1: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 17:49:10.70 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

ことり「ことりの方が可愛いわよって笑顔で返されました」

海未「それで顔真っ赤にして帰ってきたわけですか」

ことり「おかしいよ、いつもの真姫ちゃんじゃないよ…」

海未「何を期待していたのですか?」

ことり「たじろいぎながら照れ隠しでそっぽ向く真姫ちゃん」

海未「…に可愛いと連呼しながら抱き着きたかったわけですか」

ことり「照れた真姫ちゃんを見たら、絶対にみんな抱き着かなきゃって思うと思うんだ」

海未「私は思いませんが」

ことり「それは海未ちゃんが見たことないからだよ」

海未「抱き着きたいなら、抱き着けばいいじゃないですが。穂乃果や凛みたいに」

ことり「それは、そうだけど…」

海未「花陽や私がやるのは変ですが、ことりがやるのなら別に違和感ないと思いますよ」

ことり「でもいきなり抱き着いたら、真姫ちゃん迷惑じゃないかな?」

海未「何でそこで遠慮するのですか…まぁ相手のことを考えることりのいいところではありますけれど」

ことり「だからね、段取りというか流れが必要かなって」

海未「ことりなりきに考えたわけですね…惨敗の用ですが」

ことり「だってだって! あんなかっこよく笑う真姫ちゃん見たら…あぅぁ///」

海未「惚気はいりませんよ、お腹いっぱいです」




2: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 17:50:07.74 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

ことり「そこで海未ちゃんに相談なんだけど」

海未「真姫を照れさせる方法は聞きませんよ」

ことり「真姫ちゃんを照れ…うぅ、海未ちゃん辛辣だよ」

海未「色恋沙汰を私に聞くのがそもそも間違っているのです。絵里や希辺りをあたってください」

ことり「恋って/// ち、違うの! ことりは真姫ちゃんの照れさせたいだけなの!」

海未「ですから、私ではなく他を…私とて知識はありませんから、ことりの力にはなれませんよ?」

ことり「それでも、海未ちゃんが頼りになるのは昔から知ってるから…お願い?」

海未「…そこまで買われては、断るのも悪い気がしますが」

ことり「それじゃあ?」

海未「今回だけですよ。失敗しても文句は無しですからね?」

ことり「やったー! 海未ちゃん大好き♪」

海未「その言葉は成功した暁に真姫に向けてください」


3: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 17:51:40.33 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

ことり「それで、どうすれば真姫ちゃんを照れさせることが出来るのかな?」

海未「そうですね…そういえば、前ににこが読んでいた雑誌に書いてあったのですが」

ことり「うん」

海未「>>6をすればいいのではないですか?」

ことり「>>6?」



6: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (ニククエ Sa05-vcEw) 2015/11/29(日) 17:57:59.32 ID:aiDKOlf0aNIKU.net

壁ドン



9: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 18:56:23.20 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

海未「壁ドンです」

ことり「壁ドンか…うん、いいかも♪」

海未「と言ってみたものの、壁ドンって何でしょうか? 壁を叩くと何かなるのですか?」

ことり「あれ、海未ちゃん壁ドン知らないの?」

海未「はい、ざっと横目で見ただけで内容まで詳しくは…」

ことり「壁を叩くのは合ってるんだけど、そこでね…えっと、説明するより実際に壁ドンしてること見た方が早いかな」

海未「分かりました。真姫はまだ部室に音楽室に残っているそうですよ、行ってきてください」

ことり「うん、ことり頑張るね」


10: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 18:57:55.70 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

