1: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 01:49:09.69 ID:NTe3XkmR.net

SS販売機『入力したキーワードをテーマにした短いSSが出てくるよ!』

【例】

ようりこ 学校

ダイマリ ファンタジー

よしルビ ツンデレ

ちかなん 海辺 せつない

りこまる 無銭飲食 仕方なかった

販売機『キーワードは最大3つまで入力出来るよ!自由に入力してね!』

※先着5名まで、返品は受け付けません。



2: 名無しで叶える物語(庭) 2018/03/02(金) 01:52:07.38 ID:yZyQYvCs.net

ダイえり
騎士団


3: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/03/02(金) 01:53:25.63 ID:nnjsJB2N.net

かなルビ 決闘


4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/02(金) 01:54:20.63 ID:4rDsSYnh.net

ちかなん 爆発オチ


6: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/03/02(金) 01:56:36.20 ID:tyEQvkJu.net

にこぱな レスバトル


7: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/03/02(金) 01:57:11.27 ID:gT5AxqE2.net

ようちか 曜お姉ちゃん 妹千歌ちゃん


8: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/03/02(金) 01:57:14.19 ID:Fh6r49nO.net

ほのちか
おバカな話


9: 名無しで叶える物語(中部地方) 2018/03/02(金) 01:57:17.65 ID:YTwS835o.net

ヨハマリ 家庭教師


10: 名無しで叶える物語(茸) 2018/03/02(金) 01:57:17.89 ID:DJYAVUjh.net

ようちか 曜お姉ちゃん 妹千歌ちゃん


11: 名無しで叶える物語(茸) 2018/03/02(金) 01:57:29.61 ID:NWyML/8O.net

よしりこ ツンデレ お泊り


12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/02(金) 02:03:11.16 ID:ZXSvqcG6.net

ことうみ PASMOチャージ



15: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 02:06:57.74 ID:NTe3XkmR.net

>>2

題:ダイヤ「つっぱることが1つの勲章ですわ!



16: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 02:10:57.94 ID:NTe3XkmR.net

ダイヤ「そう胸に信じて生きてきました……」

絵里「そう」

ダイヤ「泣きたくなるような時も頑張ってきたんです…」

絵里「そう」

ダイヤ「時の重さに流されそうになったときも歯をくいしばって生きてきたんです……」

絵里「……そう」


17: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 02:13:44.82 ID:NTe3XkmR.net

ダイヤ「私ね……子供の頃に誓ったんです」

絵里「……」

ダイヤ「路地裏で星を見ながら……」

絵里「……」

ダイヤ「世間からつっぱって生きていこうと……」

絵里「……」

ダイヤ「自分らしく生きていこうと誓ったんです」

絵里「……そう」


18: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 02:18:39.30 ID:NTe3XkmR.net

絵里「以上で供述調書は終わりでいい?」

ダイヤ「……はい」

絵里「じゃあ確認するわね」

ダイヤ「どうぞ」

絵里「私の家に忍び込んで下着を盗んだ理由は子供の頃、自分らしく生きていこうと誓ったから」

ダイヤ「そうです」


19: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 02:24:01.88 ID:NTe3XkmR.net

絵里「それって子供の頃から私の下着をいつか盗みたいって、思ってたってこと?」

ダイヤ「そうです……時の重さに流されそうになったときも……」

絵里「容疑者は幼い頃から被害者に並々ならぬ執着を寄せていた」カキカキ


21: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 02:29:33.40 ID:NTe3XkmR.net

絵里「どうやって私の家に侵入したんだっけ?」

ダイヤ「はい、私は絵里さんのお宅の氷のように冷たい壁を叩き壊して侵入しました」

絵里「その時、音に気付いて私の妹が起きたと思うんだけど」

ダイヤ「はい」

絵里「駆けつけてきた妹に貴方は何かしたんだっけ?」

ダイヤ「いいえ、してません」

絵里「そうなの?亜里沙」

亜里沙「嘘だよ!私、こいつにイタズラされたもん!」


23: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 02:37:55.06 ID:NTe3XkmR.net

絵里「らしいんだけど?」

ダイヤ「寝ぼけてたんじゃないでしょうか」

絵里「そうなの?亜里沙?」

亜里沙「ううん!こいつね、私に赤トンボ見せてあげるとかいって下半身を露出してきたんだから」

絵里「貴方の下半身は赤トンボなの?」

ダイヤ「そんなわけありませんわ」

絵里「そうよね」

ダイヤ「やはり寝ぼけてたんですよ、亜里沙さんは」

絵里「そうなの?亜里沙?」

亜里沙「ううん!赤トンボだった!赤トンボだったもん!」


25: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 02:39:53.25 ID:NTe3XkmR.net

絵里「らしいんだけど?」

ダイヤ「そんなわけありません、何なら今ここで見てみますか?」

絵里「遠慮しとくわ」

亜里沙「すごいんだから!お姉ちゃんも見て!」

絵里「その後、どうされたの?亜里沙?」

亜里沙「その後ね!赤トンボ捕まえてごらんって行って亜里沙の手を掴んでね!よくわかんない事された!」

絵里「なにしたの?」

ダイヤ「なにもしてませんわ!」


27: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 02:45:45.48 ID:NTe3XkmR.net

亜里沙「あそこをくるくる指でなぞらされたんだから!」

絵里「あそこって?」

ダイヤ「知りませんわ」

亜里沙「あそこだよ!あそこ!ほら……なんて言うんだっけ……」

絵里「……」

亜里沙「あれだ!くりとりっ…!」

絵里「亜里沙!」バッ

亜里沙「っ!」

絵里「辛かったわね……もういいわ……」ギュッ……

亜里沙「お姉ちゃん!」


28: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 02:53:08.65 ID:NTe3XkmR.net

絵里「よくも私の妹に変な事をしてくれたわね」

ダイヤ「してませんわ!」

絵里「貴方の妹にも同じ目に合わせてやりたいわ!」

ダイヤ「本当ですか?それ私は見れます?参加できます?」

亜里沙「いいね!同じ目に合わせてやろうよ!」

絵里「でも、優しい亜里沙はそんなこと望まないからやめてあげる」

ダイヤ「望んでますわ、亜里沙さん望んでます」


29: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 02:57:52.82 ID:NTe3XkmR.net

絵里「罪は一人で背負うものよ、よって被告人ダイヤをアズカバン送りとするわ!」

亜里沙「やったー!」

ダイヤ「そんな!私、ウェントワース女子刑務所が良いです!」

絵里「連れていきなさい!」

ダイヤ「ウェントワースでガラの悪い絵里さんみたいな人に迫られたいです!」

絵里「これで安心ね亜里沙」

亜里沙「そうだね!」

ダイヤ「女子刑務所が良いです!なんとか……!なんとかぁっ……!」



30: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 02:58:47.23 ID:NTe3XkmR.net





31: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 02:59:20.53 ID:NTe3XkmR.net

>>3
題:ルビィ「果南ちゃんに……お姉ちゃんは渡さない」



34: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 03:11:44.70 ID:NTe3XkmR.net

ダイヤ「やめてください!二人とも!」

果南「ワタシ……ダイヤ……スキ!」

ルビィ「ルビィだって大好きだもん!」

ダイヤ「私のために争わないで!」

果南「ダイヤ……ワタシノモノ!」

ルビィ「違うもん!ルビィの物なんだから!」

ダイヤ「私は二人の物ですわ!」

果南「ナラ……オマエ……コワス!」

ルビィ「やってみてよ!」


35: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 03:14:37.20 ID:NTe3XkmR.net

ダイヤ「や、やめてください!二人とも!」バッ

果南「ダイヤ!ナラ、オマエ……ドッチエラブ?」

ルビィ「ルビィだよね!お姉ちゃん!」

果南「ワタシダヨナ!」

ダイヤ「だから私は二人の物ですわ!」

果南「フタリノ?」

ルビィ「物?」

果南「ナラ、ハンブンコカ?」

ルビィ「もしそうなら上半身はルビィのだから!」

果南「ワタシ!ダイヤノカハンシンキョウミナイ!」

ルビィ「ルビィだってないもん!」

ダイヤ「えっ!」

果南「ヤッパリ、オマエコワス!」

ルビィ「こっちの台詞だもん!」

果南「イクゾ!」

ルビィ「ぅゅ!」

ダイヤ「戦いが始まってしまいましたわ……」


36: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 03:19:05.93 ID:NTe3XkmR.net

果南「フンッ」シュッ

ルビィ「ぅゅ!」バシッ

ダイヤ「あっ!果南さんのパンチをルビィの鋼鉄の体が受け止めましたわ」

果南「クラエッ!」シュッ

ルビィ「当たらないもん!」バッ

ダイヤ「今度は蹴り……でもそれもルビィは体を2つに分離して避けました」

ルビィ「今度はこっちの番だよ」ガチャ

ダイヤ「ルビィが大きく口を開けました……あれはバズーカですね……」

ルビィ「くらえっ!」バンッ!

