1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 22:30:45.61 ID:4B0zz5iM0



穏乃「えっ!?」

穏乃「あ…憧……今なんて?」

憧「いや…ペットの犬が欲しいなって」

穏乃「犬って…わんわんの事?」

憧「そうよ。それ以外にどんな犬がいるのよ?」

穏乃「でも…どうして急に犬が欲しくなったのさ?」

憧「別に深い意味はないわよ。ただ、最近この辺りにも犬の散歩をしている人が増えてるじゃない?」

穏乃「確かに…そう言われてみれば、そうだね」

憧「それで…それ見てたら…私も飼ってみたいなって、何となく思っただけよ」

穏乃「ふーん。そうだったんだ。それで憧は例えば、どんな犬を飼ってみたいの?」


 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417959035



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 23:00:39.35 ID:4B0zz5iM0


憧「うーん。例えば、か…そうねぇ…大きい犬はちょっと怖いから、小さい方がいいかな・……」

穏乃「ふんふむ…小さいのがお好きと」

憧「それに当然と言えば当然だけど、飼い主たる私に懐いてくれて……」

穏乃「ふんふむ…飼い主に懐いている……」

憧「勿論、飼い主に従順で…でもあんまりベタベタしてこない方がいいかな?」

穏乃「懐いてはいるけど、飼い主に従順であんまりベタベタしない……ふんふむ」

憧「後は…小さい方がいいって言うのと、矛盾しているかもしれないけど…いざとなったら、私を守ってくれる様な勇敢な犬がいいな……」

穏乃「ふんふむ…イザと言う時に守ってくれる……」

穏乃「なるほどなるほどなるほど~」ふんふむ

憧「でも…しず。そんな事を聞いてどうすんの?あっ。もしかして私に犬を買ってくれるとか?」

穏乃「ははは…勿論、私にそんなお金はないよ?」

憧「ですよねー」

穏乃「ぷっ」

憧「あはは…」


穏乃・憧「「あははははは」」


憧「じゃあね。しず。また明日」

穏乃「うん。憧。また明日」ふりふり


 


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 23:08:33.65 ID:4B0zz5iM0



翌日。


麻雀部部室。


憧「―――――用事があったから、ちょっと遅くなっちゃったけど…もうみんな始めちゃってるかな?」


がら…

憧「おはよー。ちょっと遅れましたー…って、あれ?ナンかいつもと様子が違うような……」うーん


玄「あっ憧ちゃんおはよー」


雀卓。

宥「………………………」

灼「………………………」


憧「あっ。おはよー玄。それはいいとして……」ちらっ


宥「……………………」もんもん

灼「……………………」もんもん


憧「どうして宥姉と灼さんは卓に座ってるのに、麻雀も打たないで悶々としてるの?」


玄「あーそれはねー」


 


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 23:17:34.26 ID:4B0zz5iM0



?「あっ憧。来てたんだ」ひょこ


憧「あっしず――――って。どっ…どうしたのよ!?」

穏乃「どうしたって、何がさ?」

憧「ナニがって…その頭に付けるのって……もしかして犬耳?」

穏乃「そうだよ」

憧「じゃあ…そのおしりに付けてるのは、犬の尻尾って事なの?」

穏乃「そうだよ」

ふりふり…

憧「そうだよ。じゃなくて、どうしてそんなモン付けてんのよ!?」

穏乃「えーどうしてって…憧自身が言ってたじゃないか―――――」




穏乃「あー犬が欲しいなー」



穏乃「―――――って……」



 


