1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:01:15.72 ID:vBp1+amb0

凛「そうよ、私がマスターの凛。貴方は剣の英霊ね?」

ラオウ「如何にも。俺は拳の英霊、世紀末覇者拳王!」

凛「引き当てたわ……! 超強力なサーヴァントを!」



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:08:25.93 ID:vBp1+amb0

ラオウ「では凛、行くぞ」

凛「え? 行くってどこへ?」

ラオウ「天を平定しに行くに決まっているだろう」

ラオウ「出よ黒王号!」クワッ

ピシャーン

バカラッバカラッバカラッバカラッ

黒王号「ヒヒーンッ!」

凛「ちょ!? 待ちなさいよ!」



9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:12:50.47 ID:vBp1+amb0

ラオウ「何をグズグズしている。さっさと乗れ!」ヒョイッ

凛「うわっ!? ちょっとやめなさい! レディにこんな恰好させるなんて」バタバタ

ラオウ「うるさい小娘だ……」ピキーンッ

凛「」ガクッ

ラオウ「行くぞ黒王号! 拳王恐怖の伝説は今より始まる!」



14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:20:19.76 ID:vBp1+amb0

バカラッバカラッバカラッバカラッ

ラオウ「! どうどう」

黒王号「ブルル……」

ランサー「馬に乗って登場たぁ……騎兵の英霊とお見受けした」

ラオウ「その長物、ランサーか」

ランサー「如何にも。……あんたのマスターはおねんねかい?」

ラオウ「そう言ううぬも単身であろう。男の戦いに加勢など無用」

ランサー「……話のわかる奴だな」



ランサー「じゃあ、遠慮なく行くぜ!」ダンッ



18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:24:39.09 ID:vBp1+amb0

ガキィンッ

ラオウ「……っ」グッ

ランサー「素手で受けただと!?」

ラオウ「ぬうぅぅん!」グオッ

ランサー「!」

ドガァァァッ



ラオウ「今のを避けるか。なかなかやるな」

ランサー「魔力放出……? 違うな」ザッ



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:29:23.02 ID:vBp1+amb0

ランサー「お前、ライダーじゃないな。一体何のサーヴァントだ!」

ラオウ「我は拳王! 世紀末覇者拳王だ!」

ランサー「世紀末覇者……?」


ランサー「! ちっ、これからって時に……」

ランサー「拳王さんよ、この勝負預けたぜ」シュン…


ラオウ「……」



25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:33:26.34 ID:vBp1+amb0

…………

凛「……ん、朝?」

ラオウ「起きたか」クワッ

凛「きゃあああ!?」

ラオウ「なんだ、起きて早々やかましい」

凛「ご、ごめん。いきなり心臓によくない物をみたから……」



27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:37:26.07 ID:vBp1+amb0



凛「じゃあ私はこれから学校だから」

ラオウ「うむ」クイッ

凛「……」

ラオウ「……うむ、いい酒だ」

凛「朝っぱらから酒煽ってないで、あんたも霊体化してついてきなさい」

ラオウ「……」クイッ

凛「……ちょっと! 聞いて」


ラオウ「小娘」ギロッ

凛「!」ビクッ



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:47:21.08 ID:vBp1+amb0

ラオウ「俺は誰の命令も受けぬ」

ラオウ「たとえ、神の命令でもな」

凛「」ビリビリッ


ラオウ「わかったらさっさと学校とやらに行け」トクトク…

凛「……っ」



「令呪をもって命ずる……」

ラオウ「! 馬鹿者! 何をしている!」

凛「拳王のクソバカヤロウに言う事聞かせろー!!」カッ



36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:59:06.18 ID:vBp1+amb0

凛「まさか令呪二つも使うなんて……」

(この拳王に膝をつかせるとは……後で覚えておけよ)

凛「ふん!」



美綴「どうしたの遠坂、怖い顔して」

凛「え、いや何でもないわよ」

美綴「本当に? また柳洞と言い合いになったんじゃないの?」

凛「あー……そんな感じ」



39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:07:59.95 ID:vBp1+amb0

美綴「遠坂は要領良さそうで、その実不器用だからねぇ。特に人間関係」

凛「……」ピクッ

美綴「何て言うの? うまく立ち回ろうとして、全部の壁にぶつかる感じ」

凛「うっさい。私をどっかの正義の味方と一緒にしないで」


キンコンカンコン


凛「さ、行った行った」シッシッ

美綴「あんたと衛宮君、かなり似た者同士だよ」

凛「! 綾子!」

美綴「あっはっはっ」



42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:14:11.92 ID:vBp1+amb0

…………

凛「さて、もうみんな帰ったわね」

ラオウ「うむ。残りの生徒も皆外だ」スゥ…

凛「あんたは出て来ないで」

ラオウ「……」スゥ…



凛「私のテリトリーに結界なんて張ってくれて……」

凛「いいわ。その挑戦受けてやろうじゃない!」



44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:20:07.00 ID:vBp1+amb0

屋上

凛「……やられた」

(何がだ)

凛「私の力じゃこの結界は消せない。せいぜい妨害するのが関の山だわ」

(勢い良く啖呵を切っておいて情けない)

凛「う、うるさいわね」


凛「……でも、学校の関係者にマスターが一人はいる。それだけは間違いないわ」



48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:24:13.13 ID:vBp1+amb0

(そういえば、昨夜ランサーと一戦交えたぞ)

凛「嘘!? 初耳なんだけど!」

(うぬも居合わせだだろう。眠らせていだが)

凛「まさかあんた、あの馬鹿デカい馬で出歩いたんじゃ……」

(黒王号だ)

凛「今はどうでもいいわよ!」



49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:30:45.61 ID:vBp1+amb0

凛「……んで、仕留めたの?」

(顔合わせ程度のつもりだったのだろう。あっさり退きおったわ)

凛「相手の獲物は?」

(赤い長槍だな。この拳王のオーラが見えないようでは、俺の敵ではないな)

凛「オーラ?」

(闘気の事だ。非情に徹する事で)

