1: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:08:52.15 ID:CjIAa6kF.net

穂乃果「って、その看板に書いてるヤツ?」

にこ「ん、見ればわかるでしょ?」

穂乃果「え~っと…単語は聞いたことがあるけど…意味までは…」

にこ「はぁ~しかたないわねぇ…」

にこ「フリーハグっていうのはね…ハグ!…つまり抱き合って、愛と平和をみんなに伝えるって活動よ!」

にこ「まあ、本当は街角で見知らぬ人と抱き合ったりするんだけど…」

にこ「まずは試しに…μ'sのみんなでやってみようと思って…」

穂乃果「ん~っと…」

穂乃果「っ!?」
 
  
穂乃果「つまり、にこちゃんに無料で抱き着いていいってことっ!?」
 
  
にこ「へ?え、えっと…フリーハグの"フリー"って、無料の意味じゃない気もするけど…」

にこ「まあ、つまりそういうことよ?」
 
  
   
穂乃果「じゃあ!穂乃果、にこちゃんとフリーハグするっ!!」モギューーー
   
  
 
にこ「ちょっ!?穂乃果っ!?」



2: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:10:57.55 ID:CjIAa6kF.net

にこ「はぁ~まったく…いきなり抱きつかな………」

にこ(ん?待つのよ矢澤にこ…)

にこ(…フリーハグってこういうパターンも想定しないといけなかったりするんじゃないかしら?)

にこ(…)

にこ(……よしっ、それなら覚悟を決めて…)
 
  
にこ「ん」ギュッ
 
  
   
穂乃果「ふぇっ!?///」
 
  
にこ「こうやって抱きしめてると…穂乃果って抱き心地いいわね…」ギュー

穂乃果「あぅ…///に、にこちゃんも抱き心地いいよ?///」ギュ

にこ「はいはい、ありがとね」ギュー

穂乃果「う、うん…////」


3: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:13:36.63 ID:CjIAa6kF.net

穂乃果(うわ、うわーーーーーーーっ!///)

穂乃果(普段は穂乃果から抱きしめても…にこちゃんが暴れられてはがそうとしちゃうから…)

穂乃果(こんなにじっくりにこちゃんを抱きしめたことがなかったけど…)

穂乃果(なんかにこちゃん、すっごい抱き心地いいというかなんというかっ!?)

穂乃果(私が抱きしめるとすっぽり収まるというか…)

穂乃果(にこちゃんから抱きしめてくれるのが、やさしいというかあたたかいというか…)

穂乃果(…////)

穂乃果(あ~…なんかこの抱き心地…くせになりそうかも…///)ポー


5: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:15:00.23 ID:CjIAa6kF.net

にこ「…」ギュー

穂乃果「…////」ギュー
 
  
にこ「…ん、よしっと」スッ
 
  
穂乃果「えっ!?」

にこ「とりあえず感じは掴めたしっ、こんなものかしらね?」
 
  
穂乃果「え?」

にこ「え?」
 
  
にこ「いや…何を疑問に思ってるかわからないけどフリーハグってこんなもんだと思わうよ?」

穂乃果「うぅ~…」


7: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:17:36.16 ID:CjIAa6kF.net

にこ「よし、こんな感じで他のメンバーとも…」

穂乃果「っ!?」
 
  
   
穂乃果「に、にこちゃんっ!!」
 
  
にこ「ん?どうしたの?穂乃果?」
 
  
   
穂乃果「あのねっ、フリーハグっ!もっと穂乃果で練習しないっ!?」
 
  
   
    
にこ「…へ?」


8: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:19:32.69 ID:CjIAa6kF.net

穂乃果「え、え~っと…フリーハグはさっきの穂乃果のハグが初めてだったでしょ?」

穂乃果「ほっ、ほらっ!にこちゃんは宇宙No.1アイドルなんだから!その…」

穂乃果「だ、だからこそ…他のみんなに初めてフリーハグする時も…こう…」
 
  
穂乃果「フリーハグも宇宙No.1のうまさの方がいいんじゃないかなっ!?」
  
 
穂乃果「って思うからね!穂乃果でもっと練習した方がいいんじゃなかなぁって思ったりもするんだけど~…」チラッ

にこ「え?…そうね…」

穂乃果「…」ドキドキ

にこ「…」

穂乃果「……」ドキドキ
 
  
にこ「うん、穂乃果の言うことも一理あるわね…」
 
  
   
