1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:16:09.27 ID:87JlHa4V0

和「なんですか急に」

まこ「何があったんじゃ」

久「いや~、ほら全国大会終了したじゃない」

久「演劇部の人が今度の文化祭で合同創作として私達5人と劇がしたいって言い出してきてね」

久「前々からTVには写ってたからその頃から考えてたみたいだけどね」

優希「5人ってことは…」

京「俺はハブりですか…」

咲「元気出して京ちゃん」

久「そうよ。あなたには…」

京「小道具係ですか」

久「あら分かってるじゃない」

京「いや、もう予想できますし」



2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:17:33.59 ID:87JlHa4V0

久「と言うことでこれが役になります。配役は任せるとのこと」

まこ「どれどれ、勇者、姫、魔王、魔王手下(魔女)か」

優希「あれ?4つしか無いじぇ」

久「ああ、私はもう決まったのよ。後はどうぞ」

咲「なんの役なんですか?」

久「え?……いや、別にいいじゃない」

まこ「あやしいのぉ・・・優希!部長の持ってる紙を取るんじゃー!」

優希「おうだじぇー」



6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:19:36.61 ID:87JlHa4V0

久「えっ、あ、こら…やめっ…」

パシッ

和「いただいていきます」

久「ああー、和ー」

和「どれどれ」

   木


京太郎「……木?」

優希「木だじょ」



7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:21:10.95 ID:87JlHa4V0


まこ「ああー!セリフ覚えるの面倒じゃからって一人だけ楽しようとしたなー!」

久「うっ…」

咲「私も木がいいです」

和「わ…私も!」

久「ん~、あなたは出来たらメインになってほしいわね」

和「何故ですか?」

久「いや…実はね」



11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:22:59.86 ID:87JlHa4V0

~~~

久「和を貸してほしい?」

演劇部部長「そうです。お願いします!!」

久「何故、和を?」

演部長「前々から原村さんを劇に出したいと案はあったのです」

演部長「ただ全国大会があるので言いだしづらくて」

演部長「大会が終わった今、姫役としてお願いします!!」

部員A「何言ってるんですか、巨乳勇者こそ正義だって賛同してくれたじゃないですか!?」

演部長「してねーし!だからお前だけの願望だそれは」

部員B「ここは魔王だろ!ほら見ろこのセクシー衣装を」

演部長「R-18にする気か」

部員C「勇者に助けを乞う村人がいいですって。質素な感じがもうっ」

演部長「モブじゃねーか。出番そこだけッ!」

ワーワーワー



12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:25:08.17 ID:87JlHa4V0

久「ああ、もう。ちょっとストップ!」

久「まずは本人の意志を確認してから、ね」

久「和もそういうのはあまり気乗りしないと思うし…」

部員C「なら麻雀部のメンバーで劇に出ませんか?」

久「え?」

演部長「そうだ。そうしましょう!」

久「え?いや、ちょっと!?」

部員B「うぉぉぉぉ、燃えてきたー」

部員A「ドジっ娘勇者、ロリ勇者、メガネ勇者…」ブツブツ

久「あはは、参ったわね…」



久「とりあえず、配役に 木 頂戴」

演部長「はい?」

~~~



13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:27:40.46 ID:87JlHa4V0

久「というわけでして…」

咲「そんなことが…」

京太郎「部長も大変だったんっすね…」

和「なら仕方ありませんね…」

まこ、久(セクハラ発言はいいのか…)



14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:30:39.55 ID:87JlHa4V0

優希「それで配役はどうするんだじぇ?」

久「ん~、ならくじ引きで行きましょう」

久「配役の名前が書かれた棒をこの箱に入れて…」

和「王様ゲームの要領ですね」

久「そうそう」

京太郎(王様ゲーム!?)

京太郎「えへ・・・えへ・・・えへへへ~・・・」モワモワ-ン

優希「京太郎が変な顔してるじぇ」

まこ「いつものことじゃ。ほっときんしゃい」



15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:35:42.85 ID:87JlHa4V0

久「…これでよし」

久「さぁ、みんな。恨みっこなしの一発勝負よ~」

咲「はい!」

優希(お姫様は頂いたじぇ!)

まこ(なんでもええんじゃが、お姫様か~…一回なってみたいの~…)

久(分の悪い賭けはいつも勝ってきた。だから木は私に来るはず!)

和(咲さんが勇者で私が姫!でも咲さんが姫で私が勇者もいいですね~)

咲(うう…台詞覚えるの苦手だから木きてよ~)

久「せー…のっ!」



18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:38:37.63 ID:87JlHa4V0

優希「ふっ…」

京太郎「お前の性格のことだ。その様子だと木を引いただろ」

優希「うえぇぇぇぇん。お姫様が良かったじぇぇぇぇぇ」

久「なら私と交換しない!」

京太郎「一発勝負って言ったじゃないですか」

久「う…」

京太郎「と言うことは部長はお姫様か~。期待してますよ」

久「おだてても何も出ないわよ…はぁ~」

京太郎「それで残りは…」



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:42:43.87 ID:87JlHa4V0

まこ「わしゃぁ、手下の魔女じゃ。お姫様…やってみたかったの~」

京太郎(魔女…)

