1: 名無しで叶える物語(家) (3段) (ワッチョイ db2f-l38M) 2018/04/09(月) 10:34:35.35 ID:5GeUuuXT0.net


よしルビ。



2: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:36:14.43 ID:5GeUuuXT0.net

善子「さぁルビィ、今日もやるわよ」

ルビィ「うん…///」

シュルシュル ペロン

善子「……」

善子「もうすっかり抵抗無くなったわね」

ルビィ「今だって恥ずかしいよ」

ルビィ「でも、おっきくなりたいし」

ルビィ「よっちゃんになら見られても触られても平気だもん」

善子「……あっそ」

ルビィ「よっちゃんも出して」


ルビィ「―――おっぱい」


善子「……ん」

シュルシュル プチッ ズリ…

よしルビ「……///」

善子「始めましょうか」

ルビィ「うん……っ!///」


善子「(ルビィとこんなことをし始めちゃったのは、少し前から―――)」


3: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:37:49.48 ID:5GeUuuXT0.net

~~~~~~

ルビィ「よっちゃん。今回取った皆の新しいスリーサイズまとめたよ」

善子「お疲れ。どう?ヨハネ達に変化あった?」

ルビィ「……」

ルビィ「無いです」

善子「ぐぅ……!」

ルビィ「色々試したけどダメだねぇ」

善子「諦めてはいけないわ。きっとヨハネ達に合った良い方法が何かあるハズ」

善子「どうにかしてヨハネ達もバストサイズ80に乗せて、Aqours内ワースト2の座から抜け出すのよ!」

ルビィ「……でも、何をすればいいのかな。もう思いつかないよ」


4: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:39:17.70 ID:5GeUuuXT0.net

善子「食生活。着用するブラへの気遣い。早めの就寝。自らの手によるマッサージやエクササイズ―――」

善子「―――後は、サプリメントとか?」

ルビィ「そんなの買うお金無いし、見つかったら怒られそう」

善子「ヨハネもお母さんに『また無駄遣いして!』って怒られそうだわ」

善子「というかお母さんよ!ヨハネのお母さん胸大きいのに、全然遺伝されている兆しが見えないのはどうしてよぉ……」

ルビィ「よっちゃんのお母さん。美人さんでスタイルも抜群で素敵だよね~♡」

善子「フフ、ありがとう。ま、このヨハネのお母さんなんだからトーゼンだけどね!」

善子「というかね、お母さんの胸。実はめっちゃ着痩せしてアレなのよ。脱ぐともっとヤバいの」

ルビィ「ひゃああぁぁ……///」

善子「あなたのお母さんも圧倒的な美貌だけど―――」

ルビィ「お胸は無いです」

善子「そう……」


5: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:40:30.81 ID:5GeUuuXT0.net

ルビィ「う~~。お胸、どうすればおっきくなれるかなぁ」

善子「自身によるマッサージでは効果は得られなかった」

善子「やっぱり、他人に触られるのが一番なのかしらね」

ルビィ「他人……」

善子「他人……」

よしルビ「……」


6: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:41:38.16 ID:5GeUuuXT0.net

善子「―――ルビィ。胸、大きくなりたいわよね」

ルビィ「うん……」

善子「今からヨハネがしようとしていること、分かる?」

ルビィ「うん……///」

善子「流石はヨハネの優秀なリトルデーモンね」

善子「いい?これはあくまでも豊乳のための儀式。へ、変な風には触らないから……!」

ルビィ「うん…!恥ずかしくても、ガマンする……!」

善子「そっ、そうよ!この術は恥ずかしいほど効果的なんだから!」

善子「それじゃ、行くわよ……」

ルビィ「うん……///」

善子「(お腹の所から手を入れて……)」

ルビィ「っっ…///」


7: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:43:11.26 ID:5GeUuuXT0.net

サワッ… フニ、フニ…

ルビィ「んっ……」

ルビィ「や……」

ルビィ「はぅ…///」ドキドキ


善子「……っ///」キッ

ルビィ「(よっちゃん、真剣な顔…)」

ルビィ「(そうだよ。これは別にえっちなことじゃないもん。お胸を大きくするための儀式なんだから…!)」


8: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:44:49.81 ID:5GeUuuXT0.net

===

フニフニ… ナデナデ…

ルビィ「っ……!あっ、あぅ…♡」

善子「――つ! お、おしまい!これ以上は危険な領域だわ!」

ルビィ「は、はひ……///」

善子「よく頑張ったわね」

ルビィ「うん…♡」


ルビィ「じゃあ今度はよっちゃんだね」

善子「う…。任せたわよ」

ルビィ「うん///」


9: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:46:11.19 ID:5GeUuuXT0.net

フニュッ モニュ…

善子「ひあぁっ///」

ルビィ「きゃ!ごっ、ごめんなさい!!」

善子「いいの!続けなさい!」

ルビィ「はい……」モミ…

善子「っ……!あ、ああっ///」

善子「ひゃぅ……」

善子「あっん♡」

ルビィ「よ、よっちゃぁぁん……///」

善子「ご、ごめ……。こんなの初めての感覚でどうしても……。あっ!にゃぁ…♡」

ルビィ「えっちなことじゃないよ。儀式だよ」

善子「そうよ。これは悪魔に魂を捧げし儀式。決して性的な行為では……無いんだからぁぁ///」


10: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:47:29.63 ID:5GeUuuXT0.net