穂乃果「っ!?」パァァァッ


9: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:20:58.47 ID:CjIAa6kF.net

にこ「えっと…それじゃあハグの練習つきあってくれる?」

穂乃果「うんっ、もっちろんだよっ!!」

にこ「ん、ありがと」

にこ「それじゃあハグがうまくなるまでよろしくね?」

穂乃果「…」

にこ「穂乃果?」

穂乃果「わたしとしては…ハグがうまくなった後でも…」ボソッ

にこ「お~い、穂乃果~?」

穂乃果「っ!?」

にこ「え~っと…もしかして、やっぱりイヤ「そ、そんなこと絶対ないからっ!!」…っ!?」
 
  
穂乃果「だから、任せてっ!!にこちゃんっ!!」
 
  
にこ「え、えぇ…」


11: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:24:32.76 ID:CjIAa6kF.net

穂乃果「よ~し、じゃあさっそく!」

にこ「ええ、次回からよろしくね」

穂乃果「うん!次回から…って、ええっ!?」

にこ「どうしたのよ?」

穂乃果「え、えっと…穂乃果としては今すぐにでも大丈夫なんだけど?」

にこ「いや…そろそろみんなが来る時間でしょ?」

穂乃果「…あ」

にこ「だから~今回みたいにまた私達以外のみんなが遅れそうなときとか…」

にこ「あとはまあ…私達だけで残ってるとかそういう時じゃないと練習するには…」

にこ「ってわざわざ穂乃果に残ってもらうのも…」
 
  
穂乃果「にこちゃんのハグの練習のためならいくらでも残るよっ!!」
 
  
にこ「へ?…いや、そこは無理しなくても…」
 
  
穂乃果「無理なんてしてないからっ!!」
 
  
にこ「そ、そう?」

穂乃果「うん!」


12: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:27:35.40 ID:CjIAa6kF.net

にこ「え~っと…それじゃあ…」

ガチャッ
 
  
凛「遅れちゃったけど今日も練習にゃ~~~っ!!」

真姫「もう…急に走り出すんじゃないわよ…」

凛「それをいうなら、凛のちょっと後に到着してる真姫ちゃんも走ってるじゃん」

真姫「そ、それは…凛を追いかけたからっ!」

にこ「ん、凛と真姫が来たのね…って花陽は?」

凛「へ?かよちんなら後ろに…」

真姫「………凛が全力で走ってたから置き去りにされちゃってるんだけど…」
 
  
凛「えぇっ!?ちょっとそれを早くいってよ、真姫ちゃんっ!!」
  
 
真姫「それを言おうとしてたのに、凛が全力疾走したからっ!」

凛「かよちん、迎えに行ってくるねっ!!」ダッ

真姫「ちょっとっ!凛ったら待ちなさいって!」ダッ

バタン
 
  
にこ「いや…なんで2人して迎えに行くのよ」

穂乃果「あはは…」


14: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:29:02.23 ID:CjIAa6kF.net

にこ「あ、会話の途中だったけど」

穂乃果「ん?」

にこ「穂乃果さえ良ければ…その…ハグの練習、よろしくね」

穂乃果「うん!全然いいよっ!穂乃果にまかせてっ!!」

にこ「うん、ありがと」ニコッ

穂乃果「っ!?///」ドキッ

にこ「それじゃあ改めて…明日からよろしくね」

穂乃果「…///」

にこ「穂乃果?」

穂乃果「っ!?だ、大丈夫!穂乃果にまかせてねっ!」

にこ「へ?あ、うん…よろしく…」

穂乃果「うんっ!」


15: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:31:59.62 ID:CjIAa6kF.net

--翌日放課後 部室--

ガチャッ
 
  
穂乃果「にこちゃん、ハグしよっ!!」

にこ「へっ!?い、いや入ってきて早々なんなのよっ!?」

穂乃果「ほら、今日はみんなが遅れるわけじゃないし、余裕がないんだから早くっ!!」

にこ「いや知ってるわよ…」

にこ「っていうか…時間がないんだから無理に練習しなくても…」
 
  
穂乃果「練習時間は限られてるんだよっ!!」
 
  
にこ「あ、あ~…そうね…」

穂乃果「だよねっ!!」


16: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:33:29.16 ID:CjIAa6kF.net

にこ「えっと…じゃあ…」スッ
 
  
穂乃果「にこちゃんっ!」ギューーー
 
  
にこ「はやっ!?」
 
  
穂乃果「ほらっ、にこちゃん手が止まってるよっ!!」ギューー
 
  
にこ「あ、あ~…はいはい」ギュ

穂乃果「ふぅ~…」モギュゥ

にこ「ん」ギューー


17: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:35:15.31 ID:CjIAa6kF.net

