いかんせん谷根千委員会ブログ

日本・東京・谷根千。 “谷根千”とは谷中・根津・千駄木の略。 谷根千は東京23区内にありながらも戦火を逃れ、昔の街並み、風土と歴史を今なお数多く残す地域です。 「世界は広し、つつうらうらあるけれど、いかんせん(どうしたものかやはり)谷根千なんだよな~。」という気持ちに今日もいきついてしまう委員会役員が、谷根千界隈で企画している催しものや、魅力的な場所と人について紹介しています。 委員長・芳賀。美的センス(デザイン)担当・亜弓。表部隊担当・コンドル、レオナ。

いかんせん谷根千ツアーの復習!

こんばんは。
とってもお久しぶりの更新です、委員長の芳賀です。
今年もいよいよ残りわずかになってきました。

今年一年は”〜仰木亮彦と巡る〜いかんせん谷根千ツアー”において
谷中・根津・千駄木を始め、お客様、関係者の方々に大変お世話になりました。
本当にどうもありがとうございます。

今回は、2011年の夏を熱くした谷根千ツアーを
“いかんせん谷根千ツアーの復習”と題しましてBEST3をダイジェストで発表させて頂きます!!

写真で振り返る、いかんせん谷根千ツアーの復習!
BEST3 "しましまスタッフの勇姿”
いかんせん谷根千ツアーの間、本気モードの際はスタッフみんなで
気合いのしましまになりました!

ikansen9
旧安田邸ライブの時も
download-4
根津教会 ライブ の時も

maruike 108
養源寺フェスの時も

download-1
もちろん打ち上げの時も


いかんせん谷根千ツアーが無事成功したのも、委員会役員(亜弓・コンドル・レオナ)
はじめ、助けてくれたたくさんのスタッフの力あってこそ。
みんな本当にどうもありがとう!


BEST2"いかんせん谷根千ツアーファイナル・養源寺フェスの餅つき”


お腹を痛めた子ほどかわいいとは良く言いますが
色々準備が大変だった養源寺フェスでの餅つきは
まさにスタッフの思い入れたっぷりです。
当日はライブと一緒に、中秋の名月ならではの季節の催し物も
お客さんに楽しんでもらえたようで販売した餅は無事完売!

ikansen
餅プロ(黄色エプロン)と餅プロを支える餅スタッフたち。
download-2
餅大臣(亜弓)の餅つきの様子。見守る出演者とお客さん。

download-4
こんなチームプレーも!

ライブを聴く時は、聴く側と歌う側に分かれるけれど
餅つきをする時は、スタッフも、出演者も、お客さんも、みんな一緒にやりました。
いかんせん谷根千ツアーを締めくくるのに、素晴らしい華を添えてくれた餅大臣、
餅プロと餅スタッフたちに感謝!


BEST1”いかんせん谷根千ツアー、ヒマラヤ杉の前でチラシ撮影”


栄えある第一位は、何と言っても根津の名所、ヒマラヤ杉の前で撮影した
写真ではないでしょうか。
あの瞬間、天気や、時間や、周りの全てのものが自分たちを助けてくれて
素晴らしい写真を撮ることができ、2011年を素敵に彩るチラシが完成したと思います。

ikansen7
仰木亮彦さんからレッスンを受けるワリマーリ。

ikansen6
後ろにちょっと写る、おちゃめな妖精ワリマーリに注目。
左後ろに移るのがヒマラヤ杉。


download
大西健太郎と仰木亮彦。

bc2f36859b17b161094416ac1fb5be65
こうして無事“~仰木亮彦と巡る~いかんせん谷根千ツアー”のチラシは完成しました。
デザインは美的センス亜弓ちゃんが担当!



■番外編■

ikansen4
谷根千の素敵な大人たちに囲まれる仰木亮彦。古書ほうろうでのライブにて。

download-5
谷中ボッサで、お父さんに絵本を読んでもらいながら
ライブが始まるのを待つかざほちゃんたち。
こんな素敵な風景に、自然に出会えるのも谷根千の良さです。


いかがでしたか。みなさんのお気に入りの一枚は見つかりましたか?
BESTシリーズでお送りしましたが、どれも大好きな写真ばかりです。

支えてくれたたくさんの方々に、本当にいつもどうもありがとう。
そして、数年前に仰木さんに偶然再会して、お互い話しをする事がなければ
いかんせん谷根千ツアーも無かっただろうなと思うと
とても感慨深い気持ちになります。

