1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:02:22.31 ID:LRFktF9m.net

趣向が少し変わるので新しくスレ立て
以下前スレ


海未「キミにw ww飛んでけwwwスキスキぷわぷわwww」

http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1432574738/
前スレのネタも若干引き継いでいますご了承下さい




2: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:02:57.63 ID:LRFktF9m.net

海未「テストも終わりましたし、今度は何をして遊びますか?」

凛「どこかに遊びに行きたいにゃー」

希「おっいいなあそれ!」

凛「体を動かして遊ばない?スポーツとかしたいにゃ!」

海未「スポーツですか…アリですね…」

凛「特に球技!」

海未「球技ですか?野球やサッカーは、…人数的に難しいですね。」

海未「テニスや卓球も余りが出てしまいますし…」

希「みんなで出来る球技やったらあるよ?」

凛「ほんと?なになに!?」

希「ボウリング」


3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:03:29.62 ID:LRFktF9m.net

海未「ボウリングですか…確かにそれなら全員で出来ますね」

凛「ボウリング!凛ボウリングやりたいにゃ!」

海未「いいですね!では行きましょうか!」

希「…せっかくやしさ、みんなで行かん?」

凛「みんな?」

希「うん!9人全員で!ユニット対決!」

海未「なんですかそれ…」ワナワナ

希「え?あかんかな?」

海未「凄く楽しそうじゃないですか!?」パァァ

希「ふふ…そうやろ?ウチみんなで行ってみたいなー」

海未「行きましょう!ユニット対決…やりましょう!」

凛「わかったにゃ!凛、みんなを呼んで来るね!」タタタ


4: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:04:24.77 ID:LRFktF9m.net

にこえりことほのまきぱな「…ボウリング?」

凛「うん!遊びに行こうって話になって、どうせならみんなで行きたいなーって」

絵里「ボウリングなんて珍しいわね!」

穂乃果「私は行きたい!楽しそう!」

ことり「私も賛成!」

花陽「わ、私もっ!…凛ちゃんが行きたいなら…」

真姫「まあ、行ってあげないこともないけど?」

にこ「にこにーが何でも出来るところ、みんなに見せてあげるにこ♡」

希「なら、決まりやね」

凛「やったにゃー!」

海未「…ふふ」ワクワク


5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:05:27.19 ID:LRFktF9m.net

希「でな?スコアを競ってユニットで対決しようと思ってるんよ」

花陽「ユニットで?」

絵里「対決?」

穂乃果「なにそれおもしろそう!」

海未「それで、負けたチームは罰ゲームです」

8人「え?」

海未「罰ゲームです」ニッコリ

凛(もしかして海未ちゃん…腹筋のこと…)

希(まだちょっとだけ引きずってそうやなあ…)

にこ「別にいいわよ?それぐらいないと楽しめないし」

真姫「で?罰ゲームって、もう決めてるワケ?」

海未「あ…それはまだ決めてません。そうですね…吐くまで腹筋でどうでしょうか?」

にこえりことほのまきぱな「…え゛?」

のぞりん(やっぱり…)


6: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:06:09.48 ID:LRFktF9m.net

絵里「す、凄くハードな罰ゲームね…」

穂乃果「恐ろしいよ…」

花陽「こ、これは…」

ことり「うん…負けられないね…」

にこ「ま、にこは負けないから別にいいけどね」

真姫「え?に、にこちゃんこんな罰ゲームでいいの?」アセアセ

海未「おや?真姫は自信がないのですか?」

真姫「ヴェエ!?…そ、そんなことないわよ!私が負けるワケないんだから!」

凛「凛も全然構わないよ?」

希「じゃ…じゃあ負けたら腹筋で」

海未「フフ…決まりですね…」

希(海未ちゃん…悪い顔してるなあ…)


8: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:06:58.85 ID:LRFktF9m.net

にこ「で?ユニットごとって、ルールはどうなってるの?」

希「ルールはちゃんと考えてるで?ルールは本気の1ゲーム一発勝負!」

希「ボウリングって1ゲーム10フレームまであるやん?1人1フレームずつ交代で投げる。」

真姫「それで一番スコアの高いチームが勝ち…っと言うことね…」

絵里「それなら1人3フレーム…でもそれじゃ3人で9フレームよね?」

穂乃果「最後の10フレーム目はどうするの?」

希「ふふ…これが一番重要なルール…」

希「最後の10フレーム目は、相手チームによる指名制や!」

にこ「指名制?」

希「そ。9フレームまでの成績を見て、あのチームの10フレーム目はあの人で!…って感じやな」

ことり「なるほど!相手チームのスコアを伸ばさない為には…」

穂乃果「相手チームの下手な人を指名すればいいんだね!」

真姫「悪い言い方をすれば…お荷物ね…」

花陽「下手な人…お荷物…ぅう…」


9: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:07:39.44 ID:LRFktF9m.net

【lily white】→【BiBi】

【BiBi】→【Printemps】

【Printemps】→【lily white】

希「…って感じで、最後の10フレーム目は指名しよか」

にこ「意外にちゃんとしたルールね…」

凛「凛でもわかりやすいにゃー」

海未「では、これで行きましょうか」

絵里「ええ、文句ないわ」

真姫「場所は?」

希「うーん…ラウンドツー?」

穂乃果「じゃあそこで!しゅっぱーつ!!」


10: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:08:36.16 ID:LRFktF9m.net

ガコーンッ ガコーンッ ガコーンッ

穂乃果「うわー!なんか思ってたより広い!」

凛「みてみて!ボールがたっくさんあるにゃー!」

絵里「ハラショー…すごく楽しそうね!」

希「ふふ…じゃ、ウチ受付済ませてくるから、大人しくしててやー」

ほのりん「はーい!!」

花陽「希ちゃん、なんだか…」

ことり「ふふ…お母さんみたいだね!私も一緒に受付行こっと!」

真姫「ねえにこちゃん…ボールに5から15の数字が書いてるけど…これって何か違うの?」

にこ「ぷぷーww真姫ちゃんはそんなこともわからないのーww」

真姫「なっ!いいじゃないの別に!………教えなさいよ…」

海未(…フフフ…呑気ですね…勝負はすでに始まっているというのに…)


11: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:09:44.53 ID:LRFktF9m.net

希「はい、受付も終わったでー。みんなあっちの方で自分のサイズのシューズ借りてなー」

にこ「あれ?3レーンも借りれたの?9人合わせてたった3ゲームなのに」

希「うん。ことりちゃんが店員さんにお願いしてくれてん」

ことり『お願いッ♡!』

にこ「…そ…そう…」

希「じゃ、あそこのレーンはー…」

にこ「待って!レーンの場所決める前に…」

にこ「絵里!真姫!作戦会議よ!」

海未「なっ!」

えりまき「作戦会議?」

にこ「そうよ。ちょっと着いて来なさい」

海未(くぅぅっ…のほほんとしたままゲームを始めたかったというのに…にこは侮れませんね…)

穂乃果「作戦会議だって!私たちもやろう!」

ことぱな「おーっ!」

海未「希!凛!私たちも作戦会議です!」


13: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:10:47.00 ID:LRFktF9m.net

《チーム【BiBi】作戦会議》

絵里「にこ、作戦会議って…なんの話?」

真姫「作戦なんて必要?たかがピンにボールを当てるだけのゲームでしょ?」

にこ「…甘いわあんたたち。まずこの勝負、負けたら何をしなければならないか…わかってるでしょ?」

えりまき「は…吐くまで腹筋…」

にこ「そうよ?あんたたちはやりたい?吐くまで腹筋…私は絶対にそんなのごめんよ」

絵里「た、確かにそうね…」

真姫「でも作戦なんてどう立てるのよ?」

にこ「私の話を良く聞きなさい。知ってるのと知らないので、勝敗は大きく変わるわ」

にこ「まず絵里。あなたはボウリング、やったことある?」

絵里「未経験よ…やっぱり重要?」

にこ「重要ね…真姫は初心者でしょ?ボールの数字もわかんなかったし」

真姫「え、ええ」

にこ「ボールの数字は重さを表しているの。多ければ重いし少なければ軽い。まあこれは大して重要じゃないわ。自分に合ったボールを投げればいいわ」

にこ「本題はこれからよ」

えりまき「…」ゴクッ

にこ「投げる順番よ」


14: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:11:40.37 ID:LRFktF9m.net

えりまき「投げる順番?」

にこ「そうよ。今回のルールはユニットメンバー3人による1フレームのローテーション制」

にこ「このルールの重要さ…ルールを提示してきた希のリリホワチームは必ず知っているでしょうね…」

絵里「な、何が重要なの!?」

真姫「私たちにもわかるようにちゃんと教えて!」

にこ「もちろんそのつもりよ。まず、あんたたちはストライクやスペアって知ってる?」

絵里「…バカにしてるの?」

真姫「それぐらいもちろん知ってるわよ」

にこ「じゃあストライクやスペアを取った後、ある特典があるのは知ってる?」

えりまき「と…特典?」

にこ「そうよ。特典」

真姫「が…ガッツポーズが出来る…」

絵里「そ…それはそれはもう、超はしゃげる…」

にこ「フww………あんたたちこそバカにしてるの?」


15: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:12:44.34 ID:LRFktF9m.net

にこ「いい?例えば1フレーム目、1投目に6本倒す、残るは4本。2投目にそこから2本倒す。…スコアは?」

えりまき「8…」

にこ「そう。じゃあこの2投目、残った4本全て倒すとする。…スコアは?」

真姫「10…」

絵里「…つまりスペアね?」

にこ「そうよ。スペアを取ると、ここで特典が発動する。それは2フレーム目の1投目に倒した本数が、1フレーム目のスコアに加算される特典よ」

えりまき「なっ!?」

にこ「ふぅ…理解出来たみたいね。あなたたちが賢くて助かったわ」

にこ「1フレーム目にスペアでスコアが10。2フレーム目の1投目、ここで8本倒すとする。…1フレーム目のスコアは?」

真姫「10から…」

えり「18になる…」

にこ「そういうことよ。2フレーム目の2投目、ここでガーターを出してしまい2投目は0本。…1、2フレーム合わせてスコアは?」

真姫「1フレーム目は10だったのが18に…」

絵里「2フレーム目は8本…合わせて26…」

にこ「そう。ついでに2フレーム目にストライクを取ると、合計で30になるわよ」

真姫「え!?あ…そうね…20本しか倒してないのに…」

絵里「ハラショー…」


16: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:13:46.36 ID:LRFktF9m.net

にこ「ストライクはもっと凄いわよ?スペアは次の1投が前のスコアに加算されてたけど、ストライクは次の2投分のスコアが加算がされるわ」

真姫「なによそれ!?」

絵里「ストライク超強いじゃないの!!」

にこ「う…うん…超強いのよ…ストライク…」

にこ(なんだかこの子たちおもしろいわね…)

真姫「じゃ、じゃあ!1フレーム目にストライクを取ってスコアが10!」

絵里「その次に倒したのが例えば1本だとして…ここでさっきスペアなら『あぁぁ…』ってなるところだけど!」

えりまき「2投目に9本倒しちゃえばスコアは20!合わせて30!!!」

にこ「そ、そういうことね…」

真姫「しかも!これもスペア!」

絵里「3フレーム目にもボーナス特典が!!!」

えりまき「おおおおお!!!」

にこ「飲み込み速いわね…でもそういうこと。スペアとストライクは大事なの」


17: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:14:45.06 ID:LRFktF9m.net

真姫「あれ?でもストライクは次の2投が特典ボーナスなんでしょ?」

絵里「1フレーム目ストライク。次も連続でストライクとちゃったら、1フレーム目のスコアはどうなるの?」

にこ「文字通り2投分のボーナスだから、3フレーム目にボーナス持ち越しよ」

真姫「つまり1フレーム目にストライク取って…2フレーム目もストライク…」

絵里「3フレーム目もストライク取っちゃったりなんかしたら…」

にこ「1フレーム目のスコアだけで30になるわね」

絵里「ハルァァッショー!!!!!」

真姫「ストライク凄い!ラブライブ優勝ぐらい凄いんじゃない!?」

にこ「そこまで凄くないわよ…でも素人の私たちじゃ、そんなの滅多に出来ないわよ…」

絵里「あっ!順番が重要ってやっと理解出来たわ!」

真姫「そういうことね!ローテーション制だから、確かに順番は大事だわ!」

にこ「そういうことよ!理解が速い!良かったわ私このユニットで!…で、順番なんだけど…」


18: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:15:50.35 ID:LRFktF9m.net

《チーム【lily white】作戦会議》

海未「で、順番ですがどうしますか?」

希「うーんそうやなー。やっぱり3人目がかなり重要やろなあ…」

凛「にゃ?3人目って大事なの?」

希「最後の10フレーム目はな…3球投げれる可能性があるんよ」

海未「ここでストライクかスペアを取れば、3球目のボーナスが貰えるのです」

凛「へーそうなんだ…でも、それって3人目に関係ないよね?最後は指名制なんだから」

海未「何を言っているのですか!これはかなり重要なことですよ!?」

希「1人目は1、4、7フレーム。2人目は2、5、8フレーム。3人目は3、6、9フレーム担当」

海未「10フレーム目に3球投げれるチャンスがあるのなら、9フレーム目は絶対にストライクかスペアが欲しいのです」

凛「どうして?」

海未「どうしてって…ボーナスがあるからじゃないですか」

凛「ボーナス?」


19: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:16:37.05 ID:LRFktF9m.net

希「いや、海未ちゃん。凛ちゃんにこんな知識必要あらへん」

海未「で、ですが…」

希「凛ちゃんには余計な考えを持たずにプレイして欲しい。リリホワの得点王になってもらわな困る」

海未「得点王…確かに凛らしい響きですね」

凛「か…かっこいいにゃ…わかった!凛、得点王になるにゃ!」

希「うん!期待してるわな!」

海未「希は意外にやる気なのですね…」

希「当たり前やん…吐くまで腹筋なんかウチ絶対嫌やわ…」

海未「ほう…私にはさせたのにですか?」

希「それは海未ちゃんが言い出したことやん!今回もやけど…」

海未「大丈夫ですよ。私たちは絶対に負けません」

希「信じてるよ。で、順番やけど…」


20: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:17:10.99 ID:LRFktF9m.net

《チーム【Printemps】作戦会議》

穂乃果「2人はボウリングしたことあるの?」

ことり「私は初めてだよ?」

花陽「わ…私も初めてなんだぁ…」

穂乃果「じゃあみんな初めてだね!頑張ろう!」

ことり「おーっ!」

花陽「お…おー」

穂乃果「…どうしたの花陽ちゃん?」

ことり「さっきより元気ないけど…」

花陽「作戦会議ってなって思い出したけど…これって対決なんだよね?」

穂乃果「うん。そうだね」

花陽「じゃあ負けたら…ほんとに吐くまで腹筋なんじゃ…」

ことほの「……………」

ことほの(忘れてたよ…)


21: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:17:53.35 ID:LRFktF9m.net

穂乃果「だ、大丈夫だよ!私たちは負けないよ!?」

ことり「う…うん!勝てるよきっと!」

花陽「でも…私たち、3人とも初心者だよ?」

穂乃果「か、関係ないよ!一番楽しんだチームが勝つ!」

花陽「そうかなぁ…」

ことり「も、もちろんだよ!」

花陽「2人はルールとかわかる?私は良くわからないんだけど…」

穂乃果「知ってるよ!多くピンを倒したら勝ち!これだけだよ!」

ことり「あとはー…3人で交代で投げるだけ?」

穂乃果「ほら!簡単だね!これだけだもん」

花陽「そっか…そう…だよね?…うん!私も頑張るね!」

穂乃果「よーし!じゃあ1番に投げたい人ー!」

ことほのぱな「はーっい!!!」

ことほのぱな「じゃーんけーんポンッ!あーいこーで…」


23: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:18:44.35 ID:LRFktF9m.net

希「おっ?みんな作戦会議は終わったん?」

にこ「ええ、もうバッチリよ!」

真姫「なんだか負ける気がしないわね」

絵里「吐くまで腹筋なんて絶対しないんだから」

花陽「わ…私たちも大丈夫」

ことり「負けないもんね!」

凛「倒して倒して倒しまくるにゃー!」

海未「凛!その粋ですよ!」

穂乃果「よーし!じゃあ始めよう!」

希「最後に、投げるチームの順番を決めるでー」

にこ「え?3レーンもあるのに?」

希「もちろん!8人全員で投げるとこ見るんやでーwww」

絵里「プレッシャーね…」

希「じゃあ各代表でじゃんけん!勝てば1番、負ければトリね?」

海未「リリホワは私がやります」

にこ「じゃあビビは私で」

穂乃果「じゃあプランタンは穂乃果ね!」


24: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:19:44.19 ID:LRFktF9m.net

海未(勝負はすでに始まっています…)

にこ(ここは絶対に1番手が最善…)

穂乃果(最後がいいなー)

海未(最後になったチームは最後の1投の重みが違いすぎます…)

にこ(とてつもないプレッシャーに襲われるのは間違いないわ…だからこそ、ここは1番手…)

穂乃果(最後だとラブライブ優勝を思い出すもんね!)