~~~~~~

善子「(それが始まり。それからは皆に絶対にバレないようにこっそりと儀式を繰り返しているの)」

善子「(今では儀式は改良が重ねられ―――)」


ルビィ「よっちゃん目隠しした?」

善子「えぇ。ルビィ、こっちよ」

ルビィ「うん」トテトテ

善子「では、始めましょう」

ルビィ「はい……」

フニッ サワサワ… ナデナデ…

よしルビ「んっ……///」

ルビィ「じゃ、最初はお胸の筋肉……」

善子「えぇ……」

グッ グッ…

善子「(ただ触るだけじゃなくて、こうしてきちんとマッサージをメインにしているんだからぁ!)」


11: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:48:54.13 ID:5GeUuuXT0.net

善子「(目隠しは、2回目の時に恥ずかしいからってお互いに目隠しをしてみたら、逆に凄く感覚が研ぎ澄まされちゃって―――)」

~~~

ルビィ「よっちゃああん!こ、これダメぇぇ!!///」

善子「きゃんっ♡ ルビィ!そこ触っちゃ駄目だってば……///」

ルビィ「あ、う……ごめんね、ごめんね……。あん…♡」


よしルビ「はぁ……はぁ……!」

善子「これ……とても危ないけど、効果は抜群な気がするわ」

ルビィ「それに、恥ずかしい表情になっちゃっても見られないね……」

善子「採用……」

~~~

善子「(とまぁ、こんな感じよ……///)」


12: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:50:06.20 ID:5GeUuuXT0.net

善子「(凄く、恥ずかしいことをしている自覚はあるわ)」

善子「(でも……これは性的な行為ではないの。儀式。儀式なんだから……)」

善子「(そう自分に言い聞かせないと―――)」

善子「(間違い起こしそうになる……)」


13: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:51:27.82 ID:5GeUuuXT0.net

ルビィ「あん……♡ んしょ。はふ。お胸の上部分おしまい……」

善子「ん……♡ それじゃ、次は腕の付け根の方ね」

ルビィ「うん。行くよ」グニッ

善子「あっ♡ やぁ……♡ よ、ヨハネもルビィにしなくちゃ……♡」


ルビィ「(よっちゃんは腋の下のココ、すっごく弱いんだぁ)」

ルビィ「(すぐ声が漏れちゃうの)」

ルビィ「(ルビィも、キモチヨクなっちゃう、けどね……///)」


14: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:53:03.98 ID:5GeUuuXT0.net

