1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 06:25:23.63 ID:Dw75HIiP0

竜華「……」

セーラ「どないしたん竜華。怜に内緒でウチら呼び出したりして」

泉「園城寺先輩に関することで、監督から伝令でもあったんとちゃいます?」

竜華「や、実はな、ちょっと皆に…相談したことがあんねん」

浩子「ほお、何や珍しく深刻な感じですやん」

セーラ「何でも相談してくれてええで。力になったるわ」

竜華「あのな、ここ数日…いやもうちょっと前からなんやけど…」



竜華「怜が膝枕させてくれへんのよ…」



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 06:28:25.73 ID:Dw75HIiP0

セーラ「……」

浩子「……」

泉「……」



竜華「ちょ、何か言うてよ!」

浩子「いや、そう言われましても」

セーラ「何やそれ、アッホらしー…」

竜華「えっ、セーラ酷ない!? 浩子ぉー…」

浩子「…まあ正直アホらし思たんはウチらもですわ…なぁ泉」

泉「えっ、そこでウチに振るんですか!?」

竜華「い、泉は! 泉は分かってくれるやんな! ウチのこの苦悩を!」

泉「あ、あはは、えーと…」

竜華「何で目ぇ逸らすんー!」



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 06:30:45.37 ID:Dw75HIiP0

浩子「ちゅうかそもそもですねー先輩。これまでの状況の方がおかしかったんやで」

竜華「な、何がや…」

浩子「いくら園城寺先輩の体調が優れへんからて、そない膝枕ばっかやっとったことですわ」

泉「むしろ最近は、一般的な状態に戻ったー、と言いますか…」

竜華「そ、そんなっ!」

セーラ「そんなやあらへん。大体竜華は怜を甘やかしすぎやでほんま」



9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 06:34:47.16 ID:Dw75HIiP0

竜華「べ、別に普通やって… ほら、皆で決めたやん!」

セーラ「何を?」

竜華「『ときシフト』やて! 合宿以外でも怜がしんどそうやったらサポートしようて話したやろ!」

浩子「そら確かに話しましたけど…」

竜華「そやろ! だから怜に膝枕するんは普通のことやん! むしろ膝枕なしとか絶対間違っとるて!」

泉「ちょぉ、先輩落ち着いて下さい!」

竜華「あ、あぁ…すまんな泉。つい熱くなってしもた」



10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 06:37:18.47 ID:Dw75HIiP0

浩子「まあまあ、…先輩にとって膝枕が普通なんは良く分かりましたわ」

竜華「…ウチだけやのーて、シフト決めたウチら全員にとって普通やもん…くすん」

浩子「…そないなことで拗ねんといて下さい」

セーラ「ま、問題は怜が竜華に膝枕させてくれへんことやろ? 普通かどうかはこの際置いとこ」

泉「そですね、それがいいと思いますわ(このままじゃ埒明かへんし)」

竜華「そやな…でも何でやろ… ウチの膝枕、嫌いになってもうたんかなぁ…」



12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 06:43:23.72 ID:Dw75HIiP0

泉「でも前にあの人、先輩の膝枕めっちゃ絶賛してはりましたよね?」

泉「適度な肉づきがどうとか、程よい弾力がどうとか…」

セーラ「ああ、言うとった言うとったそないなこと。膝枕ソムリエやったっけ…ぷぷっ」

泉「もーあん時の園城寺先輩酷かったですわ…」

泉「無理矢理ウチらに膝枕させといて、『こんなん膝枕やない。ただの足や!』て…」

竜華「ま、まぁあれは…確かにちと冷たかったな」

泉「そやけど、裏返せばそれだけ先輩の膝枕気に入ってたてことちゃいません?」

竜華「! た、確かに…!」



15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 06:47:34.71 ID:Dw75HIiP0

竜華「そやったら一体どうして…」

浩子「…ははーん、もしや」

竜華「浩子、何や分かったん!?」

浩子「まあ予想ですが、ある程度は」

竜華「さっすが、千里山きっての頭脳派! ウチの見込んだ通りや! 頼りになるわぁ」

浩子「ちょ、意味分からん持ち上げやめてもらえます?」

セーラ「そんなん言いながら顔赤くしとったら世話ないな、しししっ」

