1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 22:08:06.18 ID:UwVXGigV0

楓「できたのー!」

櫻子「おー上手じゃん!」ぱちぱち


楓「あとはひらがな書くだけなの!」

櫻子「何にする?」


楓「んー……とりあえず “あいうえお” にしておくの。後で書き変えられるようになってるの!」

櫻子「器用だなー楓は。よし、じゃあ向日葵に使ってみるか」

楓「了解なの!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418130476



2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 22:12:00.31 ID:UwVXGigV0

向日葵「櫻子、入りますわよ~」


櫻子「おっ、ちょうどいいところに来たじゃん」

向日葵「あら楓、櫻子に遊んでもらっていたんですの?」

楓「そうなの!」


櫻子「見て見て向日葵、これ楓が作ったんだよ」

楓「おねえちゃんスイッチなの!」じゃーん

向日葵「おねえちゃんスイッチ……?」きょとん



櫻子「ちょ、ちょっ、来て!」ひそひそ

向日葵「な、なんですの?」


楓(……?)


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 22:17:08.66 ID:UwVXGigV0

櫻子「向日葵知らないの? 私たちの時からNHKでやってるじゃん……ピタゴラスイッチ」ひそひそ

向日葵「ああ、あれ」

櫻子「あれに “おとうさんスイッチ” が出てくるでしょ? あれのお姉ちゃんバージョンを作ったんだよ楓は」

向日葵「なるほど……!」ぽん


櫻子「今から楓がおねえちゃんスイッチで遊ぶから、相手してやってよ。喜ぶから」

向日葵「ん、ん~……ちょっと恥ずかしいですけど……まあいいですわ///」



櫻子「じゃあ楓、そのスイッチ向日葵に使ってみようか!」

楓「はいなの!」

櫻子「おねえちゃんスイッチ、いきますよ~♪」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 22:21:13.13 ID:UwVXGigV0

楓「おねえちゃんスイッチ、 “あ” !」ぽちっ


向日葵「あっ、愛してますわ!! 櫻子!!!」




向日葵(えっ)



櫻子「はっ……はああああ!?///」

向日葵「あっ、あああ! え!? なんで……口が勝手に……!!」

櫻子「ちょっと! そういうのじゃないでしょ! “歩く” とかでいいんだよ!///」

向日葵「違いますのよ!! 私そんなつもりじゃ……!///」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 22:26:36.15 ID:UwVXGigV0

楓「おねえちゃんスイッチ、 “い” !」


向日葵「い……イチャイチャしたいですわ!! 櫻子と!!!」



櫻子「ねえ何言ってんの!? 何言ってんの!?///」

向日葵「ちょっ、なんで!? スイッチ押されると身体が勝手にぃーー!」


櫻子「ひ、向日葵意外とノリがいいんだなー! でもそういうのじゃないから……そういうのいいからさ……あはは」

向日葵「ほっ、本当に違うんですのよ! 私は……!」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 22:36:28.56 ID:UwVXGigV0

楓「おねえちゃんスイッチ、 “う” !」


向日葵「うっ、運命の赤い糸で、私と櫻子は結ばれているんですの!!///」



櫻子「向日葵ちゃんとしろー! 楓が可哀想だろ!!」

向日葵「私だってやめたいですわよ!! やりたくてやってるんじゃ……!」


櫻子「なんだよ今の、運命の赤い糸って! だせーよ!///」

向日葵「ださいことないじゃない!!///」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 22:50:35.18 ID:UwVXGigV0

楓「おねえちゃんスイッチ、 “え” !」



向日葵「えっちしたいですわ!! 櫻子!!」ばーん



櫻子「ばかーーー!バカかーー!!///」ぽかぽか

向日葵「やだ、怖い!! 怖いですわ!」

櫻子「妹の前で何言ってんだよ!! 楓まだ6歳だぞ! つーか年齢関係ねー!」

向日葵「楓、もうやめて! もうスイッチ押さないでっ……!」


楓「おねえちゃん楽しそうなの♪」ニコニコ


櫻子「本心か! それが本心なのか! 向日葵変態だったんだな!///」

向日葵「こんなセリフ、楓の前で言うわけないじゃない! 言うなら誰にも邪魔されない完全に二人っきりの時ですわよ!」

櫻子「本心であることを否定しろよ!!」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 22:59:57.90 ID:UwVXGigV0

