1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 19:33:41 ID:O7Ab2WCL0

恒一「なるほどなるほど…女子の好感度が数値で出るのか。とりあえずスイッチオン」ポチ

怜子:9/10
赤沢:7/10
見崎:5/10
綾野:4/10
桜木:4/10
その他:1/10

恒一「この高感度は日常の様々な行動によって上下します…か。とりあえず>>5さんにでも会いにいってみよう」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 19:35:22 ID:eqoZ4X+N0

>>4


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 19:34:58 ID:1KUP+8v+0

小椋



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 19:38:55 ID:O7Ab2WCL0

恒一「小椋さーん。ちょっといい?」

小椋「何か用?」

恒一「>>10



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 19:57:54 ID:YCxNAmBZ0

別に?



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 20:16:55 ID:O7Ab2WCL0

恒一「別に?呼んでみただけ」

小椋「は?」

恒一「じゃあまたね」

小椋「…なによ、意味わかんない」


恒一「さて、小椋さんの好感度は…」

小椋:0/10

恒一「…下がってるな。当然か」

恒一「よし。次は>>17さんで試してみよう」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 20:21:54 ID:vH2pBsEl0

おぐおぐ



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 20:27:00 ID:O7Ab2WCL0

恒一「よし、もう一回小椋さんだ」


恒一「小椋さん、ちょっと」

小椋「…なに」ジロッ

恒一「さっきはごめんね。ちょっと事情があってさ」

小椋「ふーん…で、今回はなによ」

恒一「>>21



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 20:31:28 ID:+szKiU5p0

今日はどんなパンツ穿いてるの?(ニヤニヤ



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 20:35:24 ID:O7Ab2WCL0

恒一「今日はどんなパンツ履いてるの?」ニヤニヤ

小椋「…」

恒一「今日のパンツは何色な――」

パッチーン

小椋「最ッッッッ低!」

恒一「あ、ちょ、待って小椋さん!せめて柄だけでも!」

小椋「死ね!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 20:40:12 ID:O7Ab2WCL0

恒一「いてて…本気で怒らせちゃったなぁ。好感度はっと」ポチ

小椋:-5/10
綾野:3/10

恒一「うわぁ…ついでに綾野さんのも下がってるし」

恒一「やっぱり相手に好かれる様な行動をとらなきゃダメって事か。よし>>29さんいこう」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 20:41:44 ID:c3Hz3nkm0

小椋


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 20:42:52 ID:Z4W39YQU0

謎の小椋推し



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 20:49:50 ID:O7Ab2WCL0

恒一「お、小椋さーん?」

小椋「…」スタスタ

恒一「小椋さん、ちょっといいかな?」

小椋「…チッ。なによ」

恒一「さっきはごめんね。僕どうかしてたよ。いきなりあんな事言って」

恒一「実は僕>>37なんだ」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 20:53:05 ID:+szKiU5p0

ドM



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:01:08 ID:O7Ab2WCL0

恒一「実は僕ドMなんだ。だから小椋さんを怒らせて、お仕置きしてもらおうと思って…」

小椋「なにそれきもい」

恒一「(きも…まぁいいや)本当にごめんね。それだけだから。じゃ」スタスタ

小椋(榊原君Mだったのか。兄貴と同じ…)

小椋(でも何でアタシなのよ。Sっぽいのなら杉浦とかがいるのに)

小椋(…アタシにお仕置きされたかったとか?)

小椋(いやいやいや、何考えてんだアタシ)ブンブン


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:03:04 ID:O7Ab2WCL0

恒一「さーて、好感度はっと」

小椋:1/10

恒一「お、回復してる。上下激しいな小椋さん」

恒一「あれ、>>43さんだ。おーい」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:03:33 ID:8umdtLNH0

小椋



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:13:43 ID:O7Ab2WCL0

小椋「あ…」ササッ

恒一「な、何で離れるの」

小椋「だって何してくるかわかんないじゃん」

恒一「何もしないよ…」

小椋「信じらんない。こっちくんな変態」

恒一(うーん。これじゃ何も出来ないぞ)

恒一(逆転の一手だ。>>50って言ってみよう)