まこ「お主、今凄い似合ってると思うたじゃろう?」

京太郎「え!?いやいやいやいや、全く!これっぽっちも!全然!」

まこ「お主はわかりやすいのぉ」

京太郎「あはは…で残った二人は…」

京太郎「…orzな和とボー然と立ち尽くす咲」



21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:46:13.77 ID:87JlHa4V0

京太郎「和は分からないが咲の性格上あれは主役をとった時の反応だ」

京太郎「と言うことで勇者おめでとう咲」

咲「そんなのいらないよぉ…あと何で分かるの?…」

京太郎「お前と優希は分かりやすいんだよ」

咲「うう…主役なんて無理だよぉ…」

久「あ~和?大丈夫?」

和「そんな…咲さんが勇者を引いたのに私が姫じゃないなんて…」

和「私は何のために今まで麻雀をやってきたの!!?」

まこ「ああ、これは重症じゃのう」

久「少なくともこのためじゃないわね」



23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:50:49.42 ID:87JlHa4V0

久「じゃあ、私は決まったこと伝えに行くわね」

京太郎「はーい」

咲「ほほほほ本当にやるんですか?」

まこ「もう決まったことじゃ、諦めんしゃい」

和「部長もカンペ用意できないかお願いしますし…ね」

咲「うう…」



そして咲達は芝居の稽古に明け暮れた



25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:53:30.46 ID:87JlHa4V0

―龍門渕高校―

ハギヨシ「透華お嬢様。清澄高校の竹井様から招待状と招待券です」

透華「部長から…なにかしら?…まぁ」

純「何々?」

一「今度劇をやることになりましたので良かったらどうぞだって」

衣「おおーいつだー?その日は予定大丈夫かー?」

智紀「その日は特に予定はない」

衣「やたー、ならいけるな」

透華「配役はどうなってますの?」

ハギヨシ「パンフレットはこちらになります」

ハギヨシ「ですが写真はなく文字だけとなっております」



26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 03:57:04.47 ID:87JlHa4V0

一「当日のお楽しみってやつだね」

純「どれどれ、あいつは…木?」

智紀「染谷まこは魔女…」

一「部長さんは…お姫様か」

衣「嶺上使いは勇者かー」

透華「となりますと原村和は…」

一「魔王…だね」

純「どんな魔王になるとこやら」

透華「ふ…ふふふ…ふふふふふふ」

一「と、透華?」

透華「おーっほっほっほ」

衣「透華ー?こわれたー?」



28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:00:33.56 ID:87JlHa4V0

透華「ハギヨシ」

ハギヨシ「はっ!」

透華「この情報をネットにばら撒きなさい」

ハギヨシ「かしこまりました」

透華「これで劇を見る人は急増」

透華「和が失敗すれば即恥さらし…まさに完璧ですわ」

衣「よかったな~。これで清澄は賑わうぞ~」

透華「べ、別に和を目立たせようと思ってやったわけじゃありませんからね」

純「へいへい。でも…」

一「嫌な予感がするね…」



30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:04:33.48 ID:87JlHa4V0

そして文化祭当日


― 高校―

ワイワイガヤガヤ

透華「おーっほっほっほ、大盛況ですわね」

純「ああ、たしかに賑わってるな……って多すぎだろどう見ても!!」

ギュウギュウ

一「き、きつい」

智紀「せまい…」

衣「」スーッ

純「お、おい。衣が流されてるぞ!」

透華「いやぁー、衣ォ!」



32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:07:38.96 ID:87JlHa4V0

純「はぁはぁ…な、何とか落ち着ける場所が…あったな…」

透華「ご…ゼェゼェ…ごめんなさいね、衣」

透華「珍しく早起き…して…人ごみにも…付き合いましたのに…」

衣「よ…よい、これも…一興だ…」

一「あれ?…」

純「ん?どうした?」

一「い、いや別に…」

一(あれは確か…宮永照…)



33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:10:46.41 ID:87JlHa4V0

照「…」スイスイ

照「着いた…遅いわよあなた達」

菫「ゼェゼェ…し、死ぬかと思った…」

淡「な、なんで…こんなぎゅう詰め…なのに…スイスイ…行けるんですか…」

誠子「日頃の…鍛錬?…」

尭深「読書しか…ハァ…ハァ…見たこと無い…」

照「ではここからは自由行動だ。解散」

菫「え?解散って…」

照「」スイスイ

菫「あ、おい!」

淡「行っちゃった…」



39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:14:57.40 ID:87JlHa4V0

誠子「文化祭だから当然、色んな店があるけどこうぎゅう詰めでは…」

淡「しかし凄い人ですね…」

菫「全てはネットのせいだろうな」

菫「原村和の知名度があったとはいえ全国大会で清澄は有名になった」

誠子「必見!エロかわいい魔王・和!」

尭深「清澄部長、当日限りの可憐なる姿…」

淡「妖艶なる魔女・染谷まこにも注目。そして…」

菫「百花繚乱、勇者・咲」

菫「…画像もないのによくこんなキャッチフレーズが出回ったものだ」



40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:19:10.20 ID:87JlHa4V0

誠子「でも人の想像力を掻き立てるには持って来いですよ。原村さんのアレは」

菫「確かに」

淡「宮永先輩は妹に釣られたみたいですけどね」

菫「照には困ったものだ。招待状が来た途端、練習試合があったのに急遽変更して」

尭深「交通代も部費から…」

誠子「恐るべし宮永ァ照ッ!」

菫「言ってろ。だが息抜きにはいいな」

淡「ぎゅう詰めですけどね…」

尭深「あ…あそこの喫茶店空いたみたいです…」

菫「本当だ。あそこで休むか」

誠子「はーい」



42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:22:37.62 ID:87JlHa4V0

―校舎内―

桃子「色々あるっすねー」

加治木「ああ、そうだな」


「おい、何やってやがる」
「すみません、お待たせしましたー」
「おい、こっちだこっち」
「アレもってこい!」
「煮玉子トッピングチャーシューお待ち」
「はいはい、通りまーす」



蒲原「ワハハ、賑わってるな~」

桃子「しっちゃかめっちゃかっすね~」

加治木「清澄も想定してなかったんだろうな」

蒲原「ほら、モモ。清澄の人達にぶつからないよう」

蒲原「ユミちんにくっつくんだ」

桃子「了解っす」ギュッ

加治木「う…」



45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:29:46.74 ID:87JlHa4V0


蒲原「しかし、こうなると家の事情で来れなかった佳織とむっきーはついてたな~」

加治木「二人共行きたがってたがこうなると正解かもな」

桃子「何かおみやげ買って行きたいっすけどこう混雑してちゃ…」

桃子「あ、先輩先輩ここ入ってみませんか?」

加治木「何だ?…お化け屋敷?」

桃子「そうっす」

蒲原「ワハハ、面白そうじゃないか」

加治木「………」

桃子「どうしたっすか?」

加治木「あ、ああいや…」

桃子「?」

加治木(嫌な予感がする…)