浩子「コホン。…思うに、先輩の脚が園城寺先輩好みやなくなってしもたんとちゃいます?」

竜華「!!」



16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 06:50:19.79 ID:Dw75HIiP0

浩子「ソムリエを自称するほどの膝枕フリークなら、その質にはうるさいんちゃうかなと思われます」

セーラ「ぶはっ、ひ、膝枕フリークて…!」

浩子「はいそこ笑わんといて」

浩子「ウチには分かりませんが、もしかしたら先輩の足が前とは変わってしもて」

浩子「それが園城寺先輩には好ましくなかったんとちゃいますやろか」

竜華「そ、そんな…っ」

竜華「ウチの、ウチの足が…!」

泉(ほ、本気で打ちひしがれとるこの人…)



17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 06:52:10.62 ID:Dw75HIiP0

竜華「浩子ぉ! ウ、ウチどないしたらええ!?」

浩子「ちょっ、先輩!」

竜華「このままじゃ、怜が…怜が…っ!」

浩子「そ、そんな揺さぶらんといて下さいて!」

竜華「あっ、ご、ごめんな… そやけどウチ、ほんまに心配で…」



泉「先輩、この空気どないしたらええですかね…」

セーラ「黙って見とき、巻き込まれんで」



18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 06:54:11.71 ID:Dw75HIiP0

浩子「まあまあ落ち着きましょうや。悲観しても仕方あらへん」

竜華「そ、そやな」

浩子「ひとまず、変わってしまったのは何か、を考えるのが先決やと思います。…なぁ泉」

泉「えっ! あ、はぃその通りやと思います!」

浩子「そーこーで、この! 高性能タブレット端末の出番や」

セーラ「? 何でそないな変な呼び方なん? 普通にアイパッ―――」

浩子「ストーップ!!」

セーラ「!!」

浩子「iP〇dて名前出したら場が荒れるねん! せやからここはタブレット端末…とお茶を濁す」

セーラ(…いや自分で言うとるやん)



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 06:58:56.56 ID:Dw75HIiP0

浩子「ここには部員の部活に関連するあらゆるデータが入れられとる」

セーラ「わ、ほんまや。練習の対局データとかまで網羅されとるんやな」

浩子「そしてここに…部活中の写真があるんですわ」

浩子「こん中から先輩の写真見付けて今の先輩と比べれば、変わってしもた所は見つかるはずや」

竜華「ほんまに! ありがとな浩子、ほんま助かるわ!」

浩子「ふ…ま、お礼言うんは解決してからっちゅーことで」



泉「おお…何や思ったよりまともな解決策やった…」

浩子「何や泉、どういう意味や」

泉「ややや、ふ、深い意味はあらへんですよ!」



23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 07:09:02.65 ID:Dw75HIiP0

浩子「ほな見てきましょかー」

泉「えーと、膝枕しとる頃の写真データが要るんやったですよね」

セーラ「竜華いつ頃まで膝枕しとったっけ?」

竜華「それが、正確には分からんねん…」

竜華「怜が膝枕させてくれるんを待っとったらもう、一日が長くて長くてしゃーなかったんよ…」

浩子「一日千秋てやつやな」

泉「そんな大袈裟な…」



27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 07:10:54.41 ID:Dw75HIiP0

浩子「ま、二週間前くらいならまだ膝枕しとったやろ多分。…ほなどうぞ」

竜華「おおきにな。ウチの写真は…っと」

セーラ「…ておい、浩子! これおかしいやろ!!」

浩子「? 何がです?」

セーラ「! だ、だって…これ俺の写真ばっかやん!」

泉(確かに、サムネイルで見ると半分くらい学ラン映っとるような…)

浩子「あらあらそないなことございませんよ? 自意識過剰なんとちゃいますの、おほほ」

セーラ「ぅぐっ…」



29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 07:18:15.66 ID:Dw75HIiP0

竜華「お、あったで」

泉「ちょうど膝枕してはる写真ですね」

竜華「あぁ、写真のウチえぇなぁ…羨ましいなぁ…」

竜華「何やこの頃のウチばっかりええ思いして…今のウチかて…ぶつぶつ」

泉(先輩、写真の自分に妬いてますやん)