ことり「ま、真姫ちゃん…いる?」

真姫「ことり? どうしたのよ、まだ何か用?」

ことり「う、うん、用があった…のかな?」

真姫「? 何よ煮え切らないわね」

ことり「えっとね…そう衣装! 衣装のことでちょっと真姫ちゃんの意見を聞こうと思ったんだ」

真姫「…今思いつかなかった?」

ことり「そんなことない、そんなことないよ!」

真姫「それならいけど…で、衣装って次のライブの?」

ことり「うん、次は真姫ちゃんがセンターだから、どんな衣装着たいかなって要望があればと思って」

真姫「要望って、私衣装のことは何も分からないわよ?」

ことり「でもことりが一人で考えて、なんか違うなってなったら嫌だから。せっかく真姫ちゃんの衣装作るならって」

真姫「私はことりが作る衣装なら、どんなのでもいいわよ…あ、投げやりじゃなくて、ことりはいつも素敵なの作ってくれるから、そこに意見なんてないってこと」

ことり「真姫ちゃん…/// で、でも…! あっそうだ、真姫ちゃん、ちょっと立って?」

真姫「立つの? いいけど、何するのよ?」

ことり「ちょっと待ってね…」

真姫「…何? じっと見て」

ことり「どんな衣装がいいかなって、今イメージを出して、それで真姫ちゃんの意見聞こうかなって」

真姫「そう」


12: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 19:00:06.94 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

ことり(っとここで、採寸を確認したいと言いながら真姫ちゃんに近づいて…)

真姫「って言っても、イメージってそう簡単にでるものなの?」

ことり(真姫ちゃんに壁ドンを…)

ことり「……」

真姫「…?」

ことり(ど、どうしよう…さっきのセリフ思い出したら…///)

真姫「ことり、何固まってるのよ? っていうか、大丈夫?」

ことり「ふぇ!? だ、大丈夫だよ?」

真姫「本当に? ちょっとごめん…顔よく見せてよ」

ことり「っ!?」

ことり(真姫ちゃん近い、近いよぉ///)

真姫「…ほら、ちょっと顔色よくないじゃない」

ことり「…ぇぅ///」

真姫「最近無理しすぎでしょ? 頑張り屋なのは知ってるけど、体調悪くしたら元も子もないわよ?」

ことり「…こ、ことりは…大丈夫だよ」

真姫「そうやって虚を張って…熱とかないみたいだし大丈夫だと思うけど…もう、私の為だって嬉しいけど無理しないでよ」

ことり「…うん」

真姫「心配してるのよ? 私はことりのこと、大切に思ってるんだから」


13: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 19:06:09.55 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

…………

海未「壁、ドン? の要素が何処にも見えなかったのですが」

ことり「…壁ドンはできませんでした。壁ドンに近いことを真姫ちゃんにされました」

海未「近い? あぁなるほど。相手を壁際に立たせて囁くという事ですか…どちらにせよ惨敗だったようですね」

ことり「おかしいよ、おかしいよ!」

海未「またですか。何がおかしいのです?」

ことり「真姫ちゃんがあんなにかっこいい訳ないよ…もっとこう、ヘタレだったような気がするよ」

海未「ヘタレとは、また手厳しい言葉を…私にはいつも通り見えましたが」

ことり「それは真姫ちゃんを見てなさすぎだよ。あんなにグイグイ来るなんて…」

海未「ことりはヘタレな真姫の方がいいのですか? 押せ押せな真姫は嫌いですか?」

ことり「嫌いじゃないけど…でも、ことりは真姫ちゃんの照れ顔が見たいの!」

海未「はぁ、分かりました…抱き着くことが目的だったはずですが」

ことり「それで、次はどうすればいいかな?」

海未「もう一度やるのですか…もしかして成功するまでやるつもりですか?」

ことり「うん、ことりはそのつもりだよ」

海未「…ことりが競り勝つビジョンが見えませんが…いいでしょう」


14: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 19:06:56.98 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

海未「案としましては…>>16はどうですか? 前に希が話していたのですが」

ことり「>>16?」



16: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ (ニククエW d038-zdkW) 2015/11/29(日) 19:14:45.89 ID:jEZHUSWn0NIKU.net

ここはストレートにいこうか
抱きつく



19: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 20:20:28.16 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