蒲原「でわ、行こうかー」



46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:31:56.52 ID:87JlHa4V0


「きゃー!!」
「う、うわぁぁぁぁ!」
「ほ、本物ー!?」

清澄生徒「お疲れ様です。ありがとうございました~」

蒲原「ワ~ハハ、楽しかったな~」

加治木「…どこかだ!」

桃子「失礼なお化けの人達っすね」

桃子「先輩を見るたびに悲鳴をあげて逃げるなんて」

蒲原「驚かすほうが驚くなんて斬新なお化け屋敷だったな」

加治木「言っておくがつっこまんぞ」

蒲原「今日のユミちんは手厳しいな~」

加治木「ベタすぎて解説する気になれんだけだ」

桃子「あ、あの、何の話っすか?」

蒲原「モモは可愛いな~って話だよ」

桃子「え?えええー!?」



48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:37:08.12 ID:87JlHa4V0


ざわ…ざわ…

加治木「ん?何だ?」

桃子「急に人の流れが」


「おい、聞いたか?」
「何がよ」
「劇だよ、劇。あまりに人が多いから人数制限するみたいだってよ」
「マジで!?」


蒲原「あ~、ユミちん」

加治木「私達は招待券があるから優先的に入れるが一般の人達はそうもいかない…」

加治木「暴動が起きなければいいが…」



49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:41:29.93 ID:87JlHa4V0

―数十分前、体育館内―

京太郎「ああ、喉が…」

優希「お疲れ様だじぇ」

京太郎「ナレーターを務める子が風邪で欠席」

京太郎「代わりに俺って無茶ぶりもいいとこだろ…」

優希「でもちゃーんと引き受けるところが京太郎のいいところだじぇ」

京太郎「うるせっ、しかし優希…」

優希「ん?」

京太郎「似合ってげふっ!」

優希「それ以上言うと殴る!」

京太郎「もう殴ってるじゃねーか!」

まこ「なーに、コントやっとるんじゃ」



52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:44:56.92 ID:87JlHa4V0

京太郎「あ、染谷先……ひ、ひぃぃぃぃぃ」

優希「ま、魔女が…魔女がいるじぇ」

まこ「クフフフ、活きの良い獲物がかかったわ」

まこ「魔王様への供物に…ってなにやらせるんじゃ」

優希「違和感ないじぇ…」

京太郎「ああ、100…いや200歳と言われても不思議じゃないな」

まこ「本当に供物にされたいみたいじゃの」

京太郎「じょ、冗談ですよ…で、他の3人は?」



53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:49:26.44 ID:87JlHa4V0

まこ「まだ着替えてる最中じゃ」

優希「リハーサルでは制服だったから今日が初お披露目。楽しみだじぇ~」

咲「ふぅ…やっと終わったよぉ」

京太郎「お、咲。おかえ…おおおおお!」

優希「咲ちゃん、かっこいいじょ」

まこ「まさに勇者じゃの」

咲「そ、そんなこと無いよ。衣装が良いだけだよ」

京太郎「いや!そんなこと無いぞ!!」



55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:53:28.78 ID:87JlHa4V0

咲「きょ、京ちゃん!?」

京太郎「前々から思っていた…咲は…」

京太郎「男装の才能があると」

咲「殴るよ京ちゃん。あと女勇者だから」

京太郎「またまた、ご冗談を…」

まこ「咲、その剣は飾りか?」

咲「ああ、そうか。斬るね京ちゃん」

京太郎「咲様ごめんなさい。目が怖いです」



56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 04:57:54.21 ID:87JlHa4V0

咲「問答無用」

京太郎「へ?」

咲「ザクッ」

京太郎「ぎゃぁぁぁぁぁぁ」

まこ「げーむおーばー」

優希「おおゆうしゃよ しんでしまうとは なさけない」

京太郎「くそ、コンティニューだ」

咲「おきのどくですが」

京太郎「ぎゃぁぁぁぁぁぁ」

まこ「いつまでやっとるんじゃ」



57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:02:05.33 ID:87JlHa4V0

京太郎「そうだ咲。アレ」

咲「ん?」

京太郎「ほら観客席の最前列に居る…」

咲「………あ」


照「…」

照「…」ペラッ

照「…」

照「…」ペラッ


咲「…ええと」

まこ「3時間前からいたそうじゃ」

咲「嘘!?」



60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:05:44.56 ID:87JlHa4V0

優希「中に入って来たのはついさっきだけど…」

京太郎「それまでは外で本読みながら待機してたんだと」

咲「あはは…」

京太郎「会わなくていいのか?」

咲「会いたいけど今は…ちょっと台本読んでくるね」タタッ

優希「咲ちゃん、まだお姉さんとは…」

まこ「いや、全国大会が終わってお互いの誤解が解けて今は仲良し姉妹…なんじゃが」

京太郎「あいつにとって劇は未知の領域。しかも主役ときたもんだ」

まこ「お姉さんに構っていられるほどの余裕もないんじゃろ」

優希「咲ちゃん……ところで、部長とのどちゃんは?」



63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:10:57.20 ID:87JlHa4V0

久「…」チラッ

優希「ん?」

久「」彡サッ

まこ「何やっとるんじゃ?」

京太郎「部長?」

久「な、何かしら?」

優希「声が上ずってるじぇ」

京太郎「…もしかして部長」

まこ「照れとる?」

久「ッ!」ビクッ



65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:14:08.85 ID:87JlHa4V0

三人「…」

三人「」ニヤリ

まこ「二人共、や~っておしまい!」

優希、京太郎「あらほらさっさー」

久「ちょ、ちょっと!?」

優希「ふっふっふ…観念して出てくるんだじぇ~」

京太郎「照れる部長なんて貴重ですからね~。ここは強引に行っても…」

久「わ…分かった。今…出るわよ…」



67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:19:11.91 ID:87JlHa4V0

スッ

久「ど、どうよ…」











久「な、なんとか言いなさいよ!?」



70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:24:16.95 ID:87JlHa4V0

京太郎「お姫様だ」
優希「お姫様だじぇ」
まこ「お姫様じゃ」

久「う…」

京太郎「すっごい似合ってますよ部長!」

優希「本当に異国のお姫様だじょ!」

まこ「こりゃぁ、部長にして良かったの」

久「褒めすぎよ…でも、ありがと」

久「さぁ、あとは和よ」

和「うっ…」

京太郎「和も終わってたのか」

優希「さぁ、観念して出てくるんだじぇ」



72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:29:13.44 ID:87JlHa4V0

まこ「ハッ!…優希、京太郎に目隠しを」

京太郎「な、何でですか!?」

久「鼻血でせっかくの衣装、汚したらどうするのよ」

京太郎「どこの世界ですか。透明人間見つけるためでもないのに」

久「お色気の術を見たとか」

まこ「人魚の群れを見たとか」

優希「百合を妄想しすぎてとか」

京太郎「本当にどこの世界ですか…無いです」

久「あら、そう…ほら和、あなたも観念なさい」



74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:33:37.77 ID:87JlHa4V0

和「は、はい……」スッ

京太郎「おお!」

まこ「これはこれは」

優希「まさにエロ可愛い~!」

和「は、恥ずかしいです…」

まこ「で…鼻血は出んか…」

京太郎「だから出ませんって…」

和「ふふっ…」

久「良かった」

和「え?」

久「リハーサルの時は落ち込んでたから気になっててね」

和「あ…すみません、あの時、親友から電話があって…」

和「…」



75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:37:50.13 ID:87JlHa4V0

~~~~

和「来れない?」

憧「ごめんね…和。しずが追試になっちゃって」

憧「で、その日が文化祭の日…」

和「穏乃は?」

憧「今も勉強中」

憧「ここを落とすと合宿にも影響しちゃうからみんなでね」

和「そうですか…」

憧「本当にごめ……ってしず!?あぶっ」

穏乃「ハァ…ハァ…和!」

和「穏乃!?」

穏乃「ごめん…本当ごめん!…私馬鹿だから!」

和「え?ああ、うん」

穏乃「否定しないんだ…」



76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:40:13.87 ID:87JlHa4V0

和「あああ、いえそういうわけではなく…」

穏乃「いや、いいよ。自業自得だからこれは」

和「穏乃…」

穏乃「来年は…あるの?」

和「分かりません…多分これっきりかと…」

穏乃「そうか…」

穏乃「本当…ごめんね…和…」

和「いえ、気にしないでください。試験頑張って」

穏乃「……おう!」

和「でわ…」

ガチャ

和「……仕方…ないですよね…」

~~~



79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:43:22.44 ID:87JlHa4V0

久「和?」

和「!?…な、なんですか?」

久「ほんとうに大丈夫?」

和「大丈夫です。もう…切り替えてますから」

久「そう……ならあとは本番ね」

和「はい」

ざわ…ざわ…

久「ん?何かしら?」



80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:47:09.62 ID:87JlHa4V0

部員B「いや~、まいったまいった」

久「何かあったの?」

部員B「ネットのせいか今日人多すぎなんで人数制限するみたいなんです」

部員B「部長とAはその事で今、外で説明中」

和「何とかならないのですか?2,3回公演するとか」

部員B「時間がと言うのもありますし何より衣装が…」

久「そういえば特注だったわねこれ」

和「お客さんは納得してくれればいいのですが…」




演劇部部長「申し訳…本当に申し訳ございません!」

部員A「想定の範囲外でして…」

「おい、ふざけんなよ」
「私たちは劇を楽しみにしてきたんですよ」
「何とかしろよ、おい! 劇やるってレベルじゃねーぞ!」

ワーワーギャーギャー



82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:52:08.01 ID:87JlHa4V0

純「で、どうすんだアレ…」

透華「どうするって…」

一「僕たちは入れるけど」

衣「あの人達かわいそうなのだ…」

智紀「ネットでたきつけた透華の責任もある」

透華「うっ…わ、分かりましたわ」

透華「ハギヨシ」パチッ

ハギヨシ「かしこまりました」


バババ……バババ……



83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:55:26.23 ID:87JlHa4V0

純「何の音だ?」

智紀「ヘリの音」


バババババババババババ


一「って軍事用ヘリ!?」

衣「おお、カッコイイのだ」

智紀「何か吊るしてる…」

純「何だぁ?エヴァ参号機でも持ってきたのか!?」



84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 05:59:54.02 ID:87JlHa4V0

カチッ……ヒュ~~~………


一「あっ、落っこちて……ってうわわわわわわ」


ズドォォォン


純「ケホッ…ケホッ…」

ハギヨシ「さぁ、皆さん出番です」

土木作業員「「「「おっしゃあ!」」」」

衣「おお」

一「い、いつの間に…」

ハギヨシ「It's showtime!」



85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 06:04:56.04 ID:87JlHa4V0

カンカンドゴドゴバキバキズガガガガドドド
バチバチギゴギゴシュゥゥババババキンキンキン

デデーン


智紀「…」

一「嘘…」

純「は、はは…」



87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 06:08:26.10 ID:87JlHa4V0

久「な、何!?今の音は!?」


ドドドドド


優希「観客席の後方に何かがくるじょ!?」

咲「何だろうアレ…」

まこ「TVで使うカメラじゃ。2…3台あるぞ!?」

和「どうしてそんなものが?」

京太郎「お、おい、みんな。そ、外覗いてみろ!」

久「何々…」

久「」

京太郎「言葉失ってる」



88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 06:12:19.05 ID:87JlHa4V0

和「なんですかアレ!?」

まこ「が、外部モニターじゃ!」

優希「大きい……あれ?なんかどこかで見たことあるじょ」

和「ああ!?アレ麻雀大会用のですよ」

まこ「なんちゅうもんを…」

久「たぶん、透華でしょうね」

優希「あれ?咲ちゃん?」

京太郎「なんだ?咲も言葉失って…」

咲「」ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ

京太郎(全身痙攣起こしてるー!?)



