1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 20:59:35.60 ID:LG9OVBgso

真「あー、確かに結構凝ってますねー」

千鶴「そうでしょう?ここ最近忙しくて…」

真「こことかはどうですか?」

千鶴「あー!良い!そこ良い!もっと強く…!」

伊織「あ、このブーツ可愛い…」

瑞希「…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422187175



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 21:10:20.30 ID:LG9OVBgso

真「これくらい?」

千鶴「それくらい! …あー極楽ですわー」

千鶴「それにしても真、なかなか上手いですわね」

真「ホントですか?へへっ! まあ、父さんの肩揉みで慣れてますからねー」

千鶴「これならまたお願いしちゃうかもしれませんわ」

真「ボクはいつでも歓迎ですよ、いつもお世話になってますし!」

瑞希「…」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 21:23:01.04 ID:LG9OVBgso

伊織「んー…」

瑞希「…水瀬さん」

伊織「ん?何か用?」

瑞希「水瀬さん、肩が凝っていませんか?」

伊織「え?」

真「んふっ!」

伊織「いや、別に凝ってないけど…」

瑞希「もしよかったら、私がお揉みします」

伊織「いや…だから別に凝ってないから、遠慮しとくわ」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 21:38:57.03 ID:LG9OVBgso

瑞希「後ろ、失礼します」

伊織「話聞きなさいよ!やらなくていいってば!」

真「ボクらがやっているのを見てやりたくなったんですかね」

千鶴「ふふっ、可愛いですわね」

瑞希「邪魔になるので髪をよけますね」

伊織「あーもう、くすぐったいわね!それは自分でやるから!」

瑞希「それでは…」

伊織「仕方ないわねーもう!」

真「…ああ言いながら伊織もまんざらでもなさそうですね」

千鶴「可愛いですわね」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 21:49:53.97 ID:LG9OVBgso

瑞希「…」

伊織「…? なによ、早く始めなさいよ」

瑞希「すみません、水瀬さんの髪の臭いを嗅いでいました…くんかくんか」

伊織「ちょっと!?何してんのよ!」

千鶴「んふっ、どうでした瑞希?伊織の後頭部の香りは?」

伊織「変な聞き方するんじゃないわよ!っていうか聞かなくていい!」

瑞希「はい、水瀬臭がしました」

伊織「あんたも答えなくていい!そんで言い方!そりゃ私の臭いだからそうでしょうけど、他に言い方あるでしょ!」

真「んふふ…照れてるからかツッコミが長い」

千鶴「可愛いですわね」

瑞希「ね」

伊織「そんなんじゃないわよ!」


7: 2015/01/25(日) 21:56:21.71 ID:LG9OVBgso

伊織「もうっ!もうやらせないわよ!」

瑞希「待ってください水瀬さん。今度はちゃんとします」

伊織「本当でしょうね、まったく…」

瑞希「それでは瑞希、いきます…!もみもみ…」

伊織「んふふっ!くすぐったい!ちょっと…やめっ…!」

瑞希「水瀬さん、どうでしょうか?もみもみ…」

伊織「ダメっ!んふふふっ!もうっ…やめてっ!」

瑞希「力加減はこのくらいでいいでしょうか…もみもみ」

伊織「やぁっ…もうっ!んふふっ!ストップ!やめてっ!…やめなさいってば!!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 22:00:15.28 ID:LG9OVBgso

伊織「すぐにやめなさいよ!」

瑞希「水瀬さんがあまりにも気持ち良さそうだったので…つい…」

伊織「どこが!滅茶苦茶くすぐったかったわよ!」

千鶴「せっかく瑞希がやってくれてますのに、伊織は文句が多いですわね」

伊織「一言も頼んでないから!肩凝ってないし!」

真「肩が凝ってないとくすぐったいだけからね、肩もみは」

瑞希「そうだったのか、残念…」

真「伊織、ちゃんと働いてないんじゃない?」

伊織「何なのよこの私が全面的に悪いみたいな空気…」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 22:07:46.46 ID:LG9OVBgso

伊織「大体、伊織ちゃんはまだピチピチの中学生なんだから肩なんて凝らなくて当然なのよ!千鶴がおばさんなだけでしょ!」

千鶴「ふふふ…残念ながらそれは違いますわよ。まあ、これを私の口から言うのは気が引けますけれど…」

伊織「なによ、早く言いなさいよ」

千鶴「伊織の肩が凝らないのは、その原因となるものがないからと言いますか…」

伊織「どういう意味よ?」

瑞希「…!」

千鶴「これは真や瑞希にも言えたことですけれどね…」

真「うぐっ!」

伊織「なっ…!それって…!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 22:20:39.06 ID:LG9OVBgso