果南「ギッ!ギギギッ……」

ダイヤ「果南さんに直撃した!あんなの生身の人間である果南さんには致命傷です」


37: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 03:24:09.35 ID:NTe3XkmR.net

果南「ダイヤ……ワタシノモノダッ!」

ルビィ「ルビィのものだもん!」

果南「オマエ!ショセン、ロボット!ダイヤトムスバレナイ!」

ルビィ「うるさい!人間風情が、止めをさしてやる!」

ダイヤ「もうやめてください!」バッ

果南「ガ……ガガ……ダイヤ?」

ルビィ「お、お姉ちゃん……」シュッ…ガチャ…

ダイヤ「私は二人の事が好きなんです……」グスッ

ダイヤ「どちらかなんて選べませんわ」

果南「ソレジャ……コマル」

ルビィ「そうだよ!お姉ちゃんは一人しかいないんだよ?」

ダイヤ「でも…私は……」


39: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 03:34:03.29 ID:NTe3XkmR.net

鞠莉「お困りみたいね?ダイヤ」

ダイヤ「鞠莉さん!」

鞠莉「こんなときはマリーにお任せよ」

ダイヤ「どういうことです?」

鞠莉「ダイヤは一人しかいないから揉めてたんでしょ?」

果南「ソウダ!」

ルビィ「そうだよ!一人しかいないんだもん!」

鞠莉「なら新しく作れば良いのよ」

ダイヤ「えっ?」

鞠莉「ダイヤを作るのよ」

ダイヤ「私を?」

鞠莉「ちょうどね?私も貴方が欲しくて量産する計画をたててたの」

果南「ダイヤヲ……」

ルビィ「量産?」

鞠莉「もし、ダイヤが協力してくれるなら1週間後には二人にダイヤを提供してあげる」

果南「ワタシタチ、ダイヤ……クレルカ?」

鞠莉「えぇ!」

ルビィ「本当に?」

鞠莉「えぇ!」

果南「ヤッター」

ルビィ「わーい!」


41: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 03:38:08.00 ID:NTe3XkmR.net

鞠莉「協力してくれるわよね?ダイヤ?」

ダイヤ「えぇ……」

果南「ヤッタ!ヤッタ!」ルンルン

ルビィ「うゆゆ♪」ウキウキ

ダイヤ「仕方ありませんね……」


42: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 03:38:36.83 ID:NTe3XkmR.net

~1週間後~

果南「ダイヤ……ワタシスキ?」

ダイヤA「えぇ、好きですわ」

ルビィ「お姉ちゃん……ルビィの事……」モジモジ

ダイヤB「えぇ、好きですわ」

果南「ホントウカ?」

ダイヤA「えぇ、好きですわ」

ルビィ「本当に?嬉しい!」

ダイヤB「えぇ、好きですわ」

果南「ヤッター!」

ダイヤA「えぇ、好きですわ」

ルビィ「わーい!」

ダイヤB「えぇ、好きですわ」


43: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 03:39:28.15 ID:NTe3XkmR.net

ダイヤA「えぇ、好きですわ」

ダイヤB「えぇ、好きですわ」

ダイヤA「えぇ、好きですわ」

ダイヤB「えぇ、好きですわ」

ダイヤA「えぇ、好きですわ」

ダイヤB「えぇ、好きですわ」

 

 

『えぇ、好きですわ』


44: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 03:41:46.75 ID:NTe3XkmR.net

鞠莉「やっぱりダイヤは生身じゃないとね……」

ダイヤ「んっーー!んっー!」

鞠莉「やっと手に入れた……」

ダイヤ「んんっ!」ジタバタ

鞠莉「私が一番欲しいもの……」

ダイヤ「んっーー!」バタバタ

鞠莉「ずっと……はなさないからね?」

ダイヤ「んんっ!んっーー!!」

鞠莉「私の物?」



45: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 03:42:23.80 ID:NTe3XkmR.net





46: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 03:43:11.36 ID:NTe3XkmR.net

>>4
題:果南「千歌…風が気持ちいいね」



48: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 03:57:10.74 ID:NTe3XkmR.net

千歌「うん……」

眠そうに頷きながら千歌は私の肩にもたれかかってくる。

果南「眠い?」

千歌「ううん……まだ…へーき」

果南「そう?」

千歌「うん……」

果南「そっか」


49: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 03:57:48.75 ID:NTe3XkmR.net

果南「……」

優しい風がふいている。

その風はまるで私と千歌を撫でるみたいで……

果南「ふわぁ……」

心地よくて眠くなっちゃった。


50: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 04:00:02.24 ID:NTe3XkmR.net

千歌「ねぇ……果南ちゃん……」

果南「ん~?」

千歌「子供の頃にさ……覚えてる?」

果南「何を?」

千歌「森で迷子になったとき」

果南「あー……あったね」

千歌「あの時もさ……こんな感じじゃなかった?」

果南「……そういえば…」

言われて思い出す、あの時もこんな風に二人で座り込んでたっけ。
真っ暗な森の真ん中で……


51: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 04:01:54.34 ID:NTe3XkmR.net

果南「…そうだね」

千歌「でしょ?」

果南「はは、あの時は不安だったなぁ~」

千歌「えー果南ちゃんが?」

果南「なにそれぇ?私だって不安になるときくらいあるよ」

千歌「ふーん?」

信じてなさそうな顔してる……

果南「もう!」フイッ

千歌のバカ……

千歌「えへへ、ごめんごめん」


52: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 04:02:47.62 ID:NTe3XkmR.net

千歌「千歌はね……不安じゃなかったよ?」

果南「…………なんで?」

千歌「それはね……」

千歌が抱きついてくる。

千歌「今と同じ理由……」

果南「……千歌」

千歌「えへへ……」


53: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 04:09:09.37 ID:NTe3XkmR.net

果南「……怖くない?」

千歌「怖くないよ」

果南「今ならまだ…戻れるよ…」

千歌「……」

果南「今なら……まだ……」

千歌「果南ちゃん……」チュッ…

果南「っ!」

千歌の唇……柔らかい……

千歌「ずっと……一緒だよ」

果南「……千歌」


54: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 04:12:27.20 ID:NTe3XkmR.net

千歌「あの世って本当にあるのかな」

果南「さぁ……どうだろ……」

千歌「あったら…千歌達は、地獄に落ちるのかなぁ」

果南「……かもね」

千歌「……じゃあ、ないほうが良いね」

果南「……」

千歌「あの世なんてなくて……」

千歌「果南ちゃんと一緒にいる瞬間で……」

千歌「プツリ…と消えてしまえるなら」

千歌「それが……いい……」

千歌「それがいいよ」

果南「……」


55: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 04:15:03.91 ID:NTe3XkmR.net

千歌「果南ちゃん……」

果南「ん?」

千歌「戻りたい?」

果南「……」

千歌「果南ちゃんが戻りたいなら……いいよ……」

果南「……千歌」

千歌「千歌はここで……独りで……」

果南「バカ……」ペシッ

千歌「いたっ……」 

果南「私達……ずっと一緒でしょ?」

千歌「……果南ちゃん」


56: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 04:20:07.84 ID:NTe3XkmR.net

果南「……」

千歌「……」

果南「そろそろ…」

千歌「…うん」

果南「いこっか?」

千歌「……うん」

果南「……」カチッ

導火線に……火をつける。


57: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 04:21:59.50 ID:NTe3XkmR.net

千歌「……」

火がゆっくりと導火線を登っていく……

果南「……」

ゆっくりと……でも確実に……登っていく。

千歌「ねぇ……」

果南「うん?」

千歌「痛いのかな?」

果南「あぁ~どうだろ……」


58: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 04:23:28.96 ID:NTe3XkmR.net

千歌「痛かったら嫌だなぁ」

果南「でも一瞬だよ」

千歌「本当に?」

果南「たぶん本当」

千歌「もう……適当だなぁ」

果南「嘘だったら殴っていいよ」

千歌「嘘だったら殴れないじゃん」

果南「ふふ、そっか」

千歌「そうだよ」


59: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 04:27:52.64 ID:NTe3XkmR.net

もうすぐ爆弾に引火する……

何か言い残したことあったかな……

千歌「……果南ちゃん」ギュッ…

果南「……千歌」

千歌「ずっと一緒だよ?」

果南「うん……ずっと一緒だよ」

言い残したこと……ないや……

ただ、千歌と入られればそれだけで満足だもん……


60: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 04:28:57.78 ID:NTe3XkmR.net

果南「千歌……」

千歌「うん……」

果南「好きだよ……」

千歌「千歌も……好きだよ」

果南「ふふ」

千歌「えへへ……」

果南「……じゃあ」

千歌「うん……」

果南「おやすみ」

千歌「……おやすみなさい」


61: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 04:29:29.00 ID:NTe3XkmR.net

─────バンッ!!!


62: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 04:30:41.23 ID:NTe3XkmR.net

~病院~

千歌「めちゃめちゃ痛いじゃん!」ポカッ

果南「いてっ!」



63: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 04:31:06.23 ID:NTe3XkmR.net





65: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/03/02(金) 05:20:05.83 ID:wUVJ5axQ.net

これは優良自販機



66: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 05:25:01.17 ID:NTe3XkmR.net

>>6
題:花陽「にこちゃん外車乗ってるんだ」



67: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 05:25:54.37 ID:NTe3XkmR.net

にこ「そうなの、ランバルギーニっていうのに乗ってるわ」

花陽「ふーん」モグモグ

にこ「まぁ花陽は聞いたこともないでしょうけど」

花陽「ランボルギーニなら知ってるけど……花陽、ランバルギーニは知らないなぁ」

にこ「なっ……ランボルギーニよ!にこはランボルギーニって言ったわ」

花陽「そう?なら花陽が聞き間違えちゃったのかな」

にこ「そうよ!」


68: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 05:27:27.40 ID:NTe3XkmR.net

花陽「運転はにこちゃんがするの?」

にこ「当たり前じゃない!」

花陽「ふーん」モグモグ

にこ「ちなみにMTよ!」

花陽「?」モグモグ

にこ「免許よ免許!」

花陽「そう」モグモグ

にこ「免許証見てみる?」

花陽「見ません」モグモグ


69: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 05:30:15.00 ID:NTe3XkmR.net

にこ「ふふ、コンプレックス感じてる?」

花陽「この漬け物おいしいなぁ~」モグモグ

にこ「どうせ花陽はAT限定でしょ?」

花陽「ご飯もおいしい~」モグモグ

にこ「そういうのってね?意外と見られるのよ?」

花陽「さすがコシヒカリ」モグモグ

にこ「就職活動にも影響あるんだから!そういうの!」

花陽「農家の人達に感謝です」

にこ「聞いてる?」


70: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 05:30:59.57 ID:NTe3XkmR.net