90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 06:18:28.92 ID:87JlHa4V0

優希「ここまで震えてる咲ちゃん初めてだじぇ…」

まこ「しかもレイプ目…」

和(レイプ目で震える咲さん…)ジュルリ

優希「咲ちゃん、大丈夫かじょ?」

咲「」ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ

まこ「こら、あかんわ」

久「」テクテク

京太郎「あ、部長」

久「宮永さん」

咲「」ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ

久「クスッ…さ~き」ダキッ

咲「あ…」

和「!?」ガタッ

まこ「はいはい、お主は騒がんようにな」



91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 06:23:57.85 ID:87JlHa4V0

咲「ぶ、部長……私……私…」ガタガタ

久「まずは目をつぶって自分の好きなものたちを思い浮かべて」

咲「え?…」

久「いいから…ね」

咲「は、はい…」スッ

咲(自分の好きなもの…)

久「そして自分の大好きな人を思い浮かべて」

咲(自分の大好きな人。それは…)



92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 06:28:23.79 ID:87JlHa4V0

久「咲。あなたの気持ちはわかるわ」

久「失敗を恐れるなとは言わないわ。誰だって怖いもの」

久「でもどうせ見せるならちゃんとした自分を見せたいじゃない」

咲「あ…」パチッ

久「大丈夫。ここにはあなたの失敗をも愛してくれる人達がいるわ」

久「大好きな人達と大好きな人のために」

久「頑張りましょう咲」

咲「部長……はい!」

優希(震えが止まったじぇ…)

京太郎(さすが部長)

和「」ワナワナ

まこ「はいはい、お主は映らんようにな」




94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 06:30:50.61 ID:YBry6ZSk0

完全にこの二人できとるでぇ



95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 06:33:03.06 ID:87JlHa4V0



菫「ふぅ…なんとか入れたな」

尭深「暴動にならなくてよかったです…」

誠子「それにしても凄い突貫工事だったな」

淡「あれが長野なんでしょうか」

菫「ん?あれは?」

照「」ペラッ

菫「早いな。いつからきたんだ」

照「3…いや、今だと4時間前か」

誠子「4時間!?」

淡「4時間前って解散した時ですよ!?」

照「?…そうだが?」

淡「いや、そんな可愛らしく首傾げられても…」



96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 06:39:41.09 ID:87JlHa4V0

菫「照、飯は食べたか」

照「いや食べてないし必要…」グー

照「」

菫「はぁ…ほら、売店で買ってきたおにぎりだ」

照「む、すまない…」

淡「さすが弘世先輩、良い主婦になれますよ」

菫「な!?誰が照の嫁だ!」

尭深(そこまで言ってないような…)

誠子(意外とこの人もアレなんだよな…)



98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 06:43:49.24 ID:87JlHa4V0

「おーっほっほっほ」

菫「むっ」

淡「あれは…」

透華「見ましたか。我が龍門渕の力は」

純「へいへい」

衣「凄かったなー。どかーんって」

智紀「観客は戸惑ってた…」

一「そりゃあ、あんなことが起きれば…あっ」

菫「…こんにちは」

純「こ、こんにちは」



99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 06:48:11.91 ID:87JlHa4V0

コソコソ

純「お、おい。白糸台だよ白糸台」ヒソヒソ

一「わわ分かってるよ。おお落ち着いて純君」ヒソヒソ

透華「なな何をビビってますの。ほほほら行きますわよ」ヒソヒソ


誠子「お、おい痴女だ。痴女がいるぞ」ヒソヒソ

淡「何なんですかねあの服。見せたいんですかね」ヒソヒソ

尭深「さすが長野…未来に生きてる…」ヒソヒソ

菫(同じ仕草なのにこっちが低レベルに見えるのは気のせいだろうか…)



101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 06:56:07.62 ID:87JlHa4V0

衣「」ジーッ

透華「衣?」

照「ん?」

衣「」ピリッ

照「」ピリッ

衣「」ピリピリッ

照「」ピリピリッ

衣「」バチバチバチバチッ

照「」バチバチバチバチッ

カッ!

衣「お主…なかなかやるな」

照「あなたこそ」

純「何がだ」



102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 07:00:16.60 ID:87JlHa4V0

淡「あ、あの!」

衣「む?」

淡「去年のMVPの天江衣さん……ですよね?」

衣「そうだぞ」

淡「わ、私、大星淡って言い…もうダメ!かわいい!」ダキッ

衣「むぁ!?」

一(自己紹介の途中で抱きついた!?)



103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 07:04:14.52 ID:87JlHa4V0

誠子「ああ、ズルイぞ大星!私だって我慢してたのに!」

尭深「独り占めは駄目です…」

衣「こらー、衣はおもちゃじゃ…ぅわぁっ」

淡「かわいいな~かわいいな~」ナデナデ

尭深「抱き心地良い…」ギュッ

誠子「肌触り最高~」スリスリ

純「何だこれ」

菫「すまない、うちの後輩馬鹿なんだ」



104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 07:08:43.74 ID:87JlHa4V0

蒲原「ワハハ、何やら盛り上がってるな~」

透華「おや、あなた方は」

菫「鶴賀学園…」

加治木「私達を知っているのか」

菫「ああ、清澄が決勝進出決定した時に全試合を見たからな」

加治木「お恥ずかしいところを…」

菫「謙遜するな。無名校でありながらあれほどの戦い…感服した」

加治木「いえ、そんな…」

菫「ああそうだ。紹介しよう。ここにいるのが私のこうは…」

淡「弘世先輩」ヒソヒソ

菫「どうした突然」



106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 07:14:07.17 ID:87JlHa4V0

誠子「あの人憑かれてます」ヒソヒソ

菫「はぁ?」

尭深「うっすらとですけど幽霊が…」ヒソヒソ

淡「どうしよう。こんな真昼間から幽霊見ちゃったよ…」ヒソヒソ

桃子「大丈夫ですか?顔色悪いっすよ?」

誠子「ぎゃぁぁぁ!喋ったぁぁぁぁ!」

淡「来るなー!呼びかけるなー!」

尭深「南無妙法蓮華経…」

桃子「あ、あのー」

加治木「こ、この場合どうすれば…」

菫「すまない。うちの後輩大馬鹿なんだ」



108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 07:17:21.52 ID:87JlHa4V0

淡「なんだー。この人があの東横桃子さんかー」

誠子「早く言ってくれればいいのに」

尭深「怖かった…」

菫「散々ビデオ見せただろうが…!」

蒲原「ワハハ、面白い人達だな」

加治木「あのモモをうっすらとはいえ見えるのはさすが白糸台といったところか」



109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 07:20:52.67 ID:87JlHa4V0

一「あ、あのー、弘世さん?」

菫「菫で構わん。なんだ?」

一「あ、じゃあ菫さん。宮永さん何かあったんですか?」

菫「え?」

一「ああ、いえ。あれから黙々と本を読んでて」

照「」ペラッ

菫「これがいつもの照だ。気にするな」

一「そうなんですか」

菫「TVのは…演技というのか素というのか天然というのか…」

菫「とにかくこの無愛想な方が照だと思ってくれ」

一「分かりました」



111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 07:26:03.41 ID:87JlHa4V0