浩子(本格的に壊れ始めとるな)



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 07:24:55.03 ID:Dw75HIiP0

浩子「どうです? 何や見つかりました?」

竜華「…ウチな、重大な発見をしてもうた」

竜華「どうしてこんなことに気付かんかったんやろ…」

セーラ「お、何なに?」



竜華「膝枕されとる怜を対面で見るとすごく可愛い!!」



32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 07:30:17.70 ID:Dw75HIiP0

竜華「いつも頭の側からしか見てへんかったから気付かんかった…!」

泉「……」

竜華「ああでも正面から怜を見ようとすっとウチの膝に寝てもらえへんし…」

竜華「そや、鏡を使えば両立して―――」

浩子「はいストーップ。ちょっと先輩、目的忘れとりません?」

竜華「…はっ」

竜華「ぅう、ごめんな浩子…膝枕分が不足し過ぎて、写真見たらちょっと興奮してもうたわ」

セーラ「膝枕分って何やねん」



35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 07:39:26.98 ID:Dw75HIiP0

浩子「…で、もういっぺん聞くけど、何や見つかりました?」

竜華「さっぱり分からん。写真のウチも今のウチも、いつも通りにしか見えへんのやけど」

セーラ「んー…確かにパッと見た感じそない大きな違いは見つからへんな」

泉「…あっ、でもこの写真の先輩、ニーソ履いてません?」

泉「今先輩ハイソックスですやん」

竜華「ああ、最近暑なってきたしな」

浩子「ほほう…もしかしたらそれかもしれへんで」



37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 07:46:55.55 ID:Dw75HIiP0

浩子「ニーソによる膝上部の適度な締め付けが、絶妙な弾力と柔らかさを作り上げとって」

浩子「ハイソックスにしたことで、それが失われてしもた…とか」

竜華「な、なるほど…そうやったんや…!」

セーラ「何や浩子、お前まで膝枕ソムリエみたいやな。…くふっ」

浩子「ウチは状況から園城寺先輩の考えを予測しとるだけですわ」

竜華「そやったら、ウチ明日からまたニーソ履いてくるで!」

泉「この時期にそれって、何や蒸れそうですね」

竜華「怜の膝枕には代えられへん…!」



38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 07:51:59.64 ID:Dw75HIiP0

――――――
―――

竜華「……」

セーラ「どないしたん竜華。…ってまあ、聞かんでも用件は分かるけど」

泉「今日も膝枕してはりませんでしたね」

竜華「何でなん! ちゃんとニーソ履いてきたでウチ!」

浩子「それが重要なファクターやなかった、ってことやろね」

セーラ「そもそも竜華、去年もこの時期ハイソックス履いとったけど普通に膝枕しとったやん」

竜華「! 確かに… 忘れとった…」



43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 07:59:42.09 ID:Dw75HIiP0

泉「…けど、そやったら何が原因やったんでしょ」

竜華「もう写真見てもさっぱりやで…」

浩子「一つ考えられるんは、視覚的な違いやないかもしれへんってことですわ」

浩子「ここまで写真を見ても何もあらへんのやったら、恐らく変わってしまったんは見た目以外のポイントや」

セーラ「見た目以外て?」

浩子「まあ音とか匂いとか…」

竜華「ああっ! もしかして…!」



44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 08:06:53.46 ID:Dw75HIiP0

浩子「おっ、何か思いつきました?」

竜華「浩子に言われて気づいたんやけど、匂いかもしれへん!」

セーラ「ぶはっ! …に、匂いて! 怜は犬かっちゅう…」

浩子「はいそこ真面目に。何や心当たりがあるんか」

竜華「あるある! 先週くらいにボディソープ、ちょっと高いやつに変えたんよウチ」

竜華「もしかしたらそれが、怜の嫌いな匂いやったのかも…」

泉「んーでも先輩、別に良い匂いやと思いますけどねぇこれ」

竜華「泉に好かれてもしゃーないねん」

泉「えっ、酷っ!」



45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 08:13:48.07 ID:Dw75HIiP0

