もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

ポートフォリオ

マイナス1057万円_| ̄|●

2017年11月17日終値ベースのもぐらファンド(愛称 バトルロイヤル)です。
バトルロイヤル

現在のポジション

現物株14銘柄
現物株20171117

株式信用取引 なし

先物・オプション
先物オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年11月17日までの運用成績

株式
確定損益    −26万円 (受渡日2017年11月22日まで)
含み損益  −2092万円 (2017年11月17日終値)
配当金収入  +617万円
小計    −1501万円 (先週比−153万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +435万円 (受渡日2017年11月20日まで)
含み損益     +9万円 (2017年11月17日夜間取引中)
小計     +444万円 (先週比+29万円)

総計    −1057万円 (先週比−123万円)


今週の先物・オプション決済 −139586円
先物オプション決済


先週末の日経平均株価終値:22681円
今週末の日経平均株価終値:22396円

今週は東証マザーズ指数先物を初めて買ってみました。今まで値動きの特徴やボラティリティを真剣に観察していなかったので、1枚ずつ買い足していきました。計算では大雑把に東証マザーズ指数先物2枚が日経225mini1枚に相当する値動きをしますが、取引されている枚数は日経225miniよりずっと少なく、東証マザーズ指数に連動するのでボラティリティも日経225miniより大きくなります。

大型株から小型・新興株への資金シフトを期待してのことですが、結果的にはパッとしませんでした。一方、相場全体としては15日(水)の値動きが大きかったため、15日を中心に先物・オプションを今週も多くトレードしました。

今週の先物・オプション新規約定
先物オプション新規建て

東証マザーズ指数先物買いと決済・日経225mini売り玉の損切り・12月限プットオプション新規売りをその場しのぎで注文したため、15日はバトルロイヤル状態になりました。ポジション全体として買い長なのか、売り長なのかも分からないまま、先物・オプション取引で場外乱闘を繰り返していたら、リング上では現物株がゴーカイにKOされていました。

週末なので、今日の大引けに東証マザーズ指数先物を2枚決済しました。先物取引は、ほぼニュートラルポジションで週持越したつもりですが、日経平均が上昇して、逆にマザーズ指数が大きく下がると悲惨なことになるのは明らかです。それ以上に現物株(とくに新日鉄住金)に頑張ってもらわないと、来週もどーにもなりません。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス934万円

2017年11月10日終値ベースのもぐらファンド(愛称 2017年11月9日)です。

現在のポジション

現物株14銘柄
現物株20171110

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション・先物建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年11月10日までの運用成績

株式
確定損益    −26万円 (受渡日2017年11月15日まで)
含み損益  −1939万円 (2017年11月10日終値)
配当金収入  +617万円
小計    −1348万円 (先週比+16万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +447万円 (受渡日2017年11月13日まで)
含み損益    −33万円 (2017年11月10日夜間取引中)
小計     +414万円 (先週比+25万円)

総計    −934万円 (先週比+42万円)


今週の先物・オプション決済 +279円!
オプションSQ決済
オプション決済2
11月限SQ値:22531.1円

先週末の日経平均株価終値:22539円
今週末の日経平均株価終値:22681円

プットオプションの売りと日経225先物の買いで死にそうになったのは、東日本大震災直後の2011年3月15日の他、暴落時に何回かありますが、暴騰で死にそうになったのは昨日が初めてでした。そういう意味で2017年11月9日はわたしにとって忘れられない日になりました。

11月9日寄り付き前には、SQ値は23000円前後を予想していました。先週のC22500売玉に続き11月6日にC22750売玉を損切しており、C23000売玉4枚がSQ勝負になると思っていました。

ところが、22989円で始まった日経平均は先物主導で前場に急騰し、前引け直前には高値23382円を付けました。前場終了時点では、総選挙翌日の10月23日に売り建てた先物ミニ売玉5枚と先週からの持ち越しのコールオプション売玉16枚、さらに今週新たに売り建てたコールオプション売玉7枚をホールドしていました。値段がチェックできた昼休みには、これら全部の売玉がすでに急騰していて、C23000の4枚はおろか、最も枚数が多いC23250の6枚まで完全にITMになっていました。

正午少し前の含み損は240万円を越えていました。昼食は「すかいらーく」の株主優待を消費すべく「とんから亭」のカツ丼(梅)税抜499円を食べましたが、食事中も増え続ける含み損で完食後全部吐いてしまいました。

