1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:29:21.60 ID:tFEJo9wZ0

~教室~

恒一「皆して見崎をいない者のように扱って……」

恒一「これは立派ないじめだよ!!」バンッ

望月「」ビクッ

勅使河原「お、落ち着けってサカキ……これには理由がだな」

風見「そうだよ、これには深い訳が……」

恒一「理由ってなんだよ! いじめに理由もクソもあってたまるか!」

恒一「こんな理不尽……僕には許せない!!」



2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:31:51.08 ID:tFEJo9wZ0

赤沢「ち、ちょっと待って恒一くん」

恒一「赤沢さん……」

赤沢「とりあえず話を聞いて頂戴」

恒一「……僕が皆に見崎のことを聞き出そうとしたときははぐらかしてた癖に、今さら話を聞けだって?」

赤沢「それは……」

恒一「ふざけるのもいい加減にしてよ!」バンッ

赤沢「ひっ」ビクッ



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:34:13.75 ID:tFEJo9wZ0

恒一「それに聞いた話だといじめの首謀者は赤沢さんだって言うじゃないか」

赤沢「え? いや、私は首謀者じゃなくて対策係……」

恒一「対策係ってなんだよ! 意味のわからない役職を作ってまで見崎を追い詰めるなんて……!!」

赤沢「だから話を……」

恒一「まさか赤沢さんがそんな人だとは思わなかったよ……失望した!」

赤沢「!?」

恒一「悪いけど、もう赤沢さんのことは信用できない」

赤沢「そ、そんな……」



6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:36:48.61 ID:tFEJo9wZ0

鳴「榊原くん」

恒一「! 見崎……」

鳴「榊原くん、こんなことはやめて」

恒一「!?」

鳴「私のことはいいから……これは仕方のないことなの」

恒一「見崎……」

鳴「私はいないものなんだから」

恒一「っ……! 見崎!」ガシッ

鳴「っ!?」ビクッ

恒一「自分のことをそんな風に言っちゃだめだ! 見崎はいないものなんかじゃない!」

鳴「え? いやそういうことじゃなくて……」



7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:38:53.57 ID:tFEJo9wZ0

恒一「今まで辛かったよね……わかるよ見崎の気持ち」

鳴「だからね、そうじゃなくて……」

恒一「大丈夫、言わなくていい。全部わかってるから」

鳴「いや絶対にわかってない」

恒一「安心して、僕は見崎の味方だから」

鳴「いや気持ちはありがたいんだけど」

恒一「僕が絶対に見崎のことを救ってみせる」

鳴「いやあの……」



10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:42:08.94 ID:tFEJo9wZ0

恒一「」キッ

赤沢「ひっ」ビクッ

恒一「……行こう見崎」

鳴「え?」

恒一「こんな人たちとなんて一緒にいれないよ。さ、早く」

鳴「え、あの、ちょっと待――」


ガララッ ピシャンッ!!


赤沢「……」ポカーン

勅使河原「どうすんだよこれ?」

風見「僕に聞かないでくれよ……」

久保寺「……えー、では授業を続けます。32ページを開いて――」



12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:44:39.79 ID:tFEJo9wZ0

恒一「……」スタスタ

鳴「ちょっ、ちょっと……」

恒一「……」スタスタ

鳴「待って……待って榊原くんっ!」グイッ

恒一「? どうしたの見崎?」

鳴「話を聞いて、榊原くんは勘違いしてる」

恒一「勘違い?」

鳴「そう、勘違い……私がいない者にされてるのはいじめじゃないの」

恒一「いじめじゃない……?」

鳴「うん……私がいないものにされてるのは、3年3組の災厄のせいなの」

恒一「災厄?」



14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:46:40.87 ID:tFEJo9wZ0





鳴「――と言う災厄が3年3組にはあるの」

恒一「……」

鳴「だから誰か一人をいない者にして、クラスの人数を合わせてるってわけ」

恒一「……」

鳴「理解してくれた?」

恒一「……見崎」

鳴「なに?」

恒一「そんな災厄なんてあるわけないだろう?」

鳴「え?」



15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:48:42.64 ID:tFEJo9wZ0

恒一「まさか見崎、そんなオカルト的なことを信じてるの?」

鳴「え……」

恒一「そんな話現実にあるわけないじゃないか、誰かの作り話に決まってるさ」

鳴「……違うわ、作り話なんかじゃない本当の話。現に何人も人が死んでる」

恒一「偶然じゃないの?」

鳴「偶然だとしても死者の数が多すぎ。明らかに不自然」

恒一「うーん……にわかには信じがたいけど」

鳴「お願い、信じて」

恒一「……」



16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:51:07.74 ID:tFEJo9wZ0

恒一「……わかった、見崎のこと信じるよ」

鳴「!」

恒一「と言うことは、クラスの皆もその災厄のせいで見崎をいない者にしてたんだね」

鳴「うん、そういうこと」

恒一「なんて理不尽なんだ……」

鳴「……仕方ないの、これはそういう現象だから」

恒一「……よし、決めた!」

鳴「え?」

恒一「僕がこの災厄を止めてみせる!!」

鳴「……は?」



19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:55:03.52 ID:tFEJo9wZ0

恒一「災厄さえ止めればいない者をつくる必要もなくなるんだろ?」

鳴「え? ま、まあ……」

恒一「なら僕に任せてよ!」

鳴「任せてって……無理よ、災厄を止めるなんて」

恒一「無理じゃないさ、人間努力すればなんでもできるものだよ」

鳴「だから」

恒一「何事もやってみないとわからないって」

鳴「あの」

恒一「そんな現象――僕がぶち殺す!!」

鳴「」



22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:00:28.71 ID:tFEJo9wZ0

恒一「そうと決まれば、まずは教室に戻らないとね」

鳴「教室に?」

恒一「うん、災厄のせいでクラスの皆が見崎をいじめてたって言うなら彼らも被害者の側だよ」

恒一「なのに赤沢さんたちに酷いことを言って……謝りにいかないと」

鳴「……そうね」

恒一「そしてきっちり謝った後に宣言するんだ」

鳴「え? 何を?」

恒一「僕が災厄を止めるってことをだよ」

鳴「えっ……」




23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:03:01.79 ID:XvQnDNqBO

この恒一はきっとウニ頭


67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:33:45.58 ID:mKufQrDOO

>>23
想像してワラタwwww




24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:03:08.82 ID:tFEJo9wZ0

恒一「そして見崎がもういない者になる必要も無いってちゃんと説明するんだ」

鳴「なっ……」

恒一「そうすれば皆も災厄に怯えることもなく安心する筈だ!」

鳴「えぇぇ……」

恒一「そうと決まれば早く教室に行こう!」

鳴「ち、ちょっと待――」

恒一「あれ? あそこにいるのって桜木さん?」

鳴「え?」



桜木「あ……」



26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:05:12.50 ID:tFEJo9wZ0

恒一「丁度よかった桜木さん、実は話が――」

桜木「っ――!」ダッ

恒一「え!? ちょっと待ってよ桜木さん!」ダッ

鳴「えっ? あ、ちょっと」

恒一「見崎はそこで待ってて!」

鳴「あ、はい」



27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:07:37.09 ID:tFEJo9wZ0

桜木「はぁっ、はぁっ……!」タタタタ

桜木(なんでこんな時に見崎さんと榊原くんが……!)

桜木(とにかく、今は早く病院に急がないとっ……!?)

桜木「きゃっ!?」コケッ

桜木(!? しまった、足が……!)


カツーン カツーン バスンッ


桜木(あっ、傘が開いて――)


ガクンッ


桜木(えっ――ちょっと待って、これ)

桜木(このまま落ちたら、傘が突き刺さって――)



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:10:17.88 ID:tFEJo9wZ0

桜木(うそ、そんなっ)

桜木(わたし、死――)

恒一「桜木さんっ!!」ガシッ

桜木「えっ……」

恒一「うわっ!?」

ドタドタゴロゴロゴロ

桜木「きゃああっ!!」

恒一「っつう!?」

ゴロゴロゴロ――ドシンッ!!



35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:12:45.57 ID:tFEJo9wZ0

恒一「いたたたた……」

桜木「……え、わ、私、どうなって」

恒一「……怪我は無い? 桜木さん」

桜木「え? さ、榊原……くん?」

恒一「駄目だよ階段を慌てて降りたら。危うく怪我するところだったよ?」

桜木「あ……」

恒一「うわっ、傘が開いてる……これもう少し横に落ちてたら刺さってたかもね」

桜木「あ……わ、私……」ブルブル

恒一「どうしたの?」

桜木「私……私……」ブルブルブル

恒一「……大丈夫? すごい震えてるよ」



38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:14:20.33 ID:tFEJo9wZ0

桜木「私、もう少しで……死にそうになって……」ガタガタガタ

恒一「……桜木さん」

桜木「いや……やだっ私……死にたくっ、死にたくな――」

恒一「桜木さんっ!」ギュッ

桜木「きゃっ!?」



43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:16:46.77 ID:tFEJo9wZ0

恒一「安心して桜木さん」ナデナデ

桜木「なっ……さ、榊原くん!? なにを……」

恒一「桜木さんのことは僕が守るから」

桜木「えっ」ドキッ

恒一「絶対に桜木さんのことを死なせたりしない」

桜木「っ……」ドキドキ

恒一「だから安心して? ね?」ナデナデ

桜木「榊原くん……」



51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:20:01.74 ID:tFEJo9wZ0

鳴「榊原くんっ」パタパタ

恒一「あっ、見崎」パッ

鳴「すごい音がしたけど大丈夫?」

恒一「ああ……大丈夫、ちょっと階段から落ちただけだから」

鳴「……それはちょっとで済まされることなの?」

恒一「僕も桜木さんも怪我は無いし、問題無いって。ね? 桜木さん」

桜木「……」ポー…

恒一「? 桜木さん?」

桜木「……」ポー…



56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:23:08.91 ID:tFEJo9wZ0

恒一「桜木さん!」

桜木「っ!?」ハッ

恒一「どうかしたの?」

桜木「あ、ははははいっ! なにがですか!?」

恒一「なにって、何度も呼んだのに返事がなかったんだけど」

桜木「あっ……ご、ごめんなさい。私ぼーっとしちゃってて」

恒一「もしかして……やっぱり何処か怪我を?」

桜木「いいいいえっ! 大丈夫です!」

恒一「そっか、よかった」ニコ

桜木「あっ……」カァァ

鳴(……なんだこれ?)



60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:27:36.24 ID:tFEJo9wZ0

恒一「そういえば桜木さん、何処かに急いでたんじゃ?」

桜木「えっ……そうだ! わたしお母さんが事故に遭ったって聞いて……!」

恒一「事故!?」

桜木「急いで病院に行かないと!!」

恒一「わかった、僕も行くよ!!」

桜木「ええっ!?」

鳴「!?」



64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:31:51.96 ID:tFEJo9wZ0

鳴「え……なんで榊原くんまで?」

恒一「級友のお母さんが危篤なんだよ!? 心配に決まってるじゃないか!!」

鳴「いやまだ危篤って決まったわけじゃ」

桜木「榊原くん……」ジーン

鳴「え? なにその反応?」

恒一「急ごう桜木さん! 今校門前にタクシーを呼んだから!」

桜木「あ……ありがとうございます! 榊原くん!」

恒一「それじゃ見崎、先生たちには早退するって言っておいて! 頼んだよ!」

鳴「え、あ、うん」



83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:58:36.99 ID:tFEJo9wZ0

~病院~

ガララッ

看護婦「こちらです!」

桜木「……お母さんっ!!」

桜木母「……」

桜木「お母さん! しっかりして!」

桜木母「……ゆか、り……?」

桜木「お母さん……!」



85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:00:22.30 ID:tFEJo9wZ0

桜木母「ゆかり……」

桜木「お母さんしっかりして! 先生、お母さんは……お母さんは助かるんですか!?」

医者「でき得る限りの処置は施しました。しかし今後容態がどうなるかは……」

桜木「そんな……!」

医者「おそらく、今夜が山でしょう」

桜木「っ……!」

桜木母「……ゆかり」

桜木「! どうしたのお母さん!?」

桜木母「ごめんね、ゆかり……」

桜木「えっ……」



88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:03:39.60 ID:tFEJo9wZ0

桜木「なっ、なんで……なんで謝るの!?」

桜木母「……いいの、わかってるわ……自分の体のことだもの」

桜木「いやっ……いやだよお母さん! そんなの、私……」

桜木母「……ゆかり」

桜木「……なに? お母さん」

桜木母「……私、いい母親だったかしら?」

桜木「っ――!! お母さんっ……!!」

桜木母「ごめんね、ゆか――」



「諦めちゃ駄目だ!!」



91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:06:53.38 ID:tFEJo9wZ0

桜木母「……え?」

桜木「榊原くん……」

恒一「諦めちゃ……こんなところで死んじゃだめだ!!」

医者「なっなんだ君は!? なんで病室に……」

恒一「僕は桜木さん……いえ、ゆかりさんのクラスメイトの榊原恒一です」

桜木母「ゆかりの……クラスメイ、ト……?」

恒一「ゆかりさんのお母さん!」

桜木母「……? 私……?」



97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:13:08.05 ID:tFEJo9wZ0

恒一「どうして諦めるんですか!!」

桜木母「……あきら、める……?」

恒一「お母さんだって死にたくない筈です! ならどうして諦めるんですか!!」

桜木母「……でも……私はもう……」

恒一「今死んだら、悲しむのはあなたの娘さんなんですよ!?」

桜木母「っ!」

恒一「だから生きてください! こんなところで……諦めないでください!!」

桜木母「っ……ゆか、り……」



99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:16:13.38 ID:tFEJo9wZ0

看護婦「!? 先生、患者の血圧が……!」

医者「なんだって!? これは一体……」

桜木母「……ごめんねゆかり」

桜木「お母さん……」

桜木母「お母さんがバカだったわね……ゆかりを置いていこうとするなんて」

桜木「いいの……いいの、お母さん」

桜木母「ゆかり……」

桜木「なに? お母さん」

桜木母「……いい彼氏を持ったわね」

桜木「……ええっ!?」



104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:21:15.92 ID:tFEJo9wZ0

桜木「かっかかか彼氏なんかじゃ――」

看護婦「すいません! どいてください!」

桜木「きゃっ!?」

医者「患者の容態が若干の回復を見せました! 今から手術室で再処置を行います!」

桜木「え? それって……」

医者「はい! 助かるかも知れません!」

桜木「!! ほ、本当ですか!?」

恒一「……! よかったね桜木さん!」

医者「今から急いで手術室に運びますので、申し訳ありませんが外で待っていて貰えますか?」

恒一「わかりました……行こう、桜木さん」

桜木「は、はいっ!」



106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:25:13.95 ID:tFEJo9wZ0

恒一「よかったね桜木さん、お母さん助かりそうで」

桜木「はい……本当によかったです」

恒一「うん……」

桜木「本当に……ほん、とに……うっ、ぐすっ」

恒一「えっ……どうしたの!?」

桜木「ごめっ、ごめんなさい……安心したら急に……ぐすっ、ひっく」

恒一「……桜木さん」

桜木「ぐすっ、うっ、うぇ」

恒一「桜木さん」ギュッ

桜木「ふぇっ!?」ビクゥッ



107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:29:16.91 ID:tFEJo9wZ0

恒一「泣いてもいいよ」

桜木「さ、さかきばら、くん……」

恒一「胸ぐらいならいくらでも貸せるからさ」

桜木「っ……! ありっ、ありがとう……ございます」

桜木「……うっ、うぇっ、ぐすっ」

恒一「……」

桜木「ぐすっ……うぇ、うぇええぇええん!」

恒一「……」ナデナデ

桜木「うぇええ……よかっ、ほんとに……うぅうう……よかったよぉ……」



110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:33:45.61 ID:tFEJo9wZ0

~十数分後~

桜木「……榊原くん、ありがとうございました」

恒一「ううん、気にしないで」

桜木「ごめんなさい、みっともないところを見せてしまって……」

恒一「そんなことないよ」

桜木「でも……ううん、とにかくありがとう」

恒一「うん、どういたしまして」

桜木「……そうだ! 榊原くん学校に戻らないと!」

恒一「えっ?」



112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:37:00.98 ID:tFEJo9wZ0

桜木「だってまだ授業中だったのに……」

恒一「……ああ、そういえばそうだったね」

桜木「私のことはもう大丈夫ですから、先に学校に戻っていてください」

恒一「……うん、わかったよ」

桜木「はい……本当にありがとうございました、榊原くん」

恒一「ううん、桜木さんの方こそお大事にね」

桜木「榊原くんも気を付けて」

恒一「それじゃ、また学校で!」

桜木「――はいっ!」ニコッ



113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:39:55.67 ID:tFEJo9wZ0

~学校~

恒一「……とは言ったものの、帰ってきた頃にはもう放課後か」

恒一「仕方ない、今日は鞄を回収してさっさと帰るか」

鳴「……榊原くん?」

恒一「あれ? 見崎、まだ学校にいたんだ」

鳴「うん、ちょっと図書室に寄ってたから」

恒一「そうなんだ」

鳴「桜木さんは大丈夫だったの?」

恒一「ああ、お母さんも何とか助かりそうだよ」

鳴「そう、よかったね」

恒一「うん」



117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:43:42.67 ID:tFEJo9wZ0

恒一「もうクラスの人は全員帰っちゃった?」

鳴「そうね、部活の無い人は皆帰ったと思う」

恒一「そうか……仕方ない、皆に説明するのはまた明日にするか」

鳴「……ねえ」

恒一「なに?」

鳴「本気なの、その……災厄を止めるって」

恒一「もちろん本気さ、冗談でこんなこと言うつもりはないよ」

鳴「……」



119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:45:51.20 ID:tFEJo9wZ0

恒一「それに、話に寄れば今月中に現象が起こらなければ今年は無い年ってことになるんでしょ?」

鳴「……」

恒一「なら、今月だけでも誰かが死ぬのを食い止めれば――」

鳴「駄目だよ」

恒一「……え?」

鳴「……もう、駄目かもしれないよ」

恒一「……どういうこと?」

鳴「……気を付けて」

恒一「え?」



鳴「もう――始まってるかもしれない」



122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:52:13.02 ID:tFEJo9wZ0

~翌日・学校~

桜木「おはようございます」

赤沢「ゆかり!? 大丈夫なのあなた、お母さんは……」

桜木「心配してくれてありがとう、大丈夫だよ」

赤沢「本当に?」

桜木「ええ、お医者様ももう命の心配はないって……」

桜木「少し後遺症が残るかもしれないけど、それもリハビリで何とかなるらしいですから」

赤沢「そう、よかっ――」


ガラッ ピシャン!!


