1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 21:20:53.16 ID:n7oHj8BZO

杏子「いけっ!マミ!」

マミ「ティロ・フィナーレ!」

杏子「よし…やった!」

マミ「ふぅ……今のが最後の魔獣のようね」

杏子「ああ、そうみたいだね」

マミ「さて、それじゃあ帰りましょうか」

杏子「その前にゲーセン寄ってかない?」

マミ「ふふ、昨日の続きね?今日こそは負けないわよ」

杏子「あたしだって負けるつもりはないよ」

杏子「ほら、ほむらも黙ってないでゲーセン行こうぜ?」

マミ「暁美さんも上達したものね」

杏子「……なぁ、マミ」

マミ「どうしたの?」

杏子「ほむらが…いない……」

マミ「え?」



3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 21:26:29.05 ID:n7oHj8BZO

―――

さやか「ねえ、杏子」

杏子「ん?」

さやか「あたしが先にあの魔獣倒したらパフェおごってよ」

杏子「はぁ?何でそうなるんだよ?」

さやか「ほらほら!早くしないと倒しちゃうよー!」

杏子「あっ!おい!待てよさやかぁっ!」

マミ「ふふふ、相変わらずあの二人は元気ねぇ」

マミ「そのおかげで私たちの出番がなくなっちゃうわ」

マミ「ね?暁美さん?」

マミ「……暁美さん?」



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 21:30:30.90 ID:n7oHj8BZO

―――

まどか「はぁ、疲れたね」

マミ「でも前よりもずっと戦い方が上達していたわよ」

まどか「えへへ、そうかな?」

マミ「ええ、これなら打倒ワルプルギスも夢じゃないわ」

まどか「うん、その為にも頑張らなきゃね」

まどか「ねっ?ほむらちゃん!」

まどか「私たち3人で……って、あれ?」

マミ「あら?暁美さんはどうしたの?」

まどか「ほむらちゃん…?」



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 21:33:29.85 ID:n7oHj8BZO

―――

まどか「ただいま、パパ」

知久「おかえり、まどか」

まどか「ほむらちゃんは?」

知久「まだ見てないよ」

まどか「と言うことは…今日はベランダから侵入だね」

知久「近所迷惑にはならないようにね」

まどか「はーい」

まどルーム

まどか「こらっ!ほむらちゃん!」

まどか「またわたしのタンスを漁って…ってあれ?」

まどか「いない…まだ来てないのかな?」



7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 21:39:37.86 ID:n7oHj8BZO

―――

さやか「まどか、この後一緒に宿題しない?」

まどか「うん、いいよ」

さやか「よし!そんじゃ、仁美も誘って3人でやろっか」

まどか「うん……」

さやか「ん?どうしたのよ、まどか?」

まどか「えと…ほむ……」

さやか「?」

まどか「あ、いや!なんでもないよ」

さやか「そう?なら行こっか」

まどか「う、うん」



9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 21:42:18.16 ID:n7oHj8BZO

―――

ごまどか「ほむらちゃー?」

ごまどか「ほむらちゃ、どこー?」

ごまどか「ほむらちゃー?ほむらちゃー?」

ごまどか「ほむらちゃ……」ジワッ

ごまどか「きゅー…きゅー…」ウルウル



13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 21:46:02.81 ID:n7oHj8BZO

―――

ほむら「っ……」

ほむら「……ここは…一体…?」

ほむら「私は魔獣と戦っていたはずなのに……」

ほむら「……落ち着きなさい、ほむら」

ほむら「幻覚か何かかもしれないわ」

ほむら「まずは現状を整理するべきね」

ほむら「場所は……見渡す限り、魔女の結界…ね」

ほむら「でもこの世界には魔女はいないわ、ならどうして……」



18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 21:50:50.28 ID:n7oHj8BZO

ほむら「これは時計かしら…?」

ほむら「この結界…やけに時計が多いわね」

ほむら「と言うことは…仮にここが魔女の結界だとすれば」

ほむら「時間に関わる魔女の結界、になるわね」

ほむら「時間……」

ほむら「……いえ、まさかね」

ほむら「それよりも早くここから脱出する手がかりを見つけるべきだわ」

ほむら「もし魔女がいるのだとすれば倒すまでよ」



23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 21:56:36.48 ID:n7oHj8BZO

ほむら「……!」

ほむら(近くに魔力を感じる…)

ほむら(これは……魔女?)

「はぁ…はぁ…」

ほむら(呼吸…?魔女が呼吸なんてするかしら?)

ほむら(…とにかく、油断はできないわ)

ほむら(まずは隠れて様子を見るべきね)

ほむら「……」コソッ

ほむら「!?」

ほむら(え…?)

ほむら「はぁ…はぁ…」

ほむら(わ、私……?)



30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 22:02:18.77 ID:n7oHj8BZO

ほむら(負傷しているようね)

ほむら(武器は…弓……)

ほむら(それにツインテールにはしているけれど、あのリボンは…)

ほむら(間違いなくまどかのリボン……)

リボほむ(私と同じ…だわ)

リボほむ(……平行世界の私、とでも言うの?)

ツインテほむ「うっ…そこに……誰かいるの…?」

リボほむ(……さて、どうするべきなのかしらね)



34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 22:07:26.40 ID:n7oHj8BZO

ツインテほむ「……そこに隠れているのはわかってるよ」

ツインテほむ「大丈夫…私はあなたの敵になるつもりはないわ」

ツインテほむ「ただ、協力してほしいの」

ツインテほむ「だから…出てきて」

リボほむ(……本当に私なのだとしたら…)

リボほむ(でも、罠の可能性もあるわ)

リボほむ(なら……弓を…)

