愛「せっつーと歩夢が喧嘩?」

1: 名無しで叶える物語(茸) 2019/07/15(月) 19:35:26.67 ID:9V0HZGi3.net

愛「よっし!課題終了!!これはまた愛さんが1番のりになっちゃうかな~」

愛「イェーイ!!1番乗り!…ってあれ?歩夢にせっつー先に来てたんだ?」

歩夢「あっ!愛ちゃん!」

せつ菜「ちょうどいいところに来てくれました!愛さんもこの頑固な歩夢さんに言ってあげてください!!」

歩夢「が、頑固…!?…愛ちゃん!!愛ちゃんはもちろん私の味方だよね…?」ウルウル

愛「ちょ、何々!?2人とも近いって…そんなに詰め寄られると愛さんくるし~い!」

せつ菜「す、すみません!!つい熱くなってしまって…///」

歩夢「愛ちゃんごめんね…」シュン

愛「ん~ん♪良いって良いって♪それにしてもせっつーが熱くなるのはよくあることだけど…歩夢がこんなに熱くなるなんてすっごくレアじゃん!何があったの?」

せつ菜「よくぞ聞いてくれました!!……ずばり…」

愛「ずばり…?」ゴクリ

せつ菜「私と歩夢さん!可愛いのはもちろん歩夢さんというお話なんです!」

愛「…へっ?」

歩夢「愛ちゃんはもちろんせつ菜ちゃんの方が私なんかより可愛いと思うよね!?」

せつ菜「あっ!またそんなこと言って…私よりも歩夢さんの方が可愛いに決まってますよ!」

続きを読む

千歌「海の日の素敵なハプニング」

1: ◆EU9aNh.N46 2019/07/16(火) 20:43:05.43 ID:b03YeYAZO

梨子ちゃんルーム

千歌「りっこちゃ~ん、おっはよ~♡」

梨子「おはよう、千歌ちゃ……って何!? その格好」

千歌(ワンピース水着)「なにって水着だよ~♡ 見てわかんない?」

梨子「いや、それはわかるけど。何で朝から水着なの? しかもここ私の部屋だよね?」

千歌「いや、だってね。今日は年に一度の特別な日なんだよ!」

梨子「特別な日? 千歌ちゃんの誕生日……ではないよね? 8月1日だし」

千歌「うん……っていうか、もし忘れてたら軽くショックだったよ。付き合い始めてもう半年になるのに」

梨子「忘れる訳ないでしょ、世界で誰よりも好きな人が産まれた特別な日なんだもの♡」ニコッ

千歌「梨子ちゃぁ~んっ///」カァーッ

続きを読む

ルビィ「ブルーマジック?」善子「そうよ!ぜんっぜん疲れが溜まらない画期的なクッションなの!」

1: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/16(火) 19:57:12.10 ID:K3l5Cprp.net

ルビィ「うさんくさいなぁ……」

善子「なによ、せっかくこのヨハネがルビィのためを思って勧めてあげてるのに……」

ルビィ「だってヨハネちゃんが持ってきたこれ、ただハニカム状に穴が開いただけの座布団じゃん」

善子「そんなこと言わずに座ってみなさいって!」

ルビィ「う~ん、わかったよぉ……」

続きを読む

曜『ダイヤちゃん♡ダイヤちゃん♡』ダイヤ「んまぁぁぁ♡!!」ルビィ「姉ちゃあ煩い!!」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/07/15(月) 14:21:26.84 ID:TlaKz2IJ.net

カタカタッターン!!

ダイヤ「遂に完成しましたわ」

ダイヤ「…ゴクリ」カチャッ


曜『おはようダイヤちゃん♡』


ダイヤ「んまぁぁぁぁぁぁ♡」

続きを読む

海未「今日は海の日です」

2: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/07/15(月) 01:13:27.82 ID:vgFKqlvq.net

海未「私の名前にちなんで毎年、穂乃果とことりがお祝いしてくれていました」


海未「何故でしょうか、それが当たり前かのように思っていました」


海未「ですが、私たちはもう高校2年生…そして今はスクールアイドルもやっています」


海未「昔とは違い、それぞれに忙しくなってきています」


海未「でも海の日の今日になったと同時に穂乃果とことりは勿論、μ'sのメンバーからもお祝いのメッセージをいただいたのです」


海未「それぞれに忙しいと言うのに…ありがたいことです」


海未「嬉しい…です」


海未「……」


海未「なのに何故、寂しいと思ってしまうのでしょうか」

続きを読む

梨子「…私の乳首って大きいのかな…」曜「!?」

1: 名無しで叶える物語(庭) 2019/07/15(月) 03:38:22.60 ID:7/F7VD+a.net

曜「な、何を…」

梨子「ふぇっ!?…き、聞こえてた…?」

曜「…うん…」

梨子「あはは…なんでもないのよ、なんでも…ふと思っただけで…ああいや、違うの…えっと…」

曜「…私が確認してあげようか?」

続きを読む

千歌「チカが雑誌で36ページも特集されるのだ!」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/07/14(日) 09:54:14.41 ID:14F01van.net

