1: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 16:30:23.40 ID:jo/YW1h6.net

――部室

穂乃果「知ってるよー、ことりちゃんにでしょ?」

海未「」ブフッ!!

にこ「何?もしかして誰にもバレてないと思ってたの?」

凛「流石にそれは無理な話だにゃ~」

海未「は、花陽は!?花陽は知らなかったんですよね!?」

花陽「……えっと、ご、ごめんね?」

海未「」ガ-ン

穂乃果「まあまあ、そんなに落ち込まなくてもいいじゃんっ」ポンポン



2: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 16:32:49.35 ID:jo/YW1h6.net

海未「だって……穂乃果や凛にバレているということは、ことりにもバレてる可能性が高いではないですか……」ズ-ン

にこ「大丈夫よ、ことりにはバレてないわ」

海未「本当ですか!」パアァ

花陽「でも、ことりちゃん以外には多分バレてるけど……」

海未「」ズ-ン

海未「……い、いえ!この際ことりにバレていなければオッケーです!」

穂乃果「それで?穂乃果達にこんな事言ったってことは何かあるんだよね?」

海未「あ、はい……何とかしてことりに思いを伝えたいのですが……どうすればいいのかわからなくて」


4: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 16:35:03.31 ID:jo/YW1h6.net

にこ「つまり、告白の仕方を教えて欲しい、と」

海未「こ、告白///」カアァ

にこ「何赤くなってんのよ……」

凛「こんなんじゃ先は長そうだにゃ……」

花陽「……は、花陽達が協力するから一緒に頑張ろうね!」グッ

穂乃果「うんうん、ファイトだよ海未ちゃん!」

海未「……はい!」

――――――


5: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 16:37:09.52 ID:jo/YW1h6.net

――被服室

ことり「恋をしたの」

真姫「知ってるわよ、海未にでしょ?」

ことり「ぴいっ!?な、なんで知ってるの!?」

絵里「ことりの最近の態度を見てたら分かるわよ」

希「バレバレやよ~ことりちゃん」ニヤニヤ

ことり「そ、そんなぁ~……」

真姫「ま、鈍感な海未の事だからどうせことりの気持ちには気付いてないでしょうけど」


6: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 16:39:02.58 ID:jo/YW1h6.net

絵里「なになに?海未に告白でもしたいの?」フフッ

ことり「えっと……それは……その///」モジモジ

ことり「……うん///」コクッ

のぞえりまき「「「かわいい……」」」

希「よーし!そういう事ならウチらに任しとき!」

絵里「そうね、ことりには日頃から衣装の事でお世話になりっぱなしだもの」

真姫「少しは恩返し、してあげないとね」フフン

ことり「皆……ありがとうっ!」ニコッ

――――――


8: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 16:43:32.60 ID:jo/YW1h6.net

――部室

にこ「さて、告白の仕方だったわね」

凛「ちなみに海未ちゃんは何か考えはないの?」

海未「あの……一応一つだけ考えたのは、こっそりと恋文をことりの鞄の中に入れておこうかと……」

花陽「海未ちゃん!ダメだよっ!」

海未「ひぃっ!す、すみません!」ビクッ

花陽「あっ……お、大声出してごめんね?」

花陽「でも、それじゃダメだよ。ちゃんと直接言わなきゃ気持ちは伝わらないよ!」

穂乃果「おお、花陽ちゃんいいこと言うね!」


9: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 16:45:50.90 ID:jo/YW1h6.net

海未「それはわかっています……ですけど」

にこ「どうせ海未のことだから、恥ずかしいんでしょ?」

海未「///」コクッ

にこ「はぁ……仕方ないわね、例えを見せてあげる」

海未「た、例えですか?」

にこ「しかと見てなさい!このスーパーアイドルにこにーの超絶キュートでラブリーな告白を!」

凛「うわー……自分でキュートでラブリーとか言ってるにゃ……」

にこ「何よ?」ギロッ

凛「にゃ、にゃはは~……」

にこ「まあいいわ……んんっ」ゴホンッ


10: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 16:48:23.01 ID:jo/YW1h6.net

にこ『……あ、ご、ごめんね?急に呼び出したりしちゃって……迷惑、じゃなかったかな?』モジモジ

にこ『え?大丈夫?……そっか、ふふっ良かった』ニコッ



~中略



にこ『それで……あの、貴方を呼び出した理由……なんだけど///』カアァ

にこ『顔が赤くなってる?……それはあなたのせいよ』

にこ『何でか分からないって……ホントに貴方は鈍感ね』ハァ


11: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 16:48:49.52 ID:jo/YW1h6.net

にこ『……でも、そんな貴方が好きなんだけど///』ボソッ

にこ『だ、だから!好きって言ったの!』

にこ『誰の事って……そんなの決まってるでしょ!』





にこ『にこは……にこは貴方の事が好き!大好き
なの!』

にこ『だからにこと……つ、付き合って……ください///』


12: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 16:50:55.97 ID:jo/YW1h6.net

にこ「……ふうっ、どうよアンタたち?」クルッ



凛「はい!凛あっがり~」

花陽「えぇ!?凛ちゃんまで……」

穂乃果「花陽ちゃん、ファイトだよ!相手は海未ちゃんだもん。負けるはずないよ!」グッ

海未「いえ……今度という今度は負けません!」メラメラ

海未「さあ、来なさい花陽!」バッ

花陽「うぅ……ダレカタスケテェ……」

にこ「って、なぁにやってんのよアンタらっ!!!」グワ-!!


13: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 16:52:33.90 ID:jo/YW1h6.net

花陽「ぴゃああああぁ!?」ビクッ

穂乃果「あ、にこちゃん」

にこ「あ、にこちゃん……じゃないわよ!」

穂乃果「だってにこちゃんの告白長いんだも~ん」

凛「にこちゃんも一緒にババ抜きやる?」ピラッ

にこ「やるわけないでしょ!」ビシッ

凛「にゃっ!」

にこ「海未!アンタはちゃんと見てたんでしょうね……?」

海未「……」

にこ「うーみー?」

海未「……す、すみません、見ているだけで恥ずかしかったので///」


14: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 16:53:49.98 ID:jo/YW1h6.net

にこ「はぁ……」

穂乃果「そもそも恥ずかしがり屋の海未ちゃんに、あんな告白出来ないと思うけどなぁ」

にこ「……まあ、それは確かにそうね」

海未「もう少し、簡単なやり方で……」

にこ「二人きりの時に勇気を出して告白……これ以上に簡単なやり方はないわよ」

海未「……わ、私には無理です!」

花陽「困ったね……」

穂乃果「どうしよっか……」ウ-ン

凛「あ~あ、海未ちゃん度胸なしだにゃ~」

海未「……」ピクッ


15: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 16:54:25.29 ID:jo/YW1h6.net

穂乃果「おっ?どうしたの海未ちゃん?」

海未「凛、誰が度胸無しと?」

凛「海未ちゃんだよ?」

海未「ふ、ふふっ……いいでしょう!わかりました、やってやりますっ!」ウフフッ

花陽「な、何だかやる気になったみたいだね……」

凛「海未ちゃんチョロイにゃ」ニヤ

にこ「でも、半分ヤケになってるでしょこれ」

穂乃果「よーし、海未ちゃん!そうと決まれば、善は急げだよ!」

凛「さっそくことりちゃんの所にゴー!」


16: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 16:54:52.67 ID:jo/YW1h6.net

海未「して、ことりは何処に?」

穂乃果「何か被服室行くって言ってたよ?」

花陽「衣装作りかな?」

海未「被服室ですか……わかりました、行ってきます!」




ガチャ……バタンッ!




穂乃果「……失敗するにジュース一本!」

凛「凛も凛も~!」

にこ「私も失敗に賭けたいんだけど……花陽は?」

花陽「あ、あはは……」

にこ「賭けにならないじゃない……」ハァ

――――――


26: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 19:00:41.67 ID:jo/YW1h6.net

真姫「で、ことりはどんな告白がしたいの?」

ことり「え、え~っと……言うのはちょっと恥ずかしい、かも///」カアァ

絵里「まあまあ、言ってみるぐらい良いじゃない」

希「ウチもことりちゃんの告白聞いてみたいなぁ~」ニヤニヤ

ことり「ぜ、絶対笑わないでね……?」

真姫「大丈夫よ、信じなさい」

ことり「あ、あのね……」


27: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 19:07:51.87 ID:jo/YW1h6.net

ことり『……あっ、来てくれたんだ♪』クルッ

ことり『中々来てくれないから、あなたに何かあったのかなって心配しちゃった……』

ことり『でも、何もなくて良かったですっ』ニコッ

ことり『ど、どうしたのいきなり!大丈夫!?』

ことり『へっ?ことりの笑顔がかわいくて、つい……』

ことり『…………』

ことり『//////』ボンッ


28: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 19:10:09.16 ID:jo/YW1h6.net

ことり『な、何言ってるんですかぁ///こ、ことりはそんなかわいくなんか……』


ギュッ


ことり『ふわわっ!?』

ことり『ことりのことが……好き?』

ことり『だ、誰がですか?』

ことり『……あぅ///』

ことり『そう、だよね……ことりも答えなくちゃ』グッ

ことり『それじゃあ……聞いてくれますか?ことりの、気持ち……』


29: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 19:17:47.65 ID:jo/YW1h6.net

ことり「み、みたいな……告白するってより、されるだけど///」カアァ

真姫「何だかブラックコーヒーが飲みたい気分……」

絵里「甘い……甘いわ……甘すぎて倒れそう」

希「う~ん……乙女やねぇ、流石ことりちゃん」

ことり「どう、かな?」

真姫「私は文句無しだけど……」

絵里「こんな告白されたら、海未は恥ずかしすぎて死んじゃうんじゃない?」

希「でも、見てみたい気も……」




「ことり!お話がありますっ!」バ-ンッ!!!