ルビィ「あっ……♡」

善子「ひゃ…。いゃ……ん……♡」


ルビィ「(よっちゃんのえっちな声、好き……。凄く可愛いの)」

ルビィ「(もっと、もっと聞きたい)」

ルビィ「(でも、これは儀式。えっちなことじゃないもん。こんなこと考えちゃ、ダメなんだよ……)」


15: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:54:45.90 ID:5GeUuuXT0.net

善子「(これは儀式)」

ルビィ「(お胸を大きくするための、儀式)」

善子「(だから変な触り方もしない。変な所にも触れない。あくまでもマッサージ)」

ルビィ「(ちょっとだけえっちな声が漏れちゃってもお互いに言い合わない)」

善子「(ルビィはいつも真面目に儀式に臨んでいる)」

ルビィ「(よっちゃんはいつも真剣)」

善子「(ルビィが―――)」

ルビィ「(よっちゃんが―――)」

よしルビ「(えっちなこと考えてるわけ、ない……)」


16: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:56:25.16 ID:5GeUuuXT0.net

善子「あ、ああぁぁ……♡」

ルビィ「ひゃぁ……♡ あん……♡」


よしルビ「(これは、えっちなことじゃない)」

よしルビ「(儀式であって、えっちなことじゃない……)」

よしルビ「(えっちなこと……キモチイイこと……じゃ…………)」


よしルビ「(もっと、もっとぉ……)」


よしルビ「(えっちなこと、シたいよぉ……♡♡)」


18: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:58:06.05 ID:5GeUuuXT0.net

ルビィ「よっちゃぁぁん……♡」クニッ

善子「っつああ!? ちょっ、ルビィ!頂に触れるのは禁止事項よ!約束事でしょう!?」

ルビィ「で、でも……こんなに膨れてる……♡」クニクニ

善子「ふぁっ♡ あ、だめ……ホントだめぇぇ!」

善子「か、感じちゃう……儀式じゃなくなっちゃうぅぅ♡♡」

ルビィ「儀式、止めにしてしまいませんか?ヨハネ様ぁ♡」

善子「なっ!?なあああぁぁ///」

善子「この……ヨハネ以上の小悪魔ぁ……!」


19: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 10:59:49.11 ID:5GeUuuXT0.net

ズリュン クチュ…♡

ルビィ「ひゃあああああ!? あっ♡ ああぁぁん♡」

ルビィ「よっちゃ…♡ そこ、お胸じゃなあぁい……♡」

善子「いつも!こうしてビショビショに濡らしてたの、知ってるんだからね!」クチクチ…♡

ルビィ「あっ♡ あんっ♡」

善子「考えないようにしてたのに!厳粛な儀式のつもりだったのにぃ……」

ルビィ「ルビィも、一緒だよ……。こんなこと考えちゃうのダメだって思ってたよ……」


20: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 11:01:10.04 ID:5GeUuuXT0.net

善子「でも……」

ルビィ「でもぉ……」

善子「キモチヨクって……///」

ルビィ「ドキドキして……///」

善子「満たされるような気持ちになって……♡」

ルビィ「もっともっとシたくなっちゃって……♡」


よしルビ「こんなの、ガマン出来ない……♡♡」


22: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 11:02:42.22 ID:5GeUuuXT0.net

善子「ルビィ……。ヨハネの胸、吸ってぇ…♡」

ルビィ「んっ♡」チュウ…

善子「きゃん……♡」

ルビィ「ん……ちゅ……ぱ……♡」

ルビィ「吸ってあげれば、おっきくなるかな?」

善子「どうかしら、ね……♡ あなたは、どうして欲しい?」

ルビィ「え、えっと……///」

ルビィ「る、ルビィのおまた。もっと触って。こんなにキモチイイの、ルビィ初めてなの♡ 自分じゃこんな風にキモチヨクなれないよぉ……♡」

善子「ルビィ……♡」クチクチ…♡

ルビィ「よっちゃん……♡」チュウチュゥ…♡


23: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 11:04:34.65 ID:5GeUuuXT0.net

