1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 08:53:11.44 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「いいわね。もちろんオーケーよ!」

曜「ほんとに?やったぁ!」

鞠莉「ふふっ♪」ニコニコ

鞠莉(曜の方から誘ってくれるなんて思わなかったな♪)

曜「それじゃ、はい、これっ!」つカフェOーレ

鞠莉「えっ」

曜「ん?」



2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 08:54:13.24 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「これ、なの?」

曜「うん!」

鞠莉「あ、ああー。そっか、うん…」

曜「あれれ、微妙だった?」

鞠莉「微妙っていうか、想像と違ってたっていうか…」

曜「想像と違う?でもこれ、コーヒーでしょ?」

鞠莉「いや、そういうことじゃなくて。確かにそこもイメージと違ったんだけど」

曜「あ、そっか!鞠莉ちゃんコーヒー通だから、逆にこういうのは普段飲んだことないとか、そういうことだよね!」

鞠莉「う、うーん」


3: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 08:55:57.95 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「…まあ、確かに最近飲んだ記憶はないわね」

曜「あ、やっぱり?バリエーションも多くてさ、甘さ控えめとかもあるんだよ」

曜「私、苦いの得意じゃないから、これは通常バージョンだけどねー」

鞠莉「あら」

鞠莉(苦いのがダメなのに、わざわざコーヒー持ってきてくれたんだ)クス

曜「ん、どうかした?」

鞠莉「いーえ♪」


6: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 08:59:35.39 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「じゃ、早速いただきましょうか」

曜「そうだね!いただきまーす!」チュー

鞠莉(これ、本当に久しぶりね。最後に飲んだのはいつだろう?)

曜「うん、美味しい!」

鞠莉「どれどれ…んっ」チュー

鞠莉(あ、あまい。コーヒーを思い浮かべてたせいで余計に…)

鞠莉(思い起こせば、最後に飲んだのはおそらく高校に入る前だろうし。甘いのは当たり前よね…)

曜「んー♪」チュー

鞠莉(…でも、美味しい)ニコ


7: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:00:20.43 ID:PeZlznJm.net

曜「お味はどう?」

鞠莉「結構甘いのね。疲れててリフレッシュしたい時なんかはちょうどいいかも」

曜「え、甘いの?私はこれなら何とか、って感じなんだけど」

鞠莉「どれだけ苦手なのよ」クスクス

曜「もしかして、鞠莉ちゃんコーヒーをブラックで飲めちゃったり?」

鞠莉「そりゃ、ね」

曜「すごーい!鞠莉ちゃん、おっとなー!」


8: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:01:35.78 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「大袈裟ね。すごいことでも何でもないわ」

曜「いやいやご謙遜を。そっかー。やっぱり三年生は違うなあ」

鞠莉「ふふっ、学年は関係ないと思うよ?」

曜「うーむ、私も頑張らなきゃだなー」

鞠莉「頑張る?」

曜「あ。実はね、最近コーヒー飲めるようになりたくて、少しずつ飲み始めたんだ」

鞠莉「へぇ」

曜「けど、あの苦さがどうも慣れないっていうか、まだ美味しさがわからないっていうか」


9: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:04:29.26 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「飲んだ経験が少ないだけで、嫌いなわけじゃないんでしょ?なら大丈夫よ」

曜「んー…」

鞠莉「曜?」

曜「なら、お願いがあるんだけど…時々でいいから、またコーヒーに付き合ってくれる?」

鞠莉「私に?」

曜「うん!コーヒーのこととか飲み方とか、色々教えて欲しいんだ」

曜「そして、ゆくゆくはブラックが飲めるように鍛えてもらえないかなーって」

鞠莉(コーヒーを飲むって、鍛えが必要なものだったかなぁ)

曜「お願いします、鞠莉ちゃん先生!いや、鞠莉ちゃん師匠!」

鞠莉「んー…」


10: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:05:21.66 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「…ふむ。コーヒー好きとして、そこまで頼まれたら断れませねぇ」

曜「!」

鞠莉「いいわ。マリーがお伴しましょう」

曜「わあ、ありがとう!」

鞠莉「けど、苦手の克服はすぐにというわけにはいかないわ。道は長く険しいよ?」

曜「望むところだよ!また今度、差し入れがてら持ってくるから、よろしくね!」ニコッ

鞠莉「!」

鞠莉「ええ、楽しみにまってるわ♪」


11: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:06:22.21 ID:PeZlznJm.net

翌日、理事長室

鞠莉「んー…」カタカタ

コンコン

鞠莉「はーい」

「私です、曜です」

鞠莉「!」

鞠莉「入ってー」

ガチャ

曜「へへ、お邪魔しまーす」

鞠莉「どうぞ、今お茶を入れるわね」


12: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:07:36.96 ID:PeZlznJm.net