楓「おねえちゃんスイッチ、 “お” !」ぽちっ



向日葵「お……大人の世界を教えてさしあげますわ……///」ちゅっ

櫻子「ん!? ん~~~!!///」ばたばた


向日葵(か、身体が勝手にっ……!///)


櫻子「んっ、やっ! そんなとこ触るなぁ……!!///」びくっ


向日葵(とっ、止まらない……!)


楓「お、おねえちゃんっ? 大丈夫!?」



向日葵「かっ、楓! ちょっとお外で遊んできてくださる!?」

櫻子「そうだ、花子! 花子が今家にいるからさ、楓ちょっと花子のとこ行ってきて!」

楓「花子おねえちゃんのところ……わかったの!」たたたっ




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 23:09:25.26 ID:UwVXGigV0

向日葵「あっ、身体が軽くなった……! 自由に動けますわ!」


櫻子「な、なんなんだよ……楓の前でさ……///」

向日葵「だから言ってるでしょう! あのスイッチ押されると身体が勝手に動いたり、勝手に喋ったりしちゃうんですのよ!」

櫻子「ほんとに!? ほんとのほんとに!?」

向日葵「ほんとのほんとですわ!!」



櫻子「私のこと愛してるの!? イチャイチャしたいの!?」


向日葵「あっ、愛してなくは……ないですけど……///」

櫻子「やっぱり本心じゃねえか!!///」

向日葵「本心ですけど、それとこれとは話が違くて……!」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 23:12:31.71 ID:UwVXGigV0



コンコン


楓「花子おねえちゃん?」ガチャ

花子「あれっ、楓! 遊びに来たのかし?」

楓「櫻子おねえちゃんが、花子おねえちゃんの所に行ってって言ってたの」

花子「なんで……? まあよくわからないけど、ちょうど暇だったから別に構わないし。何かして遊ぼうか」


楓「花子おねえちゃん、楓これ作ったの!」じゃーん

花子「これは?」

楓「おねえちゃんスイッチなの!」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 23:25:20.13 ID:UwVXGigV0

花子「おー、よくできてるし」

楓「ひらがなのとこも変えられるようになってるの。花子おねえちゃんに貸してあげるの!」

花子「いいの? じゃあちょっと使ってみようかな」

楓「ひらがな変える?」

花子「んー……じゃあ撫子お姉ちゃんに使うから “なにぬねの” にしようか」




花子「撫子お姉ちゃん?」ガチャ

撫子「ん、どしたの花子?」

藍「あ、花子ちゃんこんにちは~」

花子「あれ? 藍お姉ちゃん来てたのかし」

楓「こんにちは~♪」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 23:28:34.62 ID:UwVXGigV0

花子「見てこれ、楓が作ったんだって。おねえちゃんスイッチ」

楓「えへへへ……///」

藍「あら、楓ちゃん上手ね♪」

楓「ありがとうなの!」



花子「撫子お姉ちゃんに使ってみていい?」

撫子「えっ……恥ずかしいな……」

藍「ほら撫子、せっかくだから遊んであげましょうよ」

撫子「んー……まあいいか」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 23:38:18.20 ID:UwVXGigV0

花子「おねえちゃんスイッチ、 “な” 」ぽちっ


撫子「なでしーって呼んでくれなきゃ、イヤ……♪」





撫子(えっ)


花子「えっ」

藍「え…………」



撫子「えぇーーーーーー!!!///」




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 23:42:44.74 ID:UwVXGigV0

藍「さ、さすが撫子……妹ちゃんたちと遊ぶ時も全力で取り組んであげるのね……///」ぷるぷる


撫子「い、いや違っ……! こんなこと言うつもりは……!///」


花子「お、面白い! このスイッチ面白すぎるし!」

楓「撫子おねえちゃん可愛いの!」


撫子(嘘でしょ……なに今の……!)