千歌「表紙もチカなんだよ!すごくない!?これもうチカの時代来ちゃったていうか~」

美渡ねえ「あーはいはい、何回目だその話」

千歌「えへへ!でも今日ついに発売なんだよ!美渡ねえ仕事の帰りに買ってきてね!!」

美渡ねえ「はぁ!?なんで私!?」

千歌「内浦には雑誌なんて発売日に並ばないじゃん?ご近所さんに配る分と~、東京のお父さんお母さんに送る分と~、十千万の玄関に飾る分もいるから~ん~、200冊くらい?」

美渡ねえ「沼津中の買い占めるつもりかよ!!」

千歌「電撃G'sマガジンって雑誌だからね!よろしくー!いってきますのだー!!」ガラッダダダダダダダダッ

美渡ねえ「あオイ待て!…ったく…なんで私が…」

続きを読む

曜「うわあああ!」花丸「きゃああああっ」ドシン

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/07/14(日) 19:48:19.64 ID:cnP4JpQD.net

「ご、ごめん!」

窓から飛び込んできた曜とぶつかり、重なるように花丸と曜は倒れこんだ。

「大丈夫?けがはない?」

「は、はい」

曜に心配の声をかけられ、花丸は呆然としながらなんとか答えた。
花丸は背中から倒れこんだが、曜が頭を抱えてくれたので怪我などはしていなかった。しかしは花丸の頭の中は別のことで一杯だった。

「その…ぶつかった時…」

「あ…」

衝突時のことを思い出し、2人は赤面する。倒れこんだ際に2人の顔が接近し、軽く口同士が接触する―いわゆるキスをしてしまっていた。

続きを読む

善子「とんでもないことを知ってしまったわ」 曜「ふーん」

1: 名無しで叶える物語(奈良漬け) 2019/07/14(日) 21:00:49.05 ID:gD7ou10k.net

善子「ちょっと曜、少しは興味持ちなさいよ」

曜「えーまた堕天使云々の話でしょ。私、そういうのよく分からないからいいよ」

善子「…時間停止モノ」ボソッ

曜「善子ちゃん、話ってなに?」ズズッ

善子「ちょ、顔近いわよ//」

続きを読む

凛「ドーはかーよちんのードー」花陽「えっ?」

1: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/13(土) 23:57:33.36 ID:zZS/KiyH.net

花陽「私?」

凛「うん!かよちんにゃー」

続きを読む

ルビィ「うゅゅゅゅゅ……う~ん、違うなあ……」ダイヤ「ルビィ!いつまで鏡なんて見ているのです!?」

1: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/13(土) 20:41:57.34 ID:CmpkNHvT.net

ルビィ「ピギィッ!お、お姉ちゃん!な、何か用!?」

ダイヤ「着替えが終わったら一緒に部活にいく約束をしていたではありませんか!」

ルビィ「そ、そうだった!忘れてた!ルビィってほんと抜けてるよね……てへへ」

ダイヤ「ぶりっ子しても駄目ですわ!早く行きますわよ!」

ルビィ「ピギッ!?ぶりっ子じゃないよ!」

続きを読む

真姫「思い通りにならない雨と休日」

1: 名無しで叶える物語(八つ橋) 2019/07/14(日) 00:49:58.46 ID:mmo6xpNE.net

カフェ店内

真姫「……」

真姫「……」ペラッ

シツレイシマス
オノミモノノオカワリハヨロシイデスカ?

真姫「じゃあ珈琲で」

カシコマリマシター

続きを読む

歩夢「…せつ菜ちゃんのえっち♡」せつ菜「あ、いやっ!これは不可抗力で…///」アタフタ

1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/13(土) 20:07:18.34 ID:89QlorTC.net

せつ菜「あ、歩夢さん!」タッタッタッタ...

歩夢「せつ菜ちゃん!」ニコッ

せつ菜「あっ!」コケッ

歩夢「え?」

ズテーン!

せつ菜「あたたたた…」

せつ菜「あ、歩夢さん!大丈夫ですか!!」

歩夢「あ、うん…大丈夫だけど……///」

せつ菜「??」

歩夢「その手…離して欲しいな……///」

せつ菜「へっ?」モミッ

歩夢「やっ…///」ビクッ

せつ菜「…………」

せつ菜「ごごごごめんなさい!!!!!」バッ!