京太郎「大変ながらくお待たせしました」


菫「お」

智紀「いよいよ始まる…」

誠子「ようやくか」

衣「わくわくするな~」

純「さて何が飛び出すか」

淡「必見ですね」



113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 07:30:37.85 ID:87JlHa4V0

久「みんな…ここまで来たら後戻りはできないわよ」

優希「そんなやつここにはいないじぇ!」

まこ「気合は充分じゃ」

和「やるだけの事はやりました」

咲「あとは全力で行くだけ!」

久「さぁ、行くわよ!」

一同「おー!!」



京太郎「これより清澄高校、演劇部麻雀部合同創作劇”勇者と魔王”…開演いたします!」



116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 07:34:54.95 ID:87JlHa4V0

―舞台裏―

部員C「えっとこれは大丈夫…これもある…これは…痛っ」

部員C「あ、あれ?こんな大きいセットあったっけ?なんか黒い布で覆われて…」

カサ…

部員C「」ビクッ

カサ…カサ…カサ…

部員C「え?何?」ガタガタ

カサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサ

部員C「い、嫌ー!私は何も見てない聞いてないー!」

タタタタッ



117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 07:37:11.10 ID:87JlHa4V0

?「ふぅ、危なかったし」

?「さすがカナちゃん」

?「ふふん、あいつらの足音を真似るほど戦ってきたからにゃ~」

?「ごめんね、みんな。私のわがままに付きあわせちゃって」

?「気にしないでください。キャプテン」

?「これが私たちの恩返しです」

?「みんな……グスッ…ありがとう」

?「ああ、泣かないでキャプテン」

?(しかし今回はさすがに無茶な気がするにゃ…)



163 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:26:38.94 ID:87JlHa4V0


―舞台―

京太郎「ここは自然豊かな国…その名も清澄国」

演部長「よし、幕あげろ」

スッー

京太郎「日光に照らされ草木が輝くほど…」

優希「」デデーン

京太郎「」


演部長「なっー!?」

久「木は舞台端のはずだけど…」

和「おもいっきり最前線のど真ん中ですね…」

まこ「あやつは目立ちたがりじゃからの~」

咲「優希ちゃん凄い…」



164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:28:47.57 ID:87JlHa4V0

優希(ふふん、これで大衆の目は私に釘付…)

「優希ちゃんかわいいー!」

優希(!?)

「いいぞー、片岡ー!」
「お前ならやると思ってたー!」

かったおか!かったおか!かったおか!かったおか!かったおか!かったおか!

優希(…)


まこ「…受けてるのぉ…」

演部長「結果オーライですね」

久「あら?…」


かったおか!かったおか!かったおか!かった……


「あれ?動かないぞ?」
「木なんだから当たり前でしょ」
「ああ、そっか…」



167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:31:48.64 ID:87JlHa4V0

部員A「凄い…微動だにしない…正に木!」

咲「なりきってる…」

和「さすがです!」

まこ「どう見ても固まってるようにしか見えんがのぉ」

久「呑まれたわね」


京太郎「え~、自然豊かさを象徴するかのように」

京太郎「街の真ん中には一本の大きな木がありました」

京太郎「その名も”優木”」

京太郎「この優木は古来より人々から崇められ…」


まこ「おお、ナイスアドリブ。さすが京太郎じゃ」

和「しかし、これほどの声援とは…」

久「劇…出来るかしらね…」



169 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:35:05.48 ID:87JlHa4V0

京太郎「……そして、この魔界に新たなる王が誕生した」

和「我が名は魔…」

「きゃー!原村さーん!」
「原村ーこっち向いてくれー!」
「けしからん!けしからんぞぉぉぉー!!」

和(ええと…)

まこ「新たなる王、お初にお目にかかります。妾は…」

シーン

まこ(何故じゃ、何故わしの声援がない!?)



172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:37:34.08 ID:87JlHa4V0

国王「やはりこの時が来たか…」

久「お父様。お話とは…」

「きゃー竹井センパーイ!」
「竹井先輩、似合ってますよー!」
「可憐だ!可憐すぎる!」

久(はは…)

「竹井センパーイ!抱かせてー!」
「むしろ抱いてー!」

久(うわ…)



175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:40:28.85 ID:87JlHa4V0

優希「凄い声援だじょ」

和「さすが部長ですね」

まこ「ええのぉ…部長はほんとにええのぉ…」ズーン

咲「染谷先輩が暗いですね…」ヒソヒソ

和「よっぽどこたえたのでしょうね。そっとしときましょう」ヒソヒソ

優希「了解だじぇ…」ヒソヒソ





?「」ガタンガタンガタンガタンガタンガタン

?「キャ、キャプテン落ち着くし」



177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:43:16.31 ID:87JlHa4V0

和「清澄国もこの程度か!我の供物として姫は貰っていく!」

久「あ~れ~」

京太郎「国の迎撃も虚しく姫は連れ去られてしまった」

暗転


久「ふぅ…疲れた…」

和「お疲れ様です。部長」

まこ「お疲れ…部長…」ズーン

久「ありが…うわっ!?」

まこ「どうしたんじゃ…」ズーン

久「い、いえ、何も」

久「何あれ、貞子になろうとして失敗した貞子もどきは」ヒソヒソ

和「部長。もの凄く合ってますけどそれは酷いです」ヒソヒソ



179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:47:23.53 ID:87JlHa4V0

優希「次は咲ちゃんの番だじゃ」

咲「うん、みんな行ってきます!」

久「気負いせずにね」

和「声援は気にせずに」

まこ「ふふふ、声援は確定かの~」ズーン

久、和(やりずらい…)



180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:49:36.28 ID:87JlHa4V0

京太郎「………そして、この国に一人の勇者が立ち上がった」

咲「私の名は……」

ゴオオオオオオォォォッォォォ

京太郎(!?)

キィィィィィヤアァァァァァァァァ

久「え?何々!?」


「咲様ー!」
「咲様かっこいい!」
「咲様ー!こっち!こっち向いてー!!」
「俺だー結婚してくれー!」
「何言ってんだ!私とに決まってんだろ!」


和「うわ…」

優希「あの時の暴動並だじょ」

和「凄いですね…そして何故か腹がたってきましたね」

優希「のどちゃん、目が怖いじょ…」

久(咲に対してか観客に対してか…絶対後者なんでしょうけど)



183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:52:27.45 ID:87JlHa4V0

純「うへぇー」

衣「おおーすごいのだー」

加治木「全国決勝の大将戦は凄かったからな」

蒲原「わはは、臨海と阿知賀も頑張ったんだがな」

桃子「嶺上さんと大星さんの一騎打ち凄かったっすからね~」

智紀「そのせいで他2校が空気…」

淡「…」

菫「ん?どうした大星?」

淡「周りの人たちも何人かは私に気づいてくれたのに」

淡「何故声をかけてくれなかったんでしょうか…」

菫「魅力がない」

尭深「可愛さがない」

誠子「調子にのるな」

淡「うわぁぁぁぁぁん」



186 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:55:26.51 ID:87JlHa4V0

透華「~~~~~」プルプル

一「透華?」

透華「何故ですの!?何故、和よりも」

透華「あんなちんちくりんが目立ってますの!」

一「わわ、透華!?」

菫(まずい!?)チラッ

照「…」

菫(微動だにしない?)