千鶴「みなまでは言いませんわ…」

伊織「わ、私はまだ成長期なんだから!そこの二人と一緒にしないでくれる!?」

真「ちょ、ちょっと伊織!それは聞き捨てならないよ!ボクだってちゃんと成長してるもんね!未来がないのは瑞希だけ…あっ…!」

瑞希「……」

伊織「ア、アンタ!言って良いことと悪いことがあるわよ!」

真「い、いや…ボクはそんなつもりじゃ…!そ、それに言い出したのは伊織じゃないか!」

伊織「それを言うなら千鶴でしょ!」

千鶴「わ、私は肩こりの話をしていただけですわよ…!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 22:30:42.19 ID:LG9OVBgso

瑞希「…皆さん、気を使っていただなくて大丈夫です」

伊織「そ、そう…?」

瑞希「はい、確かに一時は傷つきましたが、スマホを見て元気を出しました」

千鶴「…スマホの何を見たんですの?」

瑞希「これです」

千鶴「んふっ!」

真「ちょっ…!んふふっ!これは水上運動会の時の…!」

瑞希「はい、如月さんの画像です」

伊織「んふふっ!なんでこんな画像持ってるのよ!」

瑞希「落ち込んだ時に見るために保存しました…、ちなみに待受画面に設定してあります」

真「あははははっ!本当だ!ヒドイ!」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 22:37:44.97 ID:LG9OVBgso

伊織「んふ…、あんた千早にぶっとばされるわよ」

瑞希「一度バレて滅茶苦茶怒られました」

真「あはははっ!既にぶっとばされてた!」

千鶴「んふふふっ、それでもやめないんですわね」

伊織「んふふっ!ホントよ、もうやめてあげなさいよ」

瑞希「でもこのネタはほぼ100%ウケるんです…、まさに鉄板」

真「あはははははっ!最悪!最悪だ!」

千鶴「ふふふっ…!全く懲りてないですわね」

伊織「このドヤ顔を千早に見せてやりたいわ…」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 23:27:38.42 ID:LG9OVBgso

真「でも千早じゃないけどさ、実際千鶴さんがうらやましいよ…。ボクも胸があったらせめて男に間違われることもないのになあ…」

千鶴「もう流石に間違われることもなくなってきたんじゃなくて?」

真「いや、未だにあるんですよ…。ボクを男だと勘違いしたままファンになる娘がいるくらいだし…」

瑞希「ふむ、王子様も大変ですね」

伊織「あ、そうだ!勘違いで思い出したわ!聞いてよ!」

真「どうしたの?まさか伊織も男に…?」

伊織「そうそう女の子に追っかけられちゃってね…ってそんなわけないでしょうが!」

瑞希「んふ…ノリツッコミの反応速度が早い」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 23:35:28.36 ID:LG9OVBgso

伊織「そんなアイドルはアンタと昴だけよ!この前twitterでね…」

千鶴「まさか伊織も小学生に…?」

伊織「そうなのよ失礼しちゃうわよねー、このセクシーなレディを前に…ってそれも違う!」

千鶴「あら、そうですの?」

伊織「流石に小学生には間違われないわよ!子供じゃないんだから!…あっ、このみじゃないんだから!」

真「んふっ!」

伊織「そうじゃなくて!この前ファンの娘からtwitterで…」

瑞希「まさか水瀬さんも服屋の店員に…?」

伊織「『これのSサイズありますか?』って聞かれても私には分からないしね…ってちょっと待って!何それ!?誰のこと!?」

瑞希「ああ、この前一緒に服を買いに行ったら所さんが間違われちゃってました」

伊織「知らんわ!」

真「あはははっ!」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 23:38:57.41 ID:LG9OVBgso

伊織「いきなり変化球放り込んでくるんじゃないわよ!ツッコミづらいでしょうが!」

瑞希「見事なツーベースツッコミでしたよ、ナイスバッチ」

伊織「やかましい!」

千鶴「んふふふっ…それで、本当は何に間違われたんですの?」

伊織「そうそう…、私と千鶴が親戚だって勘違いしてる娘がいたのよ!」

真「へー、んふっ!それなんか面白いね」

伊織「冗談じゃないわよ、何を根拠にそんな勘違いしてたんだか知らないけどすぐに否定してやったわ」

千鶴「ツンデレキャラがかぶっているからかしら…」

伊織「ごめん、ちょっと何言ってるか分からない」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 23:44:24.20 ID:LG9OVBgso