穂乃果「はぁ~…」ギュー

にこ「…」ギュッ

穂乃果「…///」ギュー

にこ「…」ギュ

穂乃果「……///」ギュー
 
  
にこ「ん、まあこのくらいでやめときましょうか」

穂乃果「っ!?」
 
  
穂乃果「なんでっ!?」
 
  
にこ「いや…何でも何も…あんたも今日はみんなが遅れるわけじゃないって言ったじゃないの」

穂乃果「そ、そっかぁ…」ギュー

にこ「だから離しなさいっての」

穂乃果「は~い…」スッ


19: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:37:12.54 ID:CjIAa6kF.net

ガチャッ
 
  
海未「まったく…穂乃果は…急に先に行くとか言い出して飛び出して行って…」

ことり「びっくりしちゃったよ~何か用事でもあったの?」
 
  
穂乃果「へっ!?あっ、そ、その…」ワタワタ

にこ「…」

海未「?どうしたのです、そんなに慌てて?」

ことり「なんかあやしいなぁ~…」ジー

穂乃果「えぇっ!?い、いやいやそんなことはっ!?」アセアセ
 
  
にこ(はぁ~………しかたないわね…)


20: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:39:02.62 ID:CjIAa6kF.net

海未「穂乃果?」

ことり「穂乃果ちゃん?」

穂乃果「あ、あ~っと…え~っと…」ダラダラ
 
  
にこ「穂乃果のヤツ…なんか練習が楽しみ過ぎて、ついつい早く来ちゃったみたいなのよね…」
 
  
穂乃果「へ?」
 
  
にこ「…まったく…入って来て早々あんたが言ってたことじゃないの…忘れたの?」チラッ

穂乃果「っ!?」
 
  
穂乃果「そ、そうなのっ!いやぁ~早く体を動かしたくなっちゃって~…」アハハ
 
  
   
ことうみ「「……」」ジー

穂乃果「…」


21: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:41:20.28 ID:CjIAa6kF.net

海未「ふぅ…まったく、穂乃果は…」ハァ

ことり「あはは、穂乃果ちゃんらしいね」
 
  
穂乃果「っ!?」
 
  
海未「穂乃果だけ早く行っても練習開始はみんな揃ってからでしょうに…」

ことり「そうだよ~穂乃果ちゃんが体を動かしたいのは充分わかったけど~」

穂乃果「あはは、だ、だよね~」

にこ「まあ、もうすぐ希や絵里、花陽たちも来るだろうし、もう少し待ちましょ?」

海未「ええ」

ことり「そうだね」

穂乃果「うん!」
 
  
穂乃果(にこちゃん…穂乃果のこと助けてくれたんだ…///)ポー



22: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:44:56.84 ID:CjIAa6kF.net

--さらに翌日 部室前--

穂乃果(よ~し、今日もにこちゃんとハグの練習をっ!!)ドタドタッ

穂乃果(ついたっ!!)
 
  
穂乃果「おっはよーござ…」

ガチャガチャ

穂乃果「ん?」
 
  
ガチャガチャガチャガチャ
 
  
   
穂乃果「あ、あれっ!?なんで鍵かかってるのっ!?」

穂乃果「えっ!?あれっ!?おーい!」
 
  
絵里「あら?穂乃果?」

希「あ、ほんとやね」
 
  
穂乃果「っ!?希ちゃん、絵里ちゃんっ!!」


23: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:47:23.04 ID:CjIAa6kF.net

穂乃果「ねえ、希ちゃん、絵里ちゃんっ!」

穂乃果「部室に鍵がかかってるんだけど…にこちゃんは?」
 
  
絵里「え?にこなら今日の練習は休みよ?」
 
  
   
穂乃果「え?……………休み?」
 
  
希「うん、今日はおチビちゃん達のお世話しないと行けなくなったんやって」

絵里「μ'sの全員宛てに連絡がいってるはずよ?」
 
  
穂乃果「へっ!?」ゴソゴソ
 
  
穂乃果「…あ、ほんとだ………」


24: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:48:12.79 ID:CjIAa6kF.net

希「どうしたん?穂乃果ちゃん」

希「にこっちになんか用事あったん?」

穂乃果「へっ!?あっ、いやぁ~…え、え~っとそのぉ~…」

穂乃果「あっ、そ、そうそうっ!」

穂乃果「いつもはにこちゃんが来てて部室の鍵が開いてるのに今日は開いてなかったから気になったの!」

絵里「なるほどっ!そう言われれば、いつもはにこが真っ先に部室にいるわね!」

穂乃果「だよねっ!」

希「…」ジー


28: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:53:28.55 ID:CjIAa6kF.net