花陽「聞いてますよ」

にこ「本当でしょうね?」

花陽「今はセレブでエリート街道爆走中なんですよね」

にこ「そうよ!にこはもう約束されたエリートなんだから」

花陽「すごいなぁ~」モグモグ

にこ「そうよ!」エッヘン


71: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 05:33:10.36 ID:NTe3XkmR.net

花陽「エリートにこちゃんはどんな仕事に就いたんですっけ」

にこ「外資系よ、にこの英語能力生かして海外のエリートと交渉とかやってるの」

花陽「交渉ですか」

にこ「そうよ、グローバルに交渉とかやってるわ!」

花陽「例えば?」

にこ「……えーと、企業と企業の間取り持って、にこの高い英語力とか生かしてるの!」

花陽「へぇ~英語力とか…」

にこ「そ、そう…英語力とかよ…!」

花陽「なんていう職業なんですか?」

にこ「えぇっと……交渉人?になるのかしらね……割と先進的で国際的な業務だから花陽に言っても伝わらないと思うけど!」

花陽「そうですか」モグモグ

にこ「そ、そうよ!」

花陽「ふーん」モグモグ

にこ「……っ」アセアセ


72: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 05:34:19.60 ID:NTe3XkmR.net

花陽「そういえば、にこちゃんって彼氏出来たの?」

にこ「えっ?」

花陽「インスタグラムに乗ってたけど」

にこ「あ、あれね!本当よ、本当の彼氏よ?」

花陽「本当の彼氏?」

にこ「マ、マジの本当の彼氏だから」

花陽「ふーん」モグモグ

にこ「こないだもデートしたんだから」

花陽「外車で?」

にこ「そうよ」


73: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 05:35:46.06 ID:NTe3XkmR.net

花陽「にこちゃんはどっちに座ったの?」

にこ「はぁ?そんなの左に決まってるじゃない」

花陽「じゃあ運転は、にこちゃんがしたんだね」

にこ「ぷぷっ……花陽…左は助手席よ?もしかして免許持ってない?」プルプル

花陽「……外車じゃないの?」

にこ「えっ?」

花陽「…乗ってる車」

にこ「……が、外車よ!最初からそういってるでしょ!」

花陽「……」モグモグ

にこ「何よ!私なんか変なこと言った?」

花陽「……言ってませんよぉ」モグモグ

にこ「そうよね?言ってないわよね?」

花陽「うん」モグモグ

にこ「……」アセアセ


74: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 05:37:30.80 ID:NTe3XkmR.net

にこ「でね?デートの時の話なんだけど」

花陽「はい」モグモグ

にこ「彼ったら抜けてる所があって、この前なんかフルパワーでランボルギーニの扉を閉めたりするの」

花陽「へぇ」

にこ「あれは別れを決意したわね」 

花陽「まぁ、ランボルギーニの扉は電動ですけどね」

にこ「なっ!知ってるわよ!電動なのにわざわざ腕を伸ばしてフルパワーで閉めたの!」

花陽「電動は嘘ですよ」

にこ「っ!!」

花陽「……」モグモグ

にこ「……っ」アセアセ


75: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 05:40:22.31 ID:NTe3XkmR.net

花陽「にこちゃん」

にこ「なによ……」

花陽「見栄を張るにこちゃんも好きだけど、ありのままのにこちゃんの方が花陽は大好きですよ」

にこ「なっ」ドキッ…

花陽「ふふ……」

にこ「……ふん、別に見栄なんて張ってないけど」

にこ「花陽がそういうなら……」

にこ「いつもの……にこでいてあげるわ……!」

花陽「ふふ、嬉しいです……」ニコッ

にこ「……ふん////」



76: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 05:40:59.87 ID:NTe3XkmR.net





78: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 06:11:00.55 ID:NTe3XkmR.net

>>7
千歌「千歌のお姉ちゃん過保護なんだ……」



79: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 06:12:57.89 ID:NTe3XkmR.net

ダイヤ「そうなんですか」

千歌「うん」

ダイヤ「私の姉も過保護なんですよ」

千歌「へぇ~ルビィさんも」

ダイヤ「はい……」

千歌「いやだよね」

ダイヤ「えぇ、私達もう高校2年生なんですから」

千歌「そろそろ妹離れしてほしいよね」

ダイヤ「まったくです」

千歌「はぁ……」


80: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 06:15:09.17 ID:NTe3XkmR.net

~3年教室~

曜「千歌がさぁ……最近冷たいんだよね……」

ルビィ「そうなの?」

曜「朝とか全然、挨拶返してくれないし」

ルビィ「あぁ~あるね、そういう時期」

曜「夜も帰りが遅いんだ……」

ルビィ「それ……うちのダイヤちゃんもだ……」

曜「心配だよね……」

ルビィ「うん……」

曜「いっそさ……」

ルビィ「うん?」

曜「……」

ルビィ「…?」

曜「いや、なんでもない……」

ルビィ「……」

曜「忘れて」

ルビィ「……ふふ」クスッ

曜「?」

ルビィ「ルビィ…わかるよ曜ちゃんの気持ち……」

曜「……本当?」

ルビィ「……うん…いっそ、手足切り落として外に出れないようにしたいよね」

曜「……えっ」


81: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 06:16:57.50 ID:NTe3XkmR.net

~2年教室~


ダイヤ「っ!」ゾクッ

千歌「?」

ダイヤ「お、おぞましいっ!」ブルブル…

千歌「どうしたの?ダイヤちゃん」

ダイヤ「あぁ……」ガタガタ……

千歌「ダイヤちゃん?」

ダイヤ「いやっ!いやぁっ!」バン!バン!バン!!

千歌「ダ、ダイヤちゃん!?どうしたの!」

ダイヤ「いやぁっ!!!!」バン!!バン!!

千歌「ダイヤちゃん!!」

先生『黒澤!?どうしたー!!』


82: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 06:18:52.93 ID:NTe3XkmR.net

~放課後~


千歌「……」

ダイヤちゃん、大丈夫かなぁ……

急に変になっちゃって……

ストレス溜まってたんだろうなぁ……

千歌「……はぁ」

やっぱり妹はつらいよ。


83: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 06:51:02.86 ID:NTe3XkmR.net

~自宅~

千歌「……」ガラガラ……

曜「あっ……」

千歌「……」

曜「ただいま、千歌」

千歌「……」サッ

曜「……あっ」

 

曜「…………」


84: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 06:52:09.72 ID:NTe3XkmR.net

~曜の部屋~

曜「はぁ……」

今日も無視されちゃった……

曜「千歌ぁ……」

この前まであんなに仲良くヨーソローしてたのに……

曜「……」グスッ

なんで急に……私を避けるの……

千歌……


85: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 06:54:38.46 ID:NTe3XkmR.net

曜「そういえば……」ゴソ…ゴソ…

鞄のなかに入った薬を取り出す。

ルビィちゃんがくれたんだけど、なにやら体の自由を奪う薬らしい。

ルビィ『さすがに手足を切っちゃうのは無理だからね、薬で代用してるんだぁ』

なんて、かわいく言ってたけど……

曜「……」ポイッ

使う機会はたぶん一生ないだろう。

曜「……」カサッ…

もう1つ薬を取り出す。

これは鞠莉ちゃんから貰った物で、なにやら正直になる薬らしい。

安全な自白剤みたいなもので、相手の気持ちを確かめたい時に使うと良いって渡してくれたんだけど……

曜「……う~ん」

これ……使ってみようかな……

だって……千歌の気持ち知りたいもん……


88: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 07:12:08.18 ID:NTe3XkmR.net

~~~


曜「千歌?入るよ?」コンコン


…………


返事はないけど、入らせて貰おう。

ガチャ……


千歌「……」

曜「千歌……」

千歌「……」

曜「これ……食べない?」

千歌「……」

曜「みかんケーキ……買ってきたんだ千歌のために」

千歌「……」

曜「ね?食べて」

千歌「……」

曜「ねぇ……」

千歌「……」

無視ばっかり……


89: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 07:14:43.80 ID:NTe3XkmR.net

曜「千歌……!」ガシッ

千歌「……!」ビクッ

曜「食べて?」スッ

千歌「……」ドキ…ドキ…

曜「……はい」スッ!

千歌「……」

曜「……はい!!」スッ!

千歌「……っ」

 

千歌「あむ……」パクッ

 

食べた……

曜「……」

千歌「……」モグモグ

食べたね……


90: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 07:17:17.56 ID:NTe3XkmR.net

千歌「……っ?」クラッ

曜「……」

千歌「あれ……頭が……」

曜「……」

千歌「くらくらする……」

曜「……」

効いた……!

千歌「あれ……」フラッ…

曜「千歌」

千歌「……?」

曜「なんで私の事避けるの?」

千歌「……」フラッ…フラッ…

曜「ねぇ?」

千歌「……んっ」フイッ

曜「…………千歌」ガシッ

千歌「っ!」


91: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 07:19:55.11 ID:NTe3XkmR.net

曜「なんで、お姉ちゃんのこと避けるの?」

千歌「……いやだから」

曜「いや?」

千歌「いやだからだよ……」

曜「なにがいやなの?」

千歌「お姉ちゃんがいやなの」

いや?

そ、それって……

曜「嫌いって事……?」

千歌「ちがう……」

曜「ちがうの?」

ち、違うんだ……

なら……よかったぁ……


93: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 07:23:14.33 ID:NTe3XkmR.net

千歌「恥ずかしいからやなの……」

曜「恥ずかしい?」

千歌「うん……」

千歌「だって、まわりの子達は……千歌達みたいにくっついたりしないんだもん」

千歌「高校2年生だしさっ……それが普通だよね……」

曜「恥ずかしいから、避けてたんだ……」

千歌「そうだよ……」

曜「そっか……」

千歌も高校2年生だもんね。

いつまでも、お姉ちゃんと一緒じゃからかわれちゃうか……

普通そうだよね……


94: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 07:25:03.34 ID:NTe3XkmR.net

曜「ごめんね」

千歌「……?」

曜「気付かなかったよ、千歌のそういう気持ち」

千歌「……」

曜「そうだよね、いやだよね」

曜「私はなんとも思わないけど普通はいやなんだよね」

曜「ごめんね疎いお姉ちゃんで……」

曜「……ごめんね…千歌」

曜「私……バカ姉だ……」

千歌「お姉ちゃん……」

曜「……」グスッ


95: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 07:32:34.62 ID:NTe3XkmR.net

千歌「千歌ね……まだ一番いやなことがあるんだよ」

曜「一番いやなこと?」

千歌「うん……」

なんだろう……

千歌「それはね……」

曜「……」

千歌「お姉ちゃんと仲良く出来なくなったこと……」

曜「……えっ」

千歌「本当はね……前みたいに一緒にお出掛けしたり、遊んだり、皆の前でくっついたりしたい」

曜「……千歌」

千歌「本当はいやなの……お姉ちゃんがいやなのが……いやなの!」

曜「千歌っ…」

千歌「千歌の方こそ、ごめんなさい……」


96: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 07:33:37.50 ID:NTe3XkmR.net

曜「千歌!!」ギュッ

千歌「お、お姉ちゃん……」

曜「ごめん……また抱きついちゃった」

千歌「ううん、いいの……二人っきりだから」

曜「千歌……」

千歌「えへへ……久しぶりだね」

曜「うん」

千歌「千歌ね?お姉ちゃんに抱き締められるの……大好き」

曜「……本当?」

千歌「うん!」

曜「嬉しい…」グスッ

千歌「…えへへ」


97: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 07:35:31.65 ID:NTe3XkmR.net

曜「もっと、ぎゅってしていい?」

千歌「いいよ」

曜「やった」ギュッ!

千歌「えへへ、気持ち良い」

曜「本当?」

千歌「うん、お姉ちゃんに抱き締められると凄く気持ち良いんだぁ」

曜「えへへ……なんか照れちゃうな」

千歌「千歌も……照れちゃう」

曜「ふふふ……」

千歌「えへへ……」

曜「また、仲良くしていい?」

千歌「うん、いいよ」

曜「千歌……」

千歌「お姉ちゃん……」

曜「ずっと…仲良くしてようね」

千歌「うん…!」


98: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 07:36:20.01 ID:NTe3XkmR.net