恒一「皆に話がある!!」

クラス一同「!?」ビクッ



124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:55:48.85 ID:tFEJo9wZ0

恒一「……」スタスタ

勅使河原「……どうしたんだサカキのやつ」ヒソヒソ

望月「さあ……話ってなんだろう?」ヒソヒソ

赤沢(恒一くん……なんのつもり……?)

恒一「……」ピタッ

勅使河原「お? 教壇に立ったぞ?」

風見「なにが始まるんだ一体……」



129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:59:12.32 ID:tFEJo9wZ0

恒一「……」

クラス一同「……」ゴクリ


恒一「――――僕が災厄を止める」


勅使河原「……え?」

望月「さ……災厄を止める……?」

赤沢「なっ、なにを言ってるの恒一くん!?」


ザワ…  ザワ…

   ザワ…  ザワ…


恒一「静かにして!」バンッ

クラス一同「」ビクッ



133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:04:35.50 ID:tFEJo9wZ0


シーン…


恒一「話は見崎から聞いたよ、3年3組にある災厄のことについて」

赤沢「……見崎さんから?」

恒一「ああ、なんでもその災厄を止めるために見崎をいない者にしていたらしいね」

赤沢「……」

勅使河原「ま、まあ……そうなるな」

恒一「――なら僕がその災厄を止める」

赤沢「……は?」



135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:07:22.88 ID:tFEJo9wZ0

恒一「だから見崎のいない者は解除してやってくれないか?」

赤沢「だっ駄目に決まってるじゃないそんなの! そもそも災厄を止めるなんてどうやって――」

恒一「僕がクラスの皆を守る」

赤沢「え?」

恒一「皆が死なないよう、僕がクラスの皆……それに皆の家族のことを守るよ」

赤沢「なっ……!?」

恒一「だからもういない者をつくる必要なんてない!」

赤沢「な、何を言ってるの一体……」



142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:14:09.29 ID:tFEJo9wZ0

風見「待ってよ榊原くん、そんなの無理に決まってるじゃないか」

勅使河原「そうだぜサカキ! そんなスーパーマンみたいなことできるわけねえって!」


 「だよね、そんな守るなんて……」

         「一体何考えてんだよあいつ」

    「無理だってそんなの」

               「馬鹿じゃないの」


恒一「……皆不安がるのは当然かも知れない」

恒一「でも僕は本気だ!! こんな理不尽な現象、僕には許せない!!」

赤沢「無理よ恒一くん、現象は一度始まったら止まらない……防ぐにはいない者を作るしか――」

桜木「私は榊原くんを信じます」

赤沢「えっ!?」



145 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:18:18.97 ID:tFEJo9wZ0

赤沢「ゆかり? なにを言って」

桜木「私は榊原くんのことを信じます!」ガタッ

風見「さ、桜木さん、正気……?」

桜木「もちろん正気です」

恒一「桜木さん……」

桜木「……榊原くんは、昨日階段から転げ落ちそうになった私を身を挺して守ってくれました」

赤沢「!?」

桜木「あのまま榊原くんが助けてくれなかったら……きっと私は死んでいたと思います」

赤沢「ゆ、ゆかり……」



148 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:21:34.76 ID:tFEJo9wZ0

桜木「それに私のお母さんも……危ない所を榊原くんの言葉で救ってくれました」

桜木「だからきっと……きっと榊原くんなら皆のことも守れる筈です!!」

赤沢「ええええ……」

勅使河原「どうなってんだ一体……」

恒一「桜木さん……

桜木「あっ……ご、ごめんなさい榊原くん! 私でしゃばった真似を――」

恒一「ありがとう」ニコッ

桜木「!」ドキッ

恒一「桜木さんが僕のことを信用してくれて、嬉しいよ」

桜木「そ、そんな私は……」カァァァ



風見「」




151 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:25:05.61 ID:O76tnz4C0

風見……



152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:25:25.72 ID:tFEJo9wZ0

恒一「……そういうわけだよ、これからは僕が皆を守る」

赤沢「本気なの? 恒一くん……」

恒一「何度も言ってるじゃないか、本気だって」

赤沢「そんな……」

恒一「それと、赤沢さん……それにクラスの皆」

赤沢「え?」

恒一「ごめん!!」ブンッ

赤沢「ええっ!? なんで突然頭下げて……」



158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:31:59.50 ID:tFEJo9wZ0

恒一「昨日、僕は事情を知らなかったとはいえ皆に……特に赤沢さんにあんなひどいことを言ってしまって」

赤沢「え? あ、ああ……そうね、色々言われたわね」

恒一「謝って許してもらえるとは思えないけど」

赤沢「……いいのよ、事情を説明し切れてなかったこっちにも責任はあるわ」

恒一「赤沢さん……」

赤沢「だからもう気にしないで――」

恒一「赤沢さんっ!!」ガシッ

赤沢「ひゅえっ!?」

恒一「ありがとう! やっぱり赤沢さんはいい人だったよ!」ギュッ

赤沢「あっ、は、はい」カァァァ

赤沢(こ、恒一くんが……私の手をこんな強く握って……)ドキドキ



中尾「」

勅使河原「」



164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:39:40.39 ID:tFEJo9wZ0

恒一「よし、それじゃあ赤沢さんからも言ってくれる?」

赤沢「……」ボー…

赤沢「……えっ? なにが?」

恒一「見崎のいない者を解除することだよ」

赤沢「えっあっうんいいわよ」

恒一「ありがとう! それじゃ皆、そういうことだから!」


  「……まあ委員長が赤沢が言うんなら」

      「そうだな」    
                 「うん」
   「そうね、対策係だし」

        「いない者にするのも心が痛むしな」


勅使河原「おい、いいのかよ赤沢!?」

赤沢「……えっ? なにが?」

勅使河原「駄目だこりゃ……」



171 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:46:54.82 ID:tFEJo9wZ0

恒一「それじゃあ僕は見崎にこのことを伝えてくるよ!」

赤沢「えっ?」

望月「見崎さんに? と言うかまだ学校来てないみみたいだけど……」

恒一「そういえばそうだね……よし! ちょっと探してくるよ!」

勅使河原「は?」

恒一「こんな朗報はいち早く伝えないと! それじゃ先生が来たらそう言っておいて!」

赤沢「えっ、ちょ、ちょっと待っ――」

恒一「じゃっ、また後で!」タッ


ガラッ ダダダダダダ…


赤沢「……」

勅使河原「行ってしまった……」

望月「まるで嵐のようだったね……」



178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:54:53.80 ID:tFEJo9wZ0

恒一「――あっ! いた! おーい見崎ー!」

鳴「……榊原くん? なんで下駄箱まで……」

恒一「見崎に伝えなきゃいけないことがあるんだ!」

鳴「伝えなきゃいけないこと?」

恒一「ああ! もう見崎はいない者になる必要はないんだ!」

鳴「え?」

恒一「クラスの皆を説得したんだ! これからは僕が災厄を止めるって!」

鳴「……そうなの」



182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 22:58:26.90 ID:tFEJo9wZ0

鳴「ありがとう榊原くん、私のために」

恒一「ううん、これは僕がやりたいからやっただけだよ」

鳴「……ねえ、榊原くん」

恒一「でも?」

鳴「これから榊原くんはどうするの?」

恒一「どうするって?」

鳴「本当に災厄から皆を守りきるつもり?」

恒一「もちろん! 絶対に守るさ!」

鳴「……もし」

恒一「?」



185 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:03:56.56 ID:tFEJo9wZ0

鳴「もし守れなかったら?」

恒一「え?」

鳴「万が一守りきれずに誰かを死なせてしまったら……どうするの?」

恒一「……」

鳴「……きっと皆後悔する筈よ、これならおまじないを続けておくべきだったって」

恒一「……」

鳴「そしてきっと、そのおまじないを止めさせた榊原くんのせいって――」

恒一「大丈夫」



188 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:08:06.24 ID:tFEJo9wZ0

鳴「……大丈夫って?」

恒一「絶対にそんなことは起きないさ」

鳴「根拠はあるの?」

恒一「根拠はないけど自信はあるよ」

鳴「自信って……」

恒一「それに、僕はこう見えても諦めだけは悪いんだ」

恒一「誰かが死んだその時は、生き返らせる方法を探すと思うよ」

鳴「……死んだ人間が生き返る筈ないじゃない」

恒一「だろうね……それでも、絶対に探して見つけてやるさ」

鳴「……榊原くんって、バカね」

恒一「ば、バカ!?」



190 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:12:56.86 ID:tFEJo9wZ0

鳴「うん、バカ」

恒一「そんな……僕はバカじゃないよ」

鳴「ううん、絶対にそうよ……ホント、自分にバカ正直」

恒一「ええー……」

鳴「……そろそろ教室いこ? もうホームルーム始まってるよ」

恒一「え? あっホントだ! 急がないと!」

鳴「ほら、早く」

恒一「あっ! ちょっと待ってよ見崎!」


タタタタ…



193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:18:45.11 ID:tFEJo9wZ0

~数日後~

水野姉「あれ、そこにいるのはもしやホラー少年?」

恒一「え? あ、水野さん。お久しぶりです」

水野姉「久しぶりねー! 退院して以来じゃない?」

恒一「そうですね」

水野姉「もう胸の様子は大丈夫そうかしら?」

恒一「はい、おかげさまですっかりですよ」

水野姉「そう、よかったよかった……そうだ! 折角だからそこらへんで何か食べてかない?」

恒一「え?」

水野姉「折角会ったんだからちょっと付き合いなさい! ほら行くわよ!」グイッ

恒一「ちょっちょっと待ってくださいよ!」




196 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:20:46.75 ID:Pj5qIl/K0

沙苗さんきたー



199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:24:54.53 ID:tFEJo9wZ0

~店内~

水野姉「へえ、それじゃあ病院のエレベーターで会った女の子には会えたんだ」

恒一「はい、実は同じクラスの子だったぽくて……」

水野姉「ほー、同じクラスのねえ」

恒一「見崎鳴って言う子で……ちょっと色々事情があって仲良くなったんです」

水野姉「よかったじゃない! 私はホラー少年の恋を応援するよ!」

恒一「こ、恋!? いやそんなんじゃ――」

水野姉「そうだ! 携帯の番号教えてくれる?」

恒一「……え? 携帯の番号?」

水野姉「恋愛相談ならいつでも乗ってあげるって意味よ! ほらほら早く携帯出して!」

恒一「だからちょっと待ってくださいってば!」



201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:26:46.52 ID:tFEJo9wZ0

水野姉「それじゃ、何かあったら電話してね」

恒一「は、はぁ……」

水野姉「ばいばーい!」

恒一「さようなら……」

恒一「……」

恒一「……相変わらずだったなあ、水野さん」

綾野「相変わらずって?」

恒一「わっ!?」



202 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:28:56.58 ID:tFEJo9wZ0

綾野「やっほーこういっちゃん、こんな所で奇遇だね」

恒一「あ、綾野さん……? なんでこんな所に」

綾野「え? 決まってんじゃん、こういっちゃんと一緒だよ」

恒一「僕と一緒?」

綾野「うん、だってこういっちゃんもサボりでしょ?」

恒一「いや、僕は病院に用事があって学校休んでるんだけど」

綾野「えっ」

恒一「えっ」

綾野「……」

恒一「……」

綾野「……あ、あははー」

恒一「綾野さん……」ジトー



204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:32:28.59 ID:tFEJo9wZ0

恒一「駄目だよ綾野さん、サボりは」

綾野「ごめんごめん……そ、それよりさ」

恒一「ん? なに?」

綾野「……実はこういっちゃんに聞きたいことがあるんだけど」

恒一「僕に聞きたいこと?」

綾野「うん……こういっちゃん言ったよね、クラスの皆を守るって」

恒一「ああ言ったよ」

綾野「クラスメートの大半が思ってることなんだけど……こういっちゃんは本当に皆を守れるのかって」

恒一「……どういうこと?」



205 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:35:17.54 ID:tFEJo9wZ0

綾野「だってさ、災厄はいつどこで、誰に対して起こるかなんてわかんないんだよ?」

恒一「そうだね」

綾野「それを止めるなんて物理的に無理じゃない?」

恒一「うん……まあそうなるね」

綾野「なら駄目だよこういっちゃん」

恒一「駄目?」

綾野「このまま……このまま災厄が起きたらさ」


―――――グラッ


恒一「っ!?」

綾野「こういっちゃん、皆になにを言われ――」

恒一「危ない綾野さん!!」

綾野「きゃっ!?」



210 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:39:08.02 ID:tFEJo9wZ0



ガシャ―――ン!!!!


綾野「きゃああっ!?」

恒一「ふう……危ないところだった」

綾野「なっ、何が起きたの!?」

恒一「……トラックの荷台にあった硝子が倒れてきたんだよ」

綾野「が、硝子が……?」

恒一「綾野さん怪我はない?」

綾野「えっ……う、うん、大丈夫」



214 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:44:26.19 ID:tFEJo9wZ0

作業員A「おい大丈夫か!?」

作業員B「こりゃひでぇ、辺り一面硝子片だ……そこの君らは大丈夫かい?」

恒一「はい、大丈夫です」

綾野「……」

作業員A「あーあー商品の硝子が……」

作業員B「とりあえず片すぞ、箒もってこい」

恒一「……後は任せていいみたいだね」

綾野「……」

恒一「あれ? 綾野さん?」

綾野「……」ドキドキ

恒一「綾野さん?」

綾野「えっ!? なに!?」ビクッ



218 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:47:46.60 ID:tFEJo9wZ0

恒一「大丈夫? ほら、立って」スッ

綾野「あ……う、うん」ギュッ

綾野(あっ……恒一くんの手、おっきい)

恒一「よいしょっと」

綾野(それに逞しくて……や、やだ、顔が熱くなってきちゃった……)

恒一「ん? 大丈夫綾野さん?」

綾野「なっ何が!?」

恒一「なんだか顔が赤いみたいだけど、風邪かなんか?」

綾野「えっ……ちがっ、違うのこれは! なんでもないから」アセアセ

恒一「そう? あ、そうだ」

綾野「え? なに?」



219 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:51:18.09 ID:tFEJo9wZ0

恒一「さっき何か言いかけてたけど、何を言おうとしてたの?」

綾野「えっ? あっ……」

綾野「……ううん、なんでもないよ」

恒一「そうなの?」

綾野「うん! もう言う必要無くなっちゃった!」

恒一「? まあそれなら別にいいけど」

綾野「それよりこういっちゃんさ、この後暇?」

恒一「この後? うん、検診も終わってもう用事も無いけど」

綾野「それならこれから一緒に遊ばない?」

恒一「今から?」

綾野「うん! 今からデート!」

恒一「でっ、デート!?」



221 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 23:55:04.10 ID:tFEJo9wZ0

綾野「ねっ、いいでしょ?」ダキッ

恒一「わっ!? ちょっと!」

綾野「ん? どうかした?」

恒一「どっどうかしたって……当たってる! 当たってるから!」

綾野「ふふふ……当ててるのよ?」

恒一「ええっ!?」

綾野「ほらほら行くよこういっちゃん! 時間がもったいない!」グイグイ

恒一「待って、引っ張らないでって……!」



225 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:01:32.51 ID:LZqKxEA90

~数日後・昼休み~

勅使河原「しかし、あれから本当に起こらないな」モグモグ

恒一「なにが?」モグモグ

勅使河原「なにがって、災厄に決まってんじゃねえか」

恒一「ああ……うん、そうだね」

望月「案外、今年はこのまま何も起こらないかもね」

勅使河原「そうなりゃいいんだけどなー……って、あれ?」

恒一「ん? どうしたの勅使河原」

勅使河原「あれ赤沢か?」

恒一「え? あ、ホントだ」



227 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:03:12.35 ID:LZqKxEA90

望月「こっち来るね、何か用でもあるのかな」

勅使河原「さあな」

赤沢「……」テクテク

勅使河原「よう、赤沢! なんか用k」

赤沢「恒一くん、ちょっといい?」

恒一「え、僕?」

勅使河原「最後まで言わせろよ……」

望月「ドンマイ……」



228 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:05:06.76 ID:LZqKxEA90

赤沢「さっき綾野さんに聞いたんだけど、あなたこの前――」


ピピピピピピピ!


勅使河原「わっ!? なんの音だよ?」

恒一「あ、僕の携帯だ……ごめん赤沢さん、ちょっと待ってて」

赤沢「……わかったわ」

恒一「ごめんね……もしもし?」ピッ

水野姉『あ、ホラー少年?』

恒一「水野さん?」



236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:11:49.31 ID:LZqKxEA90

水野『今昼休みだよね? ちょっと時間いいかな』

恒一「大丈夫ですけど……どうしたんですか? いきなり電話なんか」

水野『ちょっとねー、実は……ザザ…いこと……ザザザザ…』

恒一「水野さん? よく聞こえないんですが」

水野『あれ…ザ……ちょっと待っザザッ……今屋上にいるんだけど』

恒一「屋上?」

水野『ザザ……うん、ちょっとエレベー…ザザ……で下降りるね』

恒一「エレベーター? わかりました」

水野『うん、ごめ…ザザザ…ね』



241 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:14:53.62 ID:LZqKxEA90

水野『……あれ?』

恒一「? どうしたんですか?」

水野『ガガッ……ガキンッ……えっ?』

恒一「!? なんですか今の音?」

水野『わ、わかんな……えっ、なに? これ』

恒一「っ……!? 水野さんっ!!」

水野『なに? なにが――』

恒一「ッ―――!! 水野さん!! 姿勢を低くして!!」

水野『え? な、なんで――きゃっ!?』

恒一「水野さん!!」



245 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:17:39.40 ID:LZqKxEA90

あ、途中から姉いれるの忘れてた


247 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:19:19.31 ID:LZqKxEA90

恒一「エレベーターの床に張り付くんです!! 早く!!」

水野姉『っ……!? ゆ、床に!?』

恒一「いいから早くしてっ!! 頭も守って!!」

水野姉『うっ、うん――ガガガガッ!!』

恒一「!?」

水野姉『キュルルル……ガシャンッ!!!! ガガッ、ガッ』

恒一「っ……!!」

赤沢「……? どうしたの恒一くん、さっきから一体何が……」

恒一「勅使河原っ!!!!」

勅使河原「えっ!? な、なんだ?」



254 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:21:56.17 ID:LZqKxEA90

恒一「早退するから先生に言っておいて!!」

勅使河原「は? 早退って……」

恒一「行ってくる!!」

勅使河原「あっ、お、おい!! サカキっ!!」


ダダダダダダ…


勅使河原「なんなんだよ一体……」

望月「さあ……」

赤沢「……恒一くん……」



255 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:25:28.73 ID:LZqKxEA90

~エレベーター内~


シュゥウウウウ…


水野姉「…………」

水野姉「……あれ? 私――つうっ!?」

水野姉(な、なに……? 体が痛い……動かない……)

水野姉(何が……何が起き、たの……?)