30: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 19:19:28.95 ID:jo/YW1h6.net

ことえりのぞまき「「「「!?」」」」ビクッ

海未「って……えっ?」

希「う、海未ちゃん、急いで飛び込んできてどうしたん?」

海未「あの、何故……希達が?」

絵里「私達はことりとちょっと話を……」

ことり「海未ちゃんもことりにお話があるの?」

海未「い、いえっ!それは……ですね……」ダラダラ

真姫「大事な話なら席外すけど?」


33: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 19:22:48.28 ID:jo/YW1h6.net

海未「……し」

希「し?」



海未「失礼しましたぁ~!!!」ダッ

ことり「えぇ!?海未ちゃん!?」




ガチャ、バタンッ!!!



絵里「あらら、行っちゃった……」

ことり「な、何だったんだろう?」

――――――


34: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 19:31:36.53 ID:jo/YW1h6.net

海未「ただいま戻りました……」ガチャ

穂乃果「おお!どうだった……って」

凛「聞く必要なさそうだね~」

花陽「海未ちゃん、だ、大丈夫?」

にこ「何、アンタまさか振られたんじゃないでしょうね!?」

海未「えっ?あ、あの……」

花陽「……えぇ!?海未ちゃん、ことりちゃんに振られちゃったのぉ!?」

穂乃果「あちゃー……今日は残念会だね」ポンポン

凛「凛の秘蔵カップラーメン上げるから元気出すにゃ……」ポンポン


36: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 19:34:14.11 ID:jo/YW1h6.net

海未「別に、振られては……」

にこ「じゃあ、何よ?」

海未「あのですね……」



にこ「はぁ、希達がいて告白出来なかったと」

海未「はい、何やらことりと話していたようで……」

穂乃果「まあそりゃそうだよね!海未ちゃんが振られるわけないよね!」

凛「だよね~」

海未「さっき、勝手に振られた事にしていたのは誰でしたか?」ジ-

ほのりん「「~♪」」ヒュ-ヒュ-


37: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 19:37:53.25 ID:jo/YW1h6.net

花陽「ご、ごめんなさい……」シュン

海未「あ、花陽に言ったわけではないです!私は、そこの二人に言ったんですよ」

穂乃果「凛ちゃんとにこちゃんかな?」

凛「いやいや、穂乃果ちゃんとにこちゃんでしょ」

にこ「ちょっと、勝手に私を巻き込むんじゃないわ……よ!」ビシッ!

ほのりん「「あだっ!」」

穂乃果「うぅ……にこちゃんの鬼ぃ~」


62: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 12:59:17.20 ID:kjvHJwsw.net

にこ「ったく……アンタらもアホなことばっか言ってないで、少しぐらいは真面目に協力しなさい」

凛「はーい……」

穂乃果「で、今日はどうするの?もうやめる?」

海未「どうしましょうか……ことり達の話がいつ終わるかもわかりませんし……」

花陽「じゃあまた今度……かな?」

にこ「そうね、まあ今すぐ急ぐようなものでもないでしょ」

凛「よし!今日はこれにて解散!かよちーん、一緒に帰るにゃー!」

穂乃果「穂乃果も帰ろー……っと思ったらお母さんにお使い頼まれてたんだった……」


63: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 13:01:24.06 ID:kjvHJwsw.net

にこ「あ、それなら丁度いいわ。穂乃果、買い物付き合いなさい」

穂乃果「へ?何で?」

にこ「今日はセールでお一人様一つの商品がいくつかあるの」

穂乃果「つまり、穂乃果に手伝って欲しいと」

にこ「ま、そういう事ね。無理ならいいけど」

穂乃果「ううん、全然いいよ!にこちゃんと買い物なんてあんまり行ったことないし、行こ行こ!」ガシッ

にこ「おわっ!」

穂乃果「また明日ね、海未ちゃ~ん!」ダッ

にこ「ちょ、待ちなさいよ穂乃果ぁ~!……あ、海未じゃあね!」ダッ

海未「あ、はい……また明日です」


64: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 13:03:41.24 ID:kjvHJwsw.net

花陽「……私達も帰ろっか?」

凛「真姫ちゃん、お話終わってるかな?」

花陽「どうだろ?ちょっと連絡してみるね……あ、もしもし真姫ちゃん?」

花陽「うん……うん……わかった……じゃあね」

凛「なんて?」

花陽「真姫ちゃんもさっき終わったって」

凛「じゃあ真姫ちゃんも誘って一緒に帰るにゃ!」

花陽「うん、今日はまっすぐ帰る?」


65: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 13:05:59.02 ID:kjvHJwsw.net

凛「んー……ラーメン食べに行こ~!」

花陽「ラーメンだね、食べすぎちゃダメだよ?」クスッ

凛「任せるにゃ!」

花陽「ふふっ、じゃあ私達は先に帰るね?」

海未「はい、気をつけて帰るのですよ?」

凛「はぁ~い!」スタスタ

花陽「お疲れ、海未ちゃん」スタスタ



シ-ン……


海未「……皆帰ってしまいましたね」


66: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 13:08:21.09 ID:kjvHJwsw.net

海未「では、私も帰りましょうか……明日はことりとちゃんとお話出来ることを――」

「ことりがなぁに?」

海未「へっ!?」バッ

ことり「お疲れ様♪」ニコッ

海未「こ、ことり……お疲れ様です」

ことり「って言っても、今日は練習お休みだったけどね」クスッ

海未「ことりもこれから帰りですか……?」

ことり「うん、だけど部室にちょっと忘れ物しちゃったから……あ~、あったあった♪ 」ヒョイ


67: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 13:09:15.72 ID:kjvHJwsw.net

ことり「海未ちゃんはまだ帰らないの?」

海未「いえ、私ももう帰ろうかと」

ことり「!」ピクッ

ことり「じゃ、じゃあじゃあ……ことりと一緒に、帰らない?」

海未「い、一緒にですか!?」

ことり「え……?ことり、そんなに驚くこと言ったかな?」

海未「あ、いえっ!そ、そうですね……帰りましょうか」

ことり「……うんっ♪」

――――――


68: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 13:10:48.32 ID:kjvHJwsw.net

海未「……」スタスタ

ことり「……」スタスタ

海未(な、何か話した方がいいのでしょうか……)

ことり(うぅ……二人きりだと意識しちゃって、いつもみたいに話しかけられないよぉ~!)

海未(まあ、何時までも黙っているままというのもいけませんよね?)

ことり(で、でも!これくらいで躓いてちゃダメだよね?頑張らなくっちゃ!)

海未「あ、あの……」

ことり「あ、あのね……」

ことうみ「「えっ?」」


69: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 13:12:09.07 ID:kjvHJwsw.net

海未「す、すみません……お先にどうぞ!」

ことり「う、ううん!海未ちゃんが先に言っていいよ!」ブンブン

海未「私の方は大したことではありませんので……ことりが」

ことり「ことりもそんなに面白い話じゃないから……」

海未「……」

ことり「……」

海未(ああっ……絶好のチャンスがぁ……いえっ、これしきでは挫けません!)

ことり(ことりのバカバカぁ~!何で海未ちゃんの言葉に被せちゃうのぉ!)

海未「あの……」


71: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 13:13:54.86 ID:kjvHJwsw.net

ことり「え?」

海未「さっき、被服室で絵里達と何をお話ししていたんですか?」

ことり「あ、のね……ちょっと勉強教えてもらってたの」

海未「真姫もいましたけど……」

ことり「ま、真姫ちゃんは……遊びに来てただけ……で……」アセアセ

海未「そうでしたか……ありがとうございます……」

ことり(……ふえぇ~、絶対海未ちゃん信じてくれてないよ~!)