~~~


ダイヤ「お姉さまぁ……もう許してください……」

ルビィ「ダメだよ……だってまだわかってないんだもん」

ダイヤ「わかりました……わかりましたからぁ」

ルビィ「何がわかったか言ってみて」

ダイヤ「私はルビィお姉さまの所有物です……愛玩動物です……」

ルビィ「……本心じゃないね」

ダイヤ「本心ですっ……!本心ですわっ……!」

ルビィ「まだ……お仕置きが必要みたいだね……」

ダイヤ「もう、許しください……これ以上は……これ以上は……」

 

ダイヤ「これ以上はぁっ…!!!!!」



99: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 07:36:49.35 ID:NTe3XkmR.net





100: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 07:37:26.30 ID:NTe3XkmR.net

販売機『売り切れでーす!』



104: 名無しで叶える物語(家) 2018/03/02(金) 08:01:12.06 ID:TWs9v14C.net

次の入荷はいつですか!?


105: 名無しで叶える物語(庭) 2018/03/02(金) 08:03:09.87 ID:8SCFcxFH.net

こんなに有能なやつ久々に見た
入荷はよ


108: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/03/02(金) 08:15:31.68 ID:qnfGvEG2.net

ようちか姉妹めっちゃよかった…


109: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/03/02(金) 08:55:36.19 ID:B1KPPTrx.net

|c||^.-^|| 次の機会があれば曜さん妹でお願いいたしますわ



113: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 13:24:08.51 ID:NTe3XkmR.net

自販機『補充しました!』

販売機『入力したキーワードをテーマにした短いSSが出てくるよ!』

販売機『キーワードは最大3つまで入力出来るよ!自由に入力してね!』

※先着5名まで、返品は受け付けません。



114: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/02(金) 13:26:12.26 ID:qwmF5+Qz.net

かなるびダイビング


115: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2018/03/02(金) 13:32:14.15 ID:NQ8xr+3y.net

ちかよし 催眠術


116: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/03/02(金) 13:38:50.09 ID:ZYE4A1fK.net

善子 ルビィ 二人で儀式


117: 名無しで叶える物語(庭) 2018/03/02(金) 13:39:43.81 ID:e9FHKBsG.net

ようまり 放課後の愛の営み


118: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/03/02(金) 13:51:52.89 ID:WlJLKd/+.net

まりりこ 梨子の家



120: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 13:57:05.56 ID:NTe3XkmR.net

>>114
題:ルビィ「うわぁ~お魚さんがいっぱいだぁ……」



121: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 13:59:54.59 ID:NTe3XkmR.net

~海中~


ルビィ「とっても……きれいです……」

果南「ぶくぶくぶく」(気に入った?)

ルビィ「はい!ルビィとっても気に入りました!」

果南「ぶくぶく」(それは良かった)

ルビィ「ずっとここにいたいなぁ……」

果南「ぶくぶくぶく」(はは、ダイヤが心配するよ)

ルビィ「えへへ、そうですね」


122: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:00:50.42 ID:NTe3XkmR.net

果南「ぶくぶくぶく」(じゃあ…私、そろそろ、息継ぎしにいくね)

ルビィ「あっ……はい、いってらっしゃい」

果南「ぶくぶく」(うん)

ルビィ「……」


ルビィ「不便だなぁ人間って」


123: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:06:00.72 ID:NTe3XkmR.net

ルビィ「ひとりになっちゃった……」

ルビィ「……」グー

ルビィ「……お腹すいてきちゃったなぁ」

ルビィ「……」

ルビィ「お魚さん…食べたいなぁ…」

ルビィ「でも、ルビィはノロマだから掴まえられないよね」

ルビィ「……ん?」

ルビィ「あっ…カニさんがいる…」

ルビィ「……あれなら…」


124: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:07:11.04 ID:NTe3XkmR.net

~~~


果南「ぶくぶく」(ただいま~)

ルビィ「あむあむ……」バリッ!ガリッ!

果南「ぶくぶくぶく」(ルビィ、なに食べてるの?)

ルビィ「…かにしゃんです」バリッ!バリバリッ!!

果南「ぶくぶくぶく」(殻ごと食べて痛くないの?)

ルビィ「だいじょうぶです……」モグモグ

果南「ぶくぶくぶく」(丈夫だね)

ルビィ「ぅゅ……」ゴックン


125: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:08:13.47 ID:NTe3XkmR.net

果南「ぶくぶくぶく」(美味しかった?)

ルビィ「はい、果南さんも食べますか?」

果南「ぶくっ」(いや、私は無理だよ口のなかボロボロになっちゃう)

ルビィ「そっか……」

果南「ぶくぶくぶくぶく」(うん)


126: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:11:36.57 ID:NTe3XkmR.net

ルビィ「なら、ルビィが口移ししてあげます……」

果南「ぶくぶくぶく」(えぇ?)

ルビィ「あむあむ…」バリッ!ガリッ…ガリッ!

果南「ぶくぶくぶく」(いや……遠慮しておくよ)

ルビィ「んっ!」ズイッ

果南「ぶくぶくぶく」(いや、いいって)

ルビィ「んっ!!」ズイッ!

果南「ぶくぶくぶく!」(あっちょっと……マスクとらないで)

ルビィ「んんっ!」グイッ

果南「ぶくぶく!」(ちょっと!洒落にならないって!)

ルビィ「んっ!」ヒョイ

果南「あっ!」


ゴボボボ……


127: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:14:46.18 ID:NTe3XkmR.net

~~~


果南「げほっ……ごほっ」

ルビィ「……」

果南「はぁ…はぁ…」

ルビィ「ごめんなさい……」

果南「うん、悪気はなかったんだしいいよ」

ルビィ「でも……」

果南「次からは気を付けてね」

ルビィ「…はい」

果南「私はさ……人間だから」

ルビィ「……はい」


128: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:17:54.78 ID:NTe3XkmR.net

ルビィ「……やっぱりルビィ達って一緒にいちゃダメなのかな」

果南「えぇ?」

ルビィ「ルビィ、果南さんに迷惑ばっかりかけてます……」

果南「あはは、かけてないよ」

ルビィ「かけてるもん……」

果南「かけてないって」

ルビィ「……」

果南「逆だよ……」

ルビィ「えっ?」


129: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:20:18.48 ID:NTe3XkmR.net

果南「私の方だ…迷惑かけてるのは」

ルビィ「そんなことっ……」

果南「私は弱い人間だから」

ルビィ「そんなことないもんっ」ギュッ!

果南「ルビィ……」

ルビィ「そんなこと…ないもん…」ギュッ…!

果南「ル、ルビィ……」ギリッ…

ルビィ「果南さんは凄い人だもん!ルビィの王子様なんだもん!」ギュッ…!!

果南「く、苦しっ……ルビ……」

ルビィ「果南さんは弱くなんてないもん!!」ギュウッ…!

果南「あ……あっ」ギリリリッ……

ルビィ「誰より強い人なんだからっ!」ギュッ!

果南「あっ……!」ポキッ…!


