1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 19:35:52.98 ID:5QEQ6paq0


咲-Saki-の穏乃と憧の百合ssです。
苦手な方はご注意を・・


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413023742



2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 19:38:22.58 ID:5QEQ6paq0

憧(しずったら急に家に来て、なんのつもりだろう…?)

憧(それに、コスプレ?なんかネコミミと尻尾付けてるし…)

憧(てゆーか、ちょーカワイイんですけど!!)

穏乃「憧~?聞いてる?」

憧「ご、ごめん!てか、その超絶プリティな恰好はなに?」

穏乃「ほら、今日ハロウィンだろ?だからこうしてみんなの家を回ってるんだ!」

憧「そういえば今日ハロウィンだったわね…」

穏乃「そっそ。だから、お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞーってね!」

憧「しずはホントいつまでもお子様ねー。今お菓子持ってきてあげ――」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 19:40:18.09 ID:5QEQ6paq0


憧「!?」

穏乃「憧?」

憧「しず、今の言葉もう一回言って!!」

穏乃「へ!?」

憧「はやく!」

穏乃「…??お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ…?」

憧(やっぱり!)



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 19:41:53.35 ID:5QEQ6paq0


穏乃「憧?」

憧(やっぱりだ!これは取引なんだ!お菓子をあげるかイタズラされるかの!)

穏乃「憧~?」

憧(つまり!お菓子をあげなかったら、私はしずにイタズラしてもらえるんだ///)

憧「お菓子は…あげられないわね」

穏乃「え!?もしかして切らしてるの?」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 19:44:04.56 ID:5QEQ6paq0


憧「そうじゃないけど…とにかくダメなの!!」

穏乃「えー、あるならお菓子くれよーー」

憧「ダメ!」

穏乃「ちぇー、じゃ、しょうがないか…」

憧(ついに、しずからのイタズラが始まるんだ///)

穏乃「じゃあ、灼さんの所に行ってくるよ。また学校でね、憧」

憧「へ!?ちょ!ちょっと待ちなさいよ!」

穏乃「な、なんだよ…」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 19:46:27.19 ID:5QEQ6paq0


憧「ほら…私はお菓子あげなかったのよ!?何かすることがあるでしょ!?」

穏乃「すること…?」

憧「ほら!ほら!」wktk

穏乃「ごめん。さっぱり」

憧「どうしてとぼけるのよ!もしかしてそういうプレイ!?」

穏乃「ぷ、ぷれい…?」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 19:47:58.97 ID:5QEQ6paq0


憧「はー。しずったら自分で言ったこと忘れちゃうなんて、しょうがないわね」

憧「お菓子をくれなかった人には、どうするんだった?」

穏乃「…あ、イタズラ?」

憧「そうそれ!」

穏乃「憧は律儀だなー。そんなのホントにするわけじゃないよ」

憧「え…(絶望)」

穏乃「別に私怒ってなんかないし、気にしなくていいよ」

穏乃「じゃ、またね!」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 19:50:13.60 ID:5QEQ6paq0


憧「ちょーーっと待ちなさい!!」

穏乃「今度はなんだよー」

憧「そ、それじゃ私が納得できないの!」

穏乃「じゃあどうすんのさ…」

憧「ちゃ、ちゃんとイタズラして帰りなさいよね///」

穏乃「何言ってるんだよ。今日の憧、ちょっと変だぞ…」

憧「と、とりあえず!私の部屋に上がりなさい!」

穏乃「えー、まぁいいけど」

憧「わかればよろしい!ちょっとベッドメイクとか着替えとかしてくるから、ここで待ってて!」

穏乃(なんでベッドメイクと着替え…?)



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 19:52:08.90 ID:5QEQ6paq0

憧「おまたせ」

穏乃「憧!?なっ、なんだよその恰好は///」

憧「どう?似合ってるでしょ?」

穏乃「に、似合ってるっていうか、すけすけ…///」

憧「ほら、早く入って入って!」

穏乃「ひっぱるなよ!」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 19:54:22.93 ID:5QEQ6paq0

憧ルーム

穏乃「あ!お菓子あるじゃん!」

憧(部屋のお菓子片付けるの忘れてた!)