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:19:12 ID:+szKiU5p0

(胸をジッと見つめながら)小椋さん可愛いね



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:28:23 ID:O7Ab2WCL0

恒一「小椋さん(の胸のサイズ)可愛いね」ジー

小椋「は?何よいきなり」

恒一「小動物みたいな(胸)で可愛いよ」ジー

小椋「小動物って馬鹿にしてんのか!好きでちっちゃいわけじゃねーよ!」

恒一「ごめんごめん。でも小さい方が(可愛い下着が見れて)僕は好きだよ」

小椋「あんたに好かれても嬉しくないし!」

恒一「嬉しくなるように頑張るよ」ニコッ

小椋「もう!ばか!」ダダダッ

恒一「あ…いっちゃった」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:30:21 ID:O7Ab2WCL0

恒一「さて…手ごたえはあったけど」ポチ

小椋:3/10

恒一「よし!」グッ

恒一「段々楽しくなってきたな。次は>>57さんだ」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:32:07 ID:+szKiU5p0

赤沢



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:36:47 ID:O7Ab2WCL0

恒一「赤沢さん、ちょっといい?」

赤沢「あら。珍しいわね恒一君から声掛けてくれるなんて」

恒一「そうだっけ」

赤沢「いつも私からじゃない。嫌われてるんじゃないかって不安だったのよ?」

恒一「そ、そんな事ないよ」

赤沢「ふふ、冗談よ。それで何?」

恒一「>>65



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:42:15 ID:+szKiU5p0

一緒にお弁当食べない?



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:45:41 ID:O7Ab2WCL0

恒一「一緒にお弁当食べない?」

赤沢「!!!!!」ガタッ

恒一「あ、赤沢さん?」

赤沢「さぁ行きましょう恒一君!教室?屋上がいいわよね!さぁ行きましょう!」グイグイ

恒一「ま、まだお弁当取って来てないから」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:51:32 ID:O7Ab2WCL0

屋上

赤沢(テンション上がり過ぎて必死になっちゃったわ…///)

恒一「赤沢さんお腹空いてたの?」

赤沢「そういう訳じゃないわよ。その…もういいじゃない。お弁当食べましょ」

恒一「そうだね。赤沢さんのはお母さんの手作り?」

赤沢「ええ。恒一君は…おばあ様の手作り?」

恒一「だいたいね。でも今日は僕が作ったんだ」

赤沢「!!!!!!?????」ガタッ

恒一「あ、赤沢さん?」

赤沢「え、あ…な、何でも無いわ(恒一君の手作り恒一君の手作り)」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:55:31 ID:xCza4tjG0

あかざーさんかわいい



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 21:58:10 ID:O7Ab2WCL0

赤沢「三神先生は作ったりしてくださらないの?(恒一君特製恒一君特製…)」ジー

恒一「怜子さんは忙しいし…多分包丁とか握った事ない人だから」

赤沢「ふぅん…(恒一君が握ったおにぎり。恒一君の味付けした唐揚げ。恒一君の出汁巻き卵)」ジー

恒一「…よかったら摘む?」

赤沢「いいの?」

恒一「う、うん。ずっと見てるし」

赤沢「じゃ、じゃあ卵焼き頂くわ」パクッ

恒一「どうかな」

赤沢「…うん、美味しいわよ(これしばらく口の中に入れておこう)」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:03:07 ID:O7Ab2WCL0

赤沢「よかったら恒一君も一ついかが?」モグモグ

恒一「いいの?じゃあ僕も卵焼き貰うね」パクッ

赤沢「どうかしら」

恒一「うん、甘くておいしいね」

赤沢「ふふ、良かったわ。我が家の味が気に入って貰えたみたいで(これで婿入り条件は一つクリアーされたわね)」


恒一「また誘っても良い?」

赤沢「ええ。いつでも誘ってね」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:05:33 ID:O7Ab2WCL0

恒一「さて、赤沢さんの好感度は…」ポチ

赤沢:8/10

恒一「よしよし。上手く行ったな」

恒一「さて、次は…>>85さんかな」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:06:40 ID:WWEw2Vtqi

意外と上がらなかったな
チョロインだから30位まで上がると思ったんだが
安価ならめいちゃん



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:12:34 ID:O7Ab2WCL0

恒一「見崎、ちょっといい?」

鳴「ちょうど良かった。私も榊原君に用があったの」

恒一「僕に?何かな」

鳴「昨日お昼一緒に食べるって言って言ってたのにどこ行ってたの?私、探してたんだけど」ムスッ

恒一(しまった…!)