リボほむ「……あなたは誰かしら?」キッ

ツインテほむ「!?」



39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 22:11:20.74 ID:n7oHj8BZO

リボほむ「私に化けて何のつもりかしら?」

ツインテほむ「わ、私……?」

リボほむ「それとも魔女の幻覚とでも言うの?」

ツインテほむ「…ち、違うわ!私は魔女じゃない!」

リボほむ「……証拠は?」

ツインテほむ「…まどか」

リボほむ「……!」

ツインテほむ「まどかが全ての魔女を消し去ってくれたから…」

ツインテほむ「だから私は魔女じゃない!」

ツインテほむ「このリボンに誓うわ」



47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 22:15:53.64 ID:n7oHj8BZO

リボほむ「……本当に私のようね」

ツインテほむ「…もちろんよ」

リボほむ「はぁ…今まで色んな時間軸を見てきたけれど、もう一人の自分と会うのは初めてよ」

ツインテほむ「私もよ」

リボほむ「それで?ここはどこなの?あなたは何故怪我をしてるのかしら?」

ツインテほむ「ここがどこだかは私にもわからないわ」

ツインテほむ「気がついたらここにいたの」

リボほむ「……そう、あなたもなのね」



49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 22:20:08.62 ID:n7oHj8BZO

ツインテほむ「と言うことはあなたも同じなんだね」

リボほむ「ええ、正直わけがわからないわ」

リボほむ「その傷、魔女にやられたものなのね?」

ツインテほむ「……うん、私一人じゃ叶わなかったわ」

リボほむ「どんな魔女だったのかしら?」

ツインテほむ「私も少ししか見てないからわからないけど…」

ツインテほむ「アニメとかでよく見るような…一般的な魔女みたいだったわ」

ツインテほむ「美術の教科書に乗ってるような何時もの魔女ではなかったかな」



53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 22:23:36.35 ID:n7oHj8BZO

リボほむ「そう、外見がどうであれ魔女なのは間違いないのね?」

ツインテほむ「うん、それは間違いないと思う」

リボほむ「わかったわ、なら次は私が戦うからあなたはそこにいなさい」

ツインテほむ「ま、まって!無理よ!かなわないわ!」

リボほむ「やってみなければわからないわ」

ツインテほむ「私の攻撃が全く通じなかったんだよ?」

リボほむ「全く…?」

ツインテほむ「だから無理だよ!」



57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 22:27:24.79 ID:n7oHj8BZO

ツインテほむ「あなた一人じゃ勝てないわ」

リボほむ「……なら、二人なら勝てるのかしら?」

ツインテほむ「それは…わからないけど……」

ツインテほむ「でも、一人よりも協力した方が絶対良いよ」

リボほむ「……ねえ、あなた本当に私なのよね?」

ツインテほむ「見ればわかるでしょ?」

リボほむ「…口調や性格に違和感があるのだけれど」

ツインテほむ「え?そう…?」



61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 22:32:05.20 ID:n7oHj8BZO

リボほむ「ええ、違うわ」

ツインテほむ「……それを言うならあなただって私のような感じはしないわ」

ツインテほむ「あなたは昔の私のままの性格だもの」

リボほむ「昔の?」

ツインテほむ「でも今の私は昔の私とは違う!」

ツインテほむ「今の私はもう一人じゃないから…だから私は変われたの」

リボほむ「……そう、ならそう言うことにしておくわ」

ツインテほむ「………」

メガほむ「あ、あのぉ……」



65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 22:36:33.62 ID:n7oHj8BZO

リボほむ「!」

ツインテほむ「あっ…!」

メガほむ「あ、あの…すみません……」

メガほむ「わ、わたしっ…その!鹿目さん達とはぐれちゃって……」

メガほむ「ひ…ひとりじゃ心細くって……」

メガほむ「だ、だから…えと…わ、わたしを…あ、あなた達の……んと……」

リボほむ「……お互い、本当に性格が変わったみたいね」

ツインテほむ「う、うん」



70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 22:40:41.53 ID:n7oHj8BZO

メガほむ「あぅぅ……」

メガほむ(同じ魔法少女がいたから仲間に入れて欲しいのに……)

メガほむ(恥ずかしくてちゃんと顔を見て話せないよ……)

メガほむ(うう…鹿目さん…助けて……)

メガほむ「鹿目さん……」

リボほむ「はぁ…」

ツインテほむ「ねぇ、私」

リボほむ「大丈夫、言わなくてもわかってるわ」



75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 22:44:33.21 ID:n7oHj8BZO

リボほむ「そこのあなた」

メガほむ「は、はいっ」

リボほむ「話す時は相手の顔を見て話すべきよ」

メガほむ「う…うぅ……そ、そうです…よね」チラッ

メガほむ「えっ!?」

ツインテほむ「これで三人目だね」

リボほむ「ええ、この様子じゃ最初のころの私のようね」

メガほむ「わ、わたしに似てる?」

メガほむ「そ…そっくりさん…なんですか?」



84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 22:49:30.27 ID:n7oHj8BZO

リボほむ「いえ、そっくりさんじゃなくて本人よ」

メガほむ「えぇっ?で、でもっ……」

ツインテほむ「ほら、同じ魔法少女の姿してるでしょ?」

メガほむ「そ、そうですけど…わたしそんな性格じゃないですし……」

メガほむ「それに見た目だって…違いますし……」

リボほむ「色々あったのよ」

ツインテほむ「色々と、ね」

メガほむ「えぇ……」



91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 22:54:07.05 ID:n7oHj8BZO

リボほむ「まぁいいわ、驚くのも無理はないもの」

ツインテほむ「うん、それよりも元の世界に帰る方法を考えるべきだね」

メガほむ「あ、あの…ほんとにわたし…?なんですか?」

リボほむ「私もあなたもこの子も暁美ほむらよ」

ツインテほむ「いろんな世界があるんだから、いろんな私がいる」

ツインテほむ「と言うことにしといて?」

メガほむ「えと……」



100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 23:01:18.70 ID:n7oHj8BZO

リボほむ「それで、魔女はどんな魔法を使っていたのかしら?」

ツインテほむ「わからない…ただ、私の矢がかき消されたとしか……」

メガほむ「矢?」

リボほむ「私の矢が効かない?」

ツインテほむ「うん…届かずに消えて……」

リボほむ「……それはやっかいね」

メガほむ「あの、矢って鹿目さんと同じ矢なんですか?」

リボほむ「ええ、そうよ」

メガほむ「わたしと違うのかな?」

ツインテほむ「まぁね」



103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 23:05:36.15 ID:n7oHj8BZO

メガほむ「あ、あの…わたしは盾…なんですけど…」

リボほむ「知ってるわ」

メガほむ「??」

ツインテほむ「それよりも、何か武器は持ってないの?」

メガほむ「え?武器…ですか?」

リボほむ「ライフルとか色々持ってるでしょ?」

ツインテほむ「他にもミサイルとかバズーカとかね」

メガほむ「えっ?えっ?」

リボほむ「あら?まだ持っていないの?」

ツインテほむ「この頃の武器って何だった?」



106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 23:10:16.06 ID:n7oHj8BZO

リボほむ「盾の中に何かあるでしょ?」

ツインテほむ「ほら、出してよ」

メガほむ「え、えと……は、はい」ガサゴソ

メガほむ「こ、これです!」

リボほむ「え…」

ツインテほむ「ゴルフクラブ……」

メガほむ「と、巴さんに他の武器を考えてって宿題だされてたんですけど……」

メガほむ「その…何にも思い付かなくて……」

リボほむ「………」

ツインテほむ「何か武器を調達できれば……」

クーほむ「その必要はないわ」



109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 23:17:07.84 ID:n7oHj8BZO

リボほむ「!」

ツインテほむ「あなたは…!」

メガほむ「あわわわ……」

クーほむ「話しは聞かせて貰ったわ」

クーほむ「何故だかはわからないけれど、あなた達は別時間軸の私のようね」

クーほむ「それで、この結界を作った魔女を倒すつもりなのよね」

リボほむ「ええ、そうよ」

ツインテほむ「なら話が早いわ、一緒に倒そう?」

メガほむ「わ、わたしがいっぱい……」

クーほむ「それには及ばないわ」



113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 23:21:20.54 ID:n7oHj8BZO

ツインテほむ「えっ?」

リボほむ「……」

クーほむ「全ての魔女は私が倒す」

クーほむ「もう誰にも頼らない、そう覚悟したのよ」

メガほむ「えっ?」

クーほむ「巴マミも佐倉杏子も美樹さやかも鹿目まどかも」

クーほむ「誰にも頼らない、頼れないのよ」

メガほむ「えと…鹿目さんも巴さんも頼れるよ?」



116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 23:25:41.70 ID:n7oHj8BZO