水野姉(……体の上に何か乗ってる? くっ……動けない……)

水野姉(……そうだ、私エレベーターに乗ってて……それで……)



262 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:29:46.63 ID:LZqKxEA90

水野姉(やば、これ腕も足も絶対骨折してる……)

水野姉(これじゃ動けない……)


ギシッ…


水野姉(身体の上に乗ってるのって……エレベーターの天井か)

水野姉(なんとかこれだけでもどかせ――)


ガシャンッ!! ガラガラガラッ


水野姉「っ!!!?」


ギシッ…ギシッ…


水野姉「……!!」

水野姉(まずい……このままここにいたら……)



266 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:33:52.91 ID:LZqKxEA90

水野姉(は、早く助けを呼ばないと……携帯、携帯は……)

水野姉(あった! でも遠い……手、届くかな)グイッ


ズキンッ!


水野姉「つうっ!?」

水野姉(う、腕動かすと激痛が……でも、携帯を取らないと……)

水野姉「こ、のっ……!」グイッ


ズキンズキンズキンズキン


水野姉「っ……!!!!」


ズキンズキンズキンズキンズキンズキン


水野姉「ぐっ……!!!!」

水野姉(もうっ……少しっ……!!)



268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:37:17.50 ID:LZqKxEA90

ガシッ


水野姉「っ! とれ、たっ……!!」

水野姉(これで……これで早く警察と救急に……)ポチポチ

水野姉(あれ……?)ポチポチ

水野姉(うそっ、うそっ)ポチポチポチポチ

水野姉(そんなっ、そんな、壊れて……)ポチポチ

水野姉(うそ、嘘よこんなのっ……!!)


ギシッ…


水野姉「っ……!!」



272 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:39:50.57 ID:LZqKxEA90

水野姉「いや……死に、たくなっ……」


ギギギ…


水野姉「いやっ、いやっ……」ガタガタ


ギシッギ゙ギギギ…


水野姉「誰かっ……だれ、か、助けっ……!」


ギチッギギギッ


水野姉「助け――――」




「水野さん!!!!」




275 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:40:38.55 ID:DbbLJHrU0

やだ・・・恒一くん・・・カッコイイ・・・



278 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:46:00.13 ID:LZqKxEA90

恒一「水野さん!! 大丈夫ですか!!」

水野姉「あ……さ、さかきばら、くん」

恒一「やっぱりエレベーターが落ちて……水野さん、今助けますから!!」

水野姉「榊原くんっ……」

恒一「この天井か……くっ、おもっ……!!」

水野姉「……榊原、くん」

恒一「なんですか水野さん! 大丈夫です、今これどけますからっ……!!」

水野姉「ありが……と……」

恒一「お礼は……助かってからにしてくださいっ!!」



288 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:50:24.23 ID:LZqKxEA90

ガシャッ!!


恒一「よし、天井はどけれたぞ……水野さん立てますか?」

水野姉「…………」

恒一「……水野さん? 水野さん!?」

水野姉「………ぁ…」

恒一「っ!! 水野さん!!」

水野姉「ごめ……わた、私……」

恒一「っ……!! 水野さん!! もう少しの辛抱ですから!!」

水野姉「ごめん、ね……榊原、く――」

恒一「水野さん!!」



294 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 00:55:03.72 ID:LZqKxEA90

恒一「今そこから出します!!」

水野姉「いい、の……私、も、意識が」

恒一「っ……! 駄目です!」

水野姉「え……」

恒一「恋愛相談乗ってくれるって言ったでしょう!? 約束破る気ですか!!」

水野姉「な……そ、そんな、の……」

恒一「絶対……」

水野姉「……ぇ……」

恒一「絶対に、死なせない!!」

水野姉「……榊原くん……」



301 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:00:23.18 ID:LZqKxEA90

恒一「よいしょ、っと……今先生の所に連れていきますからね」

水野姉「……榊原く、ん」

恒一「なんですか?」

水野姉「ありが、と……」

恒一「このぐらい何とも無いですよ」

水野姉「………あの、さ」

恒一「? 今度はなんですか?」

水野姉「恋愛相談、私も……して、もらっていいか、な」

恒一「? それぐらいお安い御用ですよ」

水野姉「そ……ふふっ」

恒一「……? ほら、とにかく今は僕の背中で休んでてください」

水野姉「うん……」

水野姉「ありがと――――恒一くん」



304 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:05:28.40 ID:LZqKxEA90

~翌日~

「聞いた? 水野のお姉さんが事故で死にかけたって……」

「聞いた聞いた、なんでもエレベーターが落下したんでしょ?」

「だから今日水野君休みなのね……お見舞いに行ってるのかな」

「でしょうね……しかも噂によるとさ――」



恒一「……」

勅使河原「……サカキ」

恒一「……なに? 勅使河原」

勅使河原「あんまり気に病むなよ、命は助かったんだしさ……水野の姉貴」

恒一「うん……でも、あんな重傷で……しばらくはまともに手足も動かせないって」

勅使河原「あー……それはその、さ……」



306 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:09:37.77 ID:LZqKxEA90

ガラッ

水野「おーっす」

勅使河原「おっ、噂をすればだな……おーい水野!」

水野「おう、勅使河原……それに榊原もか」

恒一「水野くん、お姉さんのお見舞いはもういいの?」

水野「ああ、それが聞いてくれよ」

恒一「え?」

水野「姉貴の奴さ、全身骨折して内臓も少し痛めたってのに予想以上に元気でさぁ……」

恒一「そうなの?」

水野「おう、体はボロボロなのに何故か表情は明るいんだよ」

恒一「そうか……少し安心したよ」



309 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:14:41.57 ID:LZqKxEA90

水野「と言うか聞いた話だとお前が姉貴のこと助けてくれたんだって?」

恒一「え? ……いや、僕は助けられなかったよ」

恒一「あんな重傷で……助けられたなんて言える筈ない」

水野「……それでも! 命は助かったんだからお前のお蔭だよ」

恒一「……」

水野「ありがとな、榊原」スッ

恒一「……うん」ギュッ

水野「――と言うわけで」

恒一「え?」

水野「お前さ……姉貴とどういう関係なんだ?」

恒一「……え?」



316 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:18:25.87 ID:LZqKxEA90

水野「病室に入った途端言われたんだよ、『恒一くんをだせー!』『恒一くんをつれてこーい!』って」

恒一「水野さんが?」

水野「おう、それで理由を聞くと顔を赤らめて何も言わなくなるんだよな」

恒一「? どういうことなのそれ?」

水野「……榊原、お前結構……いやかなり鈍感だよな」

恒一「どんかん?」

水野「……まあいいや、とにかく今日の放課後にでもお見舞いに行ってやってくれ」

恒一「まあ、もちろんそのつもりだよ」

水野「……その内、お前を義兄と呼ぶことになるかもしれんな」ボソッ

恒一「えっ?」

水野「なんでもねーよ、それじゃまたな」

恒一「? うん、それじゃまた」



326 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:23:39.65 ID:LZqKxEA90

勅使河原「なんだ、結構平気そうでよかったじゃねーか。水野も水野の姉貴も」

恒一「うん、よかった……」

勅使河原「よし! それじゃあ元気も戻ったとこd」

赤沢「恒一くん」

恒一「あれ? 赤沢さん」

勅使河原「だから最後まで言わせろっての……」

赤沢「ちょっと時間いいかしら」

恒一「別に構わないよ」

勅使河原「そして無視かよ……」



328 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:27:28.22 ID:LZqKxEA90

赤沢「恒一くん、綾野から聞いたわ」

恒一「綾野さんから? なにを?」

赤沢「この間、死にかけたところを助けたらしいわね」

恒一「え? ……ああ、思い出した。うん、死にかけたかはわからないけど、一応助けたよ」

赤沢「そう、やっぱりね……」

勅使河原「やっぱりって何がだよ?」

赤沢「……おそらく、もう災厄は始まってる」

恒一「!?」

勅使河原「はぁ!?」



329 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:29:49.99 ID:LZqKxEA90

勅使河原「ちょっと待てよ! まだ誰も死んでねーじゃねーか!!」

赤沢「ええ、確かに誰も死んでない」

恒一「……」

赤沢「でも、何人も死にかけているわ」

勅使河原「なっ……」

赤沢「おそらく、現象で死ぬ筈だった人を恒一くんが救っているのね」

勅使河原「そ、そうなのか……?」

恒一「……」



332 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:33:26.78 ID:LZqKxEA90

勅使河原「……でもさ、それの何が問題なんだよ?」

赤沢「はぁ?」

勅使河原「サカキのお蔭で犠牲者は助かってるんだろ? ならこのまま今月さえ乗り切れば」

赤沢「あんたはホント馬鹿ね」

勅使河原「馬鹿!?」

赤沢「もう始まってるって言ったのよ――もう、今月を乗り切っても災厄が止まる保障は無いわ」

勅使河原「え? あ……そっか」

赤沢「それにしても……本当に災厄の犠牲者を守るなんて信じられないわ」チラッ

恒一「……あ? 僕?」

赤沢「貴方以外誰がいるのよ……」ハァ



336 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:36:00.13 ID:LZqKxEA90

赤沢「それでどうするのよ恒一くん」

恒一「どうするって?」

赤沢「おそらく、もう災厄は止まらないわ」

赤沢「これから一年間……災厄の範囲の人間が次々に現象に巻き込まれる筈」

恒一「……」

赤沢「貴方はそれら全員を、卒業するまで守るって言うの?」

恒一「……うん、守るよ」

赤沢「……」

恒一「少し時間が延びたぐらいで僕のやることは変わらないさ」

恒一「全員、この災厄から守ってみせる」



342 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:40:10.73 ID:LZqKxEA90

赤沢「……まあ、そういうと思ったけど」ハァ

恒一「あれ、そうなの?」

赤沢「恒一くんはわかりやすいからね」

恒一「そうかなあ……」

赤沢「そうよ、馬鹿正直で行動が読めやすいわ」

恒一「あはは、それ見崎にも言われたな……」

赤沢「……ま、それが貴方の良い所よね」ボソッ

恒一「? なにかいった?」

赤沢「なんでもないわ……ところで恒一くん、この後暇?」

恒一「え? うん、特に用事もないけど」

赤沢「そう……ならこれから一緒にお昼でも――」

桜木「榊原くん!」ドンッ

赤沢「きゃっ!?」



347 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:44:12.02 ID:LZqKxEA90

恒一「桜木さん? 何か用?」

桜木「あの……わ、私実は、榊原くんに……」

恒一「? 僕になに?」

桜木「さ、榊原くんに……お弁当作ってきたんです!」

恒一「え? 僕にお弁当を?」

赤沢「!?」

風見「!?」

勅使河原「なんだと……あの委員長がサカキに……!?」



349 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:46:18.93 ID:LZqKxEA90

桜木「そ、それでもしよかったら食べてもらえないかと……」

恒一「もちろんいただくよ! ありがとう桜木さん、僕のために」

桜木「あっ……いっいえいえその勝手に私がやったことですから!」カァアアア

恒一「それじゃ教室じゃなんだし、屋上にでも行こうか――」

綾野「こういっちゃーん!!」ドーン

恒一「うわっ!?」

桜木「!?」



352 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:49:10.05 ID:LZqKxEA90

恒一「綾野さん!? ちょ、ちょっと! 重いから背中乗らないでよ!」

綾野「あっひどーい! 私重くないよ!」

恒一「そういう意味じゃ……とにかくどいて――」

桜木「綾野さん! 榊原くんの上からどきなさい!」

綾野「……あっれー委員長さんいたんだー?」

桜木「いいから背中からどいて!」

綾野「やだよーっだ! 悔しかったらどかせてみれば?」

桜木「……いい度胸ですね、わかりました! 力づくでどかせてやります!」

恒一「桜木さん!?」



355 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:51:26.89 ID:LZqKxEA90

ワーワーギャーギャー
イタイイタイヤメテー!


赤沢「……」

勅使河原「……」

赤沢「……」

勅使河原「……赤沢」

中尾「なっ、なあ赤沢! 俺弁当作ってきたんだけどよかったら」

赤沢「――死ねっ!!!!!!!!!!!!」バキッ

中尾「あーっ!? 重箱がー!!」

赤沢「ふーっ、ふーっ……」

勅使河原(……今の蹴り、見えなかったぞ)



359 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:54:42.36 ID:LZqKxEA90

~放課後~

望月「榊原くん、そろそろ帰る?」

恒一「あ、望月……ごめん、今日はちょっと寄りたいところがあるんだ」

望月「そうなんだ、じゃあまた明日ね」

高林「また明日、榊原くん」

恒一「うん、二人ともまた明日」

望月「高林くん、最近身体の調子はどう?」

高林「ああ、実は最近は調子がよくってね――」




――高林、フラグが立たなかったので自動的に現象回避



362 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 01:59:02.43 ID:LZqKxEA90

~図書室~

ガララ

恒一「……あれ、見崎?」

鳴「榊原くん? どうして図書室に……」

恒一「ちょっとある人に会いに来たんだ。見崎こそどうして?」

鳴「私はたまにここで絵を描いてるから」

恒一「そうなんだ……見せてもらってもいい?」

鳴「別にいいよ」

恒一「ありがと……へえ、見崎って絵が上手いんだね」

鳴「そんなことないと思うけど」



368 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:02:41.56 ID:LZqKxEA90

恒一「いやいや相当上手いよ……これって人形の絵だよね?」

鳴「うん、この後背中に翼を付けてあげるの」

恒一「翼?」

鳴「うん、大きな鳥の翼」

恒一「へえ……どうして翼なんて――」

千曳「そこに誰かいるのかい?」

恒一「!?」ビクッ

鳴「……あ、千曳先生」

千曳「先生はいらないよ……ああ、見崎くんと例の転校生か」



369 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:08:50.61 ID:LZqKxEA90

恒一「……あなたが千曳さんですか?」

千曳「ああそうだが……君は榊原恒一くんだったか」

恒一「はい、そうです……なんで僕の名前を?」

千曳「見崎くんから聞いたんだよ、災厄に立ち向かう馬鹿な転校生がいるってね」

恒一「馬鹿……」チラッ

鳴「……」プイッ

千曳「……まあそれはともかく、何か図書室に用があったんじゃないのかい?」

恒一「あっ……そうだ、図書室に災厄について詳しい人がいると聞いたので話を聞きに来たんです」

千曳「なるほどね……おそらくそれは私のことだよ」

恒一「あなたが……」

千曳「それで、何を聞きに来たんだい?」

恒一「……災厄のことについて全て」

恒一「それと――――災厄を止める方法です」



372 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:13:34.74 ID:LZqKxEA90

千曳「……以上が、私がこの現象について知っていることの全てだよ」

恒一「……」

千曳「そして残念だが……災厄を止める方法は今のところ一つも無い」

恒一「……まあ、余り期待はしてませんでしたが」ハァ

千曳「まあ、そんな方法があったら今頃災厄に振り回されてなんていないからね」

恒一「そうですね……」

千曳「一度災厄が始まったら、止まることは殆ど無いからね。恐らく今年も来年の春まで……」

恒一「……殆ど?」

千曳「ん? どうかしたのかい?」

恒一「殆どってことは、災厄が止まった年があるってことですか?」



375 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:17:59.97 ID:LZqKxEA90

千曳「ああ、23年前に一度だけね」

恒一「その年に一体何があったんですか!?」

千曳「わからない……でも、ある日を境に突然災厄が止まってしまったんだ」

恒一「災厄が止まった……その年に、何か他の年と違うことは起きなかったんですか?」

千曳「何か……」

恒一「何でもいいんです! 何か手がかりになるようなことを!」

千曳「……ああ、確かその年はクラスで合宿を行ったんだ」

恒一「合宿?」

千曳「夜見山神社と言う神社がある山までね、まあ神頼みと言う奴さ……」

恒一「なるほど、合宿か……」



377 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:19:21.86 ID:LZqKxEA90

恒一「ありがとうございました千曳さん」

千曳「どういたしまして、また何かあったら聞きに来なさい」

恒一「はい、それじゃあこれで」

鳴「……榊原くん?」

恒一「あ、見崎……見崎もこれから帰る?」

鳴「うん」

恒一「それじゃあ一緒に行こうか」



378 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:23:07.13 ID:LZqKxEA90

鳴「……」テクテク

恒一「……」テクテク

鳴「……ねえ榊原くん」

恒一「ん? なに?」

鳴「榊原くんは災厄を止めるつもりなの?」

恒一「ああ、そうだよ。それが皆を守ることへの一番の近道だからね」

鳴「そう……」

恒一「……あ、僕ちょっと病院にお見舞いに行ってくるから、ここでお別れだね」

鳴「……わかった、それじゃまたね」

恒一「うん、また明日」



381 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:30:48.26 ID:LZqKxEA90

~翌日~

勅使河原「よっ! サカキ」

望月「おはよう榊原くん」

恒一「おはよう、勅使河原に望月」

望月「昨日水野のお姉さんのお見舞い行ったんだって? どうだった?」

恒一「ああ……うん、元気そうだったよ」

勅使河原「そっか、よかったな!」

恒一「うん……本当によかっ――」


ガラッ



382 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:32:51.31 ID:LZqKxEA90

久保寺「…………」フラフラ

望月「あっ、先生来たね」

勅使河原「だな。じゃあサカキ、後でまた話聞かせろよ」

恒一「うんわかった、また後でね」

勅使河原「おう、昼休みにでも――」


ガシャンッ!!