海未(2番手も悪くはないですが…1番手が好成績の場合、これもやはりプレッシャーになります…)

にこ(2番手で良いなんて…そんな考えは許されない!なにがなんでも1番を勝ち取るのよにこ!)

穂乃果「じゃあ行くよー」

ほのうみにこ「じゃーんけーんポンッ!」


26: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:20:29.27 ID:LRFktF9m.net

穂乃果『グー』

海未『パー』

にこ『チョキ』

海未(ハァ…ハァ…クッ…これは心臓に悪いですね…)

にこ(くぅぅ…パーを出しておけば…最後は免れたのに…)

穂乃果「あーいこーで…」

うみにこ(ッ!!?)

海未(ま、まだ思考の整理が!!)

にこ(ついてない!まずい…!!)

穂乃果「しょっ!」

穂乃果『グー』

海未『パー』

にこ『パー』


27: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/29(金) 11:21:38.53 ID:LRFktF9m.net

うみにこ「あっ………」

穂乃果「あ!最後だ!プランタン!トリゲットー!」

海未(フフフ…)

にこ(幸先がいいわ…これはラッキーね…)

海未(最後は免れました…これは大チャンスです!)

にこ(確実にモノにする…)

うみにこ(1番手ッ!!!)

うみにこ「…じゃーんけーんポンッ!」

海未『グー』

にこ『パー』

海未「なっ………」

にこ「いよっしゃあああああああああああああ!!!!!」

海未「く…」

にこ「よし!じゃあユニット対抗ボウリング対決!始めるわよぉぉ!!!」


49: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:47:15.33 ID:qZXOKmJF.net

花陽「順番は決まったけど…レーンの場所はどうするの?」

希「んー…これは別にどこでもええんちゃう?」

真姫「適当に順番ごとでいいんじゃない?」

絵里「なら私たちのチームが左、リリホワが真ん中、プランタンは右のレーン。…これででどう?」

海未「はい。何も問題ありません」

ことり「これで全部決まったね!」

穂乃果「じゃあことりちゃん花陽ちゃん!私たちはこっちだよ!」

…この時は、まだ誰も知らなかった。
このレーンの場所決めが、後半に厄介な展開になることを…―――。

にこ「それじゃ各チーム、メンバーの投球順を発表するわよ!」


50: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:48:05.52 ID:qZXOKmJF.net

《チーム【BiBi】投球順》

『1』絵里『2』真姫『3』にこ

《チーム【lily white】投球順》

『1』凛『2』海未『3』希

《チーム【Printemps】投球順》

『1』ことり『2』穂乃果『3』花陽


51: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:48:41.87 ID:qZXOKmJF.net

海未(ビビの3番手はにこ…くっ…やはり3番手の重要性を理解していたようですね…)

にこ(リリホワの3番手が希か…まあ予想はしてたけど、やっぱりちゃんと考えてたみたいね)

にこ(1番手が凛ってのも、勢いをつける為と考えればしっくりくるわ…)

希(問題はプランタン。最後は花陽ちゃんか…てっきり穂乃果ちゃんやと思っとったけど)

海未(何故、3番手が花陽なのか…そんなの決まっています)

にこ(プランタンは何も考えてない!…フフ、これはもらったわね)

希(穂乃果ちゃんは何かしらやってくると思うんやけどなあ…)

海未(穂乃果は2番手ですか…3番手にしないにしても、私なら1番手に采配するところです…)

にこ(穂乃果が2番はありえないわね。勿体無い…でもま、相手チームだからこれはラッキーね)

穂乃果「よーし!じゃあ始めよう!」


52: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:49:13.17 ID:qZXOKmJF.net

【第1フレーム】

にこ「それじゃあ絵里、一発目頼んだわよ」

絵里「ま、任せなさい!」

真姫「ストライクよエリー!次の私への特典ボーナス待ってるわ!」

絵里「す、ストライク…そうね!い、行くわよ!」

絵里「はっ!」

―――ゴロゴロゴロ…バコーン

にこ「ろ…6本…」

絵里「ごめんなさい、少し右に逸れちゃったわ…」

真姫「わ、悪くないわよ!まだ全然スペアが取れるじゃない!」

絵里「2投目…絶対倒すわ!…っは!」

―――ゴロゴロゴロ…ゴトン…

真姫「…が、ガーター?」

絵里「ごめんなさい…また右に…」

にこ「仕方ないわ、6本倒せただけでも良しとしましょ」


53: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:49:43.60 ID:qZXOKmJF.net

凛「よーし!次は凛にゃー!」

希「行けるで凛ちゃん!えりちはたったの6本や!」

海未「希の言う通りです!ここは引き離すチャンスです!」

にこ「あいつら言いたい放題言ってくれるわね…」

真姫「何だか腹が立って来たわ…」

絵里「私のせいよ…次は必ず取り返すと約束するわ…」

凛「いっくにゃー!…せいっ!」

―――ゴロゴロゴロ…バッッコーン!!

海未「おおおおおおおおおお!!」

希「おおおしぃぃっ!!」

凛「あー…1本残っちゃったにゃー…」


54: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:50:19.27 ID:qZXOKmJF.net

海未「全然構いませんよ凛!9本ですよ9本!」

希「このままスペア取れるでー!」

凛「うん!…んにゃー!」

ゴロゴロゴロ…コンッ

にこ「なっ!?」

海未「…あ、当たりました!スペアです!」

希「やったー!倒れたやん!凛ちゃんさすがやわー!」

凛「やったにゃー!」ブイ

真姫「凄いわね…」

絵里「羨ましいわ…」

にこ「だ、大丈夫よ!まだ始まったばかりじゃない!これからよこれから!」


55: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:50:54.48 ID:qZXOKmJF.net

花陽「り…凛ちゃんすごいなぁ…」

穂乃果「そうだねえ、全部倒しちゃったよ」

ことり「私もスペア取れるかなあ?」

穂乃果「ことりちゃんなら出来るよ!」

花陽「が、頑張って!」

ことり「うん!頑張ってみるね!」

ことり「よし!じゃあ投げるよ?…えいっ!」

―――ゴロゴロゴロ…バッッッコーン!!!

海未「…はい?」

絵里「嘘でしょ…」

穂乃果「す、凄いよことりちゃん!一発で全部倒しちゃったよ!」

花陽「ストライクだよおおぉ!!」

ことり「やった!これでリリホワチームと一緒で10本ずつだね!」

プランタン「いえーい!」ハイタッチ


56: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:51:42.13 ID:qZXOKmJF.net

にこ「まずいわ…いまのことり、まぐれだと良いけど…」

真姫「でも、フォームが…」

絵里「ストライク取れて当然に思えるぐらい、綺麗だったわよ…」

にこ「ま、まぐれだったと願うしかないわね」

希「ことりちゃんやるなあ」

海未「意外ですね…これほど綺麗なストライクとは…」

凛「凄いにゃー!」

【BiBi】『6-』

【lily white】『9/』

【Printemps】『▲』

※ストライク「▲」スペア「/」ガーター「g」「-」


57: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:52:20.52 ID:qZXOKmJF.net

【第2フレーム】

真姫「次は私ね…」

にこ「ストライクやスペアを絶対取れとは言わないわ!出来るだけ倒して来なさい!」

絵里「頑張ってよ真姫!」

真姫「私は大丈夫よ…絶対に全部倒すんだから!…えいっ!」

ゴロゴロゴロ…ポコッ

にこえり「」

真姫「………ちょっと…なんとか言いなさいよ…」

穂乃果「フw」

ことり「は、はしっこの…」

海未「2本www」


58: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:52:53.54 ID:qZXOKmJF.net

真姫「なによ!残りのピン全部倒せば何も問題ないんでしょ!?」

にこ「そ…その通りよ!だから落ち着いて行きなさい!」

絵里「にこの言う通りよ!あれぐらい、落ち着いて行けば真姫なら余裕よ!」

真姫「や、やってやろうじゃない…」

真姫「…すー…ふぅー…えいっ!」

ゴロゴロゴロ…ポコッ

絵里「」

にこ「フw」

穂乃果「あちゃーw」

希「逆サイドの…」

海未「2本www」

真姫「…………」ドヨーン

にこ「元気出しなさい…」ポン


59: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:53:26.72 ID:qZXOKmJF.net

海未「今度は私の出番ですね」

希「期待してるよ海未ちゃん」

凛「ストライク見せてね!」

海未「ふふ…凛のスペアは必ず活かせます。任せて下さい!」

海未「でわ…行きます!…っふ!」

にこ「ブァックション!!」

海未「」ビク

ガタンッ!…ゴロゴロゴロ…ゴトンッ…

海未「ぁ…ああああああああああああああああああああ!!!!」

希「が、ガーターやん…」

凛「速攻で外したにゃ…」

真姫「み、見たエリー!?海未カスリもしなかったわよ!!」

絵里「私たちより酷いわね…」

海未「ち、違います!いまのはにこのくしゃみが!」

にこ「わ…わざとじゃないわよ!?」


60: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:54:10.38 ID:qZXOKmJF.net

海未(くぅぅ…貴重なスペア後が…)

海未「にこ!いまのは駄目です!無効です!」

にこ「はあ!?そんなの許されるわけないでしょ!」

海未「あなたが突然くしゃみなんてするからいけないのです!」

にこ「わざとじゃないって言ってるでしょ!駄目よ!」

絵里「認められないわぁwww」

ことり「wwwww」

海未(く…この人たち…)

海未「わかりました…いいでしょう…ここでスペアを取ればいいのですから…」

希「いや全然良くないけど…もうそれしかないなあ」

海未「…っふ!」

ゴロゴロゴロ…バコン!

花陽「5本…」

凛「海未ちゃん、リキみすぎだにゃー…」

海未「…はぁ…すみません、希…凛…」

希「もう仕方ない。次があるから…」


62: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:54:48.63 ID:qZXOKmJF.net

穂乃果「よーし!じゃあ次は穂乃果の番だね!」

花陽「頑張って穂乃果ちゃん!」

ことり「頑張って!」

穂乃果「任せてよ!海未ちゃんみたいにはならないから!」

海未「………」ドヨーン

凛「げ、元気だすにゃ海未ちゃん…」

穂乃果「行くよ!…えいっ!」

ゴロゴロゴロ…バコン

穂乃果「うわー…すごく残っちゃった」

ことり「4本だね…」

花陽「ま…まだ大丈夫だよ!」

穂乃果「そうだよね!次…っえい!」

ゴロゴロゴロ…ポコン

穂乃果「3本…これ、なんか意外と難しいね?ことりちゃんすごいなー」

ことり「たまたまだよ!だから穂乃果ちゃんも大丈夫!」

花陽「海未ちゃんや真姫ちゃん、絵里ちゃんよりも多いから!」

穂乃果「そっか…なら大丈夫なのかな?次は花陽ちゃん、頑張ってね!」

花陽「うん!」

【BiBi】『6-』『22』【現在スコア10】

【lily white】『9/』『g5』【現在スコア15】

【Printemps】『▲』『43』【現在スコア24】

※ストライク「▲」スペア「/」ガーター「g」「-」


63: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:55:40.08 ID:qZXOKmJF.net

【第3フレーム】

にこ「来たわね!次は私よ!」

真姫「大丈夫…?私たちいま最下位なのよ?」

にこ「誰に言ってるの?にこにーの活躍、その目でしっかり見てなさい!」

絵里「お願い!にこだけが頼りよ!」

にこ「何言ってんの。あんたたちも頑張らないと負けるわよ!」

にこ「じゃあ行くわよ…っとりゃああー!!」

ゴロゴロゴロ…バッッッコーン!!!

にこ「お」

真姫「…に、にこちゃああああああん!!!!」

絵里「ハルァァッショー!!!!」

真姫「ストライクじゃないの!!」

絵里「ビビの逆転ストライクよおお!!」

にこ「いよっしゃあああああああああああああ!!!!見た!?あんたたち!」

真姫「見たわよ!」

絵里「最高だったわ!」

ビビ「いええええええいい!!」ハイタッチ

ことり「た、楽しそう…」

海未「心の底から喜んでますね…」

穂乃果「テンションが凄いよ…」

凛「ちょっと暑くないかにゃ?」


64: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:56:16.19 ID:qZXOKmJF.net

希「じゃあ次はウチやな」

凛「希ちゃんならストライク取れそう!」

希「ふふ…やってみるけど、そこまで期待せんといてよー?」

海未「希…お願いします…」

希「うん!頑張ってみるわなー」

希「…っや!」

ゴロゴロゴロ…クンッ…バッッッコーン!!!