曜「あ、待って!今日はこれを持って来たんだよ」

鞠莉「これは、缶コーヒー?」

曜「うん!ミルク多めのやつを買って来たんだ!これなら飲めるかなって!」

曜「コーヒー克服訓練の第一弾だよ!」

鞠莉「そっか、そうだったわね」

曜「はい、鞠莉ちゃんの分!」

鞠莉「ありがとう、いただくわね」


13: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:10:17.78 ID:PeZlznJm.net

曜「初日ということで、これからご指導のほどよろしくお願いします」フカブカ

鞠莉「こちらこそ…って妙にかたくない?」

曜「鍛錬とは、礼に始まって礼に終わるものなのです」

鞠莉「ふふっ、その言い方、ダイヤみたーい」

曜「あはは、ちょっと意識してみた」



ダイヤ「…っくしゅん!」

千歌「あれ、ダイヤさん風邪?」

果南「誰かが噂してるんじゃない?ダイヤって意外とおモテになるから」ニシシ

ダイヤ「なんですか、その日本語は…っくしゅ!」


14: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:12:47.36 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「缶コーヒーは普段飲まないから、ちょっと新鮮な気分ね」

曜「さて、どうかなー」ゴク

鞠莉「どれどれ…」ゴク

鞠莉(ふむ。昨日のほどじゃないけど、やっぱり甘いわね)

鞠莉(でも、これなら曜も)チラ

曜「よし、大丈夫!」

鞠莉「ん」ニコッ

曜「えへへ、コーヒーだぁ♪」

鞠莉(…良いわね、こういうの)

曜「缶コーヒーってさ、働く人の飲み物ってイメージだよね」

鞠莉「わかるわ」

曜「働く人、オトナの飲み物。ってことは、私もオトナに一歩近づいたってことだよね!」

鞠莉「うーん…ま、小さな一歩だけど大きな一歩、といったところかしらね」クスッ


15: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:13:34.30 ID:PeZlznJm.net

……………………………………

鞠莉「前回に続いて缶コーヒーね」

曜「だけど前とはちょっと違う。今回はほら、甘さ控えめスッキリタイプだよ!」

鞠莉「甘さ控えめ…曜にとって大きな前進になりそうね」

曜「鞠莉ちゃん先生、いや師匠!お手本をお願いします」

鞠莉「よろしい、仕りましょう」


16: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:15:26.03 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「では、いただきます。んっ…」

曜「どう?」

鞠莉「そうねぇ。キャッチコピーほど甘さが控えてくれてないって印象かな」

曜「つまり甘いと。ということは、私にも飲めるかもってことだね!」

鞠莉「そうね。そういう解釈、嫌いじゃないわ」クス

曜「どれどれ…うん!いける、いけるよ!」

鞠莉「よろしい。特訓の成果ね」

曜「甘さ控えめ克服!いよいよ私もオトナに近づいてるのかなー」

鞠莉「ふふっ、だと良いですねぇ♪」


17: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:17:09.64 ID:PeZlznJm.net

……………………………………

曜「今日はこれ。すっかりおなじみとなりましたペットボトルのコーヒーです」

鞠莉「手軽に買えるのはいいことだけど、量が多いしデザインが無骨よね」

曜「そこがまたいいんだってさ。飾り気より中身優先の男デザインってやつ?」

鞠莉「なるほど、そういう見方もあるのね」

曜「ブラックとミルク入り、とりあえず2種類買ってみたんだけど…」

鞠莉「じゃあ、私はブラックの方を貰うわね」

曜「うん、ありがと!」

鞠莉「いえいえ、いつもご馳走様です♪」


18: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:18:42.15 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「私もこう言うのは初めてで、実は気になっていたの」

曜「じゃあ初心者同士、仲良くいただいちゃいますか!」

鞠莉「ええ!じゃあ、早速」グイ

曜(凄い!こんなにもいっぱいのブラックコーヒーをゴクゴクと…!)キラキラ

鞠莉(曜の目…なんか、憧れられてる?)