恒一「!?」

勅使河原「ひっ!?」

久保寺「…………」



389 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:39:24.77 ID:LZqKxEA90

久保寺「…………皆さん」

恒一「……?」

久保寺「今日は私、みなさんに謝らなければなりません」

久保寺「皆で頑張って、来年の三月には元気で卒業できるように……そう願って私も精一杯頑張ってきたつもりです」

久保寺「今のところ……奇跡的に、クラスの誰も欠けることなく平和に過ごせています」

恒一「……」

久保寺「ですが……」

久保寺「今、大丈夫だとしても……今後はどうなるか――私にはわかりません」

久保寺「わからない……わかるはずもない」



392 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:44:21.34 ID:LZqKxEA90

久保寺「ですが私はやはり……このクラスの担任教師としてやはりみんなが力を合わせて」

久保寺「決してくじけることなく苦難を乗り越えて」

久保寺「来年の三月には無事卒業をと願っています……」

桜木「……先生?」

久保寺「……委員長の桜木さんと風見くん、対策係の赤沢さん――そして、転校生の榊原くん」

恒一「……え? 僕?」

久保寺「君たちの力で、これからクラスをまとめてあげてください」

久保寺「心苦しいですが……この後のことはもう、みなさんの問題です」

風見「先生? どういうこと――」

久保寺「私は……」



久保寺「私は今日付けで、この学校を辞めることになりました」



396 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:48:34.54 ID:LZqKxEA90

桜木「ええ!?」

風見「学校を辞める!? どうして!」

久保寺「ええ……実は一緒に暮らしてる母の体調が最近芳しくなく」

久保寺「もっと静かなところに引っ越そうと言うことになりまして」

風見「そんな……」

久保寺「私が辞めた後は三神先生が新たな担任となってくれます」

久保寺「皆さんしっかり言うことを聞くのですよ?」

恒一「そんなっ……なんでもっと早く言ってくれなかったんですか!」

久保寺「申し訳ありません……言い出す機会が無く、結局当日になってしまいました」

恒一「先生……」



397 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:51:41.42 ID:LZqKxEA90

久保寺「それでは引っ越しのトラックの時間もありますので、私はこれで」

恒一「待って! 先生!」

赤沢「そうです! せめてしっかりとお別れぐらい……」

久保寺「……榊原くん」

恒一「え?」

久保寺「君なら……君ならきっとできる筈です」

恒一「僕なら?」

久保寺「私には到底できなかったことを君はやり遂げている……少しの間でも君のような生徒の教師になれたことは、私の誇りです」

恒一「先生……!」

久保寺「では皆さん、またいつか会いましょう」ガラッ

恒一「先生!」



400 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:58:12.43 ID:LZqKxEA90

勅使河原「……行っちまったな」

恒一「……うん」

望月「まさか久保寺先生が辞めちゃうなんて……」

恒一「……大丈夫だよ」

勅使河原「え?」

恒一「いつかまた会おうって先生も言ったじゃないか」

恒一「きっといつかまた……ううん、災厄が終わったらこっちから会いに行ってびっくりさせようよ」

勅使河原「……そうだな! 久保寺先生のびっくりした顔とか相当レアだぜ!」

恒一「はは、そうだね……災厄が終わったら、クラスの皆で一緒に!」




――久保寺、生徒が死なず精神を病まなかったためフラグ立たずにそのまま退場




401 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:58:18.85 ID:yWRCy1jg0

なんで上条さん化してんだと思ったら中の人一緒だったのか



403 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:03:12.81 ID:LZqKxEA90

~数週間後~


ピピピピピピ


恒一「電話……勅使河原から?」ピッ

恒一「もしもし?」

勅使河原『サカキ、今大丈夫か?』

恒一「うん、大丈夫だよ」

勅使河原『なら今から言う喫茶店に来てくれねーか? 話したいことがあるんだよ』

恒一「話したいこと?」

勅使河原『おう、実はな』

恒一「うん」

勅使河原『――災厄を止める方法が分かるかもしれねーんだ』



404 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:05:07.15 ID:LZqKxEA90

~喫茶店イノヤ~

カランコローン

恒一「えっと……」

赤沢「恒一くん、こっちよ」

恒一「あ、赤沢さん」

赤沢「こんにちは、恒一くん」

恒一「うん、こんにちは……赤沢さんも勅使河原に呼ばれて?」

赤沢「そうよ……災厄のことについての話って言われなきゃ、誰があんな奴」

恒一「あはは……」



406 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:09:16.65 ID:LZqKxEA90

望月姉「ご注文は?」

恒一「あ、えーと……」

赤沢「私と同じやつを」

恒一「えっ」

望月姉「あら……ふふ、かしこまりました」


スタスタスタ…


恒一「……赤沢さん、なに飲んでるの?」

赤沢「コーヒーよ」

恒一「僕コーヒー苦くて飲めないんだけど」

赤沢「大丈夫、ここのコーヒーは本物よ。ハワイコナのエクストラ・ファンシー」



407 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:12:43.07 ID:LZqKxEA90

赤沢「……ねえ恒一くん」

恒一「なに?」

赤沢「誰が死者だと思う?」

恒一「死者?」

赤沢「そう、クラスの一人が紛れ込んだ死者……それが一体誰なのか」

恒一「うーん……誰がって言われても」

赤沢「まあわからないわよね……私も皆目見当がつかないわ」

恒一「うん……それに」

赤沢「それに?」

恒一「誰が死者だろうと関係ないよ」




409 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:17:11.83 ID:yWRCy1jg0

勝手にコーヒー頼んでドヤ顔する赤沢さん何度見ても吹く



410 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:18:55.01 ID:LZqKxEA90

恒一「僕がやるべきことは災厄を止め、皆を守ることだけだ」

恒一「誰が死者とわかったところでそれは変わらないよ」

赤沢「……もし、自分が死者だとしても?」

恒一「……自分が?」

赤沢「そうよ。クラスの一員である以上、貴方が死者の可能性もあるわ」

恒一「……うん、変わらないよ。僕がその紛れ込んだ死者だとしても、何も変わることはない」

赤沢「そう……」

恒一「むしろ死者として蘇ってまで皆を助けるなんて、なんかヒーローみたいで格好よくない?」

赤沢「……それ、自分で言う?」

恒一「あはは、わかってるよ。冗談に決まってるじゃないか」

赤沢「……まあ、死者じゃなくても貴方はもうヒーローだけどね」

恒一「え?」



412 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:22:18.01 ID:LZqKxEA90

望月姉「お待たせしました」

赤沢「ん、丁度コーヒー来たわね」

恒一「あ……うーん、飲めるかなあ……」

赤沢「いいから、騙されたと思って一口飲んでみて」

恒一「わかったよ……」

恒一「……」ゴク

赤沢「……」ワクワク

恒一「……! 苦いのに、甘い……」

赤沢「! どうかしら?」

恒一「美味しい! こんな美味しいコーヒー初めて飲んだよ!」

赤沢「そう、よかったぁ……」ホッ



414 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:24:14.37 ID:LZqKxEA90

カランコローン


勅使河原「えーっと……お! いたいた! おーい!」

恒一「あっ、勅使河原と望月が来たみたいだね」

赤沢「……」スッ

恒一「え?」

勅使河原「え?」


スタスタスタ ストン


恒一(なんでわざわざ僕の隣に……?)

勅使河原「……ええー? 俺ってそんなに嫌われてる?」

赤沢「なに? はっきり言われたい?」



416 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:26:16.63 ID:LZqKxEA90

勅使河原「それも悪くねーが……今日はいいや」

恒一「それで話って?」

赤沢「わざわざ呼び出したんだからそれほどの話なんでしょうね?」

勅使河原「ああ、それだけどな……ほら望月、お前から話せよ」

望月「う、うん」

望月「実はね……この間――――」



419 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:30:16.54 ID:LZqKxEA90





恒一「……つまり、その松永さんって人が災厄を止める方法を知ってるかもしれないってこと?」

勅使河原「そういうこと! だからその松永って人に会いに行けば……」

赤沢「災厄を止める方法を教えて貰えるかも、ってことね」

望月「うん」

恒一「でもどうやって会いに行くの? いる場所もわからないのに……」

赤沢「あら、身近にいるじゃない。松永さんの同級生が」

恒一「えっ? ……あっ、そうか」



422 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:34:15.75 ID:LZqKxEA90

~夜見のたそがれの、うつろなる蒼き瞳の。~

恒一「……と言うわけで、怜子さんの同級生だった松永さんに会いにいくことになったんだ」

鳴「……そうなの」

恒一「うん。よかったら見崎も一緒に――」

鳴「ごめんなさい、私はいけないわ」

恒一「えっ……」

鳴「今お父さんが帰ってきててね……だから少しの間遠くにある別荘に遊びに行こうって」

恒一「そうなんだ……じゃあ仕方ないね」

鳴「うん……わざわざ誘ってくれたのにごめんね」

恒一「いや、気にしないで」



424 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:36:45.23 ID:LZqKxEA90

鳴「……」カキカキ

恒一「?」

鳴「……榊原くん、これ」スッ

恒一「えっ? これって……」

鳴「携帯の番号」

恒一「見崎携帯なんて持ってたんだ?」

鳴「うん、お母さんに持たされてるの」

恒一「そっか……じゃあ何かあったら電話するね」

鳴「……うん」

恒一「それじゃ、また来週学校で」

鳴「うん、またね」



435 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 04:22:57.57 ID:LZqKxEA90

~当日~

勅使河原「おはよーっす!」

望月「おはようございます!」

怜子「おはよ」ニコ

恒一「おはよう二人とも」


ブロロロロ…


恒一「ん? あの車……」

ガチャッ

赤沢「お待たせ」

恒一「赤沢さん?」



437 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 04:24:57.32 ID:LZqKxEA90

恒一「赤沢さんも行くの?」

赤沢「ええ、もちろん」


ガチャッ

中尾「ううっ……」

杉浦「大丈夫? 顔色よくない」


恒一「あの二人も?」

赤沢「ええ、話をしたら付いてきたいって言ってね」

恒一「そうなんだ……中尾くんはどうしたの?」

赤沢「ああ……どうも車に酔ったみたいね」



中尾「オエェーーーーーッ!!」



440 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 04:28:56.23 ID:LZqKxEA90

恒一「中尾くん」スタスタ

中尾「おぇえっ……な、なんの用だよ榊原」

恒一「大丈夫? 相当酔ってるみたいだけど」

中尾「うるせー、お前に心配される筋合いは……っ!? おぇええっ!!」

恒一「全然大丈夫そうに見えないよ」サスサス

中尾「はぁ……はぁ……くそっ」




赤沢「中尾の癖に恒一くんに心配されやがって……!!」ゴゴゴゴ

勅使河原「……」



442 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 04:34:20.90 ID:LZqKxEA90

恒一「普段こんなに車に弱いの?」

中尾「い、いや……乗り物には強いほうだけど」

恒一「なのにこんなになってるの? ……どこか体調悪いんじゃない?」

中尾「!? いやいや俺はすこぶる元気だぞ!?」

恒一「駄目だよ嘘吐いちゃ、今日は出かけるのは止めて病院に行くべきだよ」

中尾「病院!?」



443 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 04:38:07.06 ID:LZqKxEA90

恒一「怜子さん、ちょっと僕中尾くんを病院まで連れてくんで準備任せてもいいですか?」

怜子「オッケーよ! 任せといて!」

恒一「それじゃ行こうか中尾くん」グイッ

中尾「ちょっちょっと待て榊原! 俺は行くなんて一言も――」

恒一「ほら中尾くん急いで」グイグイ

中尾「まっ、待て! 俺は病院なんていかない!」

恒一「なに子供みたいなこと言ってるんだよ、ほら行くよ」グイグイ

中尾「ちょっ、待っ……!!」

中尾「いやだぁああああああああ! 俺は赤沢の水着姿を見るんだぁああああ!!」




――中尾、その後頭部を検査したところ異常が見つかりそのまま入院、結局夏休みが終わるまで帰ってくることなく退場



445 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 04:42:45.85 ID:LZqKxEA90

恒一「ただいまー」

怜子「おかえりなさい、中尾くんの具合どうだった?」

恒一「なんか頭部の検査することになって……長引きそうなので僕だけ先に戻ってきました」

怜子「あらそう、中尾くん残念ね」

勅使河原「本当残念な奴だよな中尾って」

望月「まあ残念だよね」

赤沢「……残念な中尾は置いておいて、ところで恒一くん」

恒一「なに?」

赤沢「その後ろにいる二人はなに?」

恒一「え?」


桜木「おはようございます」ペコリ

綾野「おっはよー!」



449 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 04:48:19.46 ID:LZqKxEA90

恒一「ああ、さっき道の途中で会ってね」

赤沢「……」

恒一「松永さんのところに行くって話をしたら着いてきたいって言ってさ」

桜木「私たちもついて行っていいですか?」(訳:抜け駆けしてんなよ)

綾野「いいでしょ? 折角なんだからさあ!」(訳:思い通りにはさせねえぞ)

赤沢「……そうね、いいんじゃないかしら」

恒一「そっか、よかったね二人とも」

桜木「はい!」

綾野「うん!」

赤沢「…………くそが」ボソッ

杉浦「ドンマイ泉美」ポン



450 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 04:53:34.95 ID:LZqKxEA90

赤沢「ただし席順は私が決めるわ。恒一くんと私は私の車」

赤沢「他は全員そっちの狭い車ね」クイッ

怜子「せまっ……」

桜木「ふざけないでください!! そんなの横暴です!!」

綾野「そーだよ!! そんなの絶対おかしいよ!!」

赤沢「うるせー!! こっちは色々と予定が狂ってイラついてんだよ!! これぐらい好きにさせなさいよ!!」

桜木「そもそも抜け駆けしようとしたのはそっちじゃないですか!!」

綾野「そーだよ!! 私だってこういっちゃんと海行きたいもん!」




勅使河原「……どう収拾つけんだよこれ」

望月「僕に聞かないでよ」

恒一「皆元気だなあ」



454 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:00:25.74 ID:LZqKxEA90

~怜子の車~

恒一「……で、結局こうなったわけか」

桜木「楽しみですね! 榊原くん!」

綾野「私お菓子持ってきたよ! 食べる?」

赤沢「くっ……ちょっと後ろうるさいわよ!」

綾野「あれ? どうしたの助手席さん?」

桜木「じゃんけんに負けた助手席さん、何か問題でもありましたか?」

赤沢「……!! こいつら……!!」ギリッ



455 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:05:28.44 ID:LZqKxEA90

恒一「駄目だよ二人とも、そんなからかうようなこと言っちゃ……」

桜木「あっごめんなさい榊原くん……そんなつもりじゃ」ギュッ

綾野「ごめんねこういっちゃん、ちょっと口が滑っただけだから」ギュッ

恒一「あの、なんで二人して腕に抱き着いてるの?」

桜木「ふふ、私これだけは結構自信あるんですよ?」ムニュッ

恒一「!?」

綾野「待ってよ! 私だって委員長程じゃないけど結構あるんだからね!」ムニュ

恒一「!!? えっちょっ二人とも!?」

赤沢「お前らぁ!!」ガタッ

恒一「うわっ!? 赤沢さんこっちに乗り出してきたら危ないって!!」

赤沢「お前ら恒一くんから離れ――」




怜子「――――おい、静かにしろよ餓鬼ども」



459 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:08:32.78 ID:LZqKxEA90

シーン……


恒一「……」

赤沢「……」

桜木「……」

綾野「……」

怜子「……運転中は危ないからね。静かにしててくれる?」ニコッ

恒一「っ!! は、はいわかりましたっ!!」

赤沢「到着するまでこれ以上言葉は発しません!!」

怜子「うん、ありがと」ニコニコ

恒一「……」(今、声色がすごい低かったぞ……)

赤沢「……」(あれは明らかに人殺しの声だった……)



460 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:13:25.07 ID:LZqKxEA90





怜子「恒一くん」タッタッタ

恒一「あ、怜子さん。どうでしたか?」

怜子「松永くん、今急な来客の対応をしてるらしくてね……暫く時間取れないみたい」

恒一「そうなんですか、それじゃあそれまで暇ですね」

勅使河原「おっしゃあ! それなら今から海行こうぜ海!」

恒一「え? 海?」

勅使河原「折角来たんなら泳がない手はねーって!」

恒一「でも水着なんて持ってきてないよ?」



463 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:18:33.56 ID:LZqKxEA90

怜子「いいんじゃない、折角海にきたんだしね」

恒一「でも……」

怜子「水着ぐらいならホテルに売ってるはず――」

桜木「あ、それなら私が持ってきましたよ」

恒一「え?」

怜子「!?」

桜木「はいどうぞ。多分サイズもぴったりです」

恒一「あ、ありがと……って言うか桜木さん、途中で会っただけなのになんでそんなに準備いいの?」

桜木「え? そんなことないですよ」ニコッ

恒一「そ、そう……?」

桜木「はい」



465 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:23:07.02 ID:LZqKxEA90

勅使河原「そーりゃあっ!!」

望月「わー!」

杉浦「きゃっほー」


ザブーン!! ザブーン!!


恒一「……皆元気だなあ」

桜木「そうですね」

綾野「こういっちゃん! 私たちも早くいこうよ!」ワクワク

恒一「うん……ってあれ? ちょっと待って?」

赤沢「どうかしたの? 恒一くん」

恒一「あそこにいるのって……」



466 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:24:46.14 ID:LZqKxEA90

鳴「……」ツンツン

鳴「……ひとで、可愛いな」ツンツン

鳴「……」ツンツン


恒一「――見崎?」


鳴「っ!?」ビクッ

恒一「やっぱり見崎だった」

鳴「え……榊原くん?」



469 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:28:32.55 ID:LZqKxEA90

鳴「なんでここに?」

恒一「言っただろ? 松永さんのところに行くって」

鳴「あ……」

恒一「まさか見崎がいるなんて思わなかったけど、別荘この近くなの?」

鳴「うん」

恒一「そうなんだ……あっちに皆もいるからさ、一緒に遊ばない?」

鳴「一緒に?」

恒一「そう、一緒に」

鳴「……」



471 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:30:25.59 ID:LZqKxEA90

鳴「……迷惑じゃない?」

恒一「そんなわけないよ」

鳴「……そう」

恒一「?」

鳴「うん……わかった、じゃあ一緒に行く」

恒一「うん! それじゃ行こうか」ギュッ

鳴「!? えっ、さ、榊原くんっ、手――」

恒一「ほらほら急いで」

鳴「まっ、待って!」



475 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:34:37.70 ID:LZqKxEA90





勅使河原「そこを右だー! サカキー!」

望月「左だよ榊原くん!」

杉浦「違う後ろ!」

恒一「どっちだよ!?」フラフラ

綾野「こういっちゃん頑張ってー!」

桜木「頑張ってください!」

赤沢「失敗したら承知しないわよ!」

恒一「えー……くそ、完全に方向見失った」

鳴「……榊原くん、そこから左斜め後ろ」

恒一「左斜め後ろ? ……よしっ!」

恒一「――えいっ!!」ブンッ


パカンッ



476 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:37:57.82 ID:LZqKxEA90

恒一「……よしっ!」

勅使河原「あー割られちまったか」

望月「それじゃあ一番大きいスイカは榊原くんのだね」

恒一「やった!」

桜木「流石です榊原くん!」

綾野「こういっちゃんかっこいー!」

恒一「い、いやぁ……そんなことないって」



477 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:41:15.75 ID:LZqKxEA90

鳴「……」モグモグ

恒一「見崎、スイカ美味しい?」

鳴「うん、美味しい」シャクシャク

恒一「そっか……あ、ほっぺに種ついてるよ」チョン

鳴「え? あ……ありがとう」

恒一「どういたしまして」ニコッ



桜木「……」

綾野「……」



478 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:43:55.40 ID:LZqKxEA90

桜木「……これは正直予想外の展開でしたね」

綾野「……あの距離から見崎さんを見つけたこういっちゃんは何者なの?」

桜木「まあ……榊原くんなら仕方ないでしょう」

綾野「……そうだね、こういっちゃんだしね」

桜木「とりあえず、今日は休戦ということで他の人たちの妨害に徹しましょう」

綾野「そうだね、こういっちゃんに他の女を近づけさせないように……」

桜木「そしていずれは私たち二人で真っ向勝負……」

綾野「覚悟しといてよね、委員長」バチバチ

桜木「そちらこそ」バチバチ




杉浦(私は何も聞かなかった)シャクシャク



483 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:48:44.78 ID:LZqKxEA90

怜子「そろそろお昼にしましょうか」

恒一「そうですね、お腹も空きましたし」

怜子「じゃあ私がコンビニで何か――」

勅使河原「ちょーっと待ったー!!」バーン!