絵里「でも安心して穂乃果!にこがいなくて部室に鍵が閉まっていても…」
 
  
絵里「鍵なら私が持ってるわ!」ドヤァ
  
 
穂乃果「あ、絵里ちゃんが持ってたんだねっ!」

絵里「そうよ!だから今から鍵をあけるから、部室に入りましょ?」

穂乃果「うんっ!」

カチャッ

絵里「ほら、開けたわよ」

穂乃果「絵里ちゃんありがとっ!」

絵里「ふふっ、どうしたしまして」

絵里「にこは来れないけど…にこの分まで今日の練習を頑張りましょ?」

穂乃果「うんっ!!」
 
  
穂乃果「はぁ…今日はにこちゃんいないんだ…」ボソッ
 
  
希「っ!?」

希「ふ~ん…」ニヤニヤ



29: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:55:12.00 ID:CjIAa6kF.net

--さらに翌々日 部室--

ガチャッ
 
  
穂乃果「おっはよーございますっ!」

海未「おつかれさまです、にこ」

ことり「にこちゃん、おつかれさま~」

にこ「ん、おつかれ~」

穂乃果「あ、にこちゃん!」テクテク

にこ「ん?」
 
  
   
穂乃果「今日の特訓は練習の後でね…」ゴニョゴニョ
 
  
にこ「ん、りょーかい」ボソッ
 
  
海未「穂乃果?」


30: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/24(日) 23:58:23.20 ID:CjIAa6kF.net

ことり「穂乃果ちゃん?にこちゃんと何を話してたの?」

穂乃果「へっ!?」ビクッ
 
  
にこ「練習後に貸してたCDを返すって…それだけよ?」
 
  
穂乃果「そ、そうっ!!」

海未「え?その程度なら今返してもいいのでは?」

穂乃果「そ、それは…え~っと…」ワタワタ

にこ「ほら、もうすぐ練習始まるでしょ?」

にこ「それに穂乃果のカバンの中からすんなり目的のものが出てくるとも限らないし…」

海未「あ~…なるほど…」

穂乃果「ちょっとっ!?にこちゃんっ!?海未ちゃんもなんですんなり納得してるのっ!?」ガーン

ことり「…」ジー

にこ「まあ…穂乃果もそういう恥ずかしい部分もあるから小声で伝えてきたのよ~」

穂乃果「っ!?」

穂乃果「じ、実はそうだったんだっ!あは、あはははは…」

海未「はぁ…まったく穂乃果は…」

ことり「そうなんだねぇ~…」



31: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 00:01:51.81 ID:gajq50C+.net

--練習後 部室--

海未「本当に待ってなくていいのですか?」

穂乃果「うん、大丈夫だよっ!」

穂乃果「それに海未ちゃんもことりちゃんもこの後用事あるでしょ?」

穂乃果「穂乃果を待ってるだけで、用事に遅れちゃうのも申し訳ないし!」

穂乃果「気にせずに帰っちゃって!!」

ことり「ん~穂乃果ちゃんがそこまでいうなら…」

海未「ことり、穂乃果もこう言ってることですし先に帰りましょう」

ことり「うん、そうだね海未ちゃん♪」

ことり「じゃあね~、穂乃果ちゃん、にこちゃん」

穂乃果「うん、じゃあねっ!」

にこ「ん、じゃあね」

海未「それでは…」
 
  
バタン
 
  
   
    
にこ「…………まったく、誤魔化すんなら誤魔化すで、うまく誤魔化しなさいよね…」

穂乃果「あはは…ごめ~ん…」


32: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 00:05:55.77 ID:gajq50C+.net

にこ「っとそれじゃあ…」
 
  
穂乃果「にこちゃ~~~~~~~んっ!!」モッギューーーー
 
  
にこ「ちょっ!?まだ始めるって言ってないわよっ!?」

穂乃果「ほっ、ほらっ!フリーハグの看板を見てすぐに抱き着いてくる人もいるかもだよっ!?」ギュー

にこ「………いや、そんなヤツいたら、はったおすわよ」
 
  
穂乃果「穂乃果をはったおさないでよっ!?」ガーン
 
  
   
にこ「なんで穂乃果限定になってるのよっ!?」

穂乃果「っ!?」ハッ


33: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 00:08:36.61 ID:gajq50C+.net

にこ「ったく…そもそも…なんで急に抱き着いてきたのよ…」

にこ「いつもはこっちが準備できてから始めてるでしょ?」

穂乃果「だって…昨日はにこちゃんとハグできなかったから…」ボソッ

にこ「ん?ごめん、後半の方聞こえなかったんだけど…」

穂乃果「ふぇっ!?///」

穂乃果「あ、あ~~~えっ、え~~~~っと」アセアセ

穂乃果「そ、そうっ!」
 
  
穂乃果「これはっ!急にハグされるパターンとかを想定してねっ!」
 
  
にこ「………いや、それ一番最初にやったじゃないのよ…」
 
  
穂乃果「へっ!?あ、あれ?そうだったっけ?」

にこ「…私に"無料で抱き着ける"とか言いながら真っ先に抱き着いてきたこと…忘れたとは言わせないわよ?」

穂乃果「あ、あ~…あはは、そうだったね…」


34: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 00:11:53.57 ID:gajq50C+.net

