下げ続けました。
新日鉄住金チャート

新日鉄住金でも神戸製鋼と同じようなデータ改ざんが行われているのではないかと、わたしを含めて疑心暗鬼になっています。当然もう着手しているでしょうが、新日鉄住金は全社をあげて早急に調査を行い、結果を公表すべきです。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1260万円_| ̄|●

2017年8月4日終値ベースのもぐらファンド(愛称 日経平均が1日に1000円以上動いた日)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株20170804

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年8月4日までの運用成績

株式
確定損益   +460万円 (受渡日2017年8月9日まで)
含み損益  −2762万円 (2017年8月4日終値)
配当金収入  +608万円
小計    −1694万円 (先週比+9万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +434万円 (受渡日2017年8月7日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年8月4日夜間取引中)
小計     +434万円 (先週比±0万円)

総計    −1260万円 (先週比+9万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:19959円
今週末の日経平均株価終値:19952円

株価が動きません。

現在真っ最中の決算発表は概ね良好です。もぐらファンドでも7銘柄で既に発表されました。2492インフォマートと最も期待していた今日の5202日本板硝子の悲惨な決算内容には目まいがしましたが、他5銘柄は悪くないと勝手に思っています。

また米国市場は絶好調がずっと続いていて、怖いくらいです。北朝鮮の問題はありますが、本当に東京にミサイルが飛んでくるのなら、円はどんどん売られるはずです。

株価が動かないと急いで売買する必要がないので、取引はどうしても細ります。またオプションにも参加しづらくなります。その結果、ますます株価が動かなくなってしまいます。

値動き率も重要ですが値幅は直感的に理解できるので、2007年7月29日のもぐらファンド設定以来の10年間で、日経平均が1日に1000円以上動いた日を調べてみました。

日経平均が1000円以上1日で下落した日は4回ありました。
2016年6月24日:1286円の下落
2013年5月23日:1143円の下落
2008年10月16日:1089円の下落
2011年3月15日:1015円の下落

一方、1000円以上1日で上昇した日も4回ありました。
2015年9月9日:1343円の上昇
2008年10月14日:1171円の上昇
2016年11月10日:1092円の上昇
2016年2月15日:1069円の上昇

今年は1日で1000円動いた日はまだありません。株価が高いときほど値幅が大きくなるのが普通だと思いますが、去年2016年は1000円以上の下落が1回(英国EC離脱の国民投票の結果)、1000円以上の上昇が2回あったのに、日経平均株価はいずれも現在より低い位置でした。去年が特別派手な動きだったので、余計に今年は動かず退屈だと感じるのかもしれません。

ちなみに過去最大の下落幅は1987年10月20日のブラックマンデーで、日経平均は25746円から1日で21910円まで下落しました。なんと3836円の下落でした。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1247万円_| ̄|●

2017年7月14日終値ベースのもぐらファンド(愛称 株価上昇の秘策)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
モグラ ポートフォリオ SUMCO SBI 富士フイルム インフォマート マブチモーター 日本板硝子 NTTドコモ 三菱商事 新日鐵住金 東レ 西武ホールディングス 楽天 日本ビューホテル くらコーポレーション 東京急行電鉄 東急 すかいらーく マニー

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年7月14日までの運用成績

株式
確定損益   +505万円 (受渡日2017年7月20日まで)
含み損益  −2794万円 (2017年7月14日終値)
配当金収入  +608万円
小計    −1681万円 (先週比+74万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +434万円 (受渡日2017年7月18日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年7月14日夜間取引中)
小計     +434万円 (先週比±0万円)

総計    −1247万円 (先週比+74万円)


今週の先物・オプション決済 なし
7月限SQ値:20151.83円


先週末の日経平均株価終値:19929円
今週末の日経平均株価終値:20118円

今週のもぐらファンドは、損が減ってまずまずの結果でした。

それでもアメリカの株式の好調さに比べて、日本株が20000円前後をウロウロしているのは不満です。日本企業の業績は好調なところが多いようです。円高もそれほどではありません。個別では年初来高値を更新する銘柄も多く、今年に入ってから半導体関連、電気自動車関連(リチウム電池関係)、IT関連などは総じて上がりました。押目もなく上がってしまったので、もう手が出せません。

