1: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 17:23:36.05 ID:1EaWw4GaO

小鳥「え?伊織ちゃんが?」


P「はい……何で嫌ってるかわからないんですけど」


小鳥「そうなんですか……」


小鳥(伊織ちゃんが、プロデューサーさんを嫌ってる……)


小鳥(なんだかんだ言って、プロデューサーさんの事を気に入ってるあの伊織ちゃんが……)


小鳥(う~ん、何でかしら……)


小鳥「あの、何で嫌われてるって思ってるんですか?」


P「はい……あのですね」




前スレ: P「最近貴音がワガママになってきたんです」

前々スレ: P「最近やよいに嫌われてるかもしれないんです」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413879816



3: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 17:29:12.42 ID:1EaWw4GaO

P「前まで、伊織と俺だけの2人っきりになった時の伊織の態度はですね」


P「ジュース買ってきてとか、その日ムカついた事とかの愚痴を言ってきてたんですよ」


小鳥「あぁ、猫かぶるのをやめるんですよね」


P「でも、最近はですね……」


P「伊織と俺だけの2人っきりになったら」


P「伊織のやつ、俺にベタベタ甘えて来るんですよね」


P「だから、伊織は俺の事を嫌ってると思いまして……」


小鳥「………………」


小鳥「え、ちょっと待って」


4: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 17:33:39.12 ID:1EaWw4GaO

P「はい?何ですか?」


小鳥「いやいやいや、もう一回最後あたりの台詞言ってみて下さいよ」


P「え?……『はい?何ですか?』」


小鳥「いやそれじゃなくて、甘えてくるとかの所を」


P「いや、だからですね」


P「最近の伊織は、俺と2人っきりになったら」


小鳥「はい」


P「ベタベタと甘えて来るからですね」


小鳥「おぅ」


P「俺の事、嫌ってるんじゃないかと思ったんですよ」


小鳥「お、おぅ?」


5: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 17:38:10.19 ID:1EaWw4GaO

P「何ですか、そのアシカの真似」


小鳥「アシカじゃなくて、オットセイ!」


小鳥「いや、オットセイでもねーよ!」


小鳥「それより、何ですか今の方程式は!?」


P「いや、伊織の性格を考えたらそう思うじゃないですか」


小鳥「思いませんよ!」


小鳥「何で、ベタベタ甘えられたら嫌われてるって思うんですか!」


小鳥「普通、逆ですよ!逆!」


P「いやいや、ちょっと待って下さいよ、小鳥さん」


P「俺だって、誰かにベタベタ甘えられたら好かれてるって思いますよ」


小鳥「だったら……」


P「でも、今回の相手は伊織ですよ?」


小鳥「え?」


6: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 17:43:59.02 ID:1EaWw4GaO

小鳥「だから、何ですか?」


P「いいですか?伊織は、『つんでれ』という性格らしいじゃないですか」


小鳥「まぁ、そうですね」


P「『つんでれ』というのは、本心とは逆の事を言うらしいじゃないですか」


小鳥「えぇ………まぁ」


P「いいですか?その伊織が、ベタベタ甘えて来た、という事は……」


小鳥「………………」


小鳥「あぁ〜………」


P「わかって、もらえたでしょうか」


小鳥「なるほどなるほど……」


小鳥「あの、プロデューサーさん」


P「はい?」


小鳥「そのツンデレって言葉はどこで覚えたんですか?」


P「えっと……貴音に教えてもらって……」


小鳥「あぁ〜、そりゃあ勉強不足なわけだわ」


7: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 17:48:46.51 ID:1EaWw4GaO

P「えっ?勉強不足って、どういう事ですか?」


小鳥「いや、あのですね……」


小鳥(……うっわ、説明すんの、まんどくせっ)


小鳥「とにかく、伊織ちゃんはプロデューサーさんを嫌ってませんよ」


P「いやいやいや!そんな訳ありませんよ!」


P「あんなに甘えて来たんですから!」


P「そう、あれは2週間前……」


小鳥「うわっ、このパターンは惚気話されるパターンや」


小鳥「ウォークマンの出番や!」スッ


10: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 17:54:07.93 ID:1EaWw4GaO