にこ「いやまあいいけど…」
 
  
穂乃果「ありがとっ!!」モギューーー
 
  
にこ「いやっ!?もっと抱き着けとは言ってないわよっ!?」

にこ「それにまだ私が抱き返してないしっ!?」
 
  
穂乃果「じゃ、じゃあ、早く抱き返して!」モッギューーー
 
  
にこ「あ、あ~…はいはい…」ギュッ

穂乃果「ぁ…///」パァァァッ

穂乃果「…///」

穂乃果「っ!」

穂乃果「に、にこちゃん…///」モッギューーー

にこ「ぁによ?」ギュ
 
  
穂乃果「ほ、穂乃果が強く抱きしめてるんだから、もっと強く抱き返した方がいいんじゃないかなっ!?///」モッギュー
 
  
   
にこ「…………わかったわよ」モッギューーー
 
  
穂乃果「はぅ…////」ポー



35: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 00:13:40.24 ID:gajq50C+.net



にこ「ん、そろそろいいかしらね…」スッ
 
  
穂乃果「えっ!?もうっ!?」
 
  
にこ「いや…"もうっ"って言っても…かれこれ始めて1時間たってるのよ?」
 
  
穂乃果「えぇっ!?もうっ!?」
 
  
にこ「ふふっ、あんたさっきからそれしか言ってないわよ」

穂乃果「ふぇっ!?あ、ごめん…」

にこ「いや別にあやまらなくてもいいけど…」


36: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 00:15:54.29 ID:gajq50C+.net

にこ「いやぁ~後ろに練習が控えてないから、終わりどころの判断が難しいわね…」

穂乃果「そ、それならもっと!」

にこ「いやいや…外ももう暗いし…完全下校時刻ももうすぐよ…」

穂乃果「そっかぁ…」シュン

にこ「いや、なんであんたが寂しがってるのよ…」

穂乃果「だって…」

にこ「だって?」

穂乃果「もっとにこちゃんを抱いていたかったんだもん…」ゴニョゴニョ

にこ「へ?」

穂乃果「っ!?///」

穂乃果「あ、あ~~~、も、もっとにこちゃんの力になりたいなって思って!!」

にこ「ふふっ、今日はもう充分力になってくれたわ」

にこ「ありがとね、穂乃果」

穂乃果「う、うん…そっかぁ…」


37: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 00:17:47.06 ID:gajq50C+.net

にこ「よしっと、それじゃあそろそろ帰りましょうか」

穂乃果「あっ、待ってにこちゃん!」

にこ「ん?どうしたの?」

穂乃果「あ、あのさっ!明日は土曜日じゃん?」

にこ「ん、そうね」
 
  
穂乃果「えっと…そうなると…ハグの練習は?」
 
  
   
にこ「え?明日は普通に学校も部活も休みだし、やらないわよ?」
 
  
   
穂乃果「…………え?」
 
  
にこ「…え?」


38: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 00:18:51.59 ID:gajq50C+.net

穂乃果「えっ?いや、やらないの?」

にこ「え?やらないわよ?」
 
  
穂乃果「なんでっ!?」
 
  
にこ「いや…だから、学校も部活も休みだし…」
 
  
穂乃果「じゃ、じゃあ日曜日はっ!?」
 
  
にこ「いや、日曜日も学校も部活も休みでしょーが…やらないわよ?」
 
  
   
穂乃果「なんでっ!?」
 
  
にこ「だからさっきから休みだからって…」
 
  
   
穂乃果「そうじゃなくてねっ!!」ガタッ
 
  
   
にこ「え、えぇっ!?」ビクッ


39: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 00:20:59.38 ID:gajq50C+.net

穂乃果「ほらっ、よく言うでしょっ!」

にこ「なにがよっ!?」
 
  
   
穂乃果「プロの技術は1日でも鍛錬を欠かすと腕が落ちるってっ!!」キリッ
 
  
にこ「いや…確かにそういうような話もあるけど…そもそも私プロじゃないし…」
 
  
   
    
穂乃果「プロじゃないのに2日も鍛錬を欠かすのはもっとダメなんじゃないかなっ!?」
 
  
   
にこ「え、えぇ~…………」


40: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 00:24:05.68 ID:gajq50C+.net