恒一(どうする…誤魔化すか?いや、見崎鋭いしな…>>91だ!)



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:15:02 ID:r9V+hYA0i

持病再発のふり



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:21:06 ID:O7Ab2WCL0

恒一「実は――うっ!」ビクン

鳴「!?」

恒一「む、胸が…」

鳴「榊原君?」

恒一「持病の癪が…苦しい…」ハァハァ

鳴「…先生呼んで来るから待ってて。動いちゃ駄目だよ」

恒一「見崎…ごめん。明日は、必ず一緒に…」ハァハァ

鳴「もう…。すぐに戻るから」タタタッ

恒一(やったぜ。)



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:22:36 ID:SiO3Kh660

クズ過ぎワロタ



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:23:52 ID:O7Ab2WCL0

保健室

恒一「流石の見崎も驚いてたな…。何とかなったし、保健室で休んでていいし上手く行ったね」

恒一「好感度変化は無しか…。まぁ今回は仕方ないね」

>>100「失礼します」ガラッ



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:25:03 ID:+szKiU5p0

赤沢



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:32:18 ID:O7Ab2WCL0

恒一「赤沢さん?どうしたの?」

赤沢「お見舞いに来たのよ。持病再発だなんて…大丈夫?」

恒一「うん。少し休んだら楽になったよ」

赤沢「もう…心配したのよ?」

恒一「ごめんね。椅子座りなよ」

赤沢「ええ。お邪魔するわ(ベットの端に座ろうとしたのに…)」

恒一(さて、好感度上げるチャンスだけど…>>106の話題でも振ってみるか)



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:35:58 ID:+szKiU5p0

赤沢さんの髪



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:42:53 ID:O7Ab2WCL0

恒一「赤沢さんの髪って染めてるの?」

赤沢「地毛だけど…それがどうかしたの?」

恒一「いや、初めて見た時から綺麗だなーって思ってたから気になってさ」

赤沢「!!!!!!!!」ガタッ

恒一「良い匂いもするしね」

赤沢「!!!!!!!///」バンバン

恒一「二つに纏めてるのも可愛いよね」

赤沢「!!!!!!!!!!!」ヒャホオオオオオオオオ


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:47:40 ID:O7Ab2WCL0

恒一「何か走って出ていっちゃった…」ポチッ

赤沢:9/10

恒一「怜子さんと同値か。あれと同値か…怖いな」

恒一「さて、どうしようかな」

>>115「失礼します」ガラッ



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:50:14 ID:rmjXmSm70




116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:56:10 ID:O7Ab2WCL0

恒一「見崎!?」

鳴「大丈夫…そうね。よかった」

恒一「う、うん。もう平気だよ。見崎がいてくれたおかげだ」

鳴「気を付けなきゃダメだよ?私も流石に驚いたし」

恒一「ごめんね心配かけて」

鳴「…ま、その分明日は期待してるよ?さ・か・き・ば・ら・君」

恒一「あはは…」

恒一(よし良い雰囲気だ!好感度上げるチャンス!)