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 23:25:24.11 ID:4B0zz5iM0



憧「……え?ああ…そう言えば昨日、確かに言った気がするけど……それがどうした―――――」

穏乃「だから、そんな憧のお願いを聞いてあげたっていうのに…まったく憧はつれないなぁ……」

憧「えっ…私のお願いを聞くって……じゃあもしかして……?」

穏乃「うん。今日から私が憧の犬になってあげる。いやあげるんだワン」にこっ

憧「!?」どきっ

玄「穏乃ちゃんは優しい子なのです」うんうん

憧「うんうんじゃないわよ?で、しず…それ本気で言ってるの!?」

穏乃「そうだよ……そうだワン。憧は私が憧の犬になるのはイヤなのかワン?」

憧「…………しずが私の犬に………………………………」ぼー


もんもんもん…

憧「……………………」ゴクリ…


憧「もうっしょうがないわね!じゃあ、しずには私の犬になって貰おうかな!!」

穏乃「うんっ。だワン」



玄「嗚呼美しき友情なのです」うんうん


 


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 23:41:31.94 ID:4B0zz5iM0



穏乃「えへへーだワン」にこ


憧「うっ!?///////」

憧(か…カワイイ…可愛すぎんよ!!何このカワイイ生き物!!/////////)


憧「ん!?」はっ

穏乃「?」


憧(今気付いたけど……尾っぽでジャージが少しめくれて……もしかしたら後ろから、しずの穏な乃が――――みえ…みえ…)ぐぐっ…

穏乃「憧……どうして上半身を横に逸らせながら、私を後ろから見上げてるの?」

憧「はっ!?」

憧(しっ…しまった!つい無意識の内に……)


憧「なっ何でもないわよ!!」ぶんぶん

穏乃「ふーん。ならいいんだワン……」


憧(でも…改めて犬になっても、やっぱりしずはカワイイわね・……)はっ!


憧「…………ねえ玄。もしかして宥姉と灼さん。あの二人もやっぱり、このしずのカワイさにやられて――――――」


玄「えっ?いや…確かに二人がああなったのは、穏乃ちゃんのコスプレ姿を見てからだけど……」


 


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 23:50:26.98 ID:4B0zz5iM0



宥「………………………」


もわんもわんもわん

ぐいっ――――

宥『あっ菫ちゃん…そんなに紐を引っ張らないで―――――』ふるふる

菫『菫ちゃん?ご主人様の間違いじゃないのか?』ぐいっ!

宥『きゃあ!』

菫『全くこの駄犬め……ん。そう言えばこの犬。夏なのにやけにモフモフだな?』

宥『そ…それは……私がその寒がりで……』ふるふる

菫『ふーんそうか…じゃあ――――――』ニヤリ

宥『!?』ゾクッ―――

菫『その厚ぼったいモノをすべて脱がした上で―――――』



菫『お前を南極観測犬にしてやろうか!!!』



宥『!!?』ビクッ

菫『フハハハハ―――――』

宥『なっ…何でもしますから!それだけは赦して下さい。閣下…いえご主人様ーーー!!!』

菫『……へぇ。今…なんでもするって言ったな?じゃあ―――――――』

菫『コレをやって貰おうかな――――――』

宥『コレって…まさか…ああ…ああああ――――――』ブルブル…


もわんもわんもわん


宥(えへへ…そういうのもいいよね……)ゾクゾク…



 


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 00:05:48.07 ID:u5Hi55Xw0



灼「…………………………」


もわんもわんもわん


灼『ねぇハルちゃん……』

晴絵『どうしたんだ。灼?ってどうしたんだ、犬耳に首輪まで付けて?』

灼『ふふ…似合ってる?』

晴絵『う…うん…まぁ確かに可愛いよ。灼』にこ

灼『ホント!?嬉しい……///////じゃあこれ……』すっ

晴絵『これは…ネクタイ?』

灼『うん。ハルちゃんへのプレゼントだよ』にこ

晴絵『プレゼント?でも…ネクタイにしては、やけに長い様な……?』

灼『ちょっと引っ張ってみて?」

晴絵『?……あ、ああ……』ぐいっ

灼『あっ////////』

晴絵『えっ!?ネクタイが灼の首輪に繋がって――――ってもしかして』はっ

灼『うんっ///////その…私自身がプレゼントの……………灼犬だよっ/////////』

晴絵『灼……』

灼『ハルちゃん……ハルちゃんはこの灼犬を可愛がってくれますか?』どきどき

晴絵『ふふ…もちろんだよ灼……このカワイイやつめ……』ぎゅっ

灼『!!あ…ありがとうハルちゃん…大好きだよ』ぎゅ…


もわんもわんもわん


 