照「スッーーーーーーー」

菫(息を思いっきり吸い込んだ?……ハッ)

菫「みんなぁー!耳塞げー!」

淡「え?」


照「すぅぅぅああああぁぁきいいぃぃっぃぃぃぃぐぅあああんばあぁぁぁれえええぇぇぇぇ」



191 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:58:41.33 ID:87JlHa4V0

純「うわ!?」

加治木「くっ!?」

淡「耳がぁぁー」

照「さーきッ!さーきッ!さーきッ!さーきッ!さーきッ!さーきッ!」

菫「手が付けられん…」

淡「弘世先輩!渋谷先輩が…先輩が!」

菫「む」

誠子「しっかりしろ渋谷!」

尭深「みんな…今まで迷惑かけてごめんね…」

尭深「私の…分まで…生きて」

ドサッ

淡「いやー!!」

誠子「渋谷ぁー!」

菫「くっ、お前のことは忘れないっ…!」

純「まーた始まったよ」



193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:01:22.14 ID:87JlHa4V0

透華「純!衣が…衣が!」

純「え?」

一「衣!ねぇ…衣!」

智紀「衣…しっかり…」

衣「あれ?ここは?…」

純「良かった気がついたか」

衣「父君と母君…一緒に川遊びしてズルイのだ…」

衣「衣も今そっちに…」

純「行くなぁぁぁぁ~!」

一「衣!そっちはいっちゃいけない川なんだよ!」

蒲原「ワハハ、本当に面白い人達だな」



195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:04:16.85 ID:87JlHa4V0

咲様~


久「どうするのこれ?」

演部長「収まるまで待つしか…」

優希「あれ?咲ちゃん……笑ってる?」

和「え?」


咲様~


咲(大丈夫…ここには大好きな人達と…)

咲(大好きな人がいるから…)

咲「」チラッ

照「!?」

咲「」ニコッ

照「」ドキッ

咲(見ててね……お姉ちゃん!)



199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:06:20.10 ID:87JlHa4V0

咲「スーッ」

咲「私の名は勇者!魔王を討ち滅ぼすものなり!」

シーン

(かっこいい…)
(まさに勇者だ…)

優希「声援の声が消えて観客が見とれてるじぇ…」

和「咲さん凄いです」ポー

久「クスッ……ほらまこ、いつまで落ち込んでるの」

久「後輩が頑張ってるのに先輩の私達が頑張らないでどうするのよ」

まこ「しょうがない、いつまでもうじうじしてるわけにいかんしの」



201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:09:35.98 ID:87JlHa4V0

菫「お前の妹は凄いな。サマになってるぞ」

照「」パンパンパンパンパンパンパン

菫「痛っ痛っ、なんだ?」

照「見た!?今の見た!?」

照「私を見て微笑んだ!私を見て微笑んだ!!!」

菫「あ、ああ…」

照「はぁ~、咲かわいいよぉ~」

一「あ、あの~菫さん…」

菫「言いたいことは分かる。そして訂正しよう」

菫「 こ れ が 照 だ 」

一「わ、分かりました」



202 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:12:20.76 ID:87JlHa4V0

そうして劇は順調に進んでいき…



部員C「いよいよクライマックスですね」

部員A「勇者は魔王を見事倒し」

部員B「勇者は姫と一緒に帰路につく」

演部長「そして二人は結ばれる」


和「よくぞ参られた勇者」

まこ「さすがじゃの~」

久「勇者ー」

咲「姫!今助けます!」

咲「魔王ー、覚悟!」

和「待て、我の要求に答えれば姫を開放してやらんこともないぞ」

和「いや、世界の半分をお主にくれてやらんでもないぞ」

咲「………………………え?」

久(ちょ、和?)



205 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:15:04.85 ID:87JlHa4V0

優希「あんな台詞あったかじょ?」

部員C「ないですね、完璧にアドリブです…」

演部長「何を考えてるんだ…」



咲「ソ、ソンナコトイッテモマドワサレナイゾ」

久(惑わされてる惑わされてる)

京太郎(台本にないからな。当然と言ったら当然だ…)

和「惑わしなのではない!」

咲「う…よ、要求とは何だ」

和「それは…」



207 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:18:36.03 ID:87JlHa4V0

和「我の婿……いや、嫁になれ!」











咲「ええ!?」

久(…こりゃまた…)

京太郎(大胆なことで…)

和「正直に言おう。我は世界に興味など無い」

和「いや、前まではあった…」

和「勇者!そなたに会うまでわな…」

和「今ならはっきりと言える…我はそなたが好きだ!」



209 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:21:42.09 ID:87JlHa4V0

優希「おお、のどちゃんからの告白だじぇ」

部員B「あれじゃあ、変態魔王じゃねーか…」

部員C「あれ?でも勇者は女の設定ですから普通ですよね?」

部員B「お前馬鹿だろ」

部員A「魔王も女だぞ」

部員C「あれ?そうでしたっけ?」

演部長「どこの世界にあんなセクシー衣装着た男魔王がいるんだよ」

部員C「ああ、そっか……あれ?じゃあなんで言い換えたんだろう?」

優希「きっと、のどちゃんはそっち志望なんだじぇ!」

部員C「やーん、見た目に反して引っ張って行きたいタイプぅ?」

演部長「こらこら、話が脱線してる」



210 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:24:15.40 ID:87JlHa4V0

和「さぁ、返答はいかに!」

咲「…」

優希「咲ちゃん、困って………ない?」

まこ(吹っ切れた顔をしとる)

久(どうやら答えは決まったようね)


咲「ひとつ聞かせてくれ魔王」

咲「あなたの嫁になったら世界はどうなる」

和「それは我ら二人だけのものに…」

咲「なら返答は…ノーだ」

和「!?」



213 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:26:55.26 ID:87JlHa4V0

咲「世界は誰のものでもない。みんなのものだからだ」

咲「そして私一人の人間を愛せるのなら全人類を愛してほしい」

咲「人間と魔物は愛し合えるのか今は分からない…」

咲「でも…共に生きていくことならできる」

咲「創っていこう…これから」

咲「人間と魔物が共存できる世界を…そして、いつかは」

咲「愛し合える世界を」

和「勇者…」

咲「…だ」

和「え?」

咲「咲だ」

咲「清澄国の勇者・咲。それが私の名だ」


優希「自分の名前つけちゃったじょ…」

部員C「でもロマンチックですね~」



219 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:30:17.95 ID:87JlHa4V0

和「なら我も」

和「我が名は和。魔王・和だ」

咲「和か…良い名だ」

久「一件落着かしらね」

咲「久姫…よくぞご無事で」

久(久姫!?…まぁいいか)

和「そなたには苦労をかけたな」

久「いいわよ。それに…」

久「共存の話面白いじゃない」

まこ「これから忙しくなりますな」

和「しかし出来るのだろうか…我は数多の人間を…」

咲「それなら私も数多の魔物を蹴散らしてきた。同罪だ…」

咲「同じ罪…共に背負っていこう」

和「咲…」



221 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:32:50.30 ID:87JlHa4V0

久「咲、和。清澄国の王女・久姫が命じます」

咲、和「!?」

久「人間と魔物が共存できる世界の創造に尽力しなさい」

咲、和「はっ!」

咲「和…」

和「咲…」

ギュッ

咲、和「共に生きていこう…このセカイで…」

オオー
パチパチパチパチパチパチパチパチ


演部長「な、なんとか着地…した…か?」

部員B「なんだかんだでアドリブのオンパレードでしたね…」



225 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:35:26.46 ID:87JlHa4V0

菫「うむ、なかなか良かったな」

透華「最後ぎこちなかったような気がいたしますが…」

照「」ガタッ

誠子「ど、どうしたんですか急に立ち上がって」

照「」ガシッ

尭深「パイプ椅子掴んで…」

照「」グワッ

淡「持ち上げて…………ってうわわわわわわわ」



228 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:38:02.23 ID:87JlHa4V0

照「あの女ァァァァァ!私の咲にィィィィィィ!!」

透華「じゅ、純!」

純「ああ!」ガタッ

淡「弘世先輩!」

菫「分かってる!」ガタッ

蒲原「いっけぇー!ユミちん!」

加治木「よっしゃぁ!!」ガタッ

加治木「って私はそんなキャラじゃない」

桃子「先輩の中が見えた気がするっす…」



229 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:41:17.42 ID:87JlHa4V0

ガシッ

純「これは劇、劇ですよ。宮永さん」

菫「そうだ。本当に告白したわけじゃない」

照「いいや、あれはアドリブだ!」

純「何を根拠に…」

照「匂いでわかる!」

菫「匂いかよ!?」

京太郎(間違ってないから怖ぇ~)