穂乃果「だから2日もハグの練習を休むなんてダメだと思うのっ!!」

にこ「いや…そうは言われても…日曜は予定が入ってるし…」
 
  
穂乃果「っ!?じゃあ土曜はっ!?」
 
  
にこ「ど、土曜ならまあ…午後に時間とれるけど…」
 
  
   
穂乃果「じゃあ、土曜っ!土曜に練習しようっ!!ねっ!!」
 
  
にこ「………べ、別にいいけど」
 
  
   
穂乃果「やったーーーーーーーーーーーーーっ!!」
 
  
にこ「いや…なんでそんなにあんたが喜ぶのよ…」


41: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 00:26:45.67 ID:gajq50C+.net

穂乃果「じゃあ、明日だねっ!いっぱい練習しようねっ!!」

にこ「いや…でも休日にまで練習につきあってもらうのはさすがにめい「全然迷惑なんかじゃないよっ!!」…ならいいけど…」
 
  
   
穂乃果「いっぱいハグしようねっ!いろんなハグしようねっ!!」

穂乃果「いろんな抱き方したり、前からだけじゃなくて、後ろからとか横からとかも試してみようねっ!!」
 
  
にこ「あ~わかった、わかったわよっ!!」

にこ「穂乃果がなんでそんな気合充分なのかはわからないけど!穂乃果のやりたいようにしていいから!」

にこ「とりあえず帰りながら話しましょ?さっきもいったけど結構時間たってるし…」
 
  
穂乃果「うんっ!!」



42: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 00:57:05.87 ID:gajq50C+.net

--月曜 部室--

にこ「はぁ~…なんか土曜日は…すっごい勢いで穂乃果にハグされたわね…」

にこ「1日であんなに何回もハグしたのなんてあの日くらいよ…」

にこ「さすがに…恋人同士みたいなハグとか言い始めた時はどうしようかとも思ったけど…///」カァッ

にこ「ま、まあ…」コホン

にこ「そういうのも含めていろんなパターンのハグが出来たし!」

にこ「結構ハグをするのもされるのもうまくなった気がするわっ!」ウン

にこ「それというのも…熱心にハグの練習につきあってくれる穂乃果のおかげね…」フフッ


43: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:00:43.54 ID:gajq50C+.net

にこ「先週の感じだと…もうそろそろ穂乃果が部室に来そうだけど…」
 
  
ガチャッ
  
 
にこ「お、噂をすればってやつね!」
 
  
   
    
     
花陽「えっ!?にこちゃん、花陽の噂をしてたのっ!?///」
 
  
   
にこ「………あ、花陽だったのね」
 
  
   
花陽「へ?…ち、違ったのかな?」アハハ


44: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:03:39.85 ID:gajq50C+.net

にこ「あっ、ごめんね花陽」

にこ「最近穂乃果が早めに来るから、てっきり穂乃果が来たんだと思ってそれで…」

花陽「あ、そういえば最近、穂乃果ちゃん早めに来てるね~」

にこ「そうなのよ~だからつい勘違いしちゃってね…」

花陽「あはは…それならしょうがないね」

にこ「ところで花陽は今日はこんなに早く来てどうしたの?」

花陽「あ!そうだったっ!!」

花陽「えっと…先週出たあのアイドルの新曲なんだけど…」

にこ「あっ、あの曲ねっ!」

花陽「うんっ!昨日買ったから、にこちゃんとお話したくてつい急いで来ちゃって…」エヘヘ

にこ「ううん、全然いいわよ」

にこ「むしろ私も花陽と話したいと思ってたところだしっ!」
 
  
花陽「ほんとっ!?」パァァァッ
 
  
にこ「こんなんで嘘ついてどうするのよ」フフッ

花陽「そ、そうだよね」アハハ

にこ「…!」


45: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:06:57.36 ID:gajq50C+.net

にこ(あ、もしかしてこれってチャンスだったりするんじゃないかしら?)

にこ(そもそもはフリーハグをはじめようと思って…)

にこ(練習としてμ'sのみんなにする予定だったのが、たまたま一人目の穂乃果で集中して練習することになっただけだし…)

にこ(その練習も先週の放課後とこないだの土曜日で結構できたと思うし!)

にこ(それにゆくゆくは大勢とハグするんだから、いつまでも穂乃果だけにハグするわけにもいかないし…)

にこ(それに花陽なら優しいし、頼めば引き受けてくれると思うしっ!)

にこ(よしっ、そうと決まれば…)


46: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:09:16.82 ID:gajq50C+.net

--月曜 部室前--

穂乃果(あ~~~~~~もうっ!)

穂乃果(こんな時にショートホームルームが長引くなんてぇ~)

穂乃果(土曜日はたっぷりにこちゃんをハグできたけど…)

穂乃果(日曜はにこちゃんをハグできなかったんだもんっ!)

