1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:25:16.19 ID:y5MnsIBw.net

音乃木坂 屋上

にこ「・・・」ジーッ

凛「・・・」ジーッ

のぞぱな「」イチャイチャイチャイチャ

にこ「ねぇ凛」

凛「なぁに?にこちゃん」

にこ「あの二人ってさぁ・・・あんな仲良かったっけ?」

凛「希ちゃんとかよちん?なんか最近なかいいにゃー」

にこ「そうよね・・・う~ん・・・」



2: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:25:48.46 ID:y5MnsIBw.net

凛「仲良くなるのはいいことにゃ!もしかしてにこちゃん妬いてるのぉ~?」

にこ「ぬぁんでそうなるのよ!ただ珍しいなーって思っただけよ!」

凛「ふぅ~ん?にこちゃんのことだから希ちゃん取られて悔しいのかなーって!」

にこ「なによそれ!それならあんただって花陽取られてるじゃないの!」

凛「うっ・・・凛はそんなこと思ってないにゃー!!」

にこ「どうだか・・・あ!凛!あれ見て!」

のぞぱな「」イチャイチャワシワシ

凛「かよちんが・・・」

にこ「希とわしわししあってるわ・・・」ワナワナ


3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:26:26.71 ID:y5MnsIBw.net

凛「これはゆゆしき事態にゃ・・・」

にこ「・・・なんかもやもやするわね」

凛「そうだ!凛にいい考えがあるにゃ!」

凛「凛とにこちゃんが仲良くしてればきっと希ちゃんも寂しくなってにこちゃんにちょっかい出してくると思うにゃ!」

にこ「えぇ~~なによそのありきたりな発想・・・」

凛「そうと決まったら練習終わりにさっそく実行にゃー!」

にこ「ちょ、ちょっと凛!まだにこはやるなんて一言も・・・」


4: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:26:54.53 ID:y5MnsIBw.net

_____
___
__
にこ「で、まず何するの?」

凛「かよちんに希ちゃんと何をしてきたかきいてきたにゃ。考えるのめんどくさいから大体おんなじことをするにゃー!」

にこ「うっわぁ・・・まぁ凜のことだしそんなに期待してなかったわ。それでいいからまずどこに行くの?」

凛「まずはランジェリーショップにゃー!」

にこ「はぁ?あいつらあんなことやってたの?」

にこ「てかにこたち別に行く必要ないでしょ・・・」

凛「小っちゃくても必要でしょ!ほら行くよ行くよー!!」

にこ「ちょっと!引っ張らないでよー!!」


5: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:27:17.61 ID:y5MnsIBw.net

_____
__
_
INランジェリーショップ
凛「さあついたにゃー!」

にこ「ほんとに来ちゃったし・・・」

凛「さあ早速選ぶにゃー!」

にこ「にこ達のサイズだと可愛いのいっぱいあっていいわねー!!」

凛「なんかにこちゃんやけくそになってないかにゃ?」

店員さん「あの~もしよろしければサイズおはかりしたうえで商品お選びいたしましょうか?」

凛「ほんとですか?じゃあ、お願いします!ほらいくよにこちゃん!」

にこ「ちょっ、にこはいいから、ほんとに!」ズルズル


6: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:27:46.96 ID:y5MnsIBw.net

____
__
_
店員さん「えっと・・・75・・・ですね」

凛「あ~~なんでおっきくならないの~!?」

店員さん「あはは・・・お客様まだお若いから大きくなりますよきっと」

凛「ほんと!?きたいしちゃうにゃー!」

にこ「そうやってずっとワクワクしてるがいいわ・・・ずっとね・・・」ヘラヘラ

店員さん「では次はそちらの方・・・」

にこ「ちょっ!にこはいいから!」

凛「もう~にこちゃん?サイズ測るくらいμ`sでもやってるんだからいいじゃん~」
にこ「うぅ・・・わかったわよ・・・」


7: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:28:33.26 ID:y5MnsIBw.net

店員さん「えっと・・・71・・・ですね。」

凛「あれ?にこちゃんのプロフィールって74センチだったよね?測り違い?」

にこ「・・・」

店員さん「いえ、そんなはずは・・・」

にこ「すみませんありがとうございました。凛、帰るわよ。」

凛「え!?なんで!?ちょっと!にこちゃん!?」
_____
__
_
