善子「私って実は魔法使いなの」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/07/24(月) 23:36:13.23 ID:fGpmaY0F.net

曜「え?善子ちゃん?」

善子「私って実は魔法使いなの」

曜「いや、聞こえてるよ!」

曜「どうしちゃったの?いきなり」

曜「善子ちゃんは堕天使じゃなかったの?」

善子「ごめんなさい 堕天使って設定だったのよ」

曜「そんな…」

続きを読む

穂乃果「スマホなしで待ち合わせ?」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/20(木) 21:00:08.66 ID:jD+NSRe0.net

にこ「そ、某バラエティ番組から出演の依頼が来たのよ」

凛「あぁー!凛それ知ってるよ!タクシーで移動するやつでしょ?」

花陽「でもなんで私たちが?」

にこ「人気が出てきたからに決まってるでしょ!」グッ

絵里「地上波ならたくさんの人が見てくれるし、知名度もぐっと上がるはずよ」

希「それなら出ない手はないやん!」

海未「うう…バラエティ…大丈夫でしょうか…」

真姫「そうよ!私はともかく海未は校内放送でもあの様なのに…」

ことり「大丈夫だよ!ディレクターさんの言う通りにしてれば問題ないと思うよ」

穂乃果「そうそう!じゃあ決まり!収録が楽しみだね!」

続きを読む

鞠莉「私とルビィちゃんだけの秘密」

1: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/07/24(月) 20:07:13.86 ID:md0RZBmK.net

私の知ってるルビィちゃんは人見知りで内気な女の子

まるで小動物みたいでじーっと見つめているとなんだか軽くつんつん…って突いてみたくなる

「ねぇ、ルビィちゃん」

二人きりの部室、暇になった私は唐突にルビィちゃんに話しける

「は、はい…?」

するとルビィちゃんは少しビクッと肩を揺らして返事をする
 

続きを読む

善子「うわぁ・・・えっろ・・・」曜「うへへ、これは当たりでヨーソローなぁ・・・!」

1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/07/21(金) 18:55:21.33 ID:eSPJi+5q.net

― 放課後 部室 ―

善子「曜さん、例のものは・・・?」

曜「ふふふ、ちゃんと持ってきたよ」


エロ本『~みかん畑で捕まえて~旅館の娘はご奉仕上手!?』バァーン!


善子「うわ、表紙えっろ・・・」

曜「いや~、これは良かったよ」

善子「そういえばこの間はハズレ買ったって落ち込んでたものね」

善子「タイトルなんだっけ・・・あぁ『信じて送り出した幼馴染がガチレズ同級生の変態壁ドン調教ドハマリしてババ抜き顔ピースビデオレターを送ってくるなんて...』だっけ」

曜「そうそう・・・内容はエロかったんだけどね・・・なんかこう、精神的にクるものが・・・」

善子「やっぱりNTRはありえないわね、純愛いちゃラブエッチこそ至高よ」

曜「だよねぇ!」

続きを読む

善子「えっちのあとの」梨子「たくさんおしゃべり」

1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/07/24(月) 00:20:21.99 ID:WP4+lCJS.net

よしりこ

続きを読む

ダイヤ「私がなんで怒っているかわかりますか?」ルビィ「ぜんぜん」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/24(月) 00:26:36.46 ID:YyJcfWDv.net

ダイルビ

続きを読む

千歌「もっともっとー!ほら!勢いよく挿れて!」 曜「……っ!」ヌプッ!ヌプヌプヌプヌプ!

1: 名無しで叶える物語(pc?)@\(^o^)/ 2017/07/23(日) 22:36:06.47 ID:OAYQZZzH.net

今となっては昔のことですが、海の底には人魚姫の姉妹が暮らしていました。
姉妹たちは退屈をしらず、毎日楽しくあそんでいました。


果南「曜ー! もう終わりなのー?」くすくす

曜「ちょっ、すぐ追いつくからっ!」ばしゃばしゃ

鞠莉「あともう少しよっ、ガンバッテ!」


そこでは、空を飛びかう鳥の代わりに、お魚が自由に泳ぎまわっています。
世にもめずらしい水草や、うつくしいさんごもたくさんありました。
金色の砂がゆらゆらと揺れ、海面からは光がさしこみ、まるで舞踏会のようでした。