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 23:47:02.57 ID:UwVXGigV0

花子「おねえちゃんスイッチ、 “に” !」



撫子「にゃあお♪」きゅん



藍「」

花子「」


楓「あっ、猫さんになっちゃったの!」



撫子(嘘でしょ……! か、身体が……口が勝手に……っ!!)


撫子「んにゃあ……///」ごろごろ



花子「こ、こんな撫子おねえちゃん初めて見るし!///」

藍「…………」カシャカシャ

撫子「藍っ!? ちょっと、撮らないで! やめて!?」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 23:55:55.41 ID:UwVXGigV0

花子「も、もっと見たい! おねえちゃんスイッチ “に” !」


撫子「にゃ~ご……ごろにゃぁ~……///」



花子「きゃーー!!///」

藍「」ぴこーん


撫子「あっ、ちょ! 今ビデオモードにしたでしょ! 動画はやめて!///」

藍「や、やめないっ! 絶対やめない!///」


花子「に! に!」ぽちぽち


撫子「にゃーん? にゃでしーだにゃーん☆」



花子「あははははははは!!!///」げらげら

藍「撫子すごいわ!! 凄いのがどんどん撮れてるわ!!」

撫子「や、やめてにゃ~……!///」

撫子(やめろおおおおおおおおお!!!!)




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 00:01:20.77 ID:+aD1LxQr0

花子「あー面白かった……楓、そろそろいこっか。ねーちゃんたちお勉強してたみたいだし」

楓「わかったの!」

花子「にゃでしこお姉ちゃん、お邪魔したし」

楓「ばいばーい♪」



ぱたん


撫子「…………」

藍「…………」



撫子「…………」

藍「…………」



撫子「誰にも言わないで……」ゲザァ

藍「も、もちろんよ……///」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 08:05:17.36 ID:IjvpHnVvO

花子「さすが楓の作ったスイッチだし。撫子おねえちゃんが猫になっちゃうとは思わなかった」

楓「楓もびっくりしたの」

花子「他にも使ってみたいけど、あとは櫻子しかお姉ちゃんいないなあ……ひま姉には使った?」

楓「やったの! すごく楽しかったの♪」

花子(さすがひま姉。遊ぶときにも手を抜かないし)



ピンポーン


花子「あっ、誰か来た……はーい!」たたたっ


めぐみ「こんにちはー……あ、花子ちゃん。楓ちゃんもいるー」ガチャ

花子「めぐみお姉ちゃん。撫子お姉ちゃんに呼ばれたの?」

めぐみ「そうそう、バイト終わってから急いで来たんだ。撫子は部屋にいる?」

撫子「あっめぐみ、上がって上がって」

めぐみ「やっほー♪ 藍来てるんだっけ?」

撫子「今課題やっててさ……美穂まだでしょ?」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 08:10:42.95 ID:IjvpHnVvO

花子(そうだ!)ぴーん


花子「楓、めぐみお姉ちゃんにこのスイッチ使ってみよう!」

楓「めぐみお姉ちゃんに?」

花子「めぐみお姉ちゃんだって花子たちのお姉ちゃんみたいなものだし。きっとやってくれるはず!」

楓「わかったの!」




藍「めぐみったら、来るのがちょっとだけ遅かったわね」

めぐみ「仕方ないでしょ、これでもバイト終わって超ダッシュ決め込んだんだからー」

藍「もう少し早ければ良いものが見れたのに……」

撫子「あ、藍……!!///」

藍「言わない、言わないけどね♪」

めぐみ「えーなに気になるー!」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 08:15:33.82 ID:IjvpHnVvO