ーーーPの回想ーーー


楽屋


P「いやぁ〜、今日の収録は長かったな?伊織?」


伊織「………………」


P「……伊織?どうした?」


伊織「………ほら、疲れたなら座りなさいよ」グイグイ


P「え?あ、あぁ、座るからそんな押すなよ……」


P「よいしょっ……と」ストンッ


伊織「………」ストンッ


P「………え、何で俺の膝の上に座るんだ」


P「しかも、俺の方向いて」


11: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 17:59:31.14 ID:1EaWw4GaO

伊織「…………今日の収録、私頑張ったでしょ?」ピトッ


P「え?あ、あぁ……頑張ってたよな」


伊織「………じゃ、じゃあ、その……///」


伊織「頑張った分だけ……甘えさせなさいよ……///」


P「え?」


伊織「……ほ、ほら!なでなでしなさいよ!///」


P「あ、あぁ……」なでなで


伊織「んっ………///」


P(……どういう事だ?伊織が甘えて来てる……?)なでなで


P(はっ!そういえば!)コテリンッ


12: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 18:03:53.97 ID:1EaWw4GaO

P(伊織は、確か『ツンデレ』とかいう性格だったよな……)


P(という事は、理由はわからないが……)


P(伊織は……俺の事を嫌ってるって事、なのか!?)ガーン


伊織「……ほら、ギュッてしなさいよ///」モゾモゾ


P(何故だ……何故なんだ!?)ギュッ


伊織「んっ……あったかい……///」



ーーーPの回想終了ーーー


13: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 18:08:27.49 ID:1EaWw4GaO

P「そういう訳なんで、伊織は俺を嫌ってるはずなんです」


小鳥「エンジョーイwwwwww音楽はなり続けるwwwwwwwww」シャカシャカ


P「音無さん」


小鳥「はい」


小鳥「いや、やっぱりその考えはおかしいですよ」


P「いやぁ、そんなはずはありませんって!」


小鳥「きっと、ツンデレのデレの部分が出たんですよ」


P「つんでれのでれ……?何ですか、それ」


小鳥「あ、もうこの人ツンデレって言葉を丸覚えしてるんか」


14: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 18:13:25.26 ID:1EaWw4GaO

P「え、なんなんですか、つんでれのでれって?」


小鳥「えぇい、平仮名ばっかでうっおとしいですね!」


小鳥「それに、結局惚気話をされましたし……」


P「いや、惚気話じゃないですって!」


小鳥「はいはい、もういいです」


小鳥「私、仕事しないといけないんです」カタカタ


P「そんな!相談にのってくださいよ〜!」


P「何でパソコンでクッキーばっか作ってるんですか〜!」


小鳥「久々にやったらやめられない止まらない」カタカタ


P「他にも、相談したい悩みがあるんですよ!」


15: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 18:18:26.37 ID:1EaWw4GaO

小鳥「はっぱ隊の曲聴けば、大概の悩みなんて吹っ飛びますよ」カタカタ


P「話を聞いて貰いたいんですよ!俺は!」


P「小鳥さんと話すと、俺、心が安らぐんです!」


小鳥「……………………」


小鳥「で、他の相談って何ですか?」


P「えぇ、あのですね……」


16: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 18:22:35.75 ID:1EaWw4GaO

P「最近、あずささんが俺を子供扱いするんですよね」


小鳥「子供扱いですか?」


小鳥「それって、どんな風にですか?」


P「それがですね……」


19: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 18:28:18.58 ID:gPnHejM00

ーーーPの回想ーーー


あずさ「いい子ですね〜、よしよし」なでなで


P「………………」


あずさ「何か飲みたい物とか、ありませんか〜?」なでなで


P「……あ、あずささん」


あずさ「さっき買った紙パックの牛乳なら……」


P「あ、あずささん!」


あずさ「は、はい?」


P「そんな、子供扱いしないで下さいよ……」


20: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 18:32:47.68 ID:gPnHejM00

P「確かに、俺もあずささんに甘えてしまう所もありますけど…」


P「いくらなんでも、子供扱いし過ぎですよ」


あずさ「あ、あら〜、そうですか……すみません」


あずさ「こんな態勢ですから、つい……///」


P「次から、気をつけてくださいね?」


ーーーPの回想終了ーーー


21: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 18:37:29.37 ID:gPnHejM00

P「……てな感じで、子供扱いするんですよ」



小鳥「あぁ〜、それは男のプライドとしてなかなかキツイですね」


小鳥(……というより、何か危ないプレイの臭いがプンプンする……)


