1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:19:26.41 ID:nL/xhSuO0

竜華「……終わったな」

怜「……そうやな」

竜華「セーラ泣いてたな」

怜「竜華やって」

竜華「泣いてなんかないで……これは汗や」

怜「そっか……今日暑いもんな……」

竜華「…………」

怜「…………」

竜華「……帰りのバス来たで」

怜「そっか」

竜華「うちらの全国……これで終わったんやな……おかしいな、汗がとまらんへん」

怜「竜華……」



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:24:47.59 ID:nL/xhSuO0

バスガデルデー

竜華「怜はまたうちと一緒に前の席な?」

怜「かまわへんで」

竜華「東京もこれで見納めやな」

怜「あんまり観光できへんかったな」

竜華「……せやな」

怜「まぁ私らは観光しに来たわけじゃないんやけどな」

竜華「…………」

怜「……竜華?」

竜華「……また来ようよ」

怜「…………」

竜華「また東京来ようよ。今度は二人で麻雀とかそういうの抜きにして思いっきり遊ぶんや。ネズミ

ーランドとか行ってみたいわ」

怜「竜華……」



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:30:08.71 ID:nL/xhSuO0

竜華「まだ夏休みは長いんやで。ずっと麻雀漬けだった分、いっぱい思い出作るんや」

竜華「なんも気にすることなく思いっきり羽伸ばして楽しむのも学生ならではやろ?」

怜「……そうやな」

怜「でも竜華、ネズミーランドは東京やない。千葉や」

怜「それに私ら三年生なんやで。夏休みはちゃんと勉強するのが学生の本分や」

竜華「…………」

怜「でも……うれしいわ。私も竜華と二人でどこか行きたいわ。東京じゃなくてもええよ。竜華と二

人きりならUSJでも竜華ん家でもどこでもかまへんもん」

竜華「怜……あんたほんとやさしいなぁ……」

怜「竜華ほどやないで……」

竜華「あはは、怜、大好きやで」

怜「私もやで、竜華……ぷっ」



8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:37:14.81 ID:nL/xhSuO0

怜「ごめん、ちょっと気分悪くなってきた……バスに酔うたかも」

竜華「大丈夫か?ちょっと狭いけど横になったほうがええよ」

怜「うん……手もたれ上げればなんとかなりそうや」

竜華「ふふっ、おいで怜。うちの膝は怜だけの指定席やで」

怜「ほな、そうさせてもらうわ。私は病弱やし……」

竜華「またそんなこと言って」

怜「竜華の膝枕……気持ちええわ」

竜華「そうやろ?ほな、ゆっくり休んでな、怜……」

怜「うん……ありがとう竜華……」

竜華「はいはい……」ナデナデ

怜「…………」

竜華「…………」



10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:45:12.02 ID:nL/xhSuO0

怜「すぅ……すぅ……」

竜華「…………」

竜華「怜、気持ちよさそうに寝てんね……」

竜華「…………

竜華「私たちの全国はこれで終わったけど、またみんなで麻雀打とうな」

竜華「みんなで怜ん家にあつまってわいわい打つんや」

竜華「勝つための麻雀じゃなくて楽しむ麻雀やで」

竜華「みんなでだべりながらお菓子食べながら打つんや」

竜華「きっと楽しいで……」

竜華「怜も未来予知なんて使わなくてええんよ。好きな格好で、楽な姿勢で打てればそれでええんや……」

竜華「ふふっ、楽しみやなぁ……」

竜華「なぁ、怜?」

怜「すぅ……すぅ……」



11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:51:47.53 ID:nL/xhSuO0

 本日午後4時30分頃、伊勢湾岸自動車道下り線で大型バスが渋滞している車の列に突っ込む事故が起きました。
この事故でバスは中破し、乗客1人が死亡、前の車に乗っていた3人とあわせて17人が重軽傷を負いました。
死亡したのは大阪府の清水谷竜華さんで、衝突の衝撃で車外に投げ出され全身を強く打ち、搬送された病院でまもなく死亡が確認されました。
現在、事故処理のため約一時間ほど通行止めになっています。
警察の発表によりますと事故原因は運転手の居眠りであると見られ、回復を待って運転手を逮捕する方針です。
事故は大阪府千里山女子高校が全国高等学校麻雀大会に出場した帰りのバスで起きました。
亡くなられた清水谷さんは同高校麻雀部部長を務めており、本日行われた全国大会でもとてもよい成績を収めていました。
面倒見のよい生徒で学校からの信頼も厚く、惜しい生徒を亡くしたと…………