穂乃果(だから久しぶりのにこちゃんとのハグを楽しみにしてたっていうのに…)

穂乃果(そんな日に限って長引くなんて…)ムスゥー

穂乃果(っと)

穂乃果「ついたっ!!」

穂乃果「それじゃあ、さっそく…」


47: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:10:52.97 ID:gajq50C+.net

ガチャッ
 
  
穂乃果「おっはよーござ…」
 
  
   
にこ「花陽」

花陽「なぁに、にこちゃん?」

にこ「ほんと突然で申し訳ないんだけどね…」

花陽「うん…」
 
  
   
にこ「私と…ハグしない?」
 
  
花陽「へっ!?///」
 
  
   
    
     
      
       
穂乃果「…………………………え?」


48: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:14:36.97 ID:gajq50C+.net

花陽「えぇっ!?にににに、にこちゃんとハグぅっ!?///」

にこ「そうよ!」

花陽「そそそそそ、そんなこと突然いわれても…そ、そのっ!こ、こころの準備というものが…///」ゴニョゴニョ
 
  
にこ「実はフリーハグをしようと思っていてね~それでまずはμ'sのみんなに…」
 
  
   
花陽「そ、それに付き合ってもないのに…い、いきなりハグなんて///………って、フリー…ハグ?」
 
  
にこ「ん、そうよ?」
 
  
花陽「な、なぁ~んだ………私ったらってっきり…///」ゴニョゴニョ

にこ「花陽?」

花陽「ふぁっ!?///な、なんでもないよっ!?///」アセアセ

にこ「そう?それならいいんだけど…」

花陽「…///」ホッ
 
  
   
    
穂乃果「……」


49: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:16:01.33 ID:gajq50C+.net

にこ「ということで協力して欲しいんだけど…」

花陽「う、うん…そういうことなら喜んで…」

にこ「ありがと、花陽!それじゃあさっそくだけど…」

花陽「う、うん…///」
 
  
   
    
     
穂乃果「だ、だめーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!」
 
  
   
にこぱな「「っ!?っ!?」」ビクッ
 
  
にこ「ほ、穂乃果っ!?」

花陽「穂乃果ちゃんっ!?」


50: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:18:03.08 ID:gajq50C+.net

にこ「ほ、穂乃果っ!?あんたいつのまにっ!?」

穂乃果「ついさっきだけど…」

にこ「いや…入って来たなら声かけなさいよね…」

穂乃果「だって…」

にこ「だって?」
 
  
   
穂乃果「……………部室に入ったら…にこちゃんが浮気してたんだもん…」
 
  
   
    
     
にこ「…………………………………は?」
 
  
   
    
花陽「に、にこちゃんと穂乃果ちゃんってそんな関係ダッタノォっ!?」
 
  
   
にこ「は、花陽っ!?」ビクッ


51: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:19:40.79 ID:gajq50C+.net

にこ「おおおお、落ち着きなさい花陽っ!!」

花陽「でもっ!にこちゃんっ!!さっき穂乃果ちゃんが"浮気"って…」

にこ「いやいやいやいや、浮気も何もっ!にこと穂乃果はそういう関係じゃ…」
 
  
穂乃果「そういう関係だもんっ!!」
 
  
花陽「ピャァっ!?///」ビクッ
 
  
にこ「ちょおおおおおおおおおおっ!?何言ってんのよっ!?穂乃果っ!?」
 
  
   
    
穂乃果「にこちゃんと穂乃果は1日中抱き合うような仲だもんっ!!」

穂乃果「抱き合って愛を伝えあう仲だもんっ!!!」
    
   
  
 
花陽「えぇっ!?///」

花陽「にこちゃんと…」チラッ

花陽「穂乃果ちゃんが…」チラッ

花陽「1日中…抱き合う…////」ボフッ
 
  
   
にこ「あほのかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!?///」


53: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:23:26.25 ID:gajq50C+.net

穂乃果「穂乃果はあほじゃないもんっ!浮気するにこちゃんの方があほだもんっ!!」

にこ「だあーーーーーまずその浮気って言う発想がどこから来たのよっ!?」

穂乃果「だって…」

穂乃果「にこちゃんとあんなにハグしあったんだもん…」

にこ「そ、それは…あんたが練習につきあってくれるっていうから…」
 
  
   
穂乃果「"練習につきあう"なんて………にこちゃんをハグするための口実だもん…////」カァッ
 
  
   
にこ「…………………………え?それって…」
 
  
   
    
     
      
花陽「ふむふむ…///この感じだと…穂乃果ちゃんが攻めなのかな…////」
 
  
   