小鳥「というか、あずささんが『こんな態勢』って言ってましたけど」


小鳥「こんな態勢って何ですか?」


P「あぁ、それですか」


P「俺、その時あずささんに膝枕してもらってたんですよ」


小鳥「え、ちょ、ちょっと!ちょっとちょっと!」


P「うわ、今時ザ・タッチって……」


小鳥「周りの流行が変わりやすいのが悪いんですよ」


小鳥「というか、膝枕って!?」


P「あぁ、昼休みの時によくあずささんにしてもらってるんですよ」


小鳥「何爆弾発言を投下してるんですか!!」


22: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 18:43:38.46 ID:gPnHejM00

P「いや、昼休みに膝枕してもらうって普通じゃないですか」


P「大体昼休みは誰かにしてもらってますよ」


小鳥「誰かにいつもしてもらってるんですか!?社長にも!?」


P「いや社長にはされた事無いですよ……」


P「何で最初に社長が出てくるんだ……」


小鳥「そんな事、初耳ですよあたし!」


小鳥「何であたしには言わないんですか!?」


P「いや、小鳥に言う必要は無いでしょ」


小鳥「まぁ、そうなんですけど、そうなんですけど!」


P「とにかく、本当子供扱いはしないで欲しいですよね〜」


小鳥「膝枕してもらってるやつが何を言うか……」


小鳥「というか、また惚気話して!」


23: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 18:49:33.40 ID:gPnHejM00

小鳥「相談じゃないなら、あたしは仕事します!」カタカタ


P「そ、そんなぁ〜!話聞いてくださいよ〜!」ゆさゆさ


小鳥「何回もループして見ちゃうわ〜」


P「何でジュピターの金髪が横切る動画見てるんすか〜!」ゆさゆさ


P「他の相談に乗って下さいよ〜!ことり〜ん!」ゆさゆさ


P「俺、小鳥さんとは何でも相談出来るほどの関係だって思ってるんですよ!」


小鳥「………………」


小鳥「で、他の相談って何ですか?」


P「あぁ、はい」


26: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 18:53:55.84 ID:gPnHejM00

P「実はですね、最近亜美が子供っぽくなってきてるんですよ」


小鳥「亜美ちゃんが子供っぽくって……」


小鳥「いやいや、子供じゃないですか、亜美ちゃんは」


P「子供は子供でも、なんか幼稚園児みたいなんですよ」


小鳥「幼稚園児って……どういう事ですか?」


P「それがですね………」









ガチャッ


亜美「たっだいまーん!」


27: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 19:02:56.22 ID:gPnHejM00

小鳥「あら、噂をすれば……」


P「おぉ、おかえり、亜美」


亜美「あっ!」ピコンッ!


亜美「兄ちゃ〜〜〜〜〜〜」タタタ…










亜美「〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!」…タタタ


亜美「えいっ!」ギュッ!


P「おわっ!」グラッ


P「きゅ、急に抱きつくんじゃない!椅子から落ちそうになったろ!」


亜美「兄ちゃんなら、受け止めてくれるって信じてたYO!」


P「そんな事より、もっと他のことに信頼を置いてくれよ……」


30: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 19:09:14.68 ID:gPnHejM00

亜美「ほら、兄ちゃん!頬と頬をスリスリ〜!」スリスリ


P「あ、亜美、顔近いって……!」


亜美「兄ちゃん、亜美にスリスリされるの嫌?」ジッ


P「嫌じゃないけど、何かの拍子に唇と唇が触れたらどうするんだ」


亜美「……亜美、兄ちゃんとだったらキスしてもいいよ?」


P「え?」


亜美「むしろ、今したい!兄ちゃん、ちゅー!」ンー


P「こ、こら!やめさない!アグネスが鬼の形相でやってくるだろ!」


亜美「ほら、兄ちゃん!早く早く!」


31: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 19:16:12.46 ID:gPnHejM00

亜美「兄ちゃんがしないなら、亜美が無理矢理するかんね!」ンー


P「あ、亜美……やめっ……くっつく……」
























律子「何してるんですか?」


亜美「……あ」


P「……アグネスより怖い人来た」


34: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 19:24:30.02 ID:gPnHejM00

律子「亜美?今、何をしてたのかしら?」ゴゴゴゴ…


亜美「り、律っちゃん、何か怖いYO……」ガクブル


律子「それで、プロデューサーも何子供に押されてるんですか!」


P「いや、最近の子はパワーが桁違いで……」


律子「言い訳しない!」バンッ!