12 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/06/16(土) 14:51:55.07 ID:MbNWou+/i

怜お前消えるのか


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:57:37.79 ID:n+WjdnQaP

これはひどい



16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:58:56.97 ID:nL/xhSuO0

怜「…………」

怜「…………」

セーラ「怜……」

怜「…………」

怜「……なんでや」

セーラ「えっ?」

怜「なんで竜華が死ななあかんねん……そんなんぜったいおかしいやん」

セーラ「……せやな」

フナQ「うぅ……うわぁぁぁん!!なんでっ!?なんで死んでんねん!!」

フナQ「まだ先輩に教えてもらうこといっぱいあんねん!勝手に死ぬとかふざけんなやぁ!うわぁぁぁぁ!!!」

セーラ「うぅ……お前ら泣くなや……あかんうちもダメや……うぅっ…竜華ぁぁぁ!!」

泉「うぅ……ぐすっ……ひっく……」

怜「おかしいなぁ」

怜「なんで涙も出ぇへんのやろ」

怜「竜華……」



18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:05:01.88 ID:nL/xhSuO0

セーラ「これでほんとにお別れなんやな」

フナQ「そうですな」

泉「ぐすっ……ふえぇ……」

セーラ「泉、泣くのは今日までにしとき。もし竜華が見とったら絶対ぶち切れてるわ」

フナQ「そういえば先輩の切れるとこ……うち一度も見たことあらへんやん……」

泉「うぅ……うわぁぁあぁぁあぁぁん!!!」

怜「…………」

怜「……ばいばい、竜華」

フナQ「……お骨は二時間後くらいですかね」

セーラ「……せやな。うちら先外出てるで、怜」

怜「……うん」

怜「…………」

怜「竜華ぁ……りゅぅ…かぁ……」

怜「……いまでも大好き……やで……」



19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:13:15.60 ID:nL/xhSuO0

怜「竜華ぁ!!」

竜華「わっ!!ど、どうした怜?」

怜「竜華っ!りゅうかっ!」

竜華「うちはここにおんでー、怜ー?」

怜「……えっ?」

竜華「どうしたん怜?怖い夢でも見たん?」

怜「ゆめ……?」

怜「そっか、夢なんか……よかったぁ……」

竜華「ちょ、泣くほどのもんなん?あー、もう……よしよし……もう何も怖くないで」

怜「……うん……ぐすっ」

怜「…………」

怜「えらい夢やったわ……もう竜華に会えんなるかと思ったわ」

竜華「ふふっ、怜が嫌がってもうちはあんたのそばにおるからね」

怜「……ありがと、竜華」



21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:19:03.34 ID:nL/xhSuO0

竜華「ほんで、どんな夢やったん?なんかに追いかけられでもしたん?」

怜「ううん……えっとな、バスが事故る夢や」

竜華「うわー、バス乗ってるとそりゃ怖いわな」

怜「そやな。バスに乗ってるからそんな夢見たんかもしれん」

怜「それで竜華が死んじゃうねん。追突の衝撃で竜華だけ外に放り出されんねん」

竜華「え、なんでうちだけなん……日ごろの行い?」

怜「なんでやろな。ほんで竜華の葬式に出てお別れするとこで目が覚めてん」

竜華「死ぬとか怖いなぁ。うちも怜が死ぬ夢とかきっと耐えられんわ」

怜「そうやろ?めっちゃ怖かったわ。だってやたらリアルやねん。まるで現実ちゃうんかと思ってしまったわ」

竜華「ああ、ちょうど怜が未来を見てる時みたいに?」

怜「うん、ほんまそんな感じやったわ。麻雀やってて一巡先を見てるときみたいな感覚そっくりやったで」



22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:20:06.24 ID:nL/xhSuO0

竜華「あはは、もしかしたらこれから起こるほんまのことやったりしてなー」

怜「え……?」

竜華「ん?どした怜?」

怜「なあ竜華、今何時や?」

竜華「んーと、もうすぐ4時半になるとこやで」

怜「…………」

怜「…………まさか」

竜華「どうしたん怜、そんな青ざめた顔して……」

怜「な、なぁ竜華……あの、運転手さん……寝とったり、せぇへん……?」

竜華「運転手さん?あー、たしかになんか頭の位置おかしいなぁ……」

怜「あ、あのな……夢の中の事故の原因……運転手さんの居眠りやねん」



26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:25:24.13 ID:nL/xhSuO0

竜華「……マジで?」

怜「……マジや」

竜華「…………」

怜「…………」

怜「あとついでに言うと……事故が起こるの4時半頃や……」

竜華「……マジで?今やん」

怜「りゅ、竜華……!」

竜華「怜、耳ふさいどってな?」

怜「う、うん……!」

竜華「すぅ……」


竜華「起きろやぁぁあおっっさああああぁぁぁぁぁぁんんっっっっっ!!!!!」


おっさん「!!」ビクッ!

キキーッ!!