恒一「……どうしたの勅使河原?」

勅使河原「折角の海だぜ? ここはバーベキューしかないっしょ!!」

恒一「バーベキュー?」



484 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:50:57.13 ID:LZqKxEA90

赤沢「バーベキューってあんた……道具も無しになに言ってんのよ?」

勅使河原「ふっふっふ……そこは抜かりはないぜ! 見よこのバーベキューセット!」ババーン!

恒一「荷物が多いと思ったら……」

赤沢「……あんた、バカ?」

勅使河原「ふん、ほめるなほめるな」

綾野「と言うか材料はどうすんの?」

勅使河原「ふっふー……そこはもちろん現地調達!」

赤沢「……あんた馬鹿でしょ?」

恒一「ここまで来ると流石だなあ」



485 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:53:56.48 ID:LZqKxEA90

勅使河原「おーい望月! 釣竿は持ってきてるよな?」

望月「えっ……うん、一応持ってきたけど」

勅使河原「よーし……と言うわけでチームに分かれて対決な!」

恒一「チーム?」

勅使河原「おう! そんで負けたチームが料理を作って、勝ったチームが料理を食う……どうよ?」

恒一「ええー……」

赤沢「ふーん……いいわね、面白そうじゃない」

恒一「ええっ!? 赤沢さん!?」

勅使河原「おっ、いいね赤沢乗り気じゃん! そんじゃチーム分けすんぞ!」



488 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 06:02:52.72 ID:LZqKxEA90

勅使河原「まず対策係チーム……赤沢! 杉浦! 俺! ……そして望月!」

望月「僕別に対策係じゃないんだけど……」

勅使河原「いーんだよ、人数合わせだ……んで次!」

勅使河原「サカキハーレム軍団! まずもちろんサカキ! 桜木! 綾野! そんで見崎!」

赤沢「はあ!?」

鳴「榊原くんと同じチーム……」

綾野「やったー! こういっちゃんと同じチーム!」

桜木「頑張りましょうね榊原くん」

恒一「え? あ、うん」

望月(なんだか勝てる気がしない……団結力的に)

杉浦(今日の昼ごはんは諦めよう)



489 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 06:04:28.52 ID:LZqKxEA90

恒一「そういえばハーレムってどういう意味?」

鳴「さあ」

赤沢「ちょっと勅使河原! ふざけんな私もあっちのチームに入れろ!」

勅使河原「いって! え!? その昆布どっから出したの!? 痛い痛い痛い叩かないで!!」

赤沢「このっ! このっ!」バシンバシン

勅使河原「ぎゃーっ!?」


桜木「さ、榊原くん。あれは放っておいて食材探しに行きましょうか?」ギュッ

綾野「いっぱい取ろうねこういっちゃん」ギュッ

恒一「え? ちょっといいのあれ放っておいて」

桜木・綾野「いいからいいから」グイグイ

恒一「え、あの……」

鳴「……」テクテク



490 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 06:10:53.32 ID:LZqKxEA90

鳴「……これは?」ザブッ

恒一「それはアオサ、おいしくないよ」

鳴「そう……」シュン

鳴「……」ザブザブ

鳴「これは?」ザバッ

恒一「それはテングサ、そのままじゃ無理だね」

鳴「……そう」シュン



570 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 12:30:22.67 ID:LZqKxEA90

綾野「こういっちゃーん!」

恒一「ん? どうしたの綾野さん」

綾野「私釣りってやったことないんだけど……どうすればいいの?」

恒一「ああえっとね、まず針の先に餌を付けて」

綾野「ふむふむ……って餌って小エビなの? なんか贅沢」

恒一「そう? ……じゃあ虫餌にする? ゴカイとか」

綾野「むっ……虫っ!? 虫なんてムリムリムリ!!」

恒一「あはは、女の子だもんね。虫は嫌でしょ?」

綾野「」コクコクコク

恒一「それじゃやっぱりエビを使おうか」

綾野「うんうん! エビ! 私エビ大好き!」

恒一「はは……それで餌を付けれたら魚がいそうなところに投げて――」



572 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 12:33:30.33 ID:LZqKxEA90

綾野「……釣れないねー」

恒一「まだ五分も経ってないんだから……」

綾野「ぶー……」

恒一「それと餌が取れたりすることがあるからよくあるから、たまに確認してね」

綾野「はーい」

恒一「じゃあ何かあったらまた呼んで――」

桜木「きゃああぁっ!!」

恒一「!?」

綾野「あれ? 今の声って委員ちょ――ちょっと!? こういっちゃん!?」

恒一「っ……!」



574 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 12:36:36.42 ID:LZqKxEA90

恒一(確か声はこっちの方から……)

桜木「ううぅ……」

恒一「っ! いた! どうしたの桜木さん!」タッ

桜木「えっ……榊原くん!? こないで!?」

恒一「えっ!?」ピタッ

桜木「い、今……今はだめです!!」

恒一「なっなんで? 何があったの?」

桜木「そ、その……」

恒一「?」

桜木「波打ち際でしゃがんでたら……大きい波が来て……それで」

恒一「それで?」

桜木「……水着が流されてしまって」

恒一「え゛?」



578 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 12:40:25.43 ID:LZqKxEA90

桜木「お、お願いですから今だけは……」

恒一「え、あ、う、うん」

桜木「だ、誰か……誰か女の子呼んできて貰えませんか?」

恒一「わっわかった!! 今すぐ綾野さん呼んでくる!!」

桜木「お願いしますぅ……」

恒一「待っててね!」ダッ

桜木「はい……」

桜木「……」

桜木(チャンスだった気もするけど……これは流石に恥ずかし過ぎます……)



584 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 12:46:08.40 ID:LZqKxEA90

恒一「綾野さん! ちょっと頼みたいことが……って」

綾野「あ! こういっちゃん見て見て! すごいでしょー!」

恒一「え? ……なにこれ、バケツ一杯に魚が……」

綾野「こういっちゃんが行った後バンバン釣れちゃってさー」

恒一「へ、へえ……」

恒一(桜木さん探しに行ってから10分も経ってないはずなんだけどな……)

綾野「それでこういっちゃんはどうしたの?」

恒一「あっ、そうだ……実は桜木さんが水着を流されたらしくてさ」

綾野「水着を?」

恒一「うん。それで悪いんだけど、予備の水着持って行ってあげてくれない?」

綾野「ありゃりゃ、そりゃ大変だね……わかった! 任せといて!」

恒一「うん、ありがとう! その間釣竿は僕が見ておくよ」

綾野「オッケー! それじゃ後はよろしく!」タッ



585 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 12:49:52.02 ID:LZqKxEA90

恒一「よし、これで取りあえず桜木さんは大丈夫だろうな……」

恒一「……折角だから僕もちょっと釣りしようかな。餌を付けて、っと」

恒一「――それっ!」ヒュン


チャポン


恒一「……」

恒一「……」

恒一「……」

恒一「……」

恒一「……なるほど、これは暇だな」



589 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 12:52:25.87 ID:LZqKxEA90

恒一「やばい……早くも飽きてき――」

鳴「榊原くん」

恒一「わっ! みっ見崎!? いつから後ろに……」

鳴「今さっき」

恒一「そ、そうなんだ……気配が無いからびっくりしたよ」

鳴「ごめんね……魚釣れてる?」

恒一「僕は一匹も釣れてないけど、綾野さんが何匹も釣ったらしいよ」

鳴「へえ……ホントだ、バケツに魚がいっぱい」

恒一「でしょ? もしかしたら綾野さん才能あるのかもね」

鳴「釣りの才能?」

恒一「うん」



592 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 12:55:44.87 ID:LZqKxEA90

恒一「そういえばさ」

鳴「なに?」

恒一「見崎、楽しい?」

鳴「え?」

恒一「今日こうやって皆と海で遊んで、スイカを食べて、食材を探して……見崎は楽しめてるかなって気になってさ」

鳴「楽しいよ」

恒一「そっか、ならよかった」

鳴「うん、楽しい……榊原くんもいるし」

恒一「え? 僕?」



593 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 12:57:35.90 ID:LZqKxEA90

鳴「うん……だってきっと、榊原くんがいなかったらもっとつまんなかったと思うから」

恒一「そ、そうかな……?」

鳴「うん、きっとそう」

恒一「……そっか、それは光栄だね」

鳴「……榊原くんが一緒でよかった」

恒一「僕も、見崎が一緒でよかったよ」

鳴「……うん」

恒一「……」

鳴「……」



チャプ チャプ



595 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:01:37.62 ID:LZqKxEA90





怜子「で、勝負の結果は……こっちのバケツは昆布にナマコに……ヤドカリ?」

怜子「それでこっちは……わあすごい! 魚が大量じゃない!」

綾野「えへへへ……」

恒一「すごいよ綾野さん」

綾野「いやーそれほどでも」

怜子「これは文句のつけようも無く、恒一くんのチームの勝ちね」

勅使河原「くっそお……!」

赤沢「あんたがしっかりしないからよ!」

勅使河原「俺のせいかよっ……ってだから昆布で叩くのはやめろってば!!」



望月(まあわかってた)

杉浦(予想通り……)



598 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:05:48.84 ID:LZqKxEA90

恒一「まあ流石に何も食べられないのは可哀想だし、やっぱり皆一緒に作って食べようよ」

綾野「えー? 折角私ががんばったのに」

桜木「まあまあ綾野さん、いいじゃないですか。榊原くんが言うんですし」

綾野「むぅ……まあこういっちゃんが言うなら」

勅使河原「サカキ……! お前ってやつは! 最高だぜ!!」

赤沢「あんたは……少しは反省の色を見せろ馬鹿っ!!」バシーン!

勅使河原「いてーっ!?」

望月「助かった……」

杉浦「榊原くんマジ救世主」



600 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:10:49.72 ID:LZqKxEA90





勅使河原「うめーっ! やっぱり釣りたての魚はうめーな!」

恒一「ほんと、美味しいねこれ」モグモグ

綾野「ほらほらこういっちゃん、これも私が釣った魚だよ! 食べて食べて!」

恒一「うん、じゃあ一口……」

綾野「はい、あーん!」

恒一「……え?」



601 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:12:24.22 ID:LZqKxEA90

綾野「え? じゃなくて。ほら、あーん」

恒一「いや、自分で食べられ――」

桜木「榊原くん、こっちのお野菜もよく焼けてますよ! はいあーん」

恒一「桜木さんまで!?」

赤沢「恒一くん! 男の子なんだから肉も食べなきゃだめよ! ほら私が食べさせてあげる!!」

恒一「えっ!? ちょっちょっと待って赤沢さん!!」




鳴「……おいしい」モグモグ

望月「ホント美味しいね、これ」ムシャムシャ

杉浦「あっ、あつっあつっ」ハフハフ



602 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:15:15.00 ID:LZqKxEA90





恒一「はあ……食い過ぎた」

鳴「馬鹿正直に差し出されたもの全部食ったりするからよ」

恒一「だって……折角くれるって言うなら頂かないと失礼だし」

鳴「ホント馬鹿ね」

恒一「返す言葉も無い……」

鳴「ビーチバレーはどうする?」

恒一「僕はいいよ、休んでるから見崎だけ行ってきて――ってあれ?」

鳴「? どうかした?」

恒一「あそこで怜子さんと話してるのって……」



604 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:18:17.82 ID:LZqKxEA90

恒一「怜子さん」タッタッタ

怜子「あら恒一くん、丁度いい所に」

恒一「そちらの方は……」

怜子「例の松永くんよ」

松永「はじめまして、松永だ」

恒一「あっ、はじめまして。榊原恒一です」

松永「へえ、君が恒一くんか。丁度今君の話をしていたところなんだよ」

恒一「僕の?」

松永「ああ、なんでも災厄から皆を守ろうとしてるって――――」



ビュォオオオオオオッ!!



606 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:20:03.22 ID:LZqKxEA90

恒一「うわっ!?」

怜子「きゃっ!? なにこの強い風っ……」

恒一「急に突風が……」


ヒュウゥウウウウ…


赤沢「あっ、ボールが……」

杉浦「私取ってくる」

赤沢「あっ、ちょっと待ちなさい杉浦!」



609 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:22:37.59 ID:LZqKxEA90

恒一「おーい、さっきの突風大丈夫だった?」タッタッタ

赤沢「恒一くん……別に怪我はないけど、ボールが沖の方に飛ばされて」

桜木「今杉浦さんが回収に行ってます」

恒一「そうなんだ……」

勅使河原「結構沖まで飛ばされたけど大丈夫なのか?」

望月「まあここは夜見山の外だし、災厄が起こることはないと思うけど……」

恒一「……」




610 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:23:30.00 ID:Quj4e6qP0

おいやめろ現象さん仕事すんな



611 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:24:59.53 ID:LZqKxEA90

ザパァッ ザパッ


杉浦(よいしょ、よいしょ……っと)

杉浦(結構遠くまで飛ばされてる……これ取れるのかな)

杉浦(もうちょっと急ごう……)


ザパッ ザッパァーン


杉浦(波が強くて泳ぎにくい……)

杉浦(もっと早く泳がないと――――!?)ピキッ



614 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:28:17.55 ID:LZqKxEA90

勅使河原「……おい、なんか様子おかしくねぇか?」

望月「う、うん……なんかもがいてるみたいだけど」

勅使河原「もしかしてあれ溺れてんじゃ――」

恒一「っ!! ちょっと行ってくる!!」

勅使河原「あっおいサカキ! 待てよ、俺もい――」


バシャンッ! ザブザブザブザブザブ


勅使河原「ってはやっ!?」

赤沢「なにあのスピード……」



616 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:32:17.45 ID:LZqKxEA90

バシャッ バシャンッ ゴボッ


杉浦(――!? あ、足が攣って……!)

杉浦「がはっ、ごほっ……ぷはっ、はぁっ!」

杉浦(まずい、このままじゃ……溺れて……)

杉浦「っうあっ、ぷはっ、ごぼがぼ……がぼっ」

杉浦(うそ、なんで)

杉浦(夜見山の外なら――災厄は無い筈じゃ)

杉浦「ぷはあっ! がぼっ、かふっ、ふっ」

杉浦(いや……いや! 私、死にたくな――)



恒一「杉浦さん!!」ガシッ



622 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:36:17.49 ID:LZqKxEA90

恒一「杉浦さん大丈夫!?」

杉浦「ぷはぁっ、はぁっ、げほっ、ごほっ!」

恒一「杉浦さん!」

杉浦「かはっ、はっ、はっ……はぁっ……はぁっ」

恒一「……! 今浜まで連れてくからね!」

杉浦「はぁっ、はぁっ……さかきばらくん……?」

恒一「大丈夫だよ、絶対に助けるからね」

杉浦「うっ……げほっごほっ!」



625 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:38:42.79 ID:LZqKxEA90

ザブッ ザブッ


恒一「……よしっ、やっと着いた!」

勅使河原「おい! 大丈夫か杉浦!?」

杉浦「…………」グッタリ

恒一「杉浦さん! しっかりして!」

勅使河原「……! おい! 杉浦の奴息してねぇぞ!?」

望月「うそ!?」

恒一「……っ!! ちょっとどいて! 杉浦さん寝かせるから!!」



629 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:45:23.39 ID:LZqKxEA90

恒一「確か、こうして気道を確保して……」

勅使河原「どうすんだよ!? 杉浦の奴このままじゃ死ぬんじゃ」

恒一「今から人工呼吸する」

勅使河原「じっ!?」

赤沢・桜木・綾野「!?」

鳴「……」

恒一「それでもし駄目だったら心臓マッサージだ、怜子さん!」

怜子「あっ……な、なに!?」

恒一「万が一のときのために、ホテルに行って救急車を呼んでもらえますか!?」

怜子「! わかったわ、任せといて!」



633 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:48:05.93 ID:LZqKxEA90

恒一「すぅー……はぁー……」

勅使河原「お、おいサカキ、ホントにするのか?」

赤沢「そ、そうよ! 別の人がやってもいいんじゃ」

恒一「……いや、僕がやらなきゃだめだ!」

赤沢「!?」

恒一「僕が皆を守るって決めたんだ! だから……杉浦さんも僕が助ける!」

赤沢「っ……」

鳴「……榊原くん」

恒一「すぅー……はむっ!」



636 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:51:30.91 ID:LZqKxEA90

恒一「ふぅー……ぷはっ! 息は!?」

杉浦「…………」

恒一「駄目か……ならもう一度! すぅー……はむっ」

勅使河原「杉浦……」

赤沢「……」

恒一「ふぅー……今度は!?」

杉浦「…………」

杉浦「…………かはっ! けほっ、ごほっ」

恒一「!!」

勅使河原「やったか!?」



641 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 13:55:18.57 ID:LZqKxEA90

杉浦「げほっ! えほっえほっ……わ、私……?」

恒一「杉浦さん! 大丈夫!?」

杉浦「えほっ……さかきばら、くん……?」

恒一「! よかったぁ……」ホッ

杉浦「あれ……私、どうしたの……?」

恒一「ボールを取りに行こうとして溺れたんだよ」

杉浦「……あ」

恒一「思い出したみたいだね」



645 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:00:31.90 ID:LZqKxEA90

恒一「よし、それじゃ僕は杉浦さんをホテルまで連れて行くよ」

勅使河原「そうだな、ホテルなら外よりも安静にできんだろ」

恒一「杉浦さん、ちょっとごめんね……よっと」

杉浦「きゃっ……ちょ、ちょっと榊原くん……」

恒一「おっと、動いちゃだめだよ、おとなしくしてて」

杉浦「え……あ、うん」

恒一「それじゃ皆、ちょっと行ってくるね」

赤沢「ええ……」

桜木「気を付けてくださいね」



646 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:02:50.70 ID:LZqKxEA90

恒一「……」テクテク

杉浦「……」

恒一「……」テクテク

杉浦「……ねえ、榊原くん」

恒一「? なに?」

杉浦「あの……なんかうっすらと記憶らしきものが蘇ってきたんだけども」

恒一「え?」

杉浦「その……榊原くんが泳いで助けにきてくれたんだよね?」

恒一「うん、そうだけど?」



647 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:06:01.95 ID:LZqKxEA90

杉浦「その……それで、浜にあがったあと、その……」

恒一「? 浜にあがったあと?」

杉浦「その……わ、私に……」

恒一「私に?」

杉浦「…………ごめん、やっぱりなんでもない」

恒一「そう? 別に気になることがあったらなんでも聞いていいよ?」

杉浦「ううん、いいよ。なんでもない」

恒一「……まあ、杉浦さんがそういうならいいけど」

杉浦「……」

杉浦(……おんぶされててよかった)