ことり(けど、ホントのこと言うのは…………む、無理無理ぃ///)

海未「……はぁ」トボトボ

ことり(ごめんなさい……海未ちゃん)

――――――


80: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 21:13:34.28 ID:kjvHJwsw.net

にこ「ふぅ……こんだけ買っとけば、しばらくは持つでしょ」ドサッ

穂乃果「ひえぇ……凄い量だねぇ」

にこ「妹達がよく食べるのよ、食べ盛りだから」

穂乃果「にこちゃんも大変だね」

にこ「ま、大変だけど……私が好きでやってる事だから」

穂乃果「……いいお姉ちゃんだ」フフッ

にこ「……うっさいわよ」フンッ




「あれ?にこっちに穂乃果ちゃん?」


81: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 21:15:16.95 ID:kjvHJwsw.net

にこ「ん?ああ、希と絵里じゃない」

絵里「にこ達も買い物してたの?」

にこ「そうね、そういうアンタらは?」

絵里「希がセール商品を何としても手に入れたいからって、私はその付き合いで」

穂乃果「じゃあ穂乃果と一緒だね~!」

にこ「そういえば、何かことりと話してたみたいだけど何話してたのよ?」

希「へ?なんで知ってるん?」

にこ「海未がそっち行ったでしょ」

希「あ、ああ……なるほどなぁ、そういうこと」


82: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 21:15:50.38 ID:kjvHJwsw.net

にこ「まあ、大体予想は付くけど」

絵里「多分、予想通りよ?」

穂乃果「ことりちゃんも海未ちゃんの事で絵里ちゃん達に相談してたの?」

絵里「正解♪」フフッ

穂乃果「いえーい、やったね!」

絵里「はい、ご褒美のチョコ」

穂乃果「おお、ありがとー!絵里ちゃん!」

絵里「いえいえ」ナデナデ


83: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 21:17:25.02 ID:kjvHJwsw.net

希「で、話を戻して、ことりちゃんは海未ちゃんの事好きみたいなんやけど……」

にこ「そこまでは私も何となく予想してたわ。問題はその後よ」

希「それを海未ちゃんに伝えられるか……って事やね」

にこ「どうなの?」

希「ん~……今の時点ではちょこ~っと厳しい、かなぁ?」

にこ「本当にちょっとなの?海未なんて、今のペースでいけば何年かかるか分かんないわよ?」

希「あー……ことりちゃんも、同じぐらい……かも」アハハ…

絵里「となると、私達が後押ししてあげないとね」

穂乃果「だねっ!」

にこ「んじゃまずはやる事は……」

希「……あれかなぁ~」ニヤ

――――――


84: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 21:18:51.30 ID:kjvHJwsw.net

――翌日

ことり「おはよ~海未ちゃ~ん♪」フリフリ

海未「おはようございます、ことり」

ことり「今日もいい天気だね~」

海未「ええ、陽射しが暖かくて過ごしやすいです」

ことり「早く穂乃果ちゃんも来ればいいのにね?」

海未「全くです、こんな日にまで寝坊など……ん?」

ことり「どうしたの?」

海未「すみません、メールが届いたようです」

ことり「そうなの?……あ、ことりもメールだ」


85: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 21:19:21.80 ID:kjvHJwsw.net

ことうみ「「!?」」ビクッ


ことり「う、海未ちゃんどうしたの?」

海未「こ、ことりの方こそ、どうしたんですか?」

ことり「あのね……穂乃果ちゃんが先行っててって……」

海未「私もです……」

海未(しかもその後には……海未ちゃん、ファイトだよ!といったメッセージ付き……これはわざとですね……)

ことり「それじゃ……遅刻してもいけないから、行こっか?」

海未「ええ……全く、後で穂乃果はお説教です!」

ことり「海未ちゃん……と、隣歩いてもいいかな?///」

海未「あ、は、はいっ……私なんかの隣でよければ」

ことり「///」スタスタ

海未「///」スタスタ

海未(いつもと同じはずなのに……何やら、変な感じがします///)

ことり(海未ちゃんの隣……落ち着くなぁ///)エヘヘ



スタスタ……


97: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 02:20:52.02 ID:0hQQDhdK.net

――部室 昼休み


にこ「さて、ことりと海未についての作戦会議の時間よ」

凛「いえい!頑張るにゃ!」

穂乃果「ことりちゃんと海未ちゃんは、朝と同じように適当な理由で二人きりにしといたよ!」

凛「流石穂乃果ちゃん、偉い!」

穂乃果「えぇ~、そんなに褒めないでよ~///」

真姫「まあ、そこの二人は放っておくとして……」

穂乃果「真姫ちゃん!?」ガ-ン

凛「真姫ちゃんひどいにゃ……かよち~ん……」シクシク

花陽「よ、よしよし……大丈夫だよ~……」ナデナデ


98: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 02:21:22.98 ID:0hQQDhdK.net

絵里「作戦会議もいいんだけど……朝は結局どうだったの?」

穂乃果「朝はね~……実は後ろから隠れて見てたんだけど……」



海未『あの、ことり……何だか少し近くないですか?』スタスタ

ことり『そ、そっかなぁ?』ピトッ

海未『いえ、少しというよりだいぶ近いですよ!///』スス-

ことり『海未ちゃんは、ことりが近くにいるのはいや……?』ウルッ

海未『はいっ!?け、決してそういう理由では……!』ブンブン

ことり『海未ちゃん……』ピトッ

海未『あ、あぅ……///』カアァ



穂乃果「みたいな感じで、見ててすっごい楽しかったよ!」


99: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 02:22:43.63 ID:0hQQDhdK.net

穂乃果「その後、海未ちゃんにかなり怒られたけど……」シュン

希「あはは……残念やったね……」

にこ「取り敢えず、当分は二人きりに慣れさせるわよ」

絵里「それがいいわね、今の状態だと中学生レベル?って所だから」

希「初心やんな~♪」

穂乃果「まあ、今まで二人から恋愛話なんて聞いた覚えなかったしね」

凛「じゃあさ、二人きりに慣れたら次はどうするの?」


100: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 02:23:24.99 ID:0hQQDhdK.net

真姫「そうねぇ……デートでもさせておけばいいんじゃない?」

にこ「デート……へぇ、いいじゃないそれ採用!」ビシッ

凛「もちろん、凛達も隠れて見てるんだよね!」ワクワク

花陽「そ、それは流石に野暮だと思うけど……」

希「いやいや、ここは二人がちゃんとデート出来るかどうかウチらが見守ってあげんと!」

絵里「本当にそう思ってるのかしら?」ジト-

希「もう~、そんな目で見んといてや~♪」

絵里「はぁ……」


107: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 03:15:37.53 ID:0hQQDhdK.net


真姫「なら、しばらくは二人きりに慣れさせてその後はデートさせるって事でいいのね?」

にこ「そうね、それで進めていきましょ」

穂乃果「そういえば気になってたんだけどさ、にこちゃん」

にこ「ん?何よ?」

穂乃果「アイドルなのに恋愛なんて許さないわよ~!って怒らないの?」

にこ「ああ、その事……」

にこ「……ま、別にいいんじゃない?本物のアイドルじゃなくてあくまでスクールアイドルなんだし」

にこ「それに本人達が好き同士なのに、それを私の一存で止めるっていうのもね……」

六人『へぇ……』ニヤニヤ

にこ「……その変な視線やめなさいよ」

――――――


102: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 02:25:00.83 ID:0hQQDhdK.net

――放課後


海未「今日も帰りはことりと二人ですか……」

ことり「穂乃果ちゃん、何でか急いで帰っちゃったもんね……」アハハ…

海未(これもまた穂乃果の策ですか……)

ことり「ねぇ、海未ちゃん……ことりね?今日少し寄り道しようかなって思ってるんだけど……」

海未(私の為にしてくれるのは嬉しいのですが、流石にここまでやるとことりにバレてしまうのでは……)

ことり「海~未ちゃん~?」ユサユサ

海未(もしバレてしまっては……私はことりと、今の関係のままでいられる自信がありません……)


103: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 02:25:35.89 ID:0hQQDhdK.net

ことり「むうぅ……海未ちゃん!」チュン!

海未「ひゃいっ!?」ビクッ

ことり「ことりの話聞いてた?」

海未「……すみません、少し考え事を」

ことり「もうっ……じゃあもう一回言うね?ことり、今日寄り道しよっかなって思ってるんだけど……」

海未「寄り道?何故ですか?」

ことり「次の衣装のイメージがなかなか浮かばなくって……ちょっと息抜きに」

海未「なるほど……」


104: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 02:26:02.57 ID:0hQQDhdK.net

ことり「だから、今日はことり一人で帰るね?」

海未(ここで、そのままことりを見送ってしまっていいのでしょうか……)

海未「……」

ことり「明日は一緒に帰ろうね?じゃあ、バイバ――」






海未「待ってください」ガシッ

ことり「ふぇ?」

海未「私も……付いていきます」

海未(……いいわけ、ないですよね?)

――――――


113: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 01:55:48.50 ID:qECV6iwo.net

海未「ことり、お待たせしました」スッ

ことり「わあっ、ありがと~♪」

海未「こんな所にクレープ屋があったんですね」

ことり「たまにだけど、ここでお店やってるんだ。今日はいるかな~って思ったら大正解♪」

海未「はむ……ほう、中々美味しいですね」

ことり「でしょ?ことりイチオシのクレープ屋さんですっ」フフッ

海未「ですが、食べすぎてアイドル活動に支障を来すようなことをしてはいけませんよ?」ハムハム

ことり「はぁい。でもぉ……」チラッ

海未「むっ、何ですか?」


114: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 01:56:13.87 ID:qECV6iwo.net

ことり「ことりより、海未ちゃんのクレープの方が減りが早かったり♪」

海未「……あっ///」ピタッ

ことり「くすっ、そんなに美味しかった?」

海未「こ、これは私の方がことりより食べ始めるのが早かったからです!」

ことり「ホントに~?」

海未「ぐっ……本当ですっ!」

ことり「じゃあ、そういう事にしておいてあげよっかなぁ~♪」

海未「べ、別にいいじゃないですか……美味しいんですから///」ハムッ

ことり「あっ……」


115: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 01:56:54.59 ID:qECV6iwo.net

海未「?」キョトン

ことり「う、ううん!何でもないの!」

海未「……?」ハムハム

ことり(海未ちゃん……美味しいからっていっぱい頬張っちゃって……ほっぺにクリーム付いてる)

ことり(どうしよう……注意してあげた方がいいのかな?それとも……こ、ことりが取ってあげてそのまま……きゃぁ///)

海未「ことり?食べないのですか?」

ことり「た、食べていいの!?」

海未「え、ええ……だってそれは、ことりの分じゃないですか」


116: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 01:57:22.86 ID:qECV6iwo.net

ことり「じゃあ、食べようかな……いただきまぁす」スッ

海未「へっ?……ひゃうっ!」ビクッ




ペロッ



ことり「……えへ///」テレッ

海未「こ、こと……!?ことり!い、一体何を!?」ズザザッ

ことり「海未ちゃんが食べていいって言うから……」

海未「何の話ですか!///私が言ったのはことりの持っているクレープの事です!」


117: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 01:57:57.93 ID:qECV6iwo.net

ことり「……」



海未『ことり?(クレープを)食べないのですか?』

ことり『(海未ちゃんのほっぺのクリーム)食べていいの!?』

海未『え、ええ……だってそれはことりの分(のクレープ)じゃないですか』






ことり「……あ、あわわわわわっ///」カアァ

海未「ち、ちょっとことり!そんなに恥ずかしがらないでください///私の方が恥ずかしいんですよ!///」

ことり「そんなこと言われても~!///」

海未「こ、こういう時は深呼吸で心を落ち着かせるんです!」ス-ハ-

ことり「わ、わかった!」ス-ハ-


118: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 01:58:25.64 ID:qECV6iwo.net

ことうみ「「……ふぅ」」

ことり「……」チラッ

海未「……」チラッ

ことり「!」バッ

海未「!」バッ

ことり「//////」カアァ

海未「///////」カアァ

ことり(まともに海未ちゃんの顔見れないよぉ~!)