続きを読む

善子「まさかずら丸がここまでヘタレだとは思わなかったわ」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/23(日) 21:54:29.66 ID:2gfPHLwC.net

善子「え? ずら丸が私に惚れるボタン?」

鞠莉「そう! 善子にプレゼント♡」

善子「小原グループって実は魔導科学者集団を束ねる秘密結社なの?」

鞠莉「さあ? 私が作ってってパパにお願いしたら、できちゃった♡」

善子「いにしえの魔導と現代科学を組み合わせなきゃ、こんなものできないでしょ!」

続きを読む

ことり「ことぱなピュアピュアラジオ!」 花陽「第1回スタートです!」

2: 名無しで叶える物語(雪だるま) 2017/07/23(日) 21:02:59.07 ID:dsUBl3ai0

ねえ、1つだけ、聞いていい?

私のこ~と~


ことり
「さあ始まりました!第1回ことぱなピュアピュアラジオ!」

花陽
「イヤちょっと待ってよことりちゃん!」

ことり
「なあに?」

花陽
「なあにじゃないよ!何これ!?」

ことり
「ことりとかよちゃんにラジオのオファーっていうから来てみたんだよ?」

花陽
「具体的に何やるとか聞いてないよ!?」

ことり
「第1回だから私達を簡単に紹介するんだって!」

花陽
「花陽何も聞いてないんだけど!?」

ことり
「でも普通にやっても面白くないから~」

花陽
「無視しないでことりちゃん!?」

ことり
「ことりがかよちゃんを、かよちゃんがことりを紹介するみたいだよ!」


花陽
「え?えええええ!?」




続きを読む

にこ「μ'sユニット決め」花陽「ドラフト会議です!」

1: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:21:15.17 ID:whfUQ9yRO


穂乃果「ど、どういうことなのにこちゃん…」


真姫「急にみんなを集めて何を言い出すのよ?」


にこ「なにって? 言葉の通りじゃない」


にこ「μ'sサブユニットのメンバー編成会議をするわよ!」


凛「……?」


海未「はあ……」


絵里「ハラショー、さすがにこね」


絵里「で、どういうことなの? にこ」


希(えりちもわかってないやん…)

続きを読む

SS 矢澤にこの誕生日

1: 名無しで叶える物語(しか)@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 21:57:54.41 ID:pM6yREB4.net

今日は7月22日

世間一般では特になんてことのない普通の日
毎日なにかしらの意味を無理やり作りたがるこの国の風習にあててみても、意識するような日ではない
一部この日に騒ぐ人達がいるが、世界規模でみるとやっぱり普通の日なのである

しかしその一部騒ぐ人達と同じように、私にとっても普通の日ではなくなった特別な日だったりする
 

続きを読む

穂乃果「あ、にこちゃんから電話だ…」

1: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 17:22:58.83 ID:1Yz/6rD+.net

prrrr...

prrrr... 


にこ「…」ソワソワ


prrrr...  

prrrr...   


にこ「…」イライラ

続きを読む

善子「ズラ丸が遊びに来た」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/07/21(金) 17:27:43.27 ID:i1PLbZ29.net

花丸「え?」

善子「…」

花丸「なにか言ったずら?」

善子「>>3

続きを読む

梨子「よっちゃんの毛先がやばすぎてやばい」

3: ◆faVaQe/4vI 2017/07/22(土) 00:57:44.42 ID:VZf+n5Oq0

梨子「もうね、最近のよっちゃんがやばいの」

曜「善子ちゃんがやばいって?」

梨子「朝学校で会うでしょ?」

千歌「会うね」

梨子「そうするとね、すっごい笑顔で駆け寄ってくるのよ」

曜「それは可愛い」

梨子「そしてそのまま抱きついてきて頬ずりまでしてくるの」


続きを読む

CM<先生はどなたを思ってるんですか?にこ「っ!?///」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 00:01:13.70 ID:+C74Uh9k.net