常に何かを想像し、行うことで出会い、生み出せることにこそ、人間の素晴らしさだと思う。
今年ほど、長く感じる一年は、私の今までの人生の中で無く
これからも、今年ほど長く感じる一年を過ごす気がしません。
明けましておめでとうなんて記号的な言葉では片付けられないくらい
解決していないことだらけの今だけれど、歩みを止めずに、これからも
進んでいこうと思います。出会うために。


ikansen5

いかんせん谷根千委員会ヘッドオフィスmaruchanにて。





芳賀

<~仰木亮彦と巡る~いかんせん谷根千ツアー ファイナル・養源寺フェス>ライブレポート

前回の<~仰木亮彦と巡る~いかんせん谷根千ツアー ファイナル・養源寺フェス>にお越し頂いたお客さま本当にありがとうございました。皆さまのおかげで無事ツアー最終日を迎えることが出来ました。

ほんの少しですが、ファイナル・養源寺フェスの様子を写真と共にお伝えしたいと思います。
今回もスタッフもちろんシマシマです。

maruike 090
午前中。お天気の中さっそく準備を始める。

maruike 092
一生懸命脚立にのってライトのくくりつけをしてくれているのはピンチヒッタースタッフ
とっつぁん&仰木二男・瑞希ック。

maruike 108
控え室では事務作業に勤しむスタッフたちも。

maruike 091
もち部隊もやる気満々?きね男の時代。

maruike 093
もち美女・稲葉さん(左)と、もち大臣・あゆミラクル(右)。
あゆミラクルはチラシのデザインも担当してくれました!よっ谷根千の出来る女!

maruike 107
日も暮れて来てもちの仕込みも準備ばんたんになりました。

maruike 111
もちプロと豚汁大臣・レオナママ。若い!もちプロは本当は議員さんらしいです。

maruike 099
開場。受付はくっちーが担当してくれたよ!

maruike 094
ファイナル・養源寺フェスの最初を飾ったのは表現(Hyogen)。

maruike 101
外では、休憩を利用してもちつきが行われました。

maruike 103
出演者・スタッフ・お客さん、いろんな人がもちつきにチャレンジ。
あいのてでもちをこねるはその道うん十年のもちプロ!

maruike 109
もちろん我らが仰木さんもつきました!


maruike 104
お陰さまでおもち&沖縄風豚汁は早々に完売。
ライブ&もち、お寺の余韻を楽しみながら
こうしてファイナル・養源寺フェスな夜は過ぎてゆくのでした。


…まず、レポートを記載している私芳賀が、当日写真をあまりとる余裕が無かったため
ライブの写真があまり無くて申し訳ありません。
倍音Sのホーメイ、口琴の演奏にはその不思議な音色に初めて聴く人は驚きを隠せず
谷中琵琶Styleの演奏では、演者の川嶋さんの艶のある演奏と座り姿に
終始うっとりするばかりでした。
そして最後の仰木亮彦&ザ・東京コンプレックスのコール&レスポンス…!
忘れられない2011年秋の思いでになりました。

maruike 106
素敵なナイスタグを組んだ、もち大臣・あゆミラクル(左)ともちプロ(右)

maruike 105
打ち上げ集合写真(千駄木・ペチコートレーン)。

いかんせん谷根千ツアー、これにて終了!
お越し頂いたみなさま!本当にどうもありがとうございました!!

maruike 112
また会おうね~。 (もちスタッフ)

<~仰木亮彦と巡る~いかんせん谷根千ツアー ファイナル・養源寺フェス>

<~仰木亮彦と巡る~いかんせん谷根千ライブ その四・谷中ボッサ>は
今回もたくさんのお客さまに来て
頂き、無事終了することが出来ました。
スペシャルゲストの山田しょうぶんさん、場所を使わせてくださった
谷中ボッサの方、そしてお越し下さったお客さま、本当にどうもありがとうございます。 

maruike 088
演奏中の様子

maruike 087

そして、ライブが終わった後は、ファイナル・養源寺ライブに向けての打ち合わせ。
本番に向けて意気込みはバッチリです! 

49d5529cb688fba8bb665444175f63e7


<~仰木亮彦と巡る~いかんせん谷根千ツアー ファイナル・養源寺フェス>

養源寺:東京都文京区千駄木5-38-3
日時:9月25日(日)OPEN:17:00~ START:17:30~
料金:¥1700
出演者:
倍音S(尾引浩志)/谷中琵琶Style(川嶋信子)/表現(Hyogen)/仰木亮彦&ザ・東京コンプレックス
最新コメント
  • ライブドアブログ