28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:31:04.30 ID:nL/xhSuO0

竜華「いやー、一時はどうなることかと思ったなぁ!」

怜「ううぅ……りゅうかぁ……!」

竜華「んもう、いつまで泣いとんねん」

怜「だって、だって竜華が……」

竜華「よしよし……もうなんも怖いことなんてあらへんで……」

怜「りゅうかっ……りゅうかぁ……!」

セーラ「なんであの二人いつも以上にラブラブしてんの?」

フナQ「さぁ?そんなデータ興味ありまへんから」

泉「ううぅ……ぐす……」

セーラ「泉もいつまで泣いとんねん!いくら急ブレーキでデコぶつけたからってメソメソしすぎや!」

フナQ「まあまあまあ」

竜華「なにはともあれみんな!全国大会おつかれー!」

竜華「浩子、泉!来年はあんたたちが千里山の柱になるやで!」

竜華「というわけでみんな一旦家に帰ったら……打ち上げやー!!」



30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:36:59.17 ID:nL/xhSuO0

怜「なぁ竜華ー」

竜華「んー?」

怜「夏休みやなぁ……」

竜華「そうやなー……三年生になると宿題でぇへんから楽やなー」

怜「またそんなこと言って……でもま、その通りやしな……」

竜華「ふふっ、ちゃんと怜と同じ大学行くんやからしっかり勉強しとるよー」

怜「ならええわ……ふふ」

竜華「怜ん家の縁側うち好きやわー」



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:37:22.23 ID:nL/xhSuO0

怜「私もここで竜華に膝枕されるの好きやで」

竜華「うちも怜に膝枕するの好きやで?」

怜「ぷっ、両思いやなぁ……」

竜華「せや、両思いなんやでー」

怜「ぷっ、くくく……」

竜華「あはっ、ははは……」

怜「…………」

竜華「…………」

怜「風が気持ちええわ……」

竜華「うん……」



33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:45:30.50 ID:nL/xhSuO0

怜「で、次の日曜にそこに行くんやな?」

竜華「せやでー。そこでライブがあるんや。ちょうどチケットも2枚あるしなー」

怜「東京はどうしたん?」

竜華「あせらんてもまだ夏休みは終わらへんって」

怜「そうやな……いっぱい思い出作ろうな?」

竜華「ふふっ、あったりまえやで」

竜華「それで、あれから未来予知はどんな感じなん?」

怜「それなんやけどな……」

竜華「うん」

怜「あれ以来さっぱりやわ……麻雀やってる時はいつも通りなんやけど。もしかしたら全国で能力使いすぎたからちょっと鋭くなってんのかも」



34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:46:26.39 ID:nL/xhSuO0

竜華「そうかー。未来が見えるのっていいのか悪いのかわからへんけど……ま、なんとかなるやろ」

怜「そうやな」

怜「うん。私もあんまり深く考えへんようにしてるわ。あんまり考えすぎると自分が怖くなってしまうし」

竜華「それがええで。なにがあっても怜は怜なんやしな」

怜「ありがと竜華。竜華も、ずっと変わらんといてな?」

竜華「もちろんや。怜を一人ぼっちになんて絶対させへんからな」

怜「竜華はやさしいなぁ」

竜華「あんたほどやないで?」



35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:46:57.35 ID:nL/xhSuO0

怜「ぷっ……ふふふ」

竜華「あはっ、あはは」

怜「…………」

竜華「…………」

怜「……なあ竜華……久しぶりに……せぇへん?」

竜華「お?怜から誘ってくれるなんてめずらしいわ。明日は雪かもな」

怜「んもう……何言ってんねん……私病弱なんやから恥かかせんといてや」

竜華「冗談や、冗談!ほんなら、怜の部屋でええの?」

怜「うん……連れてってや」

竜華「はいはい。それじゃつかまってな、怜……」



36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:47:38.21 ID:nL/xhSuO0

竜華「リーチ一発ツモや……怜の点棒……もうこんなになってるで……」

怜「あっ……一発は私の専売特許なのに、あ、あかん竜華……私もう……飛びそうや」