杉浦(もしそうじゃなかったら……顔赤いの、バレてたかも)



649 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:09:26.57 ID:LZqKxEA90





恒一「ただいまー」タッタッタ

綾野「あっこういっちゃん! 大丈夫だった?」

恒一「大丈夫。命に別状も無いし、少し休んでれば回復するだろうって」

勅使河原「マジか! よかった~……」

恒一「うん、ホントによかった……」

赤沢「それじゃ私たちは荷物の片付けしましょうか」

桜木「そうですね、怜子さんが戻ってくる前に済ませちゃいましょう」

恒一「うん、そうしよう…………ん?」



松永「…………」



650 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:11:08.37 ID:LZqKxEA90

松永「…………」

恒一「……? 松永さん、どうしたんですか?」

松永「……すごいな、君」

恒一「え?」

松永「俺とは……俺とは大違いだよ……」ブルブル

恒一「……松永さん? どうしたんですか、顔色悪いですけど……」

松永「……俺だって……俺だって……災厄を止めたのに」

恒一「――――え?」



651 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:15:00.47 ID:LZqKxEA90

恒一「松永さん? 今なんて……」

松永「そうだ……そうだよ……俺が……俺が止めたんだ……」ブルブル

恒一「止めた? 災厄をですか?」

松永「…………教室、教室に……」

恒一「教室?」

松永「教室に残したんだ……何かを……何か残したんだ…………」

恒一「教室に……残した?」

松永「何かを……何か……災厄を……」

恒一「……」

松永「災厄を止める方法を、残したんだ――――」



660 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:27:08.25 ID:LZqKxEA90

~数日後~

勅使河原「なにぃ!? 災厄を止める方法がわかるかもしれない!?」

恒一「ちょっ、声大きいって勅使河原」

勅使河原「あ、わりぃ……それで?」

恒一「うん……松永さんが言うには、教室にその方法を残したって」

望月「教室?」

勅使河原「昔の教室ってーと……旧校舎の方か?」

恒一「うん、多分」

勅使河原「やったじゃねーか! お手柄だぜサカキ!」



662 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:30:32.88 ID:LZqKxEA90

勅使河原「そうとわかりゃ、早速赤沢に……」

恒一「あっ、ちょっと待って!」

勅使河原「……なんだよ?」

恒一「なるべく少人数で行きたいんだ」

望月「少人数? どうして?」

恒一「この間、夜見山の外だって言うのに杉浦さんが危うく死にかけたでしょ?」

勅使河原「そうだけどよ……あれは災厄とか関係ない事故だったんじゃねーのか?」

恒一「まあ、千曳さんにも話したらそう言ってたんだけど……万が一がある」

望月「万が一って……」

恒一「……災厄の法則が変わってるかも」



664 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:35:24.76 ID:LZqKxEA90

勅使河原「法則が……?」

恒一「うん、災厄の範囲や距離……それに期間とかも」

勅使河原「いやいや、そんなことあるわけねーって! だって26年前から法則はずっと変わってない筈だろ?」

恒一「そうとも言えないんだよ、今年は……僕のせいで」

望月「榊原くんのせい?」

恒一「ああ……僕が今のところ災厄で誰か死ぬのを食い止めてる」

恒一「それで現象がどのように変化するのか、それともしないのか……前例も無いからわからないでしょ?」

勅使河原「……まあ、そういわれるとそんな気も……?」

恒一「もし災厄の法則が変わってしまってたら――今後、何が起こるかわからない」

望月「……」

勅使河原「……」ゴクリ



665 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:38:07.95 ID:LZqKxEA90

恒一「だからできるだけ慎重に動きたいんだ」

恒一「皆に教えるのは……しっかりとした情報を得てからにしよう」

勅使河原「……そうだな、それがいい」

望月「うん、僕も賛成だよ」

勅使河原「それにしてもサカキ……お前って結構考えてんだな」

恒一「え?」

勅使河原「俺はてっきり無鉄砲の猪突猛進男だと思ってたんだが」

恒一「なにそれ!?」

望月「的を得てるね」

恒一「望月まで!?」



667 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:40:14.69 ID:LZqKxEA90

勅使河原「まあそれはいいや、それでいつ旧校舎にいく?」

恒一「できるだけ早く行きたいんだけど……」

望月「今からはちょっと……この後家族で用事があるんだ」

恒一「じゃあ明日の朝とか?」

勅使河原「朝は俺が勘弁!」

恒一「じゃあ夜?」

望月「夜に探し物はきつくない?」

恒一「……じゃあ、明日の午後三時ってことで」

勅使河原「おう!」

望月「うん!」



668 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:42:04.20 ID:LZqKxEA90

勅使河原「そしたら待ち合わせ場所は美術部の部室でいいんじゃねーか? 確か旧校舎だろ?」

望月「そうだね、僕なら鍵も持ってるし」

勅使河原「じゃあ決まりだな!」

恒一「ごめんね、頼んでもいい望月?」

望月「うん、任せてよ!」

恒一「ありがとう、それじゃまた明日――」



669 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:44:36.76 ID:LZqKxEA90

~演劇部部室~

綾野「――それでね、溺れかけたところをこういっちゃんが泳いで助けにいったの!」

小椋「へえ、そんなことがあったんだ……」

綾野「あの時のこういっちゃんの勇姿と言ったら……もう見れないのが損なぐらい!」

小椋「ふーん……頑張ってるのね榊原くん」

綾野「え? 頑張ってるって?」

小椋「……あれよほら、皆を守るんだー、とか言う奴」

綾野「ああ! うん、こういっちゃんはしっかり皆を守ってるよ」

小椋「……」



675 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:47:32.39 ID:LZqKxEA90

綾野「こういっちゃんはかっこいいし頼りがいあるんだけど、鈍いのが玉に傷でねー……」

小椋「……」

綾野「この間だってさー」

小椋「……あーもういいわ、榊原くんの話はもういい」

綾野「え? なんで?」

小椋「こんなに榊原くんの話されてたら、耳からこういっちゃんが付いて取れなくなるわよ」

綾野「えー……まだ話足りないのにぃ」

小椋「いつも話てるくせにまだ足りないのか……」



676 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:50:37.91 ID:LZqKxEA90

小椋「それにしても、あんた明るくなったわね」

綾野「え? そう? 私は昔から元気いっぱいだったよ?」

小椋「まあ確かに傍目にははしゃいで見えるわね……けど」

綾野「けど?」

小椋「たまに何処か不安そうな表情するじゃない、3年3組になってからは特にそうだったし」

綾野「……あー」

小椋「まあ今はそれも全く見なくなったけど……やっぱりそれも榊原くんのお蔭なの?」

綾野「こういっちゃんの? ……そうかな、うん、多分そう」

小椋「ふーん……」



680 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 14:53:46.08 ID:LZqKxEA90

小椋「……いいわね、恋する乙女って」

綾野「あれ? なになに、由美ったら羨ましいの?」

小椋「うざっ……!? 別に羨ましくなんてないわよ」

綾野「ふふふふ、しかしこういっちゃんは絶対に渡さないよ? ただでさえライバル多いのにこれ以上増えたらまいっちゃうもん」

小椋「だから違うって……あーもうどうでもいいわ、さっさと帰るわよ」

綾野「え? あっちょっと待ってよ由美ー! 私まだ準備終わってない!」

小椋「早くしなさいってば」

綾野「うん! ちょっと待ってて!」ガサゴソ

小椋「……」



小椋(榊原くん、か……)



683 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:00:10.67 ID:LZqKxEA90

~恒一宅~

恒一「……」カキカキ

恒一「……」キュッキュッ


怜子「……あら?」


恒一「……」カキカキカキ

恒一「……よし、できたかな」

怜子「何ができたの?」ヒョコッ

恒一「うわぁっ!?」



684 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:03:03.60 ID:LZqKxEA90

恒一「れ、怜子さん!?」

怜子「リビングで何書いてるかと思えば……なあにこれ?」

恒一「え、えーと……みんなにも今度説明するつもりだったんですけど」

恒一「先に概要だけでも仕上げておこうかなって思いまして」

怜子「どれどれ……ん?」

怜子「恒一くん、これって……」

恒一「……はい、実は千曳さんに話を聞いて思いついたんですが」

恒一「夏休みの数日間を使って――」



686 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:04:28.81 ID:LZqKxEA90

~小椋宅~

小椋「……」

コンコン

小椋「……兄貴、いるんでしょ?」


シーン…


小椋「……」コンコン


シーン…


小椋「っ……ちょっと! 返事ぐらいしなさいよ!」ドンッ



688 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:07:14.35 ID:LZqKxEA90

小椋兄『……うっせぇな、なんの用だよ』

小椋「なんの用だ、じゃないわよ……いつまで部屋にひきこもってるつもり?」

小椋兄『……俺の勝手だろ』

小椋「勝手って……ふざけたこと言ってんじゃないわよ!」ドンッ

小椋兄『っ……! っせぇな!! お前には関係ないだろ!!』

小椋「関係無くなんかないわよ!」

小椋兄『関係ねぇよ! たかが妹の癖に!!』

小椋「っ……!!」



690 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:10:05.77 ID:LZqKxEA90

小椋「っ……どうして……」

小椋兄『っつーかなんだよ、今まで部屋をノックすることなんて無かったくせに――』

小椋「どうしてっ……あんたはそんななのよ!!」

小椋兄『……ああ?』

小椋「昔は……昔はもっとかっこよかったのに……!」

小椋兄『昔……?』

小椋「そうよ……昔は……今みたいじゃなかった」

小椋兄『……』

小椋「昔は……ヒーローみたいだったのに……榊原くんみたいなヒーローだったのに」

小椋兄『……はあ?』



694 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:12:18.08 ID:LZqKxEA90

小椋兄『誰だよ榊原って? お前何言って――』

小椋「もういい!!」ドンッ

小椋兄『っ!?』

小椋「あんたなんか一生そこに引き籠ってなさいよ!! 死んじゃえばーか!!」

小椋兄『ああ!? てめーが死ねばーか!!』


タタタタタタ…


小椋兄『……』



700 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:15:36.12 ID:LZqKxEA90

小椋兄「……」

小椋兄「……ちっ、なんだってんだよ由美の奴」

小椋兄「っと、画像収集に戻らねーと……」カチカチ

小椋兄「……」カチカチ

小椋兄「……」カチカチカチターンッ

小椋兄「……」

小椋兄「……」

小椋兄「……昔、か……」



小椋兄(昔の俺ってどんなんだったっけな……)



705 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:19:47.81 ID:LZqKxEA90

~翌日~

勅使河原「おーっすサカキ!」

恒一「勅使河原」

勅使河原「さっさと美術部の部室行こうぜ、誰かに見つかったら」


綾野「あー!! そこにいるのはこういっちゃん!!」


勅使河原「めんど……う……」

恒一「あちゃー……」

綾野「やっほーこういっちゃん!」ダキッ

恒一「わっ!? ……若干慣れてきた自分が空しい」

勅使河原「言った傍からかよ……」



709 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:22:54.25 ID:LZqKxEA90

小椋「ちょっと! いきなり走り出してどうしたの……って」

恒一「あれ? 小椋さん、こんにちは」

小椋「こんにちは……じゃなくて、榊原くんに勅使河原?」

勅使河原「お、おう……偶然だな小椋に綾野」

小椋「……なんで帰宅部のエースが学校に来てんの?」

恒一「えっ!?」

綾野「なに言ってんのよ由美! 私に会いにきたに決まってんじゃん!」

小椋「……そうなの?」

恒一「え? い、いやそれはその……」

勅使河原「そ、それはだな……」



710 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:25:42.87 ID:LZqKxEA90

恒一「実はちょっと探し物をしに来たんだけど……」

小椋「探し物?」

恒一「……うん」

綾野「なに探しにきたの?」

勅使河原「いっ!? そ、それは……お、おいサカキ」

恒一「え? 僕? ……えーっとその……そうだ! それより二人はどうして学校に?」

綾野「うちら? うちらは普通に部活だよ」

恒一「部活?」

小椋「そう、演劇部」

恒一「へえ、二人とも演劇部だったんだ」



712 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:28:57.97 ID:LZqKxEA90

小椋「知らなかった?」

恒一「うん、そういえば部活何やってるか訊いたことないからね」

綾野「今丁度終わったところなの……そうだ! そしたら私も探し物手伝うよ!」

恒一「えっ!?」

勅使河原「なっ!?」

小椋「ちょっと彩、あんた……」

綾野「いーじゃんいーじゃん! それで探し物ってなんなの?」

恒一「え、えっと……」

勅使河原「……おい、どうすんだよサカキ」ヒソヒソ

恒一「どっどうしよう……?」ヒソヒソ

小椋「……」



714 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:32:03.65 ID:LZqKxEA90

小椋「……彩、行くよ」グイッ

綾野「え?」

小椋「私たちが居ちゃ迷惑みたいだからね」グイグイ

綾野「えぇ!? ちょっと待ってよ由美ー!」

小椋「それじゃあね二人とも」

恒一「え……あ、うん。それじゃまた」

勅使河原「お、おう! またな小椋! 綾野!」

綾野「待ってよ! 私はこういっちゃんと一緒に居たいんだけど!?」

小椋「ほらさっさと行くよ」グイグイ

綾野「待って、ちょっ、いやぁあああ!!」


イヤァアアアア…


勅使河原「……助かった?」

恒一「……と言うより、助けられたね」



715 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:33:43.94 ID:LZqKxEA90

~美術部部室~


ガラッ


恒一「……あれ? 見崎?」

鳴「……榊原くん?」

勅使河原「どうしたサカキ、なにかあった……ってなんで見崎?」

鳴「勅使河原くんまで……」



716 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:35:28.98 ID:LZqKxEA90

恒一「見崎、なんでここに?」

鳴「家にいても仕方ないから、絵でも描こうと思ってきたんだけど」

恒一「そ、そうなんだ……」

鳴「……」

恒一「……」

鳴「……二人はどうして?」

恒一「えっ!?」

勅使河原「そ、それはだな……」


ガララッ


望月「ごめん! 遅くなっちゃった……ってあれ? 見崎さん?」

鳴「……望月くんまで」



718 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:38:31.87 ID:LZqKxEA90

鳴「休みの日に三人揃って、なんで旧校舎に?」

恒一「え、えーっとそれは……」

望月「て、勅使河原くんが美術部の部室で待ち合わせしようって言って……」

勅使河原「俺ぇ!? お、俺は……サカキが話があるって言うから!」

恒一「僕!? え、えっとその……実は旧校舎に探し物があって」

鳴「……旧校舎に、探し物?」

恒一「う、うん……」

鳴「ふーん……」

恒一「……」

鳴「……」

恒一「……あ、あはは」

鳴「……」



720 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:41:42.97 ID:LZqKxEA90

~旧3年3組教室~

恒一「結局見崎までついてきちゃったよ」

鳴「探し物なら人数は多ければ多い方がいいでしょ」

勅使河原「しっかし埃っぽいなー……しかも暗いし」

望月「……電気も点かないみたいだね」カチカチ

恒一「仕方ない、カーテンだけでも開けようか」

鳴「そうね」



721 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:45:06.96 ID:LZqKxEA90

鳴「それで、この教室に災厄を止める手がかりがあるって本当?」

恒一「松永さんが言うにはね」ガサゴソ

勅使河原「初めて掴んだ糸口だ、ぜってー見つけ出すぞ!」

望月「うん、そうだね」

恒一「じゃあ……僕はあっちの奥を探すよ」

望月「なら僕はあっちの方にしようかな」

勅使河原「そんなら俺はこっちだな!」

鳴「残った私は……まあ適当に探すね」

恒一「よし、じゃあ何かあったらすぐに教えて……それと床や机が古いから、十分気を付けてね」

鳴「うん」

勅使河原「了解!」



724 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:47:40.74 ID:LZqKxEA90






綾野「ちょっと由美~! なんであんなことしたのよ!」

小椋「あんなことって?」

綾野「私とこういっちゃんの仲を引き裂いたことよ!」

小椋「ひきさっ……大げさすぎるでしょ」

綾野「大げさじゃないよ! 私はこういっちゃんの近くにいないと死んじゃうの!」

小椋「なに言ってんだか……それに」

綾野「それに……なに?」

小椋「あんまり付き纏ってるとうざがられるわよ?」

綾野「うざっ!?」



725 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:50:00.58 ID:LZqKxEA90

綾野「え、ど、どういう」

小椋「そのままの意味よ。あんまりべったりだとその内榊原くんも愛想つかすかもね」

綾野「ええっ!? こ、こういっちゃんがそんな……」

小椋「だからたまには引くことも覚えた方がいいわね」

綾野「引く?」

小椋「そう。余り強く干渉しないこと」

綾野「干渉……」

小椋「……いい女の条件に、深く干渉しようとしてこないってのがあった気がするわね」

綾野「いい女!?」



727 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:51:43.88 ID:LZqKxEA90

綾野「いい女……深く干渉しない……なるほど」

小椋(……割とちょろいなこいつ)

綾野「ありがとー由美! いいこと聞いちゃった!」

小椋「いいのよ別に」

綾野「お礼にこんどクレープ奢るね!」

小椋「本当? ありがたくいただくわ」ニヤ

綾野「あれ? 今の変な笑いなに?」

小椋「気のせいよ」

綾野「? そう?」



730 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:55:17.08 ID:LZqKxEA90

パラパラ…


綾野「あっ、雨降ってきた」

小椋「え? ……本当だ」

綾野「やっばー……早く帰らないと。それじゃ由美、私こっちだから!」

小椋「うん、またね彩」

綾野「うん! また明日ー!!」タッ

小椋「はいはい、また明日」ヒラヒラ


タッタッタッタッ…




――綾野、夜見山を出ようとせずフラグがたたなかったので現象回避



732 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:56:55.70 ID:LZqKxEA90






恒一「なにか見つかった?」

勅使河原「いや、こっちはなんにも」

望月「僕のほうもこれと言って怪しいものは……」

鳴「私も」

恒一「そっか……」

鳴「……空気悪いし、ちょっと窓開けようか」

恒一「あ、なら僕が開けるよ」



734 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 15:59:03.75 ID:LZqKxEA90

