Blog / Ikakoo Gathering

2016091020160910-2
2016.9.10、11回目の定禅寺ストリートジャズフェスティバル(JSF)。
今回、ギターはダブルキャスト。
2006年に初めて mixi BIGBAND が JSF に出た時に一緒に演った ESさん。
ESさん以外にも初期メンバの方々が参加してくれた。
10年演ってりゃ変わるのが当たり前で楽しいけど、懐かしいのもいいね!
今回、翌日に上海に居ないといけなかったので、断腸の思いで日帰り。
仙台の滞在時間は6時間程だったけど、「牛タン」「牡蠣」「ずんだ餅」…ついでに演奏…楽しめたから ok としよ。
来年は、是が非でも泊まりでっ!ヽ(`Д´メ)ノ プン仂!

-----
Ibanez AS200 1984 ⇒ Zoom G5n ⇒ Roland JC-120
--
Straight No Chaser / Mean What You Say / Almost Like Being In Love / Fly Me to the Moon / Angel Eyes / Good News
-----

2016090320160903-2
2016.9.3、ピアノのケーキさんからのお誘いで、ケーキ参!に乗せていただいたっ! ( at Live Custer )
お盆にリハがあったんだけれども、帰阪していて参加できなかったので、ぶっつけ本番…┐(´-`)┌
メンバの半分は初めて演る方々…緊張&恐怖&ノンアルコールの中始まったんだけど…予想に反して(?)楽しい、楽しいっ!
前以て貰ってた音源&譜面をさらった甲斐があったか…
安定したリズムに乗ってると、楽(たの)しいし楽(らく)…(^-^;
あと、Saxがパワフル!
はっきり言って、カッチョいいっ!ヽ(`Д´メ)ノ プン仂!
お客様にも楽しんでいただけたようで…良かった。
でも、あまりに楽しくて2ndの前に飲んぢゃったら、いつもの悪い癖が…
通勤電車で録音聴いてて、自分以外誰も聴いてないから大丈夫な筈…なのに恥ずかしく&やんなっちゃう。
シャカリキになって弾くと走っちゃうのよねぇ…前に転んぢゃう…最低だ…_| ̄|○
冷静で居られるようにがんばろ。
ところで、33歳のこのギター(Ibanez JP20)、弾いてたら左手の手の平にバインディングの欠片がポロポロと…
どうすっかなぁ…まだ暫くは大丈夫と思うんだけど…引っ掛かってちょっと弾きにくい……┐(´-`)┌

-----
Ibanez JP20 1983 ⇒ Y'S GUITAR CUSTOM MADE CABLE ⇒ DV MARK LITTLE JAZZ
--
The In Crowd / Bud Powell / Fever / Poinciana / I've Got You Under My Skin
The Shadow Of Your Smile / Anti-Calypso / ウィスキーがお好きでしょ / 中央フリーウェイ / Lullurby Of Birdland / What A Difference A Day Made / The Gift
-----

2016082720160827-2
2016.8.27、2年ぶりに千葉は新港のピザ屋さん「ヴィーコロ」でライブ。
例年とはバンドの向きが90度違った。
照明の関係で、暗くて皆譜面が読み辛かったみたい。
僕は、iPadだから暗くても、譜面見られるもんね〜っ!
( 譜面読まれへんのんちゃうん?ってツッコミは有り)
ちょっと、アンプと耳の位置が近すぎたみたい。
あと、アンプの向き。
自分には充分過ぎる程聞こえてたけど、前には…┐(´-`)┌
むつかしいよね…_| ̄|○
カウンターにiPad置いて、アンプも置いて…
左肘ついて、飲み物も置いて…
最高のポジションだったんだけどなぁ…

-----
Ibanez JP20 1983 ⇒ Y'S GUITAR CUSTOM MADE CABLE ⇒ DV MARK LITTLE JAZZ
--
Time Stream / Tall Cotton / The Midnight Sun Never Sets / Shiny Stockings
ルージュの伝言 / Theme in Search of a Movie / Misty / Freckle Face / Strike Up The Band / Norwegian Wood
-----

13892220_1084294671618696_7617008318624433292_n

知る人ぞ知る千葉の本格レストラン&バー『moon blossom
レギュラのお方がお休みという事で緊急出動!
「ミルキー(Sax)」さんも「ちーぴょん(Pf)」さんも昔から知ってる…けど、この3人で演るのは初めてぢゃなかろうか…
SaxとDUOってのも初めて演ったんだけど、なかなかいい感じだ。
更に、このお店も初めてお邪魔したんだけど、いい感じだ。
ハンバーグが旨かった。
ギネスの黒ビールも…あと、白州のハイボールも!
お店の雰囲気も良いし、何よりマスタが良い感じよ。
お店に来てたお客様も…
結果的に、楽しい土曜の夜でしたっ!ヽ(`Д´メ)ノ プン仂!