凛「あー、わかったわかった」

ラオウ「貴様俺を愚弄したな!?」スゥ…

凛「わ!? ごめんって! 家に帰ったら聞くから!」



55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:42:06.72 ID:vBp1+amb0

遠坂家

凛「はぁ……疲れた」

ラオウ「あの程度の座学で疲れたなどと……修業が足りんな」スゥ…

凛「授業の事じゃないわよ! あんたの所為よあんたの!」

ラオウ「口を慎め!」クワッ

凛「ッ!?」ビクッ

ラオウ「令呪によって多少この俺を拘束した程度で粋がるな」

凛「……くっ」



60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:48:17.92 ID:vBp1+amb0

……

凛「拳王」

ラオウ「様をつけろ小娘」

凛「あんたセイバーじゃないの?」

ラオウ「質問の意図がわからんな」

凛「昨日、馬を召喚してたでしょ。セイバーでもできなくはないと思うけど、どっちかって言うとライダーとかキャスターの能力かなって」

ラオウ「俺はライダーでもキャスターでもない。俺は拳の英霊、黒王号は友だ」

凛「友って……」



64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:53:28.88 ID:vBp1+amb0

ラオウ「俺の謎を知りたくば、ついて来るがいい」

凛「ついて……って、またどっか行くつもり!?」

ラオウ「何処かとは愚かな。戦場に向かうに決まっているだろう」

凛「戦場?」

ラオウ「わからぬか? あれほどまでに巨大な闘気が!」





イリヤ「あら、遠坂家のマスターじゃない」

凛「! アインツベルン!?」



72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:00:59.50 ID:vBp1+amb0

凛「ちょっと拳王! あんたアインツベルンがいるって知っててここに来たの?」

ラオウ「初戦にうってつけの相手だろう」

凛「なに考えてんのよ! わざわざ強敵にぶつかるなんて!」

ラオウ「凛」

凛「なによ!」


ラオウ「聖杯戦争の王道がどうかは知らんが、俺の生きていた時代では、自らの力で切り開く道こそが王道だった」


ラオウ「力こそ正義。戦いとはそういうものだろう」



74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:08:04.09 ID:vBp1+amb0

イリヤ「なーんかかっこいい事言っているけど、そういうのはウチのバーサーカーを倒してからにしてよね」


バーサーカー「■■■■■■■■■■■!!」


凛「な、なにあれ……」ビリビリッ

ラオウ「さしずめ、鬼……といったところか」


バサァッ


ラオウ「鬼が相手ならば、俺も同じ地に降りる他あるまい!」ズウゥン



77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:11:06.31 ID:vBp1+amb0

バーサーカー「■■―――」

ラオウ「ふ、これほどの男はフドウ以来か。待ちかねたぞ」

イリヤ「む……バーサーカーを前にして笑うなんて生意気」

イリヤ「怖がらないならいいや、殺しちゃえ」



バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■!!!!」グァァッ


ドガァァァッ


凛「拳王ー!」



80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:17:32.00 ID:vBp1+amb0

イリヤ「つまんなーい。もう終わったの?」

バーサーカー「■■―……」

イリヤ「……え? 何?」


バーサーカー「■■■―」ググッ

ラオウ「ぬうぅ……ッ」ググッ


イリヤ「嘘!? バーサーカーとまともに組み合うなんて……」


バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■!!」ゴゴゴ

ラオウ「ぬうぅぅああッ!!」ゴゴゴ


凛「!? これが……拳王のオーラ……?」



90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:22:51.30 ID:vBp1+amb0

イリヤ「何やってんの! さっさと殺しなさいよ!」


バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■!!」ブンッ

ラオウ「ぬう!?」ドガァァァッ


凛「拳王!? 危ない!」


バーサーカー「■■■■■!!」グオッ


バキィッ





93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:28:54.06 ID:vBp1+amb0

凛「……!」

イリヤ「やった!」



  北  斗  神  拳  奥  義



ラオウ「無想陰殺」


バーサーカー「■■――」ゴホッ


イリヤ「バーサーカー!?」

ラオウ「ぬうぅぅぁぁぁあ……!!」



ラオウ「北斗百裂拳んんんッッ!!!!」

バーサーカー「■―■■―――■―――」ドガガガガガガッ



104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:36:00.10 ID:vBp1+amb0

ドガァァァッ

バーサーカー「――■」ズズゥン…

ラオウ「俺は拳王! 拳での戦いでは一日の長がある」

イリヤ「うそ……イリヤのバーサーカーが宝具も使わない奴に…………」


凛「……あんな化け物に素手で勝っちゃった」

ラオウ「……ぬ」

バーサーカー「……―■■」ググッ

ラオウ「致命の拳を受けて立ち上がる……だと」



108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:39:35.12 ID:vBp1+amb0

凛「身体が再生していく……来るわよ!」

ラオウ「……」

バーサーカー「■■――」

イリヤ「……いい、今日は帰る。いこ、バーサーカー」

バーサーカー「…………」


ズズゥン

ズズゥン……



凛「……助かった」ヘタ



116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:47:32.55 ID:vBp1+amb0

ラオウ「あの程度で腰を抜かすとは情けない」

凛「いきなり優勝候補の一角とぶつかれば誰だって腰を抜かすわ!」

ラオウ「あれが優勝候補か。生ぬるい戦争だな」

凛「それは相性が良かったのよ。あんたみたいな肉弾戦特化タイプ、ライダーやアーチャー、キャスター相手の時はどうすんの?」

凛「それにセイバー――」



「遠坂……?」



士郎「何やってんだ、こんなところで」



122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:54:25.93 ID:vBp1+amb0

凛「衛宮君!? くっ、見られた!」

ラオウ「次の相手はうぬか? 小僧」


「いえ、私が相手になります」


セイバー「徒手の使い手、アサシンのサーヴァントとお見受けしましたが」

ラオウ「暗殺者……そんな時代もあったな」

凛「衛宮君とサーヴァント!? まさか衛宮君もマスターなの?」

士郎「まさか遠坂が魔術師だなんて……」




123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:55:21.21 ID:ECI+IsEW0

セイバーじゃ無理だな



129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:04:30.05 ID:QZiVhwwp0

士郎「止めるんだセイバー。女の子が戦っちゃいけない」

ラオウ「うぬの主はああ言ってるぞ。俺も女に手を出すのは気が進まない」

セイバー「構えなさい。私は女である前に一人の騎士。私は、剣の英霊なのです……!」チャキッ

ラオウ「…………」



ラオウ「駄目だな。うぬは俺と戦うに値しない」

セイバー「な!?」



132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:10:04.25 ID:QZiVhwwp0

凛「拳王、何を言ってるのよ!」

ラオウ「わからぬか、凛。あの小娘から先のバーサーカーのような闘気を感じるか?」

凛「オーラ……?」

セイバー「私を侮辱しているのですか!?」

ラオウ「ぬうぅぅぁ!!」ゴウッ


ドガァァァッ

セイバー「ッく!?」ビリビリビリッッ

ラオウ「牙の無い獅子に用など無いわ!」



138 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:16:39.09 ID:QZiVhwwp0

ラオウ「いかに優れた戦士であろうと、マスターが未熟では奥義が出せぬだろう」

ラオウ「今のうぬには強敵の見せる闘気がない。まだ俺と戦う運命にないのだ」バサッ

セイバー「……くっ」

凛「ちょっと! 要するに弱ってるって事なら、なんで今倒さないのよ!」

ラオウ「女子供に手を上げたとあれば、拳王の名が廃る」

凛「強敵には手を出して、格下は相手にしない……なんなのコイツ」



153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:22:58.35 ID:QZiVhwwp0

ラオウ「時に小僧」

士郎「な、なんだよ」

ラオウ「我が拳王軍の傘下に入らぬか」

セイバー「な!?」

凛「え!?」

ラオウ「凛とは面識があるのだろう。万全でない状態で戦うよりはいいだろうが」

セイバー「シロウ騙されてはいけません!」

士郎「……」



167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:28:14.45 ID:QZiVhwwp0

セイバー「聖杯戦争の勝者は一組なんですよ! いつ裏切られてもおかしくない!」



「じゃあ、ここで死ぬ?」



士郎「! 遠坂……!」

凛「それか、教会に逃げ込むか。力の無いマスターの道は二つに一つ」

凛「それを、私達が第三の選択肢を出してあげてるのよ? 何が最良かなんて、少し考えればわかるでしょうに」


ラオウ(……ほう)



176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:33:10.93 ID:QZiVhwwp0

……衛宮家


凛「へー、ここが士郎の家。立派に魔術師の家じゃない」キョロキョロ

士郎(今自然に呼び捨てにされた)