憧「こ、これは…ペットのエサ用だからダメなの!」

穏乃「ペットなんて飼ってたっけ?」

憧「か、飼ってるわよ!陸ガメ!!」

穏乃「そんなのいたっけなー」

憧「い、いいじゃん!それより早く、イタズラしなさいよ!」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 19:56:07.81 ID:5QEQ6paq0


穏乃「イタズラって言ってもなぁ…ていうか憧。どうしてベッドに寝てるの?」

憧「べ、別にー。しずもベッドに入ってきてイタズラすればいいんじゃないの!?」

穏乃「いや。それはいいや」

憧「…」

穏乃「あ!じゃあ、憧の本棚の本を全部裏向けにしちゃうぞー」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 19:57:53.47 ID:5QEQ6paq0


穏乃(桜TRICK、ゆるゆり、GIRL FRIEND、ささめきこと、安達としまむら…知らないのばっかだ)

穏乃「よしっ!全部裏にしてやったぞ!これでイタズラは終わりだな!」

憧「ちょっと!ちょっと待ちなさいよ!」

穏乃「なんなんだよー」

憧「えっと…」

憧(このままじゃ、しずにイタズラしてもらえない…)


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:00:01.66 ID:5QEQ6paq0


穏乃「用がないなら帰るぞ」

憧(そ、そうだ!)

憧「お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうわよ!!」

穏乃「え…?」

憧「だ、だから、お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうわよ!!」

穏乃「なんだー、憧もお菓子欲しいのかよ」

憧(よしっ!これでしずからイタズラをしてもらえなくても、私からできる!攻守交代よ!)



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:02:09.68 ID:5QEQ6paq0


穏乃「はい。きのこの山」

憧「へ…?」

穏乃「お菓子をくれたみんなへのお返し用に用意してたんだ。美味しいよ」

憧「…」

憧(盲点だった!この作戦は、しずがお菓子をくれないことが前提の作戦!)

穏乃「食べないの?」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:03:46.34 ID:5QEQ6paq0


憧「こ、これがお菓子だという証拠はどこにもないんじゃない?」

穏乃「何意味わかんないこと言ってるんだよ。どっからどう見てもお菓子じゃん」

憧「あのね。しず。価値観は人それぞれなの」

穏乃「は、はぁ」

憧「だから、例え自分が正しいと思っても、それを人に押し付けるようなことは、絶対にしちゃいけないんだよ」

穏乃「う、うん。わかった。ごめん」

憧「わかればよろしいっ」

穏乃(言いくるめられた?)



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:05:07.89 ID:5QEQ6paq0


憧「ということで、これはお菓子とは認められません」パクパク

憧「だから、仕方ないから私はしずにイタズラをします」

穏乃「え、イタズラ、するの??」

憧「私だってしたくないわよ!でも、規則だから…」

穏乃「…」



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:06:22.94 ID:5QEQ6paq0


憧「うん。それじゃあしず。とりあえずここに寝ようか」

穏乃「う、うん」

憧(おふぅ…ネコミミのしずがベッドに…犯罪的…)

憧「よろしい。じゃあ、にゃーんって言ってみようか」

穏乃「え!?恥ずかしいよ///」

憧「恥ずかしがっちゃダメ。メダカに笑われるわよ!」

穏乃「う、うん」

穏乃(メダカに笑われる…?)



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:07:32.03 ID:5QEQ6paq0


穏乃「にゃ、にゃーん///」

憧「ふひひ。いいわよぉ!さ、次はそのジャージのジッパーを少しづつ下げてみようか」

穏乃「え!?そ、それ、ちょっとえっちくない!?」

憧「あのね。しず。服なんて着てる生物は世界広しと言えども人間だけなのよ?犬も、猫も、マントヒヒも、わさびも…」

憧「だからね。むしろ服なんて着てる方がえっちなの。ほら、良く言うでしょ?着エロって」



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:09:00.90 ID:5QEQ6paq0


穏乃「そ、そうかも…」ジー

憧「そうよ。ほら、そのままゆっくり下げるのよ。そう。大自然への感謝を忘れずに。ゆっくり…」

穏乃「…っ///」

憧「ちゃんと最後まで下げれたわね。しず。偉いわ。じゃあ次は、そのジャージを私に渡してみようか」

穏乃「そ、それはちょっと…///」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:10:19.55 ID:5QEQ6paq0


憧「しず。大丈夫。私を信じて。決して臭いをかいだりしないから」

穏乃「いや。そういう問題じゃなくてさ」

憧「しず。人には向き不向きがあるわ。もちろん、左脳だけで考えてもブランコで登校するわけでもないわよね?」

穏乃「は?え!?」

憧「つまり、ソクラテスは一発ギャグを守るつもりでも、スキマスイッチでしょ?」

穏乃「…」

憧「だから、そのジャージ私に渡しなさい」

穏乃「わかったよ…」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:11:54.93 ID:5QEQ6paq0


憧「わかればよろしい」ジャージウケトル

憧「スーハースーハークンカクンカ!!!!」

穏乃「おい!憧!臭わないって約束したじゃん!!」

憧「あ、ごめんね」

憧「じゃあ、次は生まれたままの姿で、私と添い寝しちゃおっか」

穏乃「憧っ!?ちょっと、何勝手にベッドに入って来てるんだよっ///」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:13:18.56 ID:5QEQ6paq0