恒一「よっ……と」ガラッ


ヒュゥウウウ…


勅使河原「おおー……やっぱ喚起するとちげぇな」

望月「そうだね」

鳴「……それじゃ、次はどこ探そうか?」

恒一「そうだなあ……」

勅使河原「……? なあ、あそこってまだ探してないよな?」

恒一「あそこ?」

勅使河原「ほらあれだよ、あの掃除用具入れ」



736 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:01:23.16 ID:LZqKxEA90

ガコンッ…


恒一「うーん……中に入ってるのはモップとかだけだけど」

勅使河原「じゃあそこも違うのか?」

恒一「……あれ? ちょっと待って」

望月「え? どうしたの?」

恒一「上の方になにかあるみたい……よっ、このっ」ガリッガリッ

恒一「……とれた!」

勅使河原「マジか! おい早く見せてみろよ!」

恒一「ちょっと待って……」



739 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:04:28.44 ID:LZqKxEA90

望月「ガムテープで覆われてるね……なんだろうこれ?」

恒一「何か書いてある……えーとなになに?」

鳴「……『将来このクラスで理不尽な災いに苦しめられるであろう後輩たちへ……』」

望月「災いって……」

勅使河原「――ビンゴ! やったなサカキ!」

恒一「うん! 早速開けてみるね」

勅使河原「おう、早く早く!」

恒一「ちょっと待ってて」


ビリビリ…ビリ…



741 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:07:30.86 ID:LZqKxEA90

ビリリッ ビリッ…


恒一「……これは」

望月「カセットテープ……だね」

鳴「……どうやって再生するの?」

恒一「誰か今ラジカセ持ってたりする?」

望月「流石に今は持ってないよ」

恒一「だよね……」

勅使河原「なら俺にいい考えがあるぜ!」

鳴「いい考え?」

勅使河原「おう! ここは学校だからな! テープ再生するならあそこがあるじゃねーか!」

恒一「あそこって……あ、そうか」



743 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:10:30.06 ID:LZqKxEA90

~放送室~

ガチャッ

恒一「なるほど、放送室ね」

勅使河原「おう、ここなら再生機器も揃ってんだろ!」

望月「……でも勝手に使って大丈夫なの?」

勅使河原「問題ねーよ、バレなきゃな」

望月「バレなきゃって……」

鳴「……あ、これかな? 再生できるやつ」

恒一「それみたいだね……それじゃ早速再生しようか」



744 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:13:19.61 ID:LZqKxEA90

カチッ  ジー…キュルキュルキュル…


恒一「……」

勅使河原「……」ゴクッ


松永『……ええと……おれの……俺の名前は松永克己』


勅使河原「! これ……!」

望月「うん! 当たりだよ! 松永さんの残したテープだ!」

恒一「二人とも静かに! 今はテープを聞こう」

勅使河原「あっ……と、そうだな」



746 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:18:32.73 ID:LZqKxEA90

松永『夜見北中学、1983年度の生徒で、来年の三月に卒業予定……』

松永『今これを録音してるのは……八月二十日の夜だ』

松永『自宅の自室で……一人でテープレコーダーに向かっている』

松永『……』

松永『……今このテープを聞いている君……もしくは君たちが』

松永『未来の3年3組の生徒である可能性……そして今現在、理不尽な災厄に怯えている可能性はどのくらいだろう?』

松永『……』

松永『……これは、このテープを残そうと思ったのは』

松永『俺の……俺自身の罪の告白』

松永『それと……未来の後輩である君たちへの――アドバイスだ』



747 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:21:28.21 ID:LZqKxEA90





ジー……

松永『……そして、その時それが起こったんだ』

恒一「……」

勅使河原「……」

松永『それ……そう、俺が……俺がブブッを……』

ジー……ザザザザッ…

恒一「……? なんだ、テープが……」


カン カン カン


勅使河原「……!? おいやべえって! 誰か来たみてーだ!」

恒一「えっ!?」



748 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:23:36.19 ID:LZqKxEA90

勅使河原「テープ隠せ隠せ!」

望月「ま、待ってよ!」

恒一「見崎こっちにきて!」

鳴「……うん」


ガタガタ ガッシャンッ ガタンガタッ…


恒一「……」

勅使河原「……」

望月「……」

鳴「……」



751 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:25:27.69 ID:LZqKxEA90

ガチャッ

恒一「っ!」


教師「……」

教師「……」キョロキョロ

教師「……異常なし、と」


ガチャッ


勅使河原「……ふーっ……ひやひやしたぜ」

望月「ほんとにね……って勅使河原くん! それ!」

勅使河原「え? うわぁ!? なんだこれ!?」



752 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:27:00.31 ID:LZqKxEA90

望月「駄目だよ再生中なのにテープ出しちゃ!」

勅使河原「そ、そんなこと言ったってよぉ……こ、このっ……」グイグイ

ブチッ

勅使河原「あ」

望月「あ」

恒一「あちゃー……」

鳴「……わかめ」



754 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:30:25.35 ID:LZqKxEA90

勅使河原「どうすんだよこれ!?」

恒一「勅使河原がやったんだろ……あーあ、肝心なところ聞けてないよ」

勅使河原「マジかよぉ……」

望月「ちょっと貸してみて」

勅使河原「え?」

望月「……うん、これなら多分直せるかも」

恒一「ほんと?」

勅使河原「ホントか!? なら頼んだ!」

恒一「ごめんね望月……お願いしてもいい?」

望月「……うん、なんとかやってみるよ」



755 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:32:32.85 ID:LZqKxEA90

恒一「仕方ない、今日はもう帰ろうか……」

勅使河原「そうだな……ホントすまん望月! 頼んだぜ?」

望月「いいよ、僕も皆の役に立ちたいし」

勅使河原「望月……お前ってやつは……!」

恒一「……あ、そうだ」

勅使河原「え?」

鳴「? どうかしたの榊原くん」



757 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:34:54.22 ID:LZqKxEA90

恒一「実は前から予定だけは考えてたことがあるんだけど……」

鳴「予定?」

恒一「うん、それで今日このテープを聞いてやっぱり決めたんだ」

勅使河原「決めたってなにをだよ?」

恒一「……今の内に三人にも言っておいていいかな」

鳴「?」

恒一「実はもう三神先生にも少し話してあるんだけど……今度の夏休みにクラス合宿をしようって」

勅使河原・望月「合宿?」



759 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:37:40.64 ID:LZqKxEA90

恒一「うん、夜見山神社って言う神社にお参りに行くんだ」

鳴「なんでそんな合宿なんか?」

恒一「ああ、なんでもその合宿を行った年は、災厄が止まったらしくて……」

勅使河原「災厄が止まった!?」

恒一「単なる偶然かとも思ってたんだけど……今のテープを聞いて確信したよ」

望月「確信って……」

恒一「うん……きっと、合宿の最中に災厄を止めるような『なにか』があったんだ」

勅使河原「なにか……」

鳴「……」



760 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:40:07.60 ID:LZqKxEA90

恒一「僕から三神先生に改めて話しておくから、きっと近いうちホームルームででも知らせがくると思う」

勅使河原「なるほど、合宿ねえ……」

鳴「……榊原くんは行くんだよね?」

恒一「もちろん。僕が行かないでどうするんだよ」

勅使河原「ま、発案者だしな……よし! 俺も合宿行くぜ!」

望月「僕も行くよ。そうだ、その合宿の日にでもテープ持っていけばいいかな?」

恒一「そうだね、その方がいい……見崎はどうする?」

鳴「私?」



761 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:41:30.85 ID:LZqKxEA90

恒一「合宿に行くか行かないかだよ。一応自由参加って形を取るから」

鳴「自由参加……」

恒一「正直何が起こるかわからないから、危険だって思うなら参加しなくても――」

鳴「……ううん、行く」

恒一「え?」

鳴「私も行くわ、合宿」

恒一「……そっか、わかった」



766 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:44:35.33 ID:LZqKxEA90

勅使河原「そうと決まりゃあ早速家に帰って支度だな!」

恒一「え!? いやいや気が早すぎるでしょ」

勅使河原「なに言ってんだよ! 修学旅行は去年いっちまったし、三年は何もイベントが無いと思ってたところにこれだぜ?」

勅使河原「テンションあげるしかねーだろこんなの!」

恒一「そんな楽しいものじゃないと思うけど……」

勅使河原「いーんだよ! こういうのは気分だ気分! ほらさっさと帰ろうぜ!」

望月「あっ、待ってよ勅使河原くん!」

恒一「あっちょっと二人とも……もう、仕方ないなあ」

鳴「……榊原くん」

恒一「ほら見崎、行こう。二人に置いて枯れちゃうよ」

鳴「……」

鳴「……うん」



767 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:46:36.67 ID:LZqKxEA90

~小椋宅~

小椋兄「……」カチカチ

小椋兄「……ちっ、釣りかよ死ね」

小椋兄「……」カチカチ

小椋兄「……ん?」


ポツッ…ポツン…


小椋兄「……? 雨か?」



771 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:48:40.57 ID:LZqKxEA90

ザー……ザー……


小椋兄「……結構強いな」

小椋兄「……」

小椋兄「……」カチカチ

小椋兄「……」カチ…

小椋兄「……」

小椋兄「……由美のやつ、傘持ってったのかな……」

小椋兄「……」

小椋兄「……」

小椋兄「……ちっ、関係ねーよあんな奴……」カチカチ



775 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:51:11.13 ID:LZqKxEA90





小椋「……はぁ」

小椋(雨思ったより強くてびしょ濡れになっちゃった……)

小椋「……」テクテク

小椋「……」テクテク

小椋(……兄貴)

小椋(……最近、榊原くんのことを見るたび昔のあいつのこと思い出すなあ……)

小椋(昔は……よく一緒に遊んだっけ)



776 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:52:52.76 ID:LZqKxEA90

小椋(いつからこんなになっちゃったんだろ……)

小椋(昔の兄貴は……もっと……)

小椋(もっとかっこよかったのに……)

小椋(……榊原くんに負けないぐらい……)

小椋「……兄貴……」ボソッ


ザー……


小椋「……あれ?」



777 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:55:15.46 ID:LZqKxEA90

小椋「え、なにあれ……え?」

小椋(あれ、私の家? なんで、なんでショベルカーが……!?)

小椋「っ……」タタタタ

小椋(うそっ、うそだっ……こんな、こんなのっ……!!)

小椋「っ……あっ……」

小椋(あそこ……ショベルが突き刺さってるの……)

小椋(兄貴の部屋――?)

小椋「っ……! あにっ――」




「うわああああああああああああああああ!!!?!?!??」



778 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:56:52.22 ID:LZqKxEA90

小椋兄「お、お、俺の部屋がぁあああああああああああ!!?!?!?」

小椋「……え?」

小椋兄「俺のHDDがぁああああああ!!!! コレクションがぁあああああああ!!?!?!?!」

小椋「……」

小椋兄「うわぁあああああ!! 死んだぁああああああ!! 俺死んだぁああああああ!!!!」

小椋「……」

小椋兄「うわぁああああああああああああ!!!!」

小椋「……え?」



785 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 16:59:10.31 ID:LZqKxEA90

小椋(……なんであいつ部屋出てんの?)

小椋兄「ちくしょおおおお!! 死んでやる!! こんな現実……うわぁああああん!!」

小椋(……あれ? あいつが持ってるのって……)

小椋「……あ、私の傘」

小椋「……」

小椋兄「ちくしょおぉおおおおおおっ!!!!」

小椋「……」

小椋「……ふふっ」


小椋「――おい! そこのクソ兄貴!」



794 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:01:35.28 ID:LZqKxEA90

小椋兄「ああっ!? てめぇ由美!! 俺は今人生の儚さに悲嘆してんだよ!!! あっち行けよ!!!!」

小椋「儚さって……命とパソコンどっちが大事なのよ」

小椋兄「命並にパソコンが大事なんだよ!!!!」

小椋「……呆れた」ハァ

小椋兄「んだとこらぁ!!?」

小椋「――――お兄ちゃん」

小椋兄「……あ?」



796 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:04:38.36 ID:LZqKxEA90

小椋「取りあえず警察行くわよ」

小椋兄「お、おい由美、お前今……」

小椋「と言うかこのショベルカーの持ち主誰よ……あんたなんか知らないの?」

小椋兄「あ? しらねぇよ、ちょっと家出た瞬間後ろからすごい音して気付いたらこんなだったからな」

小椋「あっそ……本当役立たずねあんた」

小椋兄「あぁ!?」

小椋「ほら、私の傘返してよ」

小椋兄「え? あ、ああこれか……ほれ」

小椋「ん……あんがと」



799 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:07:00.04 ID:LZqKxEA90

小椋「それじゃいこ」

小椋兄「行くって……ああ、警察か」

小椋「そ、交番まで」

小椋兄「まあこんな状態じゃ家の中入れねぇしな……俺も行くわ」

小椋「……そう、じゃあ傘入れてよ」

小椋兄「はぁ!? お前自分の傘あんだろうが!」

小椋「これ壊れてんのよ、いいから入れなさいよ」

小椋兄「なっ……ちっ、仕方ねぇな」

小椋「うん……ありがと」


小椋「――――お兄ちゃん」




801 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:07:49.04 ID:vbfGP+9A0

フラグがたったのは兄貴ルートか


803 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:08:17.67 ID:Ub3UTD0J0

兄貴の野郎・・・・



807 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:09:51.05 ID:LZqKxEA90

~数日後~

小椋「おはよー」

綾野「あっ由美!」

小椋「ん、おはよう彩」

綾野「おはよう……じゃなくて! 大丈夫なの!? 家にショベルカーが突っ込んだって聞いたけど……」

小椋「ああ……まあ家は壊れちゃったけど、誰も怪我してないし大丈夫よ」

綾野「そっか……よかったぁ」ホッ

小椋「それに壊れたのってクソ兄貴の部屋だけだからね、あいつの部屋なんて無くても問題無いわよ」

綾野「あー、いつも愚痴ってたよねお兄さんのこと……」



809 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:12:51.52 ID:LZqKxEA90

小椋「うん、まあこれで兄貴の引き籠りも治るはずよ、なんせ引き籠る部屋が無くなっちゃったからね」

綾野「そーなんだー……あれ? そうしたらお兄さん今どこで寝てるの?」

小椋「えっ!? い、いやそれは……」

綾野「?」

小椋「それはそのっ、ねっ……あの――」


ガララッ


小椋「あっ先生来た! この話はこれでおしまいね!」

綾野「え? ちょっと待ってよ由美!」

三神「ほら皆さん! 席について!」



814 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:16:07.51 ID:LZqKxEA90

三神「今日はホームルームの前に重要なお知らせがあります」

赤沢「お知らせ……ですか?」

三神「はい、重要なお知らせです」

三神「実はこのたび……今年の夏休みの数日間を使って、クラス合宿を行いたいと思います」

桜木「合宿?」

三神「そうよ、少し遠くにある夜見山神社と言う神社まで行ってお参りするの」

赤沢「夜見山神社……」



819 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:20:19.53 ID:LZqKxEA90

三神「詳しいことはプリントを回します……これはしおりにもなるから大事にとっておいてください」

三神「風見くん、皆に配ってくれる?」

風見「あっ、はいわかりました」ガタッ

三神「配りながら説明しますが、この合宿は自由参加です」

三神「……しかし、私たちのクラスには皆さんもご存じの通りあるものが存在します」

三神「ですからこの合宿は、それに関してとても重要なものとなるでしょう」

三神「できる限り、参加できる人はするように」

三神「では、質問がある人は手をあげて――」



822 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:24:00.44 ID:LZqKxEA90

~合宿当日~

恒一「……」テクテク

鳴「……」テクテク

勅使河原「……びっくりしたよなあ」

恒一「なにが?」

勅使河原「なにがって決まってんだろ……合宿にクラスの奴全員が参加したことだよ」

恒一「ああ……そうだね、僕もまさか全員来てくれるなんて思っても無かった」

鳴「……やっぱり、皆どこかしら不安はあるのね」

勅使河原「だな……あ、そうだ望月! あれちゃんと持ってきたか?」

望月「あれって?」

勅使河原「テープに決まってんだろ、カセットテープ」

望月「ああ……うん、ばっちりだよ」

勅使河原「よし! よくやった望月! お前は偉い」バンバン

望月「いたっ!? ちょっと……背中叩かないでよ」

勅使河原「ははっ、わりーわりー」



825 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:27:53.48 ID:LZqKxEA90

恒一「……あれ?」

水野「おーい! そこのやつらー!」

勅使河原「ん? なんだ水野ー?」

水野「合宿所前で集合写真撮るらしいから、さっさとこーい!!」

勅使河原「おー! わかったー! よし行くかサカキ……ってどうしたんだ?」

恒一「いや……なんか忘れてる気がするんだよね、なんだったかなぁ……」

勅使河原「なんか? なんかってなんだよ?」

恒一「いや、それが思い出せないんだよ」

勅使河原「? まあ忘れてるってことは別にどうでもいいことなんじゃねーの?」

恒一「そうかなあ……?」

勅使河原「そうに決まってるって! ほら、遅れたらまずいからさっさと行こうぜ!」タッ

恒一「あっ……待ってよ!」タッ



826 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:28:46.87 ID:LZqKxEA90

~病院~

中尾「……」

中尾「……」

中尾「……」

中尾「……誰かお見舞いこねえかなあ」

中尾「……」

看護婦「検診のお時間でーす」

中尾「あ、はい」



831 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:32:45.59 ID:LZqKxEA90

~合宿所前~

望月「それじゃ撮りますから、皆並んでー」

恒一「わかっ――」

綾野「私こういっちゃんの隣ー!」ダキッ

恒一「わっ!?」

赤沢「ちょっと! そこは私の場所よ!」

綾野「はぁ!? そんなの決まってないじゃん!」

桜木「なら反対隣は私ですね」

恒一「桜木さん!?」

杉浦「……じゃあ前は私ってことで」

恒一「え!? ちょっと杉浦さんまで!?」



832 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:35:13.81 ID:LZqKxEA90

ギャーギャーワーワー
ドケーオマエコソドケー


望月「……おーい、写真撮りたいんだけどー?」

勅使河原「いいよ望月、このまま撮っちまえ」

望月「えー……? いいのこれ?」

勅使河原「もういいよ、待ってたら日が暮れちまう」

望月「……わかったよ、じゃあ撮るよー」


望月「はい、チーズ」



――カシャッ



833 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:37:31.41 ID:LZqKxEA90

~夕方・恒一の部屋~

勅使河原「よーし、それじゃテープかけるぞ?」

恒一「うん」

鳴「」コクリ

望月「……」ゴクリ

勅使河原「せー……のっ」カチッ



ジー……キュルルル……


松永『それが……それが起こったんだ……』



836 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:41:10.52 ID:LZqKxEA90





松永『俺が殺したあいつが……ブブッが死者だったんだ』

松永『どうやったら災厄を止められるのか……』

松永『……死者を……死者を死に還す』

松永『……それでその年の秩序は回復する』

松永『――いいか? 死者を死に還せ』

松永『クラスに紛れ込んだもう一人を――殺すんd』


カチッ


恒一「……」

鳴「……」

勅使河原「……」

望月「……」



837 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:42:55.03 ID:LZqKxEA90

恒一「……」

勅使河原「……なんかすごいこと聞いちまったな」

望月「……そう、だね」

鳴「……」

勅使河原「……どうする?」

恒一「……どうするってなにが?」

勅使河原「……誰が」

勅使河原「誰が――――死者だと思う?」



839 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:44:22.18 ID:LZqKxEA90

恒一「……誰が死者……」

望月「その死者を殺せば、災厄は止まる……」

勅使河原「それに殺しても皆の記憶からは消える、か……」

恒一「……」

勅使河原「……な、なあっ――」



恒一「何も変わらないよ」



842 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:47:10.03 ID:LZqKxEA90

勅使河原「……えっ?」

恒一「何も変わらない。このテープを聞いた意味は無かったね」

勅使河原「……はあ?」

恒一「誰か……誰か一人を殺して災厄を止めるなんて、そんなのできるわけないだろ」

望月「で、でもっ……どうせその人は死者なんでしょ? それで災厄が止まるって言うなら……」

恒一「……駄目だよ」

望月「え?」

恒一「死者なんかじゃない。生きてるんだ」



846 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:50:49.62 ID:LZqKxEA90

恒一「生きてる人間を殺すなんてできない」

勅使河原「い、生きてる……?」

恒一「そう、生きてるんだ。他の人と何も変わらない」

恒一「感情もある、ものを食べる、体温もある……生きてる人間となにも変わらないじゃないか」

勅使河原「なっ……」

望月「榊原くん……」

鳴「……」

恒一「そんな生きた人間を殺してまで災厄を止める必要はない」

恒一「僕が――僕が死者も含めて守り抜けばいい」



850 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:53:57.72 ID:LZqKxEA90

~食堂~

カチャカチャ カチャカチャ


恒一「……」モグモグ

鳴「……」モグモグ

勅使河原「……」モグモグ

望月「……」モグモグ

勅使河原「……なあ」

望月「ん? なに?」

勅使河原「別に……別に殺そうとかそんなんじゃねえんだけど……死者は誰だと思う?」

恒一「……? なんでそんなことを?」

勅使河原「だってよ……普通に気になんじゃねえか」

鳴「……」



855 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:56:43.81 ID:LZqKxEA90

勅使河原「まあ誰かわかったところでどうしようもねーのもわかってるけどよ……」

恒一「……死者は生きた人間と判別できないんだろ? なら分かるわけないよ」

望月「松永さんのときは偶然だったみたいだしね」

鳴「……」

恒一「……あれ? 見崎?」

鳴「っ! なに?」

恒一「どうしたの? 手止まってるけど」

鳴「あ……」

鳴「……」

鳴「……ねえ、榊原くん」



856 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 17:58:40.33 ID:LZqKxEA90