130: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:25:25.90 ID:NTe3XkmR.net

~~~

ルビィ「……ごめんなさい」

果南「あはは、いいっていいって」ボロッ…

ルビィ「……」シュン…

ルビィ……またやっちゃった……

嫌われたよね……こんなのいやだよね……

ルビィ「……」ウルウル

果南「……ルビィ…」


131: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:26:04.84 ID:NTe3XkmR.net

ルビィ「……」グスッ…

果南「ルビィ」ギュッ

ルビィ「……果南さん」

果南「私は弱い人間だ……だからルビィの愛も受け止めきれない」

ルビィ「……」

果南「ごめんね」

ルビィ「そんなこと……いわないで……」


132: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:27:47.26 ID:NTe3XkmR.net

果南「でもね、非力だけど私もルビィと同じくらい……」

果南「ルビィを愛してるんだ……」

ルビィ「果南さん……」

果南「かっこわるいけどさ……」

果南「受け止めきれなかったルビィの分も……」

果南「私がルビィを愛するから」

果南「だから……ずっと、一緒にいてくれないかな?」

果南「……私と」スッ

ルビィ「果南さん……」ウルッ

果南「どう?」


133: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:28:53.64 ID:NTe3XkmR.net

ルビィ「……はい!」

ルビィ「ずっと……ずっと……」

ルビィ「ずっと一緒です!」ギュッ!

果南「あはは、嬉しいなぁ……」ギリッ

ルビィ「一緒ですから!」ギュウッ…!

果南「ルビ……それ…やめ」ギリリリ

ルビィ「一緒ですからっ!!!」ギュッ!

果南「あぁ……」ギリリリッ!


ボキッ……!



134: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:29:43.22 ID:NTe3XkmR.net





135: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:46:53.25 ID:NTe3XkmR.net

>>115
題:善子「催眠術?そんなもんあるわけないでしょ」



136: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:47:55.90 ID:NTe3XkmR.net

千歌「善子ちゃんは信じない人?」

善子「とても信じられないわね」

千歌「ふーん、そっか……」

トン…トン…

善子「?」

千歌が一定のリズムで机を叩いてる。
なにかしら?

千歌「まぁ…そういう人の方が……」

トン…トン…

千歌「かかりやすいっていうけどね……」

トン…トン…

善子「?」

なにしてんのよ本当に……

ちょっと気味悪いわね。


137: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:50:40.26 ID:NTe3XkmR.net

千歌「じゃあ、試してみよっか……」

トン…トン…

千歌「善子ちゃんが…催眠にかかるかどうか……」

トン…トン…

善子「……?」フラッ

あれ……なんか目眩が……


千歌「試してみよっか」


トン…トン…トン…トン…


138: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:54:24.95 ID:NTe3XkmR.net

千歌「手に意識を集中してみて」


千歌の声が……頭の中に直接響いてるみたい。


千歌「1本1本に意識を集中させて、その後ゆっくり力を抜いて」


千歌の言う通りにしてしまう……


千歌「完全に抜ききったらね?ほら、もう善子ちゃんの手は……」

……あっ。

善子「ひらかない……」

千歌「……ね?」

うそ、なんで?


139: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:57:29.18 ID:NTe3XkmR.net

千歌「その調子で反対の手もやってみて」

反対も?

いやよ、気味悪い……

でも、言われた通りにしてしまう……

千歌「……こっちの手も開かなくなったね」

本当だ……こっちも開かない……

なんで?

自分の体なのにこんなの……

気持ち悪い。


140: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 14:59:31.91 ID:NTe3XkmR.net

千歌「次は腕全体を……その次は足の先から順に……」

善子「……」

千歌「力を抜いていく……」

善子「……あっ」

千歌「これで善子ちゃんは……」

善子「動けない……」

体がまったく動かない……


141: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 15:01:32.75 ID:NTe3XkmR.net

千歌「その状態で深呼吸して……」

善子「……」スー……

千歌「息を完全に吐ききると……」

千歌「善子ちゃんの体は石のように重く固くなる」

千歌「そして善子ちゃんの意識だけは、はっきりとします」

善子「……」ハー……

吐ききった……

すると……さっきまでふわふわしてた意識がはっきりとして、視界も晴れる。

善子「……」

でも、体が……

善子「んっ!……んっ!」

全く動かない……


142: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 15:14:04.21 ID:NTe3XkmR.net

千歌「えへへ……これで善子ちゃんは」

千歌「千歌から逃げられないね」

善子「ち、千歌?」

千歌「今から、善子ちゃんを抱き締めても……」

千歌「キスしようとしても……」

千歌「その先をしようとしても……」

千歌「善子ちゃんは逃げられない……」


143: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 15:14:45.84 ID:NTe3XkmR.net

善子「千歌……なに言って……」

千歌「善子ちゃんが悪いんだよ?」

千歌「善子ちゃんが千歌を誘惑するから……」

善子「はぁ?そんなのしてなっ──!」

千歌の手が、私のお腹に触れる。

それだけなのに声が出せない……

声が出せないほどの……


144: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 15:15:38.55 ID:NTe3XkmR.net

千歌「気持ち良い?」スー…

善子「っ!」

お腹を撫でられただけ凄い快感が、体に走る。

なんなのこれ……

千歌「これも催眠の一種だよ」

千歌「まぁ言葉で暗示してないから、かからないと思ってたんだけど」

千歌「善子ちゃんってかかりやすい体質なんだね」

千歌「才能あるんじゃない?」

善子「……っ!才能ですって?」

千歌「そう……」

千歌「催眠術にかけられて……」

千歌「犯される才能」ボソッ

善子「っ!!」


145: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 15:16:35.20 ID:NTe3XkmR.net

耳元で千歌が囁くと、頭の中に電気が走ったみたいになる……

これも催眠なの?

千歌「あはは、これもかかってるんだ」

千歌「じゃあ、あれもかかってるのかな」

千歌「キスだけでいっちゃう催眠」

千歌「胸を触られただけでいっちゃう催眠」

千歌「脇をくすぐられただけでいっちゃう催眠」

善子「なによそれ……」


146: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 15:17:16.39 ID:NTe3XkmR.net

千歌「もし、かかってるなら大変だね」

千歌「善子ちゃん……気持ち良すぎて死んじゃうかも?」

善子「ひっ……」

千歌の手が私の胸に…伸びてくる…

善子「や、やめて!千歌!」

千歌「えへへ……今日はたくさん」

善子「お願いやめて!千歌!」

千歌「たくさん楽しもうね?」


千歌「善子ちゃん♪」ギュッ



147: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 15:17:53.99 ID:NTe3XkmR.net





148: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 15:53:51.91 ID:NTe3XkmR.net

>>116
題:善子「二人の儀式」



149: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 15:54:23.78 ID:NTe3XkmR.net

この行為に意味なんてあるのかしら?

ルビィ「えへへ……善子ちゃん♪」

ただのお遊びなのはわかってる。
だってこの世界には魔法なんてないんだもん。

とっても退屈な世界だから。


150: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 15:57:45.77 ID:NTe3XkmR.net

ルビィ「ほら……」

ルビィがちぎった花びらを抱えて、私の頭の上でばらまく。

それだけで世界はまるで花に飲み込まれたみたいに、私の視野に広がった。

ルビィ「えへへ……」

儀式が成功して……

世界が今、一変したのなら。

ルビィ、貴方は花の妖精ね。


152: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 16:02:47.72 ID:NTe3XkmR.net

ルビィ「善子ちゃん?」

かわいい花の妖精……

貴方はコスモスかしら……

それとも白百合かしら……


153: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 16:03:23.45 ID:NTe3XkmR.net

ルビィ「善子ちゃん」スッ

ふふ、くすぐったい。

……ルビィが今ね?

私の顔についた花びらをとってくれたのよ。

あの柔い細い…可憐な指で……

ルビィ「とれたよ」

ルビィの指が私の顔から離れる。
残念ね……あの柔らかい指でもっと触れて欲しかったのに。


154: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 16:05:45.54 ID:NTe3XkmR.net

ルビィ「善子ちゃん♪」

また花びらを抱えて空にばらまく。

それを繰り返す度に、
綺麗な可憐な花びらは、風にさらわれて、
その数は確実に減っていく。

いつか全ての花びらがさらわれて、
ここには1枚もなくなってしまうんでしょうね。

それは儚い……

でも……


155: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 16:06:52.68 ID:NTe3XkmR.net

ルビィ「えへへ♪」

この花びらが尽きるまで……

ルビィといられるなら……

この花びらが尽きるまで……

確実にこの子といられるなら。

その事実はとても素敵な事よね。


156: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 16:08:19.67 ID:NTe3XkmR.net

ルビィ「善子ちゃん……」

また繰り返す……

この世界に花びらが舞う。

ルビィ「善子ちゃん」ギュッ

ふふ、ルビィが抱きついてきた……

柔らかくて温かい。

私のルビィ……

ルビィ「綺麗だね」

えぇ……とても綺麗だわ……

花の舞う世界が……

貴方といる世界が……


157: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 16:09:17.27 ID:NTe3XkmR.net

ルビィ「ルビィ達、ここではない世界にたどり着いたかな?」

たぶん、世界は変わってない。

この世界は花びらが尽きるまでの幻想だから。

すぐに、現実に戻るでしょうね。

ルビィ「今だけを……捕まえられたらいいのになぁ」

今だけを?

ルビィ「今、この瞬間を切り取って、その中で善子ちゃんと二人だけで生きていきたいなぁ」

それって凄く素敵ね。

ルビィと二人だけで私も生きていきたい……

ルビィ「…………」

この子だけを見つめて生きていきたい……


158: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 16:12:49.32 ID:NTe3XkmR.net

ルビィ「…………」

他には何も……いらないから……

ルビィ「ねぇ?善子ちゃん……」

……なに?

ルビィ「卒業したら二人でどこか遠くに行かない?」

遠くに?

ルビィ「誰にも邪魔されない……ルビィ達だけの世界を探そうよ」

私達だけの世界……

ルビィ「そこでこんな風に毎日過ごしたいな」

そんなの、まるで夢みたいね……

でも、もし叶ったのなら、
私の人生で一番幸せな時よ……


159: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 16:14:46.50 ID:NTe3XkmR.net

ルビィ「二人で幸せになろう?」

ルビィ……

ルビィ「二人だけで……」

良いの?私だけで?

ルビィ「うん」

……嬉しい。

ルビィ「えへへ」

ルビィ……

ルビィ「なに?」

ずっと一緒にいましょうね?


ルビィ「うん……!」



160: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 16:15:50.71 ID:NTe3XkmR.net





317: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 17:05:13.12 ID:NTe3XkmR.net

>>117
題:鞠莉「うそつき」



319: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 17:05:41.98 ID:NTe3XkmR.net

~理事長~


曜「鞠莉ちゃん……」

鞠莉「曜、今日も来たの?」

曜「ダメだった?」

鞠莉「別に私はいいけど……」

曜「なら……」

鞠莉「でも、貴方にはもう恋人がいるんだから、こういう事は控えるべきだわ」

曜「……ごめん」

鞠莉「謝らないでよ」

曜「でも、鞠莉ちゃんじゃないとダメなの……」

鞠莉「……」

曜「こんな事に付き合わせて…ごめんね…」

鞠莉「別にいいって言ってるでしょ?」

曜「……でも」

鞠莉「ほら?おいで」

曜「……えっ?」

鞠莉「抱き締めて欲しいんでしょ?」

曜「うん……」

鞠莉「ほら」


322: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 17:06:09.42 ID:NTe3XkmR.net

曜「……」スッ

鞠莉「……」ギュッ

曜「えへへ……ありがとう、鞠莉ちゃん……」

鞠莉「どういたしまして」

鞠莉「他には何して欲しい?」

曜「頭撫でて……」

鞠莉「……わかったわ」


326: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 17:06:37.08 ID:NTe3XkmR.net

曜「……」

鞠莉「よしよし」ナデナデ

曜「……ありがとう」

鞠莉「……」ナデナデ

曜「好きって言って……」

鞠莉「好きよ…曜……」

曜「私も……」

鞠莉「……」


うそつき。


329: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 17:07:04.98 ID:NTe3XkmR.net

曜「ほっぺに触れて……」

鞠莉「曜……」サワッ…

曜「えへへ……」

曜「髪を撫でて」

鞠莉「……」サラ…サラ…

曜「もっと……」

鞠莉「……」サラ…サラ…

曜「好きって言って……」

鞠莉「好きよ」

曜「私も……」

鞠莉「……」


うそつき。


333: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 17:07:32.70 ID:NTe3XkmR.net

曜「ねぇ……」

鞠莉「……」

曜「キスして……」

鞠莉「……えぇ」


チュッ…


曜「……」

鞠莉「……」

曜「好きだよ鞠莉ちゃん」

鞠莉「……」


うそつき。


曜「鞠莉ちゃん……」

うそつき。

曜「鞠莉ちゃん……」

うそつき。

曜「……して?」


337: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 17:08:26.99 ID:NTe3XkmR.net