純「と、とにかく落ち着きましょう」

菫「そ、そうだ。こんな大衆の前で恥をかく気か」

照「ガルルルルルルルルルルル」

菫(いかん、猛獣と化している)



232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:44:19.36 ID:87JlHa4V0

純「お前らも手伝え!」

一「い、いや僕は…」

智紀「」カタカタ

純「おい智紀。のんきにネトゲしてるなら…」

智紀「大丈夫、今終わった」

純「え?」

智紀「」テクテク

純「あ、おい」

智紀「宮永照」

照「がうっ!」

智紀「宮永咲のアイコラ写真」スッ

照「きゃうん!?」



234 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:47:16.65 ID:87JlHa4V0

智紀「…」

照「へっへっへっへっへっへ」

智紀「お手」

照「あんっ」

智紀「おかわり」

照「あんっ」

智紀「おすわり」

照「あんっ」

智紀「いいこいいこ」ナデナデ

照「きゃう~ん」

菫(猛獣が犬になった…)

淡、尭深、誠子(すげ~)



237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:50:04.27 ID:87JlHa4V0

智紀「ハギヨシさん」

ハギヨシ「はっ」

淡、尭深、誠子「うわっ!」

智紀「この中にあるデータ全てプリントアウトお願いします…」

ハギヨシ「かしこまりました」


ハギヨシ「こちらに」

智紀「ありがとう」

淡、尭深、誠子(早っ!?)

智紀「はい、ご褒美」

照「あんっ!」パシッ

照「あぁ~、咲~咲~」スリスリ



241 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:53:18.44 ID:87JlHa4V0

智紀「弘世菫」

菫 ビクッ「な、なんだ?」

智紀「これを…」

菫「これは…」

智紀「残りの写真。また暴走した時に使って…」

菫「君は……」

ギュッ

智紀「!?」



244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:55:41.06 ID:87JlHa4V0

菫「ありがとう!!ほんっっっっっっっっっっとうにありがとう!!!」

智紀「そこまで感謝されることはしていない…」

菫「いいや、した!誇ってもいいぐらいだ!」

菫「君…あなたは偉大な功績者!…いや女神だ!」

智紀「はぁ…」

尭深(弘世先輩が感激してる…)

誠子(ってか人がここまで人に感謝するところ初めて見た)

一(菫さん、よっぽど苦労してたんだな…)



246 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:58:13.32 ID:87JlHa4V0

菫(これさえあれば…ふふふ…これさえあれば…)

菫「ふはははははははははははははは」

智紀「えと…」

淡「ああ、ごめんなさい。うちの先輩馬鹿なんです」

誠子(良識人なんだけど宮永先輩が絡むと本当にズレるなこの人は)

一(とりあえず前言撤回しておこう)



247 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:00:48.52 ID:87JlHa4V0

智紀「ふぅ…」

衣「お疲れなのだ智紀」

純「しかしおめーよく写真なんて持ってたな」

智紀「私のじゃない」

純「え?」

智紀「ネット友達の」

―――

船Q「ックシュン」

セーラ「うわっ」

泉「なんや、風邪ですか?」

竜華「大丈夫?」

船Q「いえ、誰かが噂しとんのでしょう」ズズッ

怜「zzz…」



248 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:03:14.97 ID:87JlHa4V0

京太郎(なんとか暴動?は収まったかな…)

京太郎「え~、かくして清澄国は…」

フッ

加治木「な、なんだ?」

桃子「急に暗くなったっす」


?「良い和解だったぜぇ、お二人さん」


一「今の声って」

純「男口調で声も若干変えてたが」

透華「風越の福路美穂子?」


?「今にゃ!」

「ふんにゃあぁぁぁぁぁぁぁぁ」



250 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:05:53.54 ID:87JlHa4V0

咲「な、何かが迫ってくる!?」

和「咲、こっち」

咲「う、うん」


ゴオオオオオォォォォォ

ドゴォォォォォン


淡「何々!?今のSE!?」

菫「何かが衝突したような感じだが」

パッ

透華「んっ…明かりがつきまし…って船ー!?」

衣「おお、かっこいいのだ」

一「髑髏の旗が見える…」

純「って海賊船じゃねーか!?」

蒲原「ワハハ、これはまたゴーカイにきたな~」



251 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:08:13.25 ID:87JlHa4V0

演部長「な、なんだぁ。こんなの台本にないぞ」

優希「あ、船首に人が見えるじぇ」


文堂「せ、世界に宝ある限り大空と言う名の大海原を行く!」

深堀「その速度は風をも越える!」

吉留「そう、我らは!…」

一同「女海賊団”風越”!!」

池田「そして率いるは!…」

一同「キャプテン・福路!!」

福路「」デデーン


部員B「え、えええええー!?」

部員A「眼帯に海賊服…分かってる…あの人分かってますよ!!」

演部長「何がだ」



254 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:10:28.81 ID:87JlHa4V0


福路「勇者・咲、これがなにか分かるかな」

久「むぐー」

咲「久姫!」

福路「絶世の美女と謳われた…」

まこ(そんな設定じゃったかの?)

福路「清澄国の宝、久姫」

福路「このキャプテン・福路が頂いたー!」

福路「おめぇら!引き上げだ!」

風越一同「はい!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ

咲「ま、まて!」

ビュウウゥゥゥゥゥゥ

和「い、いきなり風が…」

池田「巨大ファン攻撃にゃ」



257 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:12:39.75 ID:87JlHa4V0

部員C「ってこの後どうするんですか!?」

部員B「もう時間も」

演部長「ええと…」

京太郎「なななななんんと!?」

優希(京太郎!?)

京太郎「清澄国の久姫があの悪名高き女海賊団風越にさらわれてしまったー!」

京太郎「この危機を乗り越えることは出来るのか!?」

京太郎「どうなる清澄国!どうする勇者・咲!」

京太郎「第2幕に続く!」





演部長「………………え?」



258 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:14:21.37 ID:87JlHa4V0

優希「ナ、ナイスかどうかは微妙だけど良いアドリブだじぇ」

京太郎「」カクカク

優希「ん?ジェスチャー?」

京太郎(優希ー!幕下ろせ幕!)