すでにクローズできる損失額をとっくに越えていたので、最後の切り札として昼休み中ずっと「アッラーは偉大なり」を繰り返し唱えました。心を込めたお祈りが通じて、13時過ぎから14時30分にかけて先物で900円暴落してくれました。この下落でC23000円売玉4枚が損切りできて、精神的にずいぶん楽になりました。因みに9日の日経平均終値は22868円(前日比45円安)で壮大な「行って来い」になりました。

本日の11月限SQ値は22531円でした。結果的に11月限C22750売玉2枚とC23000売玉4枚の損切りは不要でしたが、9日の最高値23382円を見たらC23000売玉4枚の損切りは仕方ありません(仮に翌10日のSQ値が23382円に決まったら、買値平均が1枚15.75円だったので、C23000売玉4枚だけで1465000円の損が確定)。まだ12月限先物ミニ5枚売玉はかなり大きな含み損ですが、今年の先物・オプション部門トータルがプラスで終われば御の字です。

今週のオプション新規建て
オプション新規建て


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス975万円_| ̄|●

2017年11月2日終値ベースのもぐらファンド(愛称 阿鼻叫喚)です。

現在のポジション

現物株15銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション・先物建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年11月2日までの運用成績

株式
確定損益     +9万円 (受渡日2017年11月8日まで)
含み損益  −1989万円 (2017年11月2日終値)
配当金収入  +616万円
小計    −1364万円 (先週比−128万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +447万円 (受渡日2017年11月6日まで)
含み損益    −58万円 (2017年11月2日夜間取引中)
小計     +389万円 (先週比−23万円)

総計    −975万円 (先週比−151万円)


今週の先物・オプション決済 −432円
オプション決済2


先週末の日経平均株価終値:22008円
今週末の日経平均株価終値:22539円

今週は4営業日にもかかわらず、日経平均は大幅高になりましたが、もぐらファンドにとっては悲惨な一週間でした。

5401新日鉄住金は、10月27日(金)引け後の決算発表がパッとせず、30日(月)は41.5円安、31日(火)は57.5円安と大幅下落しました。

2492インフォマートは、10月31日(火)引け後の悲惨な決算発表で、11月1日(水)は126円安(-14.8%)、今日2日(木)は20円安とボーラクしました。おかげで、1日(火)は日経平均が408円高になったにもかかわらず、もぐらファンドは974300円も下げました。

1日の日経平均の華麗な上昇とは対照的なもぐらファンドのボーラクを見て、怒り狂ってコールオプションの売り注文を入れまくったら、どんどん約定しました。追加注文を入れたら、日経平均がさらに上がって全部約定してしまいました。気がついたら売り玉を18枚も新規に建てていました。
オプション新規建て2
含み損も100万円を軽く越えていました。今日は少し挽回していますが、それでも60万円近い含み損です。来週10日のSQにはどうなっているのでしょうか?


楽しい3連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス824万円、SBIHD300株損切、マニー全株売却、SUMCO300株カラ売り

2017年10月27日終値ベースのもぐらファンド(愛称 悔恨のプレミアムフライデー)です。

現在のポジション

現物株15銘柄
モグラ ポートフォリオ SUMCO SBI 富士フイルム インフォマート マブチモーター 日本板硝子 NTTドコモ 三菱商事 新日鐵住金 東レ 西武ホールディングス 楽天 日本ビューホテル 東京急行電鉄 東急 すかいらーく マニー 東証REIT指数連動型上場投信

株式信用取引SUMCOカラ売り損益


先物・オプション
OP先物口座


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年10月27日までの運用成績

株式
確定損益     +8万円 (受渡日2017年11月1日まで)
含み損益  −1861万円 (2017年10月27日終値)
配当金収入  +616万円
小計    −1236万円 (先週比+143万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +447万円 (受渡日2017年10月30日まで)
含み損益    −35万円 (2017年10月27日夜間取引中)
小計     +413万円 (先週比−35万円)

総計    −824万円 (先週比+108万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:21457円
今週末の日経平均株価終値:22008円

先週の日経平均57年ぶりの13日営業日連騰で、22日の選挙結果と今週から本格化している企業の好決算発表は織り込み、今週は材料出尽くしで下落すると確信していました。先週の19日(木)から再開した3436SUMCOの損切りも今週は下落すると思ったからです。22日(月)と23日(火)の計1000株は、注文はあらかじめ入れていましたが、約定しないと思っていました。予想に反して全部約定してしまい動揺しました。