クーほむ「そしてそれは暁美ほむら…あなた達もそうよ」

クーほむ「私は誰にも頼らない、例え自分自身だとしても」

メガほむ「あぅぅ…」

クーほむ「それにそこの二人…まどかを魔法少女にさせたのね?」

ツインテほむ「っ…」

リボほむ「それがどうかしたのかしら?」

クーほむ「呆れた…信じられないわ、まどかをみすみす魔法少女にしておきながら」

クーほむ「のうのうと生きているだなんてね」



118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 23:30:29.54 ID:n7oHj8BZO

クーほむ「そんな私なんて、私じゃないわ」

ツインテほむ「そんな言い方!」

クーほむ「私はあなた達とは違う、私は絶対にまどかを魔法少女にはさせない」

クーほむ「絶対にね」

リボほむ「……まどかは私たち魔法少女の為に魔法少女になったのよ」

クーほむ「それを阻止できなかったのであれば、あなたは暁美ほむら失格よ」

クーほむ「こんな所で無駄話をしているのもバカバカしいわね」

クーほむ「私は一秒でも早くまどかを救ってみせる」



121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 23:34:29.24 ID:n7oHj8BZO

メガほむ「ほんとに…わ、わたしなの?」

クーほむ「そこの私」

メガほむ「は、はいっ?」

クーほむ「あなたもまどかを救いたいのならそこの二人のようにはならないことね」

ツインテほむ「何を…!」

メガほむ「えっと……」

クーほむ「それじゃあ、私は行くわ」

ツインテほむ「ちょっと、ま」
クーほむ「さようなら」カチッ

シュン

ツインテほむ「ちなさい!って……」

リボほむ「……時間停止ね」



123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 23:37:56.16 ID:n7oHj8BZO

ツインテほむ「はぁ…我ながら冷めてるね」

リボほむ「仕方ないわ、私たちは私たちでやるしかないわ」

メガほむ「あ、あの…何がなんだか…?」

リボほむ「あなた、時間停止の魔法は使えるわよね?」

メガほむ「え?そうですけど…」

ツインテほむ「それなら三人で協力すればあの私よりも早く魔女を倒せるかも」

メガほむ「仲良くできないのかな…?」

リボほむ「それは…」

クーほむ「きゃぁぁぁぁぁっ?」



126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 23:42:44.40 ID:n7oHj8BZO

リボほむ「!」

ツインテほむ「悲鳴?魔女にやられたの?」

メガほむ「た、助けなきゃ!」

リボほむ「ええ、行くわよ」



クーほむ「な…何よ…こいつ……」

ほむら「はぁ…はぁ…」

リボほむ「大丈夫…!?」

ツインテほむ「怪我はしてない?…って?」

メガほむ「わわわ……」

ほむら「はぁ…はぁ…」

クーほむ「……な、何を被っているの……」



128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 23:46:16.90 ID:n7oHj8BZO

ほむら「すー…はー…すー…はー…」

リボほむ「………」

クーほむ「………」

ツインテほむ「うわぁ……」

リボほむ「え?え?え?え?」

ほむら「あら?あなた達は…私?」

ほむら「どうして私が4人も…?」

ほむら「はっ?まさか…!」

ほむら「あなた達!さては私のまどかコレクションを奪いに来たわね?」

ほむら「そんなの絶対許さないわ!」

ほむら「この私が何度も何度も時間を繰り返していろんな時間軸から集めたこの宝を!」



133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 23:49:38.46 ID:n7oHj8BZO

クーほむ「な、何を言っているの…?」

リボほむ「……こんなの私じゃない」

ツインテほむ「ショック……」

メガほむ「あ、あれ?なんで?それは被るものじゃないよ?」

ほむら「被るものに決まってるわ!そんなことも分からないの?」

メガほむ「えぇ……」

ほむら「いい?これを被ると今までの失敗なんてどうでもよくなるのよ!」



136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 23:54:23.69 ID:n7oHj8BZO

クーほむ「……変態」

リボほむ「最低ね……」

ツインテほむ「こんなの私じゃない…こんなの私じゃない…」

メガほむ「あわわわ……」

変態ほむらさん「パンツッ!被らずにはいられないっ!」

変態ほむらさん「あぁ…!思い出す!思い出すわ!まどかの顔をっ!」

変態ほむらさん「恥ずかしがって赤面したまどかを!」

変態ほむらさん「わんわん泣きくじゃったまどかを!」

変態ほむらさん「ゴミを見るような目で私を見下すまどかをっ!」



139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 23:58:55.35 ID:n7oHj8BZO