海未(ああもうっ……ことりを好きになってからというもの、こんな事ばかりで心臓が持ちません!)


119: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 01:58:51.55 ID:qECV6iwo.net

海未「はぁ……やっと落ち着きました」

ことり「ことりはまだちょっと……」ドキドキ

海未「では、ここでもう少し休んでいきましょうか?」

ことり「う~ん……じっとしてる方が思い出して恥ずかしくなっちゃうから、歩きたいかな?」

海未「了解しました、そうしましょうか」

ことり「海未ちゃんはもう大丈夫なの?」


120: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 01:59:17.15 ID:qECV6iwo.net

海未「……そう見えますか?」

ことり「さっき、落ち着いたって言ってたから……でも、ちょっとまだ顔赤いかも」

海未「であれば、そういう事ですよ」スタスタ

ことり(って言うことは、海未ちゃんもことりを女の子としてちょこ~っとだけでも意識してくれてるってこと……だよね?)

ことり「……そっか」フフッ

海未「ことり?置いていきますよ?」スタスタ

ことり「あぁっ!海未ちゃん待ってぇ~!」タタッ

――――――


121: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 01:59:43.52 ID:qECV6iwo.net

海未「そういえばことり、衣装の事で悩んでいるようですが……」

ことり「あ、ああ……うん……」

ことり(ごめんね海未ちゃん……それ、ホントは嘘なんだ)

海未「私で良ければ相談に乗りますよ?」

ことり(ホントはちょっと海未ちゃんの事について、一人で作戦会議したかったの)

ことり「大丈夫!海未ちゃんとクレープ食べてたら、色んなアイデアが思いついちゃった♪」

海未「それなら、良かったです」


122: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 02:00:09.37 ID:qECV6iwo.net

ことり「海未ちゃんのおかげだね?」

海未「私は何もしていませんよ」フフッ

ことり「ううん、海未ちゃんのおかげ」

海未「は、はぁ……そうなのですか?よく分かりませんが」

ことり(海未ちゃんはいつもことりに力をくれるの)

ことり(海未ちゃんのせいで作業が捗らなくなることもよくあるけど……)クスッ

ことり(いつも、困った時は海未ちゃんの笑顔やことりの事を優しく呼んでくれる声を思い出すの)

ことり(そしたら、悩みなんかどこ吹く風♪スピリチュアルだねっ♪)

ことり(ことりにとって海未ちゃんはそんな存在……でも)


123: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 02:00:36.18 ID:qECV6iwo.net

ことり「海未ちゃん」

海未「はい、何でしょうか?」

ことり「変なこと聞いちゃってもいいかな?」

海未「まあ、内容にはよりますが……どんな事です?」

ことり「あのね……」

ことり(……聞いちゃうの?ただの友達って言われちゃうかもしれないのに?)

ことり(そんなこと言われちゃって、立ち直れるのかな?)

ことり(聞かない方が幸せなのかもしれない……けど、ことりは少しでも前に進みたいの……だから)







ことり「海未ちゃんにとって、ことりはどんな存在?」

ことり(ほんのちょっぴり、勇気を出しちゃいますっ!)

――――――


133: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 18:12:54.42 ID:8tmNW3nL.net

海未「……また唐突ですね」

ことり「だから、変なこと聞いちゃってもいい?って言ったよ?」

海未「私にとってのことりの存在……」

ことり「正直に言ってね?」

海未(正直に……)

海未「ことりは……私にとって……」

ことり「……」ゴクッ







海未「大切な……とても大切な幼なじみです」ニコッ


134: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 18:13:20.03 ID:8tmNW3nL.net

ことり「……」

海未「ことり?」

ことり「穂乃果ちゃんとだったら……どっちが大切?」

海未「穂乃果と?そんなの決められるわけないでしょう、どちらも等しく大切です」

ことり「……そ、そっか!ありがと!」ニコッ

海未「いえ、お礼を言われる程のことではないですよ」

海未「しかし、何でまた急にこんな話を?」

ことり「ん~……ちょっと気になっただけだよ?うん、それだけ」アハハ…


135: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 18:13:46.16 ID:8tmNW3nL.net

海未「そうでしたか」フフッ

ことり「うん……」シュン

海未「それよりも、そろそろ暗くなってきましたね……家まで送ります」

ことり「……大丈夫。ことり、今日は一人で帰るね」

海未「え?ですが……」

ことり「ごめん……また明日ね、海未ちゃん」タッ

海未「こ、ことり!」



タッタッタッ……



海未「……はぁ」

海未「大切な幼なじみ……ですか」

海未「嘘ではないです……が、正直な気持ちかと言われると……」

海未「私は、正直に気持ちを伝えるべきだったのでしょうか……」


136: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 18:14:16.03 ID:8tmNW3nL.net

ことり「はぁっ……はぁっ……」タッタッ

ことり「はぁ……」ピタッ

ことり「大切な幼なじみ……かぁ」

ことり(穂乃果ちゃんとどっちが大切、なんて意地悪なこと聞いちゃった……ことり、最低な子だよ……)

ことり「覚悟はしてたんだけどなぁ……やっぱり……」

ことり「いざ言われると……ショック……って、あれ?」


137: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 18:14:41.97 ID:8tmNW3nL.net

ことり「何で……何でことり泣いてるの?」ツ-

ことり「覚悟してたんだよ?分かってたんだよ?」

ことり「それでなんで泣いてるの?おかしいよ……」

ことり「おか……しい……よ……」ジワッ

ことり「ううっ……海未……ちゃん……」グスッ

ことり「……う、うわあああぁぁん!!!」

――――――


138: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 18:15:07.63 ID:8tmNW3nL.net

――三日後 部室


にこ「緊急会議よ。何でかは、言わなくても分かるわよね?」

絵里「ええ、ことりと海未の事でしょ?」

希「あの二人、どうしたん?最近ちょっと雰囲気が……」

凛「穂乃果ちゃん、なんか知ってる?」

穂乃果「うーん……三日前ぐらいから変になったのは分かったんだけど、何でかはわかんないんだよね」

真姫「お昼までは普通だったんでしょ?」

穂乃果「うん、放課後別れるまでは何もなかったよ?あ、でも次の日の朝にはおかしくなってたような……」

花陽「じゃあ、その日の放課後に何かあったってことかな……?」


139: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 18:15:58.70 ID:8tmNW3nL.net

絵里「本人に直接聞いてみる必要がありそうね」

にこ「穂乃果、今海未とことりは?」

穂乃果「海未ちゃんは弓道部で、ことりちゃんは衣装作りだったような……」

にこ「んじゃ、あんたは海未をここに呼んできなさい」

穂乃果「りょーかい!」ピシッ

希「なら、ウチらはまた被服室に行こうか?」

絵里「ええ、真姫行きましょ」

真姫「全く……仕方ないわね」

凛「凛とかよちんはー?」

にこ「え?そうね……まあ、海未に優しくしてあげなさい」

花陽「うんっ♪」

凛「まっかせるにゃー!」


151: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 22:10:36.62 ID:q3JDzK+q.net

穂乃果「連れてきたよ~」

海未「あの……いきなりどうしたんですか?穂乃果に呼ばれたので来ましたけど……」

にこ「来たわね……単刀直入に聞くわよ?」

海未「何をですか?」

にこ「アンタ、三日ぐらい前にことりと何かあったでしょ?」

海未「……無いです」

穂乃果「本当に?」

海未「何故疑うのです?」

にこ「海未が嘘ついてるからに決まってんでしょ」


152: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 22:11:54.92 ID:q3JDzK+q.net

海未「そんな、私は嘘など……」

凛「海未ちゃん、本当のこと言って欲しいにゃ……」

花陽「皆、海未ちゃんとことりちゃんのことが心配なの……」

海未「……」

花陽「やっぱり、何かあったんだよね?」

海未「三日前に、ことりに……聞かれたんです」ポツリ

穂乃果「何を聞かれたの?」

海未「私にとって、ことりとはどういう存在なのかと」


153: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 22:12:59.78 ID:q3JDzK+q.net