先週の記事アップ後、20日(金)の夜間取引で先物が上昇したので、12月限日経平均先物miniを21500円で5枚新規売り建てました。21日(土)に入って、さらに11月限C22500を25円で2枚新規売り建てました。
先物オプション約定
予想通り選挙は自民党が圧勝しましたが、意外にも選挙後の日経平均は上がり続けています。連騰記録は24日(火)の16まで延びました。連騰が途切れた後も、日経平均は堅調な値動きが続いています。予想外の展開に先物・オプション部門の含み損がとても大きくなっています。どうしよう・・・

本日は、8473SBIホールディングスを寄付値1809円で300株と7730マニーを寄付値3235円で1000株(全株)売却しました。
SBI 300株損切り20171027
マニー売却20171027
マニー損益
SBIホールディングスは、還付税金と手数料考慮後627289円の損失が確定しました。残り600株です。マニーは、税金・手数料引後451820円の利益になりました。

先週後半から今週前半にかけて平均2090円で2000株損切りした3436SUMCOの今日の終値は2397円です。もぐらファンドのマイナスを減らす絶好のチャンスを逃しました。悔しいので、本日2400円で300株カラ売りしました。
SUMCOカラ売り
11月9日の決算発表までには決済したいのですが、どうなることか・・・

トータル的にはもぐらファンドの総マイナス額は今週も減りましたが、全然喜べません。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス932万円・SUMCO 800株大損切り(その7)

2017年10月20日終値ベースのもぐらファンド(愛称 日経平均57年ぶりの13日連騰)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年10月20日までの運用成績

株式
確定損益   +123万円 (受渡日2017年10月25日まで)
含み損益  −2118万円 (2017年10月20日終値)
配当金収入  +616万円
小計    −1379万円 (先週比+148万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +447万円 (受渡日2017年10月23日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年10月20日夜間取引中)
小計     +447万円 (先週比+4万円)

総計    −932万円 (先週比+152万円)


今週の先物・オプション決済 +39568円
オプション決済


先週末の日経平均株価終値:21155円
今週末の日経平均株価終値:21457円

20日(金)の日経平均は57年ぶりの13日営業日連騰で引けました。歴代1位タイとのことです。もぐらファンドのマイナス額もついに1000万円を切りました。

昨日の200株売却に続いて、本日も3436SUMCOを20円刻みで200株ずつ売り注文を入れました。今日のSUMCOは高値2080円まであったので、2020円、2040円、2060円、2080円それぞれ200株売り注文が約定しました。
SUMCO約定20171020
SUMCO20171020
買値3361円800株を平均2050円で損切りしたので、還付税金と手数料考慮後836669円の大損失が確定しました。残り1000株です。

今日の3436SUMCOの値動き
SUMCOチャート20171020


先物・オプション部門では、10月17日(火)日場に11月限C22500を35円で2枚新規売り建てました。
オプション新規建て
この建玉は、翌日の18日(水)日場に15円で決済しました。決済画像は「今週の先物・オプション決済」に貼りました。


来週23日以降は22日の総選挙もあり、さすがに材料出尽くしで一旦調整すると思いますが、年末までには一段高となることを期待しています。とくに新日鉄住金に頑張ってもらわないと、もぐらファンドのプラ転は夢の夢です。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1084万円_| ̄|●

2017年10月13日終値ベースのもぐらファンド(愛称 日経平均ほぼ21年ぶりの高値)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年10月13日までの運用成績

株式
確定損益   +228万円 (受渡日2017年10月18日まで)
含み損益  −2372万円 (2017年10月13日終値)
配当金収入  +616万円
小計    −1528万円 (先週比+53万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +443万円 (受渡日2017年10月16日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年10月13日夜間取引中)
小計     +443万円 (先週比±0万円)

総計    −1084万円 (先週比+53万円)


今週の先物・オプション決済 なし
10月限SQ値:20957.62円

先週末の日経平均株価終値:20690円
今週末の日経平均株価終値:21155円

本日の日経平均は1996年11月29日以来の21000円台で引けました。場中には21211円まで上昇しました。

もぐらファンドも3週連続で直近最高値(週末計算)を更新しましたが、日経平均に比べるとずいぶん見劣りします。今週に限っていえば、もぐらファンドの低パフォーマンスの犯人は5401新日鉄住金です。先週末は2654.5円だったのが、今週末は94.5円安の2560円になりました。415800円も足を引っ張ってくれました。