変態ほむらさん「HOMUUURRRYYYYY!!!」

変態ほむらさん「まどかぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

クーほむ「……行くわよ」

リボほむ「ええ、見なかったことにしましょう」

ツインテほむ「こんなの私じゃない…こんなの私じゃない…」

メガほむ「あぅぅぅぅ……」

クーほむ「だ、大丈夫よ…あなたは何も見ていないわ」

リボほむ「幻覚…そうよ、魔女の幻覚に決まってるわ」



145 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:04:04.89 ID:+fUfgg/XO

ほむら「ホムリリィ!」

クーほむ「まだ言ってる……」

ツインテほむ「泣きそう…あんなの絶対私じゃない…」

メガほむ「うぅぅ…みんなわたしと全然違うよ……」

リボほむ「どこで何を間違えたらああなるのかしら…?」

クーほむ「……彼女は暁美ほむらではないわ、うん、そうに決まってる」

リボほむ「…そうよね」

クーほむ「何か…あんなのを見たら、あなた達を否定したことが申し訳なく感じてきたわ」



148 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:09:31.43 ID:+fUfgg/XO

ほむら「ホムリリィ」

リボほむ「……当たり前よ、私達はは正真正銘の暁美ほむらだもの」

リボほむ「さっきの幻覚とは違うわ」

クーほむ「……ふふ、そうね」

ツインテほむ「早くここから抜け出そうよ…もうあんなの見たくないし…」

メガほむ「早く鹿目さんに会いたいな…」

クーほむ「……4人で魔女を倒して帰るわよ」

リボほむ「…ええ!」



151 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:14:20.64 ID:+fUfgg/XO

ほむら「ホムリリィ」

ほむら「ごまろかー」トテトテ

メガほむ「あれ?」

ツインテほむ「まだ言ってるよ…」

クーほむ「魔女を倒せば収まるわ、早く見つけるわよ」

リボほむ「それにしても妙ね…私達以外の魔力の反応がないわ」

ツインテほむ「あっ…たしかに」

クーほむ「さっきのと私達を含めて5つの同じ魔力反応…」

リボほむ「ええ、そしてあの2つ同じ反応があるわ」



153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:17:42.76 ID:+fUfgg/XO

ツインテほむ「なら私達の他にあと2人私がいるの?」

クーほむ「その可能性は低くないわ」

リボほむ「……まって、ならここの魔女の反応がないのは…」

メガほむ「あ、あの!みなさん!」

クーほむ「何かしら?」

メガほむ「こ、この子もわたし…なのかな?」

ツインテほむ「えぇっ?」

リボほむ「……使い魔?」

ほむらっこ「ほむー」



156 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:22:31.13 ID:+fUfgg/XO

メガほむ「らっこさんです!わたし達に似てませんか?」

クーほむ「ま、まぁ…何処と無く似てはいるけれど……」

リボほむ「……私ではないはずよ?だってらっこだし…」

ほむらっこ「ごまろかー」

ツインテほむ「ちょっと可愛いかも」

メガほむ「この子も、わたし達のようにここに迷い込んじゃったんだと思います」

リボほむ「使い魔でもなさそうだし、一応保護しておきましょう」

クーほむ「構わないわ」



158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:25:55.53 ID:+fUfgg/XO

ほむら「ホムリリィ」

メガほむ「えへへ、良かったね」

ほむらっこ「ほむ」

ツインテほむ「ねえ、私にも抱かせて?」

メガほむ「はい、いいですよ」

ほむらっこ「ほむー」

ツインテほむ「ふふっ、ふかふかしてる」

ほむらっこ「ごまろかー」

リボほむ「……ねぇ」

クーほむ「なに?」

リボほむ「私に似た動物がいるのなら、まどかに似た動物もいるんじゃないのかしら?」



162 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:30:53.97 ID:+fUfgg/XO

クーほむ「……たしかに」

リボほむ「もし本当に存在するのなら一目見てみたいわね」

クーほむ「ふふ、そうね」

変態ほむらさん「HOMUUURRRYYYYY!!!」

クーほむ「……はぁ、それにしてもあの変態は何なのよ」

リボほむ「気にしたら負けよ、あれは私達じゃないわ」

ほむら「ホムリリィ」

クーほむ「はぁ…いい加減しつこいわね」

ツインテほむ「……あれ?」

メガほむ「何か違うような…」

ツインテほむ「うん、違う」



166 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:37:32.93 ID:+fUfgg/XO

ほむら「ホムリリィ」

リボほむ「!?」

クーほむ「まさか…!」

ツインテほむ「魔力の反応は私達と同じだけど……」

メガほむ「??」

ほむらっこ「ほむー」

ほむら「ホムリリィ」

クーほむ「まさか…魔女?いつの間に…!」

ツインテほむ「でも!魔力反応は私達と同じよ?」

リボほむ「時計…時間……やっぱりそうだったのね」

リボほむ「この魔女は…私、だったもの…のようね」



169 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:41:02.66 ID:+fUfgg/XO

メガほむ「えっ?」

ホムリリィ「ホムリリィ」

ツインテほむ「私の…魔女……」

クーほむ「……でも、本当に魔女なのかしら?」

クーほむ「私が何かのコスプレをしているようにしか見えないわ」

リボほむ「たしかに普通とは違うわ…一見普通の魔法少女に見えるもの」

メガほむ「え?あ、あの…わたしの魔女って…えっ?」

ほむらっこ「ごまろかー」



172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:46:18.19 ID:+fUfgg/XO

メガほむ「あ、あのっ!この人もわたしなんですよね?」

メガほむ「服装は違いますけど…それに、魔女って……」


ツインテほむ「そっか、まだあなたは知らないのよね……」

リボほむ「何れ知る日は必ず来るから今のうちに教えておくわ」

メガほむ「え?あ、あの…」

クーほむ「……私達魔法少女が絶望に負けた時、私達は魔女に生まれ変わるのよ」

メガほむ「………え?」



173 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:49:31.09 ID:+fUfgg/XO

クーほむ「ショックだとは思うけど…事実よ」

メガほむ「…そんな……」

ホムリリィ「ホムリリィ」

リボほむ「それにしても、私が魔女になるだなんて…」

ツインテほむ「あまり実感はないよね」

リボほむ「ええ……ただ、私もあの時まどかが来てくれなかったら」

リボほむ「きっと絶望に負けていたと思うわ」

ツインテほむ「…私も、まどかのおかげよ」

クーほむ「………まどか」



174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:52:20.32 ID:+fUfgg/XO

リボほむ「……でも、どうして?魔女はまどかが消し去ってくれるはずよ?」

ツインテほむ「まどかの力が及ばないなんてことはないはずなのに…」

ホムリリィ「ホムリリィ…」

メガほむ「……あぁ」

クーほむ「絶望に負けてはダメよ、私」

メガほむ「ち、違うんです」

ほむらっこ「ほむー?」

クーほむ「違う?」

メガほむ「…あのわたし、寂しそうだなって……」



177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:56:17.89 ID:+fUfgg/XO

リボほむ「寂しそう?」

メガほむ「は、はい…なんとなく…なんですけど」

ホムリリィ「ホムリリィ…」

ツインテほむ「…何かを訴えようとしているの?」

クーほむ「……でも、魔女は魔女よ」

クーほむ「いくら私とは言え、魔女になってしまった以上倒すしかないわ」

リボほむ「………」

ツインテほむ「あっ、待って!」

クーほむ「ごめんなさい…あなたを倒すわ」カチッ



179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 00:59:55.49 ID:+fUfgg/XO

クーほむ「………」

リボほむ「」

ツインテほむ「」

メガほむ「」

ほむらっこ「ほむー」

ホムリリィ「」

クーほむ「……奇妙な光景よね」

クーほむ「私達が集まって、私を倒そうとしているだなんて」

クーほむ「いくら魔女でも、自分を倒す…と言うのはいい気分じゃないわ」

クーほむ「でも、これもまどかを救うためよ」

クーほむ「何時までもこんなところで立ち止まっていられないわ」

クーほむ「だから…私はあなたを倒す」



180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 01:03:20.41 ID:+fUfgg/XO

カチッ

ツインテほむ「攻撃したらかき消されて、そのまま跳ね返って…」

クーほむ「え?」

ホムリリィ「ホムリリィ…」

リボほむ「じゅ、銃弾が?」

クーほむ(そんな…跳ね返ってきた?)

クーほむ(時間停止は…ダメ、間に合わない?)

クーほむ(まどか……)

ほむらっこ「ごまろかー」

カチッ



182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 01:06:20.98 ID:+fUfgg/XO

クーほむ「……あっ」

リボほむ「外れた…?」

ツインテほむ「もしかして…あなたが?」

メガほむ「はぁ…はぁ…よ、よかったです…間に合って」

クーほむ「…あ、ありがとう」

メガほむ「いえ、そんな…」

リボほむ「……でも、不味いことには変わりないわ」

リボほむ「あの魔女を倒さない限り私達は元に戻れないのよ」

ツインテほむ「でも攻撃は通じないなんて…」



185 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 01:12:44.64 ID:+fUfgg/XO

ホムリリィ「ホムリリィ…」

リボほむ「あの魔女はどうして私達をここに…?」

リボほむ「悲しそう…同じ暁美ほむら……」

リボほむ「何か…何か理由があるはずよ」

ツインテほむ「どうして?まどか……」

クーほむ「………」

メガほむ「……寂しかったから、魔女になっちゃったのかな?」

リボほむ「…!」

メガほむ「だからわたし達を集めて…」



187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 01:16:29.12 ID:+fUfgg/XO

ツインテほむ「寂しさに負けて魔女になって…それに私達を巻き込んだの?」

メガほむ「わ、わかんないですけど…でも……」

リボほむ「…私達をずっとここに閉じ込めて一緒にいるとでも言うの?」

クーほむ「ふざけないで!そんなの許せるはずがないわ!」

変態ほむらさん「まどか分が…まどか分が足りない……」

ツインテほむ「…こんな時に」

変態ほむらさん「そこの私!それはまどかのリボンでしょ?渡しなさい!」



193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 01:22:02.40 ID:+fUfgg/XO

