1: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 16:53:30.11 ID:KFduUvMl.net

―――ある日のお昼休み

―――真姫、凛、花陽の3人で仲良くお昼ご飯を食べ終わった後

―――花陽がある提案をしたのでした





花陽「ねぇ、今度の土曜日、久しぶりに『アレ』しない?」

凛「お、それはもしかして『アレ』のことだね、かよちん!」

花陽「そう、『アレ』だよ『アレ』!」

凛「そっか『アレ』かぁ、久しぶりだね~」

りんぱな「むふふふ……」

真姫「……『アレ』?」



3: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 16:54:45.81 ID:KFduUvMl.net

真姫(『アレ』で通じちゃう辺り、流石付き合いの長い2人なんだけど)

真姫(部外者の私には一切わかんないじゃない……)ムスーッ

凛「あっ、真姫ちゃんがすっかり置いてけぼりな顔してる」

花陽「ハッ、ご、ごめんなさい!」

真姫「いいのよ、気にしないで。で、その『アレ』ってのは何なの?」

凛「たこパだよ!」

真姫「た、こ、ぱ?」


4: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 16:55:34.23 ID:KFduUvMl.net

花陽「たこ焼きパーティー、のことなんだけどね。凛ちゃんとたまにやってたんだけど、最近やってなかったから。どうかな、って」

凛「すっごく楽しいんだよ! たこ焼きを『じゅわじゅわー』の、『くるくる』ってするの!」

真姫「『じゅわじゅわー』の、『くるくる』……」

凛「表面は『かっりかり』の、中は『ふんわふんわ』なんだよ!」

真姫「『かっりかり』の、『ふんわふんわ』……」

凛「お口に入れたら、『はっふはっふ』で、ついつい『ふーっふーっ』しちゃうんだから!」

真姫「『はっふはっふ』で、『ふーっふーっ』。……って」

真姫「擬音で説明されてもわかりにくいわよ!」ペシッ

花陽「真姫ちゃんは、たこ焼きパーティー、したことある?」

真姫「……無いわ。たこ焼き自体は食べることはあるけど」

花陽「じゃあ、今度の土曜日、真姫ちゃんが用事とか無かったら、一緒にどうかな?」

凛「1人よりも2人よりも、3人でやれば楽しさ3倍増しにゃ!」

真姫「……そうね、せっかくのお誘いだもの。用事も無いし、もちろん、参加させてもらうわ」

花陽「やったっ!」

りんぱな「それじゃあ、3人で……」

りんぱな「れっつ、たこパ!」ビシッ

真姫「たこパ……(わざわざ右手を突き上げていうことなのかしら……?)


5: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 16:57:28.78 ID:KFduUvMl.net

―――そして土曜日の夕方

―――真姫は、身支度を終え

―――花陽の家に向かおうとしていました





真姫「それじゃあ、行ってきます」

真姫母「ええ、気をつけて。花陽ちゃんのご家族に迷惑をかけないようにね」

真姫「わかってまーす」ガチャッ

コツコツコツ

真姫(途中、コンビニで何かジュースでも買っていこうかしら。あとお菓子とかも)

真姫(あんまりたくさん買い過ぎても、余らすだけになるかもしれないからほどほどにしとこ……)





―――コンビニでジュースとお菓子を買い

―――大きなビニール袋と、着替えの入ったバッグを持ちながら

―――真姫は、花陽の家の前に着きました


6: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 16:58:23.89 ID:KFduUvMl.net

ピンポーン

ガチャッ

花陽「真姫ちゃん、いらっしゃい」

真姫「こんばんわ。これ、ジュースとお菓子買ってきたんだけど……」

花陽「うわぁ、ありがとう! いま私、材料を切ってるところだから……お部屋でちょっと待っててもらえるかな?」

真姫「何か、手伝うことはあるかしら?」

花陽「いいのいいの、真姫ちゃんはお客様なんだから。お部屋で凛ちゃんと一緒にくつろいでて、ね?」

真姫「……それじゃあ、そうさせてもらうわ」





―――玄関を上がり

―――居間でくつろぐ、花陽の家族に挨拶をして

―――真姫は2階の

―――花陽の部屋のドアをノックしました


7: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 16:59:01.04 ID:KFduUvMl.net