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 00:21:50.28 ID:u5Hi55Xw0



宥・灼「「ウェヒヒヒヒヒ・……」」


憧「……………………………………何アレ……」ひきっ

玄「どうも穏乃ちゃんとは別のヒトで、ナンか如何わしい妄想をしているみたいですのだ」

憧「ふーん。そーなんだ」

穏乃「ねぇ憧?」

憧「何よ。しず?」

穏乃「私、犬になったんだけど、やっぱり名前はシーズーになるのかな?」

穏乃「穏乃だけに」どやっ


憧・玄「「…………………」」


穏乃「反応うすっ!?」

憧「シーズーってアンタ……はっきり言って、しょうもなさすぎるわよ?」

穏乃「じゃ…じゃあ穏乃犬で……」

憧「はぁ。もう何でもいいけど、しずはしずだから。私は呼び方変えないけど、それでいい?」

穏乃「……うん。憧がそう言うなら……」


 
 


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 00:30:28.65 ID:u5Hi55Xw0



ガラ…


晴絵「おーっす。もう始めてるかー?」

玄「赤土先生。おはようございます」ぺこり

晴絵「ああ。おはよう玄」


灼「!!」

すっ…


灼「ハ…ハルちゃんおはよう……」

晴絵「うん。お早う灼。ん?どうした。なんかちょっと…いつもと様子がおかしいぞ?」

灼「あ…あのね…ハルちゃん……」もじもじ



灼「私…ハルちゃんの犬になりたいの!!//////////」かぁぁぁ


 


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 00:38:29.97 ID:u5Hi55Xw0



晴絵「!?」

玄・穏乃・憧「「「!?」」」」


灼「だ…だめ…かな……///////////」もじもじ


晴絵「灼……」にこ

灼「…………ハルちゃん……」どきどき




晴絵「きもい」




灼「!?」ガンッ!!!


灼「……………………………」あんぐり


憧「灼さんが余りのショックで口をあんぐりさせている上に、白くなったまま固まってるーーー!!!」


晴絵「よーし。しょっぱなの軽いギャグが終わったところで、さっさと部活するよ!」


憧・穏乃・玄「「「はーい」」」



灼(うう……でも…そんな冷酷で素っ気ないハルちゃんもクールで好き……////////)はぁはぁ


 


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 00:46:24.80 ID:u5Hi55Xw0



――――――。


部活後の帰り道。


憧「ねぇ…しず」

穏乃「どうしたの憧?」

チャラ…

憧「…………どうして私はアンタの首輪に付けた鎖を持たされてるの?」

穏乃「そりゃ憧が私の飼い主だからだよ?だワン」

憧「……………………」うーん

穏乃「それにやっぱり鎖に繋がっていると、ああ…私はこの人のモノなんだって実感するしワン……」

憧「あのねぇ…しず――――」

穏乃「あっ!だったら私も憧の呼び方を変えないと!ワン」

穏乃「ご…ご主人様……穏乃犬だワン……//////」


 


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 00:52:59.64 ID:u5Hi55Xw0


憧「ごっご主人様!?」びくっ

穏乃「えへへ…だワン」にこにこ

憧(なっなんて背徳的な響き!!でも―――――)

憧「やっぱり今まで通りでいいわよ。ご主人様なんて言われても、むず痒いだけだし」

憧(何よりも…しずは私の大事なトモダチだもんね!)