ツインテほむ「きゃっ?ちょ、ちょっと!」

変態ほむらさん「私はっ!まどか分を欲しているのっ!」グググ

ツインテほむ「は、ばかっ!離してっ!」グググ

変態ほむらさん「逆に考えなさい!あげちゃってもいいわ、と!」

ツインテほむ「わけがわからないわ!」

変態ほむらさん「こうなったら……ほむらの世界っ!ザ・ワールドっ!」

変態ほむらさん「ふふ、リボンはいただいていくわ」



196 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 01:26:19.85 ID:+fUfgg/XO

ツインテほむ「離して…って…あれ?いない?」

ツインテほむ「あっ…り、リボンがなくなってる…」

ツインテほむ「そんなぁ……」

ほむらっこ「ほむー」ナデナデ



ホムリリィ「ホムリリィ」

クーほむ「私はあなたと違ってまだ絶望に負けてなんかいないわ!」

クーほむ「絶対に私がまどかを救ってみせる…!」

リボほむ「私は…例えまどかがいなくても帰る場所が、仲間がいるの」

リボほむ「だから私も帰らなきゃいけない…帰ってみせるわ」



201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 01:31:11.00 ID:+fUfgg/XO

ホムリリィ「ホムリリィ…」

メガほむ「わ、わたしは…まだよくはわからないですけど……」

メガほむ「鹿目さんや巴さん…それに美樹さんや志筑さん」

メガほむ「その…お友達と一緒にいたいんです」

メガほむ「そしてみんなでワルプルギスをやっつけて、それで…」

メガほむ「鹿目さんともっと一緒にいたいから…だから帰りたいです」

メガほむ「みんな、待っててくれると思うから…」



205 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 01:37:03.18 ID:+fUfgg/XO

ホムリリィ「ホム…」

変態ほむらさん「ちょっと!あなたが私をまどかから引き離したのね?」

変態ほむらさん「ふざけるのも大概にしなさい!ヘドが出るわ!」

変態ほむらさん「あなたにはまどか分がなくなった時の悲しさがわからないの?」

変態ほむらさん「私からまどか分を取ったら死ぬのがわからないの?早く補給しなきゃいけないのよ!」

変態ほむらさん「それに早く帰らないとまどかが家に着いちゃうじゃない!」

変態ほむらさん「だから早く解放しなさい!」

ホムリリィ「ホ、ホムリリィ…」



208 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 01:43:14.38 ID:+fUfgg/XO

変態ほむらさん「全く、リボンがあったから九死に一生を得たからいいものを…あら?」

ツインテほむ「………」ゴゴゴゴ

変態ほむらさん「なっ…いつの間に?」

ツインテほむ「スプレットアロー」

変態ほむらさん「HOMUUURRRYYYYY……」

ツインテほむ「………はぁ、これで変態は眠ってくれたわね?」

ホムリリィ「ホ、ホムリリィ…」



209 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 01:45:40.86 ID:+fUfgg/XO

ツインテほむ「……みんなに帰る場所があるように、私にも帰る場所があるわ」

ツインテほむ「そこにはまどかはいないのかもしれない」

ツインテほむ「でも、マミさんが、杏子が、さやかがいてくれるの」

ツインテほむ「私はもう一人じゃない」

ツインテほむ「だから、私もここであなたと過ごすわけにはいかないわ」

ホムリリィ「………」



212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 01:49:58.44 ID:+fUfgg/XO

ほむらっこ「ごまろかー」

ホムリリィ「……ホムリリィ」

リボほむ「あなたがどうして魔女になってしまったのかはわからないわ」

リボほむ「でも、私達が魔女にならなかったのは事実よ」

リボほむ「私のようにまどかと離れ離れになった私も入れば」

リボほむ「今もまどかを救うために戦っている私もいる」

リボほむ「でもどんな形であれ、私達には帰る場所があるの」

リボほむ「私達を待っていてくれる仲間が、救うべき仲間がいるんだものね」



217 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 01:56:33.11 ID:+fUfgg/XO

リボほむ「だから…私達はあなたと同じではないの」

リボほむ「もし、あなたが孤独に負けて絶望してしまったのなら」

リボほむ「これだけは忘れないでいてほしいわ」

リボほむ「私達は一人じゃない…仲間が居てくれたと言うことをね」

ツインテほむ「きっと、あなたは最後まで一人で居続けたんだね」

メガほむ「鹿目さん達は私たちのお友達です」

クーほむ「………まどか」

ホムリリィ「………」

「もういいんだよ、ほむらちゃん」



219 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:01:05.07 ID:+fUfgg/XO

ホムリリィ「ホムッ?」

リボほむ「!?」

ツインテほむ「えっ?」

メガほむ「鹿目さん?」

クーほむ「まどか…?」

ほむらっこ「まろかー!」

まどか「ごめんね、ほむらちゃん」

まどか「でも、これでわかったよね?ほむらちゃんは一人じゃなかったんだって」

ホムリリィ「ホムリリィ……」

まどか「いろんなほむらちゃんがいるけど、みんなには帰る場所があるの」



221 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:05:25.24 ID:+fUfgg/XO

まどか「そのことをわかってほしかったんだ……」

ホムリリィ「………」

リボほむ「まどか…」

ツインテほむ「まどかっ!」

まどか「えへへ、久しぶりだね。ほむらちゃん!」

まどか「二人とも私のリボン使ってくれてるだね!」

リボほむ「当たり前よ…これは私の宝物なのよ…!」

ツインテほむ「まどか…まどかぁ…!」

リボほむ「まどかぁっ!」

まどか「な、泣かないで?大丈夫だよ?」



222 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:08:06.72 ID:+fUfgg/XO

まどか「私は見えなくっても、いっつもほむらちゃんの側にいたんだよ?」

リボほむ「わかってる!わたかってるけど…」

ツインテほむ「寂しかったよ…まどかぁ…」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむらっこ「ほむー」