~~~

曜「ごめんね鞠莉ちゃん」

鞠莉「別にいいって言ったでしょ」

曜「でも……」

鞠莉「早く恋人の所に行きなさい」

曜「……」

鞠莉「早く」

曜「……うん」

鞠莉「……」

曜「……またね」

鞠莉「えぇ」

……こんな役回りばっかり。

辛いなぁ……

私の人生って……

鞠莉「本当にね……」



341: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/02(金) 17:08:55.20 ID:NTe3XkmR.net





482 名無しで叶える物語(あゆ) sage 2018/03/02(金) 17:37:45.83 ID:NTe3XkmR
>>118
鞠莉「よいっしょっと……ここが梨子の家ね!」

2: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 02:49:41.95 ID:n7XS3Sd3.net

鞠莉「梨子!遊びに来たわよ!」

梨子「ま、鞠莉さん……」

鞠莉「さぁさぁ!早く上がらせて」

梨子「えぇっと……」

鞠莉「あぁ!おかまいなく?急に来たんだから気を使わないでいいわよ?」

梨子「あの……」

鞠莉「でもコーヒくらいは出して欲しいかな」

梨子「その……」


3: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 02:50:11.42 ID:n7XS3Sd3.net

鞠莉「そうだ!トランプ持ってきたからこれで早速、遊びましょうか?」

梨子「えっと」

鞠莉「ババ抜きでもやる?二人しかいないけど!あはははは!」

梨子「……」

鞠莉「あなた変顔とかしないでよ?マリーそういうの弱いんだから」

梨子「……しません」

鞠莉「そう?なら安心してババ抜きを」

梨子「ババ抜きもしません……!」


4: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 02:50:47.31 ID:n7XS3Sd3.net

鞠莉「えぇ?」

梨子「今日は遊べないんです……」

鞠莉「なんでよ!」

梨子「表見てください……」

鞠莉「見たわよ、見てないとこれないでしょ?ここに」


5: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 02:51:16.84 ID:n7XS3Sd3.net

梨子「あれがなにかわからないんですか?」

鞠莉「さぁ?なにかあったっけ?」

梨子「あります、それにやってます」

鞠莉「ん~?」

梨子「今日……うち……」

鞠莉「うん?」

梨子「お葬式ですよ……」


6: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 02:51:46.66 ID:n7XS3Sd3.net

鞠莉「へぇー!」

梨子「……」

鞠莉「でも梨子?あなた引っ越してきた子でしょ?」

梨子「……」

鞠莉「そんな所で葬式なんて開くかしら?ちょっと怪しいわよ」

梨子「……」

鞠莉「マリーね?そういうウソすぐ気付いちゃうんだから」

梨子「鞠莉さん、ここ私の家じゃないです」

鞠莉「へっ?」

梨子「親戚の家ですよ」


7: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 02:52:19.22 ID:n7XS3Sd3.net

鞠莉「そうなの?」

梨子「隣に旅館ありますか?」

鞠莉「ないわよ?」

梨子「そういうことです」

鞠莉「?」

梨子「鞠莉さんは私の家じゃなくて親戚の家まで来てるんですよ」

鞠莉「そうなの?なんで?」

梨子「こっちが聞きたいんですけど……」


9: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 02:52:55.95 ID:n7XS3Sd3.net

梨子「そもそもなんで私がここにいるって……」

鞠莉「そりゃ貴方の体にGPSを埋め込んでるからよ」

梨子「……」

鞠莉「あっ!貴方だけじゃなくて他のメンバーにも埋めこんでるわよ?だから勘違いしないでね」

梨子「……なんでそんなもの埋め込んでるんですか」

鞠莉「マリー貴方の家知らないからね。こうしないと遊びにいけないじゃない」

梨子「普通に私に聞けばいいだけじゃ……」

鞠莉「恥ずかしいじゃない」

梨子「……」


10: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 02:53:34.57 ID:n7XS3Sd3.net

 
ヒソヒソ……ヒソヒソ……


梨子「あぁ……」ワナワナ…

梨子(親戚の人達が見てる……どうしよう悪目立ちしちゃってるよ……)

梨子(このままじゃ親戚から鼻つまみものとして扱われる)

梨子(桜内家の恥だって言われちゃうよ…)


11: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 02:54:09.35 ID:n7XS3Sd3.net

梨子「とにかく帰ってください」

鞠莉「えぇ?イヤよ、せっかく来たのに」

梨子「お願いですから」

鞠莉「梨子……マリーの事キライなの?」

梨子「そ、そうじゃないです……」

鞠莉「なら?」

梨子「……す…好き…ですけど…」

鞠莉「本当?」

梨子「……はい」


12: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 02:54:38.38 ID:n7XS3Sd3.net

鞠莉「なら、これから遊びましょう!」

梨子「えぇっと……」

鞠莉「何して遊ぶ?人生ゲームでもしようか?」

梨子「あの……」

鞠莉「って、人生終わった人がいるのにこれは不謹慎か!あはははは!」

梨子「……」ドン引き


13: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 02:55:32.35 ID:n7XS3Sd3.net

鞠莉「その前にね?マリーお腹すいちゃったの」

梨子「……そうですか」

鞠莉「ご飯にしない?ここで」

梨子「……ここで?」

鞠莉「今日、お葬式だしバーベキューでもどう?」

梨子「……」

鞠莉「丁度、よく燃える物もあるみたいだしね!なーんちゃって」

梨子「もう帰ってください!」



14: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 02:56:01.75 ID:n7XS3Sd3.net





16: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 02:58:40.21 ID:n7XS3Sd3.net

販売機『入力したキーワードをテーマにした短いSSが出てくる販売機だよ!』

販売機『これがラストオーダー!』

販売機『キーワードは最大3つまで入力出来るよ!自由に入力してね!』

※先着5名まで、返品は受け付けません。



17: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/03/03(土) 02:59:58.88 ID:oXLJZxOz.net

よしりこ 家出


18: 名無しで叶える物語(庭) 2018/03/03(土) 03:00:15.80 ID:/6cp0++h.net

えりあり
雛祭り


19: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/03/03(土) 03:01:05.00 ID:JBygNqOp.net

ようよし 卒業


20: 名無しで叶える物語(庭) 2018/03/03(土) 03:01:32.84 ID:7KPFsgpY.net

しいたけわたあめ
子供が増えすぎたワン


21: 名無しで叶える物語(家) 2018/03/03(土) 03:02:51.73 ID:5K9taTyT.net

ようかな お泊り



22: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:15:43.49 ID:n7XS3Sd3.net

>>17
善子「んっしょっと……ここがリリーの家ね」



23: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:16:31.38 ID:n7XS3Sd3.net

梨子「……家出してきちゃったの?」

善子「そうよ」

梨子「親御さんと喧嘩でもしちゃった?」

善子「まぁそんなところね」

梨子「それで…ここに来たんだ…」

善子「そういうこと」


24: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:17:21.69 ID:n7XS3Sd3.net

梨子「……」

善子「なによ?迷惑だった?」

梨子「いや、迷惑っていうか」

善子「?」

梨子「…………なんで」


25: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:17:50.92 ID:n7XS3Sd3.net

 
梨子「……なんで、ここがわかったの?」


鞠莉『あはははは!あはははは!!』


梨子「善子ちゃんまで……」


26: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:19:38.75 ID:n7XS3Sd3.net

善子「私達はユニットなのよ?お互いがどこにいるかなんて心でわかるわ」ピッ…ピッ…

梨子「その手に持ってるのなに……?」

善子「とにかく、いく宛もないからお邪魔させてもらうわね」スッ

梨子「あぁ……本当にお邪魔なんだけど……」


27: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:21:15.93 ID:n7XS3Sd3.net