凛「もう~なんで急に帰っちゃうの~?凛もっとみたかったのに~」

にこ「にこのふれちゃいけないとこに触れたからよ・・・」

にこ「で?これからどうするのよ?希と花陽はこの後どうしてたの?」

凛「え~っとね・・・この後は希ちゃんの家でお泊りしたらしいにゃー!」

にこ「ふぅんお泊りねぇ・・・で?どっちがどっちの家に泊まるの?」

凛「今日凛の家誰もいないからうちに来てほしいにゃー!ついでにご飯も作ってほしいにゃー!」


8: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:30:34.10 ID:y5MnsIBw.net

にこ「・・・あんたまさかご飯作るの面倒だったから今日こんなことしようって言いだしたんじゃないでしょうねぇ」

凛「うっ・・・そんなことないにゃー!ほらほら、まずはご飯の材料買いに行くにゃー!」

にこ「あ!ちょっと引っ張らないでよ凛!ちょっとーーーー!」

IN 某スーパー
にこ「まったく・・・今日はマ、お母さんがいるからよかったものの・・・」

凛「ならちょうどよかったにゃ!」

にこ「なんにもちょうどよくないわよ行き当たりばったりで・・・で、凛は何食べたいの?」

凛「う~んなんか中華が食べたい気分だにゃー」

にこ「中華ね。なんでもいいって言わなかったことは褒めてあげるわ。じゃあ・・・天津飯とかでもいいかしら?」


9: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:32:40.61 ID:y5MnsIBw.net

凛「天津飯!大賛成にゃー!」

にこ「じゃあ買うもの買っちゃいましょうか。卵は凛の家にあるとして・・・」

にこ「オイスター、ネギ、えのき、レタス、カニカマ、付け合わせにもやしと・・・こんなもんかしらね。調味料は凛の家にあるみたいだし。」

凛「ねーねー!お惣菜の餃子かっていってもいいー?」

にこ「う~ん、まぁいいわよにぎやかになるのはいいことだし。」

にこ「じゃあこんなものでいいわね、ほら凛、買って帰るわよ」

凛「え~もう帰るの~?もっとふらふらしてこぉよぉ~」

にこ「もう!買うもの買ったんだから早く帰るわよ!」

凛「は~い、にこちゃんお母さんみたいだにゃ~」


11: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:34:40.06 ID:y5MnsIBw.net

_____
___
_
IN 星空家
凛「ただいまー!」

にこ「おじゃましますー」

にこ「じゃあ早速料理手かけちゃうわよ、手洗って・・・」

凛「にこちゃん、何か凛手伝うことあるー?」

にこ「う~んそうねぇ、あんまりないんだけどごま油と酢と醤油と酒と片栗粉だけ用意しておいてもらってもいい?あとはにこがやっちゃうわ。」

凛「はーい。あと冷蔵庫の中は勝手に使ってもらっても構わないにゃー」

にこ「あ、ありがたいわね。じゃあ使わせてもらうわね」

にこ「じゃあまず鍋でお湯沸かしてもやしナムル作ろうかしら。蓋しとくとすぐお湯沸くけどちょっとは時間かかるから置いといて別のことするわ」

にこ「天津飯の中身をチャーハンにするからまずそれからね。フライパンに油しいてあっためて・・・」

にこ「その前にレタスとかにかまとネギ準備しないとね。カニカマはばらして・・・ご飯もすぐ入れれるように準備してと」

にこ「卵も割って溶いちゃって、で油あっため開始!」


12: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:36:05.59 ID:y5MnsIBw.net

にこ「油がちんちんになったら解いた卵いれてすぐ混ぜる!ですぐご飯も入れちゃってすぐ混ぜる!」

にこ「落ち着いて来たら塩胡椒して・・・レタス入れるから濃い目でいいわね」

にこ「でカニカマとレタス入れて軽く火と通して・・・味の素あるしこれも入れちゃおうかしらね。」

にこ「とりあえずこれでチャーハン上りね!つぎはもやしゆでるのと一緒に餡作っちゃいましょうか」

にこ「もやし洗って適当にゆでて・・・でこっちのフライパンに醤油と酢と酒とオイスター入れて沸かしちゃうわ。」

にこ「えのきも入れると食感出ていいから一緒に餡と煮ちゃいましょうか。もやしはもういいから上げとくわね」

にこ「もやしは水で絞めてごま油とガラスープと塩胡椒して・・・(味見)甘味ほしいから砂糖入れちゃいましょうか。これでなんちゃってナムルの完成ね。」

にこ「餡の方もいい感じになってきたから味見して・・・醤油足んないからもうちょっと入れようかしら。味見しないで料理はあんまりおすすめしないわ。」


13: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:37:54.51 ID:y5MnsIBw.net