凛「それで、海未ちゃんは何て答えたの?」

海未「大切な……とても大切な幼なじみ、と答えました」

にこ「あー……」

にこ(なるほど……それが原因ってわけね)

海未「私は……返答を誤ってしまったのでしょうか?あの場で覚悟を決めて、思いを伝えるべきだったのでしょうか?」

海未「ですが……ことりの気持ちが分からない以上、私にはその一歩を踏み出すことが出来ません……」

花陽「海未ちゃん……」

穂乃果「ことりちゃんの気持ちがわかれば踏み出せるの?」

海未「それは、まあ……」


154: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 22:14:25.49 ID:q3JDzK+q.net

穂乃果「じゃあさ、聞けばいいじゃん」

海未「……は?」

にこ「穂乃果の言う通りね」

海未「にこまで……そんなに簡単に言いますが、どうしろと?」

にこ「さあ?自分で考えれば?」

海未「で、ですから!」

にこ「って言いたい所だけど……ま、私達もそこまで鬼じゃないからね。その事を聞く機会は用意してあげるわ」

海未「あ、ありがとうございます……」

にこ「だから、今週ことりとデートして来なさい」

海未「はい、わかりまし…………たぁ!?」


155: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 22:15:18.80 ID:q3JDzK+q.net

にこ「詳しい事はまた後で連絡するわ。じゃ、今日はこれで解散」

穂乃果「さーて、帰ってお店の手伝いしなきゃ!」

にこ「私もあの子達の面倒――」

海未「い、いやいやいやいやっ!ちょっと待ってください!」バッ

にこ「……何よ?」

海未「で、デートってどういう事です!?」

花陽「海未ちゃん、少し落ち着いて……」

海未「これが落ち着いていられますか!」

花陽「ぴゃあ!?……ご、ごめんなさい」ビクッ


157: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 22:16:17.76 ID:q3JDzK+q.net

にこ「詳しい事は後で連絡するって言ったでしょ?今は大人しく帰りなさい」

にこ「まあ、あれよ。悪いようにはしないから、安心しなさい。じゃあね」スタスタ



シ-ン…



海未「……」

凛「海未ちゃん……大丈夫?」

海未「デートって……今のこの気持ちでどうしろと言うんですか……」ハァ

花陽「が、頑張ってね?」

海未「ですが、そうですね……この気持ちをどうにかするなら、頑張るしかないんですよね」

凛「そうにゃそうにゃ!海未ちゃんなら出来るにゃ!」

海未「ふふっ……ありがとうございます、凛、花陽。少し元気が出ました」ニコッ

花陽「ううん、海未ちゃんの力になれたなら♪」

凛「えへへ~♪」

――――――――


158: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 22:17:44.50 ID:q3JDzK+q.net

――被服室


ことり「……」ガガガ…

ことり「……はぁ」ピタッ

ことり「ダメ……全然進まないよ……」




コンコン




ことり「……は、はーい!」タタッ




ガチャ


159: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 22:18:36.84 ID:q3JDzK+q.net

絵里「どう?衣装作り進んでる?」

ことり「あ、絵里ちゃん……」

希「ちょ~っとだけ、時間ええかな?」

ことり「希ちゃんも?」

真姫「私もいるわよ」

ことり「真姫ちゃんまで?ど、どうしたの、いきなり」

絵里「ことり、最近元気無いでしょ?だから、どうしたのかしらって」

ことり「……」

希「多分やけど、海未ちゃん関連やろ?」

ことり「……」コクッ

真姫「一体、海未と何があったのよ?」

ことり「……え、えっと」ジワッ

のぞえりまき「「「!?」」」ビクッ

絵里「あ、無理に話さなくもいいのよ!?話せる範囲でいいからね!」

ことり「う、ううん……ちゃんと話す……」グスッ

ことり「あのね……」

――――――


161: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 22:19:45.52 ID:q3JDzK+q.net

希「はぁ~……なるほどなぁ」

ことり「海未ちゃん、ことりの事大切な幼なじみです……って」

真姫「まあ、ショックだったのは分かるけど……それって泣くほどの事かしら?」

絵里「ま、真姫っ!何言ってるの!?」

真姫「いや、だって別に嫌いって言われた訳じゃないんだし……」

ことり「でも、海未ちゃんはことりの事……好きじゃないんだよ?」

真姫「……何で好きじゃないといけないのよ」

ことり「え?」


162: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 22:20:44.13 ID:q3JDzK+q.net

真姫「恋愛って好き同士の人がするものじゃないでしょ?基本的にどちらかが片思いじゃない」

真姫「だから、海未がことりの事を好きじゃなかったとしても、それは普通のことよね?」

ことり「た、確かに……」

真姫「ことりが泣いたのだって、少し思い込みすぎたからよ。実際はまだまだチャンスはあるわ、嫌われた訳じゃないんだから」

ことり「そうなの……かな?」

真姫「そうよ。はい、これで話は終わり。後は、今まで通り頑張りなさいよ」

ことり「ふぇ?もう……終わり?」

希「真姫ちゃん、一気に畳み掛けたなぁ……」

絵里「私達が口を挟む隙、全然無かったわね……」


163: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 22:22:21.38 ID:q3JDzK+q.net

真姫「じゃあ、私は帰るから……」




~♪




真姫「ん?誰?」

絵里「あ、ごめんなさい……私だわ」スッ

絵里「もしもし……あら、にこ?うん……うん……わかったわ、了解♪」

希「にこっちからやったん?」

絵里「ええ、そうよ」

ことり「何の用だったの?」

絵里「ああ……えっとね」







絵里「ことり、今週末は海未とデートよ」

ことり「うん、わかっ……ふえええええぇぇ!?」ガタガタッ


164: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 22:23:13.77 ID:q3JDzK+q.net

希「えらい急やね?もうちょっと慣れさせてからやなかったん?」コソッ

絵里「私もそう思ったんだけど……にこがもう、海未にも約束取り付けたっていうから……」コソッ

ことり「え、ええ絵里ちゃんっ!ど、どういうことぉ!?」

絵里「ん~……私も良くわかんないんだけど、海未がことりと出掛けたいって言ってたってにこが……」

ことり「う、海未ちゃんがそんな事言ってたの……?」

絵里「みたいよ?」

真姫「丁度良かったじゃない、すぐに次のチャンスが巡ってきて」

ことり「そ、それはそうだけどぉ……今はちょっと、海未ちゃんと二人きりは……」


165: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 22:24:10.02 ID:q3JDzK+q.net

希「まあまあ、真姫ちゃんが言うように恋愛を頑張るのもいいけど、まずは海未ちゃんとのお出掛けを純粋に楽しめばええんやないかな?」

ことり「純粋に、デートを楽しむ……」

真姫「ま、確かに告白云々を考えるはその後でもいいんじゃない?」

絵里「そうそう、今回のデートは取り敢えず精一杯楽しんできなさい!」

ことり「海未ちゃんに、甘えちゃったりしてもいいのかな……?」

真姫「海未から誘ってきたんだから、当然でしょ」

ことり「手とか、繋げたりする……?」

希「余裕余裕♪」


166: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 22:25:40.49 ID:q3JDzK+q.net

ことり「……」

絵里「どう?少しは行く気出てきたかしら?」

ことり「……」コクッ

真姫「なら決まりね」

希「ことりちゃん、まずは何よりも楽しむ!これを忘れんとってね?」

絵里「で~も?アタックできそうな場面があったら、遠慮せずに攻めなさいよ?」

ことり「が、頑張るっ!」グッ

絵里「ええ、頑張りなさい」フフッ

希「そしたら、ウチらも今度こそ帰ろうか?これ以上、長居するのもあれやし」

絵里「衣装作りの邪魔しちゃってごめんなさいね?」

ことり「邪魔だなんて思ってないよ!むしろ、ありがと……」ペコリ

真姫「……実るといいわね、海未との恋。……って何言ってるのよ私!そ、それじゃ///」タタッ

希「んふふ~、真姫ちゃんったら自分で言って照れてるやん。じゃね~ことりちゃん♪」フリフリ

絵里「さよなら、また明日学院でね」フリフリ

ことり「うんっ!ばいば~い!」ブンブン

――――――


179: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 22:47:31.41 ID:iMG06nYy.net

――デート当日 待ち合わせ場所


海未「あぁ、遂に来てしまいましたこの日が……」ドキドキ

海未「ことりとデート……今から想像しただけで顔から火が出そうです///」カアァ

海未「と言うよりデートって……付き合ってもいないのに、変ではないでしょうか?」

海未「まあでも、ことりからも特に何も言われなかったのでデートという事でいいんですよね?」

海未(さて、今回はことりの気持ちを確かめる為のデートです!私も今日はどんどんと自分の気持ちを前に出していきます!)