一方、業績はそれほど悪くないのにもかかわらず株価的には鳴かず飛ばずの銘柄も多いため、全体として日経平均は動きません。以前、「勝ち組」と「負け組」企業に分類することが流行りました。その当時と比べて業績が改善している「勝ち組」銘柄の数は今の方が圧倒的に多いのに、市場全体はそれほど明るくなりません。

もぐらファンド的には、現在のように一部の銘柄が上がるだけではどうにもなりません。ここは一つ、テーマもへったくれもなく全ての株が上がる「諸株暴騰」でお願いします。わたしはバブルのときに一度経験しました。「株を買わない奴はアホ」と言われた時代です。今は銀行金利も低く、実感できませんが現金ジャブジャブ状態だそうなので、「諸株暴騰」の素地はあるとおもいます。

きっかけとして、日銀が保有している株式を一部でもよいので消却すると発表してはどうでしょうか。個別企業の株式消却発表で株価が上昇するように、TOPIXも跳ねると思います。どーせ将来も保有株を市場で売ることはできないので、配当を諦めるだけです。かなりの上場企業の実質的な筆頭株主が日銀という、現在の国営企業状態も解消できます。


楽しい3連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1431万円_| ̄|●

2017年6月23日終値ベースのもぐらファンド(愛称 インフォマート祭り終了!?)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年6月23日までの運用成績

株式
確定損益   +609万円 (受渡日2017年6月28日まで)
含み損益  −3052万円 (2017年6月23日終値)
配当金収入  +578万円
小計    −1865万円 (先週比−47万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +434万円 (受渡日2017年6月26日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年6月23日夜間取引中)
小計     +434万円 (先週比±0万円)

総計    −1431万円 (先週比−47万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:19943円
今週末の日経平均株価終値:20132円

今週ももぐらファンドはマイナスが増えました。それでもここ1ヶ月は2492インフォマート売却のため珍しく多忙な状態が続いています。インフォマートの相場が終わったかどうか判断するには時期尚早ですが、後出しジャンケンになるのも何ですので総括しておきます。

本日6月23日までにインフォマート11200株を小分けにして売却しました。元々持っていたのは19200株なので、残り8000株です。平均売却価格は902円です。インフォマートの本日終値が前日比33円安の914円なので、現時点で上手に売り抜けたとはいえません。一方、最初から全株売却するつもりはなかったので8000株売り損じたという気持ちもなく、現在の値段での売却は考えていません。

インフォマート売却一覧

現在も売り長なので今後踏み上げが再開する可能性はありますが、売り残も買い残も減少しつつあり、相場の山は越えたと感じています。昔なら今日ツナギ売りを入れましたが、インフォマートを現在保有しているSBI証券の信用取引口座は閉じてしまいました。他の証券会社の信用口座では現渡が出来ないので、空売りまでする気にもなれません。

2492インフォマートの最近6ヶ月の値動き
インフォマート値動き



楽しい週末をお過ごし下さい



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2485万円_| ̄|●

2016年9月30日終値ベースのもぐらファンド(愛称 小池都知事のちゃぶ台返し)です。

現在のポジション

現物株19銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2016年9月30日までの運用成績

株式
確定損益   −180万円 (受渡日2016年10月5日まで)
含み損益  −3235万円 (2016年9月30日終値)
配当金収入  +546万円
小計    −2869万円 (先週比+23万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +385万円 (受渡日2016年10月3日まで)
含み損益     ±0万円 (2016年9月30日夜間取引中)
小計     +385万円 (先週比±0万円)

総計    −2485万円 (先週比+23万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:16754円
今週末の日経平均株価終値:16449円

今週の日経平均も、27日(火)の安値16285円、29日(木)の高値16756円と471円幅でかなり上下したものの、方向感はありませんでした。また28日(火)は権利落ち日でした。29日(木)は前日比大幅高になりましたが、理由がOPECで減産合意がまとまったからだそうです。原油価格上昇が日本株高の要因になるそうです。わたしの古い頭ではついていけません。


TV番組では、豊洲市場移転と東京オリンピック費用が連日取り上げられています。

敵を作って攻撃することにより自分への評価を高める小池都知事の手法は、小泉元首相のやり方と全く同じです。敵にされた内田茂氏と森喜朗氏ははらわたが煮えくり返っていると思います。内田茂氏と森喜朗氏は、どちらも権力を持っており、態度がふてぶてしく、悪人面をしているので、ワイドショーでも恰好の標的にできます。

小池都知事は「負の遺産を都民に押しつけるわけにはいかない」とか、「都政は都民の信頼を失った」とか、都民のためを強調していますが、敵を作って攻撃することにより自分の人気を高める目的が見え見えです。目指すところは小池新党でしょうか?