-----
Ibanez JP20 1983 ⇒ Y'S GUITAR CUSTOM MADE CABLE ⇒ DV MARK LITTLE JAZZ
-----

20160612-120160612-2
2016.6.12、女性だけの5管のサックスアンサンブルに補欠として参加させていただいた。
女子部なので、そう簡単にはレギュラーにはならせてくれない…
女装すれば仮入部OKだったんだけれども、もう四捨五入すると100歳だから…やめといた。┐(´-`)┌
まあ、もの凄い集客力だった。
clipperの船長が50名超えって言ってた。
やっぱり、音楽は聴いていただいてナンボやな。
聴いていただけるお客さんが居るって事は幸せやな。
そんなバンドに乗れて、幸せでした…楽しかったっ!

ところで、新兵器 Zoom G5n を投入してみた!
同じ Zoom の MS-100BT を3年程使い、今のZoomは使える!って判断したから。
( 正直、昔(25年位前?)は……(^-^;)
あと、Zoomサポートの神対応が効いたっ!ヽ(`Д´メ)ノ プン仂!
しかし、前日に物が着いて、マニュアルとにらめっこして、それっぽく使いこなした風を装って持ち込んだんだけど…
コントロールしきれなかった…_| ̄|○
本番ではトレブルが出すぎて少々痛い目の音になっちゃった…(^-^;
それを最後まで修正できなかった事が…悲しい やら 情けない やら…┐(´-`)┌
暫く、精進せぇへんとやな…音作り。

-----
Ibanez AS200 1984 ⇒ Zoom G5n ⇒ Jugg Box Stuff Series 060G [Jensen]
--
American Patrol / Stardust / Fee-Fi-Fo-Fum / Mercy,Mercy,Mercy / Confirmation / Strike Up The Band / Mambo No.5
Moonlight Serenade / The Queen Bee / Ojos De Rojo / Watermelon Man / Manteca / A Night in Tunisia / Tristeza / Russian Dressing
-----

20160529-120160529-2
2016.5.29、西船古民家BANDに乗って、神楽坂の もりのいえ っていうお店でライブしました。
このお店、良いのよ。
天井が高い…っていうか、2階まで吹き抜けで、自然なリバーブが掛かる。
天井が高いってだけで随分の気持ちがちがうのよね…どこかのCMみたいだけど…ほんと。
で、お料理も旨い!
(トイレも綺麗で広い←これ重要)
神楽坂という場所で、これだけゆったりできるって、もの凄〜く贅沢だと思う。
実は、今回のライブの下見で一度お邪魔したんだけど、通常の生演奏ももの凄く良いのよ。
おすすめのお店です。
演奏の方も良い感じだった、事故はいくつかあったけど…(^-^;
DUOの歌伴も楽しめたっ!
愛の大きさは揃ったかなぁ…┐(´ー`)┌ <内輪ネタ
貞子に嫉妬されちゃったし…_| ̄|○ <内輪ネタ
お客様にも恵まれ…楽しかったっ!ヽ(`Д´メ)ノ プン仂!


-----
Ibanez JP20 1983 ⇒ Y'S GUITAR CUSTOM MADE CABLE ⇒ DV MARK LITTLE JAZZ
--
I Should Care / Candy / Love Theme From Sunflower / Smile / The Nearness Of You / Come Rain Or Come Shine / Shiny Stockings
Exactly Like You / My Foolish Hert / I'll Close My Eyes / I've Got You Under My Skin / But Beautiful / Chega De Saudade(No More Bluse) / S'Wonderful / The Day Of Wine And Roses
-----

20160521-120160521-2
2016.5.21 (土) 15:20 - 16:00、埼玉大学Jazz研のOBバンドに乗せていただいた。
池ジャズは2回目。
色んなジャズフェスに参加してるけど、機材的には池ジャズは◎だねっ!
スタジオにリハに行く感じで良いので、精神的にもの凄く楽だ。
ところで、自分達の前のバンドのメンバに知ってるお方が…
ご機嫌なバンドだった…、堀江沙知バンド
この後は、実に演りにくい…┐(´ー`)┌
まぁ、そんな中、聴いていただけるお客様も居て、楽しみました。
お祭りだねっ!ヽ(`Д´メ)ノ プン仂!

-----
Ibanez AS200 1984 ⇒ ZOOM MS-100BT ⇒ Roland JC-120
--
Tee Bag / Everytime We Say Goodbye / My Cherie Amour / Don't Get Around Much Anymore / Speak Low / Born To Be Blue / Purple Rain
-----

村野弘二の新しい展開っ!

奇跡の出会い♪膨らむボクの夢!村野弘二さんが作曲した幻の曲を吹奏楽の演奏と合唱で、この秋!全国初披露致します♪『詳しくは♪後日発表致します』「お楽しみに❗」

Yukio Kinshoさんの投稿 2016年4月7日

SS
本が出たもよう。
恐らく、村野弘二の記事が収録されていると思われ…
買うようだな。

詳細はここ(↓)。
http://mainichi.jp/articles/20160225/ddm/012/040/102000c



amazonで売ってます(↓)。
千の証言 あの戦争を人々はどう生きたのか
毎日新聞「千の証言」取材班
毎日新聞出版
2016-02-24



----------------
戦後70年の節目に戦争体験者や遺族から証言を募り、記録に残す毎日新聞社とTBSテレビの共同プロジェクト「千の証言」が一冊の本にまとめられ、毎日新聞取材班「千の証言 あの戦争を人々はどう生きたのか」(毎日新聞出版)として刊行された。定価は1620円(税込み)。「千の証言」に寄せられた投稿は約1600通に上り、毎日新聞では2014年8月から15年12月まで全国版や地方版に記事計約120本、インターネット上のサイトに投稿約260本を掲載。新聞社としては過去最大規模の証言掘り起こしとして注目された。本書は、その中から78の物語を収録した。
----------------