憧は抵抗する穏乃を無視してベッドに潜り込んだ。
そこには、レモンと生クリームを混ぜたような甘酸っぱい穏乃という美少女の臭いが充満しており、それは憧の理性を崩壊させ、獣のような本能を助長した。
憧は、いますぐにでも穏乃の唇を貪り、乳房を乱暴に揉み、大事なところを自分の指でめちゃくちゃにしてやりたいという欲望にかられた。
けれど、その発情期の暴れ馬の様な感情を押さえつけ、穏乃の身体を優しく、ゆっくりと愛撫した。
穏乃は身体を小さく震わせて、「あんっ」と声を漏らした。
憧は、自分の手が穏乃を感じさせていると思うと、とめどなく悦びの感情が溢れてきた。そして、今度は手ではなく、蛇のようないやらしい舌で、ねっとりと穏乃の身体を舐め回す。



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:15:08.72 ID:5QEQ6paq0


憧「しず…しず…」

穏乃「あ、憧ぉ…」

涙目の穏乃。その姿は、彼女の幼い容姿と相まってか、酷く背徳的で官能的に映った。
その姿を見た憧の中で、プツリ、と何かの切れる音がした。

憧「ごめん…しず。もう無理」

穏乃「あ…こ…?」



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:16:59.47 ID:5QEQ6paq0


戸惑う穏乃。けれど、そんな彼女を思いやるほどの理性は憧の中には残されていなかった。
憧は自身の身を包むいやらしいブラを、ショーツを脱ぎ捨てて、一糸まとわぬ姿となった。
穏乃は困惑した。それはもちろん、これまで親友だと思っていた同性の憧が、自分にこんな事をしたという驚きもあるが、それよりも、自分がこの状況に興奮し、欲情していることに困惑したのだ。

憧「しず…いいよね?」

穏乃「う…」

憧「いくよ」

穏乃「…うん。来て///」



穏乃は遂に憧を受け入れた。
憧はゆっくりと、穏乃に痛みを与えないように身体を重ねる。
しばらく、憧と穏乃はそのままの体制でお互いの体温と呼吸を感じていた。



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:18:03.15 ID:5QEQ6paq0


コンコンコン!

まこ「憧~おるか~」

憧「まこさ――いや、お母さんだ!」

穏乃「!?!?」

まこ「入ってもええかのぉ?」

憧「だ、だめ!今ちょっと陸ガメのクロちゃんの世話してるから!」

まこ「そうか~?スーパーでワカメ買ってきてもらおうと思っとったけど…ならまた後で来るけぇの」スタスタ

憧「ふぅー。危ないところだった!」

穏乃「い、今の人…誰?」

憧「新しいお母さんのまこさんよ」

穏乃「そ、そっか…」

穏乃(深くは聞かない方がいいな)



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:19:19.10 ID:5QEQ6paq0


憧「…」

穏乃「…」

憧「なんか、お母さんのせいでしらけちゃったわね」

穏乃「う、うん///」

憧「な、なんか、私たち、とんでもないこと…しちゃいそうになってたわね///」

穏乃「うん///」

憧「ご、ごめんね///」

穏乃「謝らなくていいよ…その、私も嬉しかったし///」

憧「!!」



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:20:25.04 ID:5QEQ6paq0


穏乃「で、でも!びっくりしたんだからな!こーいうのはちゃんと恋人になってからだぞ!!」

憧「ご、ごめん…つい」

穏乃「だ、だからさ…」

憧「…?」

穏乃「だから、その…恋人になってからじゃないと、しちゃだめだからさ…」

憧「うん…?」

穏乃「だ、だから、わかるだろ!?」

憧(あ、そーいうことね!なるほど)



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 20:21:26.30 ID:5QEQ6paq0


憧「う~ん、わかんないからしずの口から聞きたいな~」

穏乃「なっ!わかってるくせに!!」

憧「なんのこと~~?」

穏乃(く、くそー、憧のやつ!こうなりゃヤケだ!)

穏乃「憧!」

憧「んー?」

穏乃「私の恋人になってくれ!!」

憧「////////」

憧(ついに…ずっと大好きだったしずと…)

憧「うん。喜んで」



カン!






31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 20:42:59.77 ID:J880+fXeo

唐突なまこさん登場で面食らったけど乙


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 20:48:36.23 ID:5c5AHZsDO



まこと憧の関係がほんの少し気になるな

どういうことなの?








TV ANIMATION 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A OFFICIAL FANBOOK
TV ANIMATION 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A OFFICIAL FANBOOK


元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413023742/