穏乃「えー。あっ!それじゃあ……憧さまってのは」

憧「憧さま!?」

穏乃「これくらいはいいでしょ?」

憧「うーん。それもどうかと思うけど、まぁしずがそこまで言うのなら……」

穏乃「それじゃあ――――――」

憧「でも、そう呼ぶのは、こういう時だけだかんね?普段の時は今まで通りに呼ぶ事」

穏乃「うん!分ったワン!!」にこ


 


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 01:00:19.84 ID:u5Hi55Xw0



憧「そーいえばしず……」

穏乃「どうしたの憧さま?」

憧「でもさ…しずはそこまでして、私の犬になろうとしてるのに、どうして歩く時は四つん這いにならないのかなって……」

穏乃「えっ!?」

憧「いや。だって…普通犬は四足歩行でしょ?だったら……」

穏乃「あ…憧さまは私にそんな事をさせたいんだ……?ワン」どんびきっ

憧「えっ!?」

穏乃「そこまで私を支配しようと……分ったワン…憧さまがそこまで言われるのならワン……」すっ

憧「いや!いいってそんな事しなくても!ただなんとなく思っただけだから!寧ろそんな事されたら私がドン引きするから!!」

穏乃「ホントにしなくてもいいのかワン?」

憧「いいからいいから!しなくていいから!!そんな事したらしずの足が怪我しちゃうでしょ?」

憧(そんな事したら…視る度にすりすりしたくなる、しずのすべすべのおみ足が……)ゴクリ…

穏乃「良かったワン。憧がとんだドS野郎か、とんだ脚フェチ野郎じゃなくて」ほっ…

憧「あはは…そうね……」あはははははは…



憧(ヤバイちょっと話題変えないと……あっそうだ!)


 


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 01:08:25.29 ID:u5Hi55Xw0



憧「そう言えば…犬って言えばよく飼い主に飛び付いてくるってイメージがあるけど…しずはしないんだね?」

穏乃「しないワン。だって憧さま…言ってたじゃないか―――――」

穏乃「懐かれてても、あんまりべたべたされるのはイヤだって」

憧「あっそう言えばそんな事言った気も……」

穏乃「私は…この姿の時は憧のいう事は何でも聞くから…だワン」

憧「そっか……」

憧(従順な方がいいって事まで……)

穏乃「だから―――――」

憧「でも…たまにならいいわよ?べたべたじゃれてくれても」

穏乃「ホント?」

憧「うん」

穏乃「じゃあ!今が『たま』だワン!!」ばっ

憧「きゃっ!////////」

ぎゅっ!

穏乃「えへへ…憧さまー」すりすり

憧「もうっホントにこの娘は……」すっ

なでなで

穏乃「えへへ…だワン」すりすり

憧(ホントに…どうしようもないくらいカワイイんだから……)

なでなで


 


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 01:15:40.02 ID:u5Hi55Xw0



―――――。

憧「しずは…犬になっちゃったけど……」

穏乃「なっちゃったけど?」

憧「でも。私のイメージだとしずは犬っていうより、おさるさんなんだけどな」

穏乃「おさるさんって……でも犬と猿は仲いいっていうじゃないかワン?ほらよく犬猿の仲っていうし……」

憧「それ意味をまるっきり履き違えてるから!犬と猿が仲良いのは、多分…桃太郎だけだから!!」

穏乃「ふーんそうなんだ……」

憧「あっ猿と言えば、最近この辺りに――――――」はっ


ガサッ……


 


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 01:22:32.18 ID:u5Hi55Xw0



?「うきぃ……」ウキキキキ…

憧・穏乃「「!?」」びくっ!