DvMarkLittleJazz-3
詳細は弊HPで…m(_,_)m

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) デリス シルバーソフトクーラー24L M-1852

サイズ : (約)340×260×330mm
重量 : (約)640g
材質 : 本体表面/アルミ蒸着シート、内面/PVC、断熱材/ポリエチレンフォーム(6mm厚)、中敷/ポリエチレン(1.5mm厚)
収納サイズ : (約)340×330×60mm(収納ベルト使用時)

20160220-1
2016.2.20、TERRANO & MURANO を clipper で演って来た。
TERRANO も MURANO も日産の国内絶版車って事は重々承知だったが、なんと…、clipperって日産車もある事が分かったっ!
clipperって車は現行車みたい…(^-^;
そんな日産車祭りで頑張ってみた。
ドラムレス…
なかなか厳しい…
しゃかりきになって弾いちゃうと走っちゃって…、弾きながら分かってんだけど、抑えられなくて…拍の頭が分かんなくなって…待つ…みたいな…
録音聞くと、毎度の事ながら相当凹むが…┐(´-`)┌
ギックリ腰やって、2日後にしては、良かったんぢゃなかろか…。(なにが?)

20160220-2
で、DV MARK LITTLE JAZZ を初めてライブで使ってみた。
この大きさ(重さ)だと、ギター担いで、このアンプ持って、譜面等が入った鞄持って、電車で移動出来る = 飲めるっ!ヽ(`Д´メ)ノ プン仂!
ドラム入っても、コンボでアコースティックに演るんであれば、大丈夫そうよ。
低音が不足気味なのは仕方ないけど、それはそれでなんとかなる範囲かと。
フルアコ(JP20しか持ってないけど)で演る時はこれで良さげだ…(^-^)v

楽しかったっ!ヽ(`Д´メ)ノ プン仂!

-----
Ibanez JP20 1983 ⇒ Y'S GUITAR CUSTOM MADE CABLE ⇒ DV MARK LITTLE JAZZ
--
St. Thomas / Speak Low / Spring Can Really Hang You Up The Most / Whisper Not / Blue Bossa / ひみつのアッコちゃん / Sukiyaki
Out Of Nowhere / Bluesette / ひまわり / Django / Besame Mucho / Armand's Rumba / 情熱大陸
-----

この曲を作曲した村野弘二本人が唱っています。
昭和18年の録音です。
-----
御歌 宗良親王 / Poem of Imperial Prince Muneyoshi
謹曲 村野弘二 / Composed by Koji MURANO
謹唱 村野弘二 / Sung by Koji MURANO
ピアノ伴奏 高橋美代子 / Piano accompaniment by Miyoko TAKAHASHI
-----
譜面: http://www.asahi-net.or.jp/~uw7a-mrn/KojiMurano/#No2
HP: https://www.facebook.com/MuranoKoji/

20151206-120151206-22015.12.6、千葉市のビッグバンド、千葉スウィートサウンズジャズオーケストラの第30回定期演奏会で弾いてきた。
500名キャパのこのホール(千葉県教育会館大ホール)に400名を超えるお客様にお越し頂けた。
毎度の事ながら、ありがたい事です。
音楽は聴いていただいてナンボですから…
いや、人数の問題ではないです…(^-^;

ところで、ピックギター(電気仕掛のないギター)でヨツギリしてて、いつも思うこと。
弾いた瞬間のアタックか少し遅れてくるギターの鳴りが気持ち良い。(弾いてて)
で、録画を見てて、これを上手くPAできないかなぁ…ってのも、いつも思う。
マイクの位置なのかなぁ…
外音には少し遅れてくるギターの鳴りは殆ど聞こえてないよのね。
弾いてると、ボワ〜ンってギターが鳴ってるのにね…
どうすりゃ良いのか…┐(´ー`)┌

-----
Gibson L-4 1952 ⇒ SHURE SM58
Ibanez JP20 1983 ⇒ Bad Cat 2-Tone ⇒ KORG pitchblack POLY PB-03 ⇒ DigiTech HardWire RV-7 ⇒ Jugg Box Stuff Series 060G [Jensen]
---
Moonlight Serenade / Little Brown Jug / A String of Pearls / American Patrol / Take the A Train / Memories Of You / South Of the Border / 鈴懸の径 / Don't Be That Way
But Wait... There's More! / Speak Low / Volare / Orange Sherbet / Don't Get Around Much Anymore / Day By Day / Brush Taps / Carmelo's By the Freeway / In the Mood / 森の小径 / Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree
-----

このページのトップヘ