P「ピィッ!」ビクッ


P「い、いつもは小鳥さんが机を叩くのに……」ビクビク


律子「それで、何で小鳥さんは仕事中にゲームをしてるんですか?」


小鳥「ギクッ!」ギクッ


小鳥「いや…その、あの……」


35: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 19:31:29.45 ID:bOiiIM45O

小鳥「最近出たんで、一狩り行こうと……」


律子「小鳥さぁん!!?」クワッ!


小鳥「すんませんっ!仕事しますっ!」カタカタカタカタカタカタ


律子「ほら、亜美もレッスンに戻るわよ!」


亜美「えぇ〜、もうちょっとゆっくりしようYO〜!」


律子「レッスンを中断して、忘れ物を取りに来ただけでしょ!」


律子「ほら、もう行くわよ!」グイッ


亜美「うあうあ〜!兄ちゃ〜ん!亜美ドナドナされてるYO〜!」ズルズル


P「あぁ……荷馬車が揺れる……」



バタンッ



P「…………………」


小鳥「…………………」


36: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 19:36:30.29 ID:bOiiIM45O

P「嵐が去りましたね……」


小鳥「えぇ………」


P「で、どうでした?」


小鳥「え?あ、あぁ、イャンクックは何とか倒して……」


P「モーハンじゃなくて、亜美ですよ」


小鳥「あぁ、あれは子供っぽくなったというより……」


小鳥「亜美ちゃんが、プロデューサーさんとイチャイチャしたいだけですよ」


P「えぇ〜、あの亜美が俺と?」


P「いやいや、そんな事ありませんって!」


P「幼稚園児が、誰かに甘えたくなるのと同じですって」


小鳥(このラテン文字の 16 番目の文字は本当にもう……)


38: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 19:42:53.66 ID:bOiiIM45O

小鳥「とにかく、また律子さんに怒られちゃうので仕事します」カタカタ


P「えぇ〜、相談に乗って下さいよ〜!」


P「……うわっ、チューチューロケットとか懐かし過ぎる!」


小鳥「あぁ!またカプカプに食われた!」カタカタ


P「頼みますって!他の相談にものって下さいよ〜!ピヨヨン!」


小鳥「知らんな」カタカタ


P「俺、小鳥に話し聞いてもらうとですね……」


小鳥「はいはい、もう口車には乗りませんからね」カタカタ


P「……結婚出来る女って、相手の話をよく聞く人だって日高舞さんが言っt」


小鳥「話を聞こうか」クルッ


P「おぉ……安物の椅子を社長椅子の様に回して……」


P「えっとですね……さっき来た、律子の事なんですけどね」


39: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 19:50:15.87 ID:bOiiIM45O

小鳥「律子さんの事ですか?」


P「えぇ、あいつが俺の家に来た時……」


小鳥「あぁ、もうアカンやつやわ、はい終ーーーーーー了ーーーーーー」


P「えぇ!?何でですか!?」


小鳥「その状態だったら、何だって惚気話になるんですよ!」


小鳥「もう惚気話は結構です!」


P「ままままま、最後まで聞きましょ?な?な?」


小鳥「そんな喧嘩止める関西人みたいに言われても嫌です」


P「あれは、先週の事でした……」


小鳥「話続けるんかーーーーーーーーーい!」ズコー


40: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 19:57:17.39 ID:bOiiIM45O

ーーーPの回想ーーー


律子「ほら!プロデューサー!ちゃんと綺麗にする!」


P「わかったわかった……はぁ」


律子「じゃあ、私はご飯作って来ますから、しっかり綺麗にしてくださいね?」


P「はいは〜い」


ガチャッ


P「………行ったかな?」


P「よし、やめやめ!」ポイッ


P「ちゃんと綺麗にしたって言っとけばバレないよな」


P「あと少し時間が経ってから、俺もリビングレームに行けば……」くるっ


律子「………………」ゴゴゴゴ…


P「う…後ろの正面律子……」


41: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 20:08:30.33 ID:bOiiIM45O