恒一「>>120



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:58:36 ID:rmjXmSm70

ksk


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 22:59:27 ID:YCxNAmBZ0

腹減ったね



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 23:09:35 ID:O7Ab2WCL0

恒一「そう言えば見崎はお昼どうしたの?ちゃんと食べた?」

鳴「榊原君探してたから食べてないよ。でも一回抜いただけだし平気」グー

恒一「…平気?」

鳴「…少し、お腹空いたかも」

恒一「僕クッキー持ってるよ。食べる?」

鳴「ん」コクリ


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 23:17:17 ID:O7Ab2WCL0

恒一「はい、あーん」

鳴「ん」パクッ

恒一「見崎、心配かけてごめんね」

鳴「もういいよ。ちゃんと謝ってくれたし」モグモグ

恒一「明日は楽しみにしててね」

鳴「うん。じゃあ私教室戻るね」

恒一「僕ももう少ししたら戻るよ」

鳴「あ、そうだ榊原君」

恒一「ん?」

鳴「次 は 嘘 つ い ち ゃ だ め だ よ ?」

恒一「」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 23:21:43 ID:O7Ab2WCL0

恒一「大丈夫だよな、うん、大丈夫だよね」ダラダラ

恒一「好感度は…」

見崎:5/10

恒一「嘘はばれたけどクッキー渡したからセーフ…なのかな」

恒一「そろそろ戻るか。ついでに次の人も考えておこう。>>137さんがいいかな」



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 23:23:13 ID:5SlwSO7u0

おぐおぐ


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 23:26:47 ID:WQA0RTDx0

お前ら小椋好きやな



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 23:29:18 ID:O7Ab2WCL0

恒一「ふぅ…」

小椋「ちょっと、倒れたって聞いたけど」

恒一「うん。ちょっと持病の癪がね」

小椋「ドMでも病気には勝てないのね」クスッ

赤沢「!!!!!!!!!」ガタッ

恒一「どうせ倒れるなら小椋さんに押し倒されたかったかな」

小椋「ばーか」

恒一(おお、意外といけそうだぞ。ここは大胆に…)

恒一「>>145



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 23:31:31 ID:r9V+hYA0i

なでなで



148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 23:37:10 ID:O7Ab2WCL0

恒一「小椋さんどうやったら僕を攻めてくれるんだろうなぁ」ナデナデ

小椋「ちょっ!?なにすんだよ!」バシッ

恒一「小椋さんもっと!」ナデナデ

小椋「み、皆見てんじゃん!止めろ馬鹿!」バシッ

恒一「小椋さんいいよ!」ナデナデナデナデ

小椋「くっ…///見せ物じゃねーぞ!むこう向いてろ!」


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 23:40:57 ID:O7Ab2WCL0

恒一「小椋さんこうされるの嫌いなの?」ナデナデ

小椋「嫌いとかじゃないけど…あぁもう!」

小椋(そういえば…昔はよく兄貴にされたな。今は顔も見せないけどさ)

小椋(…兄貴の手と同じぐらいかな、これ)

小椋「…もう好きにしろばか」ムスッ

恒一「うん。小椋さんの気が済むまでね」ナデナデ


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 23:49:06 ID:O7Ab2WCL0

恒一「おぐおぐー」ポチ

小椋:5/10
多々良:2/10

恒一「見崎と並んだか。というか多々良さん上がってる…まさかな」

恒一「んー…>>161さんにでも声掛けてみるか」



161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 23:50:32 ID:zluMrc5J0

怜子さん



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 23:56:59 ID:O7Ab2WCL0

恒一「怜子さ――三神先生、ちょっといいですか?」

怜子「あら、もう体はいいの?」

恒一「はい。見崎が職員室に行った時凄く興奮…心配してたって言ってましたから。一応声かけとこうかと思っ――」

怜子「大丈夫なの?本当に?早退した方がいいんじゃないかしら。私が車で送るわ。ね?そうしましょう」

恒一「い、いえ、大丈夫です。大丈夫ですから」アセアセ

怜子「…そう。無理しちゃ駄目よ?」

恒一「はい」

恒一(大暴れしてたって聞いたけど意外と冷静だな。>>170って言ったらどうなるんだろ)