海未「それにしても……」チラッ


180: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 22:48:33.36 ID:iMG06nYy.net

海未「遅いですね……ことり」




「海~未ちゃ~ん!!」




海未「この声は……」

ことり「遅れちゃってごめんなさぁ~い!」タタッ

海未「いえ、気にしていませんよ。しかし、ことりが遅刻なんて珍しいですね?」

ことり「……海未ちゃんがせっかく誘ってくれたデートだから、オシャレに時間掛かっちゃって……」

海未「そ、そうですか///」


181: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 22:49:34.64 ID:iMG06nYy.net

ことり「ど、どうかな?///」クルッ

海未「あ……と、とても似合っていると思います!いえ、似合っています!」

ことり「ホントっ?でも……海未ちゃん、こっち見てないよ?」

海未「見てます!見てはいます……横目で」チラッ

ことり「もう~っ!海未ちゃん!」ガシッ

海未「こ、こひょり!?なにひゅるんですか!?」

ことり「デートなんだから……もっとちゃんとことりのこと、見て欲しいな……///」

海未「……」

海未「……こひょり、ひゅみませんてをはなひてください」

ことり「う、うんっごめんね!」パッ


182: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 22:50:55.80 ID:iMG06nYy.net

海未「……」ジ-

ことり「あ、あの……海未ちゃん///そんなに見られると、流石に恥ずかしい……かも///」カアァ

海未「いいえ、恥ずかしがる事なんてありません……」




ポンッ




海未「やはり、ことりはとても可愛いですよ」ニコッ

ことり「ふえぇ!?///」

海未「ふふっ、さあ行きましょうか」

ことり「は、はうぅ///」カアァ


183: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 22:52:34.21 ID:iMG06nYy.net

ガサッ……




穂乃果「いや~、甘い!甘すぎるね~」

凛「今回、結構海未ちゃん頑張ってる気がするにゃ!」

花陽「そうだねっ、あんまり恥ずかしがってないし」

にこ「まあ、まだ始まったばっかりよ。このまま、上手くいってくれるといいんだけど……って重い、重いわよ!」

希「え~?女の子に向かって、重いなんて言ったらいかんよにこっち~」

にこ「アンタが人の頭に、その無駄に大きな物を乗せてくるからでしょーが……」ゴゴゴ

希「や~ん♪にこっち怖~い♪」


185: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 22:54:11.71 ID:iMG06nYy.net

真姫「何、馬鹿なことやってるのよ……」

絵里「ちょっと皆、後追わなくていいの?どんどん先行ってるけど……」





ことり「どこ……行こっか?」スタスタ

海未「そうですね……」スタスタ




にこ「……アンタ達、早く行かないと見失うわよ!」ダッ

穂乃果「おわわっ!にこちゃん待って~!」ダッ

凛「凛、走るのは得意だよ~!行こっ、かよちん!」ガシッ

花陽「は、花陽は後からゆっくり……」

凛「にゃにゃにゃ~~!」ダダッ!

花陽「ぴゃああぁ!?ダレカタスケテエェェ……」ズルズル

真姫「はぁ……大勢で騒いで……」

絵里「尾行してるって自覚あるのかしら、あの娘たち……」

希「ま、楽しければそれでいいやん♪」

――――――


186: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 22:56:04.16 ID:iMG06nYy.net

ことり「水族館……なんて音ノ木坂にあったっけ?」

海未「どうやら、最近出来たそうですよ」

ことり「へえぇ~、そうなんだぁ」

海未「中々多くの種類の魚がいるそうです、良ければ行ってみませんか?」

ことり「うんっ♪」



スタスタ……




にこ「水族館ね……まあ、いいんじゃないかしら」

穂乃果「デートで水族館と言えば、割と定番だよね~」


187: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 22:57:41.93 ID:iMG06nYy.net

凛「そう?凛はもっと身体動かせるところがいいかな~?二人でテニスとかしたら楽しそうだよ!」

真姫「それもいいけど、疲れるじゃない。それなら、こういうお互いにゆっくりと落ち着いて楽しめる場所が最善だと思うけど?」

花陽「私も真姫ちゃんと同意見かな……あんまり運動は得意じゃないから……」

希「ウチはどっちでもいいかな~?どっちもそれぞれ違った良さがあるしね♪エリチは?」

絵里「えっ、私?そうね……って私達のことはどうでもいいのよ!」

希「え~、エリチのデートプラン聞きたいなぁ~?」

絵里「はいはい、そんな事言ってると置いていくわよ?」スタスタ

希「ああん!ごめんって~!待ってやエリチ~!!」タタッ


188: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 22:58:45.48 ID:iMG06nYy.net

穂乃果「ねえねえにこちゃん!サメとかいるかな~?」タタッ

にこ「結構大きい所みたいだし、いるんじゃないの?」スタスタ

凛「かよちんは何見たいっ?」スタスタ

花陽「私は……クラゲとか見たいかな。ぷかぷかしてて可愛いよね……えへへ。真姫ちゃんは?」スタスタ

真姫「別に……あんまり興味無いわ」スタスタ

凛「またまたぁ、そんな事言っちゃって~」ニヤニヤ

真姫「う、うるさいわよ!///」

花陽「ふふっ」ニコニコ

――――


189: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 23:00:21.62 ID:iMG06nYy.net

ことり「わあぁ~……みてみて海未ちゃん!イルカさんだよ~♪」

海未「ほう……初めて生で見ました。何度かテレビで見たことはありましたけど」

ことり「ね~、ことりもだよ?お~い、イルカさ~ん♪」フリフリ



キュ-キュ-



ことり「やぁ~ん♪かわいいぃ~♪」キュンキュン

海未「ええ、そうですね……」チラッ

ことり「イルカさんってきゅーって鳴くんだ……きゅーきゅー♪」


190: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 23:01:47.68 ID:iMG06nYy.net

海未(ただ……イルカには申し訳ないですが、私にはことりの方が断然可愛いです)

ことり「ほら、海未ちゃんも一緒にイルカさんに挨拶しよ?」

海未「えっ!わ、私もですか!?」

ことり「そうだよ?きゅーきゅー♪」

海未「い、いえ……その……」

ことり「海未ちゃんにも……やって欲しいな?」

海未「あぅ……き、きゅーきゅー///」カアァ

ことり「うんうんっ、海未ちゃんもイルカさんもとってもかわいいよ♪」

海未「//////」カアァ





凛「あ、真姫ちゃん見て見て!ウニだにゃウニ!」ピョンピョン

真姫「いや、ウニとかどうでもいいわよ……」

花陽「美味しそう……」ジ-

真姫「花陽っ!?」


205: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 17:01:57.28 ID:zfUQLWbi.net

海未「ん?あれは……」

ことり「海未ちゃん?どうしたの?」

海未「見てください、ことり」スッ

ことり「ふぇ?……ふわぁ、すご~い!」

海未「綺麗ですね……」

ことり「これって確か、水中トンネル?って言うんだよね?」

海未「行ってみませんか?」

ことり「うん!って言いたいんだけど……凄い人だよ?」

海未「やはり、出来たばかりだからでしょうね」


206: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 17:02:23.58 ID:zfUQLWbi.net

ことり「だから、ことりは無理して行かなくてもいいと思うけどな?」

海未「そうですか……」



ギュッ



ことり「ひゃっ!?」ビクッ

海未「では、私がことりと行きたいので無理してでも行きましょう」ニコッ

ことり「あ、あの海未ちゃん……手……///」カアァ

海未「人ごみではぐれてしまってはいけませんので……嫌だったでしょうか?」

ことり「……///」ギュッ

海未「ふふっ、ありがとうございます。しかし、無理やりで申し訳ありません」


207: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 17:02:49.39 ID:zfUQLWbi.net

ことり「ことりも……海未ちゃんと行きたいなって……思ってたから、大丈夫だよ……///」モジモジ

海未(何故、ことりの仕草はどれもこんなに可愛いのでしょうか……)

ことり「えへへ……///」

海未「ほら、また可愛いです」ボソッ

ことり「えっ!?」

海未「えっ?」

ことり「海未ちゃん、今……かわいいって……」

海未「わ、私……声に出していましたか……?」

ことり「///」コクッ

海未「…………なるほど」

海未(……って全然なるほどじゃないですよ!どどどうしましょう!?まさか声に出してしまうとは……何たる失態……)ガクッ


208: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 17:03:19.05 ID:zfUQLWbi.net

ことり「それって何が……かわいいの?」

海未「へっ!?そ、そうですね……それは勿論」

ことり「もちろん?」

海未「こ、こと……」

ことり「……」

海未「こと……お琴……」

ことり「……はぁ」





海未「……ではなく!ことりですっ!」

ことり「!」パアァ

海未「も、もういいでしょう!行きますよっ///」スタスタ

ことり「……やったぁ♪」ボソッ


209: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 17:03:49.21 ID:zfUQLWbi.net

にこ「一々恥ずかしがっててどうすんのよ、全く。あんなんじゃ、いつまで経っても付き合えないわよ?」

絵里「そこがいいんじゃない♪初々しくて」

希「そうそう、初恋って感じやもんね~。見てて癒されるわぁ」

穂乃果「それにさ、ちゃんと進んでるよ?二人とも。少しずつかもしれないけど」

にこ「……ま、それもそうね。私達が急いでもしょうがないし、大人しく見守るとするわ」

希「それが一番やよ♪」フフッ

穂乃果「うんうんっ」


210: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 17:04:17.18 ID:zfUQLWbi.net

ことり「海未ちゃん海未ちゃん!ふれあいコーナーだって♪」

海未「触れ合い?動物園ではよく見かけますが、水族館にもあるのですか?」

ことり「みたいだね?ほら、色んなお魚さんとかがいるよ~」

海未「……あまり、触れ合いたいとは思えないコーナーですね」

ことり「もうっ、そんなこと言ったらお魚さんたちがかわいそうだよ!」プクゥ

海未「とは言いますが……ナマコにヒトデやイソギンチャク……少し、躊躇してしまいます」

ことり「う~ん……ことりは良いと思うけどなぁ……あ、じゃああっちの方に行く?」


211: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 17:05:07.47 ID:zfUQLWbi.net