竜華「ええんやで……点棒一本残さずいっても……鳴く間もあたえへんよ……」

怜「んっ……あかん……危険牌やってわかってるのに……竜華の跳満やってわかってるのに……」

竜華「怜の弱いところみんなうち知ってるんやから……ほら……安心して飛んでええで」

怜「あっ、あっ……竜華っ、りゅうかぁ……わ、私……あ…あたり牌切っちゃうぅっ!」




37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:49:46.03 ID:dL3nkSn80

シリアスかと思ったらギャグだったでござる



42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:53:34.02 ID:nL/xhSuO0

竜華「お待たせー怜!待った?」

怜「ううん、私も今来たとこや。今日はえらい気合入った服なんやな」

竜華「怜もいつもよりいい感じやで。ほないこか」

怜「そうやな。早起きしたから眠いわ」

竜華「いつもは夏休みだからだらけたらあかんよー、なんて言ってる怜がめずらしいなぁ」

怜「私だってそういう時くらいあるわ」

竜華「ほんまは今日が楽しみで寝つけんかったんちゃうの?」

怜「うっさいわ。そんな子供ちゃうし」

竜華「あっはは、怜はやっぱかわいいわー」

怜「はいはい、竜華もなー」

竜華「ここから電車やし、座れたらちょっと休んでもええよ」

怜「そうさせてもらうわ」



43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:00:00.16 ID:nL/xhSuO0

竜華「運よく座れてよかったなー」

怜「どこが運よくやねん。ガラガラやんか」

竜華「それもそうやな。ほら、怜おいで?」

怜「うん……おじゃまさせてもらうわ」

竜華「こうやってるとなんか落ち着くわー」

怜「私もや。なんか自分の居場所って気がするわ」

竜華「誰もいてなくてよかったわ。邪魔されたくないしな」

怜「そうやな。竜華の太もも気持ちええわ……」



45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:00:24.36 ID:nL/xhSuO0

竜華「十分堪能しておくんやで?」

怜「そうさせてもらうわ……」

竜華「よしよし……」

怜「…………」

竜華「ふふっ……怜、大好きやで……」

怜「わたしも……だいすきや…で…」

怜「すぅ……すぅ……」

竜華「…………」ナデナデ



49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:05:40.34 ID:nL/xhSuO0

竜華「うわぁ……ぎょうさんおるなぁ」

怜「そうやな。こんな人気あるとは思わんかったわ」

竜華「列になっとるけどチケット席指定やしあんま関係あらへんな」

怜「開始までまだちょっと時間あるなぁ」

竜華「そこに座れるとこあるで。立ちっぱなしは辛いやろ?」

怜「そうしよか。日陰にもなって涼めそうやし」

竜華「帽子とか持ってくればよかったなぁ」

怜「タオルならあるで」

竜華「それかぶるん?」

怜「あかん?」

竜華「ううん、怜ならなんか似合うわー」

怜「なんやそれ。これだけでもずいぶん涼しいんやからなー」



51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:08:06.42 ID:nL/xhSuO0

竜華「人がいっぱいやな……」

怜「そうやな……」

竜華「向こうのほうはあんなにやかましいのになんか変な感じやな」

怜「まるで私ら二人だけ取り残されたみたいや」

竜華「そうやな……別な世界にいるみたいやわ」

怜「私は竜華と一緒やったらそれでもええけどな」

竜華「ふふっ、うちもやで」



52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:08:30.38 ID:nL/xhSuO0

怜「…………」

竜華「…………」

怜「あかん、なんか余計暑くなってしもうたわ」

竜華「今は夏やもんなー」

怜「んもう、そんなくっつかれると暑くてかなわんわ」

竜華「そのわりにはこっちに寄りかかってきてるくせにな」

怜「この格好が楽なだけや……」

竜華「ならうちもこうしてるのが好きなだけやで」

怜「ならしゃあないなぁ」

竜華「そうやろ?」