海未「なりふり構わずに。抱き着きましょう」

ことり「いきなり抱き着くの?」

海未「ええ。希は言っていました、考えて駄目ならまず行動を起こしてみろと」

ことり「準備行動じゃなくて、いきなり本命の行動をしちゃっていいのかな?」

海未「小手先で物事をうまく進めようとする事が、そもそも間違っていたのです」

ことり「…海未ちゃん、投げやりかも」

海未「どうでもよくなった、と言うわけではありませんよ? 考えた末の答えです」

ことり「…うん、海未ちゃんの言葉信じる、よ?」

海未「信じ切ってませんね…まぁいきなりで戸惑うかもしれませんが、理にかなっていると思います」

ことり「ことりは考えすぎだったのかな…」

海未「それに、ことりに抱き着かれて嫌な人間はいませんよ。自信を持ってください」

ことり「抱き着いたら、真姫ちゃんの照れてくれる、かな」

海未「好きをもってすれば真姫も……ん? 抱き着くのが先でしたか、照れさせるのが先でしたか?」

ことり「うん…うん。ちょっと恥ずかしいけど、ことりやってみるね」

海未「……迷惑がられるのが嫌だから、抱き着くの止めたんでしたか?」


20: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 20:22:08.69 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

…………

ことり「まーきちゃん?」

真姫「ことり? また来たの、っていうか体調は大丈夫なわけ?」

ことり「うん、大丈夫だよ。心配してくれてありがとう、真姫ちゃん♪」

真姫「それならいいけど…それで、今度は何の用? さっきの衣装のイメージが固まったとか?」

ことり「また別の用、かな。今、時間大丈夫?」

真姫「こっちはひと段落したところだから、少しくらいならいいわよ」

ことり「あのね…ちょっとごめんね」

ことり(ここで、ま、真姫ちゃんに抱きつ…あれ?)

真姫「? 何よ、またじっと見て。やっぱり体調悪いんじゃないの?」

ことり(そういえば、真姫ちゃんに嫌だって思われたくなくて、抱き着かなかったんじゃ?)

真姫「ことり? 聞いてるの、ことり?」

ことり(…でも…でもここまできたら、やるしかないよね)


21: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 20:27:34.51 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

ことり「真姫ちゃんっ!」

真姫「ちょ、ってことり! いきなりなんなのよ!」

ことり「えへへ…真姫ちゃん♪」

真姫「もう、急に抱き着いたりして、驚いたじゃない…凛の真似でもしたいの?」

ことり「真似じゃ…ううん、凛ちゃんの真似だよ。よく真姫ちゃんをぎゅーってしてるから、ことりもやって見たんだ」

真姫「それならそうと先に言いなさいよね。いきなりはびっくりするじゃない」

ことり「真姫ちゃん、まーきちゃん♪」

真姫「ことり…まぁいいわ、ことりだったら無下にすることできないし」

ことり(…って、あれ? 何だか反応薄い、のかな? というか照れてくれない!?)

真姫「もう…満足したら離れなさいよ?」

ことり(ど、どうしよう…凛ちゃんみたいにスリスリしたらいいのかな? それとも…)

真姫「…聞こえないの?」」

ことり(それとも…ことりに魅力がない、ってことなのかな…)

真姫「……」


22: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 20:31:23.98 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

真姫「ことり」

ことり「……」

真姫「…何か悩み事でもあるわけ? 珍しく表情クルクル変えて、今度は心配そうな顔して」

ことり「ううん…大丈夫だよ?」

真姫「だったらいいけど。ちょっとことりらしくないわよ」

ことり「そう、かな…そんなことないと思うけど」

真姫「そんなことあるの…本当に大丈夫なの? さっきも言ったけど悩みこむまで無理しないでよ」

ことり「……ことりは」

真姫「大丈夫なら笑ってよ、ね? いつもみたいに」

ことり「……」

真姫「私はね…ことり。私はことりの笑ってる顔の方が、可愛くて好きなんだから」


24: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 20:35:34.64 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