クーほむ「……そうよね、二人はまどかと離れ離れになっていたのよね」

メガほむ「か、鹿目さん…神様みたいです」

ホムリリィ「………」



224 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:11:20.38 ID:+fUfgg/XO

クーほむ「まどか」

まどか「あっ、ほむらちゃん…ごめんね?今もほむらちゃんは私の為に戦ってくれてるんだよね?」

クーほむ「あなたが謝ることではないわ…これは私が決めたことだもの」

まどか「そっか…ありがとう、ほむらちゃん」

クーほむ「礼には及ばないわ、ただひとつ聞かせて?」

まどか「うん、いいよ」

クーほむ「あなたは今のあなたになって後悔はしていないの?」

まどか「後悔はしていないよ」



227 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:16:55.69 ID:+fUfgg/XO

クーほむ「そう…やっぱりあなたは優しすぎるわ」

まどか「ただ…」

クーほむ「ただ?」

まどか「久しぶりにほむらちゃんと話せて凄く嬉しいよ」

クーほむ「……そう、ならあなたと約束するわ」

クーほむ「私は何があっても必ず、あなたを救ってみせる」

クーほむ「そこの二人の私がたどり着いた未来が間違いだったとはもう言わないわ」

クーほむ「でも、私は私の未来をつくってみせる」

クーほむ「何があっても挫けないわ」



230 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:22:19.80 ID:+fUfgg/XO

まどか「…うん!」

メガほむ「あ、あの…」

まどか「ほむらちゃん…えへへ、何だか懐かしいなぁ」

メガほむ「鹿目さん…なんですよね?」

まどか「うん、まどかだよ」

メガほむ「えっと…よくはわからないけど…その、ありがとうございます!」

まどか「えっ?な、なにが?」

メガほむ「わたし、鹿目さんにありがとうって前から言いたかったの」



232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:25:36.97 ID:+fUfgg/XO

まどか「ほむらちゃん……」

メガほむ「あの時助けてくれてありがとうって」

メガほむ「見滝原を守ってくれてありがとうって」

メガほむ「一緒に戦ってくれてありがとうって」

メガほむ「そして…そ、その……」

メガほむ「お、お友達になってくれてありがとう…って!」

まどか「えへへ。そっか、そうだったんだね」

メガほむ「きゅ、急に変なこと言っちゃってごめんなさい……」

まどか「ううん、そんなことないよ?」



234 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:28:09.44 ID:+fUfgg/XO

まどか「私、すっごく嬉しいよ。ありがとう、ほむらちゃん!」

メガほむ「えへへ…」

まどか「それを、元の世界の私にもいってくれたら嬉しいなって」

メガほむ「う、うんっ」

ほむらっこ「まろかー」

まどか「ほむらっこちゃんもありがとう」

まどか「いっつもごまどかちゃんと遊んでくれて嬉しいな」

まどか「これからも仲良くしてあげてね?」

ほむらっこ「ほむ!」



236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:31:36.85 ID:+fUfgg/XO

リボほむ「まどか…」

ツインテほむ「まどかぁ…」

まどか「…ほむらちゃん、本当にごめんね?」

まどか「ほむらちゃんだけ私のこと覚えててくれて、すっごく嬉しいの」

まどか「でもそれは…ほむらちゃんにとって辛いことなのかもしれないよね」

リボほむ「そんなことないわ!」

ツインテほむ「あなたを忘れちゃうことの方がずっと辛いに決まってる!」



238 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:35:53.44 ID:+fUfgg/XO

まどか「ほむらちゃん…ありがとう」

まどか「これからも、ずっとずっと…ほむらちゃんの側にいるからね?」

リボほむ「うん…!」

ツインテほむ「まどかぁ…!」

まどか「ほむらちゃん……」

変態ほむらさん「HOMUUURRRYYYYY!!!」

変態ほむらさん「感じるっ…感じるわっ!まどかをっ!」

変態ほむらさん「震えるわほむーっ!燃え尽きるほどほむーっ!」

変態ほむらさん「まどかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」



241 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:40:25.94 ID:+fUfgg/XO

まどか「………」

変態ほむらさん「まどかっ!見ているわ…っ!」

変態ほむらさん「私を哀れむような…悲しそうな顔で私を見てるっ!」

変態ほむらさん「それも神々しい姿で…っ!」

変態ほむらさん「神ねっ?あなたがまどかの神なのね?」

まどか「…その…ごめんね、本当にごめんなさい」

まどか「ほむらちゃんがこうなっちゃったのも全部私が悪いから……」

変態ほむらさん「謝らないで!もう後に引けないから謝らないで!」



244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:44:46.03 ID:+fUfgg/XO

まどか「せめてものお詫びじゃないけど…ほむらちゃんに私のリボンあげるね」

変態ほむらさん「やったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

変態ほむらさん「HOMUUUUUUUUUUUUUUU!!!」

まどか「あははは…」

ホムリリィ「………」

まどか「………ほむらちゃん」

リボほむ「まどか…」

ツインテほむ「どうすれば元の世界に戻れるの?」

クーほむ「あなたと離れることは寂しいけれど、私達にはするべきことがあるもの」

メガほむ「みんなに会いたいな…」



247 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:49:32.56 ID:+fUfgg/XO

ほむらっこ「ごまろかー…」

まどか「うん、そうだね…もう帰らなきゃいけないよね」

リボほむ「帰れるの?」

まどか「大丈夫、私に任せて?」

ツインテほむ「この魔女を倒すの?」

まどか「……倒す訳じゃないよ」

クーほむ「なら…消し去るのね」

まどか「……ちょっと違うかな」

メガほむ「鹿目さん……」

まどか「大丈夫だよ!後は私に任せて?ねっ?」

ほむらっこ「ごまろかぁー」

まどか「うん、帰ろうね」



250 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:56:00.33 ID:+fUfgg/XO

まどか「いろんなほむらちゃんと会えて、私も嬉しかったよ」

まどか「また会えなくなっちゃうけど、私は何時でも何処でも側にいるから」

まどか「そのことを覚えていてくれたら、それはとっても嬉しいなって」

まどか「そして、ほむらちゃんは一人じゃないってことも忘れないでいてほしいな」

まどか「みんな、みんな、帰る場所があるんだからね」

まどか「今日はそのことを思い出すきっかけにしてもらいたいな」

まどか「それじゃあ、元気でね、ほむらちゃん」



252 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 02:58:47.19 ID:+fUfgg/XO