律子「プロデューサー!!」クワッ


P「ピイィッ!!す、すまん!」ビクッ


律子「本当にもう!目を離すとこれなんだから!」プンプン


律子「ほら、ちゃんと洗って!」


P「は、はいぃ!」ゴシゴシ


律子「いいですか、私はプロデューサーの身だしなみを気にしてですね……」くどくど


P(ふえぇ……律子怖いよぉ……)ゴシゴシ


ーーーPの回想終了ーーー


42: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 20:16:32.96 ID:gPnHejM00

P「本当、実の母よりうるさく言うんですよ」


小鳥「………あの」


P「はい?」


小鳥「洗うって、何を洗ってるんですか?」


P「え?体ですよ」


小鳥「体って……風呂で!?」


P「えぇ」


小鳥「えっ、だって、話し聞いてたら律子さんも一緒にいた感じじゃ……」


P「あぁ、律子も一緒に風呂入りましたよ」


小鳥「ホワァァァアッツ!!?」


44: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 20:25:45.09 ID:gPnHejM00

P「なんですかその叫びは……」


小鳥「い、一緒に風呂入ってたんですか!?」


P「えぇ……あっ!」


P「いや、互いに水着は着てますよ!もちろん!」


小鳥「あ、なーんだ、なら安心……」


小鳥「じゃないよ!」バンッ!


P「出たっ!本家机叩き!」


小鳥「その一緒に入ろうという意思に問題がありますよ!!」


P「え、普通じゃないですか?」


小鳥「普通じゃありませんよ!」


P「今まで俺、事務所の皆とも入った事ありますし……」


小鳥「あるんですか!?社長とも!?」


P「いや社長は無いですけど……何で一番に社長が出るんですか」


小鳥「ちょ、え……もう、なんなんですか!あなたの生活は!」


45: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 20:36:27.28 ID:gPnHejM00

P「何がですか?」


小鳥「膝枕してもらったり、甘えられたり、一緒に風呂入ったり、仕事してなかったり!」


P「最後のはお互い様」


小鳥「そいつぁ、そうだった」


小鳥「とにかく、普通じゃないですよ!それは!」


P「いやぁ〜、男だったら誰しもが体験すると思いますけどねぇ」


小鳥「うわぁ〜、○ちゃんねるの世界に行ったら絶対炎上しますよ!」


小鳥「はぁ……もういいです、昼休みになりましたし休憩しますか」


P「あ、本当だ……もうこんな時間か」


小鳥「……また、誰かに膝枕してもらうんですか?」ジー…


P「いやぁ、今日は誰もいませんし……」


P「今日は、我慢します」


小鳥「そうですか……」


小鳥「………………」


46: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 20:43:24.31 ID:gPnHejM00

小鳥「……よかったら、その」


小鳥「……あ、あたしがしましょうか?///」


P「え!?いいんですか!?」


小鳥「プロデューサーさんがよければ……///」


P「じゃあ、お言葉に甘えましょうかね」


P「じゃあ、行きましょうか」スクッ


小鳥「え?行くってどこへ……」


P「公園ですよ」


小鳥「えぇ!?公園ですか!?」


P「えぇ、いつも公園のベンチで膝枕してもらってますから」


小鳥「おい!アイドルとプロデューサー!」


47: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 20:51:06.19 ID:gPnHejM00

P「さっ、行きましょうか」スタスタ


小鳥「ま、周りからどう思われるだろう……///」スタスタ


P「あ、ご飯も公園で食べましょうか」スタスタ


小鳥「あっ、じゃあご飯買ってからそこで……」スタスタ




ガチャッ




高木「…………………」


高木「行ったねぇ………」


48: ◆p3yuNM37DY 2014/10/21(火) 20:57:52.52 ID:2iEuLYrkO

高木「………………」


高木「………………」


高木「………………」


高木「………………」


高木「………………」


高木「………………」


高木「………………」


高木「………………」


高木「膝枕だってな……順二郎……」


高木「そうだな……順一郎………」


高木「………………」


高木「………………」


高木「………………」


高木「………………」


高木「………………」
















50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:59:15.81 ID:qe5y3wJfo

乙~
二人いたんかい!








THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!! 2014 Day2 [Blu-ray]
THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!! 2014 Day2 [Blu-ray]


元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413879816/