54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:13:58.80 ID:nL/xhSuO0

竜華「怜、まだ時間あるしうちなんか買っててくるわ」

怜「あ……」

竜華「ちょっとコンビニ寄って来るだけやからそないな寂しそうな顔せんでよ」

怜「そないな顔しとらんわ」

竜華「怜は何かいるもんある?」

怜「そうやな……ライフガード飲みたいわ」

竜華「あれうまいもんなぁーうちもそれにしよ」

怜「ほな私ここでまっとるよ」

竜華「うん。どこにも行かんといてな?」

怜「どこにも行かへんよ。ここでずっと竜華のこと待っとるわ」

竜華「ふふっ、いい子にしとるんやでー」

怜「はいはい。いってらっしゃい」

怜「…………」

怜「……暑いなぁ」



55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:20:20.19 ID:nL/xhSuO0

怜「竜華さいきん私のこと子ども扱いしとるなぁ……どっちかっていうと竜華のほうが子供っぽいのに」

怜「まぁ……竜華にはいつも世話になっとるからなぁ」

怜「…………」

怜「私病弱やし……」

怜「でも……いつもありがとうな……竜華」

怜「…………」

怜「…………」

怜「暑いなぁ……」

怜「竜華遅いなぁ……コンビニってさっきの場所やろうしそんな遠くないはずやけど」

怜「…………」

怜「竜華気利かせてアイスとか買ってきてくれへんかな」

怜「…………」

怜「…………」

怜「…………遅いなぁ」




60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:27:07.23 ID:rnjdFDxG0

おい


61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:27:27.04 ID:Fnyeuywg0

おい



62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:31:36.40 ID:nL/xhSuO0

怜「…………?」

怜「なんか向こうのほう騒がしいなぁ」

怜「なんかあったんやろか」

怜「それにしても竜華まだかいな。暑くて干からびてしまいそうやわ……」

怜「…………」

怜「…………」

怜「あれ……パトカー、やな」

怜「なんかえらいサイレンならしとるな……」

怜「…………」

怜「コンビニのほうやな」

怜「竜華のことやし……野次馬でもしてるんやろか」

怜「…………」

怜「…………」

怜「竜華……私ここで待っとるで」



71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:40:12.63 ID:nL/xhSuO0

怜「…………」

「ねぇ聞いた聞いた?通り魔やって。女の子が一人刺されたそうらしいで」

「聞いた聞いた。高校生くらいの子なんやってね」

「包丁でお腹をぐさぁ、やったって。いきなりやったから誰も止めれんかったってな」

「現場におったやつの話やとありゃ助からんて」

「いややわーこんな世の中。次はわが身かも知れへん」

「最近ぶっそうな事件ばっかやしなぁ。その子もコンビニ帰りやったそうやし」

怜「……!!」ガタッ

怜「…………」

怜「……嘘やろ……竜華……!」タッタッタ



72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:41:05.27 ID:nL/xhSuO0

怜「すいまへん……通してください……通してください!」

怜「……っ!」

怜「竜華ぁ!」

竜華「…………」

怜「竜華ぁ!りゅうかぁっ……!」

「ダメダメ!関係ない人は入ってこないで!」

怜「でもっ……竜華が……!」

「キミ、この子のお友達?彼女これから救急で運ばれるけど乗るか?」

怜「……!はいっ……!」



73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:41:26.59 ID:nL/xhSuO0

「しっかり声かけてやってな。眠ってしもたらもう起きへん」

怜「竜華っ……りゅうかぁ……!」

「心停止…………電気ショック…………失血が…………」

怜「りゅうか、りゅうかっ、死なんといてや……お願いや……私を一人にせんといて……!」

「……ダメです…………輸血……間に合わない…………」

怜「何でや……なんで竜華なんや……嘘や……こんなのうそやぁ……!」