…………

海未「ことりも満足して、目的も達成しました。それでは私は帰りますね」

ことり「海未ちゃん、待って待って」

海未「なんですか、何も思い残すことはないじゃないですか」

ことり「あるよ、まだ真姫ちゃんの照れ顔見てないよ?」

海未「抱き着くことが目的だった気が…それとも真姫に抱き着いて満足してないのですか?」

ことり「ううん、満足だよ。真姫ちゃん優しくて温かかった♪」

海未「だったら何の問題もないですね。では」

ことり「だから、待って海未ちゃん! さっきも言ったけどまだ照れさせてないよ」

海未「ここまで来たら、もう照れさせるのは無理なんじゃないでしょうか」

ことり「諦めるの早いよ…まだ何かあると思うんだよ」

海未「抱き着いても無理となれば…もう正面切って告白すればいいんじゃないですか?」

ことり「こっ!?///」

海未「もうそれしか手がないですね。はい、そう思います」

ことり「だ、駄目だよっ! ことり、まだ心の準備が…///」

海未「今すぐ準備してください」

ことり「海未ちゃん、さっきから投げやり過ぎないかな?」

海未「……胸焼けがします」

ことり「?」

海未「いえ、何でもありません。わかりました…ですが、次が最後ですよ? 私もこれ以上、甘いもの…ではなく、時間がないので」

ことり「うん、そうだよね。海未ちゃんだって予定があるし、わがままは言えないよね」


26: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 20:38:58.05 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

海未「>>28します。絵里が話していたのをチラッっと聞いたのですが、良いかと」

ことり「>>28…」



28: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ニククエ Sp8d-V2Tz) 2015/11/29(日) 20:45:24.36 ID:5Q6x0n8jpNIKU.net

色仕掛け



30: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 22:11:09.57 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

海未「色仕掛け、これしかないかと」

ことり「色仕掛け…///」

海未「そう、その反応です。純情の塊のことりが言葉だけでその反応ですから、ならば真姫も恐らく」

ことり「……///」

海未「ことり、しっかりしてください。先にことりが落ちてどうするのですか?」

ことり「そ、そうだよね…でも色仕掛けって具体的にどうすれば?」

海未「知りません、知る由もありません。私が知っていると思いますか?」

ことり「…ううん、もう何も言わないね」

海未「では逆に考えてみましょう。ことりが真姫にこうされたら放っておかない、という行為はありますか?」

ことり「真姫ちゃんにされたら…」

海未「色仕掛けと言っても山ほどありますから、ぱっとことりが思いついたものをやって見ましょう」

ことり「真姫ちゃん…真姫ちゃん…///」

海未「…もう勝手にしてください。私は放っておいて帰りますよ?」


31: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 22:12:28.23 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

…………

ことり「真姫ちゃん」

真姫「ことり…ってまた用なの? そろそろ切り上げて帰ろうと思ったところなんだけど」

ことり「さっきは、いろいろ邪魔しちゃったかな?」

真姫「別に、ちょっと悩んでたし。いい気分転換にはなったわよ」

ことり「あはは…ごめんね?」

真姫「それで? 少しくらいなら時間いいわよ?」

ことり「うん…あのね…あのね、真姫ちゃん?」

ことり(ここで真姫ちゃんに近づいて…手を取って…)

真姫「? どうしたのよ、私の手なんか握って」

ことり「ううん、真姫ちゃんの手、優しいくて温かいなって思って」

ことり(か、体を…密着させつつ…///)

真姫「もう、さっきから本当に変よ? 顔も熱っぽそうだし…保健室連れてくわよ?」

ことり「大丈夫だよ…それよりね、真姫ちゃん」

真姫「だから何よ?」

ことり「ことり、ね…あのね…」

ことり(真姫ちゃんの手を…誘導させて…)


32: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 22:13:41.02 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

真姫「ストップよ、ことり」

ことり「ふぇ…?」

真姫「まったく…本調子じゃないみたいね。本当にことりらしくない」

ことり「こ、ことりは、大丈夫だよ」

真姫「大丈夫じゃない、それは誰が見たって一緒の意見よ。ほら、今日はもう帰りましょ?」

ことり「……」

真姫「よかったら家まで一緒に付き添うわ。一人で帰すのは危なっかしいし」

ことり「…どうして?」

真姫「? 何がよ」

ことり「どうして真姫ちゃんは、そんなに……優しいの?」

真姫「優しいって何よ? 意味が分かんないわ」

ことり「私は真姫ちゃんに…今」

真姫「体は大事にしなさいよね、一つしかないんだから」

ことり「私は真姫ちゃん以外にこんなことしないよ。真姫ちゃんだから…」


33: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 22:16:06.89 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