ヒソヒソ……

『なに?あの子達』

『こんなときにお友達呼ぶなんて』

『どういう教育してるのかしらね』

梨子「あぁ……」ワナ…ワナ…

梨子(どうしよう……悪目立ちしちゃってる)

梨子(完全に恥さらしだ……)

梨子(ごめんなさい……お父さん…あ母さん…)


28: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:23:45.04 ID:n7XS3Sd3.net

梨子「……うぅ」ウルウル

善子「どうしたのよ」

梨子「……」グスン

善子「わかった、また被害妄想でしょ?」

梨子「……」

善子「リリーの悪い癖よ?世の中ね、そんなに貴方の事なんて見てないんだから」

善子「気にせず好きに生きましょうよ」


29: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:26:01.51 ID:n7XS3Sd3.net

善子「せっかくだし何かして遊びましょうか?」

梨子「……」

善子「なんか、しみったれた空気漂ってるし」

梨子「お葬式だからね……」

善子「そうだ!最近ね、新しい本を手に入れたの」

梨子「……本?」


30: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:33:34.98 ID:n7XS3Sd3.net

~~~


梨子「……」

善子「マリー!そこ陣が違う」

鞠莉「えぇ?どこどこ」

善子「そこよそこよ」

鞠莉「どこよどこ?」

梨子「……」


31: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:35:41.25 ID:n7XS3Sd3.net

善子「あとは対象になる人物を中心に置くだけね」

鞠莉「ヒューマン?」

善子「そう、でも何がおきるかまでは解読してないから」

鞠莉「やってみてのお楽しみ?」

善子「そういうこと」

梨子「……」


32: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:40:07.22 ID:n7XS3Sd3.net

鞠莉「誰が中心に行くの?」

善子「う~ん、危険かもしれないからね……」

鞠莉「丁度良いのが向こうにあるけど?」

善子「ん?」

鞠莉「あれよ、あーれ」

善子「あぁ……死体ね」

梨子「っ!」

善子「いい案ね」

鞠莉「でっしょー?」 

梨子「ちょっと待って……二人とも……」

善子「早速、運びだすわよ」

鞠莉「オッケー!」

梨子「あぁ……」ワナワナワナ…


33: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:45:17.67 ID:n7XS3Sd3.net

~~~

キャー!キャー!

ナンナノアノコタチ…!

ナニヤッテルンダッ!

梨子「あわわわわっ……」アタフタ

善子「よし、あとは火を着けるだけよ」

鞠莉「マリーがやりたい!マリーがやりたい!」

善子「いいわよ」

梨子(もう終わった……私の人生……)

鞠莉「やったー♪」

梨子(ごめんなさい…お母さん…お父さん…)

鞠莉「よーし、ファイヤー!」

梨子(本当に……ごめんなさい……)


34: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:45:55.31 ID:n7XS3Sd3.net

 
   
パアァッ!
   
  


38: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 04:03:49.38 ID:n7XS3Sd3.net

梨子「!!」

梨子(ひ、光り?)

善子「こ、これは」

鞠莉「なにこれ!」

梨子(凄い神秘的な光り……いったいこれは……)

善子「あっ……あれ!」

鞠莉「あれは人影?」

梨子(あれって……)

梨子「お、おじさん……」

梨子(嘘……生き返ったの……?)


35: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:51:20.80 ID:n7XS3Sd3.net

キャー!

タダテル!イキトッタンカッ!

キリストノサイリンダァ!

梨子「おじさん!」ダッ

鞠莉「oh!これって……」

善子「……死者蘇生ね」

鞠莉「凄いじゃない、歴史的発見よ?」

善子「そうね」

鞠莉「……あら、嬉しくないの?」

善子「ん?嬉しいわよ」

善子「でも……」

善子「一番、嬉しいのはリリーの笑顔が見れた事かしら」

梨子「おじさん!よかったぁ!」

キャー!タダテルゥッ!

ヨカッタナァ!ヨカッタナァ…!



36: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 03:51:50.82 ID:n7XS3Sd3.net





41: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 04:20:46.11 ID:n7XS3Sd3.net

>>18
亜里沙「お姉ちゃんの役に立ちたい!」



42: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 04:29:02.29 ID:n7XS3Sd3.net

絵里「……」

私はロシアンマフィアの幹部、エリーよ。

今は日本支部の代表を任されてるわ。

それもこれも私自信の能力と……

亜里沙「お姉ちゃん!」

この子のおかげよね。

絵里「亜里沙、後片付けお願いしていい?」


43: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 04:30:57.75 ID:n7XS3Sd3.net

亜里沙「うん!もちろん!」

そう言うと亜里沙は、お得意の超能力で『後片付け』をしていく。

自分の妹を汚れ仕事に使うなんて最低よね。
でも、生きるためには仕方ないのよ。

亜里沙「終わったよ」ニコッ

絵里「ふふ、ありがとう」ナデナデ

亜里沙「えへへ」

絵里「仕事も終わったし買い物にでも出掛けましょうか」

亜里沙「うん!」


44: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 04:34:26.94 ID:n7XS3Sd3.net

~スーパー~

亜里沙「あれなぁに?」

絵里「あれは雛あられね」

亜里沙「美味しそう……」

絵里「食べたことないんだっけ」

亜里沙「うん、最近こっちに来たから日本の事わかんない」

絵里「そうね、じゃあ買ってあげる」

亜里沙「わーい」


45: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 04:37:04.49 ID:n7XS3Sd3.net

~フードコート~

亜里沙「……」モグモグ

絵里「ふふ」

亜里沙「お姉ちゃん!これ凄い!ハラッセオ!」

絵里「そう」

亜里沙「うん!」

平和ね……こんな日常がずっと続けばいいのに。


キャー!!


絵里「……」

まぁ、そうもいかないみたいだけど。


46: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 04:40:31.07 ID:n7XS3Sd3.net

『いたぞ!ロシアンマフィア幹部エリーだ!』

絵里「……亜里沙」

亜里沙「うん」モグモグ

絵里「皆殺しにするわよ」ガチャ

亜里沙「オッケー」モグモグ

そういうと亜里沙は口に含んだ雛あられを吹き出した、
それは弾丸のように襲撃者達を蹴散らしていく。

『うわぁっ!バケモノ!』

酷いこと言うわね、私の可愛い妹に……

亜里沙「えいっ」シュッ

『ぎゃあぁぁっ!!』

まぁ、一理あるけど。


47: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 04:42:13.88 ID:n7XS3Sd3.net

絵里「ふん」バンッ!

私も負けてられないわ。

相手は良心的なタイプのヤクザだったから、一般人を盾にして銃撃を浴びせる。

『この野郎!卑怯だぞ』

絵里「ここは戦場よ?」バンッ!