79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:47:48.44 ID:nL/xhSuO0

怜「…………」

怜「…………」

怜「竜華………痛かったやろなぁ……辛かったやろな……」

怜「お腹何度も刺されて……血もいっぱい出て……」

怜「私が一緒に行ってれば……私が代わりに刺されればよかったんよ……」

怜「そうすればあんたが死ななくてもよかったんや…………」

怜「なぁ……竜華」

怜「私……竜華のためなら死んでもかまわへん」

怜「本気でそう思ってるんよ……」

怜「あんたのいない世界なんか私いてもしゃあないわ」

怜「なぁ……竜華もそう思うやろ?」

竜華「…………」

怜「こんなにきれいな顔してるのになぁ……なんで助からへんかったんやろなぁ」

怜「…………」

怜「なんでなんや……竜華……竜華っ!」



81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:58:09.84 ID:nL/xhSuO0

怜「竜華ぁ!!」

竜華「わっ、いきなり大声出さんといてや……」

怜「えっ……?」

怜「あれ……ここ……」

竜華「んもう、まだライブまで時間あるからここで休んどったんやろ?」

竜華「怜、うちの膝の上だとすぐ寝て子供みたいやでー」

怜「そっか……私また見とったんや」

竜華「夢か?怜、あんた汗ひどいで」フキフキ

怜「ああ、おおきに……」

怜「…………」

竜華「怜あんた目赤いで……泣いてるん?」

怜「うん……ちょっと嫌な夢やったさかいな……」

竜華「そっかー……よしよし」ナデナデ

怜「竜華……」ギュ



85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:00:19.04 ID:nL/xhSuO0

竜華「この暑さやと帽子とかもってくればよかったなぁ」

怜「……そうやな」

竜華「怜、まだ時間あるしうちなんか買っててくるわ」

怜「…………」

竜華「怜は何かいるもんある?」

怜「……ライフガード」

竜華「あれうまいもんなぁーうちもそれにしよ」

竜華「置いてるとええけどなぁ。ほな、うち行ってくるわ」

怜「待って」

竜華「ん?どうしたん」

怜「私も一緒に行くわ、やっぱり」

竜華「そうやな。はい、手」

怜「うん」

竜華「離すんやないで?」

怜「……絶対離さへんわ」



86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:04:53.70 ID:nL/xhSuO0

怜(先を見たはええけど……失敗したな……犯人の顔見とらんわ)

竜華「お、ちゃんとライフガード置いとるで」

怜「そか」

怜(コンビニ帰りに刺されるとしか分からんからうまい対策もできへんな……)

竜華「あ、この凍ったのとかええやん。怜ー、これも入れとくで」

怜「うん……ちゃんと買ってたんやな……アイスやないけど」

竜華「あとはもうええの?」

怜「ん……これ」

竜華「え?怜これって……」

怜「ええよ、それ自腹で払うから」

竜華「あ、そうじゃなくて……なんか意外っていうか」

怜「私結構好きやねんこれとか」

竜華「へー、そんじゃ後でうちにも貸してな?」

怜「……ええよ」

怜「……貸せたらな」



87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:06:15.31 ID:nL/xhSuO0

竜華「ふー、外出るとあっついなー……」

怜「そうやな……」ゴソゴソ

竜華「そろそろええ時間やな。ほな戻ろう」

怜「うん」

怜「…………」

怜(……ごめんな竜華)

怜(私、こんなことしか思いつかんかったんや)

怜(でもこれであんたが死ぬことはないで)

怜(ほんとにごめん……竜華)

怜(私も……ライブ行きたかったわ……)



89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:08:27.35 ID:nL/xhSuO0

「…………」

怜(ああ……あいつか……包丁もっとるな)

怜(…………刺されたら痛そうやな……)

竜華「怜ー?どないしたんさっきからあっち睨んで……っきゃ!」

竜華「な、なんなのあの人……あんなぶっそうなの持って」

竜華「い、いやや……こっち来るで……あかん……!」

怜「大丈夫や」

竜華「きゃっ!!」

ドスッ!