瑞希「でも、本当にどうしてそんな勘違いに至ったんでしょうか?二人の共通点と言えば…」

真「やっぱりセレブキャラってとこなんじゃない?まあ、だからといって血縁関係につながるのはちょっと飛躍してると思うけど…」

瑞希「あれ?水瀬さんはともかく、二階堂さんはセレブなんでしたっけ?」

千鶴「な、何を言っているのかしら瑞希!?」

真「え?千鶴さんってセレブじゃなかったんですか?」

千鶴「そ、そんなことあるわけないですわ!私こそがセレブの中のセレブ、セレブオブセレブですわ!」

瑞希「“ブ”多いな…」

伊織「そうよね…、セレブの中にも本物と偽物っているのよねえ」

千鶴「ええ!もちろん、私は本物オブ本物、本物の中の本物でしてよ!」

瑞希「“の”多いな…」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 23:47:21.69 ID:LG9OVBgso

伊織「やっぱり本物かどうかはニオイでわかっちゃうわよね」

千鶴「そうですわね!本物のセレブは本物臭を放っているものですわ!臭いますわ!」

伊織「なんていうか…見た目とかそういうことではないのよね…」

千鶴「ニオイですわ!オーラですわ!セレブ力53万ですわ!」

伊織「千鶴はどういうところに本物のニオイを感じる?」

千鶴「そ、それは…」

真「ふっ…」

千鶴「…や、やっぱり振る舞い…かしら?」

伊織「…どんな?」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 23:51:08.62 ID:LG9OVBgso

千鶴「ほ、本物のセレブたる者、常に気品あふれる言動を心がけているものですわ!」

伊織「ええ、完璧なマナーとか基本よね」

千鶴「基本ですわ!音一つ立てずうまい棒を完食することが出来ますわ!」

真「ふふっ…本物のセレブはそもそもうまい棒食べないんじゃ…」

千鶴「電車の中で吊革に頼ることなく仁王立ちですわ!」

伊織「んふっ…!いやだからセレブは電車乗らないし…それ気品ゼロだし…」

千鶴「道路を歩く時は、白いところだけを踏んで目的地までたどり着くことが可能ですわ」

真「あはははっ!小学生の通学路じゃん!」

伊織「んふふふふっ!それのどこが本物のセレブなのよ!」

瑞希「んふっ……ふふふ……!」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 23:58:48.18 ID:LG9OVBgso

伊織「はあー、やっぱり千鶴と私が親戚っていうのは無理があったわね」

真「いや、ボクはなんとなくわかるけどなー。なんか姉妹みたいだよね、二人って」

千鶴「…!」

伊織「はあ?なによそれ?勘弁してよね…!」

瑞希「とか言いつつもまんざらでもない伊織であった」

真「可愛いね」

瑞希「ね」

伊織「それやめなさい!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 00:06:50.73 ID:2DWHXGuLo

千鶴「…お姉さま」

真「…え?」

瑞希「…ん?」

伊織「…アンタ何を言い出してんの?」

千鶴「お姉さまですわ!」

伊織「ちょ!?何これ怖い怖い!近い!何なの!?」

千鶴「伊織が妹ということは、私はお姉さまということですわね!」

伊織「え…?いや意味がよく…」

瑞希「なるほどっ!」

伊織「理解早っ!?なにが!?」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 00:10:15.77 ID:2DWHXGuLo

瑞希「姉妹であれば水瀬さんに『お姉さま!』と呼んでもらえる…、そういうことですね!」

千鶴「さすが瑞希…心の友ですわ」

真「あっ、それはちょっと良いかも!」

伊織「なにも良くないわよ…」

千鶴「さあ、お姉さまの胸に飛び込んでくるがいいですわ!我が妹伊織!」

伊織「誰が誰の妹なのよ!」

瑞希「さすがツンデレ…、一筋縄ではいかないぜ…」

伊織「なんなのこの流れ…」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 00:22:54.32 ID:2DWHXGuLo

千鶴「伊織…実は私たち、本当に姉妹なのですわ…」

伊織「…は?」

千鶴「幼いころに生き別れ、違う境遇で育てど、またこうやって出会えることができましたわね!私、嬉しいですわ!」

伊織「そうだったのね…どうりで他人の気がしなかったわけだわ…!」

千鶴「さあ!今なら私の胸に飛び込んで来れるわね!私のたった一人の妹、伊織!」

伊織「千鶴お姉さまーとはならない」

瑞希「惜しい」

真「ちょっと強引だったね」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 00:25:48.87 ID:2DWHXGuLo