『ぐあっ!』

絵里「卑怯もなにもないわ」


48: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 04:43:17.92 ID:n7XS3Sd3.net

~~~


亜里沙「真っ赤だね」

絵里「そうね」

さっきまで白かったフードコートは真っ赤に染め上がってる。


イタイ…イタイヨ…

タッタスケテ……


亜里沙「きれい……」

絵里「そうね」


タッタスケテクレ……


49: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 04:44:50.78 ID:n7XS3Sd3.net

亜里沙「……」モグモグ

絵里「雛あられ……少し貰っていい?」

亜里沙「いいよ」

絵里「ありがとう」

亜里沙「うん」


ア……アァ……タスケ…


絵里「……」パクッ

雛あられ……久々に食べる。

名前のせいかしら、見た目のせいかしら?
甘そうに見えて、そんなに甘くないのよね。

それが美味しいんだけど。


51: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 04:46:00.11 ID:n7XS3Sd3.net

亜里沙「えへへ」

絵里「どうしたの?」

亜里沙「嬉しいんだぁ……」

何がかしら?

亜里沙「お姉ちゃんと一緒にね?」

亜里沙「同じ事をして……」

亜里沙「同じ物を見て……」

亜里沙「同じ物を食べてるのが……」

亜里沙「とっても嬉しいの」

絵里「そう」


52: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 04:47:19.36 ID:n7XS3Sd3.net

亜里沙「お姉ちゃんは嬉しくない?」

絵里「いいえ、嬉しいわ」

亜里沙「本当?」

絵里「えぇ」

亜里沙「えへへ」ギュ……

絵里「あら」

亜里沙「お姉ちゃんが嬉しいのが……嬉しいな♪」

絵里「ふふ、亜里沙」ナデナデ

亜里沙「大好きだよお姉ちゃん!」


クルシイ……タスケテ……



53: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 04:47:47.92 ID:n7XS3Sd3.net





55: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 04:54:29.05 ID:n7XS3Sd3.net

>>19
善子「私達三年生」



56: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 05:01:15.28 ID:n7XS3Sd3.net

曜「もうすぐ卒業かぁ~」

善子「そうね」

曜「あっという間だったね」

善子「えぇ」

曜「最初に会ったとき覚えてる?」

善子「……」

曜「善子ちゃんのあの変な自己紹介」

善子「やめて」

曜「面白かったなぁ~あれ」

善子「やめて」


57: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 05:03:17.54 ID:n7XS3Sd3.net

曜「まさか、あの時は……善子ちゃんとこんなに仲良しになれるなんて思ってなかったよ」

善子「ヨハネもよ」

曜「…………ねぇ」

善子「なに?」

曜「大学に行ってもそれやるの?」

善子「なによ?」

曜「……善子ちゃん」

善子「ヨハネよ!」

曜「それだよ」

善子「……」


58: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 05:07:30.42 ID:n7XS3Sd3.net

曜「別に私はいいんだけどさ、知らない人にもやるじゃん?」

善子「やらないわよ」

『あっあの!』

曜「ん?」

『これ受け取ってください!』

善子「へっ?私?」

『はい!』

曜(手紙だ、きっとラブレターだね)


59: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 05:08:05.69 ID:n7XS3Sd3.net

善子「う、うん」

『ありがとうございます!私ずっとファンでした!』

善子「あ、ありがとう」

『本当にずっとずっとファンで』

善子「そうなの?」テレ…

『大好きなんです!善子さんの事!』

善子「ヨハネよっ!!」

『!!』ビクッ

曜「ほら、それだよ」

善子「……」


60: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 05:14:15.97 ID:n7XS3Sd3.net

善子「ごめんなさい驚かして」

『いえっ!いいんです!むしろ光栄です!』

善子「ごめんね……」

『気にしないでください!何とも思ってませんから!』

善子「……」

曜「……私もね?何とも思ってないんだけどさ」

善子「……」

曜「でもね、そんなんじゃ大学デビューも失敗しちゃうよ」

善子「余計なお世話よ……」

曜「心配なんだよ善子ちゃんが」

『私も心配です』

善子「……」


61: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 05:17:04.40 ID:n7XS3Sd3.net

曜「特に大学なんて1回行くのやめたら、ずっと行かない人も多いみたいだし」

『大学は全部自分で決めますからね』

曜「そうそう、時間割りとかね」

善子「……」

曜「個人の自主性を試される場だから心配なんだよ」

『善子さんって自主性に欠けますもんね』

善子「……」

曜「そうそう、言わないとやらないっていうか」

『自分で決められない人ですもんね!』

善子「あんた誰よ!」


62: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 05:20:23.37 ID:n7XS3Sd3.net

曜「へっ?曜だけど」

善子「あんたじゃない」

『流される体質っていうか、自分がありそうで、全然ないんですよね』

善子「あんたに言ってんのあんたに」

曜「私?」

善子「違う!」

『堕天使キャラもそれを隠すためにやってるのがバレバレですもん』

善子「あんたよ!」

曜「へ?」

善子「違うっていってるでしょ!」

『でも、そういうところが好きなんですけどね』

曜「ヒューー!」

善子「やめて」


63: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 05:23:35.64 ID:n7XS3Sd3.net

『ずっと好きでした……』

善子「……」

『卒業しても元気でいてくださいね』

善子「う、うん……」

『それじゃっ』バッ!

善子「あっ……」

曜(行っちゃった……顔真っ赤だったね)

善子「……」プシュー

曜(こっちもだけど)


64: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 05:26:11.47 ID:n7XS3Sd3.net

善子「……」

曜「まぁ、ああいう子もいるし」

善子「?」

曜「そのままでいいのかもね善子ちゃんは」

善子「……」

曜「私もそっちの方が好きだし」

善子「……ふん、なによそれ」

曜「私の時はあんま照れてくれないんだぁ~?」

善子「言われなれてるからね、そんなの」

曜「あはは、そうだね」


65: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 05:27:09.32 ID:n7XS3Sd3.net

曜「ねぇ」

善子「なによ?」

曜「これからも変わらない……」

善子「……」

曜「私達でいようね」

善子「……えぇ」

曜「えへへ」

善子「…ふん」



66: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 05:27:37.81 ID:n7XS3Sd3.net





67: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 05:51:29.88 ID:n7XS3Sd3.net

>>20
しいたけ(命とは……)



68: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 05:53:46.66 ID:n7XS3Sd3.net

しいたけ「……」

キャンッ

キャンッキャンッ!

命という物は不思議なものだ……

あれが私の体から出てきて、あんなに大きく育ち……

わたあめ「わうっ!わうっ!」

キャンッキャンッ!

あんなに元気に遊びまわっている。


69: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 05:56:30.30 ID:n7XS3Sd3.net

実に不思議だ命とは……

キャンッキャンッ!

わたあめ「わぅー!」

たしか最初、生まれ落ちた時は……

しいたけ「……」チラッ

あそこに転がってるミカンくらいの大きさだったかな。

あれがあんなにも……

キャンッ!キャンッ!

わたあめ「わうっ!」

あんなにも大きく育つとは、本当に命とは不思議なものだ。


70: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:00:40.77 ID:n7XS3Sd3.net

千歌「あはは、今日もチビすけ達は、わたちゃんに遊んで貰ってるんだね」

しいたけ「……」

千歌……

そういえば、この子もそうだ。

最初に会ったときは、あんなに小さかったのに……

体の大きさは1回私が追い越した。

千歌が私の上に乗って走り回ったりもした。

それなのに今じゃ……

千歌「よしよし」ナデナデ

しいたけ「……」


71: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:03:43.77 ID:n7XS3Sd3.net

千歌がチビすけ達と呼んだ子供達。
あの子達もすっかり大きくなって私を追い越した。

千歌「あはは、わたちゃんがんばれー」

わたあめ「わうっ!わうっ!」

キャンッキャンッキャンッ!


72: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:04:14.93 ID:n7XS3Sd3.net

追い越されてばかりで、
なんだか世界に取り残されてる気がする。

時が私だけを置いてるみたいだ……

キャンッキャンッ……バウッ!

わたあめ「ぎゃんっ!」バタッ!

千歌「わたちゃん!ファイトだよ!」


なんだか……


しいたけ「……」クゥーン


寂しいな……


ウッー……ワン!…ワンワンッ!

わたあめ「グルルルッ!」

千歌「いっけぇ!わたあめ!」


73: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:06:44.51 ID:n7XS3Sd3.net

なんで皆、先へ行ってしまうのだろう。

なんで、私だけを置き去りにするんだろう。

しいたけ「……」

なんでかなんてわかってる。

命は無限じゃないからだ。

ずっと生きていくことは出来ないからだ。

わたあめ「バウッ!」ガブッ!

キャンッ!

千歌「さっすが、わたちゃんだね!」


74: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:08:08.91 ID:n7XS3Sd3.net

しいたけ「……」

だから、命は繋いでいかないといけない。

そう、置いてけぼりにされてるんじゃないんだ……

託したんだ……私は……

わたあめ「わん」

クゥーン…

千歌「あはは」


75: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:09:21.62 ID:n7XS3Sd3.net

託したんだ……

この先の未来に……

自分が辿り着けない世界に……

その世界を輝かせるために……

託したんだ……

ワン!

わたあめ「わん」

千歌「ふふ♪」

新しい命を……

しいたけ「……わう」

私は託したんだ。



76: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:09:49.08 ID:n7XS3Sd3.net





77: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:17:54.20 ID:n7XS3Sd3.net

>>21
果南「久しぶりだね、こういうの」



78: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:25:06.90 ID:n7XS3Sd3.net

曜「えっ?」

果南「なんか、久しぶりだなって思って」

曜「……たしかにそうだね」

果南ちゃんが高校入った辺りから、
あんまりこんな風に二人っきりで遊んだりしてないや。

いつも千歌ちゃんとか他の子がいるから。


80: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:36:04.66 ID:n7XS3Sd3.net

果南「ちょっと照れちゃうなぁ~」

曜「えぇ、なんで?」

果南「ん~?それはね?」

曜「?」

果南「私の部屋で曜と……」スッ

曜「っ!」

果南「二人っきりだから……」

顔……近いよ……

曜「……はは、そうなんだ」ドキドキ…

果南「うん……」


81: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:50:34.55 ID:n7XS3Sd3.net

曜「あはは……」ドキドキ…

凄いドキドキしてる……

果南「曜の事好きだからね」

曜「も、もう!冗談ばっかり……」

果南「そう思う?」

曜「……」

果南「そう思うんだ?」

曜「……ちがうの?」

果南「……どうだろう?」

曜「……」

……なにそれ。


82: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:52:02.22 ID:n7XS3Sd3.net

果南「ふふ」

もう……!

果南「……怒ってる?」

曜「別に……怒ってないよ」

果南「そう?」クスッ

曜「……」

なに考えてるんだろう、果南ちゃん。


83: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:53:26.00 ID:n7XS3Sd3.net

果南「……」ジー

曜「……うぅ」ドキドキ…!

私を、からかってるのかな……

果南「……ふふ」クスッ

曜「……っ」ドキッ

もう……

果南ちゃんはこんなことばっかりする……

私も気も知らない───

果南「──でって思ってる?」

曜「……」

えっ?


84: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:54:28.92 ID:n7XS3Sd3.net

果南「私の気も知らないでって思ってる?」

曜「……な、なんで」

果南「知ってるよ?曜の気持ち」

曜「……」ドキドキ…

果南「私を好きなのも……全部知ってる」クスッ

曜「……そ、そんな訳」

果南「曜……」ギュッ!

曜「っ!」

は、ハグされた……


85: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:55:33.89 ID:n7XS3Sd3.net

果南「私、わかるんだよね」

果南「抱き締めたら、ハグしてあげたら」

果南「その子がどう感じてるのか、どう思ってるのか」

果南「その子の反応でわかっちゃうんだ」ギュッ!

曜「あっ……」ドキッ…

果南「曜が今、考えてる事もね……」

曜「……」ドキ…ドキ…


86: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:56:23.49 ID:n7XS3Sd3.net

 

そんなの嘘だ……


わかりっこないよ。


私がどうして欲しいのかなんて……

 


87: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:57:26.66 ID:n7XS3Sd3.net

果南「ふふ」バサッ

曜「っ!」

果南「えっちだね……曜って」

曜「か、果南ちゃん?」ドキドキ…

嘘……

果南「曜の願い……叶えてあげる……」スッ

曜「あっ!」ビクッ!


88: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:58:18.84 ID:n7XS3Sd3.net

本当にわかるの?

私の気持ちが……

果南「わかるよ?」グッ

曜「ひゃっ」ビクッ

果南「ふふ、なんでもね?」

曜「果南ちゃん……」ドキドキ

果南「曜……」

 

 

果南「好きだよ」ボソッ



89: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/03(土) 06:58:51.06 ID:n7XS3Sd3.net





91: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/03/03(土) 07:00:32.14 ID:i6f1kW2N.net






元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1519922949/