竜華「でもでも、そやったらボディソープ前のに戻したら解決やんな!」

浩子「まあ、そういうことになりますねぇ」

竜華「よっしゃ、今日帰りに買うてくわ! 皆おおきにな!」



浩子「どない思います?」

セーラ「ま、明日になれば分かるて」

泉「何やもうウチは疲れましたわ…」



49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 08:27:22.55 ID:Dw75HIiP0

――――――
―――

竜華「……」

セーラ「……」

泉「…え、えーと」

竜華「今日もダメやったやん! 昨日ウチ、ボディソープで5回も体洗うたで!?」

泉「ちょちょちょ、ウチを揺さぶられても!」

竜華「あかん、ウチはもうほんまにどうしたら…ぐすっ」

浩子「…もうこうなったら最終手段やな」



55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 08:57:53.02 ID:Dw75HIiP0

竜華「浩子ぉ…」

浩子「本人に直接聞きましょ。何があかんのか」

竜華「えぇっ!?」

セーラ・泉(最初からそれでええやん…)

浩子「自力で原因究明できへんかったのは悔しいけど、園城寺先輩の基準なんて分析のしようがあらへんからしゃーないわ」

竜華「ででで、でもっ! そんなん何て聞いたらええのよ!」

浩子「いやもう普通に、何で膝枕させてくれへんの、って感じでええんちゃいます?」

竜華「いやいやいや! む、無理やって!」



57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 09:08:00.17 ID:Dw75HIiP0

セーラ「何で?」

竜華「だ、だってそんなん…膝枕させてほしいみたいで…」

竜華「恥ずかしいやん…」

泉「えっ、膝枕したいんとちゃいますの?」

竜華「そやけど! それを怜に言うんは…その…」



竜華「そ、それにや! もし怜に、竜華の膝枕飽きてしもた、なんて言われたらウチ泣くで!?」

浩子「さすがにそんなん言わんと思いますけど」

竜華「分からへんやんそんなのー」

泉(わー面倒くさっ)

浩子「泉、そんな面倒くさそーな顔したらあかんて」

泉「えっ!? そそそそんなこと微塵も思ってませんよ!?」



60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 09:20:29.51 ID:Dw75HIiP0

セーラ「…よっしゃ、竜華が聞かれへんのやったら俺が聞いてきたるわ!」

竜華「えっ、ちょ待ってセーラ!」

セーラ「待たへん。このままじゃ埒が明かないし、あかんやろ」

竜華「そんなことあらへんて… こうして話し合ってればきっと原因が―――」

セーラ「だから、それがあかんの!」

セーラ「最近部活のたんびにこれやん。毎回怜だけ置いてけぼりにしとるんやで?」

竜華「!」

セーラ「今日も俺らでこっち来る時、怜少し寂しそうにしとったし」

竜華「怜…」



62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 09:27:15.18 ID:Dw75HIiP0

セーラ「竜華は俺らの大事な仲間やから、困ったら力貸したるとは言うた」

セーラ「そやけど、怜も俺らの仲間や」

セーラ「こうして仲間外れにして、いつまでもグダグダとあーでもないこーでもないてやるんはあかんやろ」

竜華「…そやな。ウチが間違っとった」

セーラ「よっしゃ!」

竜華「怜に、話してくるわ。…ありがとなセーラ」

セーラ「力になるて言うたやろ! 困ったら何でも相談しぃやー」

竜華「浩子も、泉もありがと。行ってくる!」

浩子「おお、頑張ってやー」



泉「ようやく解決ですかねー」

浩子「そやなー。しかし先輩、たまには柄にもなくええこと言うやないですか」

セーラ「るっせー!」



63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 09:34:21.60 ID:Dw75HIiP0

――――――
―――

竜華「怜!」

怜「あ、竜華…」

竜華「ちょっと話があんねん。ええ?」



怜「何や久しぶりな感じやな」

竜華「何言うてんの、毎日教室でも部室でも会うとるやん」

怜「そうなんやけど、何となくな」



64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 09:42:11.13 ID:Dw75HIiP0

竜華「……」

怜「……」

竜華(気まずい!)

竜華(…やなくて、ちゃんと聞かんと…手助けしてくれたセーラ達のためにも!)