―――

ごまどか「ほむらちゃ…ほむらちゃ…」

ごまどか「きゅー…きゅー…」

ほむらっこ「ごまろかー」

ごまろか「ほむらちゃ…?」

ほむらっこ「ごまろかー!」

ごまどか「ほむらちゃー!」

ほむらっこ「ほむほむ」

ごまどか「ほむらちゃ!ほむらちゃ!」スリスリ

ほむらっこ「ほむー」スリスリ



254 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:02:07.02 ID:+fUfgg/XO

―――

クーほむ「ここは…見滝原ね、帰ってこれたようだわ」

クーほむ「あれは夢じゃなかったのよね?」

クーほむ「…もし、夢だったとしても…私の気持ちは変わらないわ」

クーほむ「……まどかは私が守ってみせる」

クーほむ「まどか…!」

さやか「おっ、こんなところにいたんだ、転校生」

クーほむ「美樹さやか…何かようかしら?」

さやか「あたしは別に転校生にようなんてないんだけどさ」



256 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:05:00.37 ID:+fUfgg/XO

クーほむ「そう」

さやか「でも、まどかがあんたにようがあるらしいよ?」

クーほむ「え?まどかが?」

まどか「あっ…ほ、ほむらちゃん…!」

クーほむ「鹿目まどか……何かしら?」

まどか「あっ、その…あのね?今からさやかちゃんと仁美ちゃんと宿題するんだけどね?」

まどか「もしよかったら…なんだけど!あの、ほむらちゃんも一緒にどう…かな?」

まどか「な、なんて…」



259 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:08:17.01 ID:+fUfgg/XO

クーほむ「……まどか」

まどか「嫌だったらごめんね?でも、その、ほむらちゃんともっと仲良くなれたらなって…」

まどか「だ、だから…!」

さやか「ほら、まどかがこう言ってんだからさ」

さやか「やろう?宿題を一緒にさ」

クーほむ「……構わないわ」

まどか「ほ、ほんと?」

クーほむ「ええ、鹿目まどかがそこまで言うなら仕方ないわ」

まどか「えへへ…」



261 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:11:13.47 ID:+fUfgg/XO

さやか「もぉ、もっと素直に嬉しいなら嬉しいって言いなさいよね?」

クーほむ「別に嬉しくなんか…ないわ」

さやか「うそうそ!めっちゃ嬉しそうな顔したもん」

クーほむ「美樹さやか…」

さやか「あとそのフルネーム呼びやめなさいよね?一応友達なんだしさ」

クーほむ「……」

さやか「あたしもあんたのこと転校生じゃなくて、ほむらって呼ぶからさ!」



263 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:13:21.63 ID:+fUfgg/XO

クーほむ「はぁ…わかったわ……さやか」

さやか「はいはい、そんじゃ仁美んとこいこっ?まどか、ほむら!」

まどか「うんっ」

クーほむ「……ふっ」

まどか「ほむらちゃん」

クーほむ「…何かしら?」

まどか「よろしくねっ?」

クーほむ「……ええ、よろしく。まどか…!」

まどか「えへへっ!」



266 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:16:43.02 ID:+fUfgg/XO

―――

変態ほむらさん「神のかほり!まどかの神の髪のかほりがするわ!」

変態ほむらさん「なじむ!なじむわっ!私の体によくなじむっ!」

変態ほむらさん「HOMUUURRRYYYYY!!!」

まどか「あーっ!やっぱりここにいたんだね?ほむらちゃん!」

変態ほむらさん「あら?まどかが神から仕服っちに戻っているわ?」

まどか「もぉ!わたしのリボン取っちゃダメっていってるでしょ?」

まどか「って…あれ?わたしのリボンじゃないの?」



268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:20:25.67 ID:+fUfgg/XO

変態ほむらさん「これは神のリボンよ、まどか!」

まどか「えー?髪のリボン?わけわかんないよ?」

変態ほむらさん「もちろんこのまどかにも似合うはずよ、つけてみる?」

まどか「えっ?いいの?」

変態ほむらさん「ええ、私に二言はないわ」

まどか「ありがとう…わぁ、可愛いリボンだね」

変態ほむらさん「神のリボンだからね」

まどか「つけてみるね?」



271 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:25:24.52 ID:+fUfgg/XO

まどか「どうかな?似合う?」

変態ほむらさん「ええ、ばっちりよ!」

まどか「うーん…でも髪がもっと長かった方が似合ったかも」

変態ほむらさん「まどかはどの髪型でも最高に可愛いわ!いつも可愛いわ!」

まどか「えへへ」

変態ほむらさん「さて、私はまどかのほどきたてリボンのかほりを堪能するわ」

まどか「ダメッ!」

変態ほむらさん「えっ?なんで?」



273 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:28:37.88 ID:+fUfgg/XO

まどか「わたし以外のリボン使ってた罰だよ」

変態ほむらさん「そんな?あのリボンはまどかのリボンよ?」

まどか「違うよ、わたしのじゃないもん!」

まどか「それに、ほむらちゃんみたいな変態さんはわたししか受け入られないんだよ?」

変態ほむらさん「嬉しいけど…でもあれはまどかのリボンなの!」

まどか「変態さんはともかく、嘘つきは許さないよ!」

変態ほむらさん「嘘じゃないわ!本当よ!」



276 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:32:03.27 ID:+fUfgg/XO

まどか「こらっ!ほむらちゃん!」

変態ほむらさん「うぅ………今よ、好きあり!」

まどか「あっ?リボン取っちゃダメっ!」

変態ほむらさん「ほむほむっ!」

まどか「ダメダメっ!」

変態ほむらさん「ほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむ!!!」

まどか「ダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメ!!!」



知久「今日も元気だなぁ」



280 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:36:53.73 ID:+fUfgg/XO

―――

ツインテほむ「……あれ?私…」

ツインテほむ「そっか…私、帰ってきたんだ」

さやか「ほむらーっ!」

ツインテほむ「さやか…」

さやか「もぉ!どこ行ってたのよ?探したんだからね?」

さやか「急にいなくなっちゃってさ……」

さやか「てっきり、よくマミさんが言ってる円環の理ってやつに導かれたんじゃないかって」

さやか「心配…したんだから…」

ツインテほむ「……ごめんなさい」



283 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:40:00.68 ID:+fUfgg/XO

杏子「ほむらっ!」

マミ「暁美さんっ!」

ツインテほむ「杏子…マミさん…」

杏子「ったく!どっかに行くなら行くってそう言いなよ?」

杏子「マミもさやかも心配して探し回ったんだぞ?」

マミ「でも無事で良かった」

ツインテほむ「ごめんなさい…そして、ありがとう」

杏子「ほんと、次からは気を付けなよ?」

ツインテほむ「うん、約束するわ」



285 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:43:07.68 ID:+fUfgg/XO

さやか「でも、心配してる杏子はちょっと可愛かったね」

杏子「は、はぁ?何言ってんのさ?」

さやか「せっかく友達になれたのに……なんて言っちゃってさ」

杏子「ばっ!さやかぁー!」

さやか「えへへー、悔しかったら捕まえてみなよ」

杏子「バカにするんじゃねぇー!」

マミ「うふふ、相変わらずね」

ツインテほむ「ふふ、そうですね」



287 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:46:10.42 ID:+fUfgg/XO

さやか「おーい、ほむらー!」

ツインテほむ「なに?」

さやか「みんなに心配かけたから、お詫びにパフェ奢ってよ」

ツインテほむ「えぇ?なんでそうなるの?」

さやか「杏子、ほむらが奢ってくれるってさ!」

杏子「ほんとに?やった!」

ツインテほむ「ちょっと、さやか!杏子!」

マミ「あらあら、私は何パフェをごちそうになろうかしら?」

マミ「贅沢にスペシャルいっちゃおうかしらね」

ツインテほむ「そんなマミさんまで?」



289 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:49:47.85 ID:+fUfgg/XO

マミ「なんてね、冗談よ」

ツインテほむ「もお」

マミ「でもちょっとお腹好いちゃったし、食べに行きましょう?パフェをね」

ツインテほむ「…うん、そうですね」

杏子「あっ、そうだ!魔獣は先にあたしが倒したから、さやかがパフェ奢りなよ?」

さやか「げっ…覚えてたの」

杏子「あったりまえじゃん?」

さやか「むぅー!ほむら!あたしと二人でパフェ奢りね!」

ツインテほむ「だから何でそうなるのよ?」

マミ「うふふっ」



291 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:52:59.84 ID:+fUfgg/XO

―――

リボほむ「……まどか」

リボほむ「そして、私たち……」

リボほむ「……いろんな私がいたわね」

リボほむ「でも、私は私よ」

リボほむ「私はまどかが守りたかったこの世界を守る」

リボほむ「仲間と共に……」

マミ「暁美さん!」

リボほむ「マミ」

マミ「はぁ…はぁ…良かった…ここにいたのね?」

リボほむ「ごめんなさい、手間をかけてしまったわね」



293 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 03:56:50.90 ID:+fUfgg/XO