凛「で、セイバーの不調の理由ってなんなの?」

セイバー「その前に凛、私も確認したい事があります」

凛「なに?」


セイバー「あなたのサーヴァントのクラスです」



183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:40:08.29 ID:QZiVhwwp0

凛「それが見えないのよ」

セイバー「見えない……?」

凛「本人は拳の英霊って言ってるけど」

セイバー「馬鹿な、剣の英霊は私だ」

凛「剣じゃなく拳、ね」

セイバー「こぶし? では宝具は」

凛「今のところ何も。まあ、宝具なんて弱点晒すようなものだし、仕方ないっちゃ仕方ないけど」

セイバー「……」



191 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:45:32.86 ID:QZiVhwwp0

凛「で、士郎達はどうなの?」

士郎「セイバーの不調は……その、俺の所為なんだ」

凛「士郎の?」

士郎「俺が魔術師として未熟だから、魔力を供給できなくて、セイバーの力をフルに使えないんだ」

凛「なによそれー。折角セイバー引いたのに、宝の持ち腐れじゃない」

セイバー「リン、私のマスターを悪く言うのは止めていただきたい」

凛「事実でしょ。自分だって苦労してるのに、騎士って難しいわね」



198 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:57:28.35 ID:QZiVhwwp0

…………

凛「慎二がマスター?」

士郎「ああ、ライダーのマスターだった」

凛「でも、どこでそんな事知ったのよ」

士郎「慎二に呼び出されたんだ。手を組もう、って。もちろん断ったけど」

凛「……」


凛「そう。隠さず話してくれてありがとう」



204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:04:23.42 ID:QZiVhwwp0

士郎「で、慎二がついでに教えてくれたんだけど、柳洞寺に魔術師が拠点を構えてるらしい」

凛「……嫌に友好的ね。まぁ、つぶし合ってくれたら儲けって線もあるか」


凛「アインツベルンがバーサーカー、マキリがライダー、士郎がセイバー……残るはアーチャー、キャスター、ランサー、アサシンか」

ラオウ「待て、計算が合わぬぞ」

凛「あんたの所為でしょあんたの!」



211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:11:18.18 ID:QZiVhwwp0

セイバー「拠点を構えるのはキャスターの常套手段。手遅れになる前に攻め落としましょう」

凛「キャスターとも限らないわよ。単に有能なマスターが拠点を築いているのかも。ランサーやアーチャーの所在も割れてないし、迂闊に動きたくないわ」

セイバー「しかし、城が完成すれば落とすのは容易ではない。こちらには二人もサーヴァントがいるのですから――」

凛「その同盟がこっちの切り札なのよ。そう易々とバラしては意味ないの」

セイバー「…………」



214 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:14:36.55 ID:QZiVhwwp0

セイバー「シロウは……シロウはどう思っているんですか?」

士郎「……」


士郎「俺はセイバーを危険な目に合わせたくない」

セイバー「シロウ……」


凛「決まりね。しばらくは敵方の動向を見ましょう」

セイバー「……わかりました」



224 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:26:21.21 ID:QZiVhwwp0

…………


アサシン「こんな夜更けに来客か」

セイバー「……」ザッ

アサシン「マスターが見えぬが……単身この山城を落としに来たのか?」

セイバー「ええ……貴方がここの番人ですね」チャキッ

アサシン「如何にも。通るというのなら、主の命に従いお相手する他ない」

セイバー「望むところです……!」



227 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:33:09.26 ID:QZiVhwwp0

ギィンッ カシィンッ

ピィンッ

セイバー「……」ザッ

アサシン「可愛らしい少女と思っていたが……なかなかやる」

セイバー「賞賛と受けましょう」

セイバー「そちらも、その細身の剣であれほど打ち合うとは、素晴らしい腕前だ」

アサシン「ふ、これしか能がなくてな」



アサシン「血湧き肉踊る戦いをこのまま楽しむのも良いが……間合いも読めてきた事だ。我が妙技をお見せしよう」スッ

セイバー「……」グッ



231 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:41:01.11 ID:QZiVhwwp0

セイバー(間合いが読めたのはこちらも同じ……そのがら空きの懐に飛び込みます!)ダンッ



―――――――――― 秘  剣



   燕 返 し―――――――――――

セイバー「!」


バカラッバカラッバカラッバカラッ


アサシン「何!?」ピクッ

「ハイヨー! 黒王号ー!!」




233 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:43:07.16 ID:ej6OiqPt0

はいよーwwwwwwwww


237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:44:03.92 ID:vjUawCFD0

これはジュウザ



239 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:45:01.63 ID:QZiVhwwp0

ラオウ「露払いご苦労!」ダンッ

セイバー「拳王!?」


ドスンッ

バカラッバカラッ…


アサシン「……してやられたな」

セイバー「勝負に水を差すとは……どこまで私を侮辱するつもりなんだ!」ワナワナ


「約束を破った騎士さんも、十分侮辱してると思うけど?」

セイバー「!」ビクッ




240 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:45:15.44 ID:KNwF0h/30

はいやー!ならマジで言ってた



242 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:56:26.56 ID:QZiVhwwp0

柳洞寺

ヌァーッハッハッハ…


ドガンッ


ラオウ「どうどう」

黒王号「ブル……」


「番兵を飛び越してくるなんて……なんて野蛮なのかしら」

ラオウ「ここに拳士がいるだろう。そいつを連れてこい」

キャスター「なんの事かしら?」

ラオウ「知らぬと言うなら俺自ら探すまで」


ドゴォォォオオンッ





248 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:03:04.45 ID:QZiVhwwp0

キャスター「しつこい男は嫌いよ。消えなさい」


「…………今のは攻撃か?」


キャスター「!? 馬鹿な! 直撃した筈……」

ラオウ「そんなやわな攻撃ではこの身体に傷ひとつつける事はできん」

キャスター「くっ」ポウッ


バシュウ―――――――


ドガンッ ドガガガガガガッ

ドゴォォォンッ



253 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:06:55.28 ID:QZiVhwwp0

キャスター「なんなのあのサーヴァントは!」ガガガガ

ドガァンッドゴォンッドォオンッ


ブワッ

ラオウ「ぬうあっはっはッ!!」グオッ

キャスター「!?」


ブウンッ


ラオウ「ぬ」

キャスター「なんなの! なんなのあの打たれ強さは!!」フワッ



256 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:14:55.89 ID:QZiVhwwp0

ラオウ「空に逃げたか」

キャスター「貴方みたいな化け物、初めてだわ。……特別にとっておきの魔術を練ってあげるから、光栄に思う事ね」パァァ

ラオウ「ほう、どこからでもかかってくるがいい」

キャスター「っ! 分かったら……とっとと死になさいッ!!」カッ




――――ドゴオォォォォォンッッ――――






257 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:18:05.86 ID:QZiVhwwp0

士郎「柳洞寺の方ヤバそうだぞ!」

凛「わかってる!」

士郎「わかってるならなんで令呪で呼び戻さないんだよ!」

凛「だってあと一個しかないんだもん!」

士郎「一個しかないってなんでさ!?」

凛「だってあの馬鹿」



――――ドゴオォォォォォンッッ――――






260 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:22:31.96 ID:QZiVhwwp0

――――ドゴオォォォォォンッッ――――


ラオウ「魔術とやら……相手にとって不足なし」

ラオウ「見ておれ小娘共。これぞ我が奥義が一つ」



    約束された勝利の拳

  北  斗  剛  掌  波







267 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:30:53.52 ID:QZiVhwwp0

シュウゥゥ…


ラオウ「…………逃したか」

士郎「拳王! 今の光は!?」

ラオウ「様をつけろ小僧」

凛「ハァ…ハァ……今のあんたの宝具? 魔力消費半端じゃないんだけど……」

ラオウ「息が上がっているな、修行が足りぬぞ凛。今ので半分程度の威力だ」

凛「階段上ってきたからよ! てか、今ので半分?」



271 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:38:39.67 ID:QZiVhwwp0

士郎「で、マスターは倒したのか?」

ラオウ「マスター? 俺がやりあっていたのはキャスターだぞ」

凛「という事は、柳洞寺にサーヴァントが二人いたという事?」

ラオウ「うむ、我らの他にも手を組んでいるマスターがいたのだな」

セイバー「……勝手な事をしてすみませんでした」シュン

士郎「さっき謝ったんだから、それはもういいって」



274 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:51:38.68 ID:QZiVhwwp0

ザッ

ラオウ「来たか」

葛木「衛宮に遠坂、誰がこんな時間に出歩いていいと教えた」

士郎「葛木先生……!」

凛「まさか柳洞寺のマスターは……先生なの?」

葛木「私は魔術師でもなんでもない。ただの朽ち果てた暗殺者だ」

凛「暗殺者……」




276 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:58:56.54 ID:QZiVhwwp0

ちょっと葛木のキャラがわからない



277 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:03:08.13 ID:N3u2Jn8C0

あまりしゃべらないレ〇プ目のおっさん


278 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:03:43.61 ID:G12Kbww60

死んだ眼をしている


280 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:04:20.85 ID:GQD1fFCni

事実をたんたんと述べる感じ

基本無関心な感じ?




281 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:05:52.51 ID:QZiVhwwp0

キャスター「いけません宗一郎様!」バッ

葛木「止められなかったお前が悪いのだぞ。仕損じれば、奴は寺の中まで追ってくる」

キャスター「ですから逃げましょうと言ってるではないですか!」

葛木「どこへ逃げる。城を失ったお前は恰好の的なのだろう。ここで押し返す他無い」

キャスター「しかし、しかし宗一郎をあの筋肉ダルマと戦わせるなど……」


士郎「あれがキャスター……?」

凛「なんか…………首が痒くなってきた」



283 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:10:24.57 ID:QZiVhwwp0

ラオウ「男、名は」

キャスター「宗一郎様!」

葛木「葛木宗一郎」バッ

ラオウ「宗一郎よ、容赦はせぬぞ」

葛木「……」スッ


ラオウ「ぬうううぅぅん」ゴァッ

葛木「……」スッ

ザッ

ゴウッ

ラオウ「俺の剛拳いつまで受けきれるかな?」ゴゴッ



286 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:18:48.53 ID:QZiVhwwp0

士郎「葛木先生、拳王の攻撃を凌いでる!」

凛「キャスターが強化魔術を使っていたとしても、普通避けれないわ。暗殺者だったってのは本当の事なのね……」



ラオウ「ジョイヤッ!」ゴウッ

ススス…

葛木「……」スッ


ドゴォンッ


ラオウ「ぬうっ!?」

ザッ

葛木「……」ピタッ



288 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:23:41.05 ID:QZiVhwwp0

士郎「入った!?」

セイバー「いえ、効いていません!」



ラオウ「はあぁぁ!!」ブォンッ

葛木「……」タッ

ドガァッ

   バゴォッ

ラオウ「ぬああぁッ」ゴウッ


葛木「……」ザッ

ブンッ






289 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:24:42.96 ID:vp1Qv3ov0

セイバー見てるだけwww


290 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:25:23.45 ID:G12Kbww60

ここで、裏ボタンですね!



291 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:31:45.69 ID:QZiVhwwp0

凛「拳王の攻撃、一つも当たらないじゃない!」

士郎「先生はヒットアンドアウェイに徹してるし、ちょっと一方的じゃないか」

セイバー「いえ、一見一方的に見えますが、拳王もカウンターをもらわぬよう仕掛け方を気にしています」

セイバー「それに、拳王の反応も徐々に上がっています。敵の拳質を見切り始めているとしたら――」


ガシィッ

ラオウ「取ったァ!」

葛木「!」グッ



294 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:35:53.11 ID:QZiVhwwp0

ドサッ

ラオウ「さらばだ現世の暗殺者よ!」グッ

葛木「ここまでか」





ラオウ「女、そんな事をしても無駄とわかっているだろう」

キャスター「宗一郎様を……宗一郎様を放しなさい!」ゴゴッ

ラオウ「何故それ程に勝利に、聖杯に固執する」

キャスター「聖杯なんてどうでもいいわ」

ラオウ「なに……?」



296 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:38:46.81 ID:QZiVhwwp0

キャスター「私が欲しいのは、宗一郎様だけ!」

キャスター「私は宗一郎様を愛してるの!」

ラオウ「!」



キャスター「どうしても殺すというなら、私から殺しなさい」

ラオウ「……」


ラオウ「聞けぬな。俺はこの男の命が欲しい」グオッ

キャスター「やめてぇ!!」



「さらばだ」






298 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:44:14.12 ID:QZiVhwwp0

ズグッ

キャスター「嫌ぁぁぁぁぁッ!」

士郎「っ!」サッ

凛「っ」




ラオウ「拳を封じた。これで宗一郎という名の暗殺者は死んだ」

ラオウ「ここにいるのは、教師として生きる男」

葛木「……拳王」

ラオウ「身体を愛えよ、宗一郎」



300 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:52:38.84 ID:QZiVhwwp0

…………

凛「キャスターはもう再起不能でしょうね」

セイバー「キャスター一人で戦い抜くのは無理でしょうしね」

士郎「セイバー、そういう話じゃないんだよ」

セイバー「そうなのですか……?」

凛「残された時間を愛した人と目一杯生きる。なんか聖杯戦争とは縁遠い話ね」

士郎「そういえば、キャスターって結局何者だったんだろう」

凛「案外、生前から一途な人だったのかもね」



302 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 04:04:09.28 ID:QZiVhwwp0