コンコンコン

ハイッテルニャー

真姫「知ってるわよ」

ガチャッ

凛「真姫ちゃん、いらっしゃ~い」

真姫「こんばんわ、……あなたは既にグダグダモードね」

凛「う~ん、こたつが悪いよ~、こたつが~」

真姫「はい、これジュースとお菓子」

凛「ありがとにゃ~、その辺に置いといて~」

真姫「はいはい。……って、ここ花陽の部屋でしょ。まるで部屋の主みたいな態度とっちゃって」

凛「かよちんのお部屋は凛のお部屋であり、凛のお部屋はかよちんのお部屋でもあるんだよ」

凛「つまり表裏一体にゃ~」グデーン

真姫「……意味わかんない」





―――上着を脱いで綺麗にたたみ

―――こたつに入ると

―――いつしか真姫もこたつの魔力に魅了され

―――凛と真姫はお互い、グダグダと花陽が上がってくるのを待っていました

―――そして


9: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:00:03.60 ID:KFduUvMl.net

コンコンコン

ハイッテルニャー

ハイッテルワー

花陽「うん、知ってるよ」

ガチャッ

花陽「コタツムリさんたち、お待たせ! たこ焼きパーティーの準備ができたよ!」

凛「待ってました!」ガバッ

真姫「ふわわぁ……こたつってほんと、恐ろしいわ」ガバッ

花陽「いま、材料を運ぶからね」





―――お盆の上に載せられた、生地の入ったボウルと、ネギとキャベツが盛られたボウル

―――天カスや紅しょうがの入れられた小鉢

―――そして主役の、タコの入ったお皿

―――その他、たこ焼き用ソースやマヨネーズ、サラダ油、青海苔と鰹節など

―――そんな材料を目の当たりにして、凛や真姫のテンションが上がらないわけがありません

―――ただ真姫は、その材料の中に紛れているおもちや、キムチやチーズが気になりました


10: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:00:38.81 ID:KFduUvMl.net

真姫「……このおもちやキムチは、どうするの?」

花陽「それは後になってからのお楽しみ、だよ」

真姫「ふぅん……(付けあわせとか、箸休めみたいなものかしら)」

凛「は、早く焼こう! 焼こうよかよちん! 早くしないとお腹と背中がくっついちゃうよ!」

花陽「待って。その前にホットプレートを温めないと」





―――こたつテーブルの上のたこ焼き用ホットプレートに熱を入れ

―――予熱をかけると

―――花陽は、真姫の買ってきたジュースをコップにそそぎ

―――凛と真姫に手渡し

―――最後に自分のコップに注ぎ終えると

―――コホン、と咳払いを1回して、花陽が喋り始めました


12: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:01:08.85 ID:KFduUvMl.net

花陽「えー、それでは皆さんグラスは行き渡りましたか?」

凛「うん!」

真姫「えぇ」

花陽「それでは、これより乾杯の音頭を取らせていたただきたいと思います」

花陽「皆さん、グラスを上に上げて……」

花陽「乾杯!」

まきりん「かんぱーい!」チーン

ゴクリゴクリ

凛「……ぷは~、生き返るにゃ~!」

花陽「ふふ、凛ちゃんってば、まるでお父さんみたい」

真姫「おじさん臭いわね、凛」

凛「それはひどいよ、真姫ちゃん! ねぇねぇもうホットプレートの方いいんじゃないの~? 早く焼こうよ~」

花陽「そうだね、そろそろいい頃加減かな? それじゃあ、油を引いちゃおっか」


14: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:01:40.99 ID:KFduUvMl.net

―――予熱されたたこ焼き用ホットプレートに、油引きで万遍なく油を引いて

―――生地が、順々に小さな丸い窪みに流し込まれ、先に引いた油に触れてジュワーッ、と音を立てると

―――凛と真姫から小さく歓声が上がりました

―――窪みのスレスレまで流し込まれた生地の中に、主役のタコとネギ、キャベツ、天カスと紅しょうがが入れられ

―――生地が窪みから溢れ出ると、また小さく歓声が上がりました


15: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:02:25.17 ID:KFduUvMl.net

凛「さあ、そろそろかよちんの、例の『アレ』が拝めるんだね!」

花陽「まぁまぁ、焦らないで凛ちゃん。『アレ』をやるには、まだもうちょっと、生地が固めになるまで待たないと」

凛「あ、それもそうだね」

花陽「もう、凛ちゃんのあわてんぼさん」

りんぱな「むふふふ……」

真姫(また、2人がツーカーの仲を見せつけてくるわ……)ムスーッ

真姫「……で、今言ってる『アレ』って、今度は何を指しているの?」

凛「今にわかるよ!」

花陽「……いい感じに生地が固まってきた。そろそろかな?」

花陽「では、参ります」


16: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:03:07.54 ID:KFduUvMl.net