にこ「で水溶き片栗粉入れて・・・餡も完成!」

にこ「凛の家ウェイパーなんてあるじゃない。汁物なかったしこれといてあまったネギとカニカマ入れて簡易中華スープにしちゃいましょう。」

にこ「最後は天津飯の卵ね。フライパンあっためて油しいて・・・」

にこ「卵にカニカマ解いちゃいましょうか。ゴージャスね今日は」

にこ「油もいい感じになったから卵投入!ガシガシ混ぜて・・・」

にこ「いい感じにふわとろね!さっすがにこ!で一回チャーハンを茶碗に移してさらにかぶせたら・・・」

にこ「いい感じに半球体になったわね!これに卵のっけて餡のっけて・・・」

にこ「ネギ散らして完成!にこに~特性天津チャーハンよ!」

にこ「凛~凛のぶんできたから運んじゃってー!ついでに餃子もあっためちゃってー」

凛「ワカッタニャー」


14: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:39:21.39 ID:y5MnsIBw.net

_____
___
_

にこ「じゃあ食べましょうか」

凛「おいしそうにゃ~さっすがにこちゃん!いただきま~す!」

凛「ん~~~!天津飯の中身がチャーハンになってるにゃ~!それでも餡とけんかになってなくておいしいにゃ~!」

にこ「あったりまえでしょ~!にこがつくったものなんだからおいしくないわけないでしょ~!」

凛「いうだけのことはあるにゃ~凛でもできるのかなぁ?」

にこ「やっていけばどんどん慣れるわよ。あとは味見ね」

にこ「味見してっていいなと思った味でやめときゃいいの」

凛「へぇ~それなら凛でもなんとかなりそうかにゃ?」

にこ「そうね。あとはほんとになれよなれ」


15: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:39:56.01 ID:y5MnsIBw.net

凛「なるほどにゃ~じゃあまた一緒に作って慣らしていってほしいにゃ~」

にこ「まあそうね、考えといてあげるわ、ほら冷めちゃうから早く食べちゃいましょ」

凛「はーい!」
____
__
_
凛「ごちそうさまー!」

にこ「おそまつさまでした」

凛「じゃあ食器はかたずけちゃうねー」

にこ「あ~悪いわね凛、」

凛「にこちゃんはご飯作ってくれたしお客様だし座ってて!あとは凛がやっちゃうにゃー!」

にこ「(そういえばにこがお客様だったわね・・・)じゃあお言葉に甘えさせてもらうわ」

凛「は~い!じゃあちゃちゃっとやっちゃうね~!」


16: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:40:44.07 ID:y5MnsIBw.net

____
__
_
凛「食器洗うの終わったしお風呂やっちゃうね~!」

にこ「あ、悪いわねいろいろと」

凛「いいのいいの!」

____
__
_
オフロガワキマシタ
にこ「沸いたみたいだし凛先に入っちゃいなさいよ」

凛「え~~せっかくだし一緒にはいろぉよぉにこちゃん」

にこ「わざわざなんで二人で入るのよ・・・」

凛「せっかくお泊りしてくんだから入るにゃー!かよちんとはいっつも一緒に入るよ?」

凛「それにかよちんと希ちゃんも一緒に入ったんだからおんなじことしないとダメにゃー!」

にこ「その設定まだ続けるの・・・わかったわよはいればいいんでしょ」


18: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:42:17.85 ID:y5MnsIBw.net

凛「わーい!じゃあはやくはいろうよー!」

にこ「はいはい、ちょっと準備するからさきはいってて」

凛「は~い!」

_____
___
_
にこ「お邪魔するわねーー」

凛「はーい、凛浸かってるからにこちゃんからださき洗っちゃって!」

にこ「はいはい、泡立てネット借りるわね」

にこ(人の家のお風呂って緊張するわね)ワシャワシャアワダテ

凛「・・・」ニヤリ

凛「いまだ!わしわしマックスだにゃー!」ワシワシヌルヌル

にこ「ふぁあああ!?あんた何してんのよ!」

凛「う~んやっぱりかよちんに比べてもみごたえが・・・


19: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:42:47.69 ID:y5MnsIBw.net