穏乃「あれはニホンザル?でも頭が……」

憧「あの頭……間違いないわ!あれは最近、この辺りに出て来て悪さを働く、金髪猿のキョータローよ!!」

穏乃「金髪猿!?キョータロー!?」


キョータロー「うきっ」


穏乃「でも悪さって…人間の食べ物盗んだり?」


憧「いえ。それよりも…女の子のおもちを揉んだり、スカートの中を覗いたりする変態エロ猿なの!!」


穏乃「えー!?」


キョータロー「うきぃ…」ニヤリ


憧(今…私を見て笑った!?)びくっ


キョータロー「うききききき……」にじりにじり

憧(あっ…こっちに来て…明らかに私を狙って―――――)びくびく

穏乃「憧……」

憧「ああ……」ふるふる…

穏乃(憧…こんなに怯えて……)

穏乃(よし!!)ぐっ



 


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 01:32:48.90 ID:u5Hi55Xw0



キョータロー「うきーーーーーーー!!!」ぴょーん


憧「きゃあ!!」びく


穏乃「ワン!!!!!!」


キョータロー「!?」びくっ!


穏乃「がうー!!わんわんわん!!!」ぐるるるる・…


キョータロー「ウ…ウキ―――――」びくびく


穏乃「ワン!!!!!!!」


キョウタロー「うきーーーー!!!」ビックーン!

すご…すご……

ばっ!!

ダダダダ……


 


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 01:38:22.60 ID:u5Hi55Xw0



憧「えっ!?に…逃げたの?」ほっ

穏乃「うん。もう大丈夫だよ。憧さま」にこ


憧「しず…私を助けて……」

穏乃「えへへ…」

憧「ありがとう。しず……でもしずは怖くなかったの?」

穏乃「だって憧さま言ってたじゃないか。イザと言う時に守ってほしいって」

穏乃「怖いとか怖くないとかじゃなくて、ご主人さまを守る。私はただ…その当たり前の事を実践しただけだワン。だって私は―――――」


穏乃「憧さまの犬だから」

穏乃「――――だワン」にこ


憧「しず……」じわっ

憧(私の…何となく言った私の希望を全部聞いてくれて…ただ私の為だけに―――――――)ぽろ…


 


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 01:50:57.46 ID:u5Hi55Xw0



憧「やっぱりしずは、私のサイコーの友達だよ!!」ばっ

だきっ

穏乃「憧……」

憧「しず…しずぅ……」ぐすぐす

穏乃「もう飼い主が、飼い犬の前で泣いたら駄目じゃないかワン」すっ

ペロ…

ペロペロ…

憧(しず…私の涙をなめとってくれてる?/////////)


憧「しず……」

穏乃「えへへ…憧は泣いてる顔よりも笑ってる顔の方が可愛いよ」

穏乃「―――――だワン」にこ


憧「うん…しず……ホントにありがとう――――――」にこ


 


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 02:02:25.90 ID:u5Hi55Xw0



―――――。


穏乃「今日は色々あったけど楽しかった。だワン」

憧「うん……私も…最初、しずが私の犬になるなんて言い出した時は、どうなるかと思ったけどね……」

穏乃「あはは……」

憧「でも、しず…犬とか飼い主とか関係なく、これからもずっとずっと私の傍にいてね」

穏乃「憧……」

憧「私の前から居なくなったり、逃げたりしたら赦さないんだからね?」

穏乃「うん大丈夫。私はずっと憧の傍にいるよ。だワン!」

憧「ありがとう。しず。改めてこれからもよろしくね」にこ


穏乃「うん!こちらこそ改めて―――――――」




穏乃「これからもどうぞ、よろしくぅ~ん」




おしまい。


 




30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 02:07:35.56 ID:u5Hi55Xw0

くぅ~疲れましたがこれでおしまいです。
こんなの書いていると本当に犬が欲しくなってくる様な気がします
何はともあれ終わらせられて良かったです

ありがとうございました。



31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 08:30:36.28 ID:P8SWnunco

おつおつ


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 12:50:16.59 ID:ez78yWKRo

最後の最後でしばいぬ子さんになった









咲-Saki-阿知賀編episode of side-A また、みんなではしゃごう!Blu-ray初回完全生産限定Special-BOX
咲-Saki-阿知賀編episode of side-A また、みんなではしゃごう!Blu-ray初回完全生産限定Special-BOX



元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417959035/