下落の原因は5406神戸製鋼のデータ改ざんが波及しているのも明らかです。当初、掲示板等では新日鉄住金の株価にはあまり影響しないのではとの意見もありましたが、新日鉄住金は神戸製鋼の上位3位に入る大株主であり、10月10日の神戸製鋼がストップ安を付けた日に新日鉄住金があまり下がらなかった方がわたしには意外でした。思ったより軽くて喜んでいたら、その後の新日鉄住金の株価は、好地合にもかかわらずズルズル下げ続けました。
新日鉄住金チャート

新日鉄住金でも神戸製鋼と同じようなデータ改ざんが行われているのではないかと、わたしを含めて疑心暗鬼になっています。当然もう着手しているでしょうが、新日鉄住金は全社をあげて早急に調査を行い、結果を公表すべきです。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1137万円_| ̄|●

2017年10月6日終値ベースのもぐらファンド(愛称 匍匐前進)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年10月6日までの運用成績

株式
確定損益   +228万円 (受渡日2017年10月12日まで)
含み損益  −2425万円 (2017年10月6日終値)
配当金収入  +616万円
小計    −1581万円 (先週比+32万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +443万円 (受渡日2017年10月10日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年10月6日夜間取引中)
小計     +443万円 (先週比±0万円)

総計    −1137万円 (先週比+32万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:20356円
今週末の日経平均株価終値:20690円


今週末の日経平均は先週末と比べて上昇しました。もぐらファンドも辛うじて先週に続き、直近最高値(週末計算)を更新しました。

国内株式市場が好調なのは、アメリカ市場の絶好調→円安傾向→企業の好業績期待の流れがあるためだと考えています。アメリカ市場はすでにバブル状態でリーマンショックのように突然流れが変わる可能性があるので、買いたい銘柄はあるもののなかなか手が出せません。

小池都知事の「希望の党」は、かつての「日本新党」の轍を踏むと妄想しています。消費増税凍結の「希望の党」が政権を取ったら株価は上昇するとは思いますが、それで日本は大丈夫かという気もします。さらに当選2回のくせに超上から目線の若狭勝氏が大きな顔をしているのもイヤです。ただし「日本新党」も短期間ながら政権を取ったので、安倍首相にとって命取りになる可能性もあります。立憲民主党は菅直人元首相が居るというだけでアウトです。

結局、自民党に投票するしかなさそうですが、自民党が大敗して過半数は維持するもののやりたい放題出来なくなるのがベストな結果だと思っています。


楽しい三連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1170万円_| ̄|●とIPOマネーフォワード初値売却

2017年9月29日終値ベースのもぐらファンド(愛称 今日は忘れ去られたプレミアムフライデー)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年9月29日までの運用成績

株式
確定損益   +228万円 (受渡日2017年10月4日まで)
含み損益  −2458万円 (2017年9月29日終値)
配当金収入  +616万円
小計    −1613万円 (先週比+101万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +443万円 (受渡日2017年10月2日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年9月29日夜間取引中)
小計     +443万円 (先週比±0万円)

総計    −1170万円 (先週比+101万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:20296円
今週末の日経平均株価終値:20356円

本日は、マネックス証券で久し振りに当選したIPO 3994マネーフォワードの上場日でした。好調なIPO地合を受けて、赤字会社にもかかわらずマネーフォワードの初値は公募価格1550円を94%上回る3000円に決定しました。わたしはいつものように初値売却しましたが、その後高値3275円までありました。本日の終値は3085円でした。
マネーフォワード売却
マネーフォワード特定口座
税金・手数料引後、115329円の利益になりました。

また本日のもぐらファンドは、2017年6月2日につけた直近最高値(週末計算)のマイナス1233万円を約4ヶ月ぶりに更新しました。2017年6月2日の日経平均終値は20177円だったので、日経平均よりずいぶんグズですが、相変わらず5401新日鉄住金の値動きがパッとしないので仕方ありません。

今日はプレミアムフライデーです。消費喚起目的で政府主導のもと始まりましたが、定着しないまま忘れ去られそうです。議員は選挙でプレミアムフライデーどころではなさそうです。生き残りを賭けた諸センセー方の見苦しい振る舞いには心が和みます。

北朝鮮問題も危機はむしろ高まっているのに、扱いは日に日に小さくなっています。投票日に北朝鮮がミサイルを立て続けに発射してJアラートが鳴り続けたら、投票の有効性はどーなるのでしょうか?