千鶴「仕方ないですわ…、伊織が自然と私のことを『お姉さま!』と呼んでしまうような状況を作らなければ…」

伊織「そんな状況生まれ変わらない限りないわよ」

瑞希「二階堂さん、それが終わったら次は私の番ですよ」

千鶴「分かっていますわ」

伊織「どっちの番も来ないわよ!」

真「ボクはどうしようかなー、シンプルに『お姉ちゃん!』でもいいよ、伊織!」

伊織「『お兄ちゃん!』の間違いじゃなくて?」

真「怒るよ」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 00:29:02.82 ID:2DWHXGuLo

千鶴「ふわぁ…うぅーん…あら!いけない!もうこんな時間ですの!?」

千鶴「急がなきゃ!登校時間に間に合わなくなってしまいますわ!」

伊織「なんか始まった…」

真「んふふ…これどんな設定なんだろう…」

千鶴「真ー!真はいるかしら!?」

真「えぇ!?ボク出演するの!?」

伊織「んふ…」

千鶴「真、そこにいたのですわね!朝の掃除は済んだかしら?」

真「…え、ええ!もう済んでございます、千鶴…お嬢様!」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 00:32:11.39 ID:2DWHXGuLo

千鶴「そう、毎朝お疲れ様ですわ」

真「いえ、それが私の務めでございますから」

伊織「真は使用人の一人なのね…相変わらず無駄な順応力と演技力だわ…」

瑞希「ふふ…」

千鶴「それで…あの子はまだ寝てるかしら…?」

真「は…?あの子、ですか…」

千鶴「そう、まだ時間はありますわよね…」

真「はぁ…?」

千鶴「今日は私が朝ごはんを作ってあの子をびっくりさせてあげるんだから!…少しは実の姉らしいことをして、ね!」

真「は…そうでございましたね!」

伊織「どんな設定でも絶対言わないわよ…」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 00:34:19.48 ID:2DWHXGuLo

千鶴「今日はそのためにシェフたちも休ませていますわ…あ!真も手伝ってはなりませんわよ!これは私一人でなしとげたいのですわ!」

真「はい…心得ております」

千鶴「さーて!いきますわよ!練習通り、レシピ通りに…!」

真「頑張ってください、千鶴お嬢様!」

伊織「この茶番、思ったより長くなりそうね…」

千鶴「思えば私たち姉妹は、生まれてからこのかた、母親の味なんてものは知らずに育ってきましたわ…」

伊織「なんかモノローグ始まった…」

千鶴「代わりに与えられたのは、一流シェフの作る一流料理…、執事から受ける厳しい躾…、おかげで社交界で苦労することはありませんでしたけれど…」

千鶴「お母さんが早起きして作った手料理や…、向かいの席と足が当たるほど狭いテーブル…、それを家族そろって囲んで、とりとめのないことを話しながら食べる朝ごはん…」

千鶴「そんな、他のみんなにとっては当たり前のことが、遠いおとぎ話のように、羨ましく感じられた…」

伊織「……」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 00:41:31.99 ID:2DWHXGuLo

千鶴「あの子が突然アイドルになるなんて言い出したのは、もう一年以上前のことになるかしら」

千鶴「最初はアイドルなんて馬鹿げていると思っていましたわ、家のしがらみから抜け出そうと必死になっている姿が、滑稽だとすら思った」

千鶴「でも最近、アイドルになってテレビに出ているあの子を見て驚いた…」

千鶴「あの子、あんな顔で笑えるのね…」

伊織「……」

千鶴「そこでようやく気がついた…。それまで私が知っていたあの子の表情には、どんな感情が隠れていたのか」

千鶴「朝ごはんをみんな一緒に食べられるような『家族』…、そんな当たり前で単純なものが欲しくて、あの子がどれだけ寂しい思いをしてきたのか…」

千鶴「そして私が、その寂しさを誰よりも味わった私自身が、その思いを忘れてしまっていたことに…」

伊織「……」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 00:49:12.63 ID:2DWHXGuLo

千鶴「だから私は決めた。欲しかった『家族』を、私が作ってみよう」

千鶴「誰かから与えられなかったのなら、自分の手で、作り上げよう」

千鶴「あんなにも憧れていた手作りの朝ごはんは、私があの子に作ってあげればいい」

千鶴「今更、もう遅いかもしれないけれど…、せめてあの子に、そんな当たり前を味わわせてあげたい」

伊織「………」

千鶴「まあそんなこと言って、ただあの子のあの笑顔を、私がこの目で見てみたいだけなのかもしれませんわ…!ふふっ!」

真「千鶴お嬢様…」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 00:51:35.70 ID:2DWHXGuLo