真姫「ことり」

ことり「えっ……真姫、ちゃん?」

真姫「さっきの真似よ。いきなり抱き着いてみたわ…どうかしら? 嫌なら離れてもいいわよ」

ことり「…ううん……温かい」

真姫「…ねぇことり。ことりは、わたしが今…誘いに乗っかってたら、どうしてた?」

ことり「誘いにって……えっ///」

真姫「その反応は、何も考えてなかったわね…本当に危なっかしい」

ことり「で、でも…ことりは、真姫ちゃんになら…」

真姫「嬉しいけど…でも駄目よ」

ことり「…どうして?」

真姫「だって、そうでしょ? まだ言葉だって交わし合ってないじゃない。気持ちも確かめ合ってないのに」

ことり「真姫ちゃん…」

真姫「私の気持ちをちゃんと伝えてない…ことりの想いも、ちゃんと聞いてない…」


34: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 22:19:40.86 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

ことり「…えへへ、真姫ちゃん、本当に優しいね」

真姫「優しくないわよ…ただ臆病なだけよ」

ことり「そんなことないよ」

真姫「臆病だから怖くて遠回りをして…だからね聞かせてほしいの、ことりの言葉。私も…ことりに伝えたいの」

ことり「うん…分かったよ。ことりの本当に伝えたいこと、真姫ちゃんに言うね」

真姫「…ええ」

ことり「ことりは…ことりはずっと…真姫ちゃんのこと…」


35: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 22:23:33.50 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

…………

ことり「~♪」

海未「……」

ことり「えへへ…///」

海未「昨日は先に帰りましたが…ことり、何があったか顛末を聞いてもよろしいですか?」

ことり「うん、あのね…真姫ちゃんってすっごく優しくて…すっごくかっこいいの♪ それでね」

海未「分かりました。では…」

ことり「待って海未ちゃん、まだ話しきれてないよ」

海未「聞きたくな…聞かなくても分かります。ですが、目的は達成できたのですか?」

ことり「目的、ってなんだっけ?」

海未「真姫の恥ずかしがる顔を見る、という事です。成し遂げられたのですか?」

ことり「えっとね、それはもうどうでもいいかなって」

海未「どうでも…」

ことり「だって真姫ちゃんは、恥ずかしがるより、キリッってカッコイイ方がことりは好きだから♪」

海未「そうですか、朝から御馳走様です。私はちょっと保健室に薬をもらいに」

ことり「そうだ! 昨日あの後ね、真姫ちゃんと一緒に帰ったんだけど…」

海未「聞いてませんよ……全く、私の助言は必要だったのでしょうか? 単に見せつけられていただけのように感じますが」

ことり「街の中歩いてる時も、ずっと手を握ってくれててね。それから…」

海未「…まぁ、とりあえず良しとしましょうか」

ことり「もう海未ちゃん、ちゃんと聞いてほしいな」

海未「はいはい…分かりましたよ」



36: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエ eda0-NN/g) 2015/11/29(日) 22:25:19.26 ID:EuCLW4+E0NIKU.net

短いけど終了
ありがとう




37: 名無しで叶える物語(京浜急行)@\(^o^)/ (ニククエW 9b2f-EPlE) 2015/11/29(日) 22:26:06.77 ID:7YxT3Vq70NIKU.net

神安価神作者


38: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ (ニククエW 1333-k5KW) 2015/11/29(日) 22:27:52.72 ID:KbGY1Xsz0NIKU.net


ぴゅあなことりいいね


39: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ (ニククエ b08f-VeSj) 2015/11/29(日) 22:31:46.70 ID:YG22OzeY0NIKU.net


いい距離感で最高にかわいいことまきだった











トイズワークスコレクション にいてんごむっ!  ラブライブ! そのさん BOX
トイズワークスコレクション にいてんごむっ! ラブライブ! そのさん BOX


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1448786950/