歩夢「…///」ドキドキ

せつ菜「…///」ドキドキ

歩夢「…せつ菜ちゃんのえっち♡」

せつ菜「あ、いやっ!これは不可抗力で…///」アタフタ

せつ菜「……///」

せつ菜(柔らかかった…)

歩夢ちゃんにだけラッキースケベを起こしてしまう童貞せつ菜ちゃんみたいなね

続きを読む

花陽「どうしたらいいの……」

1: 名無しで叶える物語(八つ橋) 2019/07/12(金) 23:57:40.47 ID:brp4Wygw.net

凛「……」ジィー

花陽「……?どうしたの凛ちゃん?」

凛「……あのねかよちん、凛、かよちんに言わなきゃダメなことがあるの」

花陽「……なにかなぁ?」

凛「ホントはもっと早く言うべきだと思ったんだけどね……」シュン…

続きを読む

凛「ドッキリをするにゃ☆」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/07/11(木) 23:37:47.86 ID:Gfw7FiqH.net

部室

凛「はぁ..早くみんな来ないかにゃぁ..凛一人で待っているのは退屈だよぉ..」

花陽と真姫は掃除当番で遅くなり、他の学年のメンバーもまだ姿を現さないため
凜は一人寂しく部室で暇をつぶしていた

凛「はぁぁ..部室に来れば誰かいると思ったんだけどな~ こんなことだったら凛もかよちん達が掃除が終わるまで教室で待っていればよかったにゃ..」

凛「.......」

凛(暇だから..誰かにドッキリでもしかけよう!!)

続きを読む

曜「善子ちゃん先輩!」

1: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/09(火) 22:35:55.88 ID:i+MmAvJA.net

ガラガラッ ピシャッ

曜「善子ちゃーんっ!お弁当食べよ!」

シーン

ザワザワ…クスッ…ザワザワ…クスクスッ…

曜「えっ?」

キーンコーンカーンコーンッ

曜「は、早かったぁ…//」

善子「…はぁ」ヤレヤレ

続きを読む

千歌「ウチの学校の銅像がμ'sのあの人に似てる件」

1: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/07/11(木) 19:10:08.85 ID:ZFbtvh1/.net

1ff4f0f2e50d2a97cf2525dcc9d0fda0



    「学院創設者の像」


千歌「この銅像、あの人に似てるよね……」

善子「見事なまでに、全身緑色ね……」

続きを読む

にこ「真姫が一人で温泉に入ってる」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/08(月) 21:24:18.43 ID:XtD1rZkD0

にこ「ふう、いい湯ね~。貸切なんてサイコーだわ。せっかくの温泉なのに昨日は穂乃果と凛と一緒に入ったから落ち着いて入らなかったし。お陰で海未には怒られるし。年上なのに…」

ぽちゃん

にこ「ん?あっちの方に誰かいるのかしら…って」

バシャ

真姫「誰?」

にこ「真姫じゃない。わ、私ったら何で隠れたのかしら」

真姫「ねえ?誰かいるの?凛?花陽?」

にこ「真姫ったら。私だって気づいてないのね」

続きを読む

千歌「今日は何食べたい?」曜「んー」

1: 名無しで叶える物語(たまごやき) 2019/07/09(火) 20:57:59.18 ID:Af9O2ZkM.net

曜「ハンバーグ」

千歌「またぁ?この前も作ったじゃん」

曜「千歌ちゃんの作るハンバーグは世界一であります!」

千歌「さわやかのハンバーグ」

曜「……千歌ちゃんのハンバーグ!!」

千歌「今迷ったでしょ」

曜「迷ってないよ?」

千歌「本当にぃ?」

曜「本当!ていうか千歌ちゃんの手作りならなんでも好き!」

千歌「///」

千歌「じゃあ今日も、そんなチカの料理が大好きなよーちゃんの為に頑張ってご飯を作るとしますか」

曜「えへへ」

千歌「よーちゃんの大好きなハンバーグをね♡」

曜「わーい!」クルクル

千歌(よーちゃん子供みたい)クス


曜「ん?」

千歌「?どしたのよーちゃん」

曜「あそこで何かやってるよ、何だろ?」

千歌「んん?どれどれ?」

続きを読む

名探偵真姫ちゃん「事件はこれでかいけつね!」

1: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2019/07/09(火) 22:33:41.76 ID:iqOJyS4K.net

名探偵真姫「迷い犬ねぇ、お気に入りの場所でもわかればいいんだケド」

助手凛「そんな時は凛にお任せにゃ!」 ※凛ちゃんはいろんな動物と話ができるぞ!


凛「シーチッチ、おいでおいで~このわんちゃん見たことないかにゃ~」

真姫「本当にわかるの?」

凛「わかったにゃ!この壁の穴を抜けた先の空き地に行ったんだって!」

真姫「本当?」

凛「さっそく行くにゃ!」ピョ-イ

真姫「あっ凛!もうっ」ヨイショ

スポッ!

真姫「あ、あれ?」

凛「あぁっ!真姫ちゃんのお尻がスッポリハマっちゃったにゃ!」

続きを読む
記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