海未「あっちとは?」

ことり「さっき見てたイルカさんとか、アザラシさんとふれあえるコーナーもあるみたい♪」

海未「それなら是非行ってみたいですね」

ことり「じゃあ、行こっ?」

海未「ええ、楽しみです」クスッ



スタスタ…




穂乃果「うえぇ……ナマコだって……」ジ-

凛「ほらほら~!にこちゃん、ナマコだにゃー!」ヒョイ

にこ「ちょっとおおぉ!?そんなモンこっちに持ってくんじゃないわよおお!!」ダダッ


212: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 17:05:33.35 ID:zfUQLWbi.net

花陽「ヒトデさん……えいっ」プニッ

絵里「ヒトデってどんな感触なのかしら……?」

花陽「固くもないし、柔らかくもないし……微妙、かな?」

絵里「あらそうなの、柔らかいかと思ったら案外そうでもないのね」


真姫「……」コソコソ

希「どこ行くん?」

真姫「っ!」ビクッ

希「そっちの方向は……はは~ん、真姫ちゃんもイルカさんとふれあいたい理由や?」ニヤニヤ

真姫「……な、何よっ悪い!?///」

希「いやいや、ええと思うよ」フフッ


――――――


213: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 17:06:02.54 ID:zfUQLWbi.net

ことり「ん~!色んな生きものが触れて楽しかったね!」ノビ-

海未「アザラシの身体の表面が、見かけによらず手触りはゴワゴワしていたのに驚きました……」

ことり「海未ちゃんビクビクしながら触ってたね♪」

海未「し、仕方ないじゃないですか!愛くるしい見た目とはいえ、何をされるか分からないんですから」

海未「それに……ことりだってアザラシに餌をあげる時」


214: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 17:06:38.85 ID:zfUQLWbi.net

ことり『はぁ~い♪ご飯の時間ですよ~、アザラシさぁ~ん♪』


ワサワサ…


ことり『みんな順番にあげますからね~?……って、あ、あれ?……あれあれぇ?』オロオロ


ワサワサ……


ことり『ふええぇ!何だか、いっぱい集まってきちゃったよぉ~……海未ちゃぁ~ん!』



海未「という事があったじゃないですか」

ことり「あんなに集まってくるとは思わなくって///」

海未「まあ、慌てることりも可愛かったですよ」クスッ

ことり「も、もう~!海未ちゃぁ~ん///」


215: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 17:07:14.18 ID:zfUQLWbi.net

海未「ふふっ……他に、何処か見て回りたい所はありませんか?」

ことり「人も結構増えてきたし……今日は大丈夫かな?」

海未「わかりました。また次回来た時には、もっとゆっくり回りましょうか」ニコッ

ことり(次回……次があるって事かな……?)

ことり「うんっ!」ニコッ

海未「では、のんびりと話でもしながら帰りましょう」

ことり「はぁ~い♪」


216: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 17:07:44.40 ID:zfUQLWbi.net

希「いや~、イルカさん中々可愛かったね~!ね?真姫ちゃん」

真姫「そ、そうね///まあ、そこそこ可愛かったんじゃない?」

凛「あ、真姫ちゃん。海未ちゃん達知らない?」

真姫「海未?さあ、私達は知らないけど……」

穂乃果「さっきから探してるけど、全然いないんだよね~」

希「もしかして、もう帰ったんやないかな?」

にこ「あぁ……まあ、それならそれで別にいいわ。こっちも何だかんだで、普通に水族館楽しんでたし」


217: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 17:08:09.69 ID:zfUQLWbi.net

絵里じゃあ、ここからは各自自由行動にでもする?」

花陽「あ、それいいかも……」

穂乃果「よし!それなら穂乃果はまだ見ぬサメを探しに行くよ!」

凛「凛もついて行くにゃー!」

にこ「アンタらだけだと何か心配だから、私もついて行ってあげるわ」


花陽「花陽はもう少しここで、ふれあっていこうかな……?」

絵里「私もそうしようかしら、宜しくね花陽♪」


希「ウチらはどうする?」

真姫「私も……水中トンネル行ってみたい……」

希「あー、あれ確かに凄そうやったね!……それじゃ、行こか?」

真姫「……///」コクッ


233: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 15:54:10.03 ID:2OdVnhxw.net

海未「……今日はいかがだったでしょうか?」

ことり「とっても楽しい一日を過ごせましたっ♪」

海未「そう言っていただけると、ありがたいです」フフッ

ことり「それでね?ずっと気になってたことがあるんだけど……聞いてもいいかな?」

海未「気になる事ですか?はい、なんなりと」

ことり「海未ちゃん、どうしてことりをデートに誘ってくれたの?」

海未「……」ピクッ

海未(遂に、その質問が来てしまいましたか……何処かでされるであろうとは思っていましたが……)


234: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 15:54:53.82 ID:2OdVnhxw.net

ことり「そもそもデートって言うのは、ただのお出かけのことだったの?それとも……」

海未「……」

ことり「ことりはね、どっちでもいいんだけど……もし――」

海未「少なくとも、ただのお出掛けということはありません」

海未「はっきりと、デートとも言い切れませんが……」

ことり「そっか……うん、それだけ聞けたらことりは満足です♪」

海未「後、私からも少し……」

ことり「なぁに?」


236: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 15:55:23.27 ID:2OdVnhxw.net

海未「あの、先日私にとってことりはどのような存在かと聞かれましたよね?」

ことり「そうだね、それで海未ちゃんはとても大切な幼なじみって言ってくれたよ」

海未「は、はい……それも間違ってはいないのですが……」

ことり「……どうしたの?」

海未「……もし、よろしければことりにとっての私の存在を聞かせてはいただけないでしょうか」

ことり「ことりにとっての……海未ちゃんの存在?」

海未「出来ればで構わないので……」

ことり(海未ちゃん、本当にどうしたのかな?急にそんなこと聞いてくるなんて。けど、今日のお出かけはデートだったわけで……もしかして?)


237: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 15:56:03.01 ID:2OdVnhxw.net

ことり(これってチャンス!……かな?)

ことり(そ、それに、絵里ちゃんも言ってたもんね?アタックできそうなら遠慮せずに攻めなさい!って)

ことり(でも、前みたいに言われちゃったら……ううん、気にしちゃダメ!)ブンブン

海未「ことり?そんなに考え込んで大丈夫ですか?」

ことり(……決めました!もう、ことりは当たって砕けますっ!……出来れば砕けないなぁ)

ことり「……」スゥ

ことり「海未ちゃんっ!」

海未「は、はいっ!?」ビクッ


238: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 15:56:36.61 ID:2OdVnhxw.net

ことり「こ、ことりにとって、海未ちゃんは……」

海未「……」ドキドキ






ことり「と、とっても!とってもとっても大好きな存在で……え、えと……えとえと……」アワアワ

ことり「大好きって言うのは、幼なじみとしての意味じゃなくて……あっ、もちろん幼なじみとしても大好きなんだけど……」オロオロ

ことり「あ、頭がいっぱいいっぱいでわかんないよぉ~!」


ダキッ……


239: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 15:57:04.27 ID:2OdVnhxw.net

ことり「……ひゃあぁっ!?」ビックゥ

海未「ゆっくりと落ち着いてで構いません。私は、ちゃんと最後まで聞きますから」

ことり「う、海未ちゃん?」

海未「……その後は、私の気持ちも聞いてくださいね」ボソッ

ことり「ふぇ?」

ことり(海未ちゃんの気持ち……?)

海未「はい、深呼吸をしてください」

ことり「う、うん!」


ス-ハ-ス-ハ-


240: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 15:57:30.57 ID:2OdVnhxw.net

ことり「……落ち着いた、かも」

海未「続きを聞かせてもらえますか?」

ことり「……こ、このまま?///」カアァ

海未「恥ずかしいなら、離れましょうか?」スッ




ギュッ




ことり「や、やっぱりこのままでいい……よ///」

海未「……わかりました」クスッ


241: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 15:58:05.26 ID:2OdVnhxw.net

ことり「えっと……ことりにとって、海未ちゃんはとっても大好きな存在で、今日も二人でお出かけできて凄く楽しくって……」

ことり「今度はお友だちじゃなくて……こ、恋人///としてデートできたらいいなぁ、って思ったりするそんな存在……です……///」カアァ

ことり「//////」カアァ

海未「ことり……ありがとうございます。では、次は私の番……ですね」

海未「……」ゴクッ

海未(……本当にありがとうございます。私に勇気をくれて)

海未(そして同時に……申し訳ありません。これではただの後出しですね)

海未(ですがその分、今度こそ私の嘘偽り無い、本当の気持ちを伝えます)


242: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 15:58:32.00 ID:2OdVnhxw.net

海未「……先日の、ことりは私にとってどんな存在かという質問に対して、もう一度お答えします」

ことり「な、何か違うの?」

海未「はい。ことり、貴方は私にとって……」





海未「ずっと、これから先もずっと一緒に……隣を歩いていてほしい……そんな存在です」

ことり「……」

海未「……突然の事で驚くかも知れませんが、私は以前からことりの事をお慕いしていたんです」


243: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 15:59:10.75 ID:2OdVnhxw.net

海未「最初は……憧れでした。ことりは、私の思い描く女の子像そのものでしたから。いつもことりの事を目で追っていました」


海未「とても優しく、とても可愛いくて……きっと、私以外にも憧れた人は多かったと思います」


海未「ただ……そうして、ことりのことを追っている内に、段々と変な感覚を覚えるようになりました」


海未「ことりの笑顔を見ると胸が高鳴ったり、ことりと手が触れ合うだけで何故か恥ずかしくなったり……他にも色々と」


244: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 16:00:46.73 ID:2OdVnhxw.net