    
にこ「ちょままままっ!?///待ちなさいってっ!?花陽も何言い始めてるのよっ!?」ガーン


54: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:26:19.94 ID:gajq50C+.net

にこ「落ち着いてっ!落ち着きなさい花陽っ!!」ガシッ

花陽「へっ!?///にこちゃんっ!?///」ボフッ

穂乃果「………にこちゃんが花陽ちゃんの両肩を掴んでる…」ジトーッ
 
  
   
にこ「だあーーーーーっ///花陽を落ち着いて説得させるために、両肩を掴んでるだけだってのっ!!///」

にこ「それだけでなんでそんなジト目で見つめてくるのよ~~~~っ!?」
 
  
   
穂乃果「…にこちゃん………その体勢から花陽ちゃんをハグするつもりでしょ?」
 
  
にこ「しないわよっ!?」
 
  
   
穂乃果「うそだっ!…土曜日にその体勢からハグするパターンもやってるもんっ!」

穂乃果「穂乃果をごまかそうとしてもそうはいかないんだからっ!!!」プンスカッ
 
  
   
にこ「だ~~か~~~ら~~~説得するだけって言ってるでしょーがっ!!」ウガァーッ
 
  
   
    
花陽「わ、わたし………これからにこちゃんにハグされちゃうんだ…////」ドキドキッ
 
  
   
    
にこ「花陽も落ち着きなさいってのーーーーーーーーーーーっ!?」ガーン


55: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:27:36.51 ID:gajq50C+.net

穂乃果「に~~~こ~~~ちゃ~~~ん」ジトー

花陽「に、にこちゃん…///」ドキドキッ
 
  
にこ「あーーーーーーーーーーーっ、もうっ!!」
 
  
にこ「穂乃果も花陽も!2人ともどうにかしないといけないけど…」

にこ「とりあえず、穂乃果っ!!あんたをまずどうにかするわっ!!」ガシッ
 
  
穂乃果「えっ!?///穂乃果…にこちゃんにどうにかされちゃうのっ!?///」ポー
 
  
   
にこ「そういうのじゃないわよっ!?」クワッ


56: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:31:32.13 ID:gajq50C+.net

にこ「あ~、とりあえず穂乃果を他の部屋に連れ込んで説得するから…」
 
  
   
ほのぱな「「穂乃果(ちゃん)を他の部屋に連れ込むっ!?////」」ボフッ
   
  
 
にこ「………もうつっこむのも疲れたわ……」

にこ「ほらっ、っていうことで行くわよ!」グイッ

穂乃果「あっ///」ポッ
 
  
にこ「あんたが期待してるようなことはなんもないからねっ!?」
 
  
   
花陽「そんなセリフを言いながら部室を出て、穂乃果ちゃんを連れていくにこちゃんだったけど…」

花陽「にこちゃんと…穂乃果ちゃんが…」

花陽「誰もいない部屋に2人っきり…」

花陽「何も起きないはずもなく…///」
 
  
   
にこ「何も起きないからねっ!?」


57: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:32:49.45 ID:gajq50C+.net

にこ「だあーーーーーっ、もうっ!本当はこの状態の花陽もなんとかしないとダメだけどっ!」

にこ「1人ずつなんとかしないと、もうどうにもならないからっ!」

にこ「一旦、花陽は置いて…行くわよっ!穂乃果っ!!」
 
  
   
ほのぱな「「に、にこちゃんが…私達を1人ずつなんとかする…っ!?////」」ドキドキッ
 
  
   
    
にこ「だあーーーーーーーーーーーーっ!?///」

にこ「いいから、行くわよっ!!///」

穂乃果「は、はい…///」ドキドキッ
 
  
花陽「ほ、穂乃果ちゃんの次は私の番っ…///」ドキドキッ

花陽「ど、どうしようかなっ!?///いつもなら照れちゃうけど…きょ、今日は頑張っちゃおうかな…///」ドキドキッ


58: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:37:51.93 ID:gajq50C+.net

その後…
別室での穂乃果の説得に、にこは膨大な時間をかけることになる――――
また、にこと穂乃果が移動した後、部室に入って来た他のμ'sメンバー達は、部室で妙な熱に浮かされている花陽を見つける
そんな花陽に対して、希、ことりを中心にいろいろと質問をした結果、にこに新たなる冤罪が増え、追及されることになるのだが…
それはまた別の話である――――

~fin.~




59: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/25(月) 01:41:14.46 ID:gajq50C+.net

ということで、
裏タイトルは、~ハグ魔にこにー~だったりする
クリスマス要素が「愛と平和」くらいしかないクリスマスほのにこSSでした。



60: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/25(月) 01:41:19.37 ID:s2oOQI83.net

面白かったぞ、別の話も期待してる






元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1514124532/