竜華「な、なあ怜?」

怜「何?」

竜華「えと…ウチら最近、その、してないやん…?」

怜「え、何を? 麻雀? でも麻雀なら昨日も―――」

竜華「ちゃうわ! 膝枕や!!」



68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 09:48:17.07 ID:Dw75HIiP0

怜「…膝枕?」

竜華「あ、いやその…」

怜「そやなぁ、確かに最近はしてもらわんようになったな」

竜華「! な、何で…何でなん!?」

竜華「ニーソやないから? 匂いが苦手やから?」

竜華「それともまさか…その、ウチの膝枕に飽きてしもたとかなん!?」

怜「りゅ、竜華、何や怖いで…」

竜華「答えてや、怜!」



70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 09:57:05.78 ID:Dw75HIiP0

怜「えっとな…この前部室に雑誌の取材が来たやん?」

竜華「あ、ああ…ウィークリィ麻雀TODAY、やったっけ」

怜「で、この前その記事を見たんやけど…ほら、これや」


竜華「…? ウチが怜に膝枕しとんな」

怜「そやで! …ウチが膝枕されてんのが…全国に公開されてしまったんや」

怜「ああもうほんまに恥ずかしいわ…」


竜華「や、いつものことやん。部室でもやっとったし」

怜「身内に見せるんと全国紙に載るのは全然ちゃうやろ…」



73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 10:06:03.60 ID:Dw75HIiP0

怜「それ以来ウチは決めたんや。…膝枕を封印しようと」

怜「そやから、竜華に膝枕してもらうんも我慢しとるっちゅうわけ」

竜華「…ちゅうことは怜は、別にウチの膝枕が嫌いになったとかってわけでは…」

怜「ないなぁ。竜華の膝枕はずっと膝枕オブ膝枕やで」

竜華「いや、意味分からんわ。…ふふっ」

怜「? 意味分からん言うて、何で嬉しそうなん?」

竜華「なーいしょ!」



74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 10:09:35.69 ID:Dw75HIiP0

竜華「でもそれやったら…よぉし」

怜「…?」

竜華「怜!」

怜「な、何や竜華」

竜華「ちょっとついてきて!」

怜「ちょっ、りゅ、竜華!?」



77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 10:15:47.77 ID:Dw75HIiP0

――――――
―――

怜「何で保健室に来たん? 今日は調子わるないで?」

竜華「保健の先生、今日は出張らしいねん。そやからここには誰もおらん」

怜「…みたいやな」

竜華「そしたら、ほら…膝枕しても、恥ずかしないやろ」

怜「!」

怜「そやけど…」

竜華「ほら、我慢は体に良くないで。な、おいで」

怜「…そやな」



79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 10:22:02.08 ID:Dw75HIiP0

竜華「久しぶりの膝枕はどうや?」

怜「ん…相変わらず最高やで」

竜華「そか…良かった」



怜「けど竜華、何で急に膝枕の話なんてし出したん?」

竜華「へっ? いやそれは怜に膝枕したかったから…やなくて! えっと、その…」

怜「ぷっ…したかったん?」

竜華「ちゃ、ちゃうわ! 怜のアホ!」

怜「ふふっ、竜華はかわええなあほんま」

竜華「な、何言うてんのもう!」



終わり







84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 10:32:13.28 ID:spE0Soq+0

おつおつ


85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 10:32:13.31 ID:rbW7zEYU0


最近この二人多くていいな



89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 11:02:15.28 ID:zgOeFvMI0

竜怜きゃわわ
おつつつ



90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 11:05:02.76 ID:bWUMCcG/0

すばらです


96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 11:33:21.97 ID:+LlTbCi20

乙乙







ココロコネクト ヨチランダム -愛と青春の五角形(ペンタゴン)BOX- (初回生産限定版:4大初回封入特典同梱)
ココロコネクト ヨチランダム -愛と青春の五角形(ペンタゴン)BOX- (初回生産限定版:4大初回封入特典同梱)


這いよれ! ニャル子さん ねんどろいど ニャル子 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
這いよれ! ニャル子さん ねんどろいど ニャル子 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)這いよれ! ニャル子さん ねんどろいど ニャル子 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
這いよれ! ニャル子さん ねんどろいど ニャル子 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340659523/l50