にこ「だあ~~~~~もうっ!///」

にこ「穂乃果のやつがこのCMのたびに妄想するからっ!」

にこ「しかも、その内容を詳細に私に聞かせてきたりするからっ!!」

にこ「なんか…条件反射でそれを思い出しちゃうというか…」

にこ「うぅ…///」カァッ

続きを読む

ことり「前略 木漏れ日の貴女へ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/21(金) 18:45:20.12 ID:+NyjqKO10



『東京のスクールアイドル、山で事故?』

4年前のその記事は、当時ちょっとした騒ぎになった。

彼女たちはまだ無名だったが、美しい少女たちを襲った悲劇に、世間は同情し興奮した。

怪我をしたのは9人のうち1人だけだった。

事故の際ずっと近くにいたという少女は、引きこもったままついぞ出てこなかった。

本当に事故だったのかと訝る声も少なくなかった。

怪我をした少女は、立ち入り禁止の場所に入り、足を滑らせただけだったと発表された。


少女は意識不明の重体のまま、病院で眠っていた。

記事が騒がれたのはここまでだった。


少女の意識は戻らなかった。

世間は真相がただの事故だったことに落胆していた。


彼女はまだ眠っている。

もはや彼女が世間話の種になることはない。


彼女はまだ眠っている。

数人の影がやせ細った腕にゆらゆら落ちた。



「私ね、一年前に、日本に帰ってきたの」

「もうすぐ戻らないといけないんだけどね。今は夏の終わりだけれど、ロシアって涼しいのよ。……って、こんな当たり前のこと言ってたら、私がポンコツみたいね」

「今日はね、話があってきたの。信じられる? あの娘がお見舞いに来たのよ」

「ね、海未?」

「もう、絵里ったら、人が悪いですよ……」

「……」

「……」

「「くふっ」」


くつくつと押し殺した笑い声が病室を浸し、煙のように消えた。


「ああ、そう、そうだったわね、話よ。話があるの。どこから話そうかしら……」

彼女の長い髪の一房に、金の髪が触れる。


「そうね、ここから始まったのよ。遅すぎるくらいだけれど」






「夏の終わりにね、海未から手紙が来たの」





      *




続きを読む

にこ「トンカラトンの噂?」

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/07/21(金) 23:46:50.45 ID:kdTi/XXr.net

にこ「なにそれ?」

希「あれ?にこっちトンカラトン知らへんの?トンカラトンって言うのはね…」

続きを読む

善子「ここに氷があるとするじゃない?」

2: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/07/20(木) 12:04:41.48 ID:cNTELKj/.net

ルビィ「うん」

善子「で、それを手のひらに乗せていたとするでしょ?」

ルビィ「ええ~、なんでそんなことするの」

善子「いいから聞きなさい、そしたら氷はどうなると思う?」

ルビィ「うーん、溶けちゃうね」

善子「そう、体温で溶けるのよ」

ルビィ「ねぇ善子ちゃん、それがどうかしたの?」

善子「まあつまりね──」



善子「暑いから離れて欲しいんだけど」

続きを読む

かすみ「天王寺璃奈へ」璃奈「何かいてるの?」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/07/21(金) 19:39:37.03 ID:+K4CRjZ2.net

かすみ「わっ!? り、りり、りな子!?」アセアセ

璃奈「今私に何か書いてた? 璃奈ちゃんボード『きょとん』」

かすみ「べ、別に書いてないけど?」

かすみ「あ、それはそうと、1位おめでとう!」

璃奈「ありがとう。私が1位なんてびっくりなの」

璃奈「かすみちゃんも3位おめでとう。璃奈ちゃんボード『ぶいっ♪』」

かすみ「まあかすみだし当然よね。もっと上の順位じゃないのは残念だったけど」

続きを読む

穂乃果「生徒会長対談」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/19(水) 11:52:51.41 ID:f03IbJ230

司会「生徒の皆さんこんにちは。今日のお昼の校内放送の時間です。今日のゲストは生徒会長の高坂穂乃果さん。そして、前生徒会長の絢瀬絵里さんのお二人です」

穂乃果「どうも~」

絵里「こんにちは」

続きを読む
記事検索
Loading
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