―――たこ焼き用の千枚通しを、両手に1本ずつ持った花陽は

―――目つきをキリッ、っと変えると

―――ホットプレートの、生地が固まりかけた、まだたこ焼きとは言えない状態の塊を睨みつけ

―――両手の千枚通しで、それを滑らかにひっくり返していくのでした


18: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:03:45.40 ID:KFduUvMl.net

花陽「」スッスッ

花陽「」クルクル

ジュワジュワー

花陽「」スッスッ

花陽「」クルクル

ジュワジュワー

花陽「」スッスッ

花陽「」クルクル

ジュワジュワー

真姫「す、すごい……。無言ですごい早さでたこ焼きを綺麗にひっくり返していくわ……」

凛「形を崩すことなく、手首のスナップを効かせて、綺麗にたこ焼きを『くるくるりん』とひっくり返す、奇跡の高速千枚通しさばき」

凛「今のかよちんは、職人、といっても過言ではないよ!」

真姫(確かに、アイドルのことを熱く語る花陽の目とは、また違った花陽の目をしてるわね……)


19: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:04:22.15 ID:KFduUvMl.net

―――花陽の目はまるで、上空を旋回する鷲が、陸でその脅威に怯える獲物を捉える鋭い眼光のように

―――という言い方は大分誇張ではありますが

―――鷲の鉤爪、ならぬ千枚通しで、獲物を、ではなくたこ焼きに変わる前の生地を、荒々しく、いや優しい手さばきで、ある程度丸みを帯びさせるようにひっくり返し

―――1度、ホットプレート全てのたこ焼きをひっくり返すと、また最初にひっくり返した生地に千枚通しを引っ掛けます

―――2回目の返しで、少し球体に近づいた形を徐々に整えていって、ホットプレート全体のたこ焼きの生地を返し終えると

―――3回目、焼き色をつけるため、少し時間を置いてから、完全にたこ焼きと呼べる形にすべく、千枚通しを入れていきます

―――丁寧に、たこ焼きの姿にしていく様子を

―――凛と真姫は、見つめていました

―――そして、花陽がふぅ、と息を吐いて、満面の笑みで千枚通しをテーブルに置くと

―――きつね色にこんがり焼け上がった、まん丸なたこ焼きが完成しました


20: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:04:51.45 ID:KFduUvMl.net

花陽「……たこ焼き、焼けたよ!」

凛「いつ見ても、かよちんすごいにゃー!」パチパチパチ

真姫「えぇ、ほんとに。お店の人みたいな手つきだったわ」パチパチパチ

花陽「えへへ……」カオテレー

花陽「さぁ、冷めないうちに食べましょうっ!」

まきりん「うんっ!」


22: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:07:17.51 ID:KFduUvMl.net

―――保温状態のホットプレートから

―――たこ焼きをそれぞれのお皿に取って

―――たこ焼きソースとマヨネーズをかけ、青海苔と鰹節をパラパラと振りかけると

―――青海苔の香りと、鰹節の香りとが、たこ焼きの熱気と共に鼻腔をくすぐり

―――3人の空腹を刺激するのでした


23: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:09:30.20 ID:KFduUvMl.net

花陽「それでは……」

まきりんぱな「いただきまーす!」

アーン

ハムッ

凛「はっふ!はっふ!」

真姫「ふーっ、ふーっ!」


モグモグ

モグモグ

ゴックン

まきりん「……ふぅぅ」ジュースグビー


24: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:10:28.20 ID:KFduUvMl.net

花陽「大丈夫? 熱々なんだから、1口で食べると、お口の中火傷しちゃうよ?」モグモグ

凛「てへへ……」

真姫「ほんとに美味しいわ……。外はかりっかりで、中はとろけるくらい、ふんわふんわで、ね」

凛「タコもプリップリだしね!」

花陽「タコは、スーパーの鮮魚担当の人が、オススメしてたの、買ってきたんだ」

花陽「生地も、焼いたときにふわふわになるように、工夫して作ったしね」





―――楽しくお喋りをしながら食べていると

―――見る見るうちに、たこ焼きは無くなって

―――花陽は、次のたこ焼きを作りにかかりました


25: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:11:10.64 ID:KFduUvMl.net