マミ「ううん、いいのよ…暁美さんが無事だったのならそれで」

リボほむ「マミ…ありがとう」

マミ「礼なら私じゃなくて佐倉さんに言って?」

マミ「彼女の方が私よりも必死にあなたを探していたと思うわ」

リボほむ「杏子……」

マミ「……佐倉さんは美樹さんの時と同じになったんじゃないかって不安でしかたなかったみたいだから」

マミ「携帯もテレパシーも通じなかったし……」



295 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:00:21.64 ID:+fUfgg/XO

リボほむ「…そうだったのね」

マミ「理由は聞かないけど、何か訳があったのよね?」

リボほむ「……ええ」

マミ「なら、次からは一言で良いから私たちに教えてね?」

マミ「私たち友達でしょ?いつでも相談に乗るわ」

リボほむ「ありがとう」

マミ「ふふ、それじゃあ佐倉さんに伝えなきゃね」

リボほむ「いえ、その必要はないわ」

杏子「ほむらぁーっ!」



297 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:04:34.94 ID:+fUfgg/XO

杏子「ばかやろうっ!何処に行ってたんだ?」

杏子「心配しちまったじゃんか……」

リボほむ「ごめんね?杏子…」

杏子「…ま、無事だったんならそれで良いよ」

杏子「でも走り回ったからちょっと腹減ったかな」

リボほむ「ふふ、それなら今から何か食べに行きましょうか」

リボほむ「杏子の分は私が受け持つわ」

杏子「ほんとか?やった!」

マミ「えっ?私は?」

リボほむ「自腹ね」

マミ「えぇ?なんで?」



299 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:08:52.45 ID:+fUfgg/XO

リボほむ「ふふっ、嘘よ。マミの分も私がだすわ」

マミ「あら?本当?それならスペシャルパフェ食べちゃおうかしら?」

杏子「あたしも!」

リボほむ「……はぁ、今日だけよ?」

マミ「やったぁ!」

杏子「やったぜ!」

リボほむ「……ふふっ」

マミ「暁美さん、早く行きましょう?」

杏子「善は急げ!ってやつだね」

リボほむ「ふふ、そうね」



303 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:13:28.04 ID:+fUfgg/XO

―――

まどか「ほむらちゃん……」

ホムリリィ「ホムリリィ…」

まどか「今まで頑張ってくれてありがとう」

まどか「だから、もう…いいんだよ?」

まどか「あなたのすべてを私が受け止めてあげる」

ホムリリィ「まど…か……」

ほむら「まどかぁ……」

まどか「今まで一人で辛かったよね?でももう大丈夫だよ」

まどか「待たせちゃってごめんね、ほむらちゃん」

まどか「これからずっと一緒だよ」

ほむら「まどか…」

まどか「それじゃあ、行こっか」

ほむら「うん…」

おわり



304 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:14:51.46 ID:+fUfgg/XO

メガほむ「あれ?わたしは…?」


305 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:18:16.76 ID:+fUfgg/XQ

メガほむ「わたしだけどうして…?」

メガほむ「もしかして…わたしだけ足手まといだったからなのかな…?」

メガほむ「うぅ…嫌だよ…そんなの……」

メガほむ「わたしも鹿目さんや巴さんのところに帰りたいよ…」

メガほむ「鹿目さん……」



306 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:23:50.46 ID:+fUfgg/XQ

メガほむ「うーん……」

まどか「ほむらちゃん…」

マミ「暁美さんの具合はどう?」

まどか「まだ…魘されてるみたいなんですけど…」

マミ「やっぱり病院に連れていくべきかしら?」

マミ「道端で倒れてたから…慌てて私の部屋に連れてきたんだけど…暁美さんは退院したばかりらしいし……」

マミ「大丈夫…かしら?」

まどか「……ほむらちゃん」ギュッ

メガほむ「ん…」



307 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:26:40.74 ID:+fUfgg/XQ

まどか「あっ…!」

メガほむ「かな…め…さん…?」

まどか「う、うん!そうだよ!まどかだよっ!」

マミ「良かった…!目を覚ましたのね?」

メガほむ「巴さん…あれ?わたし…どうしてここに…?」

メガほむ「……思い出せないよ」

まどか「大丈夫だよ、ほむらちゃん」

マミ「きっと悪い夢を見ていたのよ」

メガほむ「そうなのかな…?」



308 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:29:43.20 ID:+fUfgg/XQ

マミ「そ、そうだわ!お粥作ってくるわね」

まどか「はい、お願いします」

メガほむ「………」

まどか「ほむらちゃん?怖い夢を見ちゃったのかな?」

メガほむ「ううん…怖くはなかったけど…悲しい夢…だったような……」

まどか「そっか…でも大丈夫だからね?私が側についてるから」

メガほむ「うん、ありがとうございます…鹿目さん」



310 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:33:08.97 ID:+fUfgg/XQ

メガほむ「あっ…そうだ!」

まどか「どうかしたの?」

メガほむ「鹿目さん」

まどか「ん?」

メガほむ「ありがとうございます…!」

まどか「えっ?えっと…急にどうしたの?」

メガほむ「あっ、その…前から鹿目さんにお礼がしたくって」

まどか「えー?私ほむらちゃんにお礼されるようなことしたかな?」



312 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:36:31.17 ID:+fUfgg/XQ

メガほむ「そ、その…わたしのお友達になってくれて…ありがとうございます…」

まどか「ほむらちゃん…」

メガほむ「その…鹿目さんとお友達になれて、わたし…本当に嬉しいんです」

まどか「えへへ、それなら私もだよ!」

まどか「私もほむらちゃんとお友達になれて本当に嬉しいんだよ?」

まどか「これからもずっとずっと仲良くしてね?」

メガほむ「う、うんっ!」



313 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:39:14.65 ID:+fUfgg/XQ

マミ「お粥…私が一人で食べようかしら?」

メガほむ「あっ…」

まどか「ま、マミさん?」

マミ「いいもん、どうせ私は除け者ですよーだ」

メガほむ「そ、そんなことないです!」

まどか「そうだよ!マミさんも大切なお友達だよ?」

マミ「……ほんと?」

メガほむ「は、はいっ」

マミ「……嘘じゃない?」

まどか「本当だよ?」



314 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:41:28.71 ID:+fUfgg/XQ

マミ「それなら約束してくれる?」

メガほむ「約束…ですか?」

マミ「そう、約束。これからも私たちはずっとお友達って約束よ!」

まどか「えへへ、それならもちろんですよ、マミさん!」

まどか「そうだよね?ほむらちゃん!」

メガほむ「は、はい!ずっとお友達です!」

マミ「…うふふっ!そっか、ありがとう」



319 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:49:36.39 ID:+fUfgg/XQ

マミ「ふふ、これからもずっと三人で見滝原の平和を守るわよ!」

まどか「もちろんですっ!」

メガほむ「はいっ」

マミ「ワルプルギスの夜にだって負けるもんですか!」

まどか「負けるもんかっ!」

メガほむ「絶対に勝ちましょうね」

マミ「私たちは一人じゃないわ、三人で一つよ」

まどか「えへへ、そうだね」

マミ「だから鹿目さん、暁美さん。これからもよろしくね?」

まどか「はーい!」

メガほむ「は、はい!よろしくお願いします!」

マミ「うふふっ」

まどか「えへへ」

メガほむ「……えへっ」

おわり






321 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 04:54:17.96 ID:qOM7MI+70

ほむらちゃんかわいい!


337 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 08:12:51.58 ID:tTZajsK30

乙乙乙








ねんどろいど 暁美ほむら 制服Ver.
ねんどろいど 暁美ほむら 制服Ver.


劇場版『魔法少女まどか☆マギカ』Noritakeコラボマグカップ MM_mug3
劇場版『魔法少女まどか☆マギカ』Noritakeコラボマグカップ MM_mug3


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354537253/l50