怜「うぐっ……!」

怜「りゅう、か……あんたは私が守る……!」



90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:09:49.89 ID:nL/xhSuO0

竜華「と、怜?あ、あんたお腹にっ……!」

「…………!」

竜華「と、怜っ!」

竜華「あ、あんた……うちをかばって……」

怜「竜華!はよう逃げて!私が押さえつけとる間にっ……はよっ!」

怜「離さへん!この手離さへんで!」

「…………!!」

怜「なめんなや……人殺し……!私今ぶち切れてんねん……」



92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:10:20.01 ID:nL/xhSuO0

怜「あんたがぶっ刺したこれ……絶対離さへんからな……」

怜「たとえ死んだって離したりせぇへんわ……」

怜「私は普通の人よりひ弱で軟弱や……でもな」

怜「誰かを想う気持ちは……誰にも負けないんや」

怜「だって私は…………病弱やからなぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

怜(あかん……手が痺れてきた……)

怜(竜華……もう逃げてくれたやろか……大丈夫……だよね……)



95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:12:01.38 ID:nL/xhSuO0


竜華「うちの…………」

竜華「うちの怜に…………何してくれるんじゃぁぁぁぁぁ!!!!!」

ボコッ!



96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:12:36.80 ID:nL/xhSuO0

怜「…………りゅう……か」

竜華「ときっ!しゃべっちゃあかん!救急車呼んだからじっとしとき!」

怜「あいつ……は……?」

竜華「うちが凍ったアレでかましたら倒れて動かんなったわ。今他の人が押さえつけとる」

怜「そっか……助かったんや……な」

竜華「なんでや……!なんであんたうちなんかをかばったんや……!このアホっ……」

怜「アホいうな……や……そんなんきまっとるやろ……」

怜「…竜華が……好きやからや……」



97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:13:06.11 ID:nL/xhSuO0

竜華「うぅっ……ううぅぅぅ……ときぃ……あんたはホンマもんのアホや……」

怜「そっかぁ………そうかも……しれへんなぁ……ふふ」

竜華「うち……怜に死なれたら生きていけへんよ……お願いや……死なんといて」

怜「あかん……眠くなってきたわ……」

怜「あんな力出したの……生まれて初めてやからなぁ……なんか……つかれたわ……」

怜「竜華の太もも……気持ちええなぁ……」



101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:24:58.30 ID:nL/xhSuO0

竜華「怜っ……!」

怜「竜華……んっ」

竜華「ぷはっ……怜……大好きや……!お願いや、死なんといて……!」

怜「竜華……みんなに見られてはずかしいわ……でも……私も大好きやで」

竜華「ぐすっ……両思いやなぁ……ひっく……」

怜「そや……両思いやでぇ…」

竜華「うぅ……う"ぅ"ぅぅぅぅぅ……!」



102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:26:15.28 ID:nL/xhSuO0

怜「竜華……お願いがあるんや……」

竜華「なに……なんでも言ってや……」

怜「お腹に刺さっとるこれ……抜いてほしいんや……」

竜華「あかんよ……抜いたら血がいっぱい出て助からんなる!」

怜「そんなんええねん……見栄えが悪い方が私耐えられんわ」

竜華「でも……」

怜「頼むわ……竜華にやってほしいんや」

竜華「……わかったわ」

怜「頼むで……」

竜華「うん……抜くで……我慢しいや……」



105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:41:52.38 ID:nL/xhSuO0

華「…………」

怜「…………」

竜華「…………」

怜「…………」

竜華「血、出ぇへんな」

怜「そうやな」

竜華「もっかい刺していい?」

怜「いや、さすがにあかんやろ」

竜華「そかー」

怜「そうやでー」

竜華「…………」

怜「…………」

竜華「ってなんでやねーん!!!」



106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:43:10.99 ID:nL/xhSuO0

竜華「お腹にジャンプしこんどるとかうちの涙かえせやー!!」

怜「いや、私泣いてくれとは頼んでないで」

竜華「だ、だってあんた今にも死にそうな顔してたやん!」

怜「死にそうなのはホンマやで。つかれて眠いんや……朝早かったし」

竜華「知ってるけど知らんわそんなこと!」

怜「まぁそういうことで一眠りさせてもらうわ」

竜華「ってよくこんなぎょうさんの人に囲まれた中で寝れるな!」