モミュ…チュパ…チュ…チウチウ…

クチクチ…クニクニ…グチュン…


善子「あっ♡ だめ。イっちゃう……イっちゃうぅぅ……♡」

ルビィ「りゅびぃもっ! イっちゃいそう……♡」

善子「ルビィっ。一緒にっ♡」

ルビィ「うんっ!うんっ……♡」

よしルビ「あっ♡」ピクンッ

よしルビ「ああああああああああああああん♡」


24: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 11:06:13.38 ID:5GeUuuXT0.net

======

シュルシュル ファサッ…

善子「いいことルビィ?今日行ったことも、儀式なんだからね」

ルビィ「えっ?」

善子「考えてもみなさい。確かにマッサージやエクササイズも大切な働きかけの1つよ」

善子「でも、それが効果無かったからこの儀式を始めたんじゃない」

善子「結局重要なのは、性的興奮により女性ホルモンを大量に分泌させることだと思うの」

善子「それを今後も継続していけば、ヨハネ達のバストアップに繋がるハズよ!」

ルビィ「ふーん。ルビィよく分かんない」

善子「なっ」

ルビィ「要するに、えっちなこと―――もっとシたいんだよね?よっちゃん♡」

善子「なあぁぁ……!!!///」


25: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 11:07:45.56 ID:5GeUuuXT0.net

ルビィ「ルビィは、シたいなぁ♡ だって、とってもキモチよかったもん♡」

ルビィ「それに、凄くドキドキしちゃった……」

善子「そりゃ、これだけ背徳的な行為をしていればね」

ルビィ「……イケないことしてるからドキドキしたんじゃないよ。今日は」

ルビィ「よっちゃんとだから、こんなにドキドキするんだって、分かったんだぁ」

善子「……」

善子「ホント、あなたってズルい子」

ルビィ「えへへ……」

善子「フフフ。ヨハネも一緒よ。あなたと同じ気持ち♡」

ルビィ「きゃ~♡」


26: 名無しで叶える物語(家) (ワッチョイ a12f-l38M) 2018/04/09(月) 11:09:14.67 ID:5GeUuuXT0.net

善子「ルビィ……」ギュッ

ルビィ「んっ……♡」ギュウ…


善子「ねぇ。ヨハネから言っていい?」

ルビィ「やだ♡ ルビィが言いたい♡」

善子「え~。だったら、一緒に言いましょ♡」

ルビィ「うん。一緒がいい♡」


よしルビ「……」

「大好き」


その言葉を交わし、2人は誓いの口づけを交わした―――。
2人の秘密の儀式はこれからも―――。

効果が、現れるまで。
現れるまで……。

ま、気長に待ちましょうか♡
うん♡

―終―




28: 名無しで叶える物語(庭) (アウアウカー Sa05-FWIH) 2018/04/09(月) 11:36:55.55 ID:gv1tbJ61a.net

|c||^.- ^|| んまーっ!


29: 名無しで叶える物語(わたあめ) (ベーイモ MM32-V6kC) 2018/04/09(月) 11:53:59.97 ID:UrMq9olaM.net

`¶cリ˘ヮ˚)| えっろ


33: 名無しで叶える物語(庭) (アウアウウー Sa11-UigT) 2018/04/09(月) 14:51:20.69 ID:1jqQjkz7a.net

メノ^ノ。^リこれはサキュバスね間違いないわ






『ラブライブ!サンシャイン!!』Birthday Figure Project 黒澤 ルビィ バースディ フィギュア プロジェクト
『ラブライブ!サンシャイン!!』Birthday Figure Project 黒澤 ルビィ バースディ フィギュア プロジェクト


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1523237675/