一都民として小池都知事にはがんばって欲しいと思いますが、一旦決めたことをひっくり返すと決定者の責任論が必ず出てきます。また無駄な多額の費用がかかります。見直し費用の方が、東京オリンピックの削減費用より高くついてはシャレになりません。さらに浮かせた予算を何に使うかはもっと大事です。くだらないことに使うくらいなら返して下さい。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2508万円_| ̄|●

2016年9月23日終値ベースのもぐらファンド(愛称 日米重要イベント通過)です。

現在のポジション

現物株19銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2016年9月23日までの運用成績

株式
確定損益   −180万円 (受渡日2016年9月28日まで)
含み損益  −3257万円 (2016年9月23日終値)
配当金収入  +545万円
小計    −2892万円 (先週比+226万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +385万円 (受渡日2016年9月26日まで)
含み損益     ±0万円 (2016年9月23日夜間取引中)
小計     +385万円 (先週比±0万円)

総計    −2508万円 (先週比+226万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:16519円
今週末の日経平均株価終値:16754円


今週は3日間の立会でしたが、上下に振れました。

------------------------引用ここから--------------------------

日銀の金融緩和策強化 デフレ心理転換できるかが焦点

日銀は、21日の金融政策決定会合で2%の物価上昇率を目指す金融緩和策を強化するとして新たな措置の導入を決めました。具体的には、新たに長期金利の水準を目標として定め、償還までの期間が10年の国債の利回りがゼロ%程度になるよう、誘導するとしました。

これは、ことし2月に導入したマイナス金利政策の影響で金利全体が下がりすぎて、保険会社や年金の資金の運用が難しくなったり、融資の利ざやが小さくなって金融機関の収益が悪化したりするといった副作用を抑える狙いがあります。

また、今回の会合で日銀は、大規模な金融緩和をいつまで続けるかについて、「消費者物価指数が安定的に2%を超えるまで」と、従来より強い表現に改めました。これは日銀が金融緩和を続ける姿勢をさらに強調することで、「この先も物価は上がらない」と考える企業や消費者のデフレ心理を転換させ、物価は上昇していくという見方を浸透させることが狙いです。今回の措置によって、狙いどおりの効果を上げられるかが焦点となります(NHKニュースWEBより抜粋)。

------------------------引用ここまで--------------------------

この日銀の金融政策決定会合の結果を受けて、21日後場に日経平均が急進して前日比315円高の16807円で引けました。

しかし、21日夜から円高が進行して、22日5:30の12月限日経平均先物は、21日15:15の16730円と比べ、240円安の16490円まで下落しました。米国市場はFOMCが9月の利上げを見送り、株価は上昇しました。

22日は秋分の日で日本市場は休みでした。一方、米国市場は続伸しました。

本日23日は、円高と米国株高の競り合いの結果、休日前21日の終値と比べて53円安の16754円で引けました。

日銀が金融緩和を続けるのは仕方ありませんが、黒田バズーカの時と比べてとても分かりにくくなりました。わたしは、短期金利と違い、長期金利は日銀でもコントロールできないと覚えていたので、長期金利0%目標そのものが理解不能です。もはや2%の物価上昇達成は無理だと思いますし、仮に達成しても、日本の未来が明るくなるとは思えません。日本にとって起死回生の景気好転は、遠くの戦争の発生しかないように思えてきました。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2783万円_| ̄|●

2016年8月26日終値ベースのもぐらファンド(愛称 夏枯れ相場??)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2016年8月26日までの運用成績

株式
確定損益   −180万円 (受渡日2016年8月31日まで)
含み損益  −3526万円 (2016年8月26日終値)
配当金収入  +539万円
小計    −3168万円 (先週比−28万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +385万円 (受渡日2016年8月29日まで)
含み損益     ±0万円 (2016年8月26日夜間取引中)
小計     +385万円 (先週比±0万円)

総計    −2783万円 (先週比−28万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:16545円
今週末の日経平均株価終値:16405円