19: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:19:38.34 ID:PeZlznJm.net

曜「どんな感じ?」

鞠莉「スッキリしてて、ゴクゴク飲めるわ。ブラックコーヒーをゴクゴク飲むって表現には自分でも違和感あるけど」

鞠莉「曜の方はどう?」

曜「微糖タイプでちょっと苦いけど、ミルクはたっぷりだからなんとか飲めるよ!」

鞠莉「それは何よりだわ」

曜「これは発見だね!お砂糖がなくても、ミルクがあればなんとかなるかも!」

鞠莉「うふふ、今日は得るものが多い練習になりそうね」

曜「鞠莉ちゃんのおかげだよ、いつもありがとう!」

鞠莉「いえいえ♪さ、練習が始まる前に飲んじゃいましょう」

曜「うん!」


20: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:20:16.12 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「やっぱり量が多い…」

曜「飲みきれないよぉ…」


23: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:27:29.59 ID:PeZlznJm.net

……………………………………

曜「前回から引き続いてペットボトルコーヒーですが、今度のは変わり種です」

鞠莉「なにかしら」

曜「こちらです、ドンっ!」

鞠莉「また古典的な演出を…あれ?これって水じゃないの?」

曜「と思うでしょ?違うんだよ。これ、なんと透明なコーヒーなんだって!」

鞠莉「ええっ!?」

曜「お、さすがにびっくりしたみたいだねー」

鞠莉「ジュース、紅茶、ヨーグルトと続く透明飲料ブーム。そのトレンドの波は、ついにコーヒーにも到達したのです」

鞠莉「これがコーヒーですって…驚天動地だわ…」

曜(驚きのあまり、鞠莉ちゃんの口からダイヤさんみたいな難しい言葉が)



ダイヤ「…くしゅん!」


24: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:29:05.72 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「今に限って言えば、たぶん私の方が緊張してると思う」

曜「そうなの?」

鞠莉「透明なコーヒー…これは曜の試練であると同時に、私にとっての壁でもある。それくらいのインパクトよ」

曜「鞠莉ちゃん師匠をそこまで追い詰めるなんて…私はとんでもないものを持ってきちゃったようだね…!」

鞠莉「参ります…いざっ!」グッ

曜「おおっ!」

鞠莉「…ん、んんっ!?」ゴク

曜「どうなの、どうなの鞠莉ちゃん!?」

鞠莉(この味は確かにコーヒー。けど…)

鞠莉(う、うすい…)ゴクゴク

曜「鞠莉ちゃん、おーい!」

鞠莉(なのに、どういうわけかすごく飲めちゃう…)ゴクゴクゴク

曜「鞠莉ちゃん!?応えてよ鞠莉ちゃーん!!」


25: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:31:07.32 ID:PeZlznJm.net

……………………………………

曜「なんやかんやありまして、本日はついにコンビニコーヒーにチャレンジです」

鞠莉「大胆に話をオミットしたわね」

曜「コーヒー攻略にあたって、コンビニコーヒーは一つの難関であり、節目だとも考えてるんだ」

鞠莉「ほう」

曜「コンビニでのお買い物帰り、片手にはコーヒー。夢にまで見た憧れのシチュエーションだからね!うう、緊張するなあ…」

鞠莉「身構えなくても大丈夫だって。でも、ここじゃミルクや砂糖はそんなに使えないだろうし、どうするの?」

曜「ふふん、よくぞ聞いてくれました。実はね、前もって予習して対策を組んでおいたんだ」

鞠莉「予習と対策、ってどんな?」

曜「これだよ、見て!コーヒーマシンの横にあるこれを!」

鞠莉「どれどれ。まあ、キャラメルシュガー?」


27: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:32:48.67 ID:PeZlznJm.net

曜「だけじゃないよ!ココアシュガーにシナモンシュガー、バニラシュガーとよりどりみどり!」

鞠莉「随分と豊富ね」

曜「これらを駆使して飲みやすくアレンジすることにより、コーヒー初心者の私でも美味しく飲めちゃう、というわけなのであります!」

鞠莉「なるほど、考えたわね!なら、早速やってみましょうか」

曜「うん!えっと、カップをセットして、ボタンを押す…」ピッ

鞠莉「これでコーヒーの出来上がりってわけね」ピッ

曜「出来上がってからが大事だよ。私好みにアレンジしないと、だからね!」

鞠莉(曜の好み、か。どんなのが好きなんだろう)


29: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:35:57.55 ID:PeZlznJm.net

曜「さて。出来上がったコーヒーに、このキャラメルシュガーを」スチャ

鞠莉「ん」

曜「ひたすら振るべし、振るべし!振るべし!!」シュバババババ

鞠莉「結構入れるわね…もうそろそろ良いんじゃない?」

曜「まだだよ!もうひと押し、いや10押しくらいは!」バババババ

鞠莉「お、おお…」

鞠莉(表面に浮いて島になっちゃってるじゃない、どれだけ振るのよ)

曜「うりゃりゃりゃりゃー!」バババババ


30: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:37:30.41 ID:PeZlznJm.net

曜「チューンアップ完了!これで挑戦だよ!」

鞠莉(結局かなり振りかけてたなぁ…でも、缶コーヒーと比べたらマシな方かな)

曜「じゃあ、いただきます!」

鞠莉(そうよ…今まで飲んできたものと比べたら、砂糖もミルクも断然少ない。これまでとは状況が違う…!)