花陽「さてさて、先ほどはオーソドックスなたこ焼きを、皆さんには食べていただきましたが」

花陽「次は趣向を変えまして、変り種シリーズに入ろうと思います!」

凛「イェーイ! イェーイ!」

真姫「……変り種シリーズ?」

花陽「せっかくのたこ焼きパーティーだもん。普通のたこ焼きだけじゃ、つまらないでしょ?」

花陽「というわけで、ここで私の買ってきたおもちとキムチとチーズと」

凛「凛の持ってきたベビースターの登場にゃ」

真姫(ここでさっき聞いたおもちやキムチが出てくるのね)

凛「そういえば、真姫ちゃんはお菓子は何買ってきてくれたんだっけ?」ゴソゴソ

真姫「え、ポテトチップスとかポッキーとかチョコレートとか、だけど……」


26: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:12:12.96 ID:KFduUvMl.net

凛「ふーむ……。あ、そうだ!」

凛「それじゃあチョコ入れちゃおう」ゴソゴソ

まきぱな「!?」

真姫「それは流石に駄目でしょ!?」

花陽「うーん、それはちょっと合わないと思うけど……」

凛「『やってみなければわからん!』って言うよ? 美味しいかもしれないよ!」

真姫「正気なの!?」

凛「凛の味覚は伊達じゃないよ!」

花陽「ま、まぁ。とりあえず1個だけ。端っこの鉄板の方でわかりやすく焼くから。お野菜とか入れなかったら、合うかも知れないから……」

真姫「ちゃんと凛が食べるのよ?」

凛「美味しくってもあげないからね!」ベーッ


27: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:12:57.23 ID:KFduUvMl.net

―――こうして第2弾は、変り種シリーズということで

―――おもちと、キムチチーズと、ベビースターと

―――そしてチョコレートの入ったたこ焼きが、焼かれることが決まりまして

―――さっきのように、職人と化した花陽が

―――高速千枚通しさばきを見せ、変り種たこ焼きを焼き上げたのでした





花陽「……たこ焼き、焼けたよ!」

真姫「タコは入ってないから、たこ焼き、っていうのもおかしくない?」

凛「丸くてたこ焼き器で焼いてれば、たこ焼きだよ多分」

真姫「そういうものかしら?」

花陽「それでは……」

まきりんぱな「いただきまーす!」

花陽「まずはおもち入りをいただいちゃいますっ!」


28: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:13:44.22 ID:KFduUvMl.net

アーン

ハムッ

花陽「んふ~、おもちのもっちもちな食感と、たこ焼きのふわふわーって食感が、合わさっていいお味になってまふ~」モグモグ

花陽「このおもちも、国産のもち米を使ったサトウさんのところのおもちだから、この組み合わせが美味しくないはずがないんです!」

花陽「もしかしたらタコより美味しいかも、ふふ~」

真姫「もはや、たこ(もち入り)焼き派ね」

真姫「私は、キムチチーズ入りをいただくわ」

アーン

ハムッ

真姫「……ちょっとキムチが辛いけど、チーズがまろやかだから中和してくれて」モグモグ

真姫「ほどよく辛味と酸味だけが残って、絶妙だわ」

真姫「私もこっちの方が好きかも」

凛「凛はベビースター入り、食べちゃうよ!」


29: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:14:22.03 ID:KFduUvMl.net

アーン

ハムッ

凛「ベビースターは単品で食べてももちろん美味しいけど」モグモグ

凛「こうやってたこ焼きに入れても美味しいにゃーっ!」

凛「ベビースターのパリポリ食感そのままのたこ焼き、なんだか贅沢な一品にゃ!」

花陽「贅沢、なのかな……?」





―――おもち入りとキムチチーズ入り、ベビースター入りたこ焼きを堪能した3人

―――残りは、凛が急遽入れると言ったチョコレート入りのみ、となりました


30: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:15:21.60 ID:KFduUvMl.net

真姫「さて、あとは凛のリクエストのチョコレート入り、ね」

凛「よーし、それでは、いただきます」

花陽「」ドキドキ

真姫「」ジーッ

アーン

ハムッ

凛「……」モグモグ

凛「……」ムグムグ

凛「……」ングング

花陽(あ、ちょっと顔が険しくなった)