凛「んにゃあああ!!希ちゃんもストライクにゃああ!!」

海未「の…希ぃぃ!!や、やりましたよ!!ストライクです!!」

希「やったー♡」

リリホワ「イエーイ!!!!」ハイタッチ

真姫「もうっ!もう追いつかれたわ!」

にこ「ぐぬぬ…やっぱり希はやるわね…」

穂乃果「ほえー…みんな凄いなー」

絵里「ねえにこ、希の球なんだけど…少し曲がってなかった?気のせい?」

にこ「あれはカーブよ。綺麗に真ん中に当たればストライクが取りやすいのよ」

真姫「そんなのもあるのね…」


65: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:56:49.71 ID:qZXOKmJF.net

花陽「ぅう…3フレームみんなストライクだよぉ…」

穂乃果「花陽ちゃんなら大丈夫だよ!私たちがついてるから!」

ことり「そうだよ!別にストライクじゃなくても全然いいんだから!」

花陽「2人共ありがとう…じゃあ、怖いけど…私も投げて来るね…」

ことほの「頑張れ花陽ちゃん!」

花陽「…え、っえい!」

コロコロコロ…

にこ「りょ、両手投げ…重いならもうちょっとだけ軽いの投げればいいのに」

絵里「スピードも出てないわね…すごくゆっくりよ?」

凛「でもちゃんと真ん中目掛けて進んでるよ?」

真姫「コントロールは完璧ね…」

海未「気の毒ですが…あれでは前のピンに当たったとしても、本数は稼げないでしょう…」

希「……………」

穂乃果「そんなことないよ!」

ことり「そうだよ!当たればいいんだから!」

コロコロコロ…

希「…うん…ウチもそう思うわ」

コンッ…バラバラバラバラ…

えりにこまきうみ「」


66: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 10:57:33.67 ID:qZXOKmJF.net

花陽「や、やった…」

ことり「すごいよ花陽ちゃん!!!」

穂乃果「うわー!!全部倒れちゃったよ!!ストライクだよ!?」

花陽「う…うん!」

真姫「何!?どういうことよ!?」

希「花陽ちゃん、そのボールって…もしかして16ポンド?」

うみにこ「!?」

花陽「うん…そうだよ?ボールが重い方が、ピンも倒れると思って…」

海未「ふふ…16ポンドですって?」

にこ「そりゃ倒れることもあるでしょうけど…」

真姫「え?でも15までしか置いてなかったんじゃないの?」

にこ「重すぎて誰も投げないから別の場所に置いてたりするのよ…店側も、お客さんに怪我されたら困るしね…」

海未「16ポンドをあのスピードであの絶妙なコントロール、しかも両手投げ…」

希「ふふ…ばけもんやなあ…」

絵里「そ、そんなに凄いの?」

にこ「真似しちゃ駄目よ?普通なら速攻でレーンから外れてガーターよ」

真姫「普通に投げても肩痛めちゃうし、ゆっくり投げてもコントロールは定まらないってことね…」

にこ「女の子だからね♡ニコッ♡」

凛「やっぱりかよちんは凄いにゃー!」

【BiBi】『6-』『22』『▲』【現在スコア20】

【lily white】『9/』『g5』『▲』【現在スコア25】

【Printemps】『▲』『43』『▲』【現在スコア34】

※ストライク「▲」スペア「/」ガーター「g」「-」


117: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 19:51:17.27 ID:+2AgoHtj.net

【第4フレーム】

絵里「もう2周目なのね…」

真姫「速いわね」

にこ「頑張んなさいよ?」

絵里「ええ…にこのストライク、無駄には出来ないもの…」

にこ「目標は7本!さっきよりは多く倒しなさい!」

真姫「私に楽させてよね?」

絵里「最低でも7本ね…わ、わかったわ…」

絵里「ふぅー………っは!」

ゴロゴロゴロ…バコーン

真姫「ああ!さっきと全く同じ…」

絵里「駄目だわ…やっぱりどうしても右に逸れちゃう…また6本…」

にこ「………」


118: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 19:51:59.76 ID:+2AgoHtj.net

真姫「エリー!このままじゃまたガーターになるわよ!」

絵里「わかってるはいるんだけど…」

にこ「…絵里、次はボールの穴に親指を入れないで投げてみなさい」

絵里「え?…どうして?投げにくくならないかしら?」

にこ「ま、イチかバチかだけど、このまま次もガーターにされるよりはいいわ」

真姫「どういうこと?」

にこ「見てればわかるわ。絵里、まっすぐ投げれないんでしょ?ならこれしかない」

絵里「にこが言うなら…でも、それだけでいいの?」

にこ「ええ、ただ親指を抜いて、ボールを手のひらで支える。あとはさっきみたいに投げるだけで構わないわ」

絵里「そう…ならやってみるわね。…こんな感じ?」

にこ「そう。いい感じ」

絵里「そ、それじゃ…っは!」

ゴロゴロゴロ…クッ………コン…バラバラバラ

えりまき「!?」


119: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 19:52:22.63 ID:+2AgoHtj.net

にこ「よ、良かったー…どうやら成功ね」

真姫「スペア!?」

絵里「希ほど綺麗じゃないけど、球が曲がったわよ!?カーブ?これがカーブなの!?」

にこ「そうよ!どうよ!?にこにーにこちゃんの最高のアドバイスは!?」

絵里「凄いわ!魔法みたいよ!」

にこ「でっしょー!…って言いたいところなんだけど、ホントは少し違うのよ。投げ方も全然違うし」

真姫「付け焼き刃みたいなもの?それでも大成功じゃない!」

にこ「でもね、この投げ方は手首や肘に負担が掛かっちゃうの。ちゃんとしたカーブの投げ方じゃないの」

絵里「な、なら!正当な投げ方を教えて!これなら行けるわ!」

にこ「あとたった2球で希みたいな綺麗なカーブが投げれるわけないでしょ?」

にこ「次もこのままの投げ方で構わないわ。負担が掛かるって言っても、あと1フレームだけなら全く問題ないから」

絵里「そう…わかったわ…」

にこ「また今度、ちゃんと教えてあげる。とりあえず今日はその投げ方で行きましょ」

真姫「その時は…わ、私にも教えなさいよ…」

にこ「ふふ…はいはい。絵里、スペアおめでとう」


120: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 19:52:57.70 ID:+2AgoHtj.net

海未「………少し厄介ですね…」

希「えりち、ボウリング歴3球目にしてカーブ投げてきたなーw」

海未「早過ぎます!教えるにこもにこですが、成功する絵里も絵里です!」

凛「凛も真似してみようかな?」

海未「しなくていいですよ?もし失敗したら取り返しがつきません…」

希「凛ちゃんはそのままでもスコア取れてるし、いまのままで全然悪くないんよ?」

凛「じゃあ、凛も今度投げ方教えてね!」

希「いいけど、失敗する度にわしわしするでーw」

凛「…やっぱりストレートが1番だにゃ!」

海未「もう凛の番ですよ?ではそのストレート、1発ドカンと放って来て下さい!頼みますよ!」

凛「任せるにゃー!…っせい!」

ゴロゴロゴロ…バッッコーン!!

海未「おしい…」

希「うーん…残ってまうなあ」


121: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 19:53:22.87 ID:+2AgoHtj.net

凛「悔しいにゃー!また1本だけ残ったにゃー!!」

海未「コースは悪くないのですが…」

希「そうやね。こういうこと、結構あるからなあ」

凛「…んにゃー!」

ゴロゴロゴロ…ゴトンッ…

凛「…あ」

のぞうみ「」

凛「ごめんなさい…外しちゃったにゃー…」

海未「いえ、私に凛を攻める権利などありません…」

希「ガーターからの5本やもんなwww」

海未「………」ドヨーン

希「じょ、冗談やんか…まあまだ取り返せるからなんとかなるよ!」

凛「希ちゃん…ありがとう」

希「海未ちゃんも!」

海未「はい…努力します…」


122: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 19:54:09.16 ID:+2AgoHtj.net

ことり「私の番だね!」

穂乃果「ことりちゃん!次もストライクだよ!」

ことり「うん!なんだか取れそうな気がする!」

花陽「ほ、ホントに!?」

ことり「私たち、いまノリノリだもん!この勢いに乗らなきゃ!」

穂乃果「よーし!じゃあお願い!さっきの私の分も頼んだよ!」

ことり「行きまーす!…っえい!」

ゴロゴロゴロ…バッッッコーン!!!

花陽「ぴゃああああああああああああ!!!?」

穂乃果「うわああああ!2連続だよ!!ほんとにストライク取っちゃった!!」

ことり「やったー!」

プランタン「いっえーい!!」ハイタッチ


123: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 19:54:44.73 ID:+2AgoHtj.net

海未「」

希「なんやそれ…」

絵里「まぐれじゃなかったみたいね…」

凛「やばいにゃー…」

真姫「イミワカンナイ…」

にこ「(((y(`A´ ) y-˜ケッ!!」

【BiBi】『6-』『22』『▲』『6/』【現在スコア40】

【lily white】『9/』『g5』『▲』『9-』【現在スコア43】

【Printemps】『▲』『43』『▲』『▲』【現在スコア??】

※ストライク「▲」スペア「/」ガーター「g」「-」


129: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 20:49:28.18 ID:rXoD+vzy.net

さすがぷりんてんぷす


163: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 07:32:00.58 ID:pdDdcpQv.net

【第5フレーム】

真姫「ちょっと…プランタンチーム強すぎない?」

絵里「ことりは本当に初心者なの?」

にこ「花陽もね。…いよいよまずいわ」

真姫「4フレーム中、もう3回もストライク取られてる…」

にこ「あの子たち、このまま次もストライク取り続けるわよ。どうにかしないと…」

絵里「どうにかって言っても…」

にこ「とにかく!いまは少しでも多くのスコアと稼がないと!…真姫!」

真姫「な、なに?」

にこ「…次はあんたの番よ?真姫なら大丈夫。1発ぶちかまして来なさい!」

真姫「にこちゃん…そうね…」

真姫「…そ、そうよ!私なら出来るわ!あんなの余裕で全部倒せるに決まってるじゃない!!」

絵里「その粋よ真姫!」

にこ「行って来なさい!」

真姫「…えええええいっ!!」

ゴロゴロゴロ…バコン!

絵里「………ご、5本…」

にこ「………いま、完全にストライクのノリだったじゃない…」

真姫「…」グス


164: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 07:32:56.78 ID:pdDdcpQv.net

真姫「やっぱり駄目なのよ…私なんか…ふふ…うふふ…」

絵里「ま、真姫が壊れかけてるわ…こんな姿、見たことないわよ…」

にこ「ちょっと!落ち込んでる暇なんてないわよ!」

真姫「私にスポーツの才能なんてないのよ…もう駄目よ…」

にこ「あんた!私や絵里に吐くまで腹筋させるつもり!?」

絵里「は、吐くまで腹筋………い、嫌よ!私、絶対に嫌よ!」

真姫「で、でも…」

にこ「でもじゃない!あんた初めに言ってたでしょ!?たかがピンにボールを当てるゲームだって!」

真姫「そう思ってたけど…当たらないんだもの!」

にこ「当てれるわ!全部倒せる!…真姫はそんな弱い子じゃなかったハズよ!」

真姫「わ、私は弱くなんてないわ!!」

絵里「そうよ!真姫は強い!真姫なら出来るわ!」

にこ「プランタンチームのようにテンション上げて行きなさい!ほら!まっきまっきまー!!」

真姫「ま…まっきまっきまー!!!!」

にこ「よーし!そのまま投げて来なさい!!」


166: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 07:33:59.24 ID:pdDdcpQv.net

真姫「…ま、まっきまっきまァァー!!」

ゴロゴロゴロ…バコン!

絵里「ま…真姫ぃぃぃぃ!!!!」

真姫「スペア…に、にこちゃん!エリー!取れたわ!スペア…取れたわよ!!」

にこ「うおおおおおおおおおおっしゃぁぁああ!!!!」

絵里「ハルァァッショォォー!!!!」

真姫「私たちは、腹筋なんて絶対しないんだから!!」

にこ「見た!?海未!希!私たちのとこの真姫ちゃんはやるときはやるのよ!」

海未「…ええ、みましたよ…」

希「普通に凄いやん。ウチらも負けてらへん!」

海未「フフ…次は私です。喜ぶのもいまの内だけですよ?ここから突き放…

ビビ「イェェエエエエッイ!!」ハイタッチ

海未「」

凛「wwwww」

穂乃果「………なんか…す、凄いね…」

花陽「あんな真姫ちゃん…私、初めてみた…」

ことり「まっきまっきまーってカワイイ!」

穂乃果「私も頑張らなきゃ!」


167: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 07:34:40.40 ID:pdDdcpQv.net

海未「………大変なことになりました」

希「そうやねー…」

凛「プランタンもビビも、ノリノリだよ?」

海未「そうですね。こうなっては彼女たちの勢いと止めないといけません」

希「考えがあるん?」

海未「正直、難しいです。…なのでまずは私たちも勢いを付けなければ」

凛「じゃあここでストライクかスペアだにゃ!海未ちゃん頑張るにゃー!」

海未「凛、…私もことりのように、いまはストライクを取れる気しかしませんよ?」

希「おおー」

凛「海未ちゃんかっこいいにゃ!凛もそんな気がするよ!」

海未「では、…行きます!…っふ!」

ゴロゴロゴロ…バッコーン!

希「うわっ…」

凛「あぁぁ…」

海未「………」

ことり「両サイド、1本ずつ残っちゃった…」


168: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 07:35:39.12 ID:pdDdcpQv.net

真姫「あれ…第2フレームの私と逆のパターンのやつじゃないの?」

絵里「真姫は両サイドしか倒せなかったけど、海未のは両サイドだけが残ったわね」

にこ「スプリットよ!超ラッキーだわ!あの残り方は、プロでもスペア率0.7%なのよ!」

穂乃果「プ…プロでも!?」

花陽「れ…0.7%!?」

真姫「そんなの倒せるわけないじゃない!やったわ!」

にこ「残ったどちらか1本しか倒すことは出来ないわね!」

絵里「…私もことりのように、いまはストライクしか取れる気がしませんよ?」キリッ

ことり「wwwww」

穂乃果「え…絵里ちゃんw…フッww」

海未「………」スッ

ゴロゴロゴロ…コンッ…

希「海未ちゃん…」

凛「ちょっと…ほんとにまずいにゃ…」

希「あかん…流れが悪すぎるわ…余裕持ったえりちが煽ってきだしたで…」

海未「…私に、考えがあります」


169: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 07:37:20.83 ID:pdDdcpQv.net

のぞりん「…考え?」

海未「そうです!このままでは確実にリリホワチームが腹筋するハメになります!」

希「それ、海未ちゃんが言い出した罰ゲームやけど…」

凛「嫌だにゃー!凛、負けたくないよー!」

希「やっぱり言い出したチームが負けることになるんか…」

海未「まだです!まだ勝負は半分も終わっていません!これから私たちは勢いに乗るのです!」

凛「そんなこと言っても…」

海未「出来ます。私たちは!【lily white】なのですよ!」

海未「それに、これは私たちが勢いをつけた上に、さらに相手チームの勢いを落とすことが出来る作戦です」

希「そ…そんな作戦があるん!?」

凛「教えて海未ちゃん!」

海未「ふふ…簡単なことです。…私たち3人で遊んでいた時のテンションを思い出して下さい」

のぞりん「………なるほど」

海未「そうです!ただそれだけでいいのです!」

海未「幸いにも私たちの『レーンは真ん中』です。…この場所!私たちには好都合なんです!」

希「そっか…」

凛「どっちにも仕掛けやすいってことだね!」

海未「さあ!!希!凛!………これから私たちは、全力で『遊ぶ』のです!!」


170: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 07:38:39.15 ID:pdDdcpQv.net

穂乃果「…よし!じゃあ私、行ってくるね!」

花陽「頑張って穂乃果ちゃん!」

ことり「穂乃果ちゃんも、絶対にストライク取れるよ!」

穂乃果「うん!ありがとう!出来るだけ多く倒して来るね!」

リリホワ「………」スタスタ

穂乃果「…?海未ちゃんたち、横に立ったら危ないよ?」

海未「大丈夫です。気にしないで投げて下さい」

穂乃果「私が気にするよー…もうちょっとだけ下がってて?」

希「はーい」

穂乃果「よし!行くよー!せーの…」

凛「ヘイwwwヘイwwwヘイwww」

希「みてよwwwww」

凛「ヘイwwwヘイwwwヘイwww」

海未「こっちwwwww」

凛「ヘイwwwヘイwwwヘイwww」

のぞうみ「げんきーwww」

リリホワ「わwけwてwあwっげーるよwwwおいでwww」

リリホワ「イエーイwwwwwwwwww」

穂乃果「ブフッwwwww」

ゴロゴロゴロ…バコン!