恒一「なに?」

鳴「あの……後で一人で私の部屋に来てくれない?」

恒一「見崎の部屋に?」

勅使河原「は?」

望月「え?」


赤沢「!?」ガタッ

桜木「!?」ガタッ

綾野「!?」ガタッ

杉浦「!?」ガタッ

小椋「……」



861 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:00:40.94 ID:LZqKxEA90

鳴「私の部屋一人だけだから……二人だけで話したいことがあるの」

恒一「? わかった、じゃあ後でいくよ」

桜木「一人部屋……!?」

綾野「二人きりだとぉ!?」

赤沢「ちょっと待ちなさい見崎さ――――」



ガシャンッ!!



865 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:03:50.26 ID:LZqKxEA90

恒一「!?」

鳴「!?」

水野「和久井っ!? どうした!」

和久井「かはっ……ひゅー……ひゅー」

千曳「どうしたんだ一体!」

水野「わ、わかりません……さっきから喉を押さえてたと思ったら急に苦しみだして」

三神「その生徒は……和久井くんは確か喘息の持病が」

千曳「喘息? 和久井くん、吸入器は?」

和久井「ひゅーっ……かひゅーっ……!」プルプル

千曳「これか……」カシュッ カシュッ

千曳「空なのか!? 予備の薬は!!」

和久井「っ……!!」



870 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:10:03.85 ID:LZqKxEA90

和久井「へ……やっ……かひゅっ……かばん……ひゅーっ……」

千曳「部屋……鞄か! 三神先生、ホテルの人を連れて和久井くんの部屋に行ってください」

水野「あっ俺も行きます! 和久井と同室ですから」

千曳「そうか、なら頼んだよ……和久井くんしっかりして、もう少しの辛抱だ」

和久井「ひゅーっ……ひゅーっ……」コクコク

恒一「頑張って和久井くん!」

和久井「ひゅっ……ひゅーっ……かふっ……」コクリ

千曳「取りあえず横になろう、和久井くんこっちにこれるかい?」

和久井「っ……」コクリ



871 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:10:23.08 ID:LZqKxEA90





千曳「……」スタスタ

恒一「あっ……先生! 和久井くんは!」

千曳「ああ、薬のお蔭でなんとか落ち着いたよ」

恒一「そうですか……」ホッ

三神「よかった……」

千曳「……でもまだ予断は許されない状態だからね、私が車で病院まで送り届けてくるよ」

恒一「お願いします千曳さん!」

千曳「三神先生は他の生徒のことを頼みます」

三神「わかりました」



875 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:13:49.31 ID:LZqKxEA90

ブロロロロ…



恒一「……」

勅使河原「……行っちまったな」

恒一「大丈夫かな……和久井くん」

望月「大丈夫だよ、きっと。さっき見たときは落ち着いてたし」

恒一「ならいいんだけど……」

三神「ほら君たち! 心配なのはわかるけど、雨も降ってきたから中に入りなさい!」

勅使河原「はーい! ……行こうぜサカキ」

恒一「……うん」



――和久井、しおり(恒一作)に『持病持ちの方は薬を忘れずに』と注意書きがあったため予備の薬も持ちこみ、ギリギリセーフ




876 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:14:33.26 ID:GDFR7XXp0

恒一有能すぎワロタ



879 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:15:20.92 ID:LZqKxEA90

~鳴の部屋~

コンコン

恒一『見崎? いる?』

鳴「……榊原くん? 入って」

ガチャッ

恒一「お邪魔するね」

鳴「……うん、いらっしゃい」



881 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:16:50.42 ID:LZqKxEA90

恒一「それで、二人っきりで話したいことって?」

鳴「……」

恒一「……見崎?」

鳴「……」

恒一「おーい? 見崎ー?」

鳴「……榊原くん」

恒一「ん? なに?」

鳴「……さっき榊原くん言ったよね、死者は殺さないって」

恒一「……? ああ、言ったけど?」



884 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:20:07.22 ID:LZqKxEA90

鳴「もし……もしね」

恒一「うん」

鳴「もし……死者が分かるって言ったらどうする?」

恒一「……え?」

鳴「死者が誰か分かるって言ったら、榊原くんはどうする?」

恒一「……どういうこと?」

鳴「……」

恒一「……」

鳴「……私の左目のこと、前に話したよね」

恒一「え? ああ、義眼なんでしょ?」

鳴「そう、義眼……作り物の目。だからこの目はね、見えなくていいものが見えるの」

恒一「見えなくていいもの……?」

鳴「そう……この左目はね、死の色が見えるの」



887 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:22:47.27 ID:LZqKxEA90

恒一「死の色?」

鳴「うん、死の色」

鳴「赤でも青でもない……この世に無い色」

恒一「……」

鳴「死んですぐの人や死にそうな人をこの左目で見ると……死の色が濃淡になって表れる」

恒一「……つまり、その目で……」

鳴「うん」

鳴「この目でクラスの皆を見れば……きっと誰が死者か分かるわ」



889 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:26:19.54 ID:LZqKxEA90

恒一「……見崎はもう誰が死者なのかわかってるの?」

鳴「ううん……学校では普段眼帯してるから、まだわからない」

恒一「そっか……」

鳴「……」

恒一「……ありがとう見崎、わざわざ僕にこのことを話してくれて」

鳴「……ううん」

恒一「でもごめん……そのことを知っても、僕の考えは変わらない」

鳴「……」

恒一「誰が死者だとわかっても僕はその人を殺さないし、殺されそうになっても守る」

鳴「……うん、まあわかってた」

恒一「え?」

鳴「恒一くんならそういうだろうなって」




890 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:28:12.73 ID:GHCJuMc00

こういち君?



892 >>890 間違えた 2012/03/16(金) 18:29:15.72 ID:LZqKxEA90

恒一「……そうなの?」

鳴「うん、榊原くんはわかりやすいから」

恒一「それ言われるのは二回目だなあ……」

鳴「……あのね榊原くん」

恒一「ん? なに?」

鳴「実はもう一つ……話があるんだけど」

恒一「もう一つ?」

鳴「うん。榊原くん、病院で私と会ったときのこと覚えてる?」

恒一「病院? ああ、エレベーターで会ったときのことね」

鳴「そう」



894 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:33:56.24 ID:LZqKxEA90

鳴「あの時、私ね……いとこの藤岡未咲って言う子に人形を届けにいってたの」

恒一「いとこに? ……あれ? でも病院の地下って……」

鳴「……うん、そう……霊安室」

恒一「……もしかして」

鳴「……うん、未咲は……未咲は、死んだの」

恒一「……」

鳴「未咲は病気で……その手術が終わった日、手術は成功して助かるはずだった」

鳴「でもあの日……私が人形を届けに行った日に、急に容態が悪化して……」

鳴「きっと……きっと未咲は、災厄のせいで死んだの」

恒一「……災厄? ちょっと待ってよ見崎、さっきその未咲ちゃんはいとこって……」

鳴「うん……ちょっと長い話だけどね――」



897 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:36:53.16 ID:LZqKxEA90





恒一「つまり、その未咲ちゃんと見崎は実は血の繋がった双子……ってことなの?」

鳴「そう。私だけ見崎家に養子に出されて……だから未咲も、災厄の範囲内の人間」

恒一「……どうしてもっと早くにそれを言わなかったんだ? もう災厄が始まってたって言うなら、見崎がいない者をしてた意味は――」

鳴「っ……信じたくなかったの」

恒一「え?」

鳴「……未咲が……そんなわけのわからない呪いのようなもので死んだなんて……思いたくなかったっ」

恒一「……」

鳴「病気が治ったら……また一緒に遊ぶ筈だったのに……なのに――」

恒一「見崎!」ガシッ

鳴「!?」




901 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:39:56.83 ID:ksEnTKmJ0

この熱血漢は圭一に通じる物がある



902 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:40:31.17 ID:LZqKxEA90

鳴「さ、榊原くん……?」

恒一「未咲ちゃんが死んだのは災厄のせいなんかじゃない」

鳴「え?」

恒一「だってほら……まだ誰も死んでないじゃないか」

鳴「えっ……」

恒一「まだ誰も災厄で死んでない……だから、災厄は始まってないってことだろ?」

鳴「なっ……なに言ってるの、榊原くん」

恒一「だから未咲ちゃんが死んだのはわけのわからないオカルトのせいじゃない」

鳴「っ……」

恒一「僕が……僕が来年の三月まで皆を守り抜けば、そういうことになるでしょ?」

鳴「っ……榊原、くんっ……」



903 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:43:10.65 ID:LZqKxEA90

恒一「……見崎」

鳴「……なに?」

恒一「実は僕、一つ決めたことがあるんだ」

鳴「……決めたこと?」

恒一「ああ……僕、教師になろうと思う」

鳴「教師?」

恒一「ああ、そして夜見北の……この3年3組の担任になる」

鳴「!?」



908 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:45:26.72 ID:LZqKxEA90

鳴「そ、それって……」

恒一「ああ、この災厄を止めるんだ。僕がずっと……3年3組の生徒を守り続けることで」

鳴「そんな……そんなの駄目よ」

恒一「駄目ってなんで?」

鳴「榊原くんは……一生この災厄に縛られるつもりなの?」

恒一「そんなつもりはないさ」

鳴「ならっ……」

恒一「これは根競べだよ」

鳴「……根競べ?」

恒一「ああ、根競べだ」



912 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:48:16.59 ID:LZqKxEA90

恒一「災厄の方が諦めるのが先か、僕の方が守りきれずに死なせてしまうかのね」

鳴「……なに言ってるの榊原くん、災厄に意思なんてあるわけない」

恒一「わからないさ、実はどっかの誰かが見てて、僕らのことを躍起になって殺そうとしてるのかもよ?」

鳴「……ホント、なに言ってるの榊原くん」

恒一「あはは、まあそれは冗談だとしてもさ」

鳴「……」

恒一「災厄を止め続ければ……いつか本当に災厄が止まる可能性はあるかも知れないだろ?」

鳴「……」



916 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:50:38.37 ID:LZqKxEA90

恒一「そういうわけだから、これから教師になるために猛勉強しないとね」

鳴「……」

恒一「とりあえず大学を出て教員免許をとらないと」

鳴「……榊原くん」

恒一「それと、何があってもいいように体も鍛えないと――」

鳴「榊原くんっ」ギュッ

恒一「えっ!?」



918 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:53:16.65 ID:LZqKxEA90

鳴「榊原くん、ほんと……ほんとバカ」ギュゥウウ

恒一「えっ……見崎? いきなり抱き着いてどうしたの?」

鳴「っ……この、鈍感っ」ポカッ

恒一「いたっ!? 胸叩かないでよ!」

鳴「……ねえ、榊原くん」

恒一「? なに? 見崎」

鳴「……榊原くん、あのね」

恒一「?」

鳴「私、榊原くんのことが――」


バンッ


恒一・鳴「!?」



924 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:56:09.95 ID:LZqKxEA90

赤沢「そこまでよ!!」

桜木「それ以上は許しません見崎さん!」

綾野「抜け駆けはだめってのがこの世のルールだと知らなかったの!?」

杉浦「……危ないところだった」

恒一「えっ……赤沢さんたち? なんで見崎の部屋に?」

鳴「……」

赤沢「なんでじゃないわよ! そこの眼帯女のせいに決まってるでしょ!」

恒一「え? 見崎の?」

桜木「危うい所でした……」

綾野「間一髪だったね」



931 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 18:58:16.32 ID:LZqKxEA90

赤沢「とりあえず見崎さん! 恒一くんから離れなさい!」

鳴「……いや」ギュッ

恒一「ちょっ!?」

赤沢「はぁ!?」

桜木「あぁ!?」

綾野「こいつっ……!! なら力づくで引き剥がしてやる!!」

杉浦「手伝うわ」

恒一「えっ? ちょっ、ちょっと待って僕もいるんだけど痛い痛い痛い!!」

綾野「はーなーれーろー!!」

鳴「いやっ……!!」



933 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:01:12.41 ID:LZqKxEA90

~勅使河原の部屋~

勅使河原「なんか下騒がしくね?」

風見「そう? 気のせいじゃないか?」

望月「それより次はなにする?」

勅使河原「そうだなー大富豪はもう飽きたし……」

風見「久しぶりにダウトでもやる?」

望月「三人でダウト……?」

勅使河原「まあやってみてからでいいだろ、んじゃ手札配るぞー」




――風見、空気が険悪になることなく口論も起こらなかったのでフラグ立たず、現象回避



937 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:04:37.50 ID:LZqKxEA90

――その後、合宿は問題無く終わった。

しかし、神社へのお参りは意味をなさなかったようでその後災厄は止まることはなかった。

何度も何度もクラスの関係者が死にかけ……無論、3年3組の生徒である僕も何度も死にかけた。

事故だったり、病気だったり、殺人だったり、自殺だったり……ありとあらゆる形で災厄は起ころうとした。



……そして、翌年の三月――



941 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:07:14.00 ID:LZqKxEA90

「はーい、それじゃみなさん並んでください」


三神「ほら、皆早く並んで! 後のクラスも押してるんだから」

桜木「女子はこっちの列ですよー」

風見「男子はこっち。背の低い人は前に並んでね」

恒一「はーい」

勅使河原「んじゃ俺は背高いから後ろだな」

望月「僕は前、か……」



944 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:09:27.29 ID:LZqKxEA90

綾野「私こういっちゃんのとなり!」

恒一「ええっ!?」

桜木「ちょっと! 女子はこっちの列って言ったでしょう!」

綾野「そんなの関係ないもーん」

赤沢「なら私だって!」ガタッ

中尾「な、なあ赤沢! 俺の隣こないか!?」

赤沢「行くわけねーだろ!! 死ねっ!!」

中尾「そんな……」

勅使河原「ははっ……最後までいつも通りだな」

望月「そうだね」



948 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:11:01.03 ID:LZqKxEA90

恒一「みんな、卒業写真なんだから最後ぐらいちゃんとしようよ……」

綾野「むー……こういっちゃんがそういうなら」

赤沢「……仕方ないわね」

恒一「ふう……相変わらず、綾野さんたちはよくわからないなあ」

鳴「……榊原くん」

恒一「ん? 見崎?」



949 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:12:47.52 ID:LZqKxEA90

鳴「……榊原くん、お疲れ様」

恒一「……ううん、僕は大したことはしてないさ」

鳴「そんなことない、榊原くんはとっても頑張ったわ」

恒一「そうかな?」

鳴「うん、榊原くんが頑張ったから……」



鳴「――今こうして、一人も欠けずにいるじゃない」



953 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:16:23.31 ID:LZqKxEA90

恒一「……うん、だといいな」

鳴「……うん、そうよ」


「はい、皆さん並びましたかー?」


鳴「ねえ榊原くん」

恒一「なに? 見崎」

鳴「………き」

恒一「え? なんて言ったの?」

鳴「……ううん、なんでもない」


「では写真を撮ります! にっこり笑ってー!」



954 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:17:45.27 ID:LZqKxEA90

恒一「……? まあ、なんでもないならいいけど」

鳴「うん」

鳴「……」

鳴「……榊原くん」



――大好きだよ



「はい、チーズ!」カシャッ






終わり







961 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:19:22.47 ID:5tsrcgU80

乙!


965 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:19:56.30 ID:oIJgvXM/0

乙!


966 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:20:00.35 ID:YpOMqik60

よかった
鳴ちゃん最高だわ



967 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:20:00.41 ID:ETX6SrEI0




969 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:20:06.83 ID:kxsSykrNO

これこそ本物のAnotherストーリーだwwwwwwなんつってなwwwwwwwwww


972 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:20:39.66 ID:+h008Xwc0

>>969
(´・ω・`)



978 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:20:58.63 ID:ETX6SrEI0

>>969
せやろか?



975 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:20:50.35 ID:uQ4t0GDj0


面白かった



976 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:20:52.15 ID:DcLdx9sv0

まさかこんな形で現象さんが負ける日がくるとは



982 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 19:22:52.26 ID:iZFrpCUg0

原作もアニメも見たことないけど面白かった







Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]


Another ぷにぷにうで枕 鳴柄Another ぷにぷにうで枕 鳴柄
Another ぷにぷにうで枕 鳴柄


ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.244 Another 『見崎 鳴』
ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.244 Another 『見崎 鳴』


Another 見崎鳴Tシャツ ブラック
Another 見崎鳴Tシャツ ブラック