170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23 23:59:35 ID:SiO3Kh660

僕好きな人が出来ました



174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 00:06:48 ID:pGsCbFf20

恒一「実は僕、三神先生に相談があるんですけど…」

怜子「あら、何かしら」

恒一「その、好きな人が出来たんです」

怜子「私もよ」

恒一「でも僕こんな気持ちになったの初めてで…どうしたらいいんでしょうか」

怜子「結婚…はまだ出来ないわよね。どうしようかしら」

恒一「僕は思い切って告白してみようと思うんです」

怜子「そうね。いずれそうなるのならお父さん達にも話しておかないとね。大丈夫。何か言われてもボケてるから何とかなるわ」



176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 00:08:36 ID:5BQhAC7l0

こわい



180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 00:16:47 ID:pGsCbFf20

恒一「怜子さんはこういう事ありましたか?」

怜子「私も初めてよ。二人で乗り切りましょう。乗り切った頃には三人になってるかもしれないけど…ふふ」

恒一「怜子さん…僕頑張ります!」

怜子「ええ!私達の輝かしい未来の為にね!」


恒一「やっぱり会話噛みあわない…」

恒一「好感度は」ポチ

怜子:10/10

恒一「カンストしちゃったよ…」


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 00:19:46 ID:pGsCbFf20

恒一「これ次に選んだらどんなイベント起こるんだろ…考えないでおこう」

恒一「さて、気を取り直して>>189さんいこう」



189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 00:20:43 ID:d2ysS1g20

赤沢



196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 00:29:17 ID:pGsCbFf20

恒一「赤沢さん、さっきはお見舞い来てくれてありがとう」

赤沢「ふ、ふん!別にいいわよ!本当に病弱ね!」フンッ

恒一「え、あ…ご、ごめん」

赤沢「もう!恒一君は本当に駄目ね!」

恒一(どうしたんだ…赤沢さんの様子がおかしいぞ…)

恒一「赤沢さんどうしたの?変だよ?」

赤沢「…こ、恒一君ってこういうのが好きなんでしょ?」モジモジ

恒一「>>205



205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 00:32:06 ID:d2ysS1g20

僕はありのままの赤沢さんが大好きだよ(イケメンスマイル)


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 00:32:58 ID:zeD0NYaE0

カンスト待ったなし!



211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 00:38:28 ID:pGsCbFf20

恒一「僕はありのままの赤沢さんが大好きだよ」イケメンスマイル

赤沢「!!!!!!!!!!!!」ガタッ

恒一「赤沢さんはありのままで充分可愛いよ。だから無理しなくていいんだ」

赤沢「う、うん!(大好き大好き大好き大好き大好き大好き私も大好き)」

恒一「じゃあまた何かあれば声かけるね」

赤沢「あ…」


215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 00:43:57 ID:pGsCbFf20

恒一「ちょっと恥ずかしかったな…///」ポチ

赤沢:23/10

恒一「突き抜けたよおい」

恒一「これ大丈夫なのかな…上がり続けてるし」

ピピピピピピ――ボン

恒一「あ!こ、壊れちゃった…」

恒一「…よし!」


赤沢「恒一君、どうしたの?屋上なんかに呼び出して…」

恒一「赤沢さん、聞いてほしい事があるんだ」


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 00:49:43 ID:pGsCbFf20

恒一「赤沢さん、僕、好きな人が出来たんだ」

赤沢「…」

恒一「その人はいつも一生懸命で、責任感があって、たまに空回りしたりもするけど、そういう所も凄く可愛くて…」

赤沢「…うん」

恒一「そんな所を見てたら、凄く好きになってたんだ。赤沢さん!」

赤沢「はい!」

恒一「好きだ!付き合ってください!」

赤沢「はい!」

鳴「えんだあああああああああああああああ!!!!!!!!!」

怜子「いやあああああああああああああ!!!!!!!!!」



224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 00:54:48 ID:zeD0NYaE0

怜子さんはそれ素の悲鳴じゃね?wwww



225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 00:59:19 ID:pGsCbFf20

恒一(こうやって僕と赤沢さんは付き合う事になった)

恒一(いつもは厳しい赤沢さんも僕の前では可愛い顔で笑っている)

恒一(付き合い初めは色んな人から激励されたり、何人かは怒ったり…ちなみに怜子さんは最近部屋から出てこない)


赤沢「恒一君。今日も屋上ね」コソッ

恒一「また?寒いし、教室でいいんじゃない?」

赤沢「教室だと邪魔が多いの。それに外の方がくっつけていいじゃない」

恒一「…そうだね」

赤沢「ふふ」

恒一(僕は幸せ者です)

おわり





226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 00:59:55 ID:IMymlpTc0



228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 01:00:37 ID:I6gq+jOJ0

おれのおぐおぐはどうしたの?


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 01:00:45 ID:d2ysS1g20

乙乙
赤沢さんが幸せそうで何よりです


234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 01:06:34 ID:cg8Q9UFI0



おぐおぐひたすら弄ばれただけやん


237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 01:12:15 ID:LuhuVruP0

小椋順調だったのにもったいないな







Another コンプリートBlu-ray BOX
Another コンプリートBlu-ray BOX


元スレ: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1385202821/