ゴクン

凛「……」

花陽「ど、どうだったの?」

凛「……」

凛「ごめん、凛の味覚は伊達だったよ」

真姫「でしょうね」カミノケクルクル

花陽「……デザートとして食べるんだったら、ホットケーキミックス生地で作った方が、いいかもね」

真姫「チョコレートはチョコレートとして食べるのが1番、ってことね」

凛「……人類はこうやって、失敗を糧に1歩ずつ進んでいくんだね」

真姫「何虚ろな目をして悟ってるのよ」


31: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:15:49.62 ID:KFduUvMl.net

―――変り種たこ焼きを食べ終え

―――第3弾は、ノーマルのたこ焼きと、余ったおもちやチーズキムチを入れたミックスのたこ焼きを焼くことにした花陽

―――見事な手さばきで焼き上がったたこ焼きを、はふはふ、と口に頬張る凛と真姫

―――途中、「ご飯取ってくる」と、1階の台所から、3人分の白いご飯をよそって戻ってきた花陽

―――山のように盛られたご飯を見て

―――凛と真姫は、思わず小さなげっぷが出てしまいました

―――気づけば、たこ焼きもご飯も完食し

―――3人は、こたつで寝転がるように、仰向けになっていました


32: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:16:37.13 ID:KFduUvMl.net

花陽「うー、お腹が一杯だよぅ……」

凛「炭水化物をおかずにご飯を食べるのは、反則にゃあ……」

真姫「お腹の形がだいぶ変わったわ……」

凛「こんな光景、海未ちゃんが見たら絶対『食べたあとに寝転がってはいけません! 牛になりますよ!』って言うよね」

花陽「ふふっ、今、すごく海未ちゃんに似てたよ」

真姫「『こんなに体重を増やして! ステージ衣装が着られなくなったらどうするのですか! ダイエットです!』とも言われそうね」

凛「今のは似てなかったよ」

真姫「ヴェェェ……」

花陽「でももしそうなったら、3人で怒られて、頑張ってランニングすればいいよ」

花陽「私たち、1年生仲良し3人組なんだから」

凛「それも、そうだね」

真姫「ふふっ、そうね」

花陽「……よいっしょっと」スクッ

花陽「それじゃあ、私はホットプレートとか片付けるから、凛ちゃんと真姫ちゃんはゆっくりしててね」

凛「凛も手伝うよ」スクッ

真姫「私も手伝うわ」スクッ

花陽「大丈夫だよ、これくらい……」

真姫「何言ってるのよ、友達の家にお呼ばれしてるんだから、これくらいはやっぱり手伝わないと」

凛「そうだよ! たこ焼き、全部かよちんが作ってくれたんだから。何でもするから、何でも言ってよ」

花陽「……ありがとう、2人とも」


33: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:17:46.87 ID:KFduUvMl.net

ガチャッ

花陽父「ただいま」

花陽母「お帰りなさい、休日出勤ご苦労様」

花陽父「本当に疲れたよ……。ん? 靴がいつもよりも多いな……」

花陽母「今日は花陽のお友達が遊びに来てるのよ」

花陽父「あぁ、凛ちゃんと……あともう1人いるのかい?」

花陽母「ええ、真姫ちゃんよ」

花陽父「あぁ、西木野さんのところの娘さんか」

花陽父「通りで、台所の方から賑やかな声が聞こえてくるわけだ」

花陽母「あの子たちったら、自分たちで使った食器だけじゃなく、私たちの夕飯で使った食器も片付けてくれてるのよ」

花陽父「ほほぅ、それは感心、感心」

花陽母「本当に、いいお友達を持ったわね、花陽」





―――その夜の小泉家の台所は

―――いつもよりも賑やかで

―――笑い声が溢れていました、とさ





――――Fin――――





40: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:36:34.44 ID:tonKP6JR.net

まきりんぱなis聖域


41: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:37:30.79 ID:rhPFxx2L.net

すげーたこやき食いたくなってきた~


42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:38:32.04 ID:+2TD81SR.net

今日の夕飯はたこやきにするにゃー!


46: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 17:43:21.10 ID:LqJbKrcl.net

>>1
乙!まきりんぱな「」←何をやっても可愛い


54: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 19:11:18.81 ID:YhJ6+q3C.net

びっくりされるんですけど・・・実はたこ焼き、結構得意なんです










山善(YAMAZEN) たこ焼き器 HKP-650(R)
山善(YAMAZEN) たこ焼き器 HKP-650(R)


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1458114810/