士郎「しかし、拳王って結構いいとこあるんだな」

セイバー「倒せる時に倒さないのはどうかと思いますが…………まぁ、あれはあれで良かったのでしょう」

士郎「素直に褒めろよセイバー」

凛「無茶苦茶やって結局今回も手柄なし。一体何がしたいんだか……」

士郎「さあ……」

士郎「案外、この特別な状況に混ざりたかっただけなんじゃないか?」



364 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 11:00:57.35 ID:QZiVhwwp0

…………

凛「協力しろ?」

慎二「ああ。衛宮みたいな三流マスターと組んでるより、余程いいと思うけど」

凛「……」

慎二「ほら、アイツはすぐ戦いたくないだの、誰も悲しませたくないだの、甘っちょろい事言うし、こういう戦いに向いてないだろ」

慎二「おまけにサーヴァントを女扱いして。サーヴァントなんてただの駒なのに」

凛「……」



367 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 11:10:36.00 ID:QZiVhwwp0

ラオウ「駒はうぬの方だ、小僧」スゥ…

慎二「な!? サーヴァントがマスターの会話に口出し」

ラオウ「……」ギロッ

慎二「……!」ビクッ

ラオウ「凛、この小僧、小物だが今殺さばうぬに必ず災いをもたらすぞ」

慎二「な、なんだ! 僕とやり合う気か!?」

凛「やめなさい拳王。……サーヴァントの不敬は謝るわ。でも知っての通り、私は衛宮君と組んでるの。先約を蔑ろにはできないわ」

慎二「ああ、そうかよ!」



369 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 11:15:51.70 ID:QZiVhwwp0

凛「じゃあ、私はこれで。さようならマキリのマスター。次合う時は戦場で」

慎二「ふん!」




ラオウ「……うぬは何に縛られている。何故あのような下郎を立てる」

ライダー「……」

ラオウ「今のうぬではつまらぬ。賭けるもののないうぬではな」


バタン


ライダー「……」



371 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 11:23:00.91 ID:QZiVhwwp0

……

士郎「遠坂も勧誘されたのか」

凛「この場合引き抜きね。それより、今の話聞いてた? あんた慎二みたいな三流に三流呼ばわりされたのよ」

士郎「え、だって事実だし」

凛「あっさり認めてんじゃないの! 何の為に私が指導してると思ってんのよ!」パシンッ

セイバー「腕前は兎も角、仲間としての結束は固まってきていますね」モグモグ



373 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 11:31:13.90 ID:QZiVhwwp0

凛「はぁ…………いいわ、私が指導していてまだ三流気取りならこっちにも考えがある。明日は朝からみっちりしごいてやるからね」

士郎「朝からって、学校はどうするのさ」

凛「……あんたね」ハァ


凛「いい? 敵対関係のマスターがいる状況で、そのマスターと同じ学校に通おうなんて考えないで」

凛「ましてやセイバーは霊体化できないんだから、学校でサーヴァントに襲われたら勝ち目ないわよ」

士郎「……わかった」



374 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 11:35:41.94 ID:QZiVhwwp0

……

プルル…プルル…

セイバー「シロウ、電話が」ガチャ

士郎「遠坂、いいか?」

遠坂「仕方ないわね……ちゃっちゃと行ってきて」

士郎「悪いな」


バタン

セイバー「……」

凛「……」



376 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 11:45:44.12 ID:QZiVhwwp0

セイバー「不思議なものですね」

凛「何が?」

セイバー「同盟関係にあるとはいえ、サーヴァントを従えていないマスターが他人のサーヴァントと二人きりになるとは」

凛「あら、セイバーは隙あらば私を殺す気なの?」

セイバー「いえ、そのようなつもりは」



セイバー「しかし、私も聖杯にかける願いがある。いつかは、リン達と雌雄を決しなければならない」



379 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 11:52:42.63 ID:QZiVhwwp0

凛「改めて口にするって事は、迷いが生まれ始めてるって事ね」

セイバー「リン! 私は」

ガチャ

士郎「悪い、ちょっと出掛けてくる」

セイバー「……」

凛「……」

士郎「あ、悪い、邪魔した」

バタン

セイバー「……」

凛「……」



381 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 11:58:52.38 ID:DQ0RMsPmO

凛「……って、出掛けるって、サーヴァントも連れずにどこ行く気よ!」

セイバー「! そうでした!」

凛「拳王、士郎を追って!」



凛「拳王!? 返事がない……既に追ってくれてればいいけど」

セイバー「私達も追いましょう。シロウの気配なら追跡可能です」

凛「全く、あんた達はどうして勝手な行動を取るかな」

セイバー「……面目ない」



385 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 12:09:46.86 ID:DQ0RMsPmO

学校

士郎「これは!?」

ラオウ「結界だな。凛が破壊し損ねた結界が発動したのだろう」スゥ…

士郎「……居たのか。拳王、この結界の効果はなんだ?」

ラオウ「知らん」

士郎「知らんって」

ラオウ「俺は拳士であって魔術師ではない。サーヴァント化して魔力の感知はできるようになったものの、魔術の類には全く関わった事がないから、その質問には答えられん」

ラオウ「だが……中の人間が弱っていくのだけはわかる。どういう理屈かは知らんがな」



391 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 12:23:16.09 ID:DQ0RMsPmO

士郎「おい、しっかりしろ!」

士郎「……く、駄目だ。意識がない」

ラオウ「覚悟を決めよ小僧。その者達を救いたくば、結界を破壊するか、仕掛けた者を倒す他あるまい」


士郎(慎二は保険代わりに結界を張ったと言っていた……)

士郎「慎二……」ギリッ



395 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 12:33:09.59 ID:DQ0RMsPmO

士郎「慎二! どこだ慎二!」


「そんなに大声出さなくても聞こえてるよ」


慎二「呼び出したのは僕の方だからね」ザッ

士郎「慎二! 今すぐ結界を解くんだ!」

慎二「いいけど、衛宮は何を提示してくれるんだ? 遠坂を裏切ってくれるんなら、今すぐ結界を解いてもいいけど」

士郎「何言ってんだ、みんなが衰弱してるんだぞ!」

慎二「知ってるよ。僕の張った結界なんだからね」



396 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 12:38:59.68 ID:DQ0RMsPmO

士郎「自分が何してるかわかってるのか!? 人が死ぬかも知れないんだぞ!」

慎二「凡人の事なんか魔術師が気にするなよ。これだから三流は……」

士郎「テメェ――」ダッ


ジャララララララッ


士郎「! ぐぁ!?」ドサッ

ライダー「……」ザッ

慎二「おいライダー、何外してんだよ」

士郎「く……ライダーのサーヴァント……!」



397 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 12:50:41.61 ID:DQ0RMsPmO

士郎「拳王、ライダーの相手を頼む。俺は慎二を」

ラオウ「ぬん!」バチッ

士郎「ばわっ!?」ズザーッ

ラオウ「拳王に指図をするとは身の程を知れ!」

士郎「」


慎二「なんだ? いきなり仲間割れか? いいねえ、もっとやれよ!」

ラオウ「頭に乗るな小僧!」クワッ

慎二「ひっ!? ら、ライダー!」ビクッ

ライダー「……」ジャラ…



400 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 12:59:31.53 ID:DQ0RMsPmO

慎二「はっ! 凄んでも無駄さ! お前の弱点は割れてんだよ!」

士郎「拳王の弱点……?」

ラオウ「愚かな。この拳王の肉体に弱点などない」

慎二「フン、遊んでやれ、ライダー」

ライダー「……」タンッ

ザッ

バッ ダンッ ヒュンッ

――――タッ

ラオウ「!」ビッ

士郎「速い!」

慎二「いくらパワーがあっても圧倒的なスピードの前では意味がない! このまま切り刻んでやるよ!」



409 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 13:08:18.43 ID:DQ0RMsPmO