怜「竜華はそんなとこでもっとすごいことやったけどな」

竜華「うぐっ!恥ずかしいこと思い出させんといて!」

怜「お気に入りの場所でたくさん眠らんとあかんねん……私は病弱やからな」

竜華「病弱アピールやめい!!」



109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:45:19.01 ID:nL/xhSuO0


竜華「結局ライブ見れへんかったしなぁ」

怜「そうやな。警察やらテレビやら引っ張りだこやったし」

竜華「通り魔返り討ち!お手柄子女子高生!なんてなぁ」

怜「誰も怪我とかしてなくてほんまよかったわ」

竜華「あんたのおかげやで、怜」

怜「竜華のおかげでもあるで。ありがとな」

竜華「おおきに。はぁ~、やっぱり怜ん家の縁側はおちつくで……」

怜「そうやな……もう夏休みも終わりやな」

竜華「やな……今年の夏はいろんなとこ行ったなぁ」

怜「まさか東京までノープランで行くとは思わんかったわ」

竜華「それはそれで楽しかったやろ?」

怜「まあな。私は竜華とおったらなんでもええんやけどな」

竜華「なんだかんだで二人でこうして縁側で日向ぼっこしてるのが一番かもな」

怜「なんか旅行をいろいろ全否定しとるでそれ」



110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:46:41.07 ID:nL/xhSuO0

竜華「で、話ってなんなん怜?」

怜「ああ……そうやったな……」

怜「……たぶんの話なんやけどな?」

竜華「うん」

怜「……竜華はホンマは死んでんねん」

竜華「…………へ?」

怜「竜華は本当はここにはいないってこと」

竜華「…………」

竜華「…………」

怜「竜華、あんたホンマは最初のバスの事故で死んでるんや」

竜華「…………」

竜華「…………へ?」



113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:49:34.10 ID:nL/xhSuO0

竜華「え、そうするとうちゾンビってこと?怜にしか見えない幽霊とか?」

怜「んなわけあるかい」

怜「ホンマは死ぬはずの竜華の未来を変えたことでここにいるようになったってことや」

竜華「マジなん……なんかそう考えると背中がぞわぞわするで」

怜「たぶんやけどな。だからなんやけど……竜華はごっつ死にやすくなっとんねん」

怜「本来死ぬはずの竜華を助け続けたんやから、もし死ぬ順番みたいのがあるとしたらやっぱり次も竜華やねん」

竜華「なんやそれ……めっちゃこわいわ……」

怜「だから……なんやけどな」

竜華「……うん」

怜「卒業したら……一緒に住まへん?」



114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:50:27.22 ID:nL/xhSuO0

竜華「…………は?」

怜「せやからな、私がいれば竜華が危ない目にあうのも防げるしなんかあってからじゃ遅いし……心配やし」

竜華「あー、うん。そうやな」

竜華「利害の一致ってやつや。うちも怜のこと心配やし一緒に住めばなにかと便利やろうしなぁ」

怜「ぷっ……」

竜華「あはっ、あははっ……」

竜華「なんや……両思いやな」

怜「そやで……両思いやで」

竜華「怜はうちがおらんとダメやもんな」

怜「まあ私病弱やし」

竜華「ふふっ……これからもよろしゅうな、怜」

怜「うん……ずっと一緒やで、竜華」


おわり!







115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:51:26.00 ID:DUlg0yli0




116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:51:52.96 ID:4if0vycJ0

乙!


122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:52:57.32 ID:g57hDm7M0


良い怜竜だった



125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:55:14.67 ID:rZHeAyHB0

二重の夢落ちとかじゃなくて良かったよ
乙カレー



128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:59:39.81 ID:DvCUCJAV0

グッドエンドでよかった
おつおつ









百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)
百合アンソロジー dolce (マジキューコミックス)


閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-
閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-
閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339823966/l50