前回の<~仰木亮彦と巡る~いかんせん谷根千ツアー ファイナル・養源寺フェス>にお越し頂いたお客さま本当にありがとうございました。皆さまのおかげで無事ツアー最終日を迎えることが出来ました。

ほんの少しですが、ファイナル・養源寺フェスの様子を写真と共にお伝えしたいと思います。
今回もスタッフもちろんシマシマです。

maruike 090
午前中。お天気の中さっそく準備を始める。

maruike 092
一生懸命脚立にのってライトのくくりつけをしてくれているのはピンチヒッタースタッフ
とっつぁん&仰木二男・瑞希ック。

maruike 108
控え室では事務作業に勤しむスタッフたちも。

maruike 091
もち部隊もやる気満々?きね男の時代。

maruike 093
もち美女・稲葉さん(左)と、もち大臣・あゆミラクル(右)。
あゆミラクルはチラシのデザインも担当してくれました!よっ谷根千の出来る女!

maruike 107
日も暮れて来てもちの仕込みも準備ばんたんになりました。

maruike 111
もちプロと豚汁大臣・レオナママ。若い!もちプロは本当は議員さんらしいです。

maruike 099
開場。受付はくっちーが担当してくれたよ!

maruike 094
ファイナル・養源寺フェスの最初を飾ったのは表現(Hyogen)。

maruike 101
外では、休憩を利用してもちつきが行われました。

maruike 103
出演者・スタッフ・お客さん、いろんな人がもちつきにチャレンジ。
あいのてでもちをこねるはその道うん十年のもちプロ!

maruike 109
もちろん我らが仰木さんもつきました!


maruike 104
お陰さまでおもち&沖縄風豚汁は早々に完売。
ライブ&もち、お寺の余韻を楽しみながら
こうしてファイナル・養源寺フェスな夜は過ぎてゆくのでした。


…まず、レポートを記載している私芳賀が、当日写真をあまりとる余裕が無かったため
ライブの写真があまり無くて申し訳ありません。
倍音Sのホーメイ、口琴の演奏にはその不思議な音色に初めて聴く人は驚きを隠せず
谷中琵琶Styleの演奏では、演者の川嶋さんの艶のある演奏と座り姿に
終始うっとりするばかりでした。
そして最後の仰木亮彦&ザ・東京コンプレックスのコール&レスポンス…!
忘れられない2011年秋の思いでになりました。

maruike 106
素敵なナイスタグを組んだ、もち大臣・あゆミラクル(左)ともちプロ(右)

maruike 105
打ち上げ集合写真(千駄木・ペチコートレーン)。

いかんせん谷根千ツアー、これにて終了!
お越し頂いたみなさま!本当にどうもありがとうございました!!

maruike 112
また会おうね~。 (もちスタッフ)