穂乃果「ああああああああああ!!!!」

ことり「CheerDay CheerGirl!…?」

花陽「ふwwwどうしてwww」


171: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 07:39:44.48 ID:pdDdcpQv.net

穂乃果「ちょっと!5本しか倒せなかったじゃん!ストライク取れる気してたのにー!」

海未「そんなっ…私たちはただ穂乃果を応援しようと…」

穂乃果「選曲がおかしいよ!いまから投げるのにそっち見れるわけないじゃん!」

希「ごめん穂乃果ちゃん…気をつけるわな…」

穂乃果「お願いだよ?じゃあ投げるね?…もう少し下がってて!」

凛「はーい」

穂乃果「スペア取らなきゃ…せーっの…」

凛「腕を振ってwwwww」ズイ

希「ポンポンを振ってwwwww」ズイ

海未「イェェェーイwwwww」ズイ

穂乃果「ンフwwwww」

ゴロゴロゴロ…ポコッ

花陽「だ、駄目だよwww2本だけだよwww」

穂乃果「もうっwww…何で前に出ちゃうの!!」

リリホワ「…レッスファイッ!」

穂乃果「遅いよwwwもう投げ終わったよwwwwwwwwww」

ことり「wwwww」

【BiBi】『6-』『22』『▲』『6/』『5/』【現在スコア55】

【lily white】『9/』『g5』『▲』『9-』『81』【現在スコア52】

【Printemps】『▲』『43』『▲』『▲』『52』【現在スコア73】

※ストライク「▲」スペア「/」ガーター「g」「-」



179: 名無しで叶える物語(WiMAX)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 09:18:58.61 ID:jbedWXMi.net

真面目系に戻ったかと思ってたのにくそwwww



202: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 11:15:02.04 ID:ySzPEJHc.net

【第6フレーム】

にこ「リリホワチームも急激にテンション上げて来たわね」

真姫「ことりなんか爆笑してるわよ…」

絵里「でも、これなら…」

にこ「…そうね。私たちに害は無いし、むしろプランタンの勢いを止めてくれるなら好都合だわ」

絵里「1チームだけ独走状態になりつつあったものね」

にこ「じゃ、次は私。またストライク取ってくるわよ?」

真姫「今回はさっきと違って私のスペア後よ!」

絵里「にこ!頑張って!」

にこ「もっちろんよ!任せときなさ…い………」

リリホワ「………」スタスタ

えりまき「」

にこ「……………あんたたち…なんの用?」

海未「いえ…特に何もありませんが…?」

にこ「あっそ。なら少し下がっててくれない?横に立たれると投げにくいのよ」

希「でも、にこっちがストライク取るとこ、近くで見たいねん…」

にこ「駄目よ」


203: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 11:15:32.15 ID:ySzPEJHc.net

凛「ど、どうしてにゃー…」

真姫「ちょっと!まさか私たちにまで妨害するつもり!?」

海未「なっ!?妨害!?そんな卑怯なことするわけがありません!!」

絵里「でもさっき横に立って穂乃果たちを笑わせてたじゃない!」

海未「何を言っているのですか!あれは応援です!」

絵里「敵チームを応援なんてしないでしょ!?」

希「えりち…そんな…ウチを疑うん…?」

絵里「………疑うわよ…」

にこ「…もういいわ。とりあえず投げるから3歩は下がって頂戴」

凛「わ、わかったにゃ!」パァァ

真姫「い、いいの?にこちゃん!?」

にこ「大丈夫よ…私には通用しないってこと、わからせてあげるわ…」

リリホワ「…」ワクワク

にこ(絶対に…)

絵里(笑ったりなんか…)

真姫(しないんだから!!)


204: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 11:15:56.78 ID:ySzPEJHc.net

にこ「すぅー…はぁー…」

にこ「………」

にこ「…ちょっと、やっぱりあんたたち、後ろ向いててくれない?」

凛「フw…どうして?」

にこ「集中出来ないからよ。見られてる感が凄いのよ」

海未「クw…わかりました」クル

にこ(…大丈夫…私なら耐えられるわ………よし!行ける!)

にこ「…ッ」ダッ

凛「こっちみてる?wwwww」ダッ

希「にこっちみないで!wwwww」ダッ

海未「んワナワナワナwwwww」ダッ

リリホワ「ワwwナwwナンダーwwwwwwwwww」

にこ「フフンwwwww」

真姫「wwwwwwwwww」

絵里「wwwwwwwwww」

ゴロゴロゴロ…ポコッ

にこ「ああああああ!!くっそぉぉおおおおおおおおおお!!!!」

リリホワ「wwwww」


206: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 11:17:26.80 ID:ySzPEJHc.net

にこ「ちょっとwwその勢いで来るのやめなさいよwww」

にこ「それに希はなんなのよwwwにこっちみないでってwww見てないわよwww」

絵里「じ、地味な替え歌しないでwwwww」

真姫「こんなの耐えれるわけないじゃないwwwww」

穂乃果「にこちゃんww2本だよww」

花陽「ずるいよMagnetic today…」

ことり「wwwwwwwwww」ケラケラ

凛「味方みたい?wwwww」

希「そーれとも敵?wwwww」

にこ「どう考えても敵よwwwあんたたちもうプランタンとレーンの場所変わってwww」

海未「んワナワナワナwwwww」

リリホワ「ワwwナwwナンダーwwwwwwwwww」

にこ「知ってるわよ!!完全に罠だったわよ!!」

ことり「wwwwwwwwww」バンバン

穂乃果「こ、ことりちゃん大丈夫…?」

花陽「ツボに入っちゃったみたいww」


208: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 11:18:04.89 ID:ySzPEJHc.net

にこ「もう寄って来ないでよ!スペア取らないとまずいんだから!」

凛「なんでいつもこっちみてるの?wwwww」

希「そっちこそみてるでしょ!wwwww」

にこ「wwwww」

真姫「にこちゃん聞いたら駄目よwwwこんな精神攻撃www」

絵里「もうさっさと投げちゃった方がいいわwwwこのままじゃずっと終わらないわよwww」

にこ「そ、それもそうね………よし!もう平気よ!」ダッ

凛「そっちがみるからみるんだって…

海未「ばぁ!?wwwwwwwwww」

にこ「ッwwwww」

ゴロゴロゴロ…バコン!

穂乃果「wwwwwwwwww」

ことり「wwwwwwwwww」ゴホッゴホッ

花陽「5本www」

希「にこっちwww2本と5本でニコやでwwwww」

にこ「やかましいwwwwwwwwww」


209: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 11:19:41.81 ID:ySzPEJHc.net

海未「よし希!このまますぐに投げるのです!」

凛「いっけー希ちゃん!」

希「まww任せときwwwww」ダッ

真姫「あっ!!」

ゴロゴロゴロ…バコン

うみりん「えっ」

絵里「…よ、4本だけ?」

希「ごめんwww笑って手元がwww」

凛「自滅してどうするにゃー!!wwwww」

希「大丈夫wwwちゃんとスペア取るからwwwえいっwww」

ゴロゴロゴロ…ゴトンッ…

海未「ああああああああああ!!!!」

希「あかんwwウチもうあかんwww」

にこ「天罰よ!!ざまぁみなさいwwwww」

花陽「…」タタタ


210: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 11:20:14.41 ID:ySzPEJHc.net

ことり「………」

穂乃果「た、大変だよ!!ことりちゃんが笑いすぎて倒れちゃったよ!!」

真姫「笑いすぎって何よwww」

花陽「…っえい!!」

コロコロコロ…

リリホワ&ビビ「ああああああああああ!!!!」

希「は、花陽ちゃんが…」

にこ「花陽がいつの間にか投げてるわよ!!」

真姫「油断も隙もないじゃない!」

海未「逸れろぉー…逸れぉー…」

穂乃果「海未ちゃん私の真似しないでよwww」

凛「さすがにいまはかよちんを応援できないにゃ!」

絵里「ここでストライクはかなりまずいわよ!」

コン…バラバラバラバラ

リリホワ&ビビ「」

花陽「…」ガッツポーズ

穂乃果「は、花陽ちゃああああん!!!!」

ことり「え?…なに?」ガバッ

【BiBi】『6-』『22』『▲』『6/』『5/』『25』【現在スコア64】

【lily white】『9/』『g5』『▲』『9-』『81』『4-』【現在スコア56】

【Printemps】『▲』『43』『▲』『▲』『52』『▲』【現在スコア83】

※ストライク「▲」スペア「/」ガーター「g」「-」


251: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 10:34:03.26 ID:c2lnse4b.net

【第7フレーム】

ことり「…え!?花陽ちゃんまたストライク取ったの!?」

花陽「やったよ穂乃果ちゃん!ことりちゃん!」

穂乃果「凄いよ花陽ちゃん!もう私たちに腹筋はなさそうだね!」

プランタン「わーい!わーい!」

海未「くぅぅ…迂闊でした…まさか花陽を狙う前に投げられてしまうとは…」

にこ「完全に狙うって言ってるじゃない…」

凛「それよりも、もう残り1フレームずつだよ?」

真姫「いよいよ最後が、………腹筋が見えて来るところね…」

希「負けるわけには…」

絵里「…行かないわ!」ダッ

リリホワ「ああっ!!」

絵里「…っは!」

ゴロゴロゴロ…クンッ…バッッッコーン!!!

絵里「ぃよし!」


253: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 10:34:53.93 ID:c2lnse4b.net

にこ「か、完璧よ絵里!やるじゃないの!」

真姫「え…エリィィィィー!!」ダキッ

絵里「ちょっ//真姫ったら…//ふふ♡…花陽みたいに、仕掛けられる前に投げちゃえば問題ないのよ」

真姫「だからってストライクなんてっ…!」

絵里「そうね、私もびっくりよ?これも、にこのおかげね」ニコ

にこ「あ、…当たり前でしょ!//」

希「………こ、これはまずいで海未ちゃん…」

海未「り、凛…」チラ

凛「ふふふ…我は星空凛…ストライクを取る者にゃり…」

希「ど、どうしたんや凛ちゃん…」

海未「それ、…なんですか?」

凛「ボウリングの神です」

希「か、神様!どうか一発逆転の手をっ!」

海未「神よ!どうかリリホワにストライクをっ!」

真姫「どういうノリなのよ…」

穂乃果(…海未ちゃんたち、いつもこんなことしてるのかなあ)


254: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 10:36:07.01 ID:c2lnse4b.net

凛「希ちゃん、第1フレーム第1投。…凛は何本倒したかにゃ?」

希「9本です」

凛「海未ちゃん、第4フレーム第1投。…凛は何本倒したかにゃ?」

海未「9本です」

凛「…では2人に聞くにゃ。いまから第7フレーム第1投。…凛は何本倒すかにゃ?」

のぞうみ「ん10本ですっ!!」

凛「そのとおーり!!」

海未「ボウリングの神様!どうかストライクを!」

希「リリーホワイトにお願いします!」

凛「任せなさい」グッ

真姫「………バカね…」

絵里「ええ、あのユニットはバカよ…」

のぞうみ「…」ゴクッ

凛「…っいっくにゃあー!!…っせーい!!」

ゴロゴロゴロ…バッッッコーン!!!

のぞうみ「!?」


255: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 10:36:48.65 ID:c2lnse4b.net

穂乃果「うわっ…」

花陽「す、ストライク…」

絵里「ほんとに…」

真姫「取っちゃった…」

ことり「すごい…」

凛「っふ」ドヤッ

のぞうみ「ホワアアアアアアアアアア!!!!」

にこ「うるさいわねえ…」

のぞうみ「…」チラ

凛「…」コクッ

にこ「………?」

凛「リリ…」

のぞうみ「ホワアアアアアアアアアア!!!!」

にこ「うるさいっつってんのよwww」

ことり「wwwww」

穂乃果「ことりちゃん笑ってる場合じゃないよ!?次はことりちゃんだよ!」


256: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 10:38:14.93 ID:c2lnse4b.net

ことり「そ、そうだね穂乃果ちゃん…」プルプル

花陽「だ、大丈夫?」

ことり「ダイジョブ、ありがとう花陽ちゃん。じゃ、フフッw…投げるね?」

穂乃果「が、頑張ってね?」

リリホワ「………」

ことり「…海未ちゃん、もう近づいたりしないでね?」クル

海未「わかっていますよ」

ことり「希ちゃんも凛ちゃんもだよ?」

希「わかってる」

凛「大丈夫にゃー」

ことり「なら、いいんだけど…じゃ投げるね!」ダッ

凛「だってーwwwww」

希「ぎゅっとーwwwww」

海未「LOVEでせっきーんwwwww」ズンズン♪

ことり「ウフンwwwww」

ゴロゴロゴロ…バコーン

にこ「ろ、6本w」

ことり「近づかないでって言ったのにぃー…」

真姫「信じちゃ駄目に決まってるでしょ?やっぱり海未が接近中だったわよ」

絵里「真姫、その言い方やめてくれない?w」


257: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 10:39:06.89 ID:c2lnse4b.net

穂乃果「大丈夫だよことりちゃん!まだ2投目があるよ!」

花陽「そうだよ!頑張ってこらえなきゃ…」

ことり「…うん!」ダッ

希「だってーwwwww」ダッ

凛「今日はーwwwww」ダッ

海未「2度とこなーいwwwww」ピタッ

にこ「…行かないんかいっw」

ことり「もうダメwwwww」

ゴロゴロゴロ…ゴトンッ…

穂乃果「ああっ!」

花陽「ガーターになっちゃったよぉ…」

リリホワ「wwwww」

にこ(正直、ことりを止めたのはナイスよ…これでなんとか追いつける…)

ことり「wwwww」

穂乃果「う、ウケすぎだよことりちゃんw」

【BiBi】『6-』『22』『▲』『6/』『5/』『25』『▲』【現在スコア74】

【lily white】『9/』『g5』『▲』『9-』『81』『4-』『▲』【現在スコア66】

【Printemps】『▲』『43』『▲』『▲』『52』『▲』『6-』【現在スコア95】

※ストライク「▲」スペア「/」ガーター「g」「-」


278: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 19:29:47.42 ID:1b03lk2O.net

【第8フレーム】

絵里「つ、次は真姫よ?」

真姫「エリー安心して?私は全然問題ないわ。」

絵里「ほんとかしら…」

真姫「当たり前じゃない。私は作曲をしてるのよ?どんな曲で邪魔してくるか、もうだいたい予想もつくわ」

絵里「なら期待してるわね。…頑張って」

真姫「ええ」

リリホワ「…」スタスタ

にこ「来たわね…」

真姫「こんな同じ手に、何度も私が引っかかるわけないでしょ?どんな歌でも好きに歌えばいいじゃない」

凛「…」ゴニョゴニョ

海未「フッw」

希「わかったw」

真姫「…ふん。相談は済んだ?…じゃあもう投げるわよ!」

リリホワ「…」ワクワク


279: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 19:30:43.06 ID:1b03lk2O.net

絵里「耐えるのよ真姫!!」

真姫「当然よっ!」ダッ

海未「ダーンシンwwwダンシンwww」クネクネ

希「ノンストップwwwww」クネクネ

凛「まいだーんしんwwwww」フリフリ

真姫「って何でアライズwwwwwwwwww」

ゴロゴロゴロ…コンッ

絵里「あぁ…1本だけよ…」

にこ「予想を超えて来るわねw………いや笑ってる場合じゃないわ」

真姫「あああああ!!…もうっ!!真横でそのクネクネ動くのやめなさいよ!!」

リリホワ「ダーンシンwwwダンシンwww」クネクネ

真姫「…フw」

絵里「駄目よ真姫!見ちゃダメ聞いちゃダメ!」

真姫「そんなの無茶よw」

にこ「とりあえず気持ちを切り替えなさい!2投目よ!」


280: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 19:32:01.92 ID:1b03lk2O.net

真姫「そ、そうね。…もう、平気なんだから!」ダッ

海未「もっと知りたーいwww知りたーいwww」クネクネ

希「過剰ぉな」

凛「ッらいふwwwww」キメ

真姫「クッw」

ゴロゴロゴロ…バコーン!