千鶴「さあ、そろそろ出来ますわね!あの子も起きてくるころかしら?」

伊織「…!」

真「起こしに行ってまいりましょうか…?」

千鶴「いえ…いいですわ、あの子が自分で来るのを、待っていたいの」

伊織「……」

真「はい…、かしこまりました…」

伊織「………」

千鶴「…」

伊織「……っ」

伊織「お、おはよ…」

瑞希「おはようございます千鶴お姉さま!真!」

千鶴「おはよう、瑞希」

伊織「」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 00:53:26.59 ID:2DWHXGuLo

真「えええぇぇーーーっ!? 『あの子』って瑞希!?」

千鶴「さあ、早くお食事にするわよお寝坊さん、学校に遅れてしまいますわ」

真「伊織の話してたんじゃなかったの!? 完全に伊織の話かと思ってたら違った!瑞希の話だったコレ!」

伊織「」

瑞希「お、お姉さま…!?この料理は一体…?」

千鶴「その…き、今日の朝ごはんはシェフたちを休ませて、私が直々に作りましたわ!」

瑞希「お姉さまが…!?」

千鶴「そうですわよ!そ、その…」

千鶴「お、おーっほっほっほっほっ!こんな幸せはめったにあることではないですわ!ありがたくいただくことですわね!」

瑞希「お姉さまの…手料理…」

真「うわぁ…伊織はもう自分のことだと思って『お姉さま!』言うつもり満々だったのに…実は全然関係なかった…」

伊織「」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 00:55:42.54 ID:2DWHXGuLo

千鶴「…く、口にあわないようでしたら、食べなくても結構ですわよ…!私の手料理を食べたい者は世界中にいくらでもいるのですから、その方たちに恵んで回ると…」

瑞希「いただきます…」

千鶴「…! …めしあがれ」

瑞希「ん…むぐ…」

千鶴「……」

瑞希「んっ…!ん、んぐっ!」

千鶴「み、瑞希!? どうかなさって!?」

瑞希「…お姉さま、この味噌汁辛すぎです」

千鶴「そ、そうでしたか…。味噌を入れすぎてしまったのですわね…」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 00:57:01.79 ID:2DWHXGuLo

瑞希「でも…幸せです…」

千鶴「え…?」

瑞希「めったにない、幸せの味がします…ふふっ!」

千鶴「……!」

瑞希「…お姉さま?」

千鶴「い、いえ…なんでもありませんわ」

千鶴「…」

千鶴「…でも瑞希、その味は、これからは…」

瑞希「…?」

千鶴「当たり前の味に、していきましょう」


伊織「」

真「なんだこれ…良い話だけど伊織が…」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 00:58:44.45 ID:2DWHXGuLo

千鶴「……」

瑞希「……」

千鶴「…そういえばあの子遅いですわね」

伊織「!」

瑞希「そうですね、このままでは遅刻してしまいます」

真「あ…!伊織!ここだ!ここが出番だったんだ!」

瑞希「起こしてきましょうか?」

千鶴「いいえ、待ちましょう。私たちの妹を…」

真「やっぱり!ホラ!三姉妹だったんだ! 今なら言えるよ、伊織!さっきの取り返せるよ!」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 01:00:48.93 ID:2DWHXGuLo

伊織「…」

伊織「…お、おはよう!」

千鶴「あら、おはよう伊織。早く朝ごはん食べてしまいなさいな」

瑞希「おはよう伊織。今日の朝ごはんはなんと、千鶴お姉さまの手料理ですよ」

伊織「あ…」

千鶴「ん…?どうしたんですの伊織?そんな泣きそうな顔して…」

瑞希「辛いことでもあったんですか?大丈夫?」

伊織「お、お…」

千鶴「ホラ、いらっしゃい伊織」

伊織「お姉さまあー!」


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 01:03:05.08 ID:2DWHXGuLo

_______________
________


伊織「…」

伊織「長い!!その上複雑!!」

千鶴「あー楽しかったですわー」

真「伊織可愛かったね」

瑞希「ね」

伊織「だからそれはもういい!」

瑞希「それでは…次は私が主役の番ですね」

伊織「もうやんないわよ!」

ケツ




44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 01:06:27.70 ID:2DWHXGuLo

読んでくれた人ありがとうございました

伊織にお兄様って言われたい



45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 01:08:09.33 ID:qmM80Jln0

妹役瑞希の登場にやられたww


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 01:12:00.95 ID:uo5ik9m8o

乙!

千鶴愛に溢れた良いSS
また次も楽しみにしてる








アイドルマスター ミリオンライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
アイドルマスター ミリオンライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)


元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422187175/