にこ「」カチンッ

にこ「あんただって似たようなもんでしょうがぁああああ!!」ワリワリヌルヌルクリクリ」

凛「ちょっ、にこちゃん!?ちょっとそれワシワシとちょっとちがうにゃ・・・ひゃん!///」

にこ「なによ~そうやって逃げるつもり?許さないわよ~」ワシワシクリクリ

凛「ちょ・・・///ほんとに待ってにこちゃん・・・凛もう・・・ああっ!///」ビクビクッ!

にこ「え・・・ちょっと凛今の・・・」

凛「///」ポー

凛「・・・凛先に出てるね」

にこ「あ・・・うん」


21: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:50:48.79 ID:y5MnsIBw.net

___
__
_
にこ「じゃ、じゃあもうそろそろ寝ましょうか?凛?」

凛「うん・・・でもベッドしかないから一緒に寝ることになるけどいい?」

にこ「えぅ・・・そうなの?まぁないならしょうがないけど・・・」

にこ(あんなことしちゃってあんなことになった手前一緒に寝づらいわね・・・)

凛「ちょっと狭いけど・・・ごめんねにこちゃん?」

にこ「あーいいわよそんなに気を使わなくても、にこがお邪魔してる側なんだし」

凛「うんじゃあ・・・」フトンアゲー

にこ「あ、うん、お邪魔します・・・」

凛「・・・」

にこ(なにこれ・・・超気まずい!)

にこ(しかし凛があんな簡単にイ、イッちゃうなんて・・・///)

凛「ねぇにこちゃん・・・?」


23: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:58:24.09 ID:y5MnsIBw.net

にこ「な、なによ凛」

凛「さっきのお風呂のことなんだけどね・・・?」

凛「さっきのワシワシもう一回やってほしいにゃー・・・///」

にこ「」

凛「にこちゃん?」
にこ(やばいやばいやばいやばいやばい)

にこ(なんか火照ってるから凛が色っぽく見える・・・)

にこ(何でここで急に女の子っぽくなるのよ凛・・・)

にこ(でもここでやっちゃったら絶対歯止め聞かなくなっちゃう・・・)


24: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 12:58:56.43 ID:y5MnsIBw.net

凛「にこちゃん・・・おねがぁい・・・」

にこ「」プツン

にこ「・・・わかったわよ」

にこ「後悔しないでよね」

___
__
_
凛「あっ・・・はぁ・・・んっ♡・・・」

にこ「」ワシワシクリクリ

凛「んっ・・・なにこれ・・・やっぱこんなの凛知らないよぉ///」

にこ「初めてなのにこんなに感じてるのね・・・凛は変態さんね♡」クリクリクリクリ

凛「ちが・・・凛はそんなんじゃ・・・あぁっ・・・!」

にこ「まぁどうでもいいわ、凛がどんな子でも」ワシワシワシワシ

にこ「にこは見てるだけで結構楽しいから」ワシワシ

凛「あっ・・・やぁっ・・・あぁ・・・!」

にこ「かわいらしい反応ね、もっとしたくなっちゃうわね」ハムッ


25: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 13:00:39.00 ID:y5MnsIBw.net

凛「ひゃぅん!ちょっとにこちゃんなにして・・・」

にこ「はら?やっはり耳よはいのね」ハムハムワシワシ

にこ「はむはむ・・・」ピチャピチャチュプチュプ

凛「だめだよぉ・・・にこちゃんっ・・・耳もぉっ・・・」

凛「ひやっ・・・耳だめっ!もぅにこちゃん・・・」

にこ「なに?耳はご不満なわけ?じゃあ・・・」チュ

凛「え?なににこちゃん!?」

にこ「耳が不満ならこっちをしてあげるわ」チュパチュプ

にこ「凛のピンクできれいでかわいいわね、ピンピンに立ってるけどやっぱり気持ちよかったの?」レロチュパ

凛「うん・・・///」

にこ「やけに素直ね、そそられるわ」チュパチュパクリクリ


27: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 13:05:01.76 ID:y5MnsIBw.net