花陽「7本…」

穂乃果「合わせて8本だね。それにしても……ふふ…何でアライズw」

真姫「やっぱり耐えられない…凛の発音も地味に来るものがあるわ…」

にこ「大丈夫よ。まだ勝負は終わってないんだから」

絵里「…穂乃果、ことり、花陽」タッタッ

ことり「絵里ちゃん?」

花陽「どうしたの?」

絵里「ちょっと相談が…」

穂乃果「…え?なになに?」

絵里「いまから海未に……………」ゴニョゴニョ


281: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 19:33:15.04 ID:1b03lk2O.net

海未「…では、私ですね」

凛「よーし!海未ちゃん、いっくにゃー!」

希「まだ全然勝てる!頼んだで海未ちゃん!」

海未「凛もストライクを出したことですし、ここで2連続、取って来ます」

プランタン「…」スタスタ

のぞりん「…?」

海未「………3人共、私の横に立ってどうするつもりですか?」

ことぱな「…」ドキドキ

海未「まさかとは思いますが、私にその手が通用すると思っているのですか?」

穂乃果「…」ドキドキ

海未「ふふ、私は構いませんよ。どうぞ好きにして下さい」

絵里(…いけるかしら)ドキドキ

海未「では…」スッ

ことり「…ず、ずーっと前からうーんっと前から」

花陽「聞いーてみたくて待ってたー!」

海未(告白日和ですか…だからなんだと言うのですっ!)ダッ

ことぱな「ほのーかーちゃんから最初にー伝えてしまっえー…」

穂乃果「ぅ海未ちゃん大好きです!!////」


282: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 19:33:47.57 ID:1b03lk2O.net

海未「んなっ!!」

ガタンッ!…ゴロゴロゴロ…ゴトンッ…

のぞりん「ああああああああああああああああああああ!!!!」

真姫「が、ガーター?」

にこ「即ガーターコースに入ったわよ!」

絵里「やったわ!」

海未「ほ、穂乃果!い…いまのはっ!」

穂乃果「え、えっと…」

凛「海未ちゃん!これは穂乃果ちゃんたちの作戦だにゃ!」

希「そうや!これは海未ちゃんを油断させようとしてるんやで!」

海未「ハッ…!」

海未(そうですか、これはそういう作戦でしたか…ならばもう誤魔化されはしません!)ダッ

穂乃果「…さ、作戦だけど………嘘は言ってないもんっ!」

海未「はぅっ!」

ゴロゴロゴロ…バッッコーン!!

希「ああーっ!1本残ってしもうたー!」

海未「う、ううううううううんんっ!!」

凛「………悔しがるか喜ぶかどっちかにするにゃー…」


283: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 19:34:24.89 ID:1b03lk2O.net

にこ「希、ちょっと来て…」ボソッ

希「ん?どしたんにこっち」スタスタ

真姫「…?」

にこ「………このままじゃプランタンに圧勝されてしまうわ」

希「まあ、確かにそうやなあ」

にこ「だからここは私もテンション上げて2人で…」ゴニョゴニョ

希「………ふふ、ええよw」

のぞにこ「………」スタスタ

真姫「…なんの話だったの?」

にこ「んー?」ニヤニヤ

希「別にー?」ニヤニヤ

真姫「そ、そう…」

海未「希、次は穂乃果の番ですよ?」

凛「今度は何するにゃ!」

希「2人とも、ここはウチとにこっちに任せとき」

凛「にこちゃんも?」

海未「何か策があるのですか?」

希「策なんて何もあらへんよー。ただちょっと2人で歌うだけやで」ワクワク

海未「にこもですかw…そうですね。では少しだけ参加しますが、今回は凛と見ていますw」


284: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 19:35:01.88 ID:1b03lk2O.net

穂乃果「絵里ちゃん!よくわからないけど上手く言ったよ!」

絵里「凄く良かったわ!穂乃果、可愛かったわよ?」

花陽「だよねだよね!なんか私も照れちゃったよっ」

穂乃果「そ、そう?//」

ことり「穂乃果ちゃんに大好きなんて言われたら、海未ちゃんじゃなくてもあーなっちゃうよー」

穂乃果「もう//からかわないでよー//じゃあ、次は穂乃果だから投げてくるね!」

絵里「それじゃ、私は戻るわね。一応いまは敵同士だし」

穂乃果「うん!穂乃果負けないよ!」

絵里「私だって負けないわ!」

のぞにこ「………」スタスタ

絵里「…?にこ?希?」

真姫「エリー」

絵里「真姫?どうしたのあの2人」タッタッ

真姫「2人で穂乃果に何かするみたいよ?」

絵里「…ああ、いまから穂乃果の番だものね」

真姫「にこちゃんも本気でまずいって思ってるんじゃない?」


285: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 19:35:35.12 ID:1b03lk2O.net

のぞにこ「………」

ことり「どうして…」

花陽「…今回は希ちゃんとにこちゃんが立ってるの?」

穂乃果「もしかして、また邪魔する?」ムス

にこ「しないわよ。気にしすぎよあんた」

穂乃果「…そう…だよね?海未ちゃんも凛ちゃんも大人しくしてるし…じゃあ行くよ!」ダッ

にこ「ズルイwwwズルイwwwズルイことはーwww」ダッ

希「しちゃーダメなーのよこーらこらーwww」ダッ

うみりん「マジメにぃーwwwww」

穂乃果「くふっwwwwwwwwww」

ゴロゴロゴロ…コンッ

花陽「あぁ…1本だけだよぉ…」

ことり「まw負けないで穂乃果ちゃん!!」

穂乃果「もうっ!ズルイことはしちゃダメなんじゃないの!?」

にこ「コワイwwwコワイwwwコワイ顔でーwww」

希「イターズラしーかるこーらこらーwww」

穂乃果「うるさいよ!!」

うみりん「マジメにぃーwwwww」

穂乃果「フフンwww」


286: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 19:36:13.47 ID:1b03lk2O.net

穂乃果「もういいよ!集中…集中ぅー」

穂乃果「…」ダッ

希「真剣なーキミっがーwww」

にこ「すーてきなーんだもぉーんwww」

のぞにこ「だーからミースしよーwww」

うみりん「ズルイかっ?wwwww」

穂乃果「ズルイよwwwwwwwwww」

ゴロゴロゴロ…ポコッ

ことり「合わせて3本だけになっちゃった…」

花陽「ダレカタスケテー!!」

穂乃果「駄目だ…もう穂乃果のスコア全部ひどいよ…」

のぞにこ「穂乃果ちゃん…」

穂乃果「………なあに?」

のぞにこ「じょうだーんwwwwwwwwww」

穂乃果「フッwwもう絶対に負けないww負けるもんかww」

絵里「無茶苦茶ね…」

真姫「そうね。でもこれで、次はにこちゃんが大事だって言ってた第9フレーム…」

絵里「とうとう終わりが近づいて来たわね。頑張ってよにこ…」

【BiBi】『6-』『22』『▲』『6/』『5/』『25』『▲』『17』【現在スコア90】

【lily white】『9/』『g5』『▲』『9-』『81』『4-』『▲』『g9』【現在スコア84】

【Printemps】『▲』『43』『▲』『▲』『52』『▲』『6-』『12』【現在スコア98】

※ストライク「▲」スペア「/」ガーター「g」「-」



295: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 22:28:56.89 ID:1ivt/hvP.net

くそわろた


298: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 23:51:53.36 ID:rx7jXwxC.net

煽り芸ほんとすこ



320: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/11(木) 11:58:03.87 ID:viNHG0c8.net

【第9フレーム】

海未「第9フレームですか」

にこ「いよいよね」

にこ「ねえ、もう最後なんだし、ここからは真剣にやらない?」

希「そうやね。ここだけは絶対に逃されへんとこやもんね」

真姫「そんなこと言って、またやるんじゃないの?」

絵里「そんな気もしないことないわ…」

海未「いえ、ここはにこの提案に乗りましょう。ここからは正々堂々勝負です」

穂乃果「ほんとかなあ…」

ことり「信じよう穂乃果ちゃん。ほんとに最後なんだもん」

凛「約束するにゃ!」

花陽「ぜ、絶対だよ?」

にこ「残り2フレーム。ここからは本気の勝負よ?最下位のチームは吐くまで腹筋…にこは絶対に負けないんだから」

海未「私たちも負けませんよ」

穂乃果「私たちだって!実力でやり返すんだから!」

希「それじゃ次はにこっちの番、9フレームの第1投。お願いね」

真姫「頑張ってにこちゃん!」


321: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/11(木) 11:59:54.04 ID:viNHG0c8.net

にこ(この9フレームでストライクかスペアを取ることが出来て、さらに次の10フレームで3球投げることが出来れば…)

にこ(スコアはまだ化けれる。ここはどちらかを確実に取っておきたい。………いやいやいや、どちらかを取れればー…じゃないわね。)

にこ(私は取るわ!ストライクを!私は宇宙ナンバーワンアイドル矢澤にこ!…私は負けない!スペアなんかいらないのよ!!)

にこ「…っとりゃああー!!」

ゴロゴロゴロ…バッッッコーン!!!

穂乃果「おおー!!」

にこ「ぃよっしゃああああ!!!!」

絵里「ストライク!?やったわにこ!」

真姫「ま、まあ?私はにこちゃんなら取れるってわかってたケド//」

にこ「あ、当たり前でしょー…?」

にこ(よ、良かったー…これで残すは第10フレーム。いける!!)

海未「―――やはり取られてしまいましたか…」

凛「こっちもストライクかスペアを取らないと、もう勝ち目は殆ど無いにゃー…」

希「何を言うてるんや凛ちゃん。次はウチやで?絶対に取るから期待しててや!」

凛「………の、希ちゃん」…―――――。

凛『希ちゃんならストライク取れそう!』

希『ふふ…やってみるけど、そこまで期待せんといてよー?』…―――――。

凛「………わかったにゃ!今度は、期待してるにゃー!」


323: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/11(木) 12:01:20.28 ID:viNHG0c8.net

希(…いまの点差は、ビビがストライクを取ったから現段階で100。プランタンはこの9フレームを投げる前からすでに98。)

希(それに比べてウチらはまだ84。ここでスペアかストライクを取れれば、まだ10フレーム次第でどうにでもなる点差やけど…)

希(どっちも取れんかったらほぼ負け確定。ビビはストライク取ったおかげでまだここからさらにスコアは伸びる)

希(もしビビが次もストライク取ったら?…これは絶望的になるなあ。腹筋が目の前や…。ビビの2連続ストライクの可能性を考えるなら…)

希(リリホワにも2連続出せる可能性を残さなあかん。その為には………ここでウチがスペアってわけにはいかんよなー)チラ

海未「…希」

凛「…希ちゃん」

希「ふふ…心配そうな顔してー。言うたやん?ウチはストライクを絶対に取るん…っや!!」

ゴロゴロゴロ…バッッッコーン!!!

凛「んにゃああああああああああああああああ!!!!」

絵里「あぁ!取られたわ!」

真姫「ちょっと!また追いつかれたじゃない!」

海未「やりました!やりましたよ希!」

希「やりきったでー!」ピース

にこ「くぅぅ!やっぱりここでミスなんて希はしないわよね…」

凛「さすが希ちゃん!かっこいいにゃー!」


324: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/11(木) 12:02:16.58 ID:viNHG0c8.net

花陽「…」ドキドキ

ことり「第3フレームと一緒で、また2人ともストライクだね…」

穂乃果「関係ないよ!花陽ちゃん頑張って!」

花陽「う、うん!」

にこ「―――もうビビとリリホワの一騎打ちでしょうね」

海未「そうですね。花陽はここまで全てストライク。ここもストライクは避けれないでしょう」

真姫「ストライク取っても、10フレーム目が全部ガーターなら勝てるんじゃない?」

絵里「そんなことにはならないと思うけど…」

希「次はストライクじゃないかも知れへんよ?あのスピードやし、いままで残らんかった方が不思議なぐらい」

にこ「あんまり期待できないわね…それにストライクじゃないにしても、花陽のあのコントロールじゃ、スペアは確実に取るわよ」

希「…それもそうやね」

凛「がんばれかよちーん!」

花陽「ありがとー凛ちゃーん!」

海未「何故応援してるのですか。…いまは花陽は敵ですよ?」

凛「あ、そうだったにゃー」テヘ

花陽「それじゃあ行きます!っえい!」

コロコロコロ…コン…バラバラバラ

ことり「あー端に2本だけ…」

穂乃果「残っちゃったね」

ビビ&リリホワ「!?」

花陽「うぅ…」


325: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/11(木) 12:03:02.83 ID:viNHG0c8.net

穂乃果「残っちゃったのはしょうがないよ!あとはあの端の2本だけ倒せばいいんだから!」

希「たまにあるんよね。コースは最高なのに何故か残ること」

絵里「そうなの?」

希「そうなんよ。どんなプロでも間違いなくストライク取れるとは限らへんから」

にこ「それがここで出たのは私たちにとっちゃラッキーだったけどね」

真姫「でもどうせ花陽のコントロールならスペアでしょ?」

ことり「そうだよ?花陽ちゃんなら大丈夫」

花陽「うん…頑張ってみるね?」

凛「がんばれかよちーん!」

海未「ですから、何故応援しているのですか?」

凛「あ、ついw」

海未「負けたら腹筋なのですよ?」

凛「そ、それは嫌だにゃー」

花陽「それじゃ…っえい!」

コロコロコロ…

真姫「え?」

ゴトンッ…

希「え?」

絵里「ド真ん中に直球コースだったけど…」

穂乃果「は、…花陽ちゃん?」


326: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/11(木) 12:03:45.71 ID:viNHG0c8.net

花陽「ごめんなさい…私、真ん中にしか上手く投げれないみたいで…」

ことり「ええ!?」

穂乃果「じゃああのコントロールは真ん中限定ってこと!?」

花陽「ご、ごめんなさい…」

真姫「一瞬、わざとやってるのかと思ったわ…」

穂乃果「だ、大丈夫だよ!穂乃果のスコアの方がよっぽど悪いもん!」

ことり「むしろプランタンで1番スコア稼いだのは花陽ちゃんなんだから」

穂乃果「攻めたり出来ないよ!最後の10フレーム目で取り返せばいいよ!」

花陽「穂乃果ちゃん、ことりちゃん、…ありがとう」ウルウル

希「―――ちょっと点差が急に縮まったやん…」

にこ「………」

海未「………」

凛「…?2人ともどうしたにゃ?」

にこ(追いつけないと思っていたプランタンに…)

海未(これは勝てるかも知れないです!!)