優希「お、おうだじぇ」

スッー


咲「くっ…久姫…久姫ー!」

久「咲ー!」

福路「アディオス」

パタン



262 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:17:14.51 ID:87JlHa4V0

咲「ええと…」

久「これはどういうことかしら」

福路「ごめんなさい。上埜さんが姫と聞いてさらいたい欲に勝てず…」

久「いやそのりくつはおかしい」

部員B「勇者と魔王和解ENDで着地したのにどうしてこうなった」

部員A「何言ってるんですか!」

部員A「眼帯に海賊服は王道…ごふ」

演部長「お前は黙ってろ」

部員C「で、どうしますか?」

演部長「どうするったって…」

和「とりあえずカーテンコールでしょうか」

ワーワーワーワー

まこ「こりゃあ、応えんといかんの」

優希「幕上げるじょ」



265 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 2012/06/19(火) 15:19:55.14 ID:87JlHa4V0

スッー

京太郎「今日の劇を務めました。演劇部と麻雀部の面々です」

ワー
パチパチパチパチパチパチパチパチ

「いいぞー」
「面白かったー」
「第2幕楽しみに待ってるぞー」

久「一応、受けたみたいね」

まこ「本当に結果オーライじゃのう」


京太郎「そして今回のサプライズ?ゲスト」

京太郎「風越女子高校の方々です」

「きゃー福路センパーイ」
「海賊服似合ってるぞー」
「男演技良かったぞー」

福路「ははは…」

部員B「部長…」

演部長「第2幕…考えてみるか」



267 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:22:05.68 ID:87JlHa4V0

ワイワイガヤガヤ

淡「終わりましたね」

菫「ああ、終わったな」

尭深「帰りはぎゅう詰めラッシュ…」

誠子「し、死ねる…」

菫「…泊まりに行ってもいいんだぞ」

照「明日は大事な練習試合だ。これ以上伸ばすことは出来ない」

菫「朝に帰ってくればいいじゃないか」

照「…」

菫「どうした?照?」

照「いえ、何も」

菫「そうか」



268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:24:12.77 ID:87JlHa4V0

照(くそ!)

照(アレがありなら菫を大魔王に仕立て上げ)

照(咲のピンチに駆けつける勇者・照を演じておけばー!)

照(いや、待て。まだ第2幕があるじゃないか!そこで…)

照(勇者・宮永姉妹…いいな)

菫(まーた、良からぬことを企んでるな)

菫(まぁ、私にはコレがある。そう、この写真が…)

照「ふふふ…」

菫「ふふふ…」

尭深「二人を中心に邪念が渦巻いてる…」

誠子「…どっちが勝つと思う?」

淡「……考えたくないですね」



271 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:27:20.44 ID:87JlHa4V0

プップー

菫「ん?」

蒲原「ワハハ、駅までなら送ってくぞー」

照「いいのか?」

加治木「ぎゅう詰めのバスよりかはマシかと思いまして」

菫「すまない、助かる」

桃子「地元民しか知らない抜け道もあるから早く着くかもしれないっすよ」

誠子「おお、それは助かる」

桃子「ただ…しっかりつかまっててくださいね…」

尭深「え?…」

蒲原「ワハハ、いくぞー」

ブォォォォォォォォォ

淡「うわあああぁぁぁぁ」

ぁぁぁぁ…………………………



272 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:29:29.00 ID:87JlHa4V0

智紀「その後…彼女達を見た者はいない…」

純「洒落にならんからやめい」

衣「でも一度は乗ってみたいぞ。ジェットコースターみたいで楽しそうだ」

一「僕は遠慮しとくよ…」

透華「さぁ帰ったらミーティングですわよ」

純「ミーティングって…どっかと試合組んでたっけ?」

透華「何言ってますの、劇のですわ」

一「え?」

透華「あれほどの劇でしたら龍門渕では造作も無いこと」

透華「清澄以上に目立って差し上げますわ」

透華「見てなさい原村和。真のアイドルが誰であるかを教えてあげますわ」

透華「おーっほっほっほ」

純「あー、国広くん。逃げちゃ駄目か?」

一「たぶん、無理だろうね…」



274 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:32:16.68 ID:87JlHa4V0

久「んー、おわっっったー」

咲「疲れた…」

和「疲れました…」

優希「くたくただじぇー…」

京太郎「喉が…」

まこ「しかし二人には驚かされたの」

咲、和「え?」

まこ「まさかの告白」

優希「お熱いじぇ」

京太郎「優希には程遠い話だもんな」

優希「うるさい!」ドゴッ

京太郎「げふ」



276 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:34:19.38 ID:87JlHa4V0

久「しかも呼び捨てによる呼び合い」

咲、和「あ…」

咲(そうだった…和ちゃんなのに和って…)

和(そうでした…まだ咲さんでしたのに咲って…)

久(何故か思考の相違を感じる…)


久「で、第2幕どうしましょう」

和「来年ですかね…」

咲「でも部長はいないですよ」

久「留年はさすがにまずいでしょうし」

京太郎「いや意図的しちゃダメでしょ」



279 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:36:56.33 ID:87JlHa4V0

演部長「いや、それがですね…」

久「どうしたの?」

演部長「話を聞くとあのセット、風越の演劇部からかっぱらってきたみたいなんですよ」

久「」

優希「さすがキャプテン、凄いじぇ」

まこ「どうやって持ってきたんじゃ」

演部長「そこは企業機密だそうで…」

久「企業!?」

優希「さすがキャプテン、スケールが大きいじぇ」



280 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:39:16.09 ID:87JlHa4V0

演部長「で、そのセットが今度の文化祭で使うみたいでして」

演部長「第2幕そこでやらないかと…」

和「向こうの人達はなんて?」

演部長「ノリノリだそうです…」

久「あはは…それで時期は?」

演部長「1ヶ月後だそうです」

京太郎「1ヶ月後…」

久「やるしか…ないわね」

優希「燃えてきたじぇ」

咲「麻雀部なのに1ヶ月も牌に触らないなんて…」

まこ「そこはつっこんだらいけん…」



283 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:43:47.34 ID:87JlHa4V0

久「あ、そうだった。須賀君」

京太郎「はい?」

久「あなた小道具係よね」

京太郎「そうですけど」

久「なら後片付けお願いね」

京太郎「え?劇の片付けならあらかた…」

ポンッ

土木作業員「よう兄ちゃん」

京太郎「へ?」



287 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:53:13.44 ID:87JlHa4V0

作業員「すまないな。モニターの撤去作業手伝わせることになっちまって」

京太郎「え?え?」

作業員「急遽呼ばれたからな。人出が足んなくて」

作業員「大丈夫。兄ちゃんの体ならいけるって」

京太郎「え?ちょ、ちょっと!?」

ハギヨシ「大丈夫です須賀様。私も微力ながら手伝いますので」

京太郎「はっはは…」

京太郎(俺…明日生きてるかな…)



久「でわ、解散」



289 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:56:37.96 ID:87JlHa4V0

優希「咲ちゃん、のどちゃん、またねー」

咲「うん、またー」

和「でわ咲さん、行きましょうか」

咲「うん」

咲「…」テクテク

和「…」テクテク

咲「…」テクテク

和「…」テクテク

咲「…」テクテク

和「…」テクテク



291 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:58:52.31 ID:87JlHa4V0

咲「………ねぇ、和ちゃん…」

和「はい?」

咲「第2幕がどんな話になるかわからないけど」

咲「勇者と魔王はあの後どうなったのかな…」

和「わかりません、けど…」

咲「けど?」

和「きっと素敵なセカイを創ったと思いますよ」

咲「そっか…そうだよね」

咲「あの!」

和「はい?」

咲「久しぶりに手をつないで帰ろう和」

和「!?」

和「はい、咲」

ギュッ

おわり







292 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 15:59:12.85 ID:icJC6iZk0




294 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 16:01:04.33 ID:9oQNE8Xi0




297 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 16:02:00.88 ID:KliFR8MwP

長丁場乙乙
面白かった



299 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 16:03:23.17 ID:nV+H/t6m0


手をつないでるところを照に見られてるわけですね



301 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 16:04:49.70 ID:5D9VYEiM0

楽しかった乙
第二幕まっとるぜ



304 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 16:11:01.98 ID:hmzckZaq0

おつおつ







咲-Saki-(10) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki-(10) (ヤングガンガンコミックス)


咲-Saki-阿知賀編episode of side-A(2) (ガンガンコミックス)
咲-Saki-阿知賀編episode of side-A(2) (ガンガンコミックス)


咲-Saki- ラブじゃん マホちゃんの必殺技完成! (Guide book)
咲-Saki- ラブじゃん マホちゃんの必殺技完成! (Guide book)



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340043369/l50