花子「たのもー!」ばん

楓「たのもー♪」


撫子(うわっ! 来たー!///)


めぐみ「あれっ? どしたの花子ちゃん。なにかあった?」

花子「ふふふ……めぐみお姉ちゃん、これを見るし!」じゃーん

めぐみ「これ…………なに? あ! “おねえちゃんスイッチ” って書いてある!」

花子「そう、おねえちゃんスイッチ! 楓が作ったんだし」

めぐみ「わ~上手~! 私もよく見てたなぁ、ピタゴラスイッチ」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 08:19:16.57 ID:IjvpHnVvO

花子「めぐみお姉ちゃんも花子たちのお姉ちゃんみたいなものだから、きっとやってくれると思ったし!」

楓「おもったの!」

めぐみ「なるほどそういうこと……!」


藍(こ、今度はめぐみバージョンが見れるのね……///)

撫子「めぐみ、気をつけて! このスイッチは……!」


めぐみ「よーし、やってあげようか」すくっ

楓「おねえちゃんスイッチ、いきますよ~なの♪」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 08:22:44.72 ID:IjvpHnVvO

花子「おねえちゃんスイッチ、 “な” !」ぽちっ


めぐみ「な? なかぁ~……うーん……」


めぐみ「うっ、ううっ……課題が終わらないよぉ……」しくしく


楓「泣いちゃったの!」

花子「…………」


めぐみ「ど、どうかな? おねえちゃん “な” は、 “泣く” !」

藍「…………」

撫子「…………」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 08:26:43.05 ID:IjvpHnVvO

花子「ふ、普通だし……」

藍「普通ね……」

撫子「普通だ……!」


めぐみ「えっ、普通じゃだめなの!?///」


花子「も、もういっちょ! おねえちゃんスイッチ “に” !」ぽちっ

めぐみ「 “に” !? には……えーっと……」


めぐみ「わ、わぁーもう勉強したくなーい!///」だっ



楓「あっ、どこか行っちゃったの!」

花子「逃げた……?」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 08:30:08.66 ID:IjvpHnVvO

めぐみ「……ど、どうかな? おねえちゃんスイッチ “に” は、 “逃げる” でしたー!」


花子「つ、つっ……つまんない!」

めぐみ「えー!?///」びくっ


花子「つまんない! 普通すぎるし! つまんないよねえ藍お姉ちゃん!?」

藍「確かに普通すぎて……撫子と比べたらすごいつまらないわね……」

めぐみ「そ、そんなぁ……」がっくり


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 08:37:15.46 ID:IjvpHnVvO

花子「はぁ……ちょっと撫子お姉ちゃんのお手本見て勉強して欲しいし」

撫子「うわっ!! だめーー!///」



花子「見ててね? おねえちゃんスイッチ “に” !」ぽちっ


撫子「にゃあお♪ んにゃあ~ん……」ごろごろ


めぐみ「」

藍「」


楓「撫子おねえちゃんスイッチ “に” は、 “にゃんにゃんする” なの!」


めぐみ「に……にゃんにゃんって何だーーー!!!///」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 08:46:10.65 ID:IjvpHnVvO

撫子「助けて……助けて……!///」ぷるぷる

めぐみ「撫子! にゃんにゃんするって何!? どういう意味の動詞なの!?///」

藍「にゃんにゃんするって言うか……にゃでしーモードに突入するのよ」

めぐみ「だからなんなのにゃでしーモードって!! 面白すぎるんだけど!!///」

撫子「こんなのやりたくてやってるわけじゃ……!」



めぐみ「他はっ!? 他のやつ押してみて花子ちゃん!」

花子「いいよ。おねえちゃんスイッチ “ね” !」ぽちっ


撫子「みゃ~お♪」


めぐみ「」

藍「」


楓「また猫さんになっちゃったの!」

花子「 “ね” は “猫になる” だし」


めぐみ「同じじゃねーかーー!!///」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 08:52:13.65 ID:IjvpHnVvO