海未「ではいよいよ最後!第10フレームを始めましょう!」

真姫「来たわね…」

絵里「確か最後は指名制でチームごとに相手を1人選ぶんだったわよね?」

にこ「それじゃ、チームで別れて最後の10フレームを誰にするか、相談よ!」


327: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/11(木) 12:04:14.60 ID:viNHG0c8.net

■指名チーム

【lily white】→【BiBi】

【BiBi】→【Printemps】

【Printemps】→【lily white】

■第9フレームまでのスコア

【BiBi】『6-』『22』『▲』『6/』『5/』『25』『▲』『17』『▲』【現在100】

【lily white】『9/』『g5』『▲』『9-』『81』『4-』『▲』『g9』『▲』【現在94】

【Printemps】『▲』『43』『▲』『▲』『52』『▲』『6-』『12』『8-』【現在106】

※ストライク「▲」スペア「/」ガーター「g」「-」


424: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:19:27.46 ID:hQFjtuOA.net

《チーム【lily white】作戦会議》

海未「次は最後の第10フレーム目です」

希「ここで全部、決まるんやね」

凛「なんだかドキドキするにゃー」

海未「私たちリリホワチームの担当は、ビビチームの10フレーム目の投球を誰にするか、ですが」

希「にこっち、えりち、そして真姫ちゃん」

凛「にこちゃんだけは選んじゃ駄目だと思うにゃー…」

海未「それは私も同意見です。にこは3回中、2回のストライクを取っていますから」

希「となると…ここはえりちか真姫ちゃんやね?」

海未「そうですね。…まずはその2人のスコアを振り返りましょう」

凛「えっと…絵里ちゃんは初めに6本倒して、その次はスペア、最後はストライクだよ?」

希「順調に伸びてきてるなあ…」

海未「にこの教えたカーブのおかげですね。成長が早過ぎるように思いますが…」

凛「真姫ちゃんは第1フレームに4本、次はスペアで最後は8本にゃ」

希「まあそれやったら、普通に考えてここは真姫ちゃんやと思うけど…」

凛「そうにゃ!真姫ちゃんはまだストライク取ってないんだし、最後は真姫ちゃんで決まり!」


427: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:21:56.12 ID:hQFjtuOA.net

海未「………果たして、本当にそれで良いのでしょうか?」

凛「…?」

希「どういうこと?」

海未「確かに真姫はストライクを取っていませんが、絵里のスコアと同じように、このあたりで伸びてくるかも知れません」

海未「それに比べ、絵里のカーブはストライクを取ってはいるものの、所詮は付け焼き刃のカーブでしかありません」

海未「次あたりでボロが出ても、おかしくないと私は思いますが」

凛「確かに…」

希「でも、そんなことまで言い出したら、結局誰にするか決められへんのとちゃう?」

希「予想は予想でしかないし、えりちが調子落とさへんかも知らん…」

希「何より、ほんまに1番怖いことは、次もまたストライクを取られることやで?」

希「万が一、次にストライクなんか取られてまうと、ウチらも連続でストライクを取ることが絶対条件になってしまうんよ?」

凛「えっと…ストライクは次の2投分がそのスコアに加算されるから………だったっけ?」

希「そ。だからスコアは急激に伸びる。10数本が加算されることになるんやから」

希「そうなると、ウチらも急激にスコアを伸ばさなあかん。そのストライクで3投目も確保されてしまうからね」

海未「………そう言われると、希の方が正しいですね。問題は、次にストライクを取られるか取られないかが重要になります…」

海未「もし取られた場合には、必ずこちらも取り返さなければいけません…」


428: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:23:07.95 ID:hQFjtuOA.net

希「…だからここは、ストライクを取らなさそうな方を選ぶしかないんよ」

希「次に取られなければ、ウチらはストライクに縛られず、10フレーム目を進められるんやから」

海未「でしたら、2人のフレーム毎の1投目のおさらいをしましょう」

凛「えーっと…絵里ちゃんの1投目は6本で、次も同じで6本にゃ」

希「ここからにこっちが途中でにカーブを教えて、その4フレーム目はえりちの初カーブでスペア。最後はキッチリとストライク…」

凛「それに比べて真姫ちゃんの1投目は、2本、5本、1本だよ?」

海未「それでしたら…」

希「…決まりやね。…でも、これが正しい選択とは言われへんよ?結果次第で、結局はこっちを選べばー…ってなるんやから」

海未「わかっています。もしもストライクを取られたら、…そのときはそのときです。こちらも取ってしまえば良いのですから」

希「…3連続やと、もっと恐ろしいでw」

海未「とんでもないことを言わないで下さい…」

凛「それじゃあ、真姫ちゃんで決まり!これで決定にゃー!」

海未「…さあ、これが最後の勝負です!…頑張りましょう!」

のぞりん「おー!」


429: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:24:20.70 ID:hQFjtuOA.net

《チーム【BiBi】作戦会議》

にこ「プランタンの最後の投球を誰にするかだけど、意見はある?」

真姫「穂乃果、ことり、花陽…」

絵里「正直、難しいわ…。ことりは綺麗にストライクを取って来そうだし、花陽はスペアを取れない可能性があるにしてもあれは爆弾よ?」

真姫「穂乃果に至っては、リリホワの応援とかいうやつのせいであまりまともには投げれてないし、こっちもどうなるかわからないわ」

にこ「まあ、そうよね…。なら、こう考えない?私たちは次にストライクを取れれば勝ったも同然なんだから、まずは取ったとして………

絵里「にこ、何言ってるの?連続でストライクを取れたとしても、勝ったも同然なんて到底言えないわよ?」

にこ「…え?どうしてよ?」

真姫「はあ!?イミワカンナイ!にこちゃんが言ったんでしょ?プランタンだって連続でストライク取ったらどうなるかわかんないじゃない」

にこ「………?まあ、そうだけど…でも、あっちは9フレーム目がスペアでもストライクでもないじゃない」

絵里「そんなの第10フレームで取られたら一緒よ」

真姫「ボーナス加算されちゃうんだから、まだまだ結果はどうなるかわからないわ」

にこ「………なんか、若干噛み合ってない気がしてたけど、やっぱりそうね。あんたたち、少し勘違いしてるわよ?」

絵里「…勘違い?」

真姫「何を?」


430: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:25:43.50 ID:hQFjtuOA.net

にこ「あのね?…プランタンはストライクを取ろうがスペアを取ろうが、もうボーナス特典は貰えないのよ」

えりまき「…え?」

にこ「あれ?私ちゃんと説明してなかったっけ?…いい?ストライクは次の2投分がスコアに加算されるって言ったけど、それは『次のフレームの2投分』ってことよ」

にこ「もうこれが最後の第10フレーム目…。次のフレームはないの。だからプランタンに、ボーナス加算はもうないのよ」

真姫「そ、そうなの?」

にこ「そうよ。伝わってなかったのかしら」

絵里「わからないわ…。言ったかも知れないけど、最後だし少し動揺してたのかも…」

にこ「ま、どっちでもいいわ。言えてなかったとしても、いま理解したなら構わないから話を続けるわよ?」

にこ「プランタンは9フレーム目にストライクもスペアも出していない。それに比べて、私たちとリリホワは9フレーム目にストライクを出してる」

にこ「だから、私たちは次もストライクを取れたなら、勝ったも同然って言えるわけ。まだボーナス加算があるし、3投目も貰えるからよ。…わかった?」

真姫「ええ、良くわかったわ…」

にこ「だから私が3番手だったのよ。9フレーム目は絶対に逃せなかったから」


431: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:27:29.10 ID:hQFjtuOA.net

絵里「なるほど…それじゃあ私たちもリリホワも、次にストライク取ったら…」

にこ「両チームとも10数本のスコアが加算されるわけだから、プランタンの勝ちは絶望的になるわね」

真姫「9フレーム目もこんなに大事なのね…ボウリングって奥が深いわ…」

絵里「希って、凄いゲームを提案して来たのね…単純だけど、ルールもしっかりしてて、さすがだわ…」

にこ「でも、勝ったも同然って言うのは連続でストライクを取れればの話よ?どうなるかわからないし、一旦この話は置いといて、投球、誰にするか決めるわよ」

真姫「…もう話し合っててもしょうが無いし、無難に穂乃果でいいんじゃない?」

絵里「ことりや花陽に、さっきみたいにストライク取られるよりは………やっぱり穂乃果しかないわね…」

にこ「確かにそうね。正直言うと誰も選びたくないってのが本音だけど、そんな考えが出ちゃうと、こういうのは誰を選んでも一緒ね」

真姫「なら決まりね」

にこ「逆に私たちが選ばれるとなると、真姫の可能性が1番高いから、頑張んなさいよ?」

真姫「うるさいわね//!わかってるわよ//!」

絵里「もし私だったら………考えるだけで怖いわ…。指名されてね?真姫」

真姫「2人して何よ!私だって嫌なんだからね!」

にこ「さ、話は終わりよ。行きましょうか」スタスタ

絵里「そうね」スタスタ

真姫「ちょっと!……………何よ!待ってよもうっ!」タッタッ


433: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:29:30.65 ID:hQFjtuOA.net

《チーム【Printemps】作戦会議》

穂乃果「では、リリホワの最後の投球を誰にするか、ですが…」

ことり「…」ゴクリ

花陽「…」ゴクリ

穂乃果「ここは、いっせーのっでで、同時に発表したいと思います。…よろしいですか?」

ことり「ハイ。ヨロシイデス」

花陽(何で海未ちゃん風の口調なんだろう…)

穂乃果「ではいきます。………いっせーのっでっ!」

ほのことぱな「ぅ海未ちゃん!!」

穂乃果「…」

ことり「…」

花陽「…」

ほのことぱな「wwwww」ケラケラ

穂乃果「そうだよね!?ここは絶対に海未ちゃんだよ!」

花陽「だよねだよね!?私もそう思うよ!」


434: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:31:10.11 ID:hQFjtuOA.net

ことり「希ちゃんはスコアが凄いし、絶対に選んじゃ駄目だもん!」

穂乃果「希ちゃん、2回もストライク取ってるもんね!」

花陽「凛ちゃんも全部のフレームが、1投目だけで9本以上倒してるし!」

穂乃果「凛ちゃんはストライクもスペアもどっちも取ってるもんね!」

ことり「でもぉ…海未ちゃんだけはぁ…」スコアチラッ

花陽「ガーター、スプリット、ガーター…」

穂乃果「穂乃果だってスコア酷いけど、海未ちゃんは初心者じゃないのにね?」

穂乃果「…それに、プランタンの中で指名されるとしたら、多分私だと思う」

穂乃果「海未ちゃん達にあれだけやられたんだから、ここは絶対に仕返ししなくっちゃ!」

ことり「うん!誰が指名されても、大丈夫!」

花陽「私たちなら、絶対に!」

穂乃果「勝てるよ!私だって、絵里ちゃんみたいに急成長するもんね!」

ことり「これで決まりだね!」

花陽「頑張ろうね!」

穂乃果「それじゃあ行こう!」


435: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:32:25.12 ID:hQFjtuOA.net

【第10フレーム開始前】

ビビ「…」スタスタ

プランタン「…」スタスタ

リリホワ「…」スタスタ

9人「……………」ザッ

にこ「…全員、話し合いは済んだようね」

希「そうみたいやね」

凛「もうバッチリにゃー!」

ことり「それじゃあ、各チーム指名していこ?」

海未「はい。では、まずはリリホワチームからビビチームの指名を…」

ビビ「…」ゴク

海未「ビビチームの第10フレーム投球担当は、真姫で決まりました」

真姫「………ふん。ま、そうじゃないかとは思ってたけどね」

絵里「次は私たちね」

にこ「プランタンチームの第10フレーム投球担当は、穂乃果で決まったわ」

穂乃果「む、やっぱりそっかー」

花陽「じゃあ、最後に私たち…」

ことり「リリホワチームの第10フレーム投球担当は、海未ちゃんで決まったよ?」

海未「私ですか。まあ、スコアを見れば、私になるとは思っていましたが…」


436: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:34:25.24 ID:hQFjtuOA.net

にこ「…これで、全部決まりね」

海未「すみません。最後の10フレーム目に入る前に、私から1つ提案があるのですが」

花陽「どうしたの?」

海未「この対決は、最下位のチームが罰ゲームとして吐くまで腹筋をするのですよね?」

絵里「そうだけど…」

真姫「ていうかそれ、海未が言い出したことなんだけど…」

海未「そこで思ったのですが、1番になったチームに何もご褒美がないというのは、どうなんでしょう?」

希「つまり?」

凛「何か優勝商品みたいなものがあってもいいんじゃないか…ってことかにゃ?」

海未「そうです。どう思いますか?」

にこ「まあそれは確かに…」

穂乃果「あった方がいいかも!私は賛成!」

ことり「でも、急に言われても何も思い付かないよ…。海未ちゃん何か考えてるの?」

海未「最下位のチームは吐くまで腹筋。そして優勝チームには、負けた2チームに何か1つだけ命令が出来る権利を獲得。というのを考えています」

真姫「そ、その命令って…なんでもアリなの?」

海未「ある程度出来る範囲であれば、基本的にはなんでもアリにしようかと」

海未「それに、私も急遽思い付いたことですから、こういうのがあった方がモチベーションも上がると思いまして」

花陽「最後だもんね。私もいいよ?」

にこ「ここまで来てその提案を断るのは、勝つ自信がないチームだけよ?私だって構わないわ」

希「そやね…ほな追加ルールとして決定にしよっか。………それじゃ、始めよか!最後の第10フレーム!」


437: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:35:20.34 ID:hQFjtuOA.net

【第10フレーム】【投球者・真姫】

真姫「それじゃ、投げるのは私からね」

絵里「ほ、本当にこれが最後よ?」

真姫「わかってるわ…。やるしかないってことも」

絵里「真姫…」

にこ(真姫がストライクを取れれば…。いえ、こんなの欲張りすぎよね)

にこ(せめてスペアを取って3球目を投げること。これが、ビビの勝ちへの最低条件…)

絵里(ここまで来たら、絶対に負けたくない。どうしても勝ちたいわ…)

にこ「真姫…」

真姫「な、なによ…2人して…」

絵里「…真姫なら、必ず良い結果を残せるわ」

にこ「あんたに全てが懸かってるの。………頼んだわよ…?」

真姫「……………」


438: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:36:07.27 ID:hQFjtuOA.net

…フン。何が罰ゲームよ

吐くまで腹筋なんて、私は絶対にごめんよ?

そもそも、どうして私が全部背負い込まないといけないの?

イミワカンナイ

ていうか、10フレーム目は指名制ってルールが決まったとき、私…


『悪い言い方をすれば…お荷物ね…』


…ははっ何よ、私が指名されてるじゃない

そんなお荷物に向かって、良い結果が残せる?全てが懸かってる?

…バカじゃないの?