株価が動きません。ニュースではジャクソンホール待ちだと言っています。毎年この時期になるとジャクソンホール(どーでもいいことですが、ホールは建物ではなく、穴HOLEです)が頻出しますが、ここ何年かは有益な情報が出たことはありません。単にニュースが無いので取り上げているだけだと思います。

ボーラクも辛いのですが、今週のように毎日株価が動かないのも困ります。無駄に毎日が過ぎていきます。ボーラクしたら、ナンピン買いをしたり、プットオプションを売ったりできますが、株価が動かない状態でオプションを売ると、大きく動き出した場合に大損します。現時点では逆にオプションを買うことを考えていますが、9月9日SQの残存期間を考えるとビミョーです。

株が上がる理由がなく、下がれば日銀が買い支える状況で、どちらへの動きも無くなってしまいました。例年は夏枯れ相場と言いますが、今年は秋になったら、どちらかに動き出すのでしょうか?


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2755万円_| ̄|●

2016年8月19日終値ベースのもぐらファンド(愛称 ドル円100円割れ)です。

現在のポジション

現物株18銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2016年8月19日までの運用成績

株式
確定損益   −180万円 (受渡日2016年8月24日まで)
含み損益  −3498万円 (2016年8月19日終値)
配当金収入  +539万円
小計    −3139万円 (先週比+52万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +385万円 (受渡日2016年8月22日まで)
含み損益     ±0万円 (2016年8月19日夜間取引中)
小計     +385万円 (先週比±0万円)

総計    −2755万円 (先週比+52万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:16919円
今週末の日経平均株価終値:16545円


今週、ドル円が2013年11月以来の100円割れになりました。

これくらいが妥当な水準だという記事もあるので、絶対的な水準で円高かどうかは分かりません。ただし、日銀が円をどんどん刷ってばら撒いている最中に、ドルに対して円が高くなっているのは、(秋の米国大統領選挙の思惑は別として)ドルがどんどん増えていない以上、円が市中に流通せず退蔵され続けているとしか思えません。

退蔵されている円は銀行に預けられるのがフツーですが、利息は限りなくゼロです。それでも預けられ続けているのは、将来が不安なためです。しかし、その行為がかえって将来を暗くしています。

一方、円高が進んでいる割には株価は下がりません。この流れは相当奇異な感じがします。やはり日銀が株を買い続けている影響が出ていると思います。ETFとしてクッションを挟んでいるものの、このままでいくと多くの企業で日銀が実質筆頭株主になるかもしれません。日銀支配の準国営企業が増えて、日本は近い将来、資本主義国から社会主義国に変貌するかもしれません。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス2696万円_| ̄|●

2016年5月6日終値ベースのもぐらファンド(愛称 大型連休が無意味に終わってしまって悲しい)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2016年5月6日までの運用成績

株式
確定損益   −186万円 (受渡日2016年5月11日まで)
含み損益  −3351万円 (2016年5月6日終値)
配当金収入  +513万円
小計    −3024万円 (先週比−179万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +307万円 (受渡日2016年5月9日まで)
含み損益    +21万円 (2016年5月6日夜間取引中)
小計     +328万円 (先週比+1万円)

総計    −2696万円 (先週比−177万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:16666円
今週末の日経平均株価終値:16106円

前回4月28日更新後は、5月2日(火)と本日6日(金)の2立会日だけでしたが、もぐらファンドは先週と同じくらい下落しました。

2立会日ともザラ場は比較的小動きで、日経平均株価は16000円前半をウロウロしているだけでした。期待はずれの日銀金融政策決定会合で売り込まれた4月28日(木)終値16666円と5月2日始値16357円の300円の窓の間には、29日海外で為替が108円から106円と約2円円高に振れました。現在はドル円が107円くらいで、本日の日経平均株価終値が約16100円、現在の先物が15950円くらいなので、極く短期的には株価は下げ過ぎのような気がしますが、このまま16000円前後で膠着状態になってしまうのでしょうか? それとも、連休前半の300円の窓を埋めにいくのでしょうか?


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

シカゴ日経平均先物16000円割れ

シカゴ日経平均先物
シカゴ日経平均先物

ドル円 106.35/106.38円

ヽ(。Д゚;;;;)ノ

暗闇仕留人「OPナレーション」


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2017年10月13日
マイナス1084万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