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1271万円_| ̄|●

2017年9月22日終値ベースのもぐらファンド(愛称 いろいろあった)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年9月22日までの運用成績

株式
確定損益   +217万円 (受渡日2017年9月27日まで)
含み損益  −2544万円 (2017年9月22日終値)
配当金収入  +613万円
小計    −1714万円 (先週比+25万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +443万円 (受渡日2017年9月25日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年9月22日夜間取引中)
小計     +443万円 (先週比+0万円)

総計    −1271万円 (先週比+26万円)


今週の先物・オプション決済 +704円
オプション決済


先週末の日経平均株価終値:19909円
今週末の日経平均株価終値:20296円

今週の日経平均は4営業日でしたが、19日(火)に2万円台を回復し、さらに21日(木)には20481円まで上昇しました。本日22日は少し下げたものの堅調に推移して、2万円台を維持しました。

一方、もぐらファンドは少し損失は減ったものの冴えない週でした。とくに無慈悲だったのは、5401新日鉄住金の値動きです。
新日鉄住金の値動き

連休明け19日(火)の高値2725円から今週終値2557円まで6.2%(168円)も下落しました。理由を調べましたが分かりません。よけい不気味です。


19日(火)に先物が大幅上昇したので、カバードコールとして10月限C21000を計5枚売り建てました。
オプション新規建て

その後先物が一段高になったので、恐れをなして全部同値撤退してしまいました。現在はノーポジです。決済画像は「今週の先物・オプション決済」に貼りました。


昨日の記事で日本株式史上最速で上場廃止になったエフオーワイに触れましたが、同じく上場廃止になった2684ジパング松藤民輔氏の告別式の案内板を21日(木)の浜松町で見かけました。わたしは、「アメリカ経済終わりの始まり」や「わが友、恐慌」など多くの氏の著書や、氏の無料時代のブログの読者でした。資産運用やゴールド関係でいろいろ有名な方でしたが、亡くなられたことはあまり周知されていないようなので、あえて取り上げました。ご冥福をお祈り申し上げます。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1297万円_| ̄|●

2017年9月15日終値ベースのもぐらファンド(愛称 寝耳にミミズク)です。

現在のポジション

現物株17銘柄
現物株2

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年9月15日までの運用成績

株式
確定損益   +217万円 (受渡日2017年9月21日まで)
含み損益  −2570万円 (2017年9月15日終値)
配当金収入  +613万円
小計    −1740万円 (先週比+105万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +443万円 (受渡日2017年9月19日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年9月15日夜間取引中)
小計     +443万円 (先週比±0万円)

総計    −1297万円 (先週比+105万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:19274円
今週末の日経平均株価終値:19909円

今週の日経平均は週前半の三空もあり力強く上昇しました。もぐらファンドも含み損は減ったものの、日経平均に比べるとずいぶん見劣りする結果でした。


9月1日に記事にしたJアラートが、本日9月15日朝7時に再び出ました。今回は画面文字がやや小さくなっていて1画面ですべて表示されました。12都道府県が避難対象地域になりましたが、7時7分には北海道上空を通過したと続報がありました。

為替は瞬間1ドル110.28円から110.55円付近まで円高になりましたが、すぐ110.00円付近に戻りました。二度あることは三度あるでしょうから、早朝にドル円をかなり下で指値注文して待ち伏せする人が増えそうです。ただし、円高の振れ幅はどんどん小さくなっていくと思います。

通過コースとしては、これより南寄りに東京上空を通過させると皇居もあるので大問題になるでしょうし、かといって北寄りのロシア上空を通過させるとロシアからの報復必至なので、北朝鮮もこの方面に関しては、このコースしか選択肢がなさそうです。

ただし、国際法では「上空100キロ以上については、宇宙の相互平和利用のために領空外とみなすのが一般的」だそうですから、ミサイル通過自体は領空侵犯にはなりません。

それでも、避難対象地域では公共交通機関が短時間でも全部止まりますし、再開には安全確認が欠かせませんから、実害はなくても経済的損失は生じます。またJアラートが出ている間にTVCMを入れるわけにもいかないので、スポンサーまたはTV局にも経済的損失が生じます。これらの損害額をまとめて、日本政府はミサイル発射ごとに北朝鮮に対して損害賠償を求めるべきです。電車の飛び込み自殺では鉄道会社は自殺者家族に列車遅延に対する損害賠償を求めるので、荒唐無稽な話ではないと思います。回数が重なれば、北朝鮮が日本に求めている戦争賠償金を越える額になるかもしれません。


楽しい3連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2017年10月27日
マイナス824万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