撫子「花子っ、もうやめっ! もうそのスイッチ禁止ー!」

花子「えー? しょうがないなぁ……」


藍「撫子……本当に妹ちゃん想いの良いお姉ちゃんよねえ。こんなことまでしてくれるんだもの」

めぐみ「確かにすごいけど! こんな撫子初めて見たけど! にゃでしーモード突入と猫になるの違いが全然わかんないよ!?」


花子「また今度遊びに来た時に使うから、それまでにめぐみお姉ちゃんには練習してきて欲しいし」

めぐみ「宿題出された……でもあそこまで思い切ったこと、私にもちょっと……///」

楓「ほかのひらがなもあるから、いっぱい考えておいて欲しいの!」


撫子(他のひらがなも!?///)どきっ


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 09:10:55.88 ID:IjvpHnVvO

花子「せっかくだから櫻子にも使いたいし」

楓「楓のおうちに戻るの!」

花子「ひらがなも変えてみるね」




花子「櫻子~」ガチャ

櫻子「わっ! わっ!///」ばっ

向日葵「きゃーーっ!///」ばばっ


花子「……え? 今二人なにしてたし?」


楓「あのね、おねえちゃんスイッチ “い” が “イチャイチャする” で、それを押してからずっとイチャイチャしてるの」

花子「はぁ……!?///」

櫻子「わ、私じゃないよ! 向日葵が言ったの!」

向日葵「だから自分から言ったわけじゃ……!///」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 10:22:29.85 ID:IjvpHnVvO

楓「今度は櫻子おねえちゃんにやってみるの!」

花子「ひらがなは “さ・く・ら・こ” にしたし」

櫻子「えっ! 私がやるの!?」

楓「きっと撫子おねえちゃんより面白いことしてくれるの♪」


花子「いくよー。おねえちゃんスイッチ “さ” !」ぽちっ


櫻子「さ、さっ……」


櫻子「ひまちゃん、あそぼーー♪」ぎゅっ

向日葵「きゃーーーー!!///」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 10:26:01.28 ID:IjvpHnVvO

櫻子「ひまちゃんあのね、お菓子持ってきたから一緒に食べよ? ひまちゃんどっちがいい?」

向日葵「きゃーーっ! きゃーーっ!!///」


花子「これはどういうことだし……?」

楓「たぶん、 “さーちゃんモードになる” なの!」


櫻子(身体が言うこと聞かない! こんな、花子たちの前でっ……!///)

向日葵「さーちゃんですわ! あの頃のさーちゃんですわー!!///」


花子「ひま姉が大喜びしてるし」

楓「面白いの!」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 11:10:05.90 ID:IjvpHnVvO

花子「どんどんいくし! おねえちゃんスイッチ “く” !」


櫻子「ひまちゃ~ん」ちゅっちゅっ

向日葵(んーーーーっ!!///)ばたっ



楓「ちゅーしてるの!」

花子「 “く” は “口付けをする” だ!」


櫻子(止まらない~~!///)ちゅっちゅっ

向日葵(こ、この機に乗じて楽しんでおきましょう……!///)ぎゅっ


花子「ひま姉も何故かノリノリだし」

櫻子「やりおるの」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 11:26:56.47 ID:IjvpHnVvO

花子「おねえちゃんスイッチ “ら” !」



櫻子「向日葵……」ひょいっ

向日葵「えっ! えっ!?///」



櫻子「楓、向日葵は貰っていくよ!」だっ

向日葵「ど、どこにいくんですの!? 降ろして~!///」



楓「どこか行っちゃったの!」

花子「 “ら” は “拉致する” だ!」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 11:38:11.99 ID:IjvpHnVvO