曜「んっ…」

鞠莉(この局面。さあ、どうなるか…)

曜「…にがい!」

鞠莉(ダメなの…!?)

曜「…でも、大丈夫!飲めるよ!」

鞠莉「!」

曜「コンビニコーヒー、クリアだよ鞠莉ちゃん!」


31: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:40:20.43 ID:PeZlznJm.net

鞠莉「ええ、よく頑張ったわ」

曜「やった、やったよー!」

鞠莉(ふふ、コーヒーくらいで無邪気に喜んじゃって)クスッ

曜「ねぇ鞠莉ちゃん。曜ちゃんブレンド、ちょっと試してみない?」

鞠莉「いいの?じゃあ一口貰うわ」

曜「うん、どーぞ!」

鞠莉「曜の好みが気になってたからね」

曜「お口に合うといいけど」ニコニコ

鞠莉(曜の好きなコーヒーかあ)ドキドキ

鞠莉「いただきます。あ、キャラメルの香りすごい。んっ…」

曜「えへへっ、どう?」

鞠莉「…あまっ!?」

曜「ええっ!?」


32: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:42:42.14 ID:PeZlznJm.net

……………………………………

曜「へへ、こうやってコーヒー片手に、鞠莉ちゃんと並んで帰る日が来るなんてねー」

鞠莉「ちょっと前までは考えられなかったわね」

曜「鞠莉ちゃんのおかげだよ!ほんとにほんとにありがとう!」

鞠莉「どういたしまして♪あ、そう言えばずっと気になってたことがあるんだけど」

曜「なに?」

鞠莉「今更だけど、どうしてコーヒーを克服しようと頑張ってたの?」

曜「え?えっと…」

鞠莉「理由があるんでしょ。そろそろ教えてくれてもいいんじゃない?」

曜「う、ん…」

鞠莉「ん?どうしたの、いきなりモジモジしちゃって」

曜「…笑わないでね?実は、鞠莉ちゃんと一緒にコーヒーが飲みたいなーって思ってて」

鞠莉「私と?」


33: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:44:23.82 ID:PeZlznJm.net

曜「うん。理事長室に入った時とか、鞠莉ちゃんの近くにいるときに感じるコーヒーの香り」

曜「その香りにずっと憧れてて。鞠莉ちゃんと一緒に、楽しくコーヒーが飲めたらなって」

鞠莉「!」

曜「だから、なんとかしてコーヒー飲めるようにならなきゃって思ったんだけど、色々頑張ってみても上手くいかなくて…」

鞠莉「それで、私に相談を?」

曜「うん。鞠莉ちゃんに教えてもらえれば、コーヒーの克服もできるし、一緒にいられるし、ちょうど良いかなって…」

鞠莉「一石二鳥の素晴らしいプランってわけね」


34: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:47:06.04 ID:PeZlznJm.net

曜「…あはは。やっぱり、少し変だよね」

鞠莉「そうね。でも、そのおかげで曜は苦手だったコーヒーが飲めるようになったんだし――」

鞠莉「――私も、楽しかった」

曜「!」

鞠莉「私はそれでいい。それでいいと思うよ?」

曜「鞠莉ちゃん…ありがとう!」

鞠莉「ん、こちらこそ♪」


35: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:48:04.85 ID:PeZlznJm.net

曜「えへへっ!それじゃ改めまして」

曜「鞠莉ちゃん。今度またコーヒーに付き合ってほしいんだけど、どうかな?」

鞠莉「はい、お伴します♪」



終わり




36: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/05/27(日) 09:49:05.42 ID:PeZlznJm.net

全弾撃ち尽くしました。コーヒーで距離を縮めていくようまりが書きたかったんです。

↓は前に書いたものです。よろしければ併せてお願いします。


曜「鞠莉ちゃんの分からず屋!」鞠莉「分からず屋は曜の方でしょ!」


http://fate.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1520719734/

ありがとうございました。




39: 名無しで叶える物語(茸) 2018/05/27(日) 09:52:42.69 ID:Ycmg14Nn.net

最高


40: 名無しで叶える物語(もも) 2018/05/27(日) 09:59:12.04 ID:EjC8kr6n.net

健気で可愛い


41: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/05/27(日) 11:07:21.74 ID:SIBCM8NQ.net

ようまりありがとう






元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1527378791/