にこちゃんとエリーは一体何を言ってるのよ

……………でも…


真姫「…わかったわ。任せなさい」


3年生が2人して、1年生の私に期待している

こんな、チームのお荷物を信じている

…負けるわけには、いかないわ

単純に、勝負に負けるのが嫌、もちろん腹筋だって絶対に嫌

………でも、私は、それ以上に…

2人の期待に応えられないなんて、もっと!もっともっと嫌なんだから!!

私は勝つわよ!絶対に!


439: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:37:38.95 ID:hQFjtuOA.net

真姫「…」スタスタ

にこ「真姫?」

絵里「プランタンの方…?」

真姫「…」ピタ

ことり「?」

穂乃果「真姫ちゃん、どうしたの?」

真姫「…花陽」

花陽「ひゃ、ひゃい!?」

真姫「ちょっと、ボール借りてもいいかしら?」

にこ「!?」

希「なっ!?」

凛「ま、真姫ちゃん!本気かにゃ!?」

絵里「だ、駄目よ真姫!下手に投げたら即ガーターだって話をしたじゃないの!」

真姫「ちょっと黙ってて…」

真姫「…で、花陽。借りてもいい?」

花陽「う、うん…いいけど…ホントに大丈夫?」

真姫「平気よ?ありがと。それじゃあ持ってくわね」ズシ

真姫「ぅ、お…重…」

真姫(…少しずつ転がして持ってこ)コロコロ


441: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:39:25.10 ID:hQFjtuOA.net

にこ「あんたねえ…そんなんでそれを投げれるわけないでしょ?やめときなさい」

真姫「…投げるわよ」

絵里「花陽だって投げてたわけじゃないのよ?正確に真ん中へ転がしていたの。それを投げるなんて…」

海未「ま、真姫?これで怪我をしてしまっては元も子もありません…。ここは、にこや絵里の言うことを聞いておきませんか?」

真姫「別にいいでしょ?私が投げたいから投げるの」

真姫「…それに、こうでもしないと、私はもうこれ以上スコアを伸ばすことは出来ないわ」

絵里「…にこ…どうする?」

にこ「…まったく、仕方ないわね。決めるのは真姫よ?もう好きにしなさい。…せめて、落ち着いてゆっくり投げなさいよ?」

真姫「ありがとうにこちゃん…」

希(…なんか…えらいことになっとるなあ…)

ことり「真姫ちゃん、気をつけてね?」

真姫「ええ。…それじゃ、投げるわね」ズシ

8人「…」ゴクリ

真姫(ホントに重いわねこれ。…えっと…確かこうして…こうね?………よし)

真姫「…ええええぇい!!」

―――ゴロゴロゴロ…


442: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:40:43.66 ID:hQFjtuOA.net

凛「やっぱりちょっとスピードが遅いにゃー…って…」

絵里「ああああああ!!駄目よ!!右に逸れてるわ!!」

にこ「これじゃガーター…。失敗ね…」

絵里「落ちる!落ちちゃう!いやああああああ!!」

―――…クンッ

海未「!?」

穂乃果「ま、曲がった…」

絵里『ねえにこ、希の球なんだけど…少し曲がってなかった?気のせい?』

にこ『あれはカーブよ。綺麗に真ん中に当たればストライクが取りやすいのよ』

真姫『そんなのもあるのね…』

真姫「…16ポンドは当たれば凄いんでしょ!なら、それがカーブで真ん中に当たるならどうかしら!!」

海未「こ、これは…」

希(アカン)

真姫「いけえええええええ!!」

―――…バッッッコーン!!!

ことり「ぜ、全部倒れちゃった…」

花陽「ストライクだよぉ!」

絵里「ハラハラハラハラハラショハラショ」

凛「え、絵里ちゃんがバグったにゃー!」


443: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:46:55.42 ID:hQFjtuOA.net

にこ「真姫!」ダッ

真姫「に、にこちゃん…ヴェエ!!」

にこ「良くやったわ真姫!最高の結果よ!」ダキッ

真姫「あ、当たり前でしょ?//私を誰だと思ってるの//」

にこ「ここでのストライクは、もう私たちが勝ったと言っても過言じゃないわ!」

絵里「真姫ぃ…真姫ぃぃ!!」ダキッ

真姫「ちょ、ちょっと絵里まで//まったくもう//2人とも大袈裟なんだから//」

穂乃果「すごいなあ…真姫ちゃん…」

希(2連続ストライクで3球目も確保…これで海未ちゃんもストライクが絶対条件になってもうた…)

希(それに、ウチらよりももっとキツイのはプランタンや…ここから1位になるのはウチら以上に絶望的…)

海未「…」

凛「海未ちゃん…」

海未「凛、心配しないで下さい。…私は大丈夫ですから」

真姫「次、2投目も行くわよ!」ズシ

真姫「っ痛…」

にこ「!」

絵里「真姫、もしかして…」

にこ「…やっぱり無理してたのね。もう充分だから、次は普通に投げなさい」

真姫「へ、平気よこれぐらい!」


444: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:48:39.98 ID:hQFjtuOA.net

にこ「駄目よ!!!」

真姫「…にこちゃん」

にこ「絶対にもう1度は駄目。急に16ポンドで親指を使わない付け焼き刃のカーブを投げたんだから…」

絵里「そうよ?これ以上無理するのはよくないわ…それに真姫の手が怪我なんてしたら、私泣くわよ?」

真姫「泣くって…。もうわかったから、そんな顔しないで。………無理を言ってごめんなさい」

にこ「わかればいいのよ。ほら、あと2球だけなんだから」

絵里「頑張って!」

真姫「ええ」

真姫(ストライクは次の2投がボーナス加算される…。)

真姫(それなら次も出来るだけ多く倒したい。ほんの少しだけ手が痛いけど、私ならこれぐらい…)

真姫「…えいっ!」

―――ゴロゴロゴロ…バコーン!

絵里「な、7本!」

にこ「上出来よ!これはもらったわ!絶対に勝ったわよ!」

真姫「これで最後よ!3球目…っえい!」

―――ゴロゴロゴロ…ゴトンッ…

真姫「あ…ガーター…」

にこ「締まらないわねえ…。まあいいわ、これで私たちは終わり。真姫、お疲れ様」

絵里「3本ぐらいくれてやる!そう思いましょう?真姫、お疲れ様」

真姫「ふ、ふん//………あ、ありがとう////」


445: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:50:00.84 ID:hQFjtuOA.net

【第10フレーム】【投球者・海未】

海未「…」スクッ

凛「う、海未ちゃん…」

希「もう、ストライクしかあかんのやで…」

海未(希、凛。もう私たちの負けが決まったような顔をしていますね)

海未(それもそのハズです。妨害があったとはいえ、私はここまで1投目で2回のガーターを出しています。しかも残り1回はまさかのスプリット)

海未(やはり投球順を決めるじゃんけんがここで響いて来ましたね。絶対にストライクを取らなければならないプレッシャーを感じています…ですが…)

海未「それが、なんだと言うのです」

希「…え?」

海未「プレッシャーがなんですか?ストライクがなんですか?」

海未「この場面で私がストライクを逃すとでも?こんなところで私がめげるとでも思っているのですか?」

海未「私はどんなことにも全力で取り組んで来ました。ですが私は、ここでまだ1度も全力を出せていません」

海未「いまこそ、私の本気を見せるときなのです。…凛!」

凛「は、はい」

海未「Love wing bellをサビ前から歌って下さい」

凛「…え?」

海未「私に力と元気を下さい」

凛「えっと…」

希「凛ちゃん、ここは海未ちゃんの言う通りにするんや。カードもそう言うてる」

海未「希もですよ」

希「えぇぇ…」

ことり(嫌なんだ…)

穂乃果(カードのせいにして言い訳してるんだ…)


447: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:51:25.66 ID:hQFjtuOA.net

海未「なんですかその反応は!?勝ちたくは無いのですか!?」

希「う、ウチだって勝ちたいよ!でも…」

海未「安心して下さい。私なら必ずやれますから。…さあ凛!」

凛「わ、わかったにゃ!…すぅー」

凛「…こーんなー私ーでさーえもー」

海未「へーんしん!!!!」

凛「だーからねーあげるよ元気!そのーままのーえーがーおーで!」

希「歌おう!歌おう!あげるよ元気!」

のぞりん「悩まないでー夢ーをーみ…」

海未「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」ゴゴゴゴ

希「う、海未ちゃん!?」

海未「…2人から元気をもらい、いま私は変身しました。いまの私は、最終形態ウミーザです」

花陽「ヘンシンシチャッタノォ!?」

絵里「どこも変わってないけど…」

凛「ウミーザ様!!」

希「ウミーザ様ァ!!」

穂乃果「んふw」

ことり「wwwww」

真姫「バカね」

にこ「ええ。3人ともホントにバカよ」

絵里「結局、希もノリノリじゃないの」


448: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:54:03.67 ID:hQFjtuOA.net

海未「ほっほっほ。では行きますよ?」

凛「お願いします!」

希「ウチらに勝利の1投を!」

海未「ラブアロー…」スッ

8人「…」ゴクリ

海未「ビィィィィッム!!!!」

―――シュンッ…

真姫「!?」

絵里「は、疾…」

―――…バッッッコーン!!!

穂乃果「ほ、ほえー…」

にこ「す、ストライク…」

ことり「球のスピードが…」

花陽「速過ぎるよぉ…」

海未「…」クル

のぞりん「海未ちゃん…」

海未「………ふふ…どうでしたか?私のフルパワーは?」

凛「ウミーザ様!!」ダキッ

希「ウミーザ様ァ!!」ダキッ

真姫「くぅぅ…こんなふざけたチームに追いつかれるなんて…」


449: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:56:30.10 ID:hQFjtuOA.net

にこ「ちょっと!それにしてもあのスピードは速過ぎるわよ!どういうこと!?」

海未「ん?おや?聞きたいですか?気になりますか?え?」ニヤニヤ

にこ(こいつ…)

海未「それはですね?私が最終形態ウミーザに…」

ことり「海未ちゃん、そういうのいいから」

海未「………怖いですよことり…」

海未(さっきまで笑ってましたのに…)

海未「冗談はこの辺にしてですね…。私がさっき投げたボールはこれなんです」スッ

にこ「ご、5ポンド!?」

海未「そうです。5ポンドです。スピードを出すには最適ではないですか」

凛「それであんなに速かったのかにゃ!ホントにビームみたいだったよ!」

希「で、でも…そんなの投げても球自体が軽いんやから、ピンは倒れにくいしストライクも取り辛かったはずやで?今回は運が良かったけど…」

にこ「本当にスピードを出すだけのボールね。どうしてそんな球を選んだのよ?」

海未「そんなの決まってるじゃないですか。真姫が無理してまで16ポンドを投げたのですよ?」

海未「そこで私がただ普通に投げて、もしストライクを逃したらどうですか?何も面白くないでしょう」

海未「だから私はこれを選んだのです。私も無理をしてみようと」

海未「その結果、ストライクになりました。ふふふ…」

にこ「………あっそ」

海未「聞いておいてその反応はどうなんですか…?」


450: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:57:46.35 ID:hQFjtuOA.net

海未「まあいいでしょう。では2投目も行きますね」

希「待って海未ちゃん…。5ポンドはもうやめといた方がええんちゃう?」

凛「そうだよ!次も大事なところだよ?」

海未「もちろんわかっていますよ。次も安心して、私の本気を見ていて下さい」

凛「うん!」

希「頼むで海未ちゃん!」

海未「まだボーナス加算は残っていますからね。それでは行きます!」

海未「…ラブアローシュゥゥット!!」

―――ゴロゴロゴロ…バッッコーン!!

凛「9本!」

希「惜しいけど、上出来や!めっちゃええよ海未ちゃん!」

海未「やはりそう何度もストライクは厳しいですね…。では最後、キッチリとスペアを取って来ます」

海未「…っふ!」

―――ゴロゴロゴロ…コンッ…

凛「や、やったにゃー!ストライクとスペア!」

希「全部残さずに取り切ったやん!」

海未「ふふ、これが本来の私の実力です。遠くの物を射ることに関しては、自信があったのですよ?」

海未「さて、スコアは…」チラ

海未「!?」


454: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 03:59:23.26 ID:hQFjtuOA.net

【BiBi】『6-』『22』『▲』『6/』『5/』『25』『▲』『17』『▲』『▲7-』【134】

【lily white】『9/』『g5』『▲』『9-』『81』『4-』『▲』『g9』『▲』『▲9/』【133】

【Printemps】『▲』『43』『▲』『▲』『52』『▲』『6-』『12』『8-』『』【現在106】

※ストライク「▲」スペア「/」ガーター「g」「-」

にこ「あ…」

真姫「か、勝った…?もしかして…私たち…」

絵里「ハルァッショォォ!勝ったわよ!これでもう私たちに罰ゲームはなくなったわ!」

にこ「うおおおおおおおおっしぇええええいい!!!!」

海未「そ、そんな…」

希「ああ!1本の差でウチらが負けてるやん!」

凛「あんなに綺麗に最後決めたのに!悔しいにゃー…」

海未「迂闊でした…まさかこの成績で届かないなんて…。1位になるには2投目もストライクを取るしかなかったのですね…」

希「真姫ちゃんが2投目で7本倒したのが多きかったんやね」

凛「2投目もストライクなんて、そんなの無茶にゃー…」

海未「…残念でしたが、まあ良いでしょう。悔いはありません。私は精一杯やりきりましたから」

希「それもそうやね。…お疲れ様、海未ちゃん」

凛「お疲れ様!」

海未「ありがとうございます。私たちもこれで終了です。さ、あとは穂乃果の結果を待ちましょうか」


455: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:01:47.56 ID:hQFjtuOA.net

【第10フレーム】【投球者・穂乃果】

穂乃果「次は穂乃果だね!」スクッ

ことり「…が、頑張って!穂乃果ちゃん!」

花陽「…」

穂乃果「花陽ちゃん?」

花陽「あ、う…うん!が、頑張ってね!これが最後だから!」

穂乃果「うん!任せてよ!よーっし!」スタスタ

花陽「………ことりちゃん」ボソ

ことり「…なあに?」

花陽「もう気付いてる?点数のこと…」

ことり「うん…。もう10フレーム目だしね?…私もわかってるよ」

花陽「ストライクは次のフレームの2投分、スペアは1投分が前のスコアに加算されてるんだよね…」

ことり「ビビチームもリリホワチームも、最後のスコアの伸びが凄いんだもん」

花陽「私が9フレーム目に取りこぼしたりしなければ…こんなことには…」

ことり「そんなことないよ?…スコア、ちゃんと見てみて?」

ことり「9フレームまでの間、1番多くの本数を倒したのは花陽ちゃんなんだよ」

ことり「プランタンで1番だって私は言ったけど、ホントは9人の中で1番だったんだから!」

ことり「だから大丈夫。あとは穂乃果ちゃんに任せよう?」

花陽「でも…ここから最下位にならない為には…」

ことり「ストライクを連続で2回…最後は8本を倒さないと…だね」

花陽「うぅ…無茶だよぉ…」

ことり「大丈夫。穂乃果ちゃんなら大丈夫…。絶対に」


456: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:03:14.62 ID:hQFjtuOA.net

穂乃果「…」ゴクリ

穂乃果(さすがの私も、ボーナス加算のことはもうわかってる。でも私たちにボーナスはもうない…)

穂乃果(私のやるべきことは、ストライクを2回取って、最後に8本以上を自力で倒すこと)

穂乃果(うぅー…難しいなあ…まだ1回もスペアだって取ってないのに)

穂乃果(投球順のじゃんけんで喜んじゃったけど…最後ってプレッシャーが凄いんだねえ。だからにこちゃんあんなに喜んでたんだ…)

穂乃果(もう!こんなこと考えてたってしょうがないよ!やらなきゃ!最後まで!)