ビッ ザクッ

ズバッ

士郎「葛木先生の時より速い……!」

慎二「当たり前だ! 学校中の人間を生贄にしてるんだ。今のライダーに致命の拳を突き入れる事はできない!」

士郎「く……どうすれば」



「何かと思えば、とんだ期待はずれよ」



ラオウ「ぬんッ!」ゴウッ

ライダー「!!」ザッ



414 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 13:20:57.24 ID:DQ0RMsPmO

慎二「おい! 何攻撃やめてんだ! 攻め続けろよ!」

ライダー(今、無数の鋭い拳が……)ジャラ

ラオウ「ふ……見えたか。今貴様が見たのは、この俺が纏いしオーラよ」

慎二「オーラ……? わけわかんない事言いやがって! ライダー!」

ライダー「……っ」ジリッ

慎二「おい! 何逃げてんだよ!」

ラオウ「どうした? 来ないのならこちらからいくぞ!」ゴゴゴ

ライダー「……これまでですね」ザクッ



425 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 13:39:40.92 ID:DQ0RMsPmO

ブシャァァ

士郎「自分の首を!?」

慎二「ライダー! 何勝手な真似を!」

ライダー「現状、敵サーヴァントの撃破は困難です。宝具を用いて撤退します」ゴォォ


ラオウ「小僧、伏せていろ」

士郎「え」


ライダー「突破します」カッ



―――――ベルレフォーン―――――

  騎  英  の  手  綱






427 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 13:46:42.96 ID:DQ0RMsPmO



――――ドオォォォオオオンッッ――――


士郎「……っ、一体何が……?」

士郎「!? 拳王!」

ラオウ「ぐぅぅ…………拳王の肉体をもってしても、あの疾走を止める事はできぬか……」シュウゥ…

士郎「……なんて無茶な」



429 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 13:57:20.81 ID:DQ0RMsPmO

…………

凛「辞世の句ぐらいは聞いてあげる」

士郎「明日から藤ねえの世話、頼んだ」

パシンッ

凛「拳王も、何か言い訳ある?」

ラオウ「拳王の肉体は砕けぬ!」

バキッ

凛「はぁ……拳王まで要らないダメージもらってきて。頭痛いわ」



434 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 14:05:42.62 ID:DQ0RMsPmO

凛「でも、これでいよいよ慎二は何をするかわからなくなったわね。学校で魔術を使った以上、魔術を隠す気も、手段を選ぶ気もないだろうし」

士郎「……慎二を倒そう。手遅れになる前に」

凛「覚悟はできてるわね」

士郎「ああ。次は迷わず倒す」

セイバー「それでこそ聖杯戦争を戦うマスターだ」

士郎「頼むセイバー、みんなを守る為に力を貸してくれ」

セイバー「はい、任せて下さい」



440 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 14:16:06.37 ID:DQ0RMsPmO

新都

セイバー「シロウ」

士郎「ああ、明らかにこっちを見ているな」

セイバー「挑発と取っていいでしょう。受けますか?」

士郎「探す手間が省けたのは好都合だ。……ここで決着をつけよう」

セイバー「はい」





凛「今回は乱入しないの?」

ラオウ「女を手にかけるのは好かん」

凛「案外紳士的じゃない」

ラオウ「……」



448 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 14:29:28.24 ID:DQ0RMsPmO

ラオウ「俺のことより、自分はいいのか?」

凛「何が?」

ラオウ「小僧の事だ。戦う男の命は短い。後悔しても知らぬぞ」

凛「な、何で私が士郎の生き死にまで考えなきゃいけないのよ」

ラオウ「ふ……」

凛「笑うな!」

ラオウ「いや、この拳王も、死してようやく人間臭さが出てきたと思ってな」

凛「……そういえば、あんたの生前ってどんなだったの?」



453 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 14:37:21.10 ID:DQ0RMsPmO

――世紀末覇者、拳王

核戦争で文明が後退した世界を、暴力と恐怖で支配しようとした男

北斗神拳という2000年を超える歴史を持つ、伝説の暗殺拳の使い手にして、究極奥義の体得まで辿り着いた数少ない拳士


その鮮烈過ぎる生き様は、多くの男達を惹き付け、今尚語り継がれている――



458 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 14:43:55.47 ID:DQ0RMsPmO

凛「ちょっと待って。私達の世界は核戦争なんて起きてないわよ!」

ラオウ「みたいだな」

凛「じゃあ、あなたは何者なの……?」

ラオウ「さあ……」


ラオウ「辿り着つかなかった未来の人間か、遥か未来の人間か……或いはその逆か」

凛「そんな……有り得ないわ」

ラオウ「事実ここに俺はいる。誰よりも数奇な体験をしている事を喜べ小娘」

エクスカリバーッ



469 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 14:54:31.41 ID:DQ0RMsPmO

ラオウ「勝負あったな」

凛「あんな切り札を隠してたなんて……」

凛「って、あんな大技使ったらセイバー消えちゃうんじゃ!?」

ラオウ「出よ黒王号!」ピシャーン

バカラッバカラッバカラッバカラッ

黒王号「ヒヒーン!」

ラオウ「さあ乗れ!」ザッ

凛「…………っええい!」



473 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 15:00:16.88 ID:DQ0RMsPmO

バカラッバカラッバカラッバカラッ

ラオウ「つぉーう!」

ドスゥゥン

凛「セイバー!」ザッ

セイバー「はぁ…はぁ……リンでしたか……一瞬、ライダーの再来かと…………」

凛「凄く消耗してる……士郎は?」

セイバー「マスターを追っていきました…………」

凛「拳王、お願い」

ラオウ「仕方ない」スゥ…



478 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 15:15:04.54 ID:DQ0RMsPmO

凛「いないですって!?」

ラオウ「セイバーが現界している以上、死んではいないだろうが、気配が全くない」

凛「く……次から次へと」ギリッ

セイバー「リン、シロウは……」

凛「大丈夫。生きてるなら、何かしらの交渉が持ちかけられる筈……今は自分の心配だけしなさい」



482 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 15:21:22.46 ID:DQ0RMsPmO

……

セイバー「すぅ……すぅ……」

凛「……どうだった?」

ラオウ「キャスターが言うには、アインツベルンと教会以外を探った結果、どこにも見当たらないと」スゥ…

凛「という事は、士郎はアインツベルンに……」

ラオウ「行くか」

凛「嬉しそうね」

ラオウ「あれほどの男と、また戦えるのだ。自然とたぎってくるというものよ」



486 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 15:27:07.83 ID:DQ0RMsPmO

アインツベルン

イリヤ「ねーシロウ、イリヤのものになってよー」

士郎「いや、それはできない」

イリヤ「どうしても?」

士郎「どうしても」

イリヤ「イリヤのお願いでも?」

士郎「駄目だ」

イリヤ「イリヤ、シロウがイリヤのものになってくれるなら、なんでもするよ?」

士郎「……それでも駄目だ」

イリヤ「えー」



491 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 15:31:44.89 ID:DQ0RMsPmO

イリヤ「……シロウもイリヤの事嫌いなんだ」

士郎「いや、イリヤの事は嫌いじゃないぞ」

イリヤ「じゃあ好き!?」グッ

士郎「わ、割と」

イリヤ「えー、割と?」

士郎「け、結構」

イリヤ「えー……」

士郎「か、かなり……」

イリヤ「じーっ」

士郎「うう……」



494 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 15:34:02.75 ID:DQ0RMsPmO

士郎「す、すっごく好きだよ?」

イリヤ「ホント!?」

士郎「ホントホント」

イリヤ「わーい!」ギュー

士郎「うう……」

イリヤ「じゃあ、イリヤのものになってくれる?」

士郎「それは無理だ」

イリヤ「えー……」



496 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 15:39:01.38 ID:DQ0RMsPmO

イリヤ「もういい! シロウのバカ! あの女殺す!」

バタンッ

士郎「ま、まて! あの女って……」


士郎(あの女って……セイバー? それとも遠坂)


ガチャ


凛「へー、衛宮君ってああいう子がいいんだ」

士郎「おわっ!?」ガタンッ

凛「あ、コケた」



497 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 15:44:00.59 ID:DQ0RMsPmO

士郎「助かったよ遠坂」

凛「ホントはまんざらでもなかったんじゃない?」

士郎「しつこいな」

セイバー「リン、イリヤスフィールが戻る前に脱出を」



「誰が戻る前に……って?」



凛「まさか……」


イリヤ「ふふふ……今日は全員逃がさない」



501 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 15:49:31.26 ID:DQ0RMsPmO

凛「やられたわ……」

士郎「イリヤ、殺し合いなんてやめるんだ!」

イリヤ「どうしてそんな事言うの? こうなったのはシロウの所為なんだよ?」

士郎「俺の……?」

イリヤ「シロウが私のものになってくれれば見逃してあげようと思ったけど」

イリヤ「けど、もう駄目。イリヤの言うこと聞いてくれないシロウもいらない」



バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■■!!!!」





506 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 15:56:07.90 ID:DQ0RMsPmO