にこ「あむ・・・んちゅ・・・んはぁ・・あむ・・・」

にこ「はぁ・・・あむ・・・ちゅぷ・・・」

凛「あっ・・・ちょっとにこちゃん激しっ・・・もうっ・・・」

にこ「もうイキそう?遠慮しないでいいわよ」

にこ「ほら・・・ちゅぷ・・・れる・・・あむあむ・・・」チュプチュプ

凛「もう・・・ほんとに・・・にこちゃんっ!」

凛「あぁっ!!ふあぁっああああ!」ビクンビクン

凛「はぁ・・・はぁ・・・にこちゃん///」

にこ「ふふっ、可愛かったわよ凛」

にこ「じゃあ次は凛画にこを・・・」ヌギヌギシュルシュル

凛「う~んにこちゃん・・・」


28: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 13:05:19.94 ID:y5MnsIBw.net

凛「」スヤスヤ

にこ「・・・寝ちゃった?」

にこ「なによそれ・・・スイッチ入れさせといて気持ちよくなったら寝ちゃうとか・・・」

にこ「」ムラムラ

にこ「」クチュクチュクリクリ

にこ「」ビクビクンッ

にこ「はぁ・・・寝よ」
____
__
_
チュンチュン

凛「ふぁ~~よくねたにゃぁ~~」

凛「え!?なにこれ!?なんで凛はだかなの!?」

凛「にこちゃんは・・・もう起きていないし!」


29: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 13:05:46.57 ID:y5MnsIBw.net

にこ「ちょっと凛朝からうるさいわよ、ほら、朝ご飯作っておいたから」

凛「あ・・・うんありがとにこちゃん」

凛「ね、ねぇにこちゃん、なんで凛裸なの?」

にこ「はぁ!?あんた昨日のこと覚えてないの!?」

凛「昨日?・・・お風呂入ったところまでは覚えてるけど・・・そこからはよく覚えてないにゃー」

凛「昨日何があったのー?」

にこ(まじかー・・・ならなかったことにしとこうかしらめんどくさいし・・・)

にこ「あんたが昨日お風呂でのぼせちゃってたから脱がせて寝かせたのよ」

にこ「で裸で寝てたってわけ、わかった?」

凛「あ~そうだったんだぁ~ありがとねにこちゃん!!」


30: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 13:06:12.27 ID:y5MnsIBw.net

にこ(うわっ純粋な凛の心をだましたようでちょっと後味悪いけど・・・)

にこ「ほ、ほら冷えるから早く服着ちゃいなさい、それでご飯食べましょ」

凛「うん急いで支度するね!」
____
__
_

にこ「ねぇ凛、昨日言ってた希と花陽に私たちが仲良くしてるのを見せるって目的って意味あったの?」

にこ「あの二人に昨日放課後あってないんだけど・・・」

凛「え?なんだっけそれ・・・あ!」

にこ「あんたまさかほんとににこにご飯作らせるために・・・」ピキピキ
凛「そっ、そんなことないよ!ほら!今から写真撮ってグループに貼ろ!?」


31: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 13:06:48.49 ID:y5MnsIBw.net

にこ「もういいわよその設定―――!!」

(結局貼りました)
____
__
_

音乃木部室

希「凛ちゃん凜ちゃーん!」

希「昨日にこっちとお泊りしたん?いいなー」

凛「希ちゃんもかよちんとお泊りしたんでしょ?だから対抗してみたにゃー!」

希「ふぅ~ん?うちらに妬いちゃったん~?可愛いなぁ凛ちゃんは!」

希「可愛いついでにワシワシや!そ~れワシワシワシワシ!」

凛「あ!希ちゃーん!ちょっとそれはなんかちがうにゃー!」


32: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 13:07:15.82 ID:y5MnsIBw.net

希「問答無用!そーれワシワシワシワシー!」

凛「え?あれちょっと・・・ふあぁっ!?」ビクン

凛「あぁっ・・・んあぁ・・・!!」ビクンビクン

希「え・・・?凛ちゃん・・・?」

希「あれ・・・ごめんな?そういうつもりじゃ・・・」

にこ「」チラッ

にこ「」ニヤリ

おしまいです





33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 13:08:41.27 ID:PEAuGDCR.net



35: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 13:11:21.91 ID:jKYDz10R.net

乙乙
落ち好き



36: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 13:12:11.78 ID:y5MnsIBw.net

なんか料理パートが一番気合入ってたかも
見てくれてありがとうございます










元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1456025116/