花子「追いかけよう! 最後のスイッチが残ってるし!」

楓「うん!」




櫻子「はぁ、はぁ……やっと身体が戻ってきた……」

向日葵「だ、大丈夫ですの?」

櫻子「向日葵の言う通りだ……あのスイッチを押されると勝手に身体が動いちゃう……!」

向日葵「止めないと……大変なことになりますわ」

撫子「櫻子、大丈夫!?」ばん

櫻子「あっ、ねーちゃん!」

撫子「どうやらあんたらもやられたみたいだね……あのスイッチに!」

向日葵「な、撫子さんも被害を!?」



40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 11:43:10.26 ID:IjvpHnVvO

美穂「こんにちは~♪」ガチャ


撫子「うわっ、美穂!?」

美穂「ごめんね撫子、遅れちゃって~」

花子「あ、いたいた」

櫻子(げっ!)


楓「美穂おねえちゃん、やってあげてほしいの!」

美穂「見てこれ~楓ちゃんが作ったんですって、おねえちゃんスイッチ。私にもやらせてくれるらしいわ♪」

花子「まだ最後の “こ” のスイッチが残ってるし」



撫子・櫻子・向日葵(チャンス!!!)


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 11:55:15.57 ID:IjvpHnVvO

美穂「じゃあいくわよ~、おねえちゃんスイッチ “こ” ♪」ぽちっ


撫子「うおおおおおお!!」

櫻子「っらぁあああああ!!!」


美穂「えっ……きゃあああああ!!///」


ばきっ

花子「あーーっ!」

楓「わああああっ!」



撫子「おねえちゃんスイッチ、 “こ” は……」

櫻子「 “このスイッチを壊す” 、でしたーー!」

向日葵「…………」


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 12:02:09.96 ID:IjvpHnVvO

美穂「ひっ……ひっどーーい!! なんてことするの!?」

撫子「違うんだよ美穂! これにはわけがあって……!」

櫻子「美穂ねーちゃんありがとう! 美穂ねーちゃんは世界を救った!」


向日葵「楓っ、泣かないで? またみんなで新しいやつを作りましょう、ねっ?」

楓「ふぇぇん……」ぽろぽろ

花子「二人ともひどすぎだし! 楓を泣かせるなんて最低!」

撫子「もうごめん! ほんとごめん!どんなことでもするから許して!」

櫻子「楓、欲しいものあるか!? なんでもあげるよ!」


楓「す、スイッチ……欲しいの……」ぐすぐす

撫子「…………」

櫻子「…………」


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 12:09:43.68 ID:IjvpHnVvO



撫子「めぐみ、ハサミとって」

めぐみ「ちょっと待って……あれっ? ハサミどこいった?」

藍「あ、ここにあるわよ。はい」

櫻子「綺麗に書いてあげて、綺麗に……」

向日葵「了解ですわ……よし」



美穂「なんで高校生と中学生が集まって工作することになってるのかしら……」はぁ

花子「楓待っててね? 今すぐにさっきよりいいやつを作らせるし」

楓「うん!///」


櫻子「向日葵……今後も楓の作るおもちゃには気をつけてね……」

撫子「私からもお願いするよ……」

向日葵「ええ……もちろんですわ」



~fin~





44: 孤独の人 2014/12/10(水) 12:11:16.48 ID:IjvpHnVvO

おねえちゃんスイッチ “あ” !

ありがとうございました。



45: VIPに変わりましてNIPPERがお迭りします 2014/12/10(水) 12:49:35.79 ID:znlawobRO

おねえちゃんスイッチ “い” !

いいもの読ませてもらいました!


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 13:05:19.14 ID:8Gp1tQ/SO

おねえちゃんスイッチ “う” !

うむ、最高だった


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 13:23:19.35 ID:gruc2Sh1o

おねえちゃんスイッチ"え"!

ええやん!最高やわ~


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 13:59:23.97 ID:3PyI7/KDO

おねえちゃんスイッチ “お” !

おつでした!おもしろかったよ!









ゆるゆり♪♪ Blu-ray BOX (完全生産限定)
ゆるゆり♪♪ Blu-ray BOX (完全生産限定)


元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1418130476/