花陽「穂乃果ちゃん…」

ことり「穂乃果ちゃん…」

穂乃果「花陽ちゃん、ことりちゃん…」

穂乃果「………大丈夫。私なら出来る!私たちは負けたりなんかないよ!」スッ

絵里「…にこ、どう思う?」

にこ「こればっかりわね…。私たちは消去法で穂乃果を選んだにすぎないし」

真姫「でも普通に考えたら…」

にこ「逆転なんて無理よ。でもあの子はあれでもμ'sのリーダー。私たちを引っ張って来た存在。…どうなるかわからないわ」

真姫「そうね…」

穂乃果「…」ハァ

穂乃果「………ファイトだよ」ボソ

穂乃果「…ええええぇい!!」

―――ゴロゴロゴロ…

花陽「さ、最高のコースっ!」

ことり「これなら!」


458: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:04:57.63 ID:hQFjtuOA.net

―――…バッッッコーン!!!

ことり「や、やったー!」

花陽「ま、まず1つ…」

穂乃果「ほっ、良かったー…。ね?私だってちゃんと成長してるんだもん!」

凛「なんだか、怖くなってきたにゃー…」

希「う…海未ちゃん?」

海未「…相手は穂乃果です。正直、ストライク1つぐらいは私も覚悟していました」

海未「この場面で穂乃果がストライクを取り、3球目を確保出来たことは、敵ながら素晴らしく思います」

海未「ですが、まだ最難関の入口に過ぎません。次も同じく1本でも取りこぼせば、プランタンの敗北が決定するのです」

海未「そうそうストライクがホイホイと、ましてや連続で出す難しさは、ここまでやってきた全員が、わかっているはずです」

凛「そ、そうだよね…」

希「このまま上手くいけばええけど…」

絵里「穂乃果、凄いわね…」

にこ「ここでストライク。ふふ、さすがだわ」

真姫「でもまだまだわからないわよ?」

絵里「そうね…。穂乃果はまた次もストライクを取ることが絶対条件」

にこ「さあ、どうなるか…」

穂乃果(2投目、ここも外せない…。よーし!)

穂乃果「ことりちゃん!花陽ちゃん!」クル

ことり「なに?穂乃果ちゃん?」


460: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:07:20.32 ID:hQFjtuOA.net

穂乃果「…」バッ

穂乃果「穂乃果に元気をわけてくれー!!」

花陽「キュウニドウシチャッタノォ!?」

穂乃果「さっきの海未ちゃんの真似だよ!穂乃果はここも絶対にストライクを取る!だからお願い!」

ことり「わ、わかったよ穂乃果ちゃん!届け!私のパワー!っえい!」

花陽「私からも!っえい!」

穂乃果「うおおおおおおおお!!力が湧いて来たぞおおおお!!」

海未「………何をふざけているのでしょうか」

凛「寒いにゃー」

希「スピリチュアルやね…」

にこ「…あんたたち、どの口が言ってるの?」

絵里「私たちも、ああいうことした方がいいのかしら…?」

真姫「しなくていいわよ!」

海未「はぁ…まだウミーザに勝てるとでも思ってるのでしょうか?」

にこ「………そういう意味でふざけてるって言ってたの?もうわかんないわねこれ」

花陽「勝てるよ!」

ことり「そうだよ!ホノロットはどんなときだって負けないもん!」

絵里「ホノロットって何よ…」

凛「なにおう!ウミーザ様の10フレームでのストライクを味わってもまだそんなことが言えるのかにゃ!」

希「そうや!絶望感たっぷりやったはずやで!ウミーザ様は宇宙で1番なんや!」

真姫「…バカじゃないの」

にこ「何度も言ってるけど、バカなのよ。穂乃果、もういいから早く投げてちょうだい」


462: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:16:00.74 ID:hQFjtuOA.net

穂乃果「2人から力をもらった!これでいける!投げるよっ!」

8人「…」ゴクリ

穂乃果「…ええええぇい!!」

―――ゴロゴロゴロ…バッッッコーン!!!

海未「」

凛「」

希「」

絵里「ハラショー…」

真姫「す、すごい…」

にこ「いまちょっと鳥肌が立ったわ…」

ことり「ストライク…?ほ、穂乃果ちゃん!」

花陽「ぴゃああああああああああああああ!!!!」

穂乃果「やったああああ!!これで2連続!!次が最後の1球だね!!」

希「こ、これはもうさすがにやばいで海未ちゃん…」

海未「ま、まだ慌てあわあわわ」

凛「海未ちゃんしっかりするにゃー!」

海未「…っは!」

海未「ま、まだ慌てることはありません!まだ1球残っています!まだなんとか…」

―――バッ

穂乃果「な、何!?」

花陽「停電…?」

絵里「きゃっ…ま、真姫ぃぃ!!」ガシッ

真姫「ちょ//ちょっとエリー//」


463: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:16:53.68 ID:hQFjtuOA.net

『さあ始まりました!ムーンライトのお時間です!』

『次の1投目から、ゲームをスタートします!』

ことり「…ゲーム?」

海未「こ、これは…」

希(アカン…この流れはアカン…)

絵里「…」ギュ

真姫「く、苦しい…」

『いま現在2投目を投げられているお客様!次のフレームの準備をお願いします!』

『このゲームで、男性のお客様はストライクを!女性のお客様は9本以上倒して頂きます!』

『見事達成することが出来たお客様には、記念撮影と限定スクールアイドルストラップをプレゼントします!』

花陽「げ、限定グッズ!?」

にこ「すみませーん!私たちいま10フレーム目の3投目なんですけど、参加しても大丈夫ですかー?」

『えーっと…お客様のレーンは…いま、10本残っている状態ですね!それでしたら今回は参加オーケーにしますね!』

にこ「ありがとうございます!やったわ!穂乃果、9本でいいの!倒して来なさいよ!」

穂乃果「よ、よーっし…」

海未「い、いけません!写真なんていまは要りませんよ!」

凛「そうにゃ!倒しちゃったら凛たち負けちゃうにゃー!」

ことり「…」チラ

花陽「…」コク


464: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:18:13.68 ID:hQFjtuOA.net

ことり「…風を抜けて走ってく 今日も君は走ってく」

花陽「汗流す校庭 瞳が追いかける」

穂乃果「!?」

ことり「遠くからどんな時も 気がついちゃう」

ことぱな「がんばりましょう!くじけるな!」

花陽「こころが叫んでる」

穂乃果「…」

ことり「本気だったら チャンスはくるよ」

穂乃果「つかまえなくちゃ…」

花陽「ときめきが消えないうちにぃぃー!」

『…みなさん、準備はよろしいですか?』

『それではいきます!…レディー…ゴー!!』

穂乃果「…」ダッ

海未「ああああああ!!やめて下さい!!写真なら私が何枚でも撮りますからああああ!!」

ことり「ほら I say fight! 君のために!」

花陽「笑顔で!背中押すよ!」

ことぱな「1番になーろーう!そーれがー………君さ!!!」

穂乃果「…ええええええええええぇい!!」

海未「うわああああああああああああああ!!!!」

―――ゴロゴロゴロ…バッッッコーン!!!――――――――――――――――。


466: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:19:39.87 ID:hQFjtuOA.net

『…では並んでくださーい!撮りますよー?ハイ!チーズ!』カシャッ

穂乃果「ありがとうございました!」

『ふふ…また遊びに来て下さいね?』

穂乃果「もちろんです!」

花陽「見てにこちゃん!スクールアイドル限定ストラップ!これ私たちだよぉ!?」

にこ「本当ね…。ラブライブも優勝したし、有名になったものねー」

絵里「でも、あの女性店員さん、私たちに気付いてたのかしら?」

にこ「気付いてたんじゃない?あれがプロの接客業ね」

にこ「気付いていても声は掛けない。きっと私たちのプライベートを大事にしてくれているのよ。それよりも…」

真姫「ちょっと!3人ともしっかりしなさいよー!」

リリホワ「…」ズーン

希「まさかウチらが負けるとは…」

凛「海未ちゃんが最後にあんなに倒したのに、さすがに負けるなんて思わなかったにゃー…」

花陽「ほら、凛ちゃん!」グイッ

ことり「希ちゃんも!」グイッ

穂乃果「海未ちゃんもだよ!」グイッ

海未「大丈夫です…。悔しいですが、挫けていても仕方ありませんね…」スクッ


468: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:20:56.85 ID:hQFjtuOA.net

海未「さすが穂乃果です。負けました。完敗ですよ」

穂乃果「でもギリギリだったし、みんなも強かったよ!楽しかった!」

海未「そうですね…私も楽しかったですよ?」

凛「負けちゃったけど、凛も楽しかったにゃー!」

花陽「わ、私も…」

ことり「またみんなで来たいね!」

絵里「私はにこに、ちゃんとした投げ方のカーブを教えてもらわないと」

真姫「わ、私も教えてよにこちゃん!?」

にこ「わかってるわよ!でも、カーブなら希の方がうまいと思うんだけど…」

希「真姫ちゃんはにこっちに教えて欲しいんやと思うでー」ニヤニヤ

真姫「そ、そんなことないわよ//!」

希「まあ、またみんなでやってみよ!」

穂乃果「ねえねえ海未ちゃん」

海未「どうしましたか?」

穂乃果「私、どうしてストライク取れたと思う?」ニヤニヤ

海未「…いえ、どうしてですか?」

穂乃果「だってーwww可能性感じたんだーwww」

海未「ふふ、全く穂乃果は…」

穂乃果「そぉーだwwwふぅっきーんwww」

海未「…」

海未「!?」

凛「!?」

希「!?」


469: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:22:04.06 ID:hQFjtuOA.net

海未「ぁ…ああああああああああ!!」

海未「忘れていました…忘れていましたぁああ!!」

凛「嫌だにゃあああ!!凛やりたくないにゃあああ!!」

にこ「駄目よ!それを許すと、ここまで真剣にやった意味がないじゃないの!」

海未「そ、そうですが…」

真姫「それに、あなたたちが言い出したことでしょ?」

絵里「約束は守りましょう?」

花陽「…ご、ごめんね凛ちゃん」

海未「くぅぅ…みんな揃ってなんということですかこれは…」

ことり「海未ちゃん、頑張ってね?」ニコ

海未「ち、ちくしょおおおおおおおお!!」

希「諦めるんや…。ここは潔くいかな情けないで?」

凛「希ちゃん…」

海未「わ、わかりました…ですがここでは迷惑になります。………部室へ帰りましょうか」


470: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:23:07.66 ID:hQFjtuOA.net

【部室】

真姫「じゃあ私が右足押さえとくわね?」グッ

花陽「私が左足…」グッ

凛「…」←諦めた

にこ「ふふふ…まさか希にわしわし以上のことをやり返せるなんてねー」グッ

絵里「が、頑張ってね希…」グッ

希「…」←運命を受け入れた

ことり「海未ちゃん、頑張って下さいねー」グッ

穂乃果「ファイトだよ!」グッ

海未「…」←覚悟した

6人「それじゃー…スタート!!」

リリホワ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」ブンブンブンブン


471: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:24:10.91 ID:hQFjtuOA.net

海未「ぅお…おぇぇ…」ゲッソリ

凛「…」グッタリ

希「もうあかん…ウチはここまでや…」バタリ

絵里「悲惨ね…」

ことり「勝てて良かった…」

真姫「そういえば、1位のチームは2チームに何でも命令出来る権利を獲得…みたいな話、なかったかしら?」

花陽「あ、確かに…」

にこ「そんなのあったわね。何か考えてあるの?」

穂乃果「うーん…」

穂乃果「あ!それじゃあもう1回ボウリング対決しよう!」

リリホワ「はああああああ!?」ガバッ

穂乃果「チームを変えて!ユニット対抗じゃなくて、今度は学年対抗とか!…駄目かなあ」

絵里「駄目じゃないけど…」

花陽「ちなみにいつ?」

穂乃果「明日!優勝チームの命令は絶対だよ!ふふふ」

希「し、しんでまう…」

海未「いえ、これは良い案です!これですぐにリベンジすることが出来ます!」

凛「かよちん!真姫ちゃん!明日は本気で戦うにゃ!」

希「えりちも!にこっちも!ウチはもう負けへんで!」

海未「穂乃果!ことり!私たちも死ぬ気で戦うのです!」

真姫「ほ、本気で言ってるの?」

ことり「これは止められないね…」

絵里「希!にこ!すぐに私にカーブを教えてちょうだい!」

にこ「お、教えるから!落ち着きなさい!」

花陽「ダレカタスケテェー!!!!」

海未「ふふ…では!明日も………ボウリング対決です!」


472: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:24:55.78 ID:hQFjtuOA.net

■3チームの最終スコア

【BiBi】『6-』『22』『▲』『6/』『5/』『25』『▲』『17』『▲』『▲7-』【134】

【lily white】『9/』『g5』『▲』『9-』『81』『4-』『▲』『g9』『▲』『▲9/』【133】

【Printemps】『▲』『43』『▲』『▲』『52』『▲』『6-』『12』『8-』『▲▲▲』【136】

※ストライク「▲」スペア「/」ガーター「g」「-」



―終わり―





473: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:26:00.22 ID:hQFjtuOA.net

最後まで一通り考えてたけど
途中で全員に最低一回はストライク取らせたい
指名された3人は最後、みんな良い結果にしたい

そう思ってから結構詰まりました
特に点数調整が

真姫ちゃんが最後にスペア取ってたら勝てたし
海未ちゃんも2投目にあと1本倒せれば勝てたし
それでいて穂乃果ちゃんは3連続ストライク取らせたかった

とにかくギリギリな点差にしたくなった
予想も出来たと思う、そこに至るまでに出来るだけ良い展開にさせたかった
なんにせよ終われて良かった

更新遅いので、しばらくは自重する
見てくれてありがとう

またね



474: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:26:51.51 ID:4Yqs40C4.net

終わらせてくれてありがとう。完結まで楽しく読めた乙


482: 名無しで叶える物語(西日本)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 04:46:46.19 ID:98R5Z+g2.net

おつ
面白かった


490: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 09:46:42.91 ID:PHdLK7sT.net

完結ありがとう!すごくおもしろかったよ
穂乃果ちゃん流石すぎた


494: 名無しで叶える物語(西日本)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 11:43:11.92 ID:MYxpLVli.net

乙乙
Love wing bellのくだりで感動して直後で爆笑した
属性対抗とかも見てみたい


500: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 17:45:29.46 ID:7F/tTxu/.net

乙!
次も期待!


511: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 09:46:59.02 ID:bXv8F1VK.net

すげえおもしろかった!
ウミーザわろたw
乙!








ラブライブ 前売り券 第三弾 特典CD全種セット
ラブライブ 前売り券 第三弾 特典CD全種セット


知識ゼロからのボウリング入門
知識ゼロからのボウリング入門


元スレ: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1432864942/