海未「最初は病気になってしまったのかと、とても悩んで眠れない夜もありました」クスッ

海未「ですが、違ったんですよね……ある日、ふと気付いたのです」

海未「もしや……これがいつも皆が話しているアレではないのかと」

海未「そう考えると、今までの全ての変な感覚に説明が付きました。そしてあの日、私はそれを自覚し……」








海未「ことりに、恋をしました」


259: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:22:28.23 ID:7SCduOQP.net

ことり「……」ボ-

海未「あの、ことり……聞いていますか?私、かなり大事な事言っているんですけど……」

ことり「ことりに……恋……?海未ちゃんが……?」

海未「はい、そうですよ?」

ことり「う、嘘だよぉっ!」

海未「……え?」

ことり「海未ちゃんがことりのこと好き、なんて……そんな、そんなの!」

海未「なので、さっき……」

ことり「だ、だって……海未ちゃんはいつもカッコよくて、優しくって、綺麗で……皆から大人気なんだよ?」

ことり「ことりだってそんな海未ちゃんが大好きで……」


260: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:23:06.83 ID:7SCduOQP.net

海未「それはつまり、両思いという事……ですよ――」

ことり「……りょ、両思いなんてそんなぁっ///」ブンブン

ことり「海未ちゃんには、ことりなんかじゃ釣り合わないと言うか……もっとしっかりした……そうっ、絵里ちゃんみたいな人の方が……」

海未「わかりました、では絵里に告白してきます」クルッ

ことり「わあああぁ!やっぱりだめええぇ!」ガシッ

海未「どっちなんですか……」ハァ

ことり「……好き///」カアァ

海未「私だって……大好きです」

ことり「う、うん///」


261: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:23:34.18 ID:7SCduOQP.net

海未「これで今度こそ、両思いですね」フフッ

ことり「なんだか夢みたいかも……ホントのホントに現実なのかな?」

海未「で、では……確かめてみますか?」

ことり「ほっぺたでもつねるの?」

海未「いえ、そのですね……こ、恋人同士ならよく行う……あの行為です」

ことり「あの行為?ってどの行為のこと?」キョトン

海未「それを私に言わせるのですか!?」

ことり「ふえぇ!?な、なんでそんなに怒ってるのぉ……」ビクッ


262: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:24:08.97 ID:7SCduOQP.net

海未「あの行為と言えば、決まっているではないですか///そ、その……き、き……」

ことり「もしかして……キス……?」

海未「そ、そうです!」

ことり「……し、しちゃうの?///」

海未「い、いえ!あくまで候補の一つとして上げただけですので流していただいて……」

ことり「ことりは、したいな……」ボソッ

海未「結構です……って、へっ!?」

海未「今、なんと……?」

ことり「この幸せな今が、ホントなのか確かめるために……海未ちゃんとキス、したい///」


263: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:24:36.98 ID:7SCduOQP.net

海未「本気で言っていますか?」

ことり「///」コクッ

海未「では……私も覚悟を決めないといけませんね」

ことり「い、いつでもいいよ……///」グッ

海未「そんなに思い切り目を瞑らなくても良いのでは……?」

ことり「ご、ごめんねっ!ことり、初めてだからよくわからなくて……」

海未「いえ、それは私も同じですから安心してください」

ことり「……///」ドキドキ


264: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:25:09.18 ID:7SCduOQP.net

海未「……い、行きますよ?」ガシッ

ことり「ひゃあっ!」ビクッ

海未「あっ、すみません!力強すぎましたか!?」

ことり「違うの、急に肩に手を置かれてビックリしちゃっただけで……」

海未「そ、そうでしたか……ならば、もう一度行きますよ?」

ことり「うんっ……」


海未「ことり……」

ことり「海未ちゃん……」




スッ…






凛「あれ?海未ちゃんとことりちゃんだにゃ~!」ブンブン


265: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:25:58.98 ID:7SCduOQP.net

ことうみ「「!?」」バッ



にこ「ばっ!アンタ何やってんのよ!どう見ても今、いい雰囲気だったでしょうがっ!」ムギュ-

凛「い、いひゃいいひゃい!にこひゃんやめへ~!」

海未「にこ、凛!?……というか、ぜ、全員いるではないですか!!」

絵里「あー、はは……ごめんね?ちょっと遊びの帰りに通りかかっただけだから……」

穂乃果「本当にわざとじゃないんだよ~?」


266: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:26:39.94 ID:7SCduOQP.net

真姫「って言うか、よくこんな道端で堂々と出来るわね……凄いわ」

ことり「//////」コソッ

海未「こ、ことり?」

絵里「あらら、恥ずかしすぎて海未の後ろに隠れちゃった」クスッ

希「あっ、ウチらはもう帰るから後は二人でごゆっくり~♪」

にこ「ほらっ、さっさと行くわよ!」グイッ

凛「うわあぁん!かよちん助けてぇ~!」ズルズル

花陽「凛ちゃん……今回は花陽もちょっと……」




シ-ン……


267: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:27:08.35 ID:7SCduOQP.net

海未「一体何だったんですか……あの人たちは」

ことり「み、皆もう帰った?///」コソッ

海未「ことり、もう出てきても大丈夫ですよ」

ことり「はぁ……恥ずかしかったよぉ///」

海未「……あの、続きどうしますか?」

ことり「ごめんね海未ちゃん……ことり、ちょっと恥ずかしくなってきちゃってムリかも///」

海未「……ですよね、仕方ないです」

ことり「ほ、ホントはしたいんだよっ?」

海未「ええ、分かっていますとも」フフッ


268: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:27:37.90 ID:7SCduOQP.net

海未「それに、何も焦る事はありません」

ことり「そう、だよね……ことりたち、恋人同士だもんね?」エヘヘ

海未「その通りです」

ことり「だから、今日はダメだったけど……今度のデートでは、しよ?」ニコッ

海未「……っ」



ギュ-!!



ことり「う、海未ちゃん?」

海未「キス出来ない代わりに、今日はことりを抱きしめさせてください」

ことり「……うん、いいよ。海未ちゃんが満足するまでぎゅってして?」


269: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:28:08.85 ID:7SCduOQP.net

ことり「ことりも海未ちゃんのこと、いっ~ぱい!ぎゅ~ってするから♪」

海未「はい、二人でいっぱいしましょうね」

海未「ただ……そうですね、続きは私の家でしましょうか」パッ

ことり「あ、そ、そうだね!また誰かに見られちゃったら……///」

海未「次見られたら、ことりが倒れてしまいますから」クスッ

ことり「もうっ……でも、今度はホントに倒れちゃうかも///」

海未「……まあ、そういう私もかなり恥ずかしかったですけど」

海未「なので、早く帰りましょう」


270: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:29:06.27 ID:7SCduOQP.net

ことり「手、繋いでいい?」

海未「いくらでも繋ぎましょう」ギュッ

ことり「えへへ///」

ことり「ねぇ、海未ちゃん……今日はお泊まりしてもいいの?」

海未「お泊まりですか?お母様に聞いてみないと分かりませんが……」

ことり「お泊まり出来たら、今日は朝まで海未ちゃんとお話したいなぁ」

海未「……私も、話したい事が幾つもあります」

ことり「それでね?明日は二人でお家でゆっくりするの……お出かけでもいいかな?」

海未「もう次のデートですか」フフッ

ことり「楽しみっ♪」

海未「泊まる気満々ですね……まあ、恐らく大丈夫でしょうけど」

――――――


271: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:29:42.27 ID:7SCduOQP.net

海未「ことり」

ことり「ふぇ?」

海未「これからも、よろしくお願いしますね」

ことり「どうしたの?」

海未「いえ、改めて挨拶しておこうかと思いまして」

ことり「そっか……うんっ、ことりもよろしくお願いします」ペコッ

ことり「ことりはね、ずっと海未ちゃんの隣を歩いて行くから……だから、海未ちゃんはことりのことを絶対に離しちゃダメだよ?」


272: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:30:12.56 ID:7SCduOQP.net

海未「勿論です。私にはことりしかいませんので」

ことり「……そう言ってもらえると、嬉しいな♪」

海未「喜んでいただけると、私も嬉しいです」

ことり「海未ちゃん、これからずっと大好きだよ///」ギュッ

海未「ええ、私もことりのことを一生愛していきます」ギュッ

ことうみ「「……」」ジ-







ことうみ「「……ふふっ」」ニコッ



273: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:30:40.24 ID:7SCduOQP.net

おわり

やっぱりお互いにピュアなことうみが一番好きです





275: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:47:26.93 ID:fdTAT5pY.net

乙!!ニヤニヤが止まらなかったよ!!ありがとう!!!


276: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 17:03:14.70 ID:dWx6rxk1.net

あぁかつお最高だわ


280: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 20:00:49.71 ID:/1lJ+pTt.net

かつお…あなたは…最高です!!


282: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 21:12:35.71 ID:iqBm/wsu.net


やっぱかつおだわ


283: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 21:24:20.61 ID:1O2LMTAI.net

あぁ^~いいダシ出てるねぇ^~











ラブライブ! ことり クリアホルダーVer.5
ラブライブ! ことり クリアホルダーVer.5


ラブライブ! 海未 クリアホルダーVer.5
ラブライブ! 海未 クリアホルダーVer.5


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1452929423/