ラオウ「来たか、狂鬼の英霊よ」スゥ…

バーサーカー「■■―――!!」

イリヤ「今日は出し惜しみしないんだから……!」コォォ

凛「!? バーサーカーのステータスが……!」


バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■■■■!!!!!!」ゴゴゴッ


凛「ま、まだ跳ね上がってく!!」




510 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:02:29.95 ID:DQ0RMsPmO

凛「拳王! あのバーサーカーは前回とは比べものに」

ラオウ「ぬんッ!」ドゴォッ


凛「!? 天井なんか壊して何を……」

ラオウ「うぬら見よ。あの北斗七星の傍らに輝く星が見えるか?」

士郎「え……」

凛「……見えないけど」

イリヤ「ふん、見えたらなんだってのよ」

ラオウ「ふ、その星は死兆星。うぬを死へと誘う道標だ!」



518 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:07:09.19 ID:DQ0RMsPmO

イリヤ「……いちいちムカつく事を! 一瞬で殺して、バーサーカー!」


バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■■!!!!!!」ゴァッッ


――――ドゴォォォオッッ


士郎「くっ!?」ビリビリッ

セイバー「なんという凄まじい衝撃!」

凛「拳王!」



ラオウ「ぬうぁぁぁッッ!!」ガキィンッ



520 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:11:19.74 ID:DQ0RMsPmO

ラオウ「ジョイヤーッッ!!」グォッ

バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■!!!!」ガキャァン

ラオウ「ぬうっ!?」

セイバー「崩された!?」

凛「避けて!」



――――ドガァァァアッッ



ラオウ「ぬぐぅぅ……!」パラ…



521 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:14:00.03 ID:DQ0RMsPmO

士郎「立て! 拳王!」

バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■■■■!!!!」グァァッ

ラオウ「ぐあぁぁっはっはあああ!!!!」ゴォォ


――――ガシィィッッ――――



士郎「組み合った!」

イリヤ「押し潰せバーサーカー!」




524 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:18:22.34 ID:DQ0RMsPmO

バーサーカー「■■―――――!!!!」ミシミシッ

ラオウ「ぐぬぅぅ……!」ブシュッ



ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…………ッッ



セイバー「大気が震えています……!」

士郎「すごい……これが…………男の闘い!」



ラオウ「かぁーッッ!!」クワッ


――――ベコォンッッ



527 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:21:41.66 ID:DQ0RMsPmO

士郎「バーサーカーの足場が崩れた!」

凛「今よ!」

ラオウ「かああぁぁッッ!!」


――――ゴオッッッ


ラオウ「北斗百裂拳んんッッ!!」ブアァァッ



――――ドガガガガガガガガガガッッッ――――






529 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:24:29.17 ID:DQ0RMsPmO

セイバー「決まった!」

イリヤ「いいえ、まだよ!」


ガシッ


ラオウ「ぬぅ!?」グッ

バーサーカー「■■―――」ググッ


イリヤ「バーサーカーに同じ技は効かないわ!」



バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■■■!!!!」ゴォォッ



530 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:27:20.90 ID:DQ0RMsPmO

――――――――――――ドガァァァッッ

ラオウ「がはぁ……ッ」ブシャァァ


凛「拳王!」

イリヤ「ふふ……バーサーカーをなめてもらっちゃ困るわね」

ラオウ「ふ…………ふはは……」

イリヤ「……な、何よ」


ラオウ「心地良き痛みと言うべきか……」グッ





532 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:33:37.04 ID:DQ0RMsPmO

ラオウ「死してなおこれほどの男と死合う機会に恵まれるとは……」

ラオウ「うぬもそう思うだろう、バーサーカー」

バーサーカー「…………」

イリヤ「馬鹿ね、狂化したら言語能力は失われるのよ」

ラオウ「……」


ラオウ「拳こそ我らが言葉……か」


ラオウ「強敵の名に相応しき者よ、よく聞け! 我は世紀末覇者拳王! 誇り高き北斗の長兄ラオウなり!!」ゴォォッ





540 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:42:03.02 ID:DQ0RMsPmO

士郎「ラオウ……」

セイバー「拳王が真名を……!」

凛「! 拳王のステータスから靄消える!!」


ラオウ「見せようぞ、世紀末覇者ラオウの拳ッ!!」ゴォォッ


バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■■!!!!」



    約束された勝利の拳

  北  斗  剛  掌  波






545 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:47:33.26 ID:DQ0RMsPmO

士郎「ラオウの宝具が直撃した!?」

セイバー「! まだです!」


バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■!!!!」グォッ


――――グシャァァァッ


ラオウ「ぐぁあ!?」ドガアッ


凛「あれを耐えるの!?」

セイバー「両腕を犠牲に無理やり突っ込んだんです!」


イリヤ「バーサーカー……」




547 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:48:50.95 ID:F0DQKwy40

セイバーの解説がありがたい



551 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:51:12.54 ID:DQ0RMsPmO

ラオウ「岩山両斬波ァ!」ゴッ

バーサーカー「■■――」バクッ

ブシャァァ…


士郎「やった!?」

凛「いえ、まだよ!」


シュウゥ…


バーサーカー「■■■■■■■■■!!!!」ゴオオォッ





553 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:53:57.80 ID:DQ0RMsPmO

ラオウ「凛」

凛「! はい!」

ラオウ「魔力はまだ大丈夫か」

凛「……」



凛「そんな事、アンタは気にしなくていいから、思い切りやりなさい!」

ラオウ「……」


ラオウ「ふ、なかなか良い女になったな」



559 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 16:59:26.90 ID:DQ0RMsPmO

ラオウ「ぬぅぅああッッッ!!」ゴオオォッ

バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■■■■■!!!!!!」


――――――ガギャアアァンッッ――――――


ラオウ「があああッッ!!」ブォンッ

バーサーカー「――――■■■!!」グラッ


士郎「がら空きだ!」

凛「ぶちかませ!!」


ラオウ「はぁぁああ……!!」ブァァ…



     勝利すべき最強の拳

   天   将   奔   烈






562 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 17:01:23.19 ID:DQ0RMsPmO

――――ゴォォォ……


バーサーカー「■■■…………」




――――ドゴォォォオオンッッッッ――――







565 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 17:04:53.47 ID:DQ0RMsPmO

パラ…パラ…

士郎「…………どうなった?」

セイバー「私の目でもどうなったかは……」



ラオウ「……む!」

バーサーカー「■■■―――――」シュウゥ…

凛「嘘……どんだけ硬いのよ」



569 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 17:10:49.30 ID:DQ0RMsPmO

セイバー「凛、大丈夫ですか? 顔色が……」

凛「大丈夫……大丈夫よ」



バーサーカー「■■■■■■■■■■■■!!」ゴオオォッ

ラオウ「……」

凛「ラオウ!」

ラオウ「……」スッ

凛「え……」



バーサーカー「■■■■■■■!!」グッ

ラオウ「立ったまま逝くか」

バーサーカー「■■■■――――」


バーサーカー「――――」



575 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 17:14:05.27 ID:DQ0RMsPmO

イリヤ「バーサーカー……バーサーカー……!?」タタタッ

バーサーカー「――――」

ラオウ「さらば、最強の英霊よ」ザッ

バーサーカー「――――」





イリヤ「馬鹿、バーサーカーのバカ!」

イリヤ「なんで、なんで負けたのに笑ってるのよ…………!」





663 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 19:10:37.36 ID:DQ0RMsPmO

………………

ラオウ「……」


『魔力回復が終わるまで見張りよろしくね』


ラオウ「拳王を門番にするとはいい度胸だ」

\アンアン/




ラオウ「ぬぅ……」




664 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 19:11:09.34 ID:CL5h/5PN0

ワロタ


669 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 19:13:31.27 ID:N3u2Jn8C0

エロゲだし仕方ないな



675 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 19:22:50.16 ID:DQ0RMsPmO

……

ラオウ「うむ、身体中に力が漲る。ただちちくりあってた訳ではないのだな」

凛「なっ!?」

セイバー「っ!」

士郎「……」

ラオウ「何を赤くなっている。あれだけ声に出しておれば門外にも聞こえるわ」

凛「……」

セイバー「……」



678 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 19:28:59.18 ID:DQ0RMsPmO

士郎「あー、あれだ、残りのサーヴァント」

凛「そう! 残りのサーヴァントは……えと、ランサー、アーチャー、キャスター、ライダー……は倒したし」

セイバー「私とラオウの5人ですね」

士郎「キャスターはいいとして、アーチャーに至ってはまだ姿すら見てないからな」

凛「ラオウがアーチャーだと思ってたけど……クラス:世紀末覇者とか笑えないわ」

セイバー「これはなんと読むのですか?」



688 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 19:42:44.52 ID:DQ0RMsPmO

凛「アーチャーのマスターは余程慎重なのかしら。終盤戦に至ってまだ動きを見せないなんて」

セイバー「或いは、既に脱落しているか」

士郎「……」


凛「ランサーのマスターも黙っていない筈。激突は近いわ」

士郎「で、アインツベルンもマキリも倒した今、どこに目を付けてるんだ?」

凛「それは……」



693 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 19:52:13.14 ID:DQ0RMsPmO

(結局見回りか)

凛「うるさいわね。私一人で使い魔飛ばしまくるのは限度があるのよ」

凛「大体戦ってばっかりで、諜報活動なんかろくにやる暇なかったじゃない」

(またキャスターでも使えばいいだろう)

凛「……いや、それはちょっと」

(なんだ)

凛「ようやく掴んだ幸せぐらい、見守ってあげましょう」

(俺を門番として使っておいてよく言うわ)

凛「あんた、微妙に小さいわね」



697 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 20:01:43.39 ID:DQ0RMsPmO

士郎「変わったところはどこも――――」


「久しいな」



セイバー「――――なっ」



「先の聖杯戦争以来か」




黄金の騎士「セイバーよ」





704 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 20:08:34.31 ID:DQ0RMsPmO

セイバー「アーチャー……!」ギリッ

士郎「アーチャー? あいつがか?」

黄金の騎士「賤しい目で我を見るな雑種、反吐が出る」

セイバー「アーチャー、何故貴方がここに!」

黄金の騎士「お前を迎えに来たのだ。セイバーよ、我のものになれ」

士郎「おいアーチャー、お前とセイバーが何の関係か」



黄金の騎士「誰が口を利いていいと言った雑種ッッ!!」



――――ドガガガガガガガガガガッッッッッ――――



707 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 20:17:10.55 ID:DQ0RMsPmO

士郎「――――くっ!?」

セイバー「大丈夫ですか、シロウ」

士郎「ああ……」

黄金の騎士「よくぞ避けた。さすが王を名乗るだけはある」

黄金の騎士「だが、その雑種を庇いながらいつまで耐えられるかな?」スッ


セイバー「シロウ、走って!」

士郎「セイバー――」



――――ドガガガガガガガガガガッッッ――――



710 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 20:22:08.91 ID:DQ0RMsPmO

凛「!」

ラオウ「凛」スゥ…

凛「わかってる。黒王を呼んで!」

ラオウ「いいだろう。 黒王号!」ピシャーンッ


バカラッバカラッバカラッバカラッ

黒王号「ヒヒーンッ!!」ズズンッ

ラオウ「乗れい!」

凛「はっ!」


バカラッバカラッバカラッバカラッ……



713 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 20:25:52.36 ID:DQ0RMsPmO

――――ザシュッ


セイバー「……シロウ」

ドサッ


セイバー「シロウ? シロウ、何故私を庇ったのです!」

士郎「――」

セイバー「シロウを守るのが私の使命なのに……何故」



黄金の騎士「……雑種風情が粋がりおって」チッ



717 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 20:31:43.79 ID:DQ0RMsPmO

黄金の騎士「興醒めだ。今宵はここまでにしてやる」スゥ…




「待ちなさい」




黄金の騎士「……まだ何か?」

セイバー「主君を斬られて黙っていたとあれば、騎士の名折れ」ザッ

セイバー「ギルガメッシュ、貴方を討ち取ってこの汚名を濯ぐ!」チャキッ



720 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 20:37:56.35 ID:DQ0RMsPmO

ギルガメッシュ「調子に乗るなセイバー。今の貴様では我に勝てん」

ギルガメッシュ「そこの身の程知らずの雑種に免じて、今宵は見逃すというのに、尚向かってくるか」

セイバー「それでも……私は」ゴオオォッ

ギルガメッシュ「……ふん。よい、ならば精々叫んでみよ!」ブォォッ



――――シロウ、私は……――――



セイバー「エクス―――――」コォォ…



724 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 20:41:21.80 ID:DQ0RMsPmO





―――――ッッッ    ゴオオォォォォォッッッ―――――




凛「きゃああ!?」

黒王号「ヒヒーンッ!?」

ラオウ「ぬ!? 静まれ!」グッ



ラオウ「なんと猛々しい光…………まるで死兆星のようだ」



727 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 20:46:15.42 ID:DQ0RMsPmO

ドシャッ


ドタッ    ズザァァ…


ギルガメッシュ「呆気ない。聖剣を持ってしてそれか」

セイバー「」

ギルガメッシュ「今のお前に我を惹き付ける強さは無い。そのまま消えるがいい」



バカラッバカラッバカラッバカラッ


ギルガメッシュ「ん?」

黒王号「ヒヒーンッ!!」ズズンッ



730 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 20:55:54.58 ID:DQ0RMsPmO

凛「士郎! セイバー!」バッ


ギルガメッシュ「王の前である、頭が高いぞ!」

ラオウ「我は世紀末覇者拳王! この世に王は一人でよい」

ギルガメッシュ「ほざけ雑種。王とは我、我こそが王。我の前に王はなく、我の後に王はいない」

ラオウ「ふ……」

ギルガメッシュ「何がおかしい」

ラオウ「なに、うぬのような人間を見たのは久しぶりでな」


ズズンッ

ラオウ「恐怖で支配してやりたくなる」バサッ



739 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 21:02:10.33 ID:DQ0RMsPmO

ギルガメッシュ「いいだろう。その大口、貴様の悲鳴と引き換えに許して進ぜよう」スッ

ラオウ「……」ピクッ



ギルガメッシュ「踊れ」パチンッ



――――ドガガガガガガガガガガッッッ



凛「!? ラオウ!!」



745 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 21:12:28.41 ID:DQ0RMsPmO

ラオウ「ぬうぁぁぁぁあああッッ!!」ゴオッッ


――――バチバチバチバチバチッッ――――


ギルガメッシュ「……ほう」

ラオウ「我が肉体は無類無敵……!」

ギルガメッシュ「ふふ……」


ギルガメッシュ「ふははははは!! これほどの大馬鹿者は久しぶりだ! 良い、良いぞ!」



753 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 21:20:28.95 ID:DQ0RMsPmO

ギルガメッシュ「いやいや、まさか避けようともしないとは恐れ入った」

ギルガメッシュ「加減をした詫びに、次は確実に殺してやる。ゆっくり寛ぐがいい」


ギルガメッシュ「英霊の座でなぁ!!」パチンッ



――――ザンザンザンザンザンザンザンッッッ――――






758 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 21:24:48.80 ID:DQ0RMsPmO

――夢を見た

男達が最強を目指し、戦った夢


あるいは、愛する者の為に戦う夢


己の信念に殉じた夢


これは夢だ

哀しみを知り、優しくなった男達の夢――



762 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 21:29:12.02 ID:DQ0RMsPmO

凛「ラオーウッッ!!」

ギルガメッシュ「消し飛んだか」


ピシッ


ギルガメッシュ「!? 我の鎧に傷が!」


――――ピキーンッ――――


ギルガメッシュ「あがっ!?」ビクッ



770 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 21:35:29.68 ID:DQ0RMsPmO

――この世で最強のものは無――


――されど無はまた無力――


――「無より転じて生を拾う」――


――それが


      北斗神拳究極奥義――



     背負いし哀しみの重み

   無   想    転   生





779 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 21:41:44.80 ID:DQ0RMsPmO

ラオウ「無想転生」スゥ…


ギルガメッシュ「み、見えなかった……この我の目にさえも」ビリビリッ

ラオウ「傲慢の鎧を脱ぎ捨てろ、英雄王。黄金で塗り固めた心では、この身体を掴む事はできん」

ギルガメッシュ「できぬ……! それだけは……傲慢こそ我が王道……!」


ギルガメッシュ「ぬああああぁぁぁぁぁッ!!!!」ゴウッッ


ラオウ「む!」




783 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 21:44:04.57 ID:OcKtNt+s0

染まってきてるww



790 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 21:51:19.20 ID:DQ0RMsPmO

ギルガメッシュ「我を本気にさせた事……後悔させてやるぞッッ!!」ギュィィィッ

ラオウ「……」


ラオウ「ならば俺も全霊をもって応えよう! 偉大なる英雄の中の英雄よ!!」ゴオオォッ


ギルガメッシュ「星となれ――――ッッ!!」



     エヌマ ・ エリシュ

 天 地 乖 離 す 開 闢 の 星





797 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 21:55:30.20 ID:DQ0RMsPmO





―――――――――――――――――――
ドゴォォォォォォオオオンンンッッッッ
―――――――――――――――――――



凛「ッッッッ!!」ビリビリ

士郎「…………うっ」ビクッ

凛「! 士郎!」

士郎「遠坂…………」

凛「しゃべらないで! また傷口が……」

士郎「―――」



806 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:08:16.68 ID:DQ0RMsPmO

士郎「ラオウの勝ちだ……」

凛「……え」

士郎「……だって」



――この世の全てを手に入れた王でさえ、この一握りの想いを握る事はできない――


ラオウ「……」シュウゥ…

ギルガメッシュ「……」

ラオウ「さらばだ、強敵よ」グッ



ドゴォッ――――



811 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:11:22.31 ID:DQ0RMsPmO

ギルガメッシュ「がはぁ……」ゴパァ…


凛「!」

士郎「勝った……!」


ラオウ「……」

ギルガメッシュ「ま、まだ……!」ググ…


ギルガメッシュ「――――ぁ」

ドサッ


ギルガメッシュ「――」



817 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:15:15.82 ID:DQ0RMsPmO

――ギルガメッシュ

ギルガメッシュ


「その声は……エルキドゥか?」


ギルガメッシュ、迎えに来たよ

「おお、待ちわびたぞ。今日は何をしてやろうか」

「久しぶりに力比べでもするか」



ギルガメッシュ「なぁ、エルキドゥ――……」スゥ…

ラオウ「……」




826 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:25:11.37 ID:DQ0RMsPmO

凛「ラオウ……」

ラオウ「凛、悪いが黒王号は用意できそうにない……」

凛「え……それって」

ドシャァッ

凛「ラオウ!?」

ラオウ「いささか疲れた……しばらく眠りにつく…………」スゥ…

凛「ちょ、ちょっと! 消えたりしたら許さないんだからね!」

ラオウ「はは……」

スゥ…

凛「……ばか」



880 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:29:13.60 ID:DQ0RMsPmO

…………

士郎「ラオウの具合はどうなんだ?」

凛「……」

セイバー「凛?」

凛「それが、霊体化したきり返事がないのよ」

セイバー「ギルガメッシュと真正面からぶつかったのです、無理もない」

士郎「残るランサーは俺とセイバーがやるしかないな」



896 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:37:08.89 ID:DQ0RMsPmO

カラカラカラカラ…

凛「鳴子の音!?」

セイバー「サーヴァントの気配があります。ここは私が」

士郎「頼んだぞ」

セイバー「……」コクッ




ランサー「来たな、剣の英霊」

セイバー「強襲せず待ち構えるとは、余程腕に自信があるようだ」

ランサー「ようやくマスターからお許しが出たからな。今日は存分にやらせてもらうぜ!」



902 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:46:36.92 ID:DQ0RMsPmO

「セイバーよ」

セイバー「! ラオウ!」

ラオウ「この大一番、譲って貰えぬか」スゥ…

ランサー「お前は……我が槍を素手で受け止めた男!」

ラオウ「うぬこそ俺の最後に相応しい」

セイバー「待ちなさい! 最後とはどういう事ですか! 私との戦いは」


ピキーンッ


セイバー「くぁ!?」ビクッ




903 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:47:17.10 ID:WGi2bzvl0

最期(尺)


905 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:48:29.21 ID:o+0bHGJ70

やっぱり最後か…



909 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:57:10.80 ID:DQ0RMsPmO

ラオウ「秘孔新壇中を突いた。俺の声がかからぬ限りお前は動けぬ」

ラオウ「俺は女は殺さん。俺の拳が女の血で汚れるなど恥辱」

セイバー「ラオウ! 貴様ぁぁ」


ランサー「おいおい、随分と余裕だな。俺がマスターを狙わないとも限らないのに」

ラオウ「うぬはそんなタマではないだろう。ただ一瞬、心躍る戦いこそが望み」

ランサー「……お見通し、か」

ラオウ「目がそう言っている」



ランサー「ならばこそ、アンタの首は俺が取るしかねぇな!」



912 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:03:55.30 ID:m5WbLKDkO

ギィンッ ガキィンッ

士郎「セイバー、サーヴァントは……!?」

セイバー「申し訳ありません……ラオウの術で身体が……!」グッ

凛「ラオウ! あんたまだ戦える状態じゃ……!」


ランサー「おらおらおらおらッッ!! さっきまでの威勢はどうした!」ガガガガガッ

ラオウ「ぬ……くぅ」ビッ ザクッ

ランサー「身体縮めちまって……テメェはそんなタマかよ!!」ガガガガガッ



918 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:16:36.21 ID:m5WbLKDkO

セイバー「ラオウ、相手が悪い! 貴方の間合いではランサーを捉える事はできない!」

セイバー「ましてやランサーは凌ぎ合いに長けたサーヴァント! 長期戦では勝ち目がありません!」


ラオウ「黙れ小娘! だからうぬは俺と戦えぬのだ!」


セイバー「!」

ラオウ「うぬとて英雄王に牙を剥いたであろうが。俺の戦いを見て心躍ったろうが」

ラオウ「今うぬを突き動かすは何だ! 聖杯なんぞに縋りおって!」


ラオウ「聖杯で道は拓けるか! 否! 道とはこのラオウの後ろに在りッ!」





923 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:21:08.69 ID:m5WbLKDkO

      ザクッ

ドチャッ

  グサッ


ラオウ「ぐうぁぁぁあああッッ」グオッ


ドガァァァッ………


ランサー「俺の槍を見切った技の冴えはどうした! それじゃあバーサーカーだぜ」ザッ


ラオウ「ぐうぅ……」ガラ…


凛「ラオウ……まさか目が……」

士郎「遠坂」

凛「士郎……」



928 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:28:14.61 ID:m5WbLKDkO

ザッ ザクッ

――――ザクッ

ラオウ「がぁ!?」ドサァ…


凛「ラオウ!」


ラオウ「ぬ……」グッ

ランサー「……まだ立ち上がるか」


ラオウ「く……くはははは!!」

ラオウ「この目をえぐれ! この腕を砕け! されどお前には死あるのみ!」

ランサー「…………敵ながら天晴れだ」


ランサー「ならば、せめて惜しみない賞賛と共に、我が宝具で葬ろう……!」ゴッ



933 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:35:01.01 ID:m5WbLKDkO

ラオウ「魔槍か……」

ランサー「ああ、これからセイバー戦を控えているのに使うんだ。誇っていいぜ」ゴゴゴ


ラオウ「さあ、こい!!」グワッ


ランサー「さらばだ、類い希なる拳の英霊よ――――」ダッ



     ゲイ ・ ボルグ

  刺 し 穿 つ 死 棘 の 槍






937 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:40:38.96 ID:m5WbLKDkO




――――ドチャッッ――――


ラオウ「――――……」ブシュゥ…


ランサー「あのバーサーカーを倒した奴が……呆気ないもんだ」


グッ


ランサー「!?」

ガシッ


ランサー「な、馬鹿な!?」

ラオウ「今なら見えるぞ……うぬの姿が!」クワッ



938 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:45:40.20 ID:m5WbLKDkO

ラオウ「この拳に我が生涯の全てを込めて――――!!!!」ゴォォ…

凛「ラオウ!」

士郎「ラオウ!」



「さらばだ、戦友達よ」



ラオウ「天に滅せぇぇぇいッッ!!!!」カッ




     天をも握る最強の拳

   北  斗  滅  天  把





944 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:53:30.11 ID:m5WbLKDkO




――――ドゴォォォォォォオオオ…………




凛「ラオウ……」ペタン

士郎「消えちまったな」

セイバー「世紀末覇者拳王……その英雄譚、永久に語り継ぎましょう」

凛「……馬鹿、馬鹿っ、消えたら許さないって言ったのに……!」

士郎「遠坂、ラオウの最期って知ってるか?」



946 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:56:40.70 ID:m5WbLKDkO

士郎「ラオウは人の手を借りず、一人で天に帰ったんだ」

士郎「だから、誰にも看取ってほしくなかったんだと思う」

凛「なんで……グスッ、なんで士郎がそんな事知ってんのよ」

士郎「いや、夢で見たんだけど」

凛「夢の話でしょ!」



そう、これは夢

ある最強の男が見た、束の間の夢――――



950 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 01:00:48.45 ID:m5WbLKDkO

セイバー「シロウ、リン、聖杯を破壊しましょう」

士郎「ああ!」

凛「ええ!」


セイバー「ラオウ……私はもう一度、自らの力で――――」





世紀末覇者伝説 冬木の杯  完








952 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 01:01:35.86 ID:v1n3tqfB0




954 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 01:01:56.85 ID:PVZq7vve0

楽しかった乙


957 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 01:02:12.43 ID:wYeUgcqc0


…これは凄い



958 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 01:02:43.11 ID:WQg6zlb+0


ラストバトル兄貴持ってきたのはナイスだった



959 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 01:02:50.76 ID:3yNko0Jt0

乙乙!


963 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 01:03:41.35 ID:7LB+GDkW0


聖杯破壊すれば外道神父も自動的に死ぬし一件落着だな



982 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 01:08:36.82 ID:tJm13Kp80

我が生涯に一片の悔いなし!!


989 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 01:12:51.39 ID:eURES17M0

久々に北斗読み返したくなった!乙!


991 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 01:15:05.90 ID:qGrlnUpI0


素晴らしかった








Fate/Zero セイバー&セイバー・モータード・キュイラッシェ (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
Fate/Zero セイバー&セイバー・モータード・キュイラッシェ (1/8スケール PVC塗装済み完成品)


Fate/hollow ataraxia セイバーオルタ (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
Fate/hollow ataraxia セイバーオルタ (1/10スケール PVC塗装済み完成品)Fate/hollow ataraxia セイバーオルタ (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
Fate/hollow ataraxia セイバーオルタ (1/10スケール PVC塗装済み完成品)


北斗の拳全15巻セット (集英社文庫―コミック版)
北斗の拳全15巻セット